【BiSH】Epsode5 モモコグミカンパニー、初インタヴュー「ただ可愛いって言われるアイドルと一緒になりたくない」

BiSという伝説になったアイドル・グループがいた。今から始まるBiSHというアイドル・グループは、そのBiSを越えることが、最初の命題である。その切なくて、ドラマチックなでっかいでっかい壁に挑む5人。まだ研究員にさえ、会っていない。まだ真っ白だ(たぶん…)。まだ渡辺淳之介のことが好きだ(たぶん…)。さぁ、今からがはじまりだ。BiSよりも切なくて、ドラマチックな、BiSHの軌跡がここから始まる!

BiSH、2度あることは3度目あるの、まさかの新曲2曲同時フリー・ダウンロード、その①!!

BiSH / SCHOOL GIRL, BANG BANG

【配信形態】mp3
【配信価格】単曲 0円

「スパーク(本物)」「サラバかな」に続く、BiSH、3曲目の楽曲をフリー・ダウンロードで配信スタート!! 軽快なビートにロックなラップ調が心地いいアゲアゲ曲。

>>>歌詞PDFはこちらよりダウンロードください。

BiSH、2度あることは3度目あるの、まさかの新曲2曲同時フリー・ダウンロード、その②!!

BiSH / ぴらぴろ

【配信形態】mp3
【配信価格】単曲 0円

「スパーク(本物)」「サラバかな」に続く、BiSH、4曲目の楽曲をフリー・ダウンロードで配信スタート!! ファンキーなベースラインとゴリゴリのビート、それを通りすぎたあとのメロディが心地いいデジタル・ハードコア調のスキャット(?)・ソング。

>>>歌詞PDFはこちらよりダウンロードください。

フル試聴もできます!! 下記からお楽しみください!!

  発売日 2015/04/16

※ 曲名をクリックすると試聴できます。

  発売日 2015/04/16

※ 曲名をクリックすると試聴できます。

Episode5 : モモコグミカンパニー初インタヴュー

彼女は、とても異質だ。アイドルのくせして、握手会は嫌だと言う。どうもお笑い芸人になりたいようだし、バカなふりして、非常にクレバーな一面も。けれどユカコ脱退時には、朝まで泣きはらす一面も… 彼女はBiSにはいなかったタイプで、彼女がどう受け入れられるかは、BiSHというグループの一つのポイントにもなるだろう。正直、ただただ、心配である…w

インタヴュー&文 : 飯田仁一郎

嫌いって思うこともストレスじゃないですか

ーーモモコさんは、どんな子供だったんですか?

モモコグミカンパニー(以下、モモコ) : 小1から小3まではクラスの人気者でした。これ自分で言うの嫌なんですけど、クラスの人気投票みたいなやつで1番だったんです。

ーーじゃあモテたでしょう?

モモコ : 小学校低学年ですよ? そういう感じじゃなかったです。私の過去は傷だらけの心だったんで。

ーー???

モモコ : 小学生の頃にいじめられてました… 泣きそうになるからあんまり掘り下げたくないんですけど…。

ーーいつ?

モモコ : 小学4年生くらいのとき。

ーー何かきっかけが?

モモコ : 今は全然大丈夫なんですけど、最初はめちゃめちゃ仲良かった子から、関係が悪化していじめられるようになったんです。ビンタされたり、プールに沈められたり。小学校のことなので、きっかけとかはあんまり覚えてないんですけど…
………………………………
………………………………
………………………………
なんだっけな?

ーーあれ? 今一瞬違うこと考えてなかったですか?

モモコ : ふふふ(笑)。

ーー(笑)。今インタヴュー中だし、結構深い話をしようとしてたところですよね?

モモコ : はい、すみません! 本当にすみません!

ーーでも正直なところ、ちょっと美味しいって思ってますよね。

モモコ : 思ってないです!

ーー腹黒いのかな?

モモコ : いや、腹黒くはないと思います。嫌いな人とかいないので。

ーーでも自分をいじめてた人のことは嫌いでしょ?

