キレッキレ過ぎるダンスで会場を沸かすソロ・アイドル、KOTOの最新楽曲がついに配信開始!

キレッキレのダンスを武器に、ソロ・アイドルとして活動するKOTO。OTOTOYでは彼女の最新楽曲「ギザギザのロンリナイ」を独占配信開始! そして、この楽曲を提供したシンガー・ソングライターのSAWAと対談が実現。KOTOの落ち込みから始まり、アイドル・シーンの中で活動することも多いSAWAの音楽性、お互いの魅力を語り合い、切磋琢磨するふたり… どんどん情熱的になっていく対談は必読です。

歌詞カードpdfつき!

KOTO / ギザギザのロンリナイ

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV / aac / mp3

【価格】
単曲 300円(税込)

【Track】
M1.ギザギザのロンリナイ(作詞・作曲 : SAWA)


INTERVIEW : KOTO

KOTOの「ギザギザのロンリナイ」は、ライヴでも確実に盛り上がる超名曲。現在16歳の高校2年生KOTOと、2008年デビュー、現役バリバリ、美しさは増すばかりのSAWAの邂逅は、個人的には事件だった。OTOTOYで初配信、KOTOの「ギザギザのロンリナイ」を、聴きながらインタビューを読んで欲しい。あと、KOTOのライヴは、今絶対観ておいた方が良いです!!! キレッキレです!!!

インタヴュー&文 : 飯田仁一郎
構成 : 渡辺彰浩

ちょっとしたことをすぐ気にしちゃうタイプで。

ーー先日のライブ後(2015年4月1日開催「春のTRASH-UP!! まつり~4月のパーティー馬鹿! ~」@渋谷WWW) 、楽屋に挨拶しに行った時凄く疲れていたけれど、いつもあんなに疲れてしまうの?

KOTO : あの時は、実は大反省会が行われまして…。

ーー駄目だったんだ?

KOTO : 気分的に…。(佐々木)喫茶さんとお互い「もう駄目だ… 駄目だ…」って。次の日がコトライド(KOTO+DJ 佐々木喫茶(レコライド))でのライヴだったので、明日できるのかっていう話でもう「うわー! 」ってなって…。

ーー何が悪かったの?

KOTO : 全部が上手くいかなくて。タイミングとか、MCとかもそう。サプライズで新曲の初披露をやったんですけど、KOTOの中でも喫茶さんの中でも違うっていうのがあって、それで。

ーーなるほど。混乱してしまったんだ。

KOTO : はい。チーンって…。

ーーSAWAさん、そんなKOTOさんに先輩からアドバイスありますか?

SAWA : KOTOちゃんとそんなに頻繁に会っているわけじゃないんですけど、1番初めに会った時もKOTOちゃんは落ち込んでいまして(笑)。

ーーそうなんですね(笑)。ちなみにSAWAさんは、ライヴ後、落ち込んだりしますか?

SAWA : 私はKOTOちゃんを見習った方がいいくらいあんまり反省はしないので。良かったからそこを頑張ろうとかは思うんですけど、悪かった点についてはあんまり振り返らないタイプなので。

KOTO : えぇ~! その方が、絶対にいいですよね。メンタル的に。

左から、SAWA、KOTO

SAWA : うん。気にしてたらきりがないし。例えば、バンドとかで失敗して「あ… もう1回やろう! 」みたいになる時って逆に1番盛り上がるからね(笑)。歌詞忘れたりとかも上手くやれば1番盛り上がるし。だから、それをプラスに。

KOTO : もうちょっとポジティブになった方がいいですね。どうしても身体が動かなかったり、声が出なかったりすると自分の中で落ち込んじゃうので。

SAWA : どっちかに振り切った方がいい気はしてて。結構アイドルってMCまで全部パッケージングされてることが多いから。やることもMCの流れも、どこでお客さんを乗せるかっていうのも全部プログラミングされてるから、確かにそういう失敗とかを見せちゃうと「ミスったなぁ…」っていう感じになるけど。私なんかは何を言ってもいいみたいなフリースタイルで喋ってるから、そこの違いかもしれないね。

KOTO : KOTOは踊っているので、1番気になるのは身体の動き方で…。

ーーこの前のライヴもキレッキレな気がしましたけどね。

SAWA : はたから観いてたら超ダンス上手いなぁっていう風にしか思わないからね。

ーーけっこう完璧主義なのでしょうか?

KOTO : そうなのかもしれないです。ちょっとしたことをすぐ気にしちゃうタイプで。

SAWA : そのKOTOちゃんの心境を表した歌詞が「ギザギザのロンリナイ」には入っています。

ーーなんと急に! SAWAさん、進行も完璧じゃないですか(笑)。

SAWA : 〈バランスが取れない思春期のせいかな ギザギザのロンリナイ やっぱりどうにかして欲しい〉っていう歌詞があって。まさにKOTOちゃんみたいな感じ。

ーーKOTOちゃんは、この歌詞は自分のことだと思って歌っていました?

