あどけなくも凛とした“少女のリアル”――白波多カミン、ノイズ、アバンギャルド界の大御所多数参加のミニ・アルバムをハイレゾ・リリース

京都出身のシンガー・ソングライター、白波多カミン。“初音階段”での、初音ミクのコスプレ・ヴォーカリストとしてご存知の方も多いでしょう。今回リリースとなるのは、なんと3年ぶりとなるミニ・アルバム。キュートなルックスから生み出される、繊細で切ない少女のうた。バック・ミュージシャンには奇形児、非常階段、ミドリなど、ノイズ・アバンギャルド界のトップ・ミュージシャンが参加し、作品に色を添えます。さらにジャズの巨匠、サックスの坂田明が参加。このSAXの音色は、本当に素晴らしいので、是非ともハイレゾで酔いしれていただきたい1枚です。また、彼女は、なんとメジャー・デビューが決まっています。なので、これから、どんどん大きくなっていくので、振り落とされないようについていきましょう。アイドルの次は、彼女ですよ。

インタヴュー : 飯田仁一郎
文 : 長島大輔

白波多カミン / くだもの

【収録曲】
1. 予感
2. あたまいたい
3. わたしの東京
4. Tel.
5. くだもの

【配信価格】
alac / flac / wav(24bit/48kHz) : 単曲 200円 / アルバム購入 800円
mp3 : 単曲 150円 / アルバム購入 600円



くだもの(MV)

INTERVIEW : 白波多カミン

物事がおもしろく転がっていく可能性があるのが良いなって

――メジャー・デビュー決定、おめでとうございます! カミンさんはずっとプロのミュージシャンを目指していたんですか?

音楽だけをして生きていきたいっていう気持ちと、ほかの仕事をしながらでも自分の歌が歌えるならいい。っていう気持ちと、ずっと半分半分だったんですよね。で、私は京都で巫女さんをやっていたんですけど、その巫女さんを辞めようと思ったのが、「やっぱり私は歌がもっと歌いたい!」って感じたからなんです。巫女さんってイメージよりも忙しい職業で、なかなかライヴもできなかったですし。それで、「よっしゃ、とことんやってやる!!」と思って、その頃から本気でプロを目指すようになりました。

――京都から東京に出てきたのには何かきっかけがあったんですか?

巫女さんを辞めたあと、大阪のベアーズによく出入りしてました。自分のライヴも見に行くのもベアーズが多かった。そこでたくさんのアンダーグラウンドのミュージシャンから影響を受けました。オシリペンペンズとかめっちゃ好きでライブよく見に行きました。そこでふと、自分がやってる音楽を考えたとき、私のうたは、人生が退屈で憂鬱だと感じている高校生とか、家の中で外に出るのがしんどいわとか思ってる中学生(私がそうやった)とかにも聴いてほしいって思って、ずっと京都や大阪にいるより、やっぱり東京って日本の中心やから、自分の音楽をたくさんの人に聴いてもらえる機会が多いのではないかと思って引っ越してきました。

――なるほど。どうですか、東京は?

早い。全部が早い。3倍くらい早い! 京都が1回転してる間に東京は3回転してるから、3倍時間が過ぎてるような気がします。とにかく人が多いし、それだけ物量もすごいし。しばらくはびっくりの連続でした。

――楽しめてますか?

楽しいというよりも、物事がおもしろく転がっていく可能性があるのが良いなって感じですかね。東京に出てくるまでは、電車がパンパンになるまでぎゅうぎゅうに押し込められる感じとか、おかしいやんって思ってたんです。まあ、いまでもおかしいやんって思ってるんですけど(笑)。でも、それだけ人がたくさんいて、いろんな人と出会う可能性があるっていうことだから、それはすごい利点だなと思います。いくらインターネットが発達したとはいえ、すぐに直接会えるっていうのはぜんぜん違うなと。だからみんな集まってきて余計パンパンになるんだなってわかりました(笑)。不思議な街やと思います。

――今回のアルバムにも、「わたしの東京」って曲が入ってますよね。あれはカミンさんの東京への思いをそのまま歌ってるんですか?

引っ越しする日に京都から東京へ来る夜行バスに乗っているときに思いついた曲なんですけど、東京への思いというよりも、もっと漠然とした空気とか気持ちとかを言葉にしたって感じです。この曲は個人的な物語の曲ですが、見えてくるシーンをひとつひとつ描写して、その時の香りを閉じ込めて、真空パックしたというか。正直、東京ってものが何かってわかってない状態で作りましたね。「わたしの東京」って言ってしまってるんですけど(笑)。

――なるほど。どういうきっかけで曲ができますか?