モモコ : 嫌いじゃないです。何とも思ってない。嫌いって思うこともストレスじゃないですか。だからもう全然大丈夫です。

ーーその子を見返してやるためにアイドルになろうと思ったりしましたか?

モモコ : ないです。全然違いますね。

人に嫌われるのが怖すぎて、人に強いことを言えないから駄目なんです

ーーなんでアイドルになったんですか?

モモコ : ずっと前からアイドルが好きで。アイドルじゃなくても、TVに関わる仕事に就きたいなって思ってました。

ーー少し話を戻しますね。4年生のときにいじめに遭って、その後は?

モモコ : 小5から中1までは、親の転勤で新潟へ行ってました。

ーー新潟では順風満帆だったんですか?

モモコ : 東京から来たよそ者みたいな感じはありましたけど、それも最初だけだったし、東京でのいじめに比べたら全然。でも学校は嫌いでした。友達はいたけど、行くのが面倒くさかった。新潟は雪が降るし大変だったんですよ。

ーーその後、中1で再び東京に戻ってきたとき、そのいじめっ子はいなかったんですか?

モモコ : いました。しかも同じクラスだったんです。嫌だって校長室にお願いしにいったのに同じクラスにされちゃって!

ーーえっ?! 聞き入れてくれなかったってこと?

モモコ : お母さんと頼みに行ったのに、人数の都合かわかりませんけど、結局その子と同じクラスで。でもその時1番好きだった人とも同じクラスだったんですよ。小学校2年から大学1年くらいまでずっと好きでした。他に好きな人が出来ても二の次というか、神様みたいな存在の人。

ーーそれが初恋?

モモコ : 初恋じゃないんですけど… 最初は何とも思ってなかったんですけど、向こうが私のことを好きだって噂が流れて意識するようになったんです。話すとすごい面白いし、サッカーがうまくて格好良いなって。面白いっていうのが大きかったですね。

(ちょうど渡辺マネージャーの注文した盛り蕎麦が届く)

ーー折角だしどうぞ。

モモコ : え! インタヴュー中に食べられないですよ!

渡辺淳之介(以下、渡辺) : 食べていいよ。

モモコ : え! 本当ですか? ありがとうございます。これこんなに盛るんですね。いただきます。

ーー切り替え早いですね… どうですか?

モモコ : 冷たいです。冷たい。

ーー盛り蕎麦ですからね。ちょっと一気に取りすぎじゃない?

モモコ : これ1本が長いんですよ。

渡辺 : 一口でそんなに取る奴いる?(笑)

ーー(笑)。いじり甲斐がありますね。振りに強いというか、完全に自分の役割をわかってる。

モモコ : いやいや全然。私は人に嫌われるのが怖すぎて、人に強いことを言えないから駄目なんです。小4のときも、いじめられても泣かないしヘラヘラもしない、何も言えない性格だったので。

ーーそのサッカーの人は、どの位好きだったの?

モモコ : どの位? うーん… 神様くらい! でも結局駄目だったんですよね。

人見知り、内弁慶、緊張しい、恥ずかしがりや、でもちょっと目立ちたい

ーーどんな高校生だったんですか?

モモコ : カップルを後ろから睨みつけてるような奴でした。全然モテないし、うちの高校は男子が少なくて、可愛い子が異常に多い学校だったんですよ。

ーー高校生活は安泰だったんですか?

モモコ : 通っていた高校がちょっと変わっていて、帰国子女の子が多かったからか、周りのテンションとかノリがすごくて、「イエーイ! facebookやってるぅー?!」みたいな感じだったんです。やっていけないなと思ってたし、高1の夏までは、友達はいたけど心の通う友達がいなくて学校が嫌いだったんですけど、その後親友ができて、そこからは毎日が楽しかったですね。ゲラゲラ笑ってました。

ーーその子はBiSHに入ったことについて何て言ってるんですか?

モモコ : まだ言ってないんですよね。

ーー周りにも言ってないんですか?

モモコ : なんとなく言わないほうがいいのかなって思ってて。何人かには「アイドルやる」ってBiSHの名前は出さずに伝えましたけど、ちゃんと知ってるのは親くらいですね。

ーーアー写で気付かれたりしないですか?

