リリカルでアイロニカル、自ら「闇ポップ」を掲げるSSWしずくだうみの1stアルバム先行ハイレゾ配信

そのリリカルでセンシティブな独自の世界観でじわじわと注目を集め、自ら「闇ポップ」を掲げるシンガーソングライター、しずくだうみの1stフル・アルバム『都市の周縁』。11月16日の発売に先駆け先行ハイレゾ配信がスタートした。

アルバムは過去発表した3枚のEPから新アレンジ&新録音した楽曲と新曲で構成された全11曲入り。ピアノ弾き語りと打ち込みを中心に、アレンジにはこれまでの彼女の楽曲を制作してきた吉田仁郎(野獣のリリアン、ハルメンズX等)と、新たに藤木和人(旧東京パフォーマンスドール等)迎えて制作された。

正統派のように見えて異端、マイノリティのようでオーソドックスな相反した要素を常に抱え、あらゆる境界を越えて広がっていく可能性を秘めたニュー・シンガーのフル・アルバムを、インタヴューと共にお届けする。

しずくだうみ / 都市の周縁

【Track List】
01. いじわるなきみのこと
02. ぐるぐる
03. さみしさのABC
04. 部屋
05. ゲーム
06. パラレルワールド
07. 水色
08. 選ばれない
09. さようなら
10. 夜の海の夢
11. おしまい

【配信形態 / 価格】
24bit/88.2kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 200円(税込) / アルバム 2,000円(税込)

アルバム購入特典として歌詞ブックレット(PDF)がつきます


しずくだうみ - 夜の海の夢


INTERVIEW : しずくだうみ

闇ポップを標榜するシンガー・ソングライター、しずくだうみ。自身の音楽活動にくわえ、ニュートリノ温泉などアイドルの運営や、ほかのアーティストにピアノを教えたりボイス・トレーニングをしたりすることもあるなど、幅広く活動している。

「闇」と訊くとネガティヴなイメージを思い浮かべる人もいるかも知れないが、彼女が描く世界は一般的な人のごくありふれた日常を切り取ったものばかりのように思う。ただそれは彼女なりの一歩引いた視点で描かれたもので、ときに柔らかい言葉で核心をつくようなものでもある。それがある種の闇なのかもしれないが、同時にどこかほっとさせられるような暖かさも感じる。楽曲ももちろんキャッチーではあるものの、もしかしたらこの不思議な心地良さも含めて、彼女は「ポップ」を表現しているのかも知れない。

しずくだうみが描く世界はどのように生まれたのか。彼女が語る闇とは。これまで決して順風満帆ではない音楽生活を送ってきた彼女が満を持して放つ1stアルバム『都市の周縁』。派手さはなくとも長く聴き続けられる、すっと心に入り込んでくるような名盤だ。そしてこのアルバムは、きっと彼女そのものでもある。

インタヴュー&文 : 前田将博
写真 : 飯本貴子

なにも知らないから幸せなんだよって思います。それが、いいなって思うこともあるけど

──だうみ(しずくだの愛称)さんは闇ポップを標榜していますが、曲のなかで描いているのは一般的な人の日常的なものが多いと思うんですよ。ただ、普通の人は特に疑問を持たずにスルーしているようなできごとに対して「それは本当に幸せなの?」とあえて疑問符を投げかけているというか。その視点が「闇」なのかなって思うんですけど。

それが素の私自身っていうところもありますね。普通に就職とかしても、私はなにを目標に生きていくのだろうと思っていました。なにが楽しくてみんな働いているんだろうって。私のまわりに会社員がいなかったんですよ。親戚とかも、みんなフリーや自営業で。

──では普通の会社員のような人は、遠い存在だった。

ドラマで観たり人に話を訊いたりして、不思議だったんですよね。学校の先生とかも、こんなに大変そうなのになんで働いているんだろうって。そんなに給料良くないよな、割にあわないよなって思っていました。そのあたりから、捻くれがはじまっている気がしますね(笑)。

──でもそれを耐えながらも働き続けることが、幸せに繋がると信じている人もいると思うんですよ。

なにも知らないから幸せなんだよって思います。東京オリンピックが決まって喜んでいる人とかと同じですよ。そういう人たちは、深く考えていないと思うし。それが、いいなって思うこともあるけど。

