11名の“俯瞰派”たちはどう読み取った?──3776『公開実験《LINK MIX》』ハイレゾ配信!

静岡側からだけではなく、山梨側からのアプローチも加わり「リンクアイドル」として活動する富士山ご当地アイドル・3776が『公開実験《LINK MIX》』をリリース。今作は6月にリリースされた『公開実験《山梨版》』、『公開実験《静岡版》』を直枝政広(カーネーション)、掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)ら11名がミックスを加えた音源なのですが、そもそも《山梨版》とか《静岡版》とか《LINK MIX》ってなんだ? ってなっている方も大丈夫! こちらのレヴューを読んでいただければこの音源の面白さが伝わるはずです! OTOTOYでは24bit/96kHzのハイレゾ音源、限定ボーナス・トラック付きにて好評配信中ですので、まだの方はこのレヴューを読んですぐ音源のチェックを!

《MONO x MONO》のMIXはOTOTOYのみ!!

3776 / 公開実験《LINK MIX》

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 162円(税込) / アルバム 1,890円(税込)

【収録曲】
01. 見えない《LINK MIX》Case of イトウヨシノリ
02. 桃としらすの歌《LINK MIX》 Case of S.A.L. as ROMANTIC PRODUCTION
03. 見えない《LINK MIX》 Case of OTONARISOUND
04. もうちょっとおやすみ《LINK MIX》 Case of 西中島きなこ
05. 桃としらすの歌《LINK MIX》 Case of ひろし/せまし
06. 私のものです!《LINK MIX》 Case of skddj
07. 見えない《LINK MIX》 Case of フカヲ
08. 私のものです!《LINK MIX》 Case of 直枝政広
09. もうちょっとおやすみ《LINK MIX》 Case of 掟ポルシェ
10. 桃としらすの歌《LINK MIX》 Case of motan
11. 見えない《LINK MIX》 Case of 永田壮一郎
12. 私のものです!《MONO x MONO》
13. もうちょっとおやすみ《MONO x MONO》
14. 桃としらすの歌《MONO x MONO》
15. 桃としらすの歌《MONO x MONO》


《LINK MIX》を聴く前にまずはこちらを!!

3776 / 公開実験《静岡版》

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 162円(税込) / アルバム 972円(税込)

【収録曲】
01. 私のものです!《静岡版》
02. もうちょっとおやすみ《静岡版》
03. 桃としらすの歌《静岡版》
04. 見えない《静岡版》
05. 私のものです!《静岡版》[Instrumental]
06. もうちょっとおやすみ《静岡版》[Instrumental]
07. 桃としらすの歌《静岡版》 [Instrumental]
08. 見えない《静岡版》 [Instrumental]


《LINK MIX》を聴く前にまずはこちらを!!

3776 / 公開実験《山梨版》

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 162円(税込) / アルバム 972円(税込)

【収録曲】
01. 私のものです!《山梨版》
02. もうちょっとおやすみ《山梨版》
03. 桃としらすの歌《山梨版》
04. 見えない《山梨版》
05. 私のものです!《山梨版》[Instrumental]
06. もうちょっとおやすみ《山梨版》[Instrumental]
07. 桃としらすの歌《山梨版》 [Instrumental]
08. 見えない《山梨版》 [Instrumental]


【REVIEW】3776『公開実験《LINK MIX》』

3776が『公開実験《LINK MIX》』というアルバムを発売した。本作は6月28日に発売された3776 Season#4として初のCD『公開実験《山梨版》』『公開実験《静岡版》』の「LINKモード版」だという。そもそも《山梨版》《静岡版》、そして「LINKモード」とはいったいなんなのか…。

これまで何度か形態を変えて活動してきた3776が、今年5月に3776 Season#4としての活動を開始した。メンバーは静岡担当の井出ちよの、山梨担当の広瀬愛菜のふたり。ライヴは、2つの少し離れたステージで、それぞれがパフォーマンスを同時に行うという実験的なもの。ふたりが歌う楽曲はリンクしており、2つのステージどちらの音も聴こえるポイントでミックスされた音楽を楽しんだり、自身が応援するメンバーのステージの前でどちらか一方を応援したりすることも可能とのこと。「LINKモード」と名付けられたこのライヴ形態において、ふたりは決して同じステージに立つことはないという。その姿勢を体現したかのように、初音源も広瀬愛菜が歌う《山梨版》、井出ちよのが歌う《静岡版》に分けて発売された。

