【BiSH】Epsode12 ハシヤスメ・アツコ初インタヴュー「清水寺の舞台から飛び降りる気持ちで合格です」って言われました

BiSHに2人の新メンバー、リンリンとハシヤスメ・アツコが加入した。そして去る8月26日、東京・Zepp Tokyoで急遽行われたワンマン・ライヴ〈TOKYO BiSH SHiNE〉にて初めての舞台を踏んだ。9月2日には初となるシングル『OTNK』をリリースし、10月からは初のワンマン・ライヴ・ツアーがスタート、2016年1月19日(火)にはLIQUIDROOMでファイナルが待ち構えるなど前へ前へと勢いを持って突き進む彼女たち。OTOTOYでは2週に渡り、新メンバー2名のインタヴューを掲載する。第1週となる今回は、BiSHのメガネ担当、ハシヤスメ・アツコの声をお届けする。BiSHのスピードに振り落とされないよう全力で追ってほしい!

BiSHの初シングルを配信スタート!!

OTNK

BiSH

Album ¥617

BiSH / OTNK

【Track List】
1. OTNK
2. NO THANK YOU
3. MAIN STREET ELECTRICAL PARADE

※OTOTOYでは、後日ハイレゾ配信を予定しております。


BiSH「OTNK」


BiSHのデビュー作をハイレゾ配信中!!

BiSH / Brand-new idol SHiT

【配信価格】
WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 257円 / まとめ購入 2,057円

【Track List】
1. スパーク / 2. BiSH-星が瞬く夜に / 3. MONSTERS / 4. Is this call?? / 5. サラバかな / 6. SCHOOL GIRLS,BANG BANG / 7. DA DANCE!! / 8. TOUMIN SHOJO / 9. ぴらぴろ / 10. Lonely girl / 11. HUG ME / 12. カラダ・イデオロギー / 13. Story Brighter

※ハイレゾ版のみ、まとめ購入するとデジタル・ブックレットがついてきます。


BiSH「星が瞬く夜に」


INTERVIEW : ハシヤスメ・アツコ

渡辺淳之介曰く、ハシヤスメ・アツコは、眼鏡採用だそうです。でもインタヴューをした時に感じた彼女の欲深さは、BiSHにとって必要な要素だと思う。もっと上に、そして、もっとでかいステージへ。だれにも負けないと言う意思を持って。BiSH、6人目の爆女が参入です!

インタヴュー&文 : 飯田仁一郎
写真 : 外林健太

渡辺(淳之介)さんにメールを送るときにイマイチな候補で挟んで送りました

ーーなんで”ハシヤスメ”なんですか?

ハシヤスメ・アツコ(以下、ハシヤスメ) : 私、いつも2時とか3時位に寝るんですけど、ウトウトしてたらパっと降ってきて。他にも候補がある中で、なるべくこれを選ばせたいなと思って、渡辺(淳之介)さんにメールを送るときにイマイチな候補で挟んで送りました。

ーーものすごい策略的な…… 悪い女じゃないですか(笑)。なぜBiSHに入ろうと思ったんですか?

ハシヤスメ : 実は私、BiSHの立ち上げ時にも応募していて、そのときは書類さえも通らなかったんですよね。それでふと「そういえば応募したオーディションってどうなったのかな」って思って調べてみたら、Twitterでたまたま今回の募集を見つけて。案外早めに二次募集がかかっていたし、またやってるから送ってみよう! と思って応募しました。

ーー2回目の応募のときは何か工夫を?

ハシヤスメ : 最初に応募したときは、福岡の公園で撮った結構アイドルっぽい感じの写真を送ったんです。それがダメだったのかなと思って、今回は三つ編みにしてメガネをかけて、夜の新宿の銀行の前で友達に撮ってもらいました。最初の写真が真面目だったから、あえて普通というか、素な感じの写真を送ろうかなと思って。

ーーそれが功を奏して見事合格したと。

ハシヤスメ : それはわからないですけどね(笑)。

ーー面接では何を披露したんですか?

ハシヤスメ : モーニング娘。さんが好きだったので、藤本美貴さんの歌を歌いました。

ーー手応えはどうでした?

ハシヤスメ : 絶対ダメだなと思ってました。一緒に面接を受けてたのがBiSHのファンの女の子で、待機してたときにリンダさんとお話してたから、「これは一歩リードされてるな」って。

ーー合格連絡がきたときはどう思いました?