KOTO : 歌詞をもらった時に、KOTOの歳とか心境を考えて作ってきてくださったのかなって思いました。

DTMとか、まさか自分がやるとは思わなかった

ーーSAWAさんとKOTOさんはいつ頃出会ったんですか?

SAWA : 1月(2015年)のレコーディングの時に初めて。その前に、KOTOちゃんの資料とか動画を観て、「へぇー! KOTOちゃんってアンドロイドみたいだな! 」 って。

KOTO : えぇ~!

ーーそれくらいの破壊力ありますね。SAWAさんは、どのように音源を作っていくのでしょうか?

SAWA : 基本的に発注があった時に、その子にあったストックを先方にいくつか投げます。発注を受けてから作るよりも、元からあるストックを投げて、もうちょっとこうしたいっていうのがあれば更に作っていきます。発注を受けてそのイメージで作っても、「うーん」ってなる時もあるので。それだとお互いにとっては無駄になってしまうので、あらかじめこの子にはこれが合うっていう完成形が見えた後に作っていきます。

ーー「ギザギザのロンリナイ」も既にあった?

SAWA : 元からありました。KOTOちゃんに合うのはどれかなって、自分のストックを選曲するところから仕事が始まります。

ーー「ギザギザのロンリナイ」は、ファンの中でも評価がかなり高いように思うけど、KOTOさんはその状況をどう思っていますか?

KOTO : 仮歌のSAWAさんバージョンを聴いた時に、既にヤバイと思って、それをKOTOが歌ってKOTOヴァージョンとしてちゃんと出来るのかってすごい不安でした。レコーディングも無事に終わって、SAWAさんにいい感じにアレンジしてもらって、今までの曲とはちょっと違った雰囲気の曲だなって思っていたので、みんながそう言ってくれてるのは、すごく嬉しいです。

ーーSAWAさんが、曲を創り始めたのは、デビューしてからですよね?

SAWA : そうですね。DTMとか、まさか自分がやるとは思わなかった。デビュー当時は歌っていただけだし、作曲なんてできると思わなかった。


LastSnowFlakes / SAWA

ーー自分でやろうと思ったのはなぜ?

SAWA : 正直なことを言えば、歌手ってわりと暇だなって思ったことがきっかけで。ライヴがあっても週に1、2回。じゃあ、あとの週5日は何をするんだってことになるし。で、曲を創ってみたら周りが「すごいじゃん! 作曲出来るんじゃん」って誉めてくれて、調子に乗り出してやったみたいな(笑)。

ーーSAWAさんって、いったいどれだけのことを一人で?

SAWA : 自分のアーティスト活動、最近はCMの歌、アイドル・プロデュース、イベントの運営、レーベルもDJもやっています。

ーーすごい!

SAWA : なんなんでしょうね(笑)。シーンとしてはアイドル・イベントに入れてもらうことが多いですけどね。

ーーへぇ。

SAWA : 数年前と状況が変わっちゃって、私とかアイドル・イベントに出るような人じゃなかった。ぱっくり別れていたんですよ。アイドルとアーティストって。でも、今はもう1つで、隔たりがない。

ーーそれはSAWAさんにとっては、ハッピーなこと?

SAWA : そうですね。最近いろんなイベントに呼ばれることがあって、正直、素人っぽい地下アイドル・イベントなんじゃないかなっていう時もあるんですけど、やっぱり全国でCDを流通してどんどん売っていくって考えたら、別に客層なんかで選んでる場合じゃないですし、そこで買ってもらえたら嬉しいので、イベントを選んだりはしないです。買ってもらえる方向で自分がシフトして合わせていくことが出来るようにしています。

もっとKOTOを知ってもらえたらって思います

ーーKOTOさんは、SAWAさんのことをどう思いますか?

KOTO : 最初お会いした時はあんまりSAWAさんのこと分かってなくって。「ギザギザのロンリナイ」を作ってもらってから、お話をすることも多くなって。それで歌う技術みたいなのを教えてもらったりして、「なんてすごい人なんだ」と。「SAWAさん教」っていうのがあったら入りたいです。もっと知りたいし、もっと教えて欲しいし、もっとSAWAさんみたいになりたいって思いました。

ーーSAWAさんの1番魅力的なところはどこですか?

KOTO : びっくりしたのはSAWAさんの歌。歌がスッと入ってくる感じがして。聴いてる人が心地良くなる歌ってすごいなと思って。そしたら、生でもそうだったんですよ。発声準備からすごくて、これはライヴで上手く歌うために必要だろうなと思って、SAWAさんに教えてもらったことを実践したりしています。

ーーSAWAさんは、KOTOさんのどこが1番の魅力だと思いますか?

