楽しいを追求したその先にある"MORE"ーLEARNERS、待望となる2ndアルバムをリリース!!

松田”CHABE”岳二

松田"CHABE"岳二を中心とした5人組ロックン・ロール・バンド、LEARNERS。2015年12月にリリースされた1stアルバム『LEARNERS』は年を跨ぎロング・セールスを記録、ジャンルを問わず魅力的な楽曲をカヴァーするそのセンスとハッピーなライヴ・パフォーマンスは各所にて話題を振り巻き続けている。そんな中リリースされる待望の2ndアルバム『MORE LEARNERS』はオリジナル楽曲はもちろん、ビーチ・ボーイズやダイアナ・ロス、山下達郎もカヴァーしている「WHY DO FOOL FALL IN LOVE」をはじめ、チェッカーズのドゥーワップ・ナンバー「MOONLIGHT REVIEW 50’S」のカヴァーで日本語楽曲にも初挑戦するなど、前作よりも確実に"MORE"な仕上がりとなっている。OTOTOYでは今作をハイレゾ配信中。そしてリリースにあたり、リーダーである松田"CHABE"岳二にインタヴューを敢行。バンドの結成とそのこだわりについて話を聞いた。



LEARNERS / MORE LEARNERS

【収録曲】
1.GOOD MORNING LEARNERS! (INTRO) / 2.WHY DO FOOL FALL IN LOVE / 3.WATER THE FLOWERS / 4.GO AWAY DON’T BOTHER ME / 5.LET ME IN / 6.SAINT TROPEZ BLUES / 7.I WANT CANDY / 8.LOVE YOUR MONEY / 9.DENISE / 10.MOONLIGHT REVIEW 50’S / 11.WALKING AFTER MIDNIGHT / 12.SLEEP WALK

【配信形態】
(24bit/48kHz)WAV,ALAC,FLAC / AAC

【配信価格】
(単曲) ALAC,FLAC,WAV / AAC : 349円(税込)
(まとめ買い) ALAC、FLAC、WAV / AAC : 2,333円(税込)

1stアルバム『LEARNERS』も好評配信中!!



LEARNERS / LEARNERS

【収録曲】
1.FOOLS FALL IN LOVE / 2.LEARNERS YEAH!!! / 3.I WANT YOU TO BE MY BABY / 4.DA DOO RON RON / 5.TEENAGE KICKS / 6.RHODE ISLAND IS FAMOUS FOR YOU / 7.(LOVE IS LIKE A)HEAT WAVE / 8.YOU'RE WONDERING NOW / 9.GOTTA LOT OF RHYTHM IN MY SOUL / 10.SHAMPOO PLANET / 11.HE'S MY ONE AND ONLY JIMMY BOY / 12.RHODE ISLAND IS FAMOUS FOR YOU feat.EDDI READER / 13.GOODNIGHT BABY (outro)

【配信形態】
(16bit/44.1kHz)WAV,ALAC,FLAC / AAC / MP3

【配信価格】
(単曲) ALAC,FLAC,WAV / AAC : 349円(税込) / MP3 : 277円(税込)
(まとめ買い) ALAC、FLAC、WAV / AAC : 2,333円(税込) / MP3 : 1,707円(税込)

INTERVIEW : 松田"CHABE"岳二

インタヴュー : 飯田仁一郎
文・構成 : 鶯巣大介
写真 : 佐藤裕紀

——そもそもLEARNERSはどうやって始まったバンドなんですか?

最初は紗羅(マリー,Vo)ちゃんと僕の2人で弾き語りみたいなことをやっていたんですけど、紗羅の歌とか表現力が思いのほかすごくて。もともと僕は50歳くらいになったときにジェリー・ダマーズ(ザ・スペシャルズのリーダー)がやっているような音楽、しまいにはビッグ・バンドをやれたらいいなぁと構想してたんですよ。それが本当にできたらと思って、2014年かな、そのタイミングで自分のレギュラー・パ—ティーでのDJを全部やめたんです。一回紗羅ちゃんとしっかりバンドをやってみたいっていう理由からだったんですけど。

——そこからどうやっていまの5人編成に?

