「女の子は毎日戦っているスーパーヒーローなんだよ」──おとといフライデーが音楽で偏見と固定観念に挑む

紗倉まなと小島みなみからなる独創的セクシー・アイドル、おとといフライデー。前作「私ほとんどスカイフィッシュ」にはトリプルファイヤーが、そして今回リリースされた新曲では柴田聡子、アイン(NATSUMEN)が制作に参加。独創的セクシー・アイドルといえども、その音楽に誠実な人選が目を見張る。その実、楽曲を聴いてもセクシー女優という看板が余計に思えるクオリティの高さが伺える。乙女フラペチーノから改名を遂げ、新たなスタートを切った彼女。おとといフライデーのふたりはどんな思いを持ってこの活動をしているのだろうか? そこには女の子として戦うスーパーヒーローの彼女たちがいた!

柴田聡子が作詞作曲を手掛けた楽曲派リード・ナンバー!


おとといフライデー / もしやこいつはロマンチックのしっぽ / いいビーサン

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 250円(税込) / アルバム 1,200円(税込)

【収録曲】
1. もしやこいつはロマンチックのしっぽ
2. いいビーサン
3. 私ほとんどスカイフィッシュ(TSUBAME ft.SIKK-O THC Remix)
4. もしやこいつはロマンチックのしっぽ(Instrumental)
5. いいビーサン(Instrumental)


おとといフライデー / もしやこいつはロマンチックのしっぽ


おとといフライデーからのクリスマス・プレゼント!!!

アルバム購入者から抽選で2名様にサイン入りポスターorサイン入りミニ色紙をプレゼント!!

おとといフライデーサイン入りポスター

おとといフライデーサイン入りミニ色紙


【応募方法】
こちらからプレゼントの応募を選択し、
「おとといフライデープレゼント応募」と記載のうえ、
・『おとといフライデーのもしやこいつはロマンチックのしっぽ / いいビーサン』を購入した際使用したアカウントの、メールアドレスもしくはTwitterアカウント名
・購入時のキュー番号
・お名前
・ご住所
・連絡先
・ご希望のプレゼント
・ご意見、ご感想
をご記入の上お申し込みください。
※締切 : 2017年12月31日(日)23時59分まで

【INTERVIEW】 おとといフライデー

左から、小島みなみ、紗倉まな

紗倉まなと小島みなみによるおとといフライデー。まだまだやってみました感の拭えない彼女たちだが、プロであることの重みを知っているのは一番の強みだろう。柴田聡子やトリプルファイヤーのサポートを経て、彼女たちがどんな音楽ユニットになっていくのかが楽しみでならない。同じおととい(OTOTOY)という看板を背負っているんだから、頑張ってもらわなくちゃね! 今後がとても楽しみに音楽ユニットです。

インタヴュー : 飯田仁一郎
文&構成 : 鈴木雄希
写真 : 鳥居洋介

「おとといフライデー」ってどんなユニット???

──おとといフライデーは、どのように結成されたのですか?

小島みなみ(以下、小島) : 事務所が、2人とも一緒なんです。普段は個々で活動しているんですけど、2人でお仕事することが次第に多くなってきて。気づいたら「歌を出そう」って流れになってました。

──どういうこと? 気づいたらって(笑)。

紗倉まな(以下、紗倉) : いや、でも本当に「気づいたら」って言葉が一番適しているくらいの感じで。

小島 : 2人でロケの番組をやっていたんですよ。それで、「ロケの後に音楽の人と打ち合わせがあるから」って言われて、そのまま一緒についていったら、ちょっと小洒落たカラオケ屋さんで。そこで「なんか歌って」って。

紗倉 : 歌ったら、「微妙」とか言われたよね(笑)。

小島 : そう! すっごい怒られた(笑)。

紗倉 : 気に入っていただいたのかどうかはわかんないけど、気づいたらユニットができていて。当時は、畑中葉子さんの「後から前から」って曲とか、昭和の曲をテクノポップ風というか軽やかにアレンジしたものをメインに歌っていました。

小島 : もともとのコンセプトが「昭和のカヴァー曲をやっていこう」みたいな、今とは全然違う方向性ではじまったんです。それも、私たちがやりたくてやったというよりかは、大人たちがわさわさ動いて、いいようにしてくれたって感じです。

紗倉 : でも途中から少しずつ違う大人たちが入ってきて。

小島 : もっと新しい方とか若い方とか全然違う方たちに知ってもらいたいねっていう話しがちょっとずつ出てきたんですよ。

──それは、いつ頃ですか?

