INTERVIEW : 初音階段

ノイズ・バンドの重鎮、非常階段と初音ミクとのコラボレーションは、今年1月に非常階段 starring 初音ミク名義で『初音階段』をリリースしたことからはじまる。その後、”初音階段”名義でFREE DOMMUNEやMETEO NIGHTなどのフェスにも出演。その特異な音楽性だけでなく、強烈なノイズを鳴らす非常階段のメンバーの真ん中で、まるで2次元から降臨したようなかわいらしい初音ミクのコスプレをした白波多カミンが歌うというパフォーマンスに度肝を抜かれた。そんな初音階段が、まさかにして待望のフル・アルバムをリリース。そのなかには、ノイズとポップス、歌謡曲の融合などという言葉では表現できない、新しい世界が広がっていた。突き上げてくるような刺激的なノイズと情緒的なメロディに、たまらなく感情を揺さぶられる。

もはや非常階段よりも活発なのではないかと思えるくらい、勢力的な活動を見せる初音階段。彼らはいま、いったいなにを思い、今後どこへ向かっていくのか。JOJO広重とT.美川のふたりに話を訊いた。飛び出してきたのは、海外でのライヴの予定や、構想している次回作の話など。現在進行形で作られている伝説は、我々の想像をさらに超えて進化していく。

インタヴュー&文 : 前田将博
撮影 : 雨宮透貴
撮影協力 : METEO NIGHT 2013

左から JOJO広重、白波多カミン


初音階段 / からっぽの世界

【配信価格】
mp3 単曲 150円 まとめ購入 1,500円
HQD(24bit/48kHzのwav) 単曲 200円 まとめ購入 2,000円

【Track List】
1. 人のいない島 (佐井好子)
2. 夜明けまで離さない (頭脳警察)
3. 虹とスニーカーの頃 (チューリップ)
4. カントリーロード (本名陽子)
5. 時をかける少女 (原田知世)
6. 炎のたからもの (ボビー)
7. 残酷な天使のテーゼ (高橋洋子)
8. 手紙 (由紀さおり)
9. YES-YES-YES (オフコース)
10. サンデーモーニング (ヴェルヴェット・アンダーグラウンド)
11. からっぽの世界 (ジャックス)
12. 白い目覚め (裸のラリーズ)
13. Bonus Track (※まとめ購入限定のシークレット・トラックとなります。)




非常階段 starring 初音ミク / 初音階段

【配信価格】
mp3 単曲 150円 まとめ購入 600円
wav 単曲 200円 まとめ購入 800円

【Track List】
1. やさしいにっぽん人 / 2. タンゴ / 3. 不完全な絵画 / 4. hatsune-kaidan

左から T.美川、白波多カミン、JOJO広重

白波多カミンとのコラボレーションのはじまり

ーー初音階段はノイズとボーカロイドのコラボという発想自体が画期的ですが、ライヴもすごい衝撃的ですよね。2月に秋葉原グッドマンでおこなわれた初ライヴを観たときに、非常階段のメンバーのなかに初音ミクの格好をした白波多カミンさんがいるという絵面に、まず度肝を抜かれました。

JOJO広重(以下、JOJO) : アルバムを出したからせめて1回はライヴをやろうと思ってたんですけど、そのときにやっぱりビジュアルとして初音ミクが欲しいなと思って。それで、映像をスクリーンに投射しようかとか、本家がやってるホログラムとかを考えたんですけど、そんな素材も技術も金も僕らには無い。そのときに、コスプレした女の子を立たせるのもありかなって思ったんです。で、白波多カミンちゃんが全然別のイベントで「けいおん!」のコスプレをしてて可愛らしかったので、「こういう企画があるんだけど初音ミクの格好をして出てくれませんか?」て訊いたら、「ぜひやりたい」て言ってくれました。

ーー衣装なんかは、どうやって決めたんですか?

