クラウドファンディングを成功させたハバナイ、浅見北斗はさらなる巨大なパーティーを目前に今一体何を思う?

浅見北斗(Vo)

クラウドファンディング大成功! Zepp DiverCityという大会場でのフリー・パーティーを無事開催することが決定したHave a Nice Day!が、資金を集めるためにCAMPFIREで発表した新作『Dystopia Romance 3.0』が先日よりOTOTOYでも配信スタート。CDと同等音質での配信はOTOTOYのみとなっております! 新曲3曲に加え、代表曲「Riot Girl」をCRZKNYがリミックスした楽曲なども収録した今作を引っさげて挑む大勝負を目前に、ヴォーカルである浅見北斗の心境やいかに!?

CDと同等音質で購入ができるのはOTOTOYだけ!!


Have a Nice Day! / Dystopia Romance 3.0

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 250円(税込) / アルバム 1650円(税込)

【収録曲】
1. Everything, Everything, Everything
2. Riot Girl (CRZKNY mix) [feat. CRZKNY]
3. NEW WORLD ORDER
4. マーベラス (ver.3.0)
5. Clap Your Hands
6. ロックンロールの恋人 (ver.3.0)
7. Faust (YODATARO Into Dusk Remix) [feat. YODATARO]


Have a Nice Day!(ハバナイ) / Dystopia Romance 3.0ドキュメント


イベント詳細

Dystopia Romance 3.0リリースパーティー“Have a Nice Day! ONE MAN SHOW

2018年5月1日(火)@Zepp DiverCity
エントランス・フリー(要ドリンク代)
時間 : OPEN 17:00 / START 19:00

※クラウドファンディングのリターンのリストバンドを持っている方から優先的に入場。
※退出は自由ですが、再入場の場合はあらためてドリンク代をいただきます。

INTERVIEW : 浅見北斗(Have a Nice Day!)

「東京アンダーグラウンド」という言葉をインディー・シーンに響かせ、東京という街のディストピアについて表現し続けてきたHave a Nice Day! (以下、ハバナイ)。5月1日に開催されるZepp DiverCityでの『Dystopia Romance 3.0』release partyをフリーにするためのクラウドファウンディングを成功させてしまった彼らが、前回の恵比寿LIQUIDROOMでの〈Dystopia Romance release party〉よりも大きな挑戦(Zepp DiverCity!)をしてまでやりたかったこととは? フロントマンの浅見北斗にインタビューを試みた結果、いつものオーディエンスに向かって悪態をつき続ける彼の、意外に冷静でクレバーな一面を垣間見ることが出来た。5月1日を冷静に見つめる浅見北斗の思惑を知りたければ、ぜひこのインタビューを読んでくれ!

インタヴュー : 飯田仁一郎
文 : 水上健汰
写真 : 大橋祐希

俺のほうがだいたい正しいから(笑)

──5月1日に行われるZepp DiverCityへのクラウドファンディング、達成おめでとうございます。まず、その大きな会場でライヴを行うにあたって、漠然とした質問を投げかけるんですが、Have a Nice Day! (以下、ハバナイ)は売れたいとは思っているんですか?

売れたいかどうかわかんないな。でも、バンドの規模が大きくなって、聴く人の数が10倍の数になったら「フォーエバーヤング」や「Blood on the mosh pit」がそいつらにどう聴かれるのかなということにはすごく興味がある。特に「Blood on the mosh pit」みたいな特定のコミュニティへ向けての曲をそのコミュニティの外側にいるヤツが聴いて、そいつや、もしくは別の場所で聴かれるその楽曲の意味がどう変化するか興味がある。

──それはハバナイの曲がもっと多くの人に聴かれてもおかしくない曲だということでもある?

まあ、そういう事だね。俺は「フォーエバーヤング」「ファウスト」「マーベラス」はあと100倍くらいの人たちが聴いてもわかる曲だと思うんで。

──その100倍という人たちってどういう人?

田舎のヤンキーかな。

──田舎のヤンキー!

