まさかのVineでインタヴュー、ボンジュール鈴木ワールドがループ――2ndミニ・アルバム、ハイレゾ配信

ボンジュール鈴木が急成長を遂げている。2015年2月、アニメ「ユリ熊嵐」のOP主題歌を収録したシングルをリリースし、4月には初のフル・アルバム『さよなら。また来世で』を発表。そして11月、早くも6曲入りの2ndミニ・アルバム『Lollipopシンドローム』が到着した。OTOTOYでは今作もハイレゾで配信スタート。彼女の魅力のひとつであるウィスパー・ヴォイスを堪能できるだけではなく、バイノーラル・レコーディングを用いた「close to me」は360度音に包み込まれている感じがより際立っている。

さて、これまで露出を控えた活動を続けている彼女に、LINEでインタヴューを申し込んだり、対面インタヴューをお願いするなどしてきたが、なんと今回は本人に動いて喋ってもらうという無茶を叶えてもらった。しかも動画アプリ「Vine」を使用した6秒縛りで…。その結果はいかに!?

ボンジュール鈴木 / Lollipopシンドローム

【配信形態】
24bit/48kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC
>>ハイレゾとは?

【配信価格】(各税込)
単曲 300円 / アルバム 1,620円

【Track List】
01. Lollipopシンドローム
02. パーティーがはじまるよ
03. close to me
04. 金魚
05. Lovin' You
06. サヨナラ
07. 月のかけてく夜に


「Lollipopシンドローム」MV


INTERVIEW : ボンジュール鈴木

ボンジュール鈴木の新作『Lollipopシンドローム』が届いた。彼女がついに本性をさらけだしたのかもしれない。これはボンジュール鈴木中毒になる危険性があるので、ぜひ取り扱いに注意していただきたい。

ソールド・アウトとなった初のワンマン・ライヴや、代々木第一体育館という大舞台でももいろクローバーZ・高城れにとの共演、トベタ・バジュンの新作をはじめとしたさまざまなコラボなどを経て発売された今作。これまでよりエレクトロ色が増し、ボンジュール鈴木が本来持っていた北欧音楽やフランス映画的な世界観、そして彼女の脳内に広がる妄想世界が色濃く楽曲に宿っているように思う。クールで煌びやかなサウンドに身をゆだね、脳に直接訴えかけてくるような甘すぎるウィスパー・ヴォイスに耳を傾けていると、いとも簡単に彼女がつくりだす魅惑的で幻想的な世界に迷い込んでしまう。まさに〈頭うにゃうにゃキミでいっぱい〉(「Lollipopシンドローム」)である。

これまでOTOTOYではLINEインタヴュー 対面インタヴューなど、さまざまな方法で彼女の魅力を探ってきた。最近行われたツイキャス放送ではかなりの天然ぶりをみせてくれたが、いまだ謎は多く、その全貌はつかめない。まるで追えば追うほど抜け出せなくなる迷路のような存在だ。そこで今回行ったVineインタヴューでは、アルバム制作に関するものからライヴのこと、彼女がTwitter上でたまに発する謎のワードについてまで、幅広く質問をぶつけてみた。そして返ってきた答えとは…。ボンジュール鈴木というキャラクターは、彼女がつくりだす音楽と同様、いや、それ以上に衝撃的かもしれない。その一筋縄ではいかない魅力に、もっともっと取り憑かれてほしい。

インタヴュー&文 : 前田将博

1. 今年6月にワンマンライヴがありましたが、あの日を振り返ってみていかがでしたか? 楽しめました?


https://vine.co/v/eLPgvMILVgI

2. 代々木第一体育館でももいろクローバーZの高城れにさんと「あの森で待ってる」を一緒に歌ったそうですが、ワンマンライヴや大きなステージを経て音楽制作に影響はありましたか?


https://vine.co/v/eLPHOMzHLh5

3. これまでさまざまなアーティストとコラボレーションしていますが、特に刺激的だったものや印象深いものはありますか?