いろいろなんですけど、言葉とか物語のアイディアからできることが多いですね。もしくは風景とか写真とか、そういうのが先に浮かんだり。

――カミンさんの歌う世界ってちょっと毒がありますよね。

それは嬉しいですね。毒というか、聴いてる人の心の底に触れたいという欲求があるんだと思います。外側よりも中に触れていきたい。聴いてる人をちょっと痛い目にあわせたいというか。音楽とか映画を見ていても、ハッとする瞬間が好きなんです。赤の他人が作ったものなのに、まるで自分のことのように感じるときに、生きてるって感じがする。そういうことがやりたいんですよね。

――表層的なことを歌うんじゃなくて。

そうですね。たとえ表層的な歌詞だとしても、やっぱり深いところまで表現できていないと、いまの自分が歌う意味はないかなと思います。

「女の子であることとどう戦うか」みたいなところが似てるのかなあと思います

――弾き語りを始めた頃って、どんなアーティストを聴いていたんですか?

あの頃はくるりの『さよならストレンジャー』ばっかり聴いてましたね。あとは、椎名林檎、ゆらゆら帝国、Blankey Jet City、サニーディサービスとか。洋楽だとoasis、ニルヴァーナ、ツェッペリン、ジミヘン。そのころ歌詞で影響を受けたのは、岸田繁さん、坂本慎太郎さん、浅井健一さんです。あとは、俳句が好きでよく読んだり作ったりしていました。俳句の影響は大きいです。言葉で写真を撮る感じ。実際起こっていない事でも言葉を選んで配置すれば、そこにきちんと存在するんです。文学やったら、谷川俊太郎、澁澤龍彦、太宰治とか。

――けっこうメジャーどころなのが意外です。でも、今回のアルバムに参加してるのって、奇形児、非常階段、ミドリとか、アングラ界のトップランナーたちじゃないですか。しかも、サックスで坂田明まで参加しているとか…

坂田さんとやりたいっていうのは完全に自分の欲求ですね。正直に言うと、もともといわゆるサックスの音って苦手だったんです。ぶいぶいしてるっていうか(笑)。でも、非常階段と私と坂田さんでノイズのセッションをする機会があったんですけど、そのときに坂田さんが吹かれた「赤とんぼ」が素晴らしくて、隣から聴こえてくる坂田さんのサックスの音にすっごい鳥肌が立って。自分の作品でも絶対吹いてほしいって思いました。


JAZZ非常階段(SAX 坂田明)

――そうだったんですね。あとは、ハジメちゃん(※ミドリのキーボーディスト)がピアノを弾いているのを聴いて、ミドリの世界とカミンさんの世界って、離れているようで実は似ているのかなと思いましたね。

そうかもしれないですね。こういうことを言うとおこがましいけど、「女の子であることとどう戦うか」みたいなところが似てるのかなあと思います。

――なるほど。カミンさんにとって「女の子であること」は重要なテーマ?

神社で働いて、古いしきたりの中で仕事をすることを経験したので、男の人との差を感じることが多くなったんです。それと同時に、自分が女の子であることを強く意識するようになって。そこをいかに破っていくかはひとつのテーマだと思います。「女やからってなめんなよ」みたいな。

――そういう気持ちが歌になる?

自分の中にいったい何があるのか、みたいなことを掘り進めていく過程が歌になります。だからけっこう突き詰めていくんですけど、それと同時に、「どうせ死ぬから大丈夫」っていう思いもあって。自分たちは短い時間しか生きられないんだから、好きなように生きて死ぬだけというか。実は「くだもの」っていうアルバム・タイトルもその辺と関係しているんですよね。くだものって、自分の中に種を持っていて、土に落ちたら腐って栄養になって、でも種が育ってまたくだものになって… っていう長い長い時間を持っているものだと思うんです。私もそんな長い時間を曲に込めたいなと考えています。

――長い時間を表現したい?

そうですね。今回のアルバムには「Tel.」という短い曲が入ってるんですけど、それは本当に30秒くらいのことを歌った曲なんです。でも、その先にはずっと続くストーリーがあるというのがわかる。そういう長い時間を表現したいんです。私と君が出会って、2人で育てたくだものを食べる。2人はいつか死んでしまうけど、くだものは種になってずっと続いていく、というか。

濃ゆい部分をぎゅっと絞ったようなアルバムになりました

――今回のミニ・アルバムを作ることになった経緯を教えてください。

前作からけっこう時間が空いてしまって、曲もいっぱい溜まっていたので、メジャーで出す前にインディーで1枚出しておきたいなと思って。濃ゆい部分をぎゅっと絞ったようなアルバムになりました。

――じゃあ、曲が最初にあって、そこからメンバーを集めていって… という感じ? ほぼセルフ・プロデュースですよね。

そうですね。アレンジも自分で「こういうふうにしたい」っていうのを出しました。とはいえ、メンバーの方たちがすごいアイディアをいっぱい出してくれるので、すごく頼りましたね。この辺りで入ってきてくださいとか、ここでギターお願いしますとか、ここはピアノがいいです、みたいなことは言いましたが、個々のフレーズはすべてメンバーさんのアイディアです。総合プロデュースのJOJO広重さんも重要ポイントで的確な意見をくださいました。

――「予感」とか「くだもの」って曲の構成がしっかりしてるじゃないですか。あれもメンバーと一緒に決めたんですか?