紗倉 : それは、まだ「乙女フラペチーノ」の時代ですね。「私ほとんどスカイフィッシュ」をリリースしてから、おとといフライデーとしての活動を確立できたんですけど、「乙女フラペチーノ」の名前が変わったのも曲のテイストが変わったから改名というわけでは特になく、大人の事情で(笑)。

──どんな事情でしょう…。「フラペチーノ」という言葉に何かありそうですね……。

紗倉 : 美味しくて大好きですけどね。

──2人は音楽をやりたかったんですよね?

紗倉 : はい! 歌うのはお互い好きだったし、自分たちの曲を出せるなら嬉しいなという感じでした。音楽性豊かな大人たちが入ってきてくださったことで少しずつオリジナルな曲に対するモチベーションが高くなってきて「私ほとんどスカイフィッシュ」をリリースできましたね。


おとといフライデー「私ほとんどスカイフィッシュ」

──僕もおふたりを知ったのは、そこからですよ! トリプルファイヤーの吉田くんが作詞ですよね?

小島 : 「おとといフライデー」の名付け親は、トリプルファイヤーの吉田さんなんですよ。デビュー曲も携わってくれたし、お父さんみたいな存在ですね。

──吉田さんと喋りました?

小島 : 喋りました。たぶん童貞ではないとは思うんですけど、童貞感がありますよね(笑)。

──童貞感があるのは誉め言葉なんですか(笑)?

紗倉 : 童貞感っていう言葉は、誉め言葉ではないけど、所作が童貞っていう感じですね。

小島 : レコーディングで歌ったあと「どうでしたか?」って聞いたら、「あ…、すごい良かったです……」みたいな感じでちゃんとアドバイスをくれなくて。

紗倉 : 「可愛いです……」って。

小島 : そこで童貞感を感じましたね(笑)。

紗倉 : 吉田さんとお話をしたときに、「僕あの、小島さんのことDMMかなんかの雑誌についてた付録でお散歩してる小島さんを見てたことがあって、すごく好きです」って言っていて。「めっちゃマニアック!!」と思いましたね(笑)。

──「おとといフライデー」っていい名前ですよね。「おとといフライデー」のどこが気に入ったんですか?

紗倉 : 前の乙女フラペチーノとあんまり関係ない名前も嫌だなっていうので、略したときに前の名前と同じ「おとフラ」にしたいっていうのがありました。あとは、「おとといフライデー」の「フライデー」は金曜日で、金曜日は月曜日からの憂鬱感からようやく解放されて、1番輝ける日じゃないですか。楽しもうこのひと時を! みたいな部分がいいよねって話しになったんだよね。

小島 : そう! あと、一昨日が金曜日ということは、今日は日曜日じゃないですか。日曜日って「あーもう憂鬱だな。金土日あっという間だな」みたいな感じあるじゃないですか。それが「いまこの瞬間だからこそ輝ける」みたいなわたしたちのアイドル的なイメージも照らし合わされているのかなって思います。

女の子として伝えたいこともあるし、戦っている姿も見せたい

──なるほど。おふたりは他のお仕事もありながら音楽活動をしているじゃないですか。他のいろんな選択肢もあったと思うんだけど、どうして2人組で歌を歌うことを選んだんでしょうか。

紗倉 : 私はけっこう声が低くて、コジ(小島みなみ)はアニメ声で、声質が真逆なんですよ。声もそうなんですけど性格も対照的だし、音楽ユニットでやっていくのはおもしろそうだよねというのは前から言われていて。そこが結構キッカケになったのかなというのはありますね。

──対照的というおふたりの性格って?