モモコ : 全然アー写と顔が違うのでわからないと思います。髪も短くて宇宙人みたいなので(笑)。

ーー今のモモコさんの人格形成の元になる要素は、子供の頃にあると思いますか?

モモコ : あったかなあ……。人格は多分小学校2年生から変わってないですよ。人見知り、内弁慶、緊張しい、恥ずかしがりや、でもちょっと目立ちたい。友達と少人数で集まってるときはすごく喋るけど、皆の前では顔が赤くなって何も喋れない感じの人です。それは今も変わってない。

ーーそんなことないんじゃないですか? オーディションのときから面白かったし。

モモコ : あれはめっちゃ頑張りました!

ーーそうだったんですか。面接ではお笑いの道がどうのこうのって言ってましたけど、そもそもアイドルになりたかったんですか?

モモコ : なりたかったです。お笑いがっていうのは、憧れの人が芸人さんに多いんですよ。ダウンタウンの松本(人志)さんとか、ロバートの秋山(竜次)さんとか、ジャルジャルの後藤(淳平)さんとか。毎日夜中に松本さんのラジオを聞いたりしていて。あとはさくらももこさんが大好きです。1番好き。彼女に会うためには芸能界とか目立つところに行かないと会えないかなと思ったんです。

ーーさくらももこさんは芸能界と関係ないんじゃないですか?

モモコ : 目立てば会えるようになるかなと思って。それは結構大きい動機です。

ーーどういうところが好きなんですか?

モモコ : ちびまる子ちゃんが大好きで、私はまるちゃんみたいだってずっと言われてきたし、心が通ってる気がするんですよね。面白いし大好きです。

ーーキャラでは誰が1番好きですか?

モモコ : 永沢君です。

ーー…。音楽で好きな人は?

モモコ : YUIさんとか好きです。

ーー松本さんとYUIさんではどっちが好き?

モモコ : どっちも同じ位好きです。

ーーじゃあBiSと松本人志では?

モモコ : 松本人志。

ーー………。

モモコ : 通じあうものがあるなって思うんです。それは皆思ってるかもしれないですけど。

ーーBiSHはどのくらい好きですか?

モモコ : BiSHですか? まだ始まったばかりなのでわからないですね。今のところメンバーの皆もスタッフの方も曲も好きだし。

私、大きくなるアイドルがわかるんですよ

ーー先日ユカコ・ラブデラックスの脱退報告がありましたけど、どう思いました?

モモコ : 夜中の3時くらいまでずっと泣いてました。

ーー泣いてた!

モモコ : こんなに悲しいのかって、号泣してました。2年くらい泣いたことなかったのに涙が止まらなくて。悲しさもあったし、「これからなのに!」って思いもあって。まだ諦めてないです。

ーーそれは引き止めようと思ってるってこと?

モモコ : はい。

ーーなぜですか?

モモコ : 単純にサブカル感というか、ユカコがBiSHにいたほうが面白い。

ーーそれは友達としてではなく?

モモコ : 友達としても、いてくれたほうが安らかになります、私が。1番話が合うのもあるし。

ーー他のメンバーのことはどう思っていますか? まずセントチヒロ・チッチ。

モモコ : 好きですね。あのふわふわした可愛らしい見た目でいて、中身はすごいしっかりしてるんですよ。1番正義感が強いというか、BiSHのオーディションも前のアイドルを辞めてから受けたって言ってて、すごいなって。私は大学に行ってるけど、彼女はアイドルだけをやってて、受かる確証もないのに前のグループを辞めてBiSHを受けにきてて、受からなかったら何も残らないわけじゃないですか。その覚悟が格好良いなって思いました。私だったら怖くてできないと思うから、尊敬する。

ーーアイナ・ジ・エンドは?

モモコ : 面白いですね。大好き。最初はちょっと怖いかもって思ってたんですよ。肌の露出の多いお洒落な服を着てたので。

ーー(笑)。

モモコ : でも話してみたら、格好良いけど「ウェーイ!」みたいなノリが面白くて、この人がいればBiSH盛り上がりそうだなって思いますね。すごい優しいし。

ーーハグ・ミィは?