ハシヤスメ : バイト中に着信があったんですけど、「あ、これはダメな連絡かな」と思いました。仕事が終わって携帯をみてたら、結果を聞くべきか聞かぬべきか、すごいドキドキしてきちゃって。心の準備をしてからかけなおしました。そしたら「清水寺の舞台から飛び降りる気持ちで合格です」って言われました(笑)。

ーーそれはどっちが飛び降りるんですか(笑)?

渡辺 : 僕ですね。

遊ぶ子もいなくて、ずっと本読んで、休み時間はトイレにずっといました

ーー(笑)。では、ハシヤスメさんのプロフィールを聞かせてください。出身は?

ハシヤスメ : 東京です。中学入学とともに福岡に引っ越しました。

ーーどんな子供でしたか。

ハシヤスメ : 小学生の頃はひたすらに明るかったです。友達も多かったし活発でした。うちの小学校は全校生徒が少なかったので、6年間クラスが一緒だったんですよ。だから家族みたいに仲良くて、いじめとかもなくて。

ーー福岡への引っ越しは親の転勤?

ハシヤスメ : 親が音楽がすごく好きで、めんたいロックとかすごい聞いていたんです。それで「福岡に行きたい」っていうのは小学校の終わりくらいには話していて。でも私は小学校の友達と仲が良かったので、離れたくないなって思ったんですよ。小学校から中学校って大体皆一緒の学校にあがるじゃないですか。だから離れたくなかったんですけど、小学生の頃なんて親には逆らえないから。

ーーなるほど。そこで友達とバラバラになって、中学ではどうでしたか?

ハシヤスメ : 転校当初は「東京からきた子らしいよ!」って物珍しがられて、めちゃめちゃモテモテで大人気でした。

ーーそれは異性から?

ハシヤスメ : 異性も同性もですね。「東京から可愛い子がきたよ」って… 自分で言うのめっちゃ恥ずかしい(笑)! でも、別に私は相手のことを何も知らないから、ずっと断って生活を送っていて。そこからどんどん… 暗黒に…。いろいろあって友達がいなくなってしまったんですよ。

ーーモテモテのスター街道まっしぐらだったのに、何があったんですか。

ハシヤスメ : あんまり書いて欲しくないんですけど…。私バスケ部だったんですけど、野球部に好きな人がいて、「遊びに行きましょう」って誘われて遊びに行ったんです。そこでプリクラを撮ったんですよ。ただそれだけ。そしたら、同じバスケ部のスター的存在の女の子がみたらしく、「なんであっちゃんはその男の子と遊びに行ってんの?」みたいな感じで「こいつハブろうぜ」って。典型的な女の子いじめですよね。

ーーハシヤスメさんもいじめられてたんですか!

ハシヤスメ : 相手がスター的な女の子だったので、平凡な私よりも友達も多かったし、結果的に部活でも誰からも話しかけられなくて。後輩からもボールを当てられたり、名字で呼び捨てにされたりして、誰も味方がいなかったです。そんな感じで中学の途中からは誰も友達がいなくて、ずっと一人で帰ってたし、遊ぶ子もいなくて、ずっと本読んで、休み時間はトイレにずっといましたね。親も知らないと思うんですけど。

ーー中学は暗黒のまま?

ハシヤスメ : そのまま終わりました。唯一、同じ高校の同じ科に進んだ子とは今でも連絡とってます。東京でいう堀越学園みたいな芸能系の学校で、その子も芸能活動をしている子なので仲良くしてますね。

ーーその頃からもう芸能の道へ進みたいと思っていたんですか?

ハシヤスメ : 行きたかったですし、そもそも私頭が悪かったので、行ける学校が女子校かそこしかなくて。女子校に行ったら絶対またいじめになるし、元々アイドルが好きだったのもあって、自分の将来を考えたときに、普通の女子校より芸能科のほうが有名になれるかなって、ちょっとした期待を持ちつつ入りました。

ーー好きになったアイドルは?

ハシヤスメ : モーニング娘。の中では石川梨華ちゃん。すっごい可愛くて完璧。細かいところはわからないですけど、可憐でひたすらアイドルって感じだったので可愛いなあって。基本的にずっとハロプロばっかり聞いてましたね。ミニモニ。とかプッチモニとか。私、一度はまるとそればっかり聞いちゃうので、小さい頃はモー娘。ばっかりきいてましたね。

ーーリンリンもモー娘。が好きだって言ってたし、BiSだってプールイがモー娘。が好きってところから始まっていますし、大きい存在なんですね。

ハシヤスメ : 本当にそうですね。

「ごめん、もう家出るわ」って言って、3万円だけ持って東京に出てきました

ーー高校入学後はどんな生活でしたか?