──そういう考え方はいつごろからあったものなんですか。

元をたどれば中学校や小学校ですかね。小学校から友達はなんとなくいるんだけど、この人は本当に友達なんだろうかとか考えていたし。中学は自分もふくめてみんな不安定だからいじめられるし、高校もなんとなく「ここじゃないな」って思っていたので、外部の友だちと遊んでいました。

──それはなぜなんですかね。

他人に、絶対的に好かれている自信がないんですよ。でも、小学校のときに引っ越す前はすごく信頼している子がいましたね。いまでも連絡をとっているんですけど。当時絵を描いて街を作って、その世界にのめり込むのが好きで、ふたりで同じようなものを自由帳に描いていました。商店街があって、人がいてっていう。その子とは、趣味がまったく一緒だったんです。

──当時からクリエイティブだったんですね。

でもその子は順調に育って、いまはコブクロが好きだし、普通に働いているんですよ。だから私は軌道修正できなかったのかなと(笑)。

──でも、だうみさんもJ-POPに詳しいイメージがあります。

そうですね。逆にJ-POPしか聴かなかったです。YUIとか絢香が好きだったんですけど、それ以上明るいのはダメでした。中学生の頃はYouTubeがいまほど浸透していなかったし、TSUTAYAくらいしか情報源がなかったので、それ以外知らないんですよ。高校に入ってからまわりにバンド好きな子たちがいたので、Syrup16gとかを聴くようになって、こんなに暗くていいんだなって知りました。それまではバンプすら知らなかったので、衝撃でしたね。

──当時はほかにどんな音楽を聴いていましたか?

「Last.fm」っていう聴いた曲を記録できるサイトがあるんですけど、そのランキングの1位が阿部芙蓉美で、2位がBase Ball Bear。ほかにカーペンターズも上位にいましたね。

──音楽以外だと、どんなことに興味があったんでしょう。

家から学校までのすべての駅で降りて探検するっていう遊びをしていました。街が好きなんですよね。再開発されている街は物語が浮かばないんですけど、そうではなくて物語を想起させるような街に出会いたくて、いろんな駅で降りて散歩してっていうのを繰り返していました。

──意外とアウトドアだったんですね。

でも図書館にいるのも好きでした。なんとなく南京大虐殺の写真集を手に取ってしまったら、楽しそうに人の頭を持っている兵士とかがいて、「頭おかしいな」って思ったりとか。本屋さんに、すごく大きくて幼児が隠れてしまうようなサイズのアウシュヴィッツの写真集があったんですけど、そういうものも読んでいましたね。

──どちらかというと、タブー視されるようなものに興味があったと。

あと一時期、死刑囚や犯罪加害者がなにを考えているか興味を持つようになって。酒鬼薔薇聖斗とか、なにを考えているかまったくわからないじゃないですか。でも本を読むと、そういう考え方もあるんだなっていうか。共感はできないけど、人を理解するのは大事だと思うので、そういうスタンスで読むと興味深いんです。木嶋佳苗(死刑判決を受け、最高裁に上告中)のブログもおもしろいですよ。あの人はめっちゃモテて、外国からわざわざ会いにきて恋をされたりとか。

──獄中結婚する死刑囚の人もいますもんね。

死刑囚を祭りあげる人が一定数いるんですよ。だから、逆にいうと死刑囚じゃないと結婚できないんだと思います。酒鬼薔薇とかも神格化されているじゃないですか。

──肩書きに惹かれていると。

そういうところにしか価値を見出せない人たちがいるんですよね。

なのに「おまえ東京じゃないだろう」って言われてしまう違和感というか

──高校時代からソロで音楽活動をしていたそうですが、しずくだうみの名前で活動をはじめたのはいつごろなんですか?

大学生の頃なので、4年前くらいですね。2012年7月22日恵比寿LIVEGATE EBIAGEが初ライヴです。それまで半年くらいお休みしていたんですけど、やっぱりやりたいと思ったときに、そんなにファンがいるわけでもなかったから、名前を変えてやったほうがいいかなって。それで、当時拾われていた事務所の人と相談して、ひらがなの方が間違えないからいいよねってなって、知り合いの旧姓の「しずくだ」と、友だちの友だちの友だちに「うみ」ちゃんて子がいたので、それを組み合わせて「しずくだうみ」になりました。

──その事務所とは、どんなつながりだったんですか?

