6thアルバム予約受付開始! 空きっ腹に酒、メンバー単独取材第4回 最後の刺客、シンディ(Ba)インタヴュー

大好評!! 空きっ腹に酒の4回に渡るメンバー単独取材。第1回西田竜大(Gt)、第2回いのまた(Dr)、第3回田中幸輝(Vo)に続き、最終回となる第4回目はシンディ(Ba)の単独インタヴューをお届け! 4月5日にリリースされる6thアルバム『粋る』をリリースする彼ら。OTOTOYでは本作の予約の受付を開始するとともに、全曲の視聴が可能となる。最新アルバムのことから、シンディと空きっ腹に酒との出会い、怪我によって活動をストップしていた期間のことなどじっくり語ってくれました。

▶︎単独インタヴュー第1回 : 西田竜大(Gt)
▶︎単独インタヴュー第2回 : いのまた(Dr)
▶︎単独インタヴュー第3回 : 田中幸輝(Vo)

10周年の集大成がここに! 予約受付中!


空きっ腹に酒 / 粋る

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 270円(税込) / アルバム 2700円(税込)

【収録曲】
1. どーも
2. fashion
3. 生きるについて
4. 御乱心
5. 雨
6. キョとムー
7. YES or NO
8. FLOW
9. 黒に赤
10. グル
11. 心の唄


空きっ腹に酒/生きるについて


INTERVIEW : シンディ(空きっ腹に酒)

空きっ腹に酒が結成10周年の集大成となるフル・アルバム『粋る』をリリースする。昨年4月には交通事故によりベースのシンディの活動休止を余儀なくされた空きっ腹に酒。それでもバンドは止まることなく、更に勢いを身にまとって活動を続けてきた。インタヴューの中で「1番後ろのポジションでいたいな」と語ったシンディは、何を考え、空きっ腹に酒に加入したのだろうか。彼の根底にある音楽への思いを訊く中で紐解いてみた。シンディも復帰した今作のリリースを待ちながら、インタヴューを読んでみてはいかがだろうか。

インタヴュー : 飯田仁一郎
文章・構成 : 宮尾茉実
写真 : 作永裕範

ストレートにここで弾いてみたいなって

シンディ(Ba)

──シンディくんは前、京都のライヴハウスnanoでちょっとお会いしたことありますよね。正規メンバーになったのはいつですか?

シンディ : 2015年の6月ですね。

──なるほど、空きっ腹に酒との出会いはどういうものだったんですか?

シンディ : 2011、2年くらいに難波ROKETSのイベントで自分のやってるLOW-PASSで対バンしてからYouTubeで見たりして気にかけていました。そしたら大阪のバンド、ダンボの音響でCOMPASSに行った時にマネージャーの曽我さんが「ベースが抜けるからちょっと弾いてみない?」って誘ってくれたのが始まりです。

──曽我さんが巡り合わせてくれたんですね。

シンディ : ギターの西田だけはお互い酔っ払いのまま絡んだことあったんですけど、他の2人はその時が初対面でした。

──入ろうと思ったのはなぜですか?

シンディ : ここで弾いてみたいなってストレートに思ったんです。

──どうやってできているかわからない音楽ですもんね。

シンディ : でも割と単純なんですよ。みんなやりたいことやってるし、頑固なんです。やりたいことに対しても含めて。それを見てると自分もこのバンドでやってみたいことがいっぱい湧いてくるじゃないですか。だから結構ぶつかりながら作ってる感じですかね。

──例えばどういうところがぶつかるんですか?

シンディ : 細かいフレージング、展開、特に楽曲の細かいところですかね。

──なるほど、最初に音を一緒に出したときはどうでしたか?

シンディ : 自分が今までやって来なかったジャンルだから面白いなって思いました。「ほかのバンドで出せへんな」っていう要素を放りこめたという感覚がありましたね。

楽器を演奏すること自体が好き

──シンディ君は、もともとどういう音楽が好きなんですか?