そうそう。これまでは東京という街のディストピアというものを表現してたけど、地方のヤツでも抱えているディストピアみたいなものがきっとあるんじゃないかなと。シーンということへのこだわりも俺の中では薄れてきていて、東京を舞台にしているけど同時にそこにいない人にもわかるものがあってもいいのかなって。「フォーエバーヤング」や「Blood on the mosh pit」を作って、「エメラルド」だったり、「Fantastic Drag feat.大森靖子」みたいに、おやすみホログラムや靖子ちゃん(大森靖子)達の力を借りながら表現していくうちに、いまハバナイがいる界層において俺が今持っている才能みたいなもので創れる楽曲は「マーベラス」ですべて出しきったんだよね。でもそれはネガティヴな意味ではなくて、自分は今いる場所でやれることをやり切った感覚っていうか。

──なるほど。だから今回『Dystopia Romance 3.0』に収録されている完全新曲の3曲(「Everything,Everything,Everytihng」、「NEW WORLD ORDER」「Clap Your Hands」)は、「マーベラス」以降のより遠くの層に向けた曲なんですね。

作ってるときは意識してなかったけど、結果的にそうだったかも。これまでの東京というテーマからは少し離れて、インターネットとか人工知能とかを歌っているわけだからね。NEW WORLD ORDERはすごいふざけて作った曲だけど、よく考えたら現在の世界をけっこう写実的に表現しててそれはそれでウケるよね。

──なるほど、歌詞に共感して伝わって行くんですね。

そうだね。そこが今までの楽曲と向けられてる場所がちょっと違うかも。そんな中でかなり自信があって公開した「Everything,Everything,Everytihng」の反応がイマイチだったのがびっくりしたんだけど、冷静に考えたらそうだよね。とりあえずチャンシマ(Dr.)とかは凄くいい曲だって言ってた。

──チャンシマ君が、以前「Everything,Everything,Everytihng」のことを「スゲーいい曲が出来た!」って伝えてくれました。

そう。彼は音楽に対して目線が良くも悪くもフラットなので、彼がいい曲だといったということはもっと沢山の人にもわかる曲だなって判断しているんだけど。逆にこれまでのハバナイに対してすごくドメスティックなものを求めてたり、モッシュ・ピットみたいなものを強く重ねている人には、この曲が分かり辛いのかなとも思ったり。

──でも、僕もどちらかというとそっちかな。でもそれは「マーベラス」が出た時も感じて。ハバナイは、これまでのハバナイを全部裏切っていくから、それに一瞬ついていけないのかもしれないです。でも「マーベラス」は、今になってみれば最高ですよ!

めちゃめちゃいい曲でしょう(笑)。どうせハバナイの曲なんてだいたいみんな良い曲なんだから。

──だから1か月後くらいにこの「Everything,Everything,Everytihng」の良さが伝わるんじゃないですか?

まあ、すぐ分からなくてもいずれ必ずわかる。なぜかというと、それは俺がめちゃめちゃ才能があるから(笑)。

──…なるほど。

一瞬わからないのはたぶんみんなが期待しているものがあるからだと思うんだけど、受け手の期待に応えて作るってことはその世界から外に飛び出さないってことだから、それは結局お互い息苦しいじゃん。だからやりたいことをやったほうがいいし、俺がやりたいことはついてくればわかる。もしくは、ついてこなくてもわかる。なぜならそれは俺のほうがだいたい正しいから(笑)。

── …。

このリリース・パーティーを入り口にディズニーランド以外にもこういうエレクトリカルパレードがあるんだなと思ってもらいたい。

バンドを見に来るのではなくて、そこに起こる現象を体験してもらいたい

──これからZepp DiverCityという大きな会場に挑むわけですが、浅見君はあの大きな会場で巨大なモッシュ・ピットが起こる景色に期待しているのでしょうか?

