ライター前田の独断と偏見による「レア音源」をご紹介。あなたの見逃しているOTOTOYがここにある! 発掘! レア音源!!

OTOTOY編集部も驚きの好評をいただいているため、地道に改良、改善が加えられている本コーナー! より前田色を打ち出しています!? TOKYO NEW WAVE3連発と異色の芸人音源の後、加護ちゃん、ぐしゃ人間… その後、やつはどんな音源を掘り出してくるのか!

文 : 前田将博

今週の発掘音源はこちら!!

第7回 ウミネコサウンズ×シャムキャッツ『あたらしい時間』


ウミネコサウンズ×シャムキャッツ / あたらしい時間

【配信価格】
mp3 単曲 200円 / まとめ購入 200円

【Track List】
1. あたらしい時間

>>特集ページはこちら
>>シャムキャッツ『渚』リリース時の対談はこちら

ウミネコサウンズこと古里おさむとシャムキャッツの、スペシャル・セッション音源がドロップ! 2010年2月に開催されたウミネコサウンズのイベント「ウタイホーダイ」で共演することになった両者が、ウミネコサウンズの「あたらしい時間 」を大胆にリ・アレンジ。それぞれの持ち味が最大限に生かされ、まったく新しいサウンドに変貌を遂げました。原曲の陽気でポップなサウンドから一転、シャムキャッツならではの、たよりなくも味のあるローファイ・サウンドに、古里おさむの温かなうたが響きます。ここでしか聴けません! あたらしいポップ・ミュージックをどうぞ。


ネコとキャッツのコラボ音源!

8月ももう終わりに近づき、秋の気配を感じる今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。この連載もいつのまにか第7回まできました。ラッキー7です。余談ですが、先日、天狗バンドthis is not a businessの加藤小判にインタヴューして以来、ラッキー7というワードがなんだか不吉に思えるようになりました。彼らの初ワンマン、めっちゃ熱かったです。

今回紹介する音源は、そんな天狗とはまったく関係のない、ウミネコサウンズ×シャムキャッツの『あたらしい時間』です。ネコとキャッツ。いつの時代も猫は人気者です。平賀さち枝が猫について歌った「おだいじに」という曲のなかに〈朝には隣で寝てます 本当に勝手です なのにみんなに愛されています〉という一節があります。私も猫になって、さっちゃんの隣で寝たいと強く願っています。

話が逸れました…。こちらの音源は、ウミネコサウンズが2010年にシャムキャッツとコラボレーションしたものです。もちろん、OTOTOY限定配信。ウミネコサウンズの同曲を、2組のセッションによりリアレンジ。原曲のポップなイメージから一転、シャムキャッツの肩の力を抜いたゆるめのロック・サウンドへと変貌を遂げています。ちなみに、こちらの音源は、演奏がシャムキャッツで、歌がウミネコサウンズこと古里おさむ。そう、古里おさむは、現在はバンド、uminecosoundsとして活動していますが、当時はソロ・ユニットのウミネコサウンズとして活動していました。シャムキャッツとのコラボを行ったあとにも、ウミネコサウンズ×スーパーノアで「手紙」をリリースしています。こちらも、ウミネコサウンズの原曲をスーパーノアの華やかなサウンドで彩っています。

ちなみに、シャムキャッツも、今週末の8月31日より、シャムキャッツ×Turntable Filmsのスプリット盤をアナログで限定リリース。スプリット盤に同梱されているダウンロード・コードにより、OTOTOYで配信音源も入手できます。最近、あまりバンド同士がコラボレーションをする機会が少なくなってきたように思いますが、OTOTOYでは配信という手軽さもあってか、結構いろいろなコラボレーション音源があります。有名なところでは、坂本龍一のDSDセッションなど。みなさんもぜひ貴重なコラボ音源を発掘して、このコーナーにタレ込んでください!

イチオシのコラボレーション音源はこちら

PROFILE

uminecosounds

古里おさむ vocal、guitar
ヤマジカズヒデ guitar,、vocal
須藤俊明 bass
コテイスイ drum

くるりが主催するNOISE McCARTNEY RECORDSよりソロ・アルバムをリリースしている古里おさむ(Vo&Gt)、HiGEのドラムとしても活躍するコテイスイ(Dr)、dipのヤマジカズヒデ(Gt)、ジム・オルークを始め様々なアーティストやバンドで演奏している須藤俊明(Ba)によるロック・バンド。もともとは古里おさむのソロ・ユニットとして活動を開始し、2009年5月13日に、CINRA RECORDSよりデビュー・ミニ・アルバム『夕焼け』をリリース。『FUJI ROCK FESTIVAL’09』にも出演を果たし、2010年1月には2ndミニ・アルバム『宇宙旅行』をリリース。そして2011年、表記を「uminecosounds」に改め、バンドとして始動した。

結成1年足らずでアルバムを作り上げ、2012年2月1日にタワーレコード新宿店限定でワンコイン・シングル「サルとバナナ」(カップリングに”まちのあかり”)をリリース。