ハシヤスメ : 一切いじめはなくなって、むしろ変わった子のほうが個性があっていいって感じだったので、自分の好きなことをできました。高校に入ってすぐに読者モデルをはじめて、九州でしか発行されないフリーペーパーだったんですけど、それを3年間やって。学校内でもオーディションがあったり、TV局がきたり、チャンスはたくさんあったんです。ただいつも書類は通っても落ちたり、イマイチぱっとせず。まあまだ高校生だし、チャンスはあるかって思いながらのんびり生きてましたね。でも心のどこかで売れたいとか有名になりたいっていうのはありました。

ーー卒業後は?

ハシヤスメ : 地元のスクールに通って、一番苦手だったモデルレッスンと演技を学びました。やっていくうちに福岡じゃダメだなと思って、自分探しの旅に出たんですけど、結局得たものは何もなく、ただ体重が増えただけ(笑)。でもこのまま福岡にいても何も始まらないし、もともと東京の人なんだから東京に帰ろうと思ってたら、求人情報誌に「東京で働きませんか? 時給1600円、羽田空港、寮付き!」って書いてあったので行っちゃおうと。その時親は旅行中だったので、勝手に「ごめん、もう家出るわ」って言って、3万円だけ持って東京に出てきました。

ーー羽田で働いてたんですか。

ハシヤスメ : 3万しかなかったし、友達もいなかったので、とりあえず働いて寝る生活を繰り返して、お金をドンと溜めて。でもふと「自分は芸能がやりたくて東京に出て来たのに何をしてるんだろう」と思って、オーディションに応募していくようにしました。その頃「そういえば福岡の友達は何してるのかな」と思って検索したら、ライブやグラビアのアイドルをやってたんですよ。そのときに初めて地下アイドルってジャンルを知って。そういうところにも送ってみようって応募してみたら受かったんです。

ーーハシヤスメさんはアイドル活動経験があるんですね。

ハシヤスメ : はい。そこではじめて地下アイドルを体験したんですけど、1年ちょっとで解散しちゃったので、全然物足りなくて。TSUTAYA O-WESTとかで大きいステージに立たせてもらったりしたんですけど、単独ではないし、満席でもないし、人もまばらで、今まで地上のアイドルしかみてなかった私としては、「え、こんなに人少ないの? 1人とか2人の前で歌うの?」って思って。そしたら「これが普通だよ!」とか言ってて、思い描いてるのと違うしどうしようと思いました。

ーー解散後もアイドルの夢は捨てきれず?

ハシヤスメ : アイドルというよりも音楽がやりたかったんですよね。もともとロックが好きだったし、自分は清純派って感じでもないから、アイドルだけどもちょっとロック要素があるようなのないかなって思ってて。全然みつからなかったですけど、いいのってそんなにすぐには来ないし、とりあえず待とうと。いい獲物というか、いいものがくるまで待って、それで見つけたのがBiSHです。

ーーなぜBiSHがいい獲物だと思ったんですか?

ハシヤスメ : 私フリーペーパーとか音楽雑誌を読むのが好きで、BiSのメンバーが樹海で全裸で立ってる写真(Quick Japan)とか、ブタ鼻してるアーティスト写真とかをみて、「女の子なのにこんなことやってる!」って、すごい印象に残って。そこでBiSをはじめて知って、単純にかっこいいなって思ったんです。でも曲を聞くわけでもなく、その後すぐ解散しちゃったんですけど、横浜アリーナで単独やってすごいなと。それからしばらく経って、渡辺さんが「BiSをもう一度はじめます」って言ってたツイートをみつけたんです。そのときトレンドか何かで一位になってて、「BiSってあの全裸のやつだ!」と思って、年齢制限も平気だったので応募しました。

ーーちなみに、BiSを再び、ということであれば脱がされる可能性もありますよね。

ハシヤスメ : そうですね。まあ私別にNGもないので、面接で「出来ます!」というのは言いました。

ーー他のメンバーはどうですか?

ハシヤスメ : すごい優しいですね。面接のときから思ってたんですけど、すごい皆いい人オーラがでていて。どうしようって。

ーーそれは自分がいい人ではないってこと?