その気持ちはもうあんまりないね。モッシュ・ピットに入れる人ってそんなにたくさんいないと思うんだよね。日本という国において、音楽とフィジカルが一致しているって独特なことなのかなと思い始めてるし。ダンスすることを取り締まってるような国なわけだから当たり前なんだけど。むしろ日本における音楽って、アニメやゲームや思い出などを盛り上げるためのBGM的な要素が強いと思うよ。アニソンや懐メロやゲームミュージック。今あるモッシュ・ピットはこれ以上大きくならないのかもしれないと俺は思っていて、ただそのモッシュ・ピットを含めたHave a Nice Day! のステージを外側から見れるヤツらは全然増えてもおかしくないよね。現象としてはめちゃくちゃエモーショナルで独特なものだし。以前、友達に「ハバナイはステージとモッシュ・ピットが織りなすエレクトリカルパレードみたいなもんだ」と言われたことがあって、俺はそのエレクトリカルパレードを外側から多くのヤツらに、もっと見てもらいたいって思ってて。

──なるほど。どちらかというとその光景が浅見君の思い描いた光景なんだ。エレクトリカル・パレードを見る側をふやして、何ならZepp DiverCityよりも上に行きたいと思っているということなんだ!

あわよくばそうだね。これを入り口にディズニーランド以外にもこういうエレクトリカルパレードがあるんだなと思ってもらいたい。

──ディズニーランドに行く人は、ハバナイのライヴにいかないと思いますけどね(笑)。

マジ? ディズニーランドに行ってるやつに一番来てもらいたいけどな(笑)。エレクトリカルパレードが楽しめるならハバナイも絶対楽しめるよ。どっちもポップだから。

──今回、Zepp DiverCity でフリー・パーティーができるのも、CAMPFIREのクラウドファンディングの成功があったからだと思いますが、このクラウドファンディングで浅見君が目指したものとは何なんでしょうか?

クラウドファウンディングに関しては、インターネット・ゲームがしたいってことなだけだよね。ハバナイっていう存在の根拠がインターネットにあると俺は思ってるわけだし。その中で、CAMPFIREで支援してくれたヤツらこそが実はこのフリー・パーティーを作り出しているという構造が俺にとって結構重要なことで、リリースとリリース・パーティーがダイレクトに繋がってるのことはハバナイにとっての理想だしね。

──浅見君の中では、やっぱりモッシュ・ピットにいる人たちが主役なんだ。

そうだね。本質はモッシュ・ピットを含めた全ての受け取る側にあるし、ハバナイはそれを起こす装置やきっかけでしかないと思うよ。

──なるほど。そうして、クラウドファンディングしてくれた人たちがハバナイのステージを作り上げて、プラスしてそれを皆が覗きにくればいいという図式なんですね。

そうそう。Have a Nice Day! という一つバンドを見に来るのではなくて、そこに起こる現象を体験してもらいたい。そもそも俺たちが演奏してる姿なんて、見てても全然面白くないでしょ。

──前回のクラウドファウンディングで行われた恵比寿LIQUIDROOMでの「Dystopia Romance」リリース・パーティーとはどう違うのでしょうか?

LIQUIDROOMでは、おやすみホログラムやNATURE DANGER GANGの手を借りて作ってた、俺の言葉でいうところの東京アンダーグラウンドというシーンを表現したかったんだろうけど、それに対して今回はハバナイっていうバンドをきっかけにして起きていることをもっとダイレクトに見せたいのかも。そして繰り返しになるけど、今回のこのイベントはモッシュ・ピットやインターネットから生まれたものには違いなくて、それを体験してほしいのと同時に、モッシュ・ピットにいるヤツらに対しても新しい景色を見せたいと計画してて。だから今回は舞台演出とかにもだいぶキャッチーな仕掛けをいろいろ作って馬鹿なヤツらをだまくらかしたいって思ってるから、死ぬほど急ピッチで仕込みを作ってるところだよ。とにかくみんなバカになってもらいたい。

──LIQUIDROOMは蓋を開けてみれば人がたくさん来ていてびっくりしたわけじゃないですか。とはいえ今回のZeppは、キャパシティーが2500人とすごく大きな会場ですけど、埋まるイメージはありますか?

まだ埋まるイメージが全然持ててないね(笑)。

──それはLIQUIDROOMの時はあったんですか?