たとえば「予感」では、1番は弾き語りで2番からはバンドでみたいな構成は私が考えました。あとは、ギターソロはこうしてくださいとか、ここでこういうふうに入ってくださいとか、そういう全体的なことは私のアイディアです。メンバーのみなさんが白波多カミンのうたを最優先に考えてくださって、一つ一つの曲をすごく大事にしてくれました。この曲はこうなりたい! という願いをきちんと叶えていただきました。本当にありがたいですね。

――それはすごく感じました。個性的なメンバーがそろっていて、たしかにアンダーグラウンドの匂いはするんだけど、じゃあ具体的にどこがアンダーグラウンドなのかっていうと、不思議とそういう部分がないんですよね。

そうですよね。たぶんすっごい考えてくれはったと思います。非常階段の岡野さんにドラムを叩いていただいたんですけど、最初、すごいかっこいい音で叩いてくれはって。でも、もうちょっと優しく叩いてくださいとか、注文をたくさんつけました(笑)。非常階段の岡野さんにもっと優しくってのも、おかしいやろって感じなんですけど(笑)。

――カミンさんの世界を出そうと大御所たちががんばってくれたんですね。

その気持ちがすっごい伝わって嬉しかったです。

――最後に、ミュージシャンとしての目標を聞かせてください。

夢は武道館です。しかも生声で。

――生声はさすがに無理だと思います(笑)。

そうかな? やるつもりでいます。自分の歌に導かれて人生が決まっていってる感じがあるので、これからどうなっていくのか、自分でも楽しみです。自分の人生を歌うというよりは、歌のほうが先をいっている感じなんですよね。歌のほうが自分よりも偉いんで。

――それはおもしろいですね。

はっきりしたヴィジョンを持つのも必要だと思うんですけど、そのときそのときで面白いと思ったことを一生懸命やるのが自然なことだと思います。大きいところで人に囲まれて歌うのも、小さいところでマイクなしで歌うのも、どっちも好きなので。あとは歌任せで、私は歌に付いていくだけというか。

白波多カミンが初音ミクに!? 初音階段の作品はこちら

初音階段 / 恋よ、さようなら

非常階段がボーカロイドとコラボするユニット「初音階段」、その洋楽編がついに登場。前作「からっぽの世界」では邦楽のベストトラックを過激にカヴァーしていたが、今回は全曲懐かしの洋楽ヒットを、今年、VOCALOID3用に新たに開発された英語の音声ライブラリを駆使し制作。しかしそこは非常階段、ひとひねりした通常の洋楽ではなくプログレやパンク、カルトな名曲をセレクト。もちろんボーカロイドのアンニュイで可憐なボーカルと轟音ノイズの融合も健在。話題騒然のアルバムになること必至!

>>特集ページはこちら

初音階段 / からっぽの世界

ノイズとボーカロイド禁断のコラボ! 初音階段が遂にフル・アルバムをリリース!!! 世界に誇るキング・オブ・ノイズ、“非常階段”と“ボーカロイド”という禁断のコラボ『初音階段』が本格始動! 今年1月に1stアルバム『初音階段』リリース以降、大きな話題となり今だロング・セールスを記録する中、遂にフルアルバムが完成! 今作は全曲カヴァー! J-POPからフォーク・ソング、アニメ・ソング、洋楽まで幅広いセレクトとなった全12曲! 他のボカロ作品とは一線を画す世界で唯一無二の“ボカロ・ノイズ”を体感せよ!

>>特集ページはこちら

非常階段 starring 初音ミク / 初音階段

世界に誇るキング・オブ・ノイズ、非常階段が、遂に初音ミクと夢のコラボレーション!! そして遂にボーカロイドを使用したバーチャル・アイドル“初音ミク”とのコラボレーションが実現!!! その名も“初音階段”として作品をリリース。ボーカロイド作品でも初のノイズとのコラボ、これは音楽史にも残る歴史的作品の登場!!

LIVE INFORMATION

2014年4月16日(水)@代々木 ミューズ音楽院
2014年4月24日(木)@新宿LOFT
2014年4月23日(水)@渋谷アップリンク
2014年5月1日(木)@秋葉原CLUB GOODMAN
2014年5月17日(土)@難波タワーレコード
2014年5月18日(日)@京都 ライヴサーキット“いつまでも世界は…''
2014年5月19日(月)@難波ベアーズ
2014年5月23日(金)@タワーレコード渋谷店

PROFILE

白波多カミン

京都生まれ。2009年からソロ・シンガーとして活動開始。2011年にギューンカセットより「ランドセルカバーのゆくえ」でインディーズ・デビューし、好セールスを記録する。2012年、初音ミク音源を使用した非常階段のユニット「初音階段」のライヴにおけるコスプレ・ボーカリストとしても活動を開始しこれまでに3作品を発表。その完璧なコスプレとキュートなルックスが話題になり一気にブレイク。2013年より活動拠点を東京に移し、2014年末にはメジャー・デビューも決定している。

>>OFFICIAL HP

o

 
 

インタヴュー

渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事