ハシヤスメ : いい人ですけど、ちょっと腹黒な要素があるので。今もTwitterのフォロワー数がリンリンのほうがちょっと多いので、「同じ時期に始めたのに何で! クソー!」って思ってます(笑)。

ーー(笑)。そういうポジションもグループには必要かもしれないですけどね。

ハシヤスメ : どうなんだろう(笑)。

THE MODSの”雨の野音”を、保育園児くらいのときに観に行って

ーー加入から1ヶ月くらい経ちましたが、自分のチームでの役割は見えてきましたか?

ハシヤスメ : メンバーを知っていかないとってことで、なるべくいまは積極的に話かけているんですけど、まだわからないですね。ダンスに関しては負けてないかなって思うんですけど、アイナさんがすごい上手いし、振り付けもやってくれてたりするので。負けたくないですけど、今の段階では負けてる。しかも歌も凄い上手いので、どっちか分けてって思います。「いつか譲って」って。

ーーハシヤスメさんは随分人間的な人ですね(笑)。

ハシヤスメ : そうですね、たまに口が悪くなるので(笑)。出ないようにはしてるんですけど。

ーー得意なことやチャームポイントは?

ハシヤスメ : 走るのが得意ですね。持久走とかマラソンとか。この間200kmマラソンの記事を読んで、やりたかったなーって思ったり、思わなかったり。

ーー苦手な事は?

ハシヤスメ : 虫とかおばけとかが苦手ですね。

ーーリンリンは虫が好きって言ってましたよ。

ハシヤスメ : うわー信じられない!

ーーBiSHでの目標はありますか?

ハシヤスメ : いろんな歌番組やステージを観てきて、立ちたいと思ったところがすごくたくさんあるんです。前のグループのときに、対バンではあったんですけど、渋谷AXに立てて。あとは日比谷の野音。あそこはロックの方もたくさん立っていて、THE MODSの”雨の野音”を、保育園児くらいのときに観に行って、子供ながらにカッコイイ! と思ったので、そこに立ちたいなと。あとは… 日本武道館。ビートルズもそうですし、いろんなアーティストさんが立ってきた場所なので、私も立ちたいなって思ってます。

ーー保育園児でTHE MODSの野音ですか。明太ロックが好きだったのはお母さん?

ハシヤスメ : お母さんですね。昔は全く良さがわからなくて、アイドルのほうが好きって思ってたけど、年齢を重ねて行くうちに魅力がわかってきたし、シーナさんのお葬式に行って改めていろんなことを思って。あとこの間ミュージックステーションでアーティストさん(※Ken Yokoyama)が「最近バンドがテレビに出なくなって」って話をされていて。確かに最近アイドルばっかり出てますよね。それでその方は「僕も今までは(テレビ出演を)断っていたけど、今回出た理由はロックの良さを広げていきたかったから」ってことを言ってて、ああその通りだと思って。

ーーロックが好きなんですね。

ハシヤスメ : 好きですね。アイドルも好きだけどロックも好き。

ーーアイドルもやれてロックなサウンドのBiSHは最高じゃないですか。

ハシヤスメ : 最高ですね。辞めたくないです。

ーー淳之介さんのことはどう思ってるんですか。

ハシヤスメ : ツイッターのアイコンをみて、すごい陽気な人だなって思いました。

ーーえ、それだけ?

ハシヤスメ : なんだろう。わかんないです。何を考えてるんだろうとか思いますし、でも凄い人だなってことは思います。

ーーもっと私のことをみてほしい、とか思いますか?

ハシヤスメ : そうですね。思いますけど、忙しい人なので。体には気をつけて欲しいなって思います。

LIVE INFORMATION

BiSHフェス
2015年9月6日(日)@渋谷WWW
時間 : Open 15:00 / Start 16:00
料金 : 3,000円(税込) 入場時にドリンク代別途必要 ※お一人様2枚まで
BiSHフェス特設サイト : http://s.maho.jp/homepage/f65394bf677356e3/

BiSH 全国ツアー Eden of Sorrow TOUR
2015年10月24日(土)@仙台 enn2nd
2015年11月03日(火・祝)@名古屋 Heartland STUDIO
2015年11月08日(日)@沖縄 output
2015年11月15日(日)@大阪 STUDIO PARTITA
2015年11月23日(月・祝)@札幌 KLUB COUNTER ACTION
2015年11月28日(土)@広島 Back Beat
2015年12月13日(日)@福岡 DRUM SON