バンドの最初のライヴは〈KiliKiliVilla〉が関わっていたブラック・リップス来日公演のときですね。「ちょっと手伝って」みたいな感じでハマ(浜田将充,Ba)と(古川)太一(Dr)に声をかけて、そのタイミングで(堀口)チエちゃん(Gt)とも出会えた。最初は1回限りのつもりだったんですよ。でも5人で初めてやるライヴのリハで何曲かやってたら〈KiliKiliVilla〉から「出しませんか?」って声をかけてもらって(笑)。ライヴのときもメンバー全員がハッとしたというか「これ多分僕たちすごいんじゃないの?」ってメンバーみんなが共有したんですよ。まずこんな女の子2人が揃うバンドなんてないんで、長い経験上これを出すのが僕の仕事だなと思って。やらないとバチが当たるなと。

——チエさんとの出会いもバンドにとって大きな出来事だったと。

あんなにギターが弾ける人だったなんて知らなかったんですよ。初ライヴが6月15日のライヴで、1ヶ月くらい前まで「もしギターが見つからなかったら弾いてもらえないかな」って仲良い人に頼んでたくらいで。でももしそうなってたら、多分LEARNERSは続いてないですね。そのときだけのメンバーで終わってたと思う。

——チエさんのギターのどんなところに惹かれたんですか?

音と技術と、あとはタレント性ですかね。バンドに入る前にチエちゃんとスタジオに入ったんですけど、グレッチのオールドを背負って、でっかいヴィンテージのテープ・エコーを転がして持ってきたんですよ。なんかすげぇのが来たなと思って(笑)。なんていうか、引きこもりのギター少年みたいなんです。ギターのことがとにかく一番というか。だからチエちゃんと紗羅ちゃんが出会ったことがやっぱりすごいことだなと思います。


I WANT YOU TO BE MY BABY - OFFICIAL MV

——佇まいまで含めた紗羅さんとチエさんの存在がバンドの肝になっていると。あと今回のアルバムもそうですけど、LEARNERSはこれまで過去の楽曲のカヴァーを中心に演奏していますよね。

なんかカヴァーは楽しいですね。それにいま20歳の子はこのアルバムに入ってる曲はほとんど知らないと思うし。ドラムの太一はすごい音楽詳しいはずなんですけど、ここらへんがすこっと抜けてて。どれがオリジナルでどれがカヴァーか分かんないってメンバーすら言うくらいなんで(笑)。だからそれってもう新曲じゃないかなって思ったんですよ。それにずっとDJをやってきたっていうことも関係あるかもしれないですね。なんかもったいないじゃないですか、埋もれていく曲って。よく話すことがあって、スペシャルズの1stアルバム(『Specials』)ってたくさんカヴァーが入ってるんですけど、聴き倒してたのに僕はそれを知らなかったんですよ。誰かがDJで原曲をかけているのを聴いて「えぇ!? これスペシャルズじゃないんだ」って知って(笑)。

——じゃあバンドのコンセプト、キーワードを挙げてもらうとするなら、やはりカヴァーになりますか。

いやパーティー・バンドかなぁ。そこまでカヴァーっていうこだわりもなく。たまたまそうなってるけど、別に曲を作れればそれでもいいかなとか思ったり、オリジナル曲だけ集めた3枚目っていう構想もあって。僕のなかではOi-SKALL MATESが最強のパーティー・バンドなんですよ。もちろんパンク・バンドでもあると思うんですけど。オイスカが出てきた瞬間にみんな持ってかれて、ニコニコしながら踊ってる。そういうところがイメージにありましたね。

——なるほど。確かにLEARNERSのライヴもかなり自由度が高くてやりたい放題っていう印象を受けました(笑)。

そうなんです。僕はメンバーにライヴについて何も言ってないんですよ。しかもほとんどリハに入れてないバンドですし。でもその場で急にドラムがテンポ・ダウンしたり、早くなったりとか。だからライヴ中は太一が指揮者みたいなことになってますね。レコーディングではしなかったことをして、どんどん曲を変えていくのは太一のせいです(笑)。僕もそういうのは好きですしね。あとこのバンドは反省会が一切ないんですよ。終わったら「お疲れー」みたいな感じで。なんか不思議なバンドですね。

