新たな挑戦、さらなる結束──愛はズボーン、初の7inchシングル独占先行配信&インタヴュー公開

音楽配信サイトのOTOTOYとレコード・プレス・メーカーの東洋化成によるコラボレーション・レーベル〈TOYOTOY〉からのリリース企画第2弾として、愛はズボーンが『銀ギラ』をリリースする。結成当初から存在する〈ボンボンズボボン愛はズボーン〉というフレーズが印象的なバンドのテーマ・ソングに対して、この楽曲は「裏テーマ・ソング」として書かれた本作。バンドのサウンドもガムシャラなだけではない「叫び」をテーマに作られ、これまでの“愛はズボーンらしさ“といままでに無い新しい一面とを存分に発揮したた1曲となっている。こちらリリースはOTOTOYでの配信と7inchでの販売のみ。さらにOTOTOYでは、レコードの日(11月3日)の発売より2週間先行でリリースを実施! アナログ盤よりもお先にお楽しみいただけます。完成するまでに、紆余曲折ありながらも確実に新たな1歩進めたと語られる本作。ぜひこちらのインタヴューとともにお楽しみください。

“TOYOTOY”からの第2弾流通作


愛はズボーン / 銀ギラ

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC
>>>ハイレゾとは?

【価格】
単曲 270円(税込) / まとめ 500円(税込)

【収録曲】
01. 銀ギラ
02. Z scream!

INTERVIEW : 愛はズボーン(金城昌秀、儀間建太)

本作『銀ギラ』を聴き終わったあと、いままで愛はズボーンでは味わったことのない衝撃に見舞われた。いままでの彼らにないに無い新しい一面を感じ、彼らは一体どこまで大きくなってしまうのだろうとゾクゾクさせられた。今回は愛はズボーンのフロントマンである金城と儀間のふたりにインヴューを敢行。打ち込みという新たな試みに至った経緯や、自主企画イベント〈アメ村天国 2017〉についてなどじっくりと語ってもらった。かなりディープな内容になっているので、楽曲を聴くためには必須テキストと言えるだろう。OTOTOYから自信をもってお届けする衝撃作を聴き逃さないでほしい。

インタヴュー&構成 : 飯田仁一郎 & 宮尾茉実
写真 : 雷

おれが何者にもならないわけがないって思っているんです

──前回金城さんと白井さん(Ba.)にインタヴューをさせていただきましたが、今回は儀間さんがOTOTOY初登場になりますので、プロフィールなども改めて伺いたいと思います。儀間さんはバンドでいうとどのような存在になるのでしょうか?

儀間建太(Gt / Vo.)(以下、儀間) : バンドを遊園地に例えると、僕はミッキー・マウスですね。そして彼(金城)が遊園地のプログラムとか、アトラクションとかをつくっています。

金城昌秀(Gt&Vo)(以下、金城) : だからミッキーみたいな、前向きな発言は儀間くんが多いですね。

──ポジティヴなんですね。バンドには必要な存在だと(笑)。儀間さんは結成前は、ライヴハウスに1人で出演していたとお聞きしたのですが。

儀間 : そうですね。下駄を履いて、黄色の文字で「Bullshit」って入ったTシャツを着ていました。髪の毛は当時みうらじゅんに憧れていたのでロングで、サングラスをかけてひとりで暴れ回していましたね。

──なんでそんなことを?

儀間 : 毎日特にやることもなかったんですけど、「俺は何者かになる」みたいな自信だけはあったんです。でも、それを体現できる場所がなかったときに、金城くんが、その気持ちをステージで出してみろよって言ってくれたんですよ。運良く僕はエレキを1本持っていたので、ステージに立って、マーシャルに刺して、フルテンで爆音鳴らしながらその場でライヴをしながら歌っていました。

──金城くんに誘われてライヴハウスに出始めた?

儀間 : そうですね。高校の軽音楽部も一緒やったんですけど、金城くんが3年生、僕が1年生だったんです。新入生歓迎ライヴみたいなのに金城くんが出ていて、初めての生音に衝撃を受けて僕も軽音楽部に入りました。

金城 : あの時バンドの演奏はじめて聴いたんや。俺らめっちゃ下手くそやったんちゃう?