BiSH TOUR FINAL IDOL is SHiT
2016年1月19日(火)@LIQUIDROOM
時間 : Open 18:00 / Start 19:00
料金 : 3,000円(税込) 入場時にドリンク代別途必要
IDOL is SHiTのみ 3,500円(税込)入場時にドリンク代別途必要
※未就学児童入場不可

イープラス抽選先行二次
8月28日(金)18:00〜8月30日(日)23:59 ※沖縄公演のみ取り扱い無し
受付URL▶http://eplus.jp/bish/

一般発売
9月5日(土)AM10:00

プレイガイド
イープラス http://eplus.jp/bish/

はじまったばかりのBiSHのストーリー

vol.0 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0 渡辺淳之介 インタヴュー

vol.0.1 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0.1 松隈ケンタ(サウンド・プロデューサー) インタヴュー

vol.0.2 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0.2 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) インタヴュー

vol.0.3 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0.2 真田礼(アートディレクター・デザイナー) インタヴュー

vol.1 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode1 BiSH初インタヴュー(前編)

vol.2 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode2 BiSH初インタヴュー(後編)

vol.3 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode3 ユカコラブデラックス、初インタヴュー「脱退」

vol.4 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode4 ハグ・ミィ、初インタヴュー「アイドルヲタク全体の数をもっと増やしたい」

vol.5 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode5 モモコグミカンパニー、初インタヴュー「ただ可愛いって言われるアイドルと一緒になりたくない」

vol.6 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode6 アイナ・ジ・エンド、初インタヴュー「私の声がないと成立しない音楽に出会いたかった」

vol.7 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode7 セントチヒロ・チッチ、初インタヴュー「見返してやりたい!」って気持ちのほうが大きかった

vol.8 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode8 これが新生クソアイドルのデビュー作だ!!BiSH、待望の1stアルバムをハイレゾ配信(デジタル・ブックレット付き)

vol.9 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode9 南波一海が切り取る中野heavy sick zero初ワンマン・ライヴ!

vol.10 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode10 BiSHとPOPの200km対抗駅伝はなにを生み出したのか?

vol.11 BiSH~Rock'n Rol2 Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode11 BiSHとともに振り返る200km対抗駅伝

BiSHが超えるべきBiSの歴史を振り返る

vol.1 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
アイドル・グループ・プー・ルイを結成する前代未聞のプロジェクトがついにスタート!

vol.2 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.2 - オーディション -

vol.3 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.3 - ナカヤマユキコ編 -

vol.4 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.4 - ヨコヤマリナ編 -

vol.5 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.5 - メンバー全員決定 -

vol.6 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.6 - 初お披露目。そして、グループ名は? -

vol.7 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.7 -『エレガントの怪物』-

vol.8 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.8 -初レコーディング作品フリー・ダウンロード開始!

vol.9 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.9 -BiS初のフル・アルバムが、2011年3月23日発売決定! -

vol.10 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.10 -1st フル・アルバム『Brand-new idol Society』先行配信開始! -

vol.11 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.11 -待望の初アルバム『Brand-new idol Society』配信開始!

vol.12 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.12 -アイドル・グループ構成員増殖計画セカンド・シーズンスタート!

vol.13 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.13 -中野heavy sick zeroのワンマン・ライヴ!

vol.14 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.14 -BiS次回作の一斉楽曲コンペ開催決定! !

vol.15 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.15 -BiSとtengal6のコラボ楽曲フリー・ダウンロード!

vol.16 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.16 -号外! BiSからヨコヤマリナが電撃卒業!

vol.17 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.17 -リナハムありがとう! 衝撃のPV公開!

vol.18 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.18 -7月9日下北沢shlterで新メンバー発表! -

vol.19 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.19新メンバーテラシマユフ入学式-

vol.20 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.20 -渋谷WWW目前プー・ルイ、インタヴュー-

vol.21 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.21 -渋谷WWW「BiBフェス!」ライプ・レポート! ! ! -

vol.22 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.22 -「怒髪天のハロウィン 百鬼フェスティバル」にBiSが登場っ! ! ! -

vol.23 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.23 -怒髪天にBiSが突撃インタヴュー&ライヴ-

vol.24 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.24 -売り切れ続出! タワーレコード限定シングル発売開始! -

vol.25 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.25 -テラシマユフへインタヴュー! 優等生が見せた葛藤-

vol.26 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.26 -リキッド・ルーム・ワンマン目前メンバー・インタヴュー! -

vol.27 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.27 - 満員御礼! BiSリキッドルーム・ワンマン・ライヴ!