——チャーべさんは結構プロデューサー目線でこのバンドをやってるんですね。

そうですね。みんなのことを考えて。あとメンバーはほかのバンドもやってるんで、なんつうか愛人同士みたいな雰囲気があります。だからこそ割り切って楽しめるっていう(笑)。

——あははは(笑)。個人的な話も訊いてみたいんですが、長いキャリアを経て、チャーべさんはいまLEARNERSをやっている。そのことについてどんなふうに感じてますか。

僕は46歳になっちゃったんですけど、46歳目線だと、もう別にただ楽しくやれるだけで幸せみたいなところがあって。自分のバンド人生のオマケみたいな感じで、LEARNERSをやらせてもらってる感じがちょっとあります。だからあんまり狙ってないんですよね。売れようとかもないし。まぁたくさんの人が聴いてくれるのは嬉しいですけど。メンバーみんな自分の仕事やバンドがあって、3番目4番目くらいの楽しみとしてあればいいなって。僕がみんなに目配せしておくから、アナタたちは何も心配せずに好きなだけ楽しめばいいよみたいな感じ。でも結果一番僕が得してると思うんですけどね(笑)。すごく楽しいし、LEARNERSのおかげで音楽人生10年くらい延びたんじゃないかな。僕はわりとぼんやりしてたんですよ、震災以降の5年くらいって。なのでホント一番そこは助けられてるというか。

——震災をきっかけに何か思うことが?

人生というか、死について考えましたね。結果、人って絶対死ぬじゃないですか。そういうことをすごい考えて。だったらどうしようと考えたら、なるべく楽しくて悔いないようにって思って。謎にずーっとエモいんですよね。楽しむための言い訳じゃないんですけど「だって死ぬんだもん」って思ってますね。あと自分のなかにずっとあった政治的に言いたいことを、もう言っちゃおうかなって思い始めたころだったかもしれないですね。


WATER THE FLOWERS

——ではアルバム『MORE LEARNERS』についても訊かせてください。今作はどんなかたちでレコーディングを進めていったんでしょうか。

本当はアレンジを固めてから録音に入りたかったんですけど、今回2回しかリハに入ってなくて(笑)。収録する曲を決めて、頭のなかだけでアレンジを考えていて。一応僕と紗羅が2人でスタジオに入った歌とギターだけのものがあって、それが青写真にになってるんですけどね。そこから僕が構成表を作って、基本の尺と構成とキーを決めたら「あとは自由だ! 」って(笑)。みんな瞬発力がすごいんで、太一もハマも「ここをこうしていいですか?」って提案してくるし、チエちゃんは家で全部フレーズを考えてレコーディングに入ってくれますね。それぞれが自分が思う「LEARNERSってこうだよね」っていう音を出してくるというか。

——LEARNERSなりのこだわりみたいなところってあるんですか?

男3人はとにかく上モノの女の子2人をどう活かすかって考えてますね。紗羅ちゃんは多分歌ってるときは自分が一番かっこいいって思いながらやってるんじゃないですか。あの人は演じれる人なので。

——そこでも女子2人をバンドの軸として考えてると。

僕とリズム隊2人でベーシックを一発録りして、そこから紗羅とチエにスタジオで時間をかけたいんで、鍵盤とかも僕は家で録ったりするんですよ。スタジオの時間がもったいないんで、時間短縮するために家で作業をして。リズム隊はほぼ一発録りですね。チエちゃんはそれをゆっくり聴きながら、フレーズを考えていく。多分レコーディングのときは一睡もせずに来るんですよ。なんか廃人みたいな感じになっていて(笑)。でもあぁよく考えてくんなぁって思うようなフレーズをバンバン入れてきて、まぁすごいですね。尊敬です。紗羅のヴォーカルも本人がOKを出すまでやっていいよって言ってます。でもいつも2テイク、3テイクで決めてますけどね。僕以外のプレイヤーは本当にすげえと思います。自分はこの4人のファンみたいな感じですね。