紗倉 : 「おとこ」対「おんな」みたいな感じですね。コジはかわいいいものが好きだし、色もピンクとか好きなイメージですよね。だけど私は褐色が好きみたいな感じですね。

小島 : 私は「ピンク! いちご!」みたいなイメージなんですけど、まなちゃんは「酒! 酒!」みたいな感じですね。

一同 : (笑)。

紗倉 : でもお酒がきっかけでいろいろ失敗したので、最近お酒を断っているんです。いまだにファンの方がお酒をくださるんですけど(笑)。

──やめてるのに(笑)。ちなみに普段おふたりはどんな音楽を聴くんですか?

小島 : 私はアーティストさんで音楽を聴くというよりも、ディズニーがすごい好きなので、ディズニー作品の挿入歌とかを聴いています。

紗倉 : 私は結構いろいろ聴くんですけど、ハバナイ(Have a Nice Day!)さんや、大森靖子ちゃんとかがすごい好きで、ライヴを観に行ったりしていますね。ハバナイさんは(「Fantastic Drag feat.大森靖子」の)MVに出演させていただいて。あとおやホロもすごい好きです!


紗倉まな出演の、Have a Nice Day!「Fantastic Drag feat.大森靖子」MV

小島 : 親子丼?

一同 : (笑)。

紗倉 : おやホロね(笑)。でもおいしそうだよね(笑)。

──おやホロも聴くんだ! 今作はおとといフライデーに改名後の第1弾シングルですね。「もしやこいつはロマンチックのしっぽ」は柴田聡子さんが作詞作曲をされていますが、この曲を聴いてどう感じましたか?

小島 : 可愛らしい曲だなって思いました。聡子さんの声で入っている音源を聴いたんですけど、もう聡子さんの声も可愛らしいし、キラキラした感じがあったり、歌詞もかわいかったり。だけどよく聴いたら可愛いだけじゃないんだぞ! 感もあって、すごいいい曲だなって感じました。そういうところも届けたいと思っていたので。

──届けたいことが可愛いだけじゃないということは、他に何を届けたいんですか?

紗倉 : 普通に曲を聴いたときに聞き流せちゃう曲って多いと思うんです。でも今回の曲は「うっかり聞き流しちゃアカンよ」って曲というか。女の子もいろいろあるし、世間でもいろいろ厳しいことがある。だけど戦って毎日を送ってるんだよ、スーパーヒーローなんだよみたいな感じで柴田さんもつくってくれたみたいで。

──呂布カルマとGOMESSとラップ・バトルをしたとき(〈BATICA presents 宴会 vol.1〉にて)も、そういうことは言っていたじゃないですか。やっぱりおふたりもそういう思いはあるんですか?


GOMESS × 小島みなみ(おとといフライデー)

呂布カルマ × 紗倉まな(おとといフライデー)

紗倉 : めっちゃありますね。職業的に、というのもありますし、いろんな偏見とかしがらみとかをひっくるめた上で、女の子として伝えたいこともあるし、戦っている姿も見せたいというのはずっとやってきた部分ですね。

──戦うというところで、どんな偏見とかが気になったりしますか?

紗倉 : 常にエロいことばっかり考えて、エロいことばっかりしている人だと思われたり、そういうことを求められたり……。そういうのが多いんですけど、女の子として普通の悩みも持っているし、普通に暮らしているし、毎日エロいことしているわけじゃないから。だから、変わらないんだよという気持ちというか、戦っているというか…… そういうものに無意識に反発しているというか。

──「もしやこいつはロマンチックのしっぽ」はなかなか象徴的というか、おふたりを表すチカラ強い歌なんですね。

小島 : 振り付けとかも少しずつ人間を出して行っている感があるんですよ。最初はぜんぜん動かないで無機質な感じなんですけど、だんだん自分の感情を表す感じがあって、最後はスキップをして終わり、みたいに。そういうところも、内面感をだしているのかなって思います。

曲を聴きに来るファンの方をさらに増やしていけたらいいな

──M2「いいビーサン」はアイン(NATSUMEN)ちゃんが。

紗倉 : レコーディングのときとかも、結構つきっきりでいてくださって。振り付けの感じとかもアドバイスをいただきました。

──そうなんですね。この曲に関してはどんなことを思いましたか?