vol.28 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.28 - プー・ルイ インタヴュー「理想のリーダー像とは」連続企画スタート!

vol.29 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.29 - ヒラノノゾミ インタヴュー「アイドルグループでの存在意義」

vol.30 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.30 - テラシマユフ インタヴュー「BiSに優等生は必要! ? 」

vol.31 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.31 - 新メンバー・ワッキー&ミッチェル 初インタヴュー

vol.32 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.32 - プ—・ルイ インタヴュー「リーダーとしての葛藤と決意」

vol.33 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.33 - アナログ盤『ABiSCDiS』リリース記念 BiSの工場見学

vol.34 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.34 - 渡辺淳之介(BiSマネージャー) インタヴュー「BiS誕生以前の物語」

vol.35 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.35 - 祝・メジャー・デビュー『PPCC』BiS全力特集

vol.36 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.36 - Road to 赤坂BLITZ

vol.37 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.37 - 辻本翔(BiS アシスタント・マネージャー)インタヴュー—「研究員からBiSマネージャーへ」

vol.38 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.38 - BiSメジャー1stアルバム『IDOL is DEAD』 松隈ケンタ(BiSサウンド・プロデューサー) INTERVIEW

vol.39 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.39 - BiSメジャー1stアルバム『IDOL is DEAD』 南波一海によるロング・レビュー掲載

vol.40 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.40 - 『IDOL is DEAD』リリース記念 BiS公開インタヴュー

vol.41 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.41 - 2012年のBiS、そして2013年へ

vol.42 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.42 - BiSとDorothy Little Happy『GET YOU』リリース

vol.43 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.43 - プー・ルイ、国技館に降り立つ

vol.44 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.44 - 国技館ワンマンへの道!!

vol.45 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.45 - 2013年3月16日(土)@東京・両国国技館 「WHO KiLLED IDOL? 」

vol.46 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.46 - ミチバヤシリオ インタヴュー 加入1年にして語る現在の想いとこれから」

vol.47 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.47 - 新メンバー初インタヴュー テンテンコ、カミヤサキ、ファーストサマーウイカ

vol.48 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.48 - BiS、6人体制になって初のシングル『DiE』をリリース プー・ルイ インタヴュー

vol.49 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.49 - BiS階段 おばあちゃんに訊く!!「この音楽はなんだと思いますか?」@巣鴨地蔵通商店街

vol.50 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.50 - BiS『Fly / Hi』をリリース ミッチェル、卒業インタヴュー

vol.51 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.51 - ヒラノノゾミ、インタヴュー「解散までにもう少し足跡を残したい」

vol.52 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.52 - コショージメグミ、インタヴュー「BiSをやりきる、それだけですね」

vol.53 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.53 - カミヤサキ、インタヴュー「もっと自分に自信を」

vol.54 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.54 - ファーストサマーウイカ、インタヴュー「いまを積み重ねるしかないですから」

vol.55 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.55 - テンテンコ、インタヴュー「わたしがいなくてもいるみたいな存在になれたらいいなって」

vol.56 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.56 - 渡辺淳之介、インタヴュー「BiSは解散に向けて、再びおもしろさを取り戻せるのか?」

vol.57 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.57 - 飛ばねぇアイドルは、ただのアイドルだ。BiS、上田剛士(AA=)を迎え新曲リリース

vol.58 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.58 - BiS、ラスト・アルバム完成!!BiSが生まれるきっかけになった4人のメンバーで解散までの歩みを語る

vol.59 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.59 - BiS、カミヤサキのコスプレ連載「2.5次元まで」Vol.3 キルラキル

vol.60 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.60 - 泣いても笑っても、これが最後のダンス・チューンーーBiS、ラスト・シングル『FiNAL DANCE/nerve』をリリース

vol.61 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.61 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、コショージメグミ編ーーアイドルがしたくて入ったわけじゃなくて、BiSが好きで入ったから

vol.62 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.62 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、ファーストサマーウイカ編ーーおっきいお葬式をしたいなって、「楽しかったね、ありがとうな」っていう

vol.63 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.63 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、テンテンコ編ーー夏休みの宿題をまったくやらずに最終日っていう感じなんです

vol.64 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.64 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、カミヤサキ編ーー楽し過ぎて終わるのがイヤになるようなトラウマを残すライヴをしたいな

vol.65 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.65 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、ヒラノノゾミ編ーー「こっちは3年やってきてるんだぞ!」っていうプライドもある

o

 
 