モモコ : 包容力の塊ですよね。女神って感じ。自分が確立されてるじゃないですか。年上って言うのもあるかもしれないけど、落ち着いていて、皆であたふたしてても、ひとりで淡々と解決策を出すみたいな。頼りがいがあるかな。自撮りもうまいです。

ーーちなみにユカコさんに話を訊いたときは、モモコさんの話になると言葉に詰まって涙してましたよ。

モモコ : うん、私も本当に大好きでした。一緒にいると落ち着くんですよ。辞めるのを止めたいと思うし、BiSH全体を考えると居て欲しいけど、個人的な問題として考えたら可哀想だとも思うから、次に話をするのがラスト・チャンスですよね。

ーーなるほど。モモコさんはプロデューサー目線を持ってるから、渡辺(淳之介)さんと話が合うんですかね。

モモコ : どうなんですかね? でも私、大きくなるアイドルがわかるんですよ。ももいろクローバーZは1番最初から観てたし、ゆるめるモ! も3人のときから観てたので。

ーーBiSHは大きくなると思ったから受けたんですか?

モモコ : そのときは思ってなかったですね。BiSについて何も調べてなかったくらいなので。ただ人より多くオーディションを受けていただけです。

ーーなんでそんなにアイドルになりたかったんですか?

モモコ : 私、女の子は全員アイドルになりたいと思ってるものだと思ってたんです。可愛い子はもちろん、可愛くない子も隙があればアイドルになってやろうと思ってると。でもある日、バイト先の映画館でAKBのドキュメンタリーをやっていて、私はこんなふうになりたいなって思ってたんですけど、同僚の可愛い人が「よくこんなことやってられるよね」って言ってて。それで、もしかして皆がアイドルになりたいわけじゃないのかな、それならなりたいって思ってる私はなったほうがいいのかなって思ったんです。

ーーでも「私、アイドル好きじゃないです」って感じを出してますよね。

モモコ : アイドルはすごく好きですよ。暇さえあれば動画を観たりしてたし。でも、ただ可愛いって言われるアイドルと一緒になりたくないんです。私、特撮が好きで。5人組の戦隊物の。

ーー何レンジャーが好きなんですか?

モモコ : メガレンジャーが好きですね。黄色が好きなんですけど、戦隊物の黄色って男の人の場合もあるし、女の人の場合もある。そういう中性っぽい感じが好きなんですよね。女の子っぽすぎるのは自分には向いてないなって思います。だから髪型もショートだし。

基本的に家にいるのが1番楽しい

ーーこの間のインタヴューでは握手会が嫌だって言ってましたけど、今はどうですか?

モモコ : 想像できないですね。可愛い子ぶりながら握手してる自分を想像すると、ちょっと気持ち悪いです。

ーーヲタクと接触したくないって言ってたの、批判受けなかったですか?

モモコ : 今のところマイナスの意見はそんなに届いてないですけど、Twitterで検索したりすると「こういう奴はアイドルやるなよ」とか書かれてて、「ハァ?」と思いました。

ーーでもお客さんは厳しいから、その感じだと自分の列だけ早く終わったりするんじゃないですか。

モモコ : そういうの嫌なんですよ!! 順位を付けられるのは嫌ですけど…… そういうときは心が痛むだけです。しょうがないですよね。

ーー「スパーク」ではどこを歌ってるんですか?

モモコ : 私、ほとんど歌ってないです。

ーー(笑)。

モモコ : 最後の、どこだっけな。2回目の「不安だな〜」のところです。多分。

ーーちゃんと曲聞いてます?

モモコ : 聞いてますよ!

ーーBiSHはこれからどうしていきますか?

モモコ : 1人1人の個性が出せていければなって思います。見た目やTwitterではわからない、面白さとかしっかり者とか、人間味をたくさん出して行けたら面白くなるんじゃないかなって。ドキュメンタリーみたいなものはいいですよね。みてるのも楽しいし。でも自分のことは全然わからない。BiSHの中でどういう位置にいるのかわからなくて。

ーー3年後どうなっていたいですか。

モモコ : BiSHが売れていてほしいです。

ーー売れるっていうのは具体的には?