井出ちよの

その「LINKモード」を音源で疑似体験できるのが、今回の『公開実験《LINK MIX》』。「LINKモード」におけるライヴの楽しみ方が観客に委ねられているように、参加した11組のアーティストがそれぞれの解釈でつくりあげた11通りの「LINK MIX」が収録されている。直枝政広、掟ポルシェといったミュージシャンを筆頭に、有名アーティストも手がけるスタジオ・エンジニアなど、さまざまな人たちが《山梨版》《静岡版》に入っていた4曲をミックス。これらはあくまで「聴こえ方の一例」とされている。

収録曲のなかでは4人がミックスした「見えない」が最多。今回はこちらを聴き比べてみようと思う。原曲(この表現は適切ではない気もするが)である《山梨版》《静岡版》の同曲は、全編にわたって存在感を放つ野太いベースの音と、その上をゆったりと浮遊するヴォーカルとギター、そしてさまざまな状況を並べながら前半は「見えない」、後半は「見える」と繰り返す歌詞。これらはどことなく不気味で、ある意味ではホラーのような雰囲気も感じた。

そんな楽曲の4通りのミックスのなかで、もっとも衝撃的だったのはM7の「Case of フカヲ」。イントロをはじめ随所に散りばめられたふたりのささやき声、そしてその声やヴォーカルを強調するかのように削ぎ落とされた、ベースやリズムを際立たせたサウンド。この曲が持つ不思議な中毒性をとことん増幅させているようなミックスだった。M3の「Case of OTONARISOUND」は途中で挿入されるふたりの話し声や叫び声(?)、そして迫りくるノイズ、ライヴを意識したかのように聴こえてくるさまざまな音など、こちらも曲をとおして狂気を感じた。

広瀬愛菜

一方でM11の「Case of 永田壮一郎」はおそらくアコースティック・ギターの音が強調されているせいか、まったく別物のように、特に後半はとてもポップな印象を受けた。コーラスやエフェクトなどで味付けされているとはいえ、主旋律を歌うヴォーカルはどれも変わらないはずなのに、ふたりの歌声もどことなく爽やかに聴こえるから不思議だ。M1の「Case of イトウヨシノリ」はもっともバランスが良い印象で、途中、ヴォーカル・パートが移行するタイミングでバックの音も変化するなど、ふたつのステージを行き来しているような感覚があった。

「見えない」だけでもこれだけの「聴こえ方の一例」があるわけだから、当然のようにほかの曲も個性的なものばかりで、どの曲も聴くたびに新たな発見がある。配信版のみに収録されている、《山梨版》《静岡版》のMONOモードそれぞれをモノラルにして単純にLRに振った「MONO x MONO」ミックスと聴き比べてみるのもおもしろい。しかしこの「MONO x MONO」ミックスが答えというわけでは決してないのが、奥深く、そしてややこしいところ。この「一例」を踏まえつつも、結局は「LINKモード」のライヴを自分自身で体感するまで、答えは見つけようがないのかもしれない。

(Text by 前田将博)


【アーカイブ】3776全国行脚!2017夏・まとめ

3776の過去作品はこちら

LIVE SCHEDULE

毎月第三日曜日に富士で開催されている「いちばの朝市」が、今後「LINKモードの定期公演」の場所のひとつになるかも?
詳細は3776の公式サイトにて今後チェックしてみて下さい。

いちばの朝市
場所 : 岳南富士地方卸売市場(静岡県富士市田島100 )
日時 : 毎月第三日曜日朝7時〜11時(3776の出演は9時頃恒例。今後の出演は未定。)

3776の公式HPはこちら
3776のTwitterはこちら

PROFILE

3776

富士山ご当地アイドル3776。3776の読み方は、「みななろ」。3776は、富士山の標高。2013年6月22日、富士山世界遺産登録と同時にオリジナル曲『私の世界遺産』で本格デビュー。一年間限定の富士宮市制70周年記念アイドルグループ「TEAMMII(チーム エムツー)」の後継グループ。2017年5月3日に「Season#4」というスタイルで活動を再スタートするまでの約2年間は、井出ちよののソロユニットのスタイルとして活動。Season#4は、静岡県在住の井出ちよのに加え、新たに山梨県在住である広瀬愛菜が「LINK」し、お互い同じステージに立つことはないが、音楽はリンクしている、という「リンクユニット」というスタイル。

o

 
 