儀間 : めっちゃ下手くそやったな(笑)。

──なるほど、それを観て「うわっ、かっこいい」って思って軽音楽部に入ったってことですよね?

儀間 : 俺の方がもっとかっこよくなれるぞって思ったので、入りましたね。ステージに立って仲間と演奏する環境とかを見るのも、大きい音でそれぞれが違うパートを演奏して1つの曲になる感じも、目をひんむいたり喉が擦り切れそうな感じで歌っていたり…… そういう感じ全てがはじめてだったんです。俺は、映画とか漫画にも興味がなかったので、そういうものにはじめて触れた瞬間だったんです。それで高1の春に、僕も自分の手で集めたメンバーでやってみたいなって思ったんですよね。

儀間建太(Vo.&Gt.)

──なるほど。では、いまも当時も自信があるのはなぜなんでしょうか?

儀間 : 一昨日くらいに気づいたんです。僕って俗に言う“厨二病"なんですよ。儀間が儀間として生きてるんやから、おれが何者にもならないわけがないって思っているんです。

金城 : 気づくのおっっそ……。バンドマンなんてみんな厨二病やろ(笑)。

──遅いですね、かなり。

金城 : よくそのまま続けられたな。

儀間 : まだまだ続きますよ。

僕がやりたいバンドは、みんなでつくるものですから

金城昌秀(Gt.&Vo.)

──ははは。では、今回リリースされる7インチレコードについても訊いていきたいと思います。まず、OTOTOYからの話で、レコードをつくってくれませんかということになりましたよね。レコードっていうのは、愛はズボーンにとってどういった存在だったんでしょうか?

金城 : 僕は(レコードを)聴ける環境になったのが、今年の春くらいなので、まだあまり馴染みはないですね。自分の興味が及んでいないだけで、世の中にはおしゃれなものっていうイメージがあることくらいの、軽いところでしか感じれていないです。

──儀間さんはどうなんでしょうか?

儀間 : 僕は、レコードを聴ける環境がなかったときから、ジャケット目的で買っていたんです。それで、一昨年くらいに誕生日プレゼントでメンバーからレコード・プレイヤーをもらったんですよね。

金城 : レコードを買うくせに、プレイヤーを持ってないから(笑)。

儀間 : 好きなジャケットばっかり買ってたんですけど、それがプレイヤーを手にいれた瞬間に、こいつどんな音鳴んねやろってドキドキして……(笑)。いままでずっとメールでやりとりしてた子に突然会うってなったときのドキドキというか(笑)。

金城 : どんな雰囲気でしゃべるんやろとかな(笑)。

儀間 : それでレコードを聴いてみたら全部ええねん。レコードとの出会いは、これがはじめてで、衝撃的でしたね。

──いいエピソードですね。ちなみに今回リリースされる『銀ギラ』の仕上がりはいかがでしたか?

金城 : デジタルとは違って、いま何が行われて音が鳴っているかを目の前で見ることができるんですよね。その過程を経て、スピーカーから自分たちの音楽が流れているのを見て感動しました。聴こえてくる音がどうとかではなくて、感覚的に嬉しかったですね。

──選曲で意識されたことはあるんですか?

金城 : うちはヴォーカルが2人いるので、A面、B面で1人ずついれようってなりました。

──「銀ギラ」は完全打ち込みということなんですけど、すべてが“カネシロ・ワークス”ということなんでしょうか?

金城 : 僕がDTMで富ちゃん(Dr.富永)のドラムの音を打ち込んで、エンジニアさんとまとめた曲です。だから、バンドの音ではあるんですけど、1回もみんなで合わせて演奏したことはないですね。

富永遼右(Dr.)

──なるほど。どういったところからその発想が生まれたんでしょう?

金城 : 11月にリリースするフル・アルバム『どれじんてえぜ』に、僕がつくった曲を岡崎体育がエディットして、エンジニアさんにミックスしてもらった「adult swim」って曲があるんです。それと同じ感覚でつくろうと思ってできたのが「銀ギラ」ですね。

──岡崎体育くんとは昔から仲よかったんですか?