活動するときに、どこかに所属してCDを出さないとっていう焦りがあったので、オーディション雑誌を買って片っ端から応募したんです。そのときに2社受かったうちのひとつですね。でも担当の人が途中で音信不通になっちゃったんです。音源も作っていたのに。

──それはお蔵入りになってしまった。

ジャケットもちゃんと作って、さあ出すぞってときにいなくなっちゃったんですよ。それが2曲入りなんですけど、そのうち1曲はいまでもたまにライヴでやる「ペトラ」って曲です。

──それからはずっとフリーなんですか?

いや、いろいろありすぎましたね。

──じゃあなおさら、『都市の周縁』は満を持しての1stアルバムですね。

でも今回も、いろいろあってリリースがどんどん延びたので、出せるか心配だったんですよ。アー写とかを撮ったのが2月だったので、出す出す詐欺になるところでした(笑)。

──なぜ〈なりすレコード〉から出すことになったんですか? なりすから音源を出している柴田聡子さんや北村早樹子さん、3776などは共通点もありそうですけど。

柴田聡子さんが好きだっていう話しをCDの流通会社の人にしていたら、なりすを紹介できるよって言われて。それでなりすレコード主宰の平澤さんを紹介してもらったら、「アルバムを出さないかい」って言われました。

──アルバムのタイトルは「終焉」と「周縁」をかけているそうですね。

一見すると闇っぽく見えないように周縁にしたんですけど、ふたつ意味を持たせたいと思って。

──街が好きだという話がありましたけど、そういう思いがこもっている?

明らかに影響はしていますね。

──先ほど話していたような街はまさに「都市の周縁」のような位置にある街ではないかと思うんですけど、都市に対する憧れみたいなものもあるんですかね。

どうなんですかね。自分が神奈川県出身なので、東京じゃないところにずっと住んでいるんですけど、親が恵比寿で働いていて、そこで遊んだりもしていたので、自分自身はそこまでコンプレックスは感じていないと思います。なのに「おまえ東京じゃないだろう」って言われてしまう違和感というか…。なんでそれを東京の西の方に住んでいる人に言われなきゃなんないんだろうって(笑)。

──それは明らかに、言ってくる人たちの方がコンプレックスを持っている(笑)。

そうなんですよ。青梅とか八王子とかに住んでる人だったし、おまえらより早く渋谷に行けるって思っていました(笑)。でもたしかに、自分のいる場所は周縁なんですよね。

──都心ではないと。

そういえばファンの人に、完全なる東京23区民じゃない20キロ圏内くらいの人がつくる音楽がおもしろいって言われたことがあります。渋谷とか新宿に届きそうで届かない感じ。なるほどなって思いました。

自分はここじゃないのかもっていう人が出会ってくれたらラッキーなのかなって思っています

──アルバムを聴くとどんどん深みにはまっていくというか、終わりに向かっていくような感覚があって、まさに「終焉」だなと。曲名をみても後半に「選ばれない」「さようなら」と並んでいて、最後の曲が「おしまい」。

心理的な時系列順に並べたっていうだけですよ。「いじわるなきみのこと」は精神的に若いですからね。

──小学生くらいの男女の、まだ恋愛感情になる手前のようなやりとりを描いた曲ですよね。「みんなのうた」みたいなどこか懐かしい雰囲気で。PVにもなっていますが、ここで描かれている世界も、だうみさんが好きという街のイメージと合致している気がします。

あれは鶴見線で撮りました。通っていた高校の近くではあるんですけど、絶妙に行かない場所だったんです。だから休みの日に父と一緒に行って、途中で降りて猫と一緒に写真を撮ったりして帰ってきました。当時からいい場所だと思っていたので、ここで撮影したんです。


しずくだうみ - いじわるなきみのこと

──もともとこの曲でPVを撮ろうと思っていたんですか?

全然思っていなかったですね。街の記憶のストックに合う人に出会って、曲にも合っていると思ったから撮ろうと。だから、PVに出ている"nemumi"という子と出会ってなかったら撮ってないですね。

──アーティストが出演せずに、監督と編集をやっているというのは珍しいですよね。

そんなつもりはなかったんです(笑)。誰かに頼むとなかなか思い通りのものができないというか、単純に指示を出すのがへたくそなんですよ。「こう撮ってほしい」とか言えなくなっちゃうんです。鶴見線の撮影のときも、nemumiに「もう1回ここ歩いて」って言うのにすごく勇気がいりました。