あの時も全然なかった。今回は本当になんとかして埋めたいし、LIQUIDROOMの時と違って、今回はやれることは全部やっていると思う。フライヤーだったり、ステッカー配ったりというのもやってるし、それこそラジオやテレビでもとりあげてもらったし、関わってる人間の数だってLIQUIDROOMの時とは明らかに違う。でも、やっぱり自分の手の届かないクラスターが何考えているかっていうのは蓋を開けないとわからないので、とにかく今は圧倒的な不安しかない。

──浅見君も不安を感じるんですね。

マジで言ってんの? 俺はいつも巨大な不安と両肩を並べて歩いてるよ(笑)。だけど結局いくら不安でも、始めちゃったからには今ここで不安に押しつぶされて何もやらないというわけにもいかないじゃん。だったらとりあえずやれることを必死こいてやって、それでうまくいかなかったときは、まだ足りてなかったかもって思えばいいし、うまくいったときはこんな感じでよかったんだなって確認するだけだよね。

──そうなんだね。不安を抱えながらもZeppとか大きな会場に挑戦しちゃうんですね。それが面白いですよね。

でも、やらないと何もならないから。逆に言うと安定感のある効率の良い方法を全く思いつかない。素晴らしい音源リリースしてそれがとにかくヒット・チャートに上がって巨万の富を得たら何のストレスも不安もなくていいんだけど、そうならないということが8年くらいの活動で分かったから、残念ながら巨大な不安を抱えてやるしかないなっていうことだね。 とにかく5/1のZepp DiverCityはドメスティックなコミュニティーを起爆剤にした東京っていうディストピアを使ったゲームであって、フリー・ライヴにしたのはそれをみんなに体験してもらいたいからだよ。どうせタダで入れるんだからこの日、東京にいるなら気軽に遊びにおいでよ。


過去の特集記事

浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは
──新シングル『Fallin Down』をリリース
https://ototoy.jp/feature/20170316003

怒涛の勢いのハバナイ、“内藤ゴミ問題”勃発、メンバー内で軋轢が?
──4thアルバム・ハイレゾ配信開始
https://ototoy.jp/feature/2016110801

ハバナイ新作登場! そして東京アンダーグラウンドの双璧、
ハバナイ浅見北斗とNDG $EKIが語るシーンの"これからと未来"
https://ototoy.jp/feature/20160504

2015年の東京アンダーグラウンドは熱かったか?
──モッシュピットをハイレゾで記録した2作品をリリース
https://ototoy.jp/feature/2016011500

ハバナイ×リミエキによるスプリット・アルバム発売記念企画!!
東京アングラ・シーン台風の目、Have a Nice Day! 浅見北斗とは何者?
https://ototoy.jp/feature/201505088

過去作もチェック!

PROFILE

Have a Nice Day!

「Have a Nice Day!」通称“ハバナイ”は、東京を中心に活動中。バンド曲以外にも、大森靖子との「Fantastic Drag」、おやすみホログラムとの「エメラルド」などコラボ作品も制作。今年はニューアルバム『Dystopia Romance 3.0』リリースイベントとして、5月1日にZepp DiverCityでフリー・ライヴを開催する。激しいモッシュ・ピットとシンガロングが熱狂的なフロアを作り出すことが特徴。

>>Have a Nice Day! 公式HP

 
 