金城 : 2年くらい前からですかね。割と最近で、彼がドカンと売れる半年前くらいに急激に仲良くなって、ユニットを組んだこともあります。


【愛はズボーン×岡崎体育】いざゆかんとす!「すかたん」MV

──その金城さんにとって「adult swim」や「銀ギラ」の流れはどういったものになるんでしょうか?

金城 : それも1回整理中というか……。作品をつくっているのは一体誰なんだという問題が、レコーディングが終わった頃くらいに出てきたんです。僕個人としては、自分の持ってきた曲は自分がつくっているという意識だったので、それが過剰にはなりすぎたんでしょうね。バンド自体の音楽をつくっているのは全て自分だ! ぐらいのものが、無意識にというか、潜在意識としてあったかもしれないです。先月くらいにバンドでミーティングをして、いま整理している時期で答えづらいのですけど……、「銀ギラ」は僕がつくった曲であれば、愛はズボーンの曲だろうということでA面にしました。

──でもバンドのメンバー的にはそれちょっと違うんじゃない? みたいな感じだった?

金城 : ぶつかったわけじゃないんですけどね。みんな思うところはあったことに気がついて、考えるきっかけになった曲ではあります。

──ちなみに儀間さんはこの件に関してはどう考えているんでしょうか?

儀間 : バンドの中で曲をつくる人が2人(儀間と金城)いて。「Z scream!」とかもそうなんですけど、最終的にぼくがもともとガレージ・バンドとかでつくった音楽とは、ぜんぜん違う音源になったんです。メンバー4人で話し合ってセッションをしながらつくったので、僕が持ってきた曲だけど、メンバーなしではつくれないという認識でした。

金城 : 僕もそういう気持ちは持ったうえでやってはいたけど、みんなでつくると、必要以上に時間がかかってしまって、間に合わないんですよね。そういう事務的なことにも悩まされていたんです。スタジオで合わせる時間があるのかどうかってことを考えた上で、ベストを尽くした結果、僕ひとりで作った音源をエンジニアさんにもっていくかたちになったんです。「Z scream!」をB面にした理由も、“4人でつくった感”が強い曲だったからなんです。白井くんは車の移動中とかに、「「Z scream!」のあそこのセクションのベースとギターの絡みをもっとこういう風に試したい」みたいなことを僕たちに話していたんです。ただ、そうなったときに必要以上に時間かかるんですよね。

白井達也(Ba.)

──たしかに、前回のインタヴューでも曲作りのスピードは遅いって言ってましたね。

金城 : 誰かが責任や覚悟をもっていない状態で、スタジオで合わせる時間は、僕は無駄だと思っているんです。限られた時間の中で、完成に向けて誰かが率先して引っ張っていく必要性を感じた結果、打ち込みの音源をエンジニアさんに渡すって行動をとってしまったんです。リアルタイムで話せてたらこういう反省会みたいなことにはならないんですけどね。でもこの「銀ギラ」をつくってまた1つ成長したなとは思います。

──せっかくの7インチのA面がメンバーにとっては引っかかる部分もあったってことですよね。

金城 : そうですね。

儀間 : 「銀ギラ」のクオリティーに対しての不満っていうのは一切なくて、できあがったものに対しては、めちゃくちゃいいって思ったんです。ただ“カネシロ・ワークス”になっているっていうのが、メンバーでもっと話し合わなくてはいけないところかなっていうのはありましたね。

──自分のものじゃないものがリリースされているっていう感覚だったんでしょうね。7インチをつくる中で、愛はズボーンとしては課題も見えつつも、バンドとしての成長を感じました。

金城 : 僕がやりたいバンドは、みんなでつくるものですからね。だから逆に今回の件で、みんなでつくりたいという気持ちが出ているなら、僕としてはすごくうれしいことではあります。

俺らの音楽は一般的に広めることはできると思ってます

──ちなみに前作『ゆ〜らめりか』は、「自分たちを説明できる音楽」をテーマに制作されていましたが、今回の7インチはどのようなコンセプトでつくられたんでしょうか?