連載

GANG PARADE、インタヴュー&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.3掲載!!
[GANGPARADE]・2017年11月17日・【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.3 7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年5月よりカミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの無期限限定レンタル・トレードが行われ、アヤを入れた7人で活動を行っている。そんな7人体制での初アルバムが11月21日にリリース。11月20日の恵比寿LIQUIDROOMでのワンマン・ライヴのチケットも完売し、さらなる飛躍が期待される彼女たちの歴史を振り返るインタヴューを3回に渡り掲載する。また、ユイ・ガ・ドクソンによるラーメン連載がカレー連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」にリニューアル!! ドクソンが真剣にカレーを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry vol.3はこちら>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・前編はこちら>>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・中編はこちら 2017年新たな
by 西澤 裕郎
GANG PARADE、インタヴュー&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.2掲載!!
[GANGPARADE]・2017年11月10日・【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.2 7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年5月よりカミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの無期限限定レンタル・トレードが行われ、アヤを入れた7人で活動を行っている。そんな7人体制での初アルバムが11月21日にリリース。11月20日の恵比寿LIQUID ROOMでのワンマン・ライヴのチケットも完売し、さらなる飛躍が期待される彼女たちの歴史を振り返るインタヴューを3回に渡り掲載する。また、ユイ・ガ・ドクソンによるラーメン連載がカレー連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」にリニューアル!! ドクソンが真剣にカレーを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry vol.2はこちら>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・前編はこちら POPからGANG PARADEヘ(2015年12月〜2016年7月) ──カミヤ
by 西澤 裕郎
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第10回
[REVIEW]・2017年11月15日・斎井直史のヒップホップ連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第10回──KOJOE4年半ぶりの新作に迫る いよいよ本格的に冬! 今年も残り1ヶ月半、年末に向けじわじわと忙しさも増す今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」も今月で10回目! 前回はみんなが待ちに待ったPUNPEEのアルバム『MODERN TIMES』を渾身のレヴューでお届けしました。年間のベストも出揃いつつあるタイミングですが、ここにきて強烈な作品! 今月は新潟生まれ、NYクイーンズ育ちのバイリンガル・ラッパー、KOJOE4年半ぶりとなるアルバム『here』を特集です。豪華な客演陣が揃う今作からはどんなパンチラインが選ばれるんでしょうか!? 4年半ぶりとなるオリジナル・アルバム!KOJOE / here'【収録曲】01. KING SONG Feat. Mayumi02. Smiles Davis Feat. Dusty Husky & Campanella03. PenDrop Feat. ISSUGI04. Prodigy Feat. OMSB
by 斎井 直史
Walking with PAW PicoーーーSummer Rocket、愛わなびがハイレゾ音源を聴きながら神泉をお散歩
[TECH]・2017年11月14日・Walking with PAW PicoーーーSummer Rocket、愛わなびがハイレゾ音源を聴きながら神泉をお散歩 大きさ、重さともに世界最小クラスのDAP(デジタル・オーディオ・プレイヤー)、PAW Pico。こんなに小さいのに、PCM192kHz/DSD5.6MHz(PCM変換)までのフォーマットに対応している優れものの音楽プレイヤー!! Bluetoothを用いてスマホ上の専用アプリで選曲することも可能。さらに、移動距離、平均速度、歩数、消費カロリーなどの記録を取って、アプリで管理もできちゃいます。今回、OTOTOYでは「夏」をテーマに、2016年7月から活動をスタートさせた4人組アイドル・グループ、Summer Rocket(サマーロケット)のメンバー、愛わなびがPAW Picoを持って、神泉〜渋谷の街をお散歩、おススメスポットを巡り、それに合うハイレゾ音源10作品を紹介していきます。音楽好きに大人気の喫茶店・FRIENDSや、カクバリズムの事務所があったり、音楽好きが集まる場所神泉をPAW Picoとともにお楽しみください。日々の生活に音楽が彩りを与えてくれること間違いなし!! >>PA