JOJO : 僕は衣装のことは全然わからないですから、もともとコスプレの趣味があった彼女に探してきてもらって。それでふたりでまんだらけに行ったんですけど、7,800円のものは安っぽくて、大量生産品て感じなんですね。キャパクラの人が着るコスプレ衣装みたいな。彼女が選んだのは、手づくりでちゃんとしてるやつだったんですけど、3万5,000円くらいするんですよ。

ーー本格的な衣装だったんですね。

JOJO : 彼女も「やるならちゃんとやりたいです」って言ってくれていたんですが、発売記念で1回だけのライヴで使うのに、カツラもあわせて4万円以上かかるのはどうなんだろうって思って。でも、カミンちゃんの顔見たら、ここでケチったら俺の評価が下がるなとか、女の子の前でいいかっこうしたいとか、いろんな気持ちがせめぎ合って(笑)。

一同 : あはははは。

JOJO : でも、やっぱりどうせやるんだったらちゃんとやった方がお客さんも楽しめるだろうってことで、思い切って買ったんです。店のお姉さんに「何に使われるんですかって? 」って訊かれたんですけど、どう考えても若い女の子に騙されたおっさんが奢らされてる図でしたね(笑)。

ーーお店の人から見ても、JOJOさんとカミンさんは不思議な組み合わせでしょうね(笑)。でも、その甲斐あってか、実際のライヴでもまったく安っぽさやコスプレっぽさは感じなかったです。

JOJO : 幕が開いたら、「おー」っていう歓声があがって、良かったって思いましたね。あのときに、「へー」みたいな感じだったら、カミンちゃんにも申し訳ないですから。でも、彼女が楽屋で着てくれた時点ですごくかわいかったので、大丈夫だとは思いましたけど。やらされてる感もないし、彼女ががんばってくれてたんですよね。

ーーライヴ自体も、お客さんを含めてかなり熱の籠った素晴らしい内容でしたよね。

JOJO : そうですね。あの2日後くらいに、美川さんと僕とカミンちゃんの3人でDOMMUNEに出たんですよ。そのときの演奏も良かったんですよね。カメラ・アングルもすごく良かったので、あれで一気に認知度が広がった感じがします。ライヴに来ていたのは100人くらいだったんですが、DOMMUNEは1万人くらいは観てるでしょうからね。

ーーそのあたりから、もう少しこのプロジェクトを続けていこうと思ったんですか?

JOJO : DOMMUNEのあと、すぐに初音階段でのライヴのオファーが来たんですよ。でも、前のCDに入っているのは歌ものが2曲とノイズのコラージュだけなので、それではライヴはできないんですよね。それで、どうせやるなら曲を増やしてもう1枚アルバムを作ろうって。そのときに、レーベルの方と曲をアレンジしてもらう若いボカロPの方と、今回のアルバムのプランをミーティングして、候補の曲をあげて作っていただいたんです。

ーーでは、ライヴのオファーが来たことが継続するきっかけになった。

JOJO : そうですね。そこでもうちょっとライヴ活動をやってみるかっていうイメージができました。ただ、いまでも延々とやるつもりは別になくて、まあできて1~2年くらいだろうっていうスタンスでいますね。何年もこれを続けていくつもりはいまのところはないです。意味がなくなってきちゃいますからね。同じものをやっていると僕らも飽きてくると思うので。

アレンジの変化は、僕らがボーカロイドを理解したっていうのも大きい

ーーそうなんですね。いまの活動を見ていると、非常階段と比べて、フェスなどの大きな舞台を選んで活動しているように思うんです。だから、もう少し大きくしていこうという思いもあるのかと思っていました。

JOJO : 大きくしようというよりは、大事にしているんですよね。例えば、通常のライヴ・ハウスでやるブッキングのライヴへのオファーは、基本的には受けないつもりにしてて。やるときは自分の主催のイベントか、大きめのフェスみたいなものにしようとは思っています。僕らとしても、普通のバンドのなかのひとつじゃなくて、少し特別なユニットとしてやってる感じなんですよ。やっぱりちょっと擦り減るというか、あの形態のライヴを月に何回もやっているとやってる側も飽きてきてしまうと思うんです。ほかにあるようなキャラクターではないので、こっちも効果的に使いたいし、イベントでも効果的に使っていただければと思っています。