——目指した音像などはあったんでしょうか。

あります。(ジャンル的に)ロカビリーとか、そういうふうに括られがちなんですけど、とにかく音はハイブリッドに録ってやろうと思ってました。一応ギターの音色とか一個一個はそういうそのマナーというか雰囲気があるんですけどね。LEARNERSを始めてレコーディングをしようと思ったときに、いろんな人が「ヴィンテージの機材もあるよ」「テープで録ってくれるよ」って、ここがいいってスタジオを教えてくれたんですけど、でもLEARNERSはウッドベースでもないわけだし、いまの音楽と並んだときに、音圧からなにから、ちゃんと対抗できないと僕はあんまり意味がないと思ってたんです。ヴィンテージ・ミュージックになっちゃうじゃないですか。そこだけは逆にこだわりがありました。

——あぁなるほど。

アンチテーゼではないんですよ。古くて温かい音も僕は大好きで、それこそ紗羅ちゃんがもういっこやってるバンドとかは、そういう音が絶対合うなって感じていて。僕がプロデューサーだったら、そうすると思うんです。でもLEARNERSはそもそも古い音楽をやりたいわけじゃないというか。たまたま楽曲は古いんですけど「新しいでしょ? 」っていうつもりでやってるんで。

——最後に今後のことについても教えてほしいです。気が早いかもしれませんが、途中で3枚目の話が出てきましたよね。

最初から3枚目くらいまでの構想はあったんですよね。3枚目はいろんな友達とか、作家さんに曲を書いてもらって、僕がアレンジしたりとかたりとかしたいですね。書いてほしい人がいっぱいいるんで。書いてもらった曲を僕がアレンジするのは、それはカヴァー曲をアレンジするのと一緒だと思いますし。例えばチエちゃんの作った曲をやったりね。その瞬間楽しいことができたらいいなと。

——次はLEARNERSのまた違った一面が見れそうですね。

今回と同じくまた1年くらいで出せたらいいなと思いますけどね。今回のアルバムが出なかったら、みんな飽き性なんで、結構バンドはヤバかったんじゃないかな(笑)。でもLEARNERSの物語が続けられる一枚になったなと思います。

KiliKiliVillaの他作品もOTOTOYにて好評配信中!!

Eccy / Lonely Planet

KiliKiliVilla初のヒップホップ・リリース! Eccy & あるぱちかぶと7年ぶりの新曲リリース! 2010年、1stアルバムリリース後いっさいの活動を休止したあるぱちかぶとが7年の沈黙を破って復活! 稀代の詩人が綴り歌ったのは孤独な心、けれど彼は孤独を嘆いてはいない、おだやかな眼差しで見つめている。

Suueat. / Let's get lost EP.

いつの時代でもインディー・バンドは60年代に回帰する、それは2017年を生きる20代のバンドSUUEATにとっても同じこと。かつて80年代のプライマル・スクリームやオアシスが夢見た世界を通して、彼らが手を伸ばすのは受け継がれてきたロックンロール。60年代のバーズとキンクス、70年代のフレイミン’グルーヴィーズとビッグ・スター、80年代のレイン・パレードとハウス・オブ・ラブ、90年代のヨラテンゴとパステルズ、ビートではなくエコーとコーラスで夢を見るような60’sサウンド、消えそうで消えないドリーミーなロック。

NOT WONK / This Ordinary

2015年に平均年齢二十歳のトリオとしてリリースしたデビュー・アルバム『Laughing Nerds And A Wallflower』から1年、全国各地でのライブと同時進行で作られた2ndアルバムが登場。疾走感とナイーヴさ、希望と苛立ちのバランスを取りながら、いまの彼らにしか鳴らせない音を凝縮した全12曲。はじめての土地や数多くの対バンに刺激を受けながら、現在進行形のエモーションを封じ込めている。

PROFILE

LEARNERS

モデル・歌手のSARAと松田"CHABE"岳二によるユニットから発展した5人組ロックンロールバンド、LEARNERS(ラーナーズ)。2015年BLACK LIPSとの共演などを経て、本格的に始動。11月には2タイトル同時に7インチを発売、即完売。2017年1月には待望の2nd『More Learners』をリリース。プロデューサー兼リーダーの松田"CHABE”岳二による選曲とアレンジは音楽好きを心底楽しませてくれる。

>>LEARNERS official tumblr
>>KiliKiliVilla official HP

o

 
 

インタヴュー

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事