シンディ : 僕の音楽の入りはメロコアです。中学生の時にHi-STANDARDを聴いて、そこからハイスタ周りの『AIRJAM』とか『DEVILOCK NIGHT』、『REVOLVER FLAVOUR』っていう洋服業界の音楽イベントに出ているようなバンドが好きでしたね。BACK DROP BOMBとかHUSKING BEEとか。大学入ってからすぐPELEとかGHOSTS & VODKAとか聴いていました。完全にインスト・ポスト・ロックですね。Mice Paradeとかめちゃくちゃ好きでした。

──なるほど。

シンディ : あと僕、大学が京都の精華大学だったんです。そこに面白い先輩がいっぱいいたから、音楽に関しては情報量が凄くて。片っ端から聴かされたり、自分からも音楽をどんどん掘っていったって感じですね。

──バンドとしてはLOW-PASSのようなオルタナティヴな音楽を奏でるのが好きなんですか?

シンディ : そうですね、楽器を演奏すること自体が好きです。研究することも好きですし、ベースに限らず、ドラムとかギターとかも好きですね。

──音響もやられてるんだ。

シンディ : 学生の時に音響会社でアルバイトしていました。

──空きっ腹に酒が遭遇した事故は加入してどれくらいのことだったんですか?

シンディ : 入ってちょうど1年経たないくらい、去年の4月ですね。ツアーで仙台から帰る時でした。

──結構な事故だったと思うんですけど、何か月入院してたんですか?

シンディ : 入院は3か月ですね。復帰できたのは去年の11月末です。

──その半年間休まなければいけなかったのはなぜですか?

シンディ : まず一人で生活できなかったんです。大阪で一人暮らしをしていたんですけど、退院してからは、実家の和歌山で毎日リハビリを行ってました。最初のころは、一人で風呂も入れへんし、外出してもはじめはずっと杖をついていて、電車とかも乗れなかったです。

──具体的にはどこを怪我されたんですか?

シンディ : 左足のひざから下を怪我しましたね。一回折れて、くるぶしから下は粉々になりました。

──考えただけで痛い……。それで3か月間入院して、そのあと3か月間リハビリをしたんですね。

シンディ : そうですね。リハビリをして、日常生活をできるようにしました。リハビリの間はベースを弾いて、このアルバムのベースラインとかも考えたり、曲を考えたりしていました。だから結構あっという間に過ぎちゃいましたね。

──その期間で一番しんどかったことって何ですか?

シンディ : バンドのことで言ったら、自分がおらへんところで進んでいくことの申し訳なさとか、いろんな人に対しての悔しさがありましたね。うれしいの半面、悔しいの半面、で苦しいなって感じが主でした。

──ベースを弾き始めたのはいつなんですか?

シンディ : 退院してからですね。一応病院には持ってきてもらってはいたんですけど、結局弾くこともできず…。で退院してから、最初は弾いてたんですけど、3か月空いただけで、もう手が痛いんですよ。だから1か月くらいは毎日弾いて豆が出来て潰れてました。

──復帰ライヴっていうはいつだったんですか?

シンディ : 11月25日にCOMPASSでやらせてもらいました。

──どのように感じましたか?

シンディ : かなり緊張しました。11月中旬くらいに、大阪に戻って自分の生活を戻しながらだったので。そのライヴのための練習は一回しかなかったし……。

──ちゃんと弾けましたか?

シンディ : 何とか。結構忘れてるとことかありましたけどね。その時は脳に体がついてこなかったんですよ。終わってすぐライヴ・ラッシュだったのでそこから徐々にという感じですね。

僕にとっては2年の集大成

──シンディくんはプロのベーシストになりたいと思っていますか?

シンディ : そうですね。でもベーシストとしての強い信念っていうのは、空きっ腹に入って感じました。それまで音響含めいろんな音楽に携わっていたから余計にですね。空きっ腹にいる自分が一番『ベーシストらしいな』って思います。他のバンドはそんなに自分をベーシストとしてとらえてなかったというか。

──『ベーシストらしい』っていうのは例えばどういう事なんですか?