ーーライヴをやるにあたってアルバムを作ることになったとおっしゃっていましたが、そもそも階段シリーズのスタジオ音源をリリースすること自体が異例のことですよね。

JOJO : 階段シリーズでレコーディングをしたのは、この前のBiS階段がはじめてですね。だから珍しいことですよね。そもそも、さっき言ったように僕らが曲を作っているわけではなくて、ボカロPの方が作っているわけですから。前回やったときにそれが面白いなって思ったんですよね。そういう作品を作っていくなかで、もっとほかにもやり方があるんじゃないかって浮かんだんです。そのひとつは日本の歌謡曲、ロック、ポップスなどで、僕たちの心にちょっとひっかかってる曲。できればいまのヒット曲や、いまのバンドではなくて、ちょっと前の70~80年代に僕たちが聴いてきた曲を並べたいなって思って。それでこういう選曲になってるんですよね。

ーーそういう意味では、緑魔子とJAGATARAをやった前作とも繋がっていますよね。ただ、前作はポップスのなかにノイズが突発的に鳴っているようなアレンジだったのに対して、今回はもっと融合しているように感じたんです。全編に渡ってノイズが流れているのにポップさは失われていない、本当に独自の世界観になっていて。だから今回の名義は、初音階段になったのかなと思いました。

JOJO : そうですね。僕らがボーカロイドを理解したっていうのも大きいと思うんですよね。前回は本当に手探りだったので。

ーー初音階段の原曲となっているフォークや歌謡曲は、ノイズとの親和性が薄いイメージを持っていたんですけど、完成されたものはすごい自然に聴こえますよね。それはやっぱり、もともとJOJOさんが持ってる要素が強い曲を選んでいるからなんですかね。

JOJO : 僕を構成してる曲って言ってもおかしくないですからね。こういう曲を聴いて、僕はいいと思ってやってきたんだよっていう。一番新しい「残酷な天使のテーゼ」でも、もう20年近く前の曲ですからね。

ーー「残酷な天使のテーゼ」は、この並びで見ると少し浮いている印象があったのですが、JOJOさんのなかではあまり区別していない?

JOJO : 「エヴァンゲリオン」自体がもともと内省的でナイーブな作品じゃないですか。そういう意味で、僕は本当に昔の音楽しか聴かないかっていうとそういうわけではなくて。「エヴァンゲリオン」も放映当時に観ていたし、やっぱり「風立ちぬ」がやれば観にいきますから(笑)。あと、オフコースとかチューリップとかは、みんなちょっと忘れてる存在だと思うんですよ。いまの20代30代の方はまず聴いてないですよ。そういう人たちに、こんなにいい曲があるんだよって聴かせたい。ちょっと振り返ってほしいっていう気持ちはあります。そこにノイズが入ることによって、叙情性やせつなさが強調される。そこを楽しんでほしいですね。

音楽の側からノイズを取り込みにきてるわけではない

ーー美川さんがOTOTOYのノイズ特集のときに、BiS階段や初音階段に関して「向こうに利用されるのではなくて、こっちの世界に入り込んでもらってうまく使いたい」とおっしゃっていましたが、このアルバムではまさにそれが体現されていると感じました。

T.美川(以下、美川) : 僕はノイズはノイズとしてやりたいっていうのが勿論あるんですが、BiS階段にしても初音階段にしてもやっててすごく面白いんです。おっしゃっていたようにいままでと傾向が違うというのはあります。BiS階段は原曲がノイズに馴染むような曲ですけど、初音階段は普通に考えたらノイズに合わないような曲を選んでいますよね。それで、出来上がってくるものが新しいものになっているなっていうのは自分でやっていても思うので、それはもう音楽の側からノイズを取り込みにきてるわけではないんだろうなと思います。

ーー向こうに寄り添うのではなくて、ノイズはノイズとして明確に存在していますからね。これまでの非常階段の流れからも逸れていない。

JOJO : そこは自信を持って言えるところですね。メロディを弾いてるわけでもないし。誰もやっていない最新の音楽になると思って、ボーカロイドやBiSとやってる。こっち側が利用させてもらってる感じなんですよね。

ーーそういう意味では、どんどんほかのものを吸収して突き抜けていってる印象があります。

JOJO : はっきり言ってむちゃくちゃですからね。こんなのほかにあるかって言ったら世界中探してもないですよ。初音ミクのコスプレをした女の子が居て、初音ミクの曲がバックに流れてツイン・ヴォーカルをやってて、しかもその後ろでおっさんふたりがノイズをバリバリやってる。これはなんだろうって、演ってても思いますよ(笑)。僕も演奏してて笑みがこぼれてくるんです。BiS階段とか初音階段は、音楽とかノイズとかロックとかなにひとつ説明できないものになってる。でも面白い。それはもう、常識を越えてると思うんですよ。

ーーアイドルや初音ミクとコラボすることで、ノイズを不特定多数にまで広げようという考えはないんですか?