──アルバムは、これまでデモで出していた曲も再アレンジされたものが多いですよね。どんどん終わりに向かってはいくんですけど曲自体は決して暗くならずに、やっぱりちゃんとポップであるというか、街でふと流れていても違和感がないようなものばかりだと思います。

アレンジはいままでで1番しっくりきていますね。もっと凝っても良かったかなとも思いますけど、いまできるなかでベストは尽くせたかなと。

──特に思い入れの強い曲はありますか。

「水色」のデモを録ったときに、コーラスで参加してくれた谷井啓太(The World Will Tear Us Apart)さんが、はじめて私をミュージシャンとして認識してくれたのがうれしかったですね。自分が知っているなかで1番しっくりくる音楽を作っている人だったので。最初に私が適当に打ち込んだだけのアレンジがエレクトロのイメージでだったんですけど、谷井さんにも「しずくだの声はそういうのが合うよね」って言われて。

──「水色」もばりばりのエレクトロではないですけど、ほかの曲にはない華やかさみたいなものがあります。

そういう感覚をわかってもらえるというか、1番合うのがThe World Will Tear Us Apartなんですよ。これ以上ポップにすると違うかなって思うし、イメージにぴったり合っていて私もすごく気に入っています。エゴサとかしていても、「水色」は全然知らない人に「トラックがすごくいいよね」って書かれていたりして。

──この曲から「選ばれない」の流れは、アルバムのなかでも特に異彩を放っている気がします。

そういう意味では、今回新しく入れたなかでは「選ばれない」が1番イメージに合っていると思います。「いじわるなきみのこと」とかもほぼ自分でアレンジしたんですけど、全体的にもまとまったと思いますね。

──アルバムをとおしてThe World Will Tear Us Apartにプロデュースしてもらおうとは思わなかったんですか?

実は今回も頼んだんですけど、忙しいみたいで実現しませんでしたね。だから、いつかやりたいですね。ほかにも似たような音を作っている人はいるけど、自分の言いたいことがちゃんと伝わる関係性の人ではほかにいないので。

──だうみさんの曲はポップすぎないながらも、ちゃんとJ-POP的な枠組みに入れるくらいのものだと思うんですけど、歌詞に関しても決して闇や絶望ばかりを歌っているわけではないですよね。

もっと絶望的な歌詞も書いていたんですけど、大学のときのプロデューサーに「ちょっとは救われるようにしろ」って言われたんですよ。たまにライヴでやる曲に、子どもを失ったお母さんの歌があるんですけど、それも思い込みだったことにして、夢オチみたいに変えました。

──なぜ救いを入れた方がいいと思ったんですかね。

その人は、絶望じゃない方が多くの人に受け入れられるっていう判断で言ってきただけだと思います。でも結局絶望しかない歌って、絶望しているときにしか聴けないですからね。私はそれ以外のときにも聴いてほしいって思うし。

──だうみさんの音楽は、どんな人に届けたいですか? 最初に話していたような「なにも知らない」人というか、音楽ファンでもない所謂一般の人たちにまで届けたいと思う?

その人たちに絶対に届かない。そこまでは無理だと思う。

──その人たちにわかってほしいとか、気づいてほしいとは思わない。

そのなかに属してはいるけど、なんか違うかもしれないとか、自分はここじゃないのかもっていう人が出会ってくれたらラッキーなのかなって思っています。加藤ミリヤとか西野カナみたいな普通のJ-POPを聴いているけど、ちょっと違うって思っている人もいるはずなので。私もずっと思っていたし。そういう人が、ふとラジオとかでかかったときに「あっ」て思ってくれたらいいのかなって思います。自分が見ている選択肢以外もあるんだって。そうすれば私の売り上げもあがるし、みんなハッピーじゃないですか(笑)。

──不特定多数というよりは、ピンポイントで必要としているであろう人に届けたいと。

狭くありたくはないけど、拡大しすぎても良くないかなって思うんです。そういう感じって、誰もやっていない気がするんですよ。拡大したいけどできない人か、こじんまりとしたところで歌えればいいですって人かどっちかで、中規模な拡大な仕方を狙ってやっている人っていないなって。どういう規模であっても、顧客満足度をあげるっていうのが一番ですけどね。

過去配信中の作品

PROFILE

しずくだうみ

1992年1月30日生まれのシンガー・ソングライター。

鍵盤弾き語りを主に活動。バンドやユニットでも稀に活動。

東京近郊で主に活動。

>>しずくだうみ Official web

o

 
 

インタヴュー

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之