【新連載】Summer Rocket愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings 畳野彩加編
[CLOSEUP]・2017年11月09日・【新連載】Summer Rocket愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings 畳野彩加編 「夏」をテーマに、2016年7月から活動をスタートさせた4人組アイドル・グループ、Summer Rocket(サマーロケット)。SEBASTIAN X、音沙汰の永原真夏と工藤歩里が楽曲を手がけ、こつこつとライヴ活動や雑誌のレポート活動などを行い、じわじわと知名度と人気があがってきている彼女たち。その中でも、オリジナルZINEを作るなど、ひときわ創作に強い意欲を持っているメンバー、愛わなびの連載企画がスタート! 愛わなびが敬愛する表現者たちにインタヴューを行い、各アーティストがどのような考えを持って活動しているのかを学び、その回ごとにインスピレーションを元に総括を創作して公開します! と、コンセプトは決まったものの緊張の中始まった連載第1回。ゲストは、Homecomings畳野彩加さん。果たしてわなびは何を学んだのか? ぜひお楽しみください! 愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings畳野彩加編 さぁさぁ〜! 始まりました! ついに始まってしまいました、「愛わなびのく
by 中の人
【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.1
[GANGPARADE]・2017年11月07日・【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.1 7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年5月よりカミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの無期限限定レンタル・トレードが行われ、アヤを入れた7人で活動を行っている。そんな7人体制での初アルバムが11月21日にリリース。11月20日の恵比寿LIQUID ROOMでのワンマン・ライヴのチケットも完売し、さらなる飛躍が期待される彼女たちの歴史を振り返るインタヴューを3回に渡り掲載する。また、ユイ・ガ・ドクソンによるラーメン連載がカレー連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」にリニューアル!! ドクソンが真剣にカレーを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry vol.1 はこちら>【レポート】BiSHとPOPの200km対抗駅伝はなにを生み出したのか? ミキ : ユアは往路の対戦相手がいなくて。 ユア : モモコグミ・カン
by 西澤 裕郎
【BiS連載vol.86】祝・メジャー・デビュー!! プー・ルイのいなかった6人の約半月を振り返る
[POURLUI]・2017年10月31日・【BiS連載vol.86】祝・メジャー・デビュー!! プー・ルイのいなかった6人の約半月を振り返る 2016年9月、5人のメンバーで再スタートを切り、2017年5月に新メンバー・ももらんどとパン・ルナリーフィが加入、GANG PARADEのカミヤサキがレンタル移籍し、現在7人体制で活動中の新生アイドル研究会BiS。5月末より行ってきた全国ツアー〈BAD SOCiAL TOUR〉のファイナル公演〈IDOL is DEAD〉を目前にペリ・ウブが感染性腸炎により入院、無事退院したもののリーダーのプー・ルイがダイエットに挑戦する企画〈DiET or DiE〉でまさかの失敗。9月16日より活動休止となり、6人での活動を余儀なくされた。そして10月6日の赤坂BLITZ公演を6人で迎えたBiS。ライヴ途中でプー・ルイが復帰し、2回目のメジャーデビュー、両国国技館でのワンマンを発表し、再び7人で走り始めた。そんなBiSの6人で活動した期間を6人とともに振り返る。 新生BiS、7人体制での2ndシングルを配信中BiS / I can't say NO!!!!!!!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格
by 西澤 裕郎
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回
[REVIEW]・2017年10月11日・ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回 今年も残り3ヶ月、気がつくとあっという間に年末がすぐそこまで来てますね〜。ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載、「パンチライン・オブ・ザ・マンス」も今月で9回目です! 先月はキレのあるFebbのラップが帰って来た、GRADIS NICE & YOUNG MASによる共作『L.O.C -Talkin About Money- 』、そして先日の日本での初ライヴを披露したNY在住の日系若手ラッパー・MIYACHIを取り上げました。そしてもちろん今月は、全てのヒップホップ・ヘッズたちが待ちに待ち焦がれたPUNPEEのファースト・アルバム『MODERN TIMES』特集! 斎井によるレヴューの熱量もかなり高めに仕上がっております! ぜひ一読を! みんな待ってた! 待望のソロ1st!!PUNPEE / MODERN TIMES'【収録曲】1. 20572. Lovely Man3. Happy Meal4. 宇宙に行く5. Renaissance6. Scenario (Film)7. Interval8. Prid
by 斎井 直史
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事