モモコ : ダウンタウンDXに出てる。

ーー(笑)。その後は?

モモコ : もう何でもいいです。部屋に籠って本を書いていたいです。あと夜中にラジオで喋りたい。基本的に家にいるのが1番楽しいので。

モモコグミカンパニー Twitter

はじまったばかりのBiSHのストーリー

vol.0 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0 渡辺淳之介 インタヴュー

vol.0.1 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0.1 松隈ケンタ(サウンド・プロデューサー) インタヴュー

vol.0.2 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0.2 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) インタヴュー

vol.1 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode1 BiSH初インタヴュー(前編)

vol.2 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode2 BiSH初インタヴュー(後編)

vol.3 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode3 ユカコラブデラックス、初インタヴュー「脱退」

vol.4 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode4 ハグ・ミィ、初インタヴュー「アイドルヲタク全体の数をもっと増やしたい」

BiSHが超えるべきBiSの歴史を振り返る

vol.1 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
アイドル・グループ・プー・ルイを結成する前代未聞のプロジェクトがついにスタート!

vol.2 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.2 - オーディション -

vol.3 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.3 - ナカヤマユキコ編 -

vol.4 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.4 - ヨコヤマリナ編 -

vol.5 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.5 - メンバー全員決定 -

vol.6 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.6 - 初お披露目。そして、グループ名は? -

vol.7 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.7 -『エレガントの怪物』-

vol.8 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.8 -初レコーディング作品フリー・ダウンロード開始!

vol.9 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.9 -BiS初のフル・アルバムが、2011年3月23日発売決定! -

vol.10 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.10 -1st フル・アルバム『Brand-new idol Society』先行配信開始! -

vol.11 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.11 -待望の初アルバム『Brand-new idol Society』配信開始!

vol.12 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.12 -アイドル・グループ構成員増殖計画セカンド・シーズンスタート!

vol.13 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.13 -中野heavy sick zeroのワンマン・ライヴ!

vol.14 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.14 -BiS次回作の一斉楽曲コンペ開催決定! !

vol.15 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.15 -BiSとtengal6のコラボ楽曲フリー・ダウンロード!

vol.16 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.16 -号外! BiSからヨコヤマリナが電撃卒業!

vol.17 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.17 -リナハムありがとう! 衝撃のPV公開!

vol.18 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.18 -7月9日下北沢shlterで新メンバー発表! -

vol.19 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.19新メンバーテラシマユフ入学式-

vol.20 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.20 -渋谷WWW目前プー・ルイ、インタヴュー-

vol.21 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.21 -渋谷WWW「BiBフェス!」ライプ・レポート! ! ! -

vol.22 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.22 -「怒髪天のハロウィン 百鬼フェスティバル」にBiSが登場っ! ! ! -

vol.23 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.23 -怒髪天にBiSが突撃インタヴュー&ライヴ-

vol.24 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.24 -売り切れ続出! タワーレコード限定シングル発売開始! -

vol.25 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.25 -テラシマユフへインタヴュー! 優等生が見せた葛藤-

vol.26 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.26 -リキッド・ルーム・ワンマン目前メンバー・インタヴュー! -

vol.27 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.27 - 満員御礼! BiSリキッドルーム・ワンマン・ライヴ!

vol.28 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.28 - プー・ルイ インタヴュー「理想のリーダー像とは」連続企画スタート!