シンディ : 安直な言い方したら、リズム隊であるドラムとベースがあって、かっこいいギタリストがいて、フロントに立つヴォーカリストがいる。この単純なカルテットというか、シンプルなバンドってこれまでやってこなかったから、こういう事がベーシストなんやって思いました。

──個性的な三人がいて、ベーシストとしての役割っていうのが分かったと。

シンディ : ただベースは長いこと弾いているので、自分のベースっていうのをやっぱりこの中に入れ込みたいなと思ったんです。

──空きっ腹に酒に対しては、どういうベースを弾いてやろうと思ってるんですか?

シンディ : 単純に3人とも濃いので、そこに負けへんフレージングのカッコよさっていうのは常々思っていますね。あとベーシストとして思ったのは、『点々をつなげるベースを弾けたらな』っていうこと。全員が全員主張しても波状するような、ぎりぎりのところで成り立ってるバンドな気はするので。

──ぎりぎりのところとはどういう?

シンディ : 全員ソロ弾けて目立ちますよ、みたいなところですかね。それはそれでかっこいいなって思ってるんです。

──それを繋ぎ止める存在がシンディくんということ?

シンディ : その中では1番後ろのポジションでいたいなと思います。

──ニュー・アルバムに対しては、全曲、シンディくんのベースが入ってるんですか?

シンディ : 基本的には。ただ曲で言ったら「御乱心」、「雨」、「心の唄」あたりはオーソドックスなベースラインやったり、もともと西田が持ってきたベースラインを主に弾いてて、アクセントをつけてるって感じなんですけど。「fashion」、「YES or NO」、「黒に赤」、「グル」は僕が作曲していますね。

──作曲もやっているんですね。このアルバムはシンディくんにとってどんなアルバムになりましたか?

シンディ : 僕が入ってから今まで、3枚とミニアルバムが1枚出てるんですけど、僕が入ることによってできる幅を増やしたいと思っていたので、その集大成に今回のアルバムはなったかなと思います。10年の集大成ってありますけど、僕にとっては2年の集大成ですね。今からバンドとしてその広がったものをしぼめて行く作業ができるんじゃないかなとも思っています。

──純度を高めていくってことですかね。

シンディ : そうですね。

──なるほど。ありがとうございました。

過去作もチェック!

RECOMMEND

歌うアホウドリ / Scrap&Build

ラップ、ポエトリー・リーディング、歌と叫びを織り交ぜ、徹底的に喜怒哀楽を表現する楽曲の作成と演奏を志す4人組バンド「歌うアホウドリ」。ゲストボーカルにKIM(from UHNELLYS)、Miya-Z(from memento森)を迎えた1st EP。

この作品に関する特集ページはこちら

CHORD

UHNELLYS

Album ¥1,697

UHNELLYS / CHORD

独自のミクスチャー・サウンドを鳴らすUHNELLYS。通算5枚目となるフル・アルバム。

この作品に関する特集ページはこちら

LIVE SCHEDULE

〈空きっ腹に酒 結成10周年 6th Full album Release tour 粋なり対バンツアー〉
2017年4月16日(日)@大阪 梅田CLUB QUATTRO
出演 : 空きっ腹に酒 / the pillows
2017年5月2日(火)@京都 GROWLY
出演 : 空きっ腹に酒 / rega
2017年0月19日(金)@東京 TUTAYA O-west
出演 : 空きっ腹に酒 / GOING UNDER GROUND
2017年5月27日(土)@名古屋 E.L.L
出演 : 空きっ腹に酒 / モノブライト
2017年6月10日(土)@札幌 Sound Lab mole
出演 : 空きっ腹に酒 / ザ50回転ズ
2017年6月16日(金)@広島 BACK BEAT
出演 : 空きっ腹に酒 / ザ50回転ズ
2017年6月17日(土)@福岡 graf
出演 : 空きっ腹に酒 / アカシック
2017年6月25日(日)@大阪 梅田CLUBQUATTRO
出演 : 未定

PROFILE

空きっ腹に酒

人間不信に陥ったvocal田中幸輝が、当時高校の先輩だった西田竜大、いのまたに出逢いファンクのリズムに合わせて「音楽と踊る楽しさ」を思い出す愛と絶望の感動巨編(バンドです)。ポップからアングラまで、どんな曲をやっても結局、空きっ腹に酒。

アーティスト公式HPはこちら

o

 
 

インタヴュー

細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香