愛はズボーン「ゆ〜らめりか」MV

金城 : 「銀ギラ」は「心の奥底」を出している感覚です。

──では儀間さんが作詞された「Z scream!」はどんな曲なんですか?

儀間 : 「Z scream!」は、はじめてネガティヴの気持ちを歌詞にしたんです。〈愛想尽きたぜ ロケンロー〉というフレーズからはじまるんですけど、チャートやオリジナル性がない、だっさいコンビニみたいなバンドの音楽とかに嫌気がさしていて。でもそれを単刀直入に言うとトゲがあるので、へんてこな包装紙で包んで歌った曲です。愛はズボーンの“IWZBN”からZをとって、「Zの叫び」にしました。

金城 : 俺もそう考えたら、同じテーマで「銀ギラ」書いてたな。

──愛はズボーンって劣等感とかの気持ちがない状態で楽しくやっているようにも見えるんですけど、そんなことはないんですね。

金城 : 僕らはあえて、そういうバンドとも共演していますし、そういうお客さんって純粋に音楽っていいよねって思ってるフランクな人だと思うので。そういう人たちに愛はズボーンってバンドいいよねって言われたいですね。音楽ヲタクたちだけに伝わればいいぜ、みたいには思っていないです。俺らの音楽は一般的に広めることはできると思ってやっていますしね。

──なるほど。11月25日に主催するイベント〈アメ村天国〉はどのようなものにしようと考えているんでしょうか?

儀間 : アメ村天国は僕が中心になって動いてるんですけど、最終的には〈アメ村天国〉はアメ村で行われる大きなお祭りにしたいんです。去年はバンドのサーキット・イベントって枠からは抜け出せていなかったんです。もっとたくさんのお店と提携して、1枚のチケットで、音楽だけじゃなくて飯とか服みたいな、アメ村にあるカルチャー全部を楽しめるイベントにするのが最終的な目標ですね。今年の目標は去年よりも広くっていうのでやっています。

──最近アメ村は集客に苦しんでいるって聞きましたが、現状はどうなんでしょうか?

儀間 : アメ村の中で過ごしてみると、実際そんなことはなくて。そのイメージを周りが持っているっていうのも、中から潰していかないと消えないと思っています。

金城 : そもそも、アメ村が苦しんでるってイメージなのを知らなかった。中にいるからかな。

──梅田のグランフロントとかに人が流れちゃっているって内容のニュースで見たからそういうイメージがあるのかもしれません。

儀間 : 大阪に来る人自体が増えて、分母が増えた分アメ村にも人は来ていますね。あとは、アメ村に子連れや女子高生が多いとか。おじさんたちが夜にバーでお酒を飲んでいるとか。5年前とかに比べたら、来る世代は格段に広がっているんですよ。

金城 : 儀間くんは感覚で語っているんじゃなくて、アメ村天国を開催するにあたって、アメ村の自治団体の会長とか町内会の会長さんたちと、コミュニケーションをとっているんです。いまのアメ村の現状や、昔はどうだったかを細かいところまで聞いているんです。今年はさらにいろんな方が愛はズボーンに協力的になってきてくれていて、去年1回だけじゃなくて、今年も開催するんだっていう情熱とかも伝わっているんだと思いますね。

──これはイベントも楽しくなりそうだ。期待しています!

左から、富永(Dr.)、白井(Ba.)、金城(Gt.&Vo.)、儀間(Vo.&Gt.)

過去作品もチェック!!

〈アメ村天国 2017〉の出演者の作品も配信中!