https://vine.co/v/eLPtmrPjOdl

4. ファースト・アルバムでも少し披露していましたが、動物の鳴きマネが得意とのことなので、実際にやってみてください。


https://vine.co/v/eLPP02zPubn

5. 「Lollipop」という言葉はボンジュールさんにぴったりだなと思います。ボンジュールさん自身はどんなイメージでこのアルバム・タイトルをつけましたか?


https://vine.co/v/eLPVb0WHr1Z

6. 「Lollipop シンドローム」のイントロやアウトロにも猫(?)の鳴き声のような音が聴こえますが、あれもボンジュールさんの声なのでしょうか。


https://vine.co/v/eLPYXTnAr1B

7. 「パーティーがはじまるよ」をはじめて聴いたとき、かわいらしくてきゅんきゅんしました。この曲や「金魚」のAメロは地声が多めで新鮮でしたが、こういう歌い方にしたのはなぜでしょうか。


https://vine.co/v/eLPLzlbDiBa

8. 逆に「close to me」は日本語詞の部分もウィスパー全開ですが、どのように歌声を使い分けたのでしょうか?


https://vine.co/v/eLPLiieZ2D1

9. 「パーティーがはじまるよ」の主人公は小悪魔的な雰囲気がありますが、ボンジュールさん自身にも通じる部分はあると思いますか?


https://vine.co/v/eLxuWIT2Ipu

10. 「ぷくぷくって溺れちゃう」金魚のマネをしてみてください。


https://vine.co/v/eLxaAtvFJV2

11. 「Lovin' You」はカヴァーでありながら、高音域を多用した歌声と浮遊感のある幻想的なアレンジで、ボンジュールさんの魅力が存分につまった曲だと思います。ライヴでも毎回歌っていますが、ボンジュールさんにとってどのような曲なのでしょうか。


https://vine.co/v/eLx7HEa6vh2

12. ラスト前の「サヨナラ」はループするピアノの音が印象的で、楽しかったパーティーが終わりに近づき、サヨナラを悟ったような歌詞がせつないです。アウトロの無音部分が長く、EPのストーリーはここで一度終わっているように感じたのですが、この部分にはどのような意図があるのでしょうか。


https://vine.co/v/eLxmJBD91QB

13. 次のライヴの予定や構想はありますか?


https://vine.co/v/eLxhzxePehX

14. 最後に、読者にメッセージをお願いします。


https://vine.co/v/eLxMUzMrExr

過去作もハイレゾ配信中!

【特集】
>>「やっと会えたね」――ボンジュール鈴木、対面インタヴュー
>>スペシャル企画『気になるあの娘、ボンジュール鈴木とLINEしてみた』

LIVE INFORMATION

ボンジュール鈴木 2nd mini album『Lollipop シンドローム』release party
2016年1月16日(土)@北堀江vijon
2016年1月23日(土)@渋谷duo MUSIC EXCHANGE

PROFILE

ボンジュール鈴木

3歳からクラシックピアノをはじめ、Jazz歌手だった母とフランスの親族の影響で幼少期からヨーロッパを中心とした様々な音楽に触れ、次第に作曲活動 をスタート。ヴォーカル / ラップ / ポエトリー、編曲、打ち込み、演奏、ミッ クス、マスタリングまでを1人で行う、女性マルチ・アーティスト、"ボンジュール鈴木"。南フランスのカトリックの大学に留学中に触れた、ヨーロッパのエレクトロニカ / ヒップホップ・シーン、クラシック、教会音楽からの影響が色濃く出たサウンドには、北欧エレクトロニカ勢と共鳴する「透明感」と、ドリームポップ、トリップ・ホップの流れを汲んだ「深遠な響き」が見事なまでに共存。そこに『日本語』『フランス語』『英語』をPOPなメロディーで織り交ぜ、フランスのヴォイス・トレーニングで身につけた、甘ったるい中毒性のある独特のロリータ・ウィスパー・ヴォイスと絡み合う童話の中のようなファンタジックで不思議なサウンドは、現在の音楽シーンの中でも一際異彩を放っている。

>>ボンジュール鈴木 Official HP

o

 
 

インタヴュー

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
筆者について
前田 将博 (純三)

V系生まれハロプロ育ち、aikoは俺のファムファタル。 Twitterは @junzo99 です。

同じ筆者による他の記事