SAWA : KOTOちゃんはダンス畑出身で容姿や歌も出来るっていう恵まれた環境にある。だけど、ダンス畑で来たからヴォーカルとして表現者としてKOTOちゃんにいろんなハードルが立ちはだっていて、それを超えなきゃいけないんですけど、それをちゃんと超えていくのが、魅力だとも思います。

ーー音楽シーンは数年前とは状況が全然違うわけじゃないですか。アイドル・シーンは、一段落するのかっていうモードも世の中に漂っている中で、KOTOちゃんみたいな子も出てきている。実際この流れはどうなっていくと思います?

SAWA : KOTOちゃんを観た時は、私と遥かにシーンが違ってどうしようって思ったんですけど、実は、古くからシーンが一緒だったり音楽的にすごく繋がりのある喫茶さんが曲を書いている。私の根本は四つ打ちだったりエレクトロのムーヴメントから来ていて、そのシーンの中でKOTOちゃんはすごく起爆剤になるなと思っています。KOTOちゃんみたいな子が入ることによってシーンが活性化すればいろんな人が聴いてくれるし。昔だったらKOTOちゃんみたいな人が来たら、「どうしよう! 負けない!」とか思ったかもしれないけれど、今はみんなで推し上げていけば自分もお客さんも潤うんだなってことに気づいたから、すごくありがたいなって思っています。KOTOちゃんに曲を提供するようになって、一気に周りがKOTOちゃんを分かったのを感じて。私だけが知ってるKOTOちゃんだったのに、みんなが知ってるKOTOちゃんにいきなりなったから、すごいスピードだなって。アイドルだからって線引きしてたら一気に追い抜かれるので、どんどん食って食われて頑張っていかないといけないと思いますね。

ーーなるほど。

SAWA : あと、自分が損をしないようにしないといけない。1番そう思ったのがインストア・イベントなんです。新宿タワーレコードとかだったらみんなも来てくれるけど、時にはちょっと路上ライヴみたいな環境のインストア・イベントもあるんですよ。お客さんは路上の人なので、そこでフリー・ライヴをしてCDを買ってもらうっていう流れなんですけど、もちろん出演料があるわけでもないし、物販も無い。CDを売ること以外目的は無い!そして見ている人は自分に全く興味のない人も多い!それに比べたら、ライヴ・ハウスやクラブのイベントは、ちゃんとお客さんがお金を払って自分の意志でそこに来ている。しかも、お客さんは何かを推したくてそこに来ているし、購買意欲もある、って考えるとインストア・イベントよりも環境としては易しい。インストアをいっぱいやっていくと、修行のようなものが積み重なって強くなれる気がしているんです。

ーー自分のファンがいないところですよね?

SAWA : そう。ファミリー層とか自分のこと全然興味ない人の前、イオンとかでやってなおかつCDを買ってもらわないといけない。なおかつ出演料はないっていう条件がどんなイベントよりも過酷であるっていうことを考えると、どんなアウェイなイベントでもお客さんは来ているんだから、イベントに出ませんとか言ってると全国流通でやってくのは難しいと思います。

KOTO : まだ活動を始めてすごい短いので、最近自分のこと知ってくれたのが目に見えて分かるし、1番分かりやすいのはTwitterのフォロワーの数、リツイート、ファボの数とか。つぶやいてくれてる人の数とかがすごい増えたのも分かるし。前までは初めて観た人によくスルーされてたんですけど、最近は初めて観たって感想をつぶやいてくれている人もいる。ということは、何か心に思ってくれているってことなので。KOTOは、ダンス・シーンくらいしか分からなくて、音楽のことは全然分かってないからあまり焦ってはいないんですけど、特にここでライヴをしたいっていう目標もないので、とにかく今できることをいろんな場所でやり続けて、もっとKOTOを知ってもらえたらって思います。

ーーちなみに2人がまた邂逅することはあるんですか? 曲かなにかで。

SAWA : 書きたいですね、私は。

KOTO : え! KOTO、本当にSAWAさんにお願いしたいです。是非またお願いします。

KOTOがバンドを結成!