LIVE INFORMATION

〈NANIWAdelic at Pangea〜アメ村天国2017前前夜祭〜〉
2017年10月31日(火)@心斎橋pangea
時間 : Open 18:00 / Start 18:30

〈GLICO LIVE “NEXT”SPECIAL〉
2017年11月11日(土)@心斎橋BIGCAT & pangea
時間 : Open 16:00 / Start 17:00

〈アメ村天国 2017〉
2017年11月25日(土)@大阪 アメリカ村
時間 : Open 11:00 / Start 12:00

>>more live information

PROFILE

愛はズボーン

2011年7月、金城昌秀(Gt / Vo)、白井達也(Ba)、富永遼右(Dr)、儀間建太(Vo / Gt)の不動の4人で結成。バンド名は「日本人にしか付ける事の出来ない名前」をテーマに命名。語感は英語「Iwasborn」。

2015年2月、初の全国流通盤1st mini ALBUM『IWZBN』をリリース。2016年2月、2nd mini ALBUM『MAGMAそれは太陽のデジャヴュ』発売。哲学的な歌詞をポップに昇華したリード曲「MAJIMEチャンネル」はMVと共に各地で話題に。同2月フロントマンである金城昌秀と儀間☆KENTAに岡崎体育を加えたヒップホップ・ユニット「いざゆかんとす」結成。YouTubeのみでMVを発表するという遊び心のある活動を展開。

2016年9月には初のワンマン(心斎橋 Pangea)を見事ソールドアウト。 11月大阪アメリカ村一帯を使った自主企画〈アメ村天国〉開催。12月FM802主催〈RADIOCRAZY〉初出演。2017年4月、2nd Single「ゆ~らめりか」を発売。バンドの新しい音楽性を示す。7月には初の台湾ツアー、〈BAYCAMPKOBE〉、グッドモーニングアメリカ主催〈凌ぎ合う〉に出演。8月には関西を代表する野外フェス〈RUSHBALL2017〉にも出演。

11月3日(レコードの日)にバンド・キャリア初のアナログ作品となる7インチ・シングルをOTOTOYと東洋化成のコラボレーション・レーベル〈TOYOTOY〉からリリース。そして11月15日には待望の1st ALBUM『どれじんてえぜ』の発売が決定している。

>>愛はズボーン official site

o

 
 

インタヴュー

15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月22日・15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始 今年2017年に結成15周年を迎えた“neco眠る”。そんなアニバーサリー・イヤーに、彼らから新作アルバム『Typical』が届きましたよ〜!! 新メンバー・おじまさいり(Key from CASIOトルコ温泉)加入後初、そして実験性とポップ・センスが高次元で結合した前作『BOY』以来、実に3年ぶりとなるフル・アルバムとなっております!!! 初期作を担当していた森雄大(Gt)、前作で全曲の作曲を担当したBIOMAN(Synth)、栗原ペダル(Gt)、そして新メンバーのおじまさいりがソングライティングを担当、さらにスチャダラパーやロボ宙、安部勇磨(never young beach)なども参加し、各人の個性が爆発した10曲を収録! そんなバラエティに富んだポップで踊れる今作『Typical』を独占ハイレゾ配信を開始するとともに、メンバーの森雄大、おじまさいりへのインタヴューを掲載します! 3年ぶりフル・アルバム! ハイレゾはOTOTOYだけ! neco眠る / Typical'【配信形態】ALA
by JJ
「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
大西順子、ジャズ・ピアノストを語る
・2017年11月21日・大西順子が語る、ジャズ・ピアノ──アート・テイタムから現代まで つい先ごろ、約8年ぶりのピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして初のバラッド集『Very Special』と2枚同時に新作をリリースしたばかりのジャズ・ピアニスト、大西順子。OTOTOYでは新作に関するインタヴューに続いて、こちらのページではその後編、特別企画として、ジャズ評論家、柳樂光隆を聞き手に、大西にレジェンダリーなアーティストから現代にいたるまでのジャズ・ピアノに関して語ってもらった。レジェンダリーなジャズ・アーティストたちに直接師事、またはバンドのいちいんとして共演し、まさに世界レベルで活躍してきたピアニストたる大西の、その審美眼を通して分析される、ジャズ・ピアノはまさに目から鱗ものの情報ばかりです。 大西順子、新作2作に関するインタヴュー前半こちら 8年ぶりとなる待望のレギュラー・トリオ作品大西順子トリオ / Glamorous Life(24bit/96kHz)'【Track List】01. Essential 作曲 : 大西順子02. Golden Boys 作曲 : 大西順子(モントルーL
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事