紗倉 : この曲は日本語と中国語と英語の3ヶ国語が交わっている曲なので、すごくその時点で私たちの中では新しいことへのチャレンジが詰め込まれた曲ですね。とにかく元気な曲なので、ライヴでみんなで盛り上がる曲かなと。

──中国語の歌詞ははじめてですよね。

紗倉 : はじめてです。

小島 : これを機に中国に進出したいです!

──どういうこと(笑)?

紗倉 : いろんな人に聴いてもらいたいなというのが、1番土地の広い中国進出みたいな(笑)。

小島 : 人口も多いし。アジア仲間なので(笑)。

紗倉 : 職業に偏見とかもなく、ウェルカムな感じで接してくれて。すごいいい国だなって。

小島 : アメリカとかでのお仕事はまだないんですけど、中国は年に4回くらいは行かせていただいているので、割と身近な存在なんです。

紗倉 : イベントに来てくださる方の中にも中国の方が結構いらっしゃって。なのである意味この曲は私たちとの架け橋になる曲なのかなって。

──なるほど。おとといフライデーというのは、おふたりにとってどういうものなんでしょうか。お仕事とは違うもの、それともお仕事の延長線上なのか、お仕事と一緒くらい大事なのか。

小島 : 他のお仕事だと与えられたものをやるという感じなんですけど、おとフラは私たちの意見をすごく反映してくださるんですよ。だからみんなでつくっている感があるんです。それで愛情も芽生えるというか。

紗倉 : そうだね。おとフラは、私たちにとってはスタッフさんとかも入れてのチームかなって思いますね。

──これからどんなことをやりたいみたいなことはあるんですか?

小島 : アルバムを出したいです!

紗倉 : もうちょっと曲数を増やしたいですね。

小島 : 曲が増えたら単独ライヴとかもできるかもしれないし、もっと歌える場所が増えると思うので。他のアーティストさんとも一緒に何かしたいですね。

紗倉 : でも本当にそれが直近の目標かなという感じです。まずはそこかな。ひとつひとつ目標を決めてクリアしていきたいというのがあって。まずはアルバム製作なのかな。

──他にやりたいことはありますか?

小島 : 私海外でMV撮りたーい! ハワイかスペインで!

──全然プロデューサーが目を合わせてくれない(笑)。

小島 : でもいうのはタダですから(笑)!

紗倉 : 何回も言っておけば洗脳できるかもしれないので(笑)。

──おふたり的に、おとといフライデーは長く音楽活動をしたいのか、それとも集中してワーとやりたいのか。どういう活動をしていきたいんですか?

紗倉 : どれくらい続けていくかっていうのはまだ決めていないし、これからどうなっていくのかもわからないですね。「スカイフィッシュ」みたいな曲が出せることも、私たちの中では考えていなかったことなので。いろんなアーティストの方の恩恵を受けつつ、学びながら自分たちらしさを確立できたらなと思います。

小島 : なんなら本業を辞めた時でも、おとフラは続けていきたいと思っているくらいです。「AVをやっている子達なんでしょ」というのだけでは思われたくないんですよ。「音楽的にすごくよくて、この曲は誰が歌ってるんだろう?」みたいになれたらいいな。いまはたぶん先に個人を知って、そこからファンの方が来る感じの流れも多いのですけど、そうじゃなくて曲を聴きに来るファンの方をさらに増やしていけたらいいなって思いますね。

おとといフライデー(ex-乙女フラペチーノ)の過去作チェック!