ソロアイドルのKOTOがソロ活動と並行して、DJ、ギター、ダンサーを率いて4人組のバンド・プロジェクト「kotofolic」を始動!バンドでのオリジナル曲や、KOTOの楽曲のリミックスなどを発表していく予定!オリジナル楽曲「ファンファーレ」の MV は映画監督の藤井道人監督が担当。


kotofolic/ファンファーレMVフル

RECOMMEND

3776 / 旅ふぉとセレクション(24bit/96kHz)

3776公式サイトで展開中の「旅ふぉと」キャンペーン・ソング。旅ふぉとセレクションは、あなたのセレクション。あなただけのお気に入りの組み合わせを見つけて下さい。

>>インタヴューはこちら

ベイビーレイズJAPAN / 栄光サンライズ 初回限定盤A

初の日本武道館ライブを経て、2015年は日本一のグループを目指すべく「ベイビーレイズJAPAN」に改名!全国に乗り込み! 日本人全員を乗っ取るための劇的改名で、再び“Level.1"から新たな極みを目指す新曲!

ゆるめるモ! /Hamidasumo!(24bit/48kHz)

2012年末の結成以来、NEU! やESG、SUICIDEなどの伝説のバンドを次々とオマージュするなど、攻めすぎな楽曲を次々とリリースし続けてきた、J-POPとコアな音楽をつなぐキュートな通訳者「ゆるめるモ!」。ロック・ファンや楽曲派アイドル・ファンたちを巻き込んで話題を集める彼女たちのニュー・シングル!

LIVE INFO

2015年4月19日(日)@渋谷CHELSEAHOTEL
2015年4月19日(日)@新宿MARZ
2015年4月19日(日)@K-Stage
2015年4月23日(木)@渋谷RUIDOK2 RUIDO presents L-1 グランプリ予選大会
2015年4月25日(土)@スタジオアルタ
2015年4月26日(日)@代アニライブステーション
2015年4月29日(水)@横浜プレミアホール
2015年4月29日(水)@渋谷Glad
2015年4月30日(木)@神楽坂TRASH-UP!!
2015年5月1日(金)@原宿アストロホール

KOTO PROFILE

KOTO

小学生の頃からHIPHOP、JAZZ、JAZZFUNKなどを学び、数々のコンテストに出場し多数の優勝経験を持つ。中学2年生で日本初のキッズ・ダンス映画『SHAKE HANDS』(藤井道人監督)の主題歌オーディションを受けて、数百名のダンサーの中から合格すると同作品の主題歌(mc.A・T氏作曲)で歌手デビュー。中学3年生でソロ・アイドルとして活動を始め、同年にリリースした1stシングル『ことりっぷ』がオリコン初登場20位を記録。翌年2014年にリリースした2ndシングル『愛を届けるお人形』がオリコン初登場10位を記録。圧倒的なダンス・スキルを武器に独自の世界観を発信するソロ・アイドル。現在、16歳の高校2年生。

>>KOTO Official HP

SAWA PROFILE

SAWA

2008年「COLORS」でCDデビュー。バイオリン歴10年、絶対音感を生かしたゆるふわなファンシー・ボイスとシュールで底抜けに明るいキャラクターで愛され、ヴォーカリストとして多くの作品に参加している。2010年打ち込みによる楽曲制作を開始。2011年、DJ WASAとしてDJ活動を開始する。また、他アーティストに楽曲提供を行うなど、常に音楽家として多彩な才能が開花し続ける女性アーティストである。ちなみに前職は高校教師。

>>SAWA Official HP

SAWA 過去作品

o

 
 

インタヴュー

MOROHA、結成10周年記念インタビュー【後半】──「金になると思わせるだけのものが俺たちにはあった」
[FEATURE]・2018年01月22日・「金になると思わせるだけのものが俺たちにはあった」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【後半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。 先日公開したインタヴュー前半ではメジャー・デビューを果たした今の心境やデビュー当時の彼らの活動、1stアルバムをリリース以降の彼らの想
by JJ
ルーツに素直に向き合うこと──ポニーのヒサミツの2ndアルバムを1週間先行 & ハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2018年01月17日・ルーツに素直に向き合うこと──ポニーのヒサミツの2ndアルバムを1週間先行 & ハイレゾ独占配信 1stアルバム『休日のレコード』がタワレコメンに選出、7インチ・シングル『羊を盗め』が〈カクバリズム〉からリリースされ話題を呼んだ、前田卓朗によるカントリー・ポップ・ソロ・ユニット、“ポニーのヒサミツ”が4年ぶりとなる2ndアルバム『The Peanut Vendors』をリリース! 今作はライヴ・メンバーとして共に活動してきた大塚智之(シャムキャッツ)らに加え、中川理沙(ザ・なつやすみバンド)と谷口雄(1983、あだち麗三郎クワルテッット)がゲスト参加。彼が敬愛するカントリーやポップスの世界観が色濃く反映された1枚となっております。そんな今作をOTOTOYでは1週間先行にて配信すると共に、ハイレゾ版を独占配信。彼へのメール・インタヴューと共にお楽しみください。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!ポニーのヒサミツ / THE PEANUT VENDORS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収
スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。