インタヴュー

ロックンロール独立リーグ、新章突入──DEATHRO、2ndアルバムを1週間先行配信 & インタヴュー掲載
・2018年07月18日・ロックンロール独立リーグ、新章突入──DEATHRO、2ndアルバムを1週間先行配信 & インタヴュー掲載 平成最後の“J-ROCK”レジスタンス、DEATHROが2016年末にリリースしたソロ1stアルバム『PROLOGUE』から1年半、待望となる2ndアルバム『NEUREBELL』をドロップ!! 前作よりも確実にパワーアップした楽曲と、多くの人が心のどこかに置いて来たビート・ロックへの恋心に再び火をつける1枚となった今作を、OTOTOYでは1週間の先行配信 & 本人へのインタヴューを掲載。ツアーをはじめ、『TOYOTA ROCK FESTIVAL』『ボロフェスタ』『SYNCHRONICITY』などのフェスやイベントにも出演し様々な変化を経た彼が今作へと込めた思いとは!? 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(配信形態 16bit/ 44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 216円(税込) / アルバム 1,404円(税込) INTERVIEW : DEATHRO 神奈川県央No.1ロック・ヴォーカリストとして各地のライヴハウスをホールやスタジアムに変える男、DEATHROが、2ndアルバム『
2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!
・2018年07月18日・バンドでやることで想像を超えられる──D.A.N.新章、その土台となる2ndアルバム『Sonatine』ハイレゾ配信 1stリリース以降、各方面から評価を受け、まさに破竹の勢いでその活動の幅を広げてきたD.A.N.。先ごろも全国ツアー、そしてツアー・ファイナルとなる赤坂MYNAVI BLITZのワンマンをソールドアウトで終えたばかりだ。1st『D.A.N.』リリースから2年、そしてその先鋭的な音楽性を見せつけたミニ・アルバム『Tempest』を経て、ついに2ndアルバム『Sonatine』をここにリリースする。そのサウンドは、よりバンドとしての演奏にフォーカスしつつも、そこにはさまざまな音楽の要素が入り混じる。これもまた2018年の日本のインディ・シーンを象徴する1枚となる、ある種のカッティング・エッジな作品と言えるだろう。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、ここにインタヴューをお届けしよう。 待望の2ndアルバム、ハイレゾ独占配信D.A.N. / Sonatine(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信
by 河村 祐介
sora tob sakana メジャー1stシングルを先行配信
[POWERPUSH]・2018年07月14日・sora tob sakanaの夏、到来! TVアニメ「ハイスコアガール」OP曲のメジャー1stシングルを先行配信開始 神﨑風花、山崎愛、寺口夏花、風間玲マライカによる4人組アイドル・ユニット、sora tob sakana。TVアニメ「ハイスコアガール」のオープニングテーマを含んだメジャー1stシングル『New Stranger』が7/14から先行配信を開始。夏のはじまり、7月1日に東京国際フォーラム ホールCで行われた昼夜ワンマン・ライヴも成功に終わり、シングルのリリースとともに夏の大規模アイドルフェスに多数参加予定の彼女たちにメールインタヴューに加え、5・7・5で一筆書いてもらいました! まとめ購入者から抽選で3名様に直筆サイン入り全員集合チェキをプレゼント!sora tob sakana / New Stranger 【収録曲】 M1. New Stranger M2. silver M3. 発見【配信形態】24bit/48kHz (WAV / FLAC / ALAC) / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム価格 1296円(税込)>>通常配信パッケージはこちら☆プレゼント応募要項☆
ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品
・2018年07月11日・ロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品──M-Swiftの7年ぶりの新作 ハウス・ミュージックの名門、イタリアの〈イルマ・レコード〉と契約しワールドワイド・デビューし、2000年代後半より、ハウス〜クラブ・ジャズ系のシーンにて、その才能を発揮してきた松下昇平のプロジェクト、M-Swift。2011年のアルバム『12Months』以来、実に7年ぶりにアルバム『Moving with The Changes』をリリースする。多彩なシンガーを迎え、R&B〜ソウルを基調に、ジャジーなフィーリングが心地よいスムースな作品となっている。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともにインタヴューをお届けしよう。 7年ぶりの新作をハイレゾ配信開始M-Swift / Moving with The Changes (24bit/44.1kHz)!'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 2.300円(税込)【収録曲】01. Lucky star feat. Nate James02. T