RECOMMEND

トリプルファイヤー / FIRE

おとといフライデーの名付け親であり、昨年リリースした「私ほとんどスカイフィッシュ」の作詞を担当した吉田靖直と、この曲の作曲を担当した鳥居真道が所属するトリプルファイヤーの最新作。ファンクやソウルといったブラック・ミュージックのリズムを取り入れつつも、さらに吉田独自のナンセンスな日本語詞が同居する摩訶不思議な世界がひろがっています。

この作品に関する特集ページはこちら


柴田聡子 / 愛の休日

おとといフライデーの新曲「もしやこいつはロマンチックのしっぽ」の作詞作曲を手がけた柴田聡子の最新作。プロデュース/演奏に岸田繁(くるり)、山本精一が参加!2017年上半期ベスト・ディスクの呼び声も高い名盤です!

この作品に関する特集ページはこちら


GOMESS / 情景 -前篇-

小島みなみとラップ・バトルも繰り広げたGOMESS。1stアルバム『あい』、2ndアルバム『し』とは、GOMESS自身をテーマに歌った連作となっている『情景』の前篇。今作に参加した表現者たち自身の生き様をテーマに生まれた楽曲たちで構成されている。サクライケンタのピアノと囁くGOMESSのリーディングもとても印象的です。

INFORMATION : おとといフライデー

RELEASE SCHEDULE
〈11/3(祝・金)レコードの日に7インチアナログEPを発売〉

タイトル : 私ほとんどスカイフィッシュ / いいビーサン
レーベル : IDOL VINYL 45
品番 : TRNS-703
フォーマット : 7inch
定価 : 1500円+税
発売日 : 2017年11月3日(祝・金)

PROFILE

おとといフライデー

幅広いフィールドで活動する国民的セクシー・アイドル、「小島みなみ」「紗倉まな」の音楽ユニット。

命名はバンド「トリプルファイヤー」の吉田靖直。2016年(旧ユニット名「乙女フラペチーノ」時)より音楽性を重視した活動を開始し、オリジナル楽曲による実質的1stシングル「私ほとんどスカイフィッシュ / 乙女の炎上」をリリース。2017年3月に「おとといフライデー」に改称し、同年10月に改称後第1弾シングル「もしやこいつはロマンチックのしっぽ / いいビーサン」をリリース」した。

「ちょっと前衛的」をコンセプトにカルチャー濃度の高いサウンド、パフォーマンスを展開。アイドルファンのみならず幅広い音楽ファンから高い評価を受ける。

>>> おとといフライデー 公式HP
>>> おとといフライデー 公式ツイッター


小島みなみ
1992年12月14日生まれ。「恵比寿★マスカッツ」 メンバー。テレビ東京 「ゴッドタン」「マスカットナイト」、映画「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2」、NOTTV「もう! バカリズムさんのドH」等に出演、各種バラエティにて活躍中。最近では、香港のTVCM出演や台湾での写真集発売等アジアでの活動も目立っている。

>>> 小島みなみ 公式ツイッター


紗倉まな
1993年3月23日生まれ。 ドラマ「闇金ウシジマくん Season2」、映画「ゴッドタンTHE MOVIE」「エターナルマリア」 「KARATE KILL」などに出演。エッセイ『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』(宝島社)および小説『最低。』『凹凸』(KADOKAWA)の出版等、執筆活動を積極的におこなっている。『最低。』は2017年秋に映画化が決定。

>>> 紗倉まな 公式ツイッター

o

 
 