レヴュー

《12ヶ月連続配信企画、第12弾》──goodtimes、ラストを飾る不器用な彼らなりの愛あるメッセージ
[CLOSEUP]・2018年02月21日・《12ヶ月連続配信企画、第12弾》──goodtimes、ラストを飾る不器用な彼らなりの愛あるメッセージ 10年超のバンド・キャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らの第12弾シングル最終作「終わりを迎えた後のこと」の配信がスタート。この連載は今回で最終回となるが、あなたのこれからへの願いが込められた楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみいただきたい。 goodtimesがあなたに贈る12ヶ月連続配信最終作goodtimes / 終わりを迎えた後のこと'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) 【収録曲】''01. 終わりを迎えた後のこと REVIEW : ラストを飾る、不器用な彼らなりの愛あるメッセージ ついに今回で最後となるgoodtimesの12ヶ月連続配信。今回のシングルは、「終わりを迎えた後のこと」といった失恋後の切なくも優しいラブソング
【REVIEW】Hanah Spring、新たな方向性を獲得した2ndアルバム『Dreamin’』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2018年02月14日・ソウルはどこを目指す?──Hanah Spring、4年ぶりとなるニュー・アルバム『Dreamin’』をハイレゾ配信 2014年、黒田卓也、Kan Sano、吉田サトシといった同世代の才能たちとともに作り上げたアルバム『Handmade Soul』をリリースしたHanah Spring。ジャズ・ミュージシャンの両親を持ち、幼少から音楽によって育まれてきた彼女による『手作りのソウル』は、温かい中にもストイックなまでのグルーヴが感じられ、そこに彼女の歌声が光る一枚だった。そんな彼女が4年の時を経て世に放つニュー・アルバムのタイトルは『Dreamin’』。表現力豊かな歌声でリスナーを夢中にさせてきた彼女が歌う「夢」とはいったいどんなものなのだろうか。待望の最新作をOTOTOYではハイレゾ配信するとともにレビューを掲載。お楽しみください。 4年ぶりのニュー・アルバムHanah Spring / Dreamin’'【配信形態】(ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC)>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲】1. Dreamin’
by 海老沼 孝男
【REVIEW / ハイレゾ配信】フランツ・フェルディナンド、4年半のブランクを経ての新作!
・2018年02月09日・【REVIEW / ハイレゾ配信】今再びUKロックの着火剤となる、フランツ・フェルディナンドの野心と核心 UKロック・シーンの綺羅星、フランツ・フェルディナンドが4年半ぶりの新作『Always Ascending』をリリースした。本リリースまでの間には、2016年にはオリジナル・メンバーでもあるニック・マッカーシーが育児のために脱退、そして2人の新メンバー、ジュリアン・コリーとディーノ・バルドーが加入し5人組へとその体制を大きく変えた。この、バンドの新たなキャリアのスタートとも言える作品では、ダフトパンクの先輩格とも言えるモーターベースやカシウスといった名義でフレンチ・ハウス・シーンを牽引、またはフェニックスやカイドネスといったアーティストを手がけていることでも知られるフィリップ・ズダールをプロデューサーに起用している。それもあってか、彼らの大きな魅力のひとつでもあるダンサブルなサウンドへとフォーカスした作品と言えるだろう。OTOTOYでは本作をレヴュー、そしてハイレゾ配信でお届けしよう! 24bit/96kHzハイレゾ配信Franz Ferdinand / Always Ascending(24bit/9
by 井草 七海
【REVIEW】Taiko Super Kicks、ミニマムに振り切る新アルバム
[CLOSEUP]・2018年02月07日・Taiko Super Kicksがミニマムに振り切る新アルバム──『Fragment』に見え隠れする確信と自信 2015年、限りなくおおらかなメロディーと軽やかな実験精神でインディ・ポップ・シーンにゆらめきをもたらした『Many Shapes』から約2年、Taiko Super Kicksが、待望の新作フル・アルバム『Fragment』をリリースした。新鮮さと懐かしさが混在する不思議なサウンドと、細やかで広がりのあるアンサンブル、どこまでもしなやかに拡張されていくTaiko Super Kicksの音楽はさらなる成長を遂げている。そんな彼らは今作をひっさげて台湾を含む6都市を回るツアーの開催が決定! OTOTOYではハイレゾ配信もスタートします! ひさびさの新作を読み解く、土佐有明によるレヴューとともにお楽しみください。 2年ふりとなるニュー・アルバムTaiko Super Kicks / Fragment'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】1. たたかいの朝2
F.I.X.RECORDSから待望のAQUAPLUSヴォーカル曲集第11弾をDSDで配信開始