JOJO : それはないですね。BiS階段でライヴをやってBiSのファンがいっぱいきて、WWWはいっぱいになるでしょう。でも、美川さんのソロや僕たちの次のライヴが500人になるかっていうと、そうはならないですよ。その現実を充分に僕たちはわかってる。ただ、BiS階段のアナログなんかを先行で買ってるような人たちに訊くと、やっぱりものすごいとか、こんなものはいままでなかったっていう反応はすごく来ているので、ある程度たくさん音楽を聴いているようなマニアックな人たちには割と通じているのかもしれないですよね。1番わかってないのは、「こんなの誰でもできるじゃん」とか、「楽曲流してノイズを流しているだけじゃん」って言ってるやつらですよね。社会の底辺で搾取されるのはお前らみたいなやつらだって感じです(笑)。

ーーちなみに、初音階段として今後またアルバムを作る可能性はありますか?

JOJO : 今回はベルベット・アンダーグラウンドだけ洋楽なんですけど、次に出すとしたら洋楽だけで全部まとめたいですね。キング・クリムゾンとかスラップ・ハッピーとか、女性ヴォ―カルでメジャーなものもあり、マニアックなものやプログレもありっていうのをやれればいいなと思っています。

ーーそれは、世界を視野に入れた活動として。

JOJO : そんなにたいそうなものではないですよ(笑)。ただ、もし海外に発信されて海外のニーズに触れるようになってきたら、すごく話題になりますよね。BiS階段にしても初音階段にしても。アイドルとボーカロイドとノイズって、日本を代表する文化じゃないですか。それが全部セットになっているわけですから。エンターテイメントとしても楽しめるし、アバンギャルドなわけのわからない要素もある。しかも、かわいい女の子がなんかよくわからないことをやってるっていうのは、すごいインパクトがあると思うんですよね。そういう意味では、国内で大きいものになろうとは思ってないですけど、全世界にまわればトータルで10万枚とかになる可能性もあるのかもしれませんね。

美川 : 初音階段は、今度ロンドンに行きますからね。

ーーもうライヴも決まっているんですね! それはどういうイベントなんですか?

美川 : Multiple Tap」っていうイベントなんですけど。ロンドンに日本のインプロ系のシーンに関わってる人がいて、やっぱりこういうシーンは世界的に見ても特異なシーンなので、どうしても日本のミュージシャンとそのシーンをまるごと向こうに持っていってイベントをやりたいと。それで、ロンドンのCafe OTOっていうインプロ系のライヴ・ハウスみたいなハコで、2月の22日と23日にやることになったんです。それに最初は僕が呼ばれてたんですけど、せっかくなので非常階段で行こうと。くわえて、カミンちゃんも行くというので。

JOJO : じゃあ初音階段もできますっていうね(笑)。

ーーイベント自体がかなり特殊なんですね。そこに初音階段として出ることの意味は大きそうですね。

JOJO : 大きいですね。やっぱり海外の人も注目はしています。PVなんかも観ているみたいで、「JOJOは初音ミクと本当にやってるのか」とか、ライヴ写真を見て「これは合成なのか」とか。なかなか現実として理解してもらえない、信じられないんですよね。それだけインパクトは大きいです。BiS階段にも唖然としてる感じで。だから、海外にどれだけ出られるのかはわからないですけど、来年は海外のマーケットに関しても初音階段やBiS階段は挑戦してみたいですね。そこでひとつの日本の音楽の可能性みたいなものが感じられればいいですね。