vol.29 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.29 - ヒラノノゾミ インタヴュー「アイドルグループでの存在意義」

vol.30 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.30 - テラシマユフ インタヴュー「BiSに優等生は必要! ? 」

vol.31 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.31 - 新メンバー・ワッキー&ミッチェル 初インタヴュー

vol.32 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.32 - プ—・ルイ インタヴュー「リーダーとしての葛藤と決意」

vol.33 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.33 - アナログ盤『ABiSCDiS』リリース記念 BiSの工場見学

vol.34 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.34 - 渡辺淳之介(BiSマネージャー) インタヴュー「BiS誕生以前の物語」

vol.35 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.35 - 祝・メジャー・デビュー『PPCC』BiS全力特集

vol.36 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.36 - Road to 赤坂BLITZ

vol.37 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.37 - 辻本翔(BiS アシスタント・マネージャー)インタヴュー—「研究員からBiSマネージャーへ」

vol.38 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.38 - BiSメジャー1stアルバム『IDOL is DEAD』 松隈ケンタ(BiSサウンド・プロデューサー) INTERVIEW

vol.39 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.39 - BiSメジャー1stアルバム『IDOL is DEAD』 南波一海によるロング・レビュー掲載

vol.40 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.40 - 『IDOL is DEAD』リリース記念 BiS公開インタヴュー

vol.41 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.41 - 2012年のBiS、そして2013年へ

vol.42 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.42 - BiSとDorothy Little Happy『GET YOU』リリース

vol.43 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.43 - プー・ルイ、国技館に降り立つ

vol.44 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.44 - 国技館ワンマンへの道!!

vol.45 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.45 - 2013年3月16日(土)@東京・両国国技館 「WHO KiLLED IDOL? 」

vol.46 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.46 - ミチバヤシリオ インタヴュー 加入1年にして語る現在の想いとこれから」

vol.47 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.47 - 新メンバー初インタヴュー テンテンコ、カミヤサキ、ファーストサマーウイカ

vol.48 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.48 - BiS、6人体制になって初のシングル『DiE』をリリース プー・ルイ インタヴュー

vol.49 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.49 - BiS階段 おばあちゃんに訊く!!「この音楽はなんだと思いますか?」@巣鴨地蔵通商店街

vol.50 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.50 - BiS『Fly / Hi』をリリース ミッチェル、卒業インタヴュー

vol.51 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.51 - ヒラノノゾミ、インタヴュー「解散までにもう少し足跡を残したい」

vol.52 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.52 - コショージメグミ、インタヴュー「BiSをやりきる、それだけですね」

vol.53 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.53 - カミヤサキ、インタヴュー「もっと自分に自信を」

vol.54 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.54 - ファーストサマーウイカ、インタヴュー「いまを積み重ねるしかないですから」

vol.55 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.55 - テンテンコ、インタヴュー「わたしがいなくてもいるみたいな存在になれたらいいなって」

vol.56 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.56 - 渡辺淳之介、インタヴュー「BiSは解散に向けて、再びおもしろさを取り戻せるのか?」

vol.57 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.57 - 飛ばねぇアイドルは、ただのアイドルだ。BiS、上田剛士(AA=)を迎え新曲リリース

vol.58 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.58 - BiS、ラスト・アルバム完成!!BiSが生まれるきっかけになった4人のメンバーで解散までの歩みを語る

vol.59 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.59 - BiS、カミヤサキのコスプレ連載「2.5次元まで」Vol.3 キルラキル

vol.60 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.60 - 泣いても笑っても、これが最後のダンス・チューンーーBiS、ラスト・シングル『FiNAL DANCE/nerve』をリリース

vol.61 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.61 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、コショージメグミ編ーーアイドルがしたくて入ったわけじゃなくて、BiSが好きで入ったから

vol.62 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.62 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、ファーストサマーウイカ編ーーおっきいお葬式をしたいなって、「楽しかったね、ありがとうな」っていう

vol.63 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.63 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、テンテンコ編ーー夏休みの宿題をまったくやらずに最終日っていう感じなんです

vol.64 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.64 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、カミヤサキ編ーー楽し過ぎて終わるのがイヤになるようなトラウマを残すライヴをしたいな

vol.65 アイドル・グループになりたかったプー・ルイ
プー・ルイとオトトイのアイドル・グループ構成員増殖計画 vol.65 - BiS、ラスト・ソロ・インタヴュー、ヒラノノゾミ編ーー「こっちは3年やってきてるんだぞ!」っていうプライドもある

o

 
 