[FEATURE]・2018年01月24日・F.I.X.RECORDSから待望のAQUAPLUSヴォーカル曲集第11弾をDSDで配信開始 様々なゲーム作品をリリースしているLeaf/AQUAPLUSのヴォーカル曲を集めた『AQUAPLUS VOCAL COLLECTION』シリーズの第11弾アルバムが、ついにハイレゾ・DSDで配信開始となった。本作には「WHITE ALBUM2 -closing chapter-」 「WHITE ALBUM2 幸せの向こう側」「ティアーズ・トゥ・ティアラII 覇王の末裔」の楽曲が収録されている。OTOTOYではアルバム購入で歌詞pdfつき。歌姫たちの美声を歌詞とともに酔いしれてほしい。 AQUAPLUS VOCAL COLLECTION VOL.11'【配信価格】(左)DSD(2.8MHz)+mp3 まとめ購入のみ 3,240円(右)WAV / ALAC / FLAC(24bit/96kHz) 単曲 324円 / まとめ購入 3,240円【Track List】''1. 時の魔法 -- 小木曽雪菜2. 心はいつもあなたのそばに -- 津田朱里3. closing -- 上原れな4. Routes -- 小木曽雪菜
by 純三
【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第11弾》──goodtimes、主人公への可能性を奮い立たす王道ロック
[CLOSEUP]・2018年01月24日・《12ヶ月連続配信企画、第11弾》──goodtimes、主人公への可能性を奮い立たす王道ロック 10年超のバンド・キャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らの第11弾シングル「ダークヒーロー」の配信がスタート。彼らの魅力にうっとりしてしまう楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみいただきたい。 goodtimes、背中を押してくれる第11弾goodtimes / ダークヒーロー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) 【収録曲】''01. ダークヒーロー REVIEW : 泥臭さ上等。雑草根性で走り抜ける。 12ヶ月連続配信も今回を含め残り2回となった。寂しさが感じられるようになっているあなたは、すっかりgoodtimesの虜になっているはず。2018年になり、goodtimesのスタートは、彼ららしいキャッチーな王道ロックで攻める泥臭さ上等の雑
by ai
【REVIEW】2018年最初の要注目新人登場! 女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信!
[CLOSEUP]・2018年01月10日・確かな才能の萌芽がここに──今後要注目の女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信 すごい新人の登場です! 作詞、作曲、編曲そしてミックスまで一人でこなす、23歳(2018年時)の女性シンガー・ソング・ライター、その名もmarucoporoporo。そんな彼女が初音源となるEP『In her dream』を〈kilk records〉よりこの度リリース。力強くも繊細な歌声と、生楽器と電子音が重なり合う幻想的なサウンドは、デビュー作とは思えない完成度の高さに思わず息を呑むこと間違いなし。OTOTOYでは今作のハイレゾ版を独占配信すると共に、レヴューを掲載。期間限定(2018年1月10日(水)〜1月17日(水)23:59)にて音源のフル試聴も行っておりますのでまずは一聴を! OTOTOYではハイレゾ版を独占配信!marucoporoporo / In her dream'【Track List】01. Sunshine02. Touch the hand03. Dear04. Never let me go05. Little boy and girl【配信形態 / 価格】WAV、A
【REVIEW】誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース
・2017年12月13日・誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース 2013年に2ndアルバム『DAWN』のリリース後、4年間活動を休止していたOvallが遂に再始動。それに伴い新作アルバム『In TRANSIT [Deluxe Edition] 』をリリースする。今作では〈origami PRODUCTIONS〉のファンサイト限定でリリースされたCD『In TRANSIT』の収録曲をメインとしつつ、新曲「Winter Lights」や既発曲のリミックス・ヴァージョンなど全22曲とボリューミーな内容となっている。そんなOvallの新作をOTOTOYでは配信とともにレヴューを掲載する。 4年ぶりの新作!Ovall / In TRANSIT [Deluxe Edition]'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''1. In TRANSIT2. Someday Somewhere3. Mr. Smith 4. Liquid Mental 5. Open Your Eyes
by marvinkei
筆者について
前田 純三 (純三)

V系生まれハロプロ育ち、aikoは俺のファムファタル。 Twitterは @junzo99 です。

同じ筆者による他の記事