ーーもしそこで想像を超えるような広がりがあったときは、初音階段は続いていく可能性もあるのかもしれないですね。

JOJO : そういうふうには思っていますね。ただ、どちらにしろ、いまのJ-POPのカヴァーをカミンちゃんのボーカルでやるっていうスタイルは、そう長くは続かないという予感がしていますね。初音ミクじゃなくてほかのキャラクターに変わるかもしれないし。だから、いまのうちにお楽しみください。いまが旬ですよと。

ーー10年後には伝説になっているかもしれないですね。

JOJO : そうですよね。君はあれを観てたのかって。BiSの(ファーストサマー)ウイカちゃんが言ってたんですけど、もうちょっと歳をとってから振り返ったときに「これが自分たちにとってのはじめてのノイズ体験だったんだ」って言う世代が出てくるかもしれないねって言ってて。まさにそのあたりを目指してる気がしますね。

関連作品はこちら

非常階段 / Live at Akihabara Goodman,Tokyo,February 2nd,2013

キング・オブ・ノイズと称される、世界初のノイズ・バンド、非常階段のライヴ音源をDSD 5.6MHz配信! ゲストに坂田明、白波多カミン、初音ミク(!?)らを迎え、秋葉原で行われた狂乱の一夜をDSD録音しました。その場でしか起こり得ない「ライヴ」の生々しさ。至高のノイズを極上の音質で。「聴く」というよりも「浴びる」、「音楽」というよりも「体験」。77分間、めくるめく音の洪水を、肌で感じていただきたい。

>>特集ページはこちら

白波多カミン / ランドセルカバーのゆくえ

1988年京都市生まれ。シンガー・ソングライターであり、巫女でもある。小5でギターを触る。高校時代、名簿ひとつ後ろの女の子とユニット「衝突ランドセル」を組み、合作で曲を作る。楽器はチェロとギター。大学で組んだ3ピース・バンド「つのかくし」でギター・ボーカルを担当。2009年ソロ活動開始。京都、大阪を中心にギター、ピアノ、ドラムなどで弾き語りライヴを精力的に行なう。同年、宅録音源『empreinte』を発表。2011年巫女になる。2011年11月1stアルバム『ランドセルカバーの行方』を発表。バンド・サウンドを中心にピアノ弾き語りや、ギターとバイオリンの楽曲など多彩な楽曲を収録。巫女シンガー・ソングライター現る。

>>特集ページはこちら

BiS階段 / BiS階段

世界初のノイズ・アイドル・バンドのファースト・アルバム!!!! アイドルの価値観をブチ破る、既成の概念に囚われない無軌道な活動が話題のオルタナティヴアイドル"BiS"と、大音量+即興演奏という基本コンセプトのもと四半世紀以上に渡りノイズ演奏を続ける"非常階段"。この両アーティストが"BiS階段"を結成!! BiSのお馴染みの楽曲が非常階段の手により新たな進化を遂げた!! また、新録楽曲として戸川純「好き好き大好き」のカヴァーも収録。

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

MultipleTap
2014年2月22日(土)、23日(日)@Cafe OTO(ロンドン)

出演 : ドラびでお / 非常階段(JOJO広重、JUNKO、T.美川) / JOJO広重(from 非常階段) / 美川俊治(from Incapacitants、非常階段) / JUNKO(from 非常階段) / 初音階段(JOJO広重、T.美川、白波多カミン) / 河端一(from Acid Mothers Temple) / 中村としまる / 秋山徹次 / 伊東篤宏 / 田中悠美子 / 若林美保 / 石川高 / 大城真 / PINJERK / 川口貴大 / 毛利桂 / 康勝栄

>>詳しくはこちら

PROFILE

初音階段

世界に誇るキング・オブ・ノイズ"非常階段"と"ボーカロイド"という世界でも類を見ない夢のコラボレーション­を実現した"初音階段"。2013年1月に『初音階段』で鮮烈のデビュー。直後にDOMMUNEにも出演し大きな話題となり、その後、精力的にライブ活動をスタートしバンドとして本格始動する。

>>Facebook : 初音階段

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
筆者について
前田 将博 (純三)

V系生まれハロプロ育ち、aikoは俺のファムファタル。 Twitterは @junzo99 です。

同じ筆者による他の記事