連載

GANG PARADE、インタヴュー&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.3掲載!!
[GANGPARADE]・2017年11月17日・【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.3 7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年5月よりカミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの無期限限定レンタル・トレードが行われ、アヤを入れた7人で活動を行っている。そんな7人体制での初アルバムが11月21日にリリース。11月20日の恵比寿LIQUIDROOMでのワンマン・ライヴのチケットも完売し、さらなる飛躍が期待される彼女たちの歴史を振り返るインタヴューを3回に渡り掲載する。また、ユイ・ガ・ドクソンによるラーメン連載がカレー連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」にリニューアル!! ドクソンが真剣にカレーを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry vol.3はこちら>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・前編はこちら>>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・中編はこちら 2017年新たな
by 西澤 裕郎
GANG PARADE、インタヴュー&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.2掲載!!
[GANGPARADE]・2017年11月10日・【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.2 7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年5月よりカミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの無期限限定レンタル・トレードが行われ、アヤを入れた7人で活動を行っている。そんな7人体制での初アルバムが11月21日にリリース。11月20日の恵比寿LIQUID ROOMでのワンマン・ライヴのチケットも完売し、さらなる飛躍が期待される彼女たちの歴史を振り返るインタヴューを3回に渡り掲載する。また、ユイ・ガ・ドクソンによるラーメン連載がカレー連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」にリニューアル!! ドクソンが真剣にカレーを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry vol.2はこちら>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・前編はこちら POPからGANG PARADEヘ(2015年12月〜2016年7月) ──カミヤ
by 西澤 裕郎
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第10回
[REVIEW]・2017年11月15日・斎井直史のヒップホップ連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第10回──KOJOE4年半ぶりの新作に迫る いよいよ本格的に冬! 今年も残り1ヶ月半、年末に向けじわじわと忙しさも増す今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」も今月で10回目! 前回はみんなが待ちに待ったPUNPEEのアルバム『MODERN TIMES』を渾身のレヴューでお届けしました。年間のベストも出揃いつつあるタイミングですが、ここにきて強烈な作品! 今月は新潟生まれ、NYクイーンズ育ちのバイリンガル・ラッパー、KOJOE4年半ぶりとなるアルバム『here』を特集です。豪華な客演陣が揃う今作からはどんなパンチラインが選ばれるんでしょうか!? 4年半ぶりとなるオリジナル・アルバム!KOJOE / here'【収録曲】01. KING SONG Feat. Mayumi02. Smiles Davis Feat. Dusty Husky & Campanella03. PenDrop Feat. ISSUGI04. Prodigy Feat. OMSB
by 斎井 直史
Walking with PAW PicoーーーSummer Rocket、愛わなびがハイレゾ音源を聴きながら神泉をお散歩
[TECH]・2017年11月14日・Walking with PAW PicoーーーSummer Rocket、愛わなびがハイレゾ音源を聴きながら神泉をお散歩 大きさ、重さともに世界最小クラスのDAP(デジタル・オーディオ・プレイヤー)、PAW Pico。こんなに小さいのに、PCM192kHz/DSD5.6MHz(PCM変換)までのフォーマットに対応している優れものの音楽プレイヤー!! Bluetoothを用いてスマホ上の専用アプリで選曲することも可能。さらに、移動距離、平均速度、歩数、消費カロリーなどの記録を取って、アプリで管理もできちゃいます。今回、OTOTOYでは「夏」をテーマに、2016年7月から活動をスタートさせた4人組アイドル・グループ、Summer Rocket(サマーロケット)のメンバー、愛わなびがPAW Picoを持って、神泉〜渋谷の街をお散歩、おススメスポットを巡り、それに合うハイレゾ音源10作品を紹介していきます。音楽好きに大人気の喫茶店・FRIENDSや、カクバリズムの事務所があったり、音楽好きが集まる場所神泉をPAW Picoとともにお楽しみください。日々の生活に音楽が彩りを与えてくれること間違いなし!! >>PA