インタヴュー

amiinA新作『Jubilee』2週間ハイレゾ独占配信開始──amiinA × 松本素生(GOING UNDER GROUND) スペシャルインタヴュー
・2018年05月23日・【対談】amiinA × 松本素生(GOING UNDER GROUND)──amiinA新シングルをハイレゾ独占配信 彼女たちが創造する新たな世界観によって、いまやファンだけでなく異なるステージで活躍するアーティストをも虜にしているガールズ・ユニット、amiinA。2018年初リリースとなる5thシングル「Jubilee」を、OTOTOYでは2週間のハイレゾ独占配信にてお届け。そんな彼女たちの新作リリースに伴い、「Jubilee」を書き下ろした松本素生(GOING UNDER GROUND)とamiinA(miyu、ami)の3人によるスペシャル・インタヴューを公開。amiinAの世界観を更に輝かせる今作への3人の想いを、ぜひともチェックしていただきたい。 2週間ハイレゾ独占配信! amiinA待望の5thシングルリリース amiinA / Jubilee (PCM 48kHz/24bit)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV、AAC (24bit/48kHz) 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 1,620円(税込)【収録曲】''1. Jubilee2. eve3. Unicorn4.
by ?
STEPHENSMITHが生み出す、艶やかな“隙間”
・2018年05月23日・STEPHENSMITHが生み出す艶やかな“隙間”──3週連続配信リリースの新作をハイレゾ独占配信! 福岡にて2013年に結成され、現在は都内を拠点に活動中のトリオ・バンド、STEPHENSMITH(スティーヴンスミス)。彼らより前作、『sexperiment』より1年半ぶりの新作が届いた。なんと今作は5月30日のアナログ7インチ販売に先駆け、5月16日より3週連続先行配信でのリリース。OTOTOYでは今回配信される3曲全て、ハイレゾ独占配信を実施。 さらに先行配信タイトル第2弾「手放せ」の配信開始に際して、新作について語ってもらったメンバー3人へのインタヴューを公開。 様々なジャンルのサウンドを吸収しながらも、ルーツへのこだわりを忘れない彼らの魅力を本記事と共に感じてほしい。 3週連続配信リリース! ハイレゾ独占配信中!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz)、AAC【配信価格】各曲 300円(税込) ※「放蕩の歌」は5月30日(水)よりページにて配信開始 INTERVIEW : STEPHENSMITHインディR&Bやファンク、ソウルなどの要素からヒップホップなど、まさにさ
by 鈴木 雄希
Devil ANTHEM.、5人での新体制後初シングルをリリース
[POWERPUSH]・2018年05月23日・Devil ANTHEM.、5人での新体制後初シングルをリリース! メンバー全員インタヴュー KURUMI.、AI.、YUME.、KAEDE.、AIRI.からなる5人組アイドル・グループ、Devil ANTHEM.。5人での新体制後初のシングル『Like a 熱帯夜』をリリース、ハイレゾ配信も開始した。グループ名の訳は「悪魔の聖歌」という意味を持つデビアン、OTOTOYでは初となるインタヴューを南波一海がお届けします。 Devil ANTHEM. / Like a 熱帯夜'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 300円(税込) アルバム 1200円(税込)【Track List】''01. Like a 熱帯夜 / 02. 以心伝心 / 03. Replay / 04. Like a 熱帯夜 Instrumental / 05. 以心伝心 Instrumental / 06. Replay Instrumental   INTERVIEW : Devil ANTHEM. Devil ANTHEM.のインタヴューをお届けする。新作「Like a 熱帯
美しき夢の行き先──sugar plant、18年ぶりのアルバムをハイレゾ配信
・2018年05月24日・18年ぶりの白昼夢──sugar plant、新作『headlights』をハイレゾ配信 ショウヤマチナツとオガワシンイチによるデュオ、シュガー・プラント。なんと18年ぶりに新作『headlights』を発表する。1993年に結成され、結成当初からいちはやくUSインディー・シーンと結びつくなど世界規模で活躍してきたユニットだ。最新作でも、ある意味でその真骨頂とも言えるサウンドを展開している。サイケデリックに広がっていく音像のなかで、ショウヤマチナツの歌声が心地よく鳴り響く。そんな彼らのスタイルを踏襲しながらも、これまでポストロックや、レイヴ・カルチャー由来のチルアウトな感覚を取り込み、独自の音響感覚を取り込んでいったように、やはり現在のチルアウトな音楽の感覚を迎え入れ、アップデートされたシュガー・プラントのサウンドを展開していると言えるだろう。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともにインタヴューを掲載する。 18年ぶりの傑作をハイレゾ配信sugar plant / headlights (24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレ
by 渡辺 裕也
Ryu Matsuyamaインタヴュー メジャー1stアルバムをハイレゾ配信開始
[POWERPUSH]・2018年05月21日・ピアノ・スリーピース・バンド、Ryu Matsuyama メジャー1stアルバムをリリース Ryu(ピアノ・ヴォーカル)、Tsuru(ベース)、Jackson(ドラム)からなるスリーピース・バンド、Ryu Matsuyama。メジャー1stアルバム『Between Night and Day』をリリース、ハイレゾ配信も開始。アートワークにも注目が集まる本作品が作られるまで、そして、それぞれの音楽性についても訊いた。 Ryu Matsuyama / Between Night and Day'【配信形態】24bit/96kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 2500円(税込)【Track List】''1. Window2. Footsteps3. City4. That Mad Rad Tale5. Istante6. Take a Piece7. Simply, Something8. Return to Dust9. Landscapes INTERVIEW : Ryu Matsuyama 「Ryu Matsuyamaの音楽とはこうだよね」と言わ
メロディーやフレーズが新たな理想にーThe Sea and Cake、新アルバムをハイレゾ配信
・2018年05月18日・メロディーやフレーズが新たな理想に到達した──The Sea and Cake、6年ぶり新アルバムをハイレゾ配信 実に6年ぶりとなる新アルバム『Any Day』を完成させて、ザ・シー・アンド・ケイクが帰ってきた! 今作は、サム・プレコップ、ジョン・マッケンタイア、アーチャー・プルウィットの3ピースとなって初のリリース作であり、近年では最も“歌”にフィーチャーしたポップ・アルバムとも言えるだろう。今作には、2016年のブライアン・ウィルソン〈『ペット・サウンズ』50周年アニバーサリー・ツアー〉にて音楽監督を務めたポール・マーテンズがフルートとクラリネットで、そしてユーフォン(Euphone)名義での活動でも有名なニック・マクリがダブル・ベースで参加し、オリジナリティ溢れる傑作アルバムが完成した。OTOTOYではそんな『Any Day』を、ハイレゾ独占配信中! 細部までこだわり抜かれたそのサウンドを、ぜひハイレゾで体感してみてください。 6年ぶりの新作アルバム! The Sea and Cake / Any Day 【配信形態・価格】ALAC、FLAC、WAV、AAC(24bit/96kHz) : アルバム
【EMPiRE】Epsode8 MiKiNA EMPiRE インタヴュー「異物として風穴を開けていきたい」
[EMPIRE]・2018年05月11日・【EMPiRE】Epsode8 MiKiNA EMPiRE インタヴュー「異物として風穴を開けていきたい」 BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループ、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。2018年4月11日にリリースされた1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』は、カセットテープにも関わらずオリコンデイリー4位、週間7位を獲得。2018年5月1日(火)には新メンバー2人を加え、満員のマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンが行われた。前代未聞のスピード感で進んでいくEMPiREの新メンバー初インタヴューを2回に渡り掲載。後半となる今回はMiKiNA EMPiREの言葉をお届けする。 EMPiREのデビュー・アルバムをハイレゾ配信EMPiRE / THE EMPiRE STRiKES START!!【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格
by 西澤 裕郎
多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース
・2018年05月15日・多彩なジャンルを織り交ぜた、ダンス・ミュージック──Sawagi、1225日ぶり新作『Kabo Wabo』をリリース ダンス・ミュージックをコンセプトに、幅広い音楽を変幻自在に織り交ぜる、4人組インストゥルメンタル・バンド、Sawagi。前作『Starts to think?』リリース・ツアーにて、南アフリカ13箇所のツアーを敢行し、バンドの持つ高度なアンサンブルやグルーヴ感をより一層確かなものにしていった。そんな彼らが、2018年5月23日に、1225日ぶりの新作『Kabo Wabo』をリリースする。そして共同プロデュースとして、卓越した音楽センスを持つ、松田“CHABE”岳二を迎えての制作となっている。今作では、ファンク、ジャズ、エレクトロの他にも、ヒップ・ホップやバレアリックなどの多彩なジャンルを融合し、独自のダンス・ミュージックを鳴らしている。そんな今作の魅力をいち早く伝えるべく、OTOTOYでは今作の先行配信開始するとともに、インタヴューを敢行! ぜひアルバムとともにチェックしていただきたい。 待望の新作!!Sawagi / Kabo Wab'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(配信形態 2
by ?