by 河村 祐介
弾き語り、トラック・メイク、会社経営!?──各所で話題を集めまくっている、眉村ちあきって一体何者!?
・2018年07月03日・弾き語り、トラック・メイク、会社経営!?──各所で話題を集めまくっている、眉村ちあきって一体何者!? 弾き語りからトラック・メイク、そして会社経営までこなし、その独自の作曲センスと高い歌唱力で各方面から注目を集めまくっている“天才シンガー・ソング・ライター・カリスマ・アイドル”、眉村ちあき。彼女が5月にタワーレコードにて限定発売した自主リリースのアルバム『Germanium』『海苔汁』『ハタチの女 オブ アメリカ』の3作(こちらもOTOTOYにて好評配信中です!)より選曲した楽曲を再レコーディングした現時点でのベスト盤ともいうべき作品『目尻から水滴3個、戻る』がOTOTOYでもハイレゾにて配信スタート! しかも! なんとOTOTOY限定のボーナス・トラックとしてTV番組『ゴッドタン』の企画「このアイドル知ってんのか!? 2018」にて即興披露した楽曲「ゲロ」の完全版が収録された特別エディション! 配信とあわせて、まだまだ謎に満ちた彼女の正体に迫るインタヴューも掲載! 眉村ちあきって、一体何者なの!? 限定発売だったアルバムが、OTOTOY限定トラック付きでハイレゾ配信!眉村ちあき / 目尻から水滴3個、戻
by 前 田
アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編
・2018年07月04日・メジャーの舞台でもレッツ・パーティー!!──アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋を徹底特集! 地元川越ぶらり編 ライヴ会場だけでなくお茶の間までもダンスホールへと変身させてきた、平成最後のファンク・モンスター、BRADIO。昨年2017年に〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たした彼らが、ついに2018年7月4日(水)にメジャー1stフル・アルバム『YES』をOTOTOYでもハイレゾ・リリース。このタイミングでこそフロントマンの真行寺貴秋の言葉が聞きたい! というOTOTOY編集部の思いから、メジャーに行っても第2弾となる真行寺貴秋特集を敢行。メジャー・デビューや全国ツアー、中野サンプラザやNHKホールでのライヴ、そしてメンバーの脱退など、まさに酸いも甘いも経験した真行寺貴秋はいま何を語る!? 今回は彼の地元、川越での思い出の地をぶらりとしながら、青春時代の思い出から、今作での彼の変化まで語ってもらった。まさに真行寺貴秋を丸裸にしちゃうようなインタヴューをお楽しみください! >>真行寺貴秋特集 第1弾はこちら
by JJ
YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信
・2018年07月05日・ポップという実験──YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信 生活にすっと入ってくる美しいメロディ、そんなポップスの楽しさに満ちたアルバムだ。伝説的なスカ・バンド、デタミネーションズのメンバー、YOSSY(キーボード / ヴォーカル)とicchie(トランペット / トロンボーン)によるユニット、YOSSY LITTLE NOISE WEAVER。前作『Volcano』から約8年ぶりにニュー・アルバム『Sun and Rain』をこのたびリリースする。それぞれにハナレグミ、Caravan、Mr.Childrenをはじめ様々なアーティストのサポートなどでの活動、そして本ユニットでのライヴ活動を経て導き出された新作は、日本語詞を含めて音楽的表現としては、ある種の“歌ごころ”にフォーカスしたポップなアルバムとなった。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信とともにインタヴューを行った。 独占ハイレゾ配信YOSSY LITTLE NOISE WEAVER / Sun and Rain'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは
by 河村 祐介
水曜日のカンパネラ、新作EP『ガラパゴス』 & 初の劇伴を担当した映画サントラをハイレゾ配信!!
・2018年06月27日・水曜日のカンパネラ、新作EP『ガラパゴス』 & 初の劇伴を担当した映画サントラをハイレゾ配信!! 2017年は日本武道館単独公演、全国ツアー、海外公演に加え、コムアイがドラマやバラエティ番組に出演、モデルとしても活躍するなど充実の1年となった水曜日のカンパネラ。アルバム『SUPERMAN』のリリース後は配信限定シングルを4曲リリースしてきましたが、2018年初のリリースとなる作品『ガラパゴス』が到着! 今作はFISHMANSなどの作品のミックスを担当してきたことなどで知られるzAkがエンジニアとして参加。これまでの水曜日のカンパネラとはまた一味違った作品に仕上がっております。また、EPと同タイミングでコムアイも出演、水曜日のカンパネラ初となる劇伴を担当した映画『猫は抱くもの』のサウンドトラック(配信限定!)も配信中。OTOTOYでは今作のリリースを記念し、5月15日(火)に行われた『ガラパゴス』公開取材の模様より、コムアイとケンモチヒデフミによる今作『ガラパゴス』の解説を掲載。過去リリースしてきたEPでは常に新たな挑戦をしてきた水曜日のカンパネラが挑む今作での新たな試みとは? CMソング「見ざる聞かざる言
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。