【新連載】Summer Rocket愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings 畳野彩加編
[CLOSEUP]・2017年11月09日・【新連載】Summer Rocket愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings 畳野彩加編 「夏」をテーマに、2016年7月から活動をスタートさせた4人組アイドル・グループ、Summer Rocket(サマーロケット)。SEBASTIAN X、音沙汰の永原真夏と工藤歩里が楽曲を手がけ、こつこつとライヴ活動や雑誌のレポート活動などを行い、じわじわと知名度と人気があがってきている彼女たち。その中でも、オリジナルZINEを作るなど、ひときわ創作に強い意欲を持っているメンバー、愛わなびの連載企画がスタート! 愛わなびが敬愛する表現者たちにインタヴューを行い、各アーティストがどのような考えを持って活動しているのかを学び、その回ごとにインスピレーションを元に総括を創作して公開します! と、コンセプトは決まったものの緊張の中始まった連載第1回。ゲストは、Homecomings畳野彩加さん。果たしてわなびは何を学んだのか? ぜひお楽しみください! 愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings畳野彩加編 さぁさぁ〜! 始まりました! ついに始まってしまいました、「愛わなびのく
by 中の人
【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.1
[GANGPARADE]・2017年11月07日・【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.1 7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年5月よりカミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの無期限限定レンタル・トレードが行われ、アヤを入れた7人で活動を行っている。そんな7人体制での初アルバムが11月21日にリリース。11月20日の恵比寿LIQUID ROOMでのワンマン・ライヴのチケットも完売し、さらなる飛躍が期待される彼女たちの歴史を振り返るインタヴューを3回に渡り掲載する。また、ユイ・ガ・ドクソンによるラーメン連載がカレー連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」にリニューアル!! ドクソンが真剣にカレーを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry vol.1 はこちら>【レポート】BiSHとPOPの200km対抗駅伝はなにを生み出したのか? ミキ : ユアは往路の対戦相手がいなくて。 ユア : モモコグミ・カン
by 西澤 裕郎
【BiS連載vol.86】祝・メジャー・デビュー!! プー・ルイのいなかった6人の約半月を振り返る
[POURLUI]・2017年10月31日・【BiS連載vol.86】祝・メジャー・デビュー!! プー・ルイのいなかった6人の約半月を振り返る 2016年9月、5人のメンバーで再スタートを切り、2017年5月に新メンバー・ももらんどとパン・ルナリーフィが加入、GANG PARADEのカミヤサキがレンタル移籍し、現在7人体制で活動中の新生アイドル研究会BiS。5月末より行ってきた全国ツアー〈BAD SOCiAL TOUR〉のファイナル公演〈IDOL is DEAD〉を目前にペリ・ウブが感染性腸炎により入院、無事退院したもののリーダーのプー・ルイがダイエットに挑戦する企画〈DiET or DiE〉でまさかの失敗。9月16日より活動休止となり、6人での活動を余儀なくされた。そして10月6日の赤坂BLITZ公演を6人で迎えたBiS。ライヴ途中でプー・ルイが復帰し、2回目のメジャーデビュー、両国国技館でのワンマンを発表し、再び7人で走り始めた。そんなBiSの6人で活動した期間を6人とともに振り返る。 新生BiS、7人体制での2ndシングルを配信中BiS / I can't say NO!!!!!!!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格
by 西澤 裕郎
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回
[REVIEW]・2017年10月11日・ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回 今年も残り3ヶ月、気がつくとあっという間に年末がすぐそこまで来てますね〜。ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載、「パンチライン・オブ・ザ・マンス」も今月で9回目です! 先月はキレのあるFebbのラップが帰って来た、GRADIS NICE & YOUNG MASによる共作『L.O.C -Talkin About Money- 』、そして先日の日本での初ライヴを披露したNY在住の日系若手ラッパー・MIYACHIを取り上げました。そしてもちろん今月は、全てのヒップホップ・ヘッズたちが待ちに待ち焦がれたPUNPEEのファースト・アルバム『MODERN TIMES』特集! 斎井によるレヴューの熱量もかなり高めに仕上がっております! ぜひ一読を! みんな待ってた! 待望のソロ1st!!PUNPEE / MODERN TIMES'【収録曲】1. 20572. Lovely Man3. Happy Meal4. 宇宙に行く5. Renaissance6. Scenario (Film)7. Interval8. Prid
by 斎井 直史