2012年6月6日に初のフル・アルバム「uminecosounds」をリリース。不定期で開催する自主イベント「ウミネコ集会」も行っている。

>>Official website


シャムキャッツ

藤村頼正 (Drums&Chorus)
大塚智之 (Bass&Chorus)
夏目知幸 (Vocal&Guitar)
菅原慎一 (Guitar&Vocal)

東京を中心に活動している4人組ロック・バンド。

2007年頃から活動開始。2009年4月に1stアルバム『はしけ』をリリース。以降、枠にはまらない楽曲と自由なステージングで、その独特な存在感はじわじわと広がりを見せる。2010年、「DEMO SINGLE SERIES」と銘打ったCD-R作品を3作連続リリースし全てソールドアウト。2011年、3月9日に1stシングル「渚」、8月24日に2ndシングル「サマー・ハイ」をリリース。どちらも良い感じにヒット。11月23日にミニ・アルバム『GUM』をリリース。

2012年12月5日に約3年半ぶりのフル・アルバム『たからじま』をP-VINE RECORDSよりリリース。

現在の東京インディ・シーンの台風の目として活動し、今もっともブレイクが期待される若きファビュラス・フォー、シャムキャッツ!

>>Official website

Wr.前田がこれまで発掘したレア音源はこちら

第1回 東京カランコロン『東京カランコロン』
第2回 オワリカラ『OWARIKARA 2009 DEMO CD 3rd』
第3回 太平洋不知火楽団『live@shinjuku motion』、『そうだ、海え帰ろう!!』
第4回 エスパー伊東『バイク王』
第5回 加護亜依『no hesitAtIon』他2タイトル
第6回 ぐしゃ人間『ババアの祈り』

o

 
 

コラム

トランプ、ミーゴス、ゆるふわ、そしてPUNPEE──渡辺志保に訊く、OTOTOYトピック2017ヒップホップ編
[CLOSEUP]・2017年12月07日・トランプ、ミーゴス、ゆるふわ、そしてPUNPEE──渡辺志保に訊く、OTOTOYトピック2017ヒップホップ編 ということで、OTOTOYの年末企画としてさまざまなジャンルの識者に、その年のポイントを訊くという企画「OTOTOYトピック2017」スタートです(年間ベストももうすぐ発表ですよ)。トップ・バッターはヒップホップ。本文中にもあるように、本国アメリカはもちろん、ここ日本も含めてヒップホップ、そしてラップという表現は世界中のポップ・カルチャーを席巻しております。ということで、ここで「いまのヒップホップってどうなっているの?」というOTOTOY編集部の問いに快く答えてくれたのは、block.fmの名物ヒップホップ番組「INSIDE OUT」のMC、さらにはさまざまな文章仕事でもおなじみ、日米のヒップホップはもちろんアメリカのアップデーテッドなポップ・カルチャーにも詳しい、渡辺志保を迎え、2017年、ヒップホップにまつわるトピックをいくつかあげてもらい語っていただきました。それではどうぞ。 米トランプ新政権誕生 〜ヒップホップのメインストリームはよりコンシャスに〜 インタヴュー & 構成 : 高木理太─
あなたは何バンド知っている?ーー音楽好きの若者が選ぶ! 2018年ブレイクが期待される超早耳アーティスト10選!
[CLOSEUP]・2017年11月30日・あなたは何バンド知っている?ーー2018年ブレイクが期待される超早耳アーティスト10選 個人的な体験として、2017年は去年と比べて圧倒的なヒット作がないといった声をしばしば聞く。しかし、当たり前ながら新しいバンドや新しい曲は絶えず生まれ続けている。そういった意味では2017年は、シティ・ポップから別のモードに移行する音楽シーンの基礎となる土台作りの年だったのかもしれない。海外でいえば、RideやSlowdiveの新作リリースによって生まれたシューゲイザー復興だったり、Anderson PaakやThe Internetといったフューチャー・ソウルのトレンドがWONKやyahyelを経て、日本でも開花しはじめていることだったりと、にわかに新しい音楽シーンの芽生えを感じさせることもあった。そこでライヴに足繁く通うOTOTOYインターンが2018年の音楽シーンを賑わしそうな若手アーティストを10選ピック・アップし、いち早く来年を占う!! 群雄割拠となった2017年、2018年はどうなる? エレクトロニカなのか、ドリーム・ポップ / シューゲイザーなのか、オルタナなのか、フューチャー・ソウルなのか、はたまたギタ
by 中の人
〈りんご音楽祭2017〉開催直前!! オーガナイザー・ 古川陽介と巡る「松本」の激オススメスポット
[CLOSEUP]・2017年09月15日・〈りんご音楽祭2017〉開催直前!! オーガナイザー・ 古川陽介と巡る「松本」の激オススメスポット 2017年9月23日(土)、24日(日)、長野県松本市にて〈りんご音楽祭2017〉が開催される。松本市の古民家を改造したパーティーハウス〈瓦RECORD〉に集う地元地域のスタッフたちが作り上げている地域密着型の野外フェスティバル〈りんご音楽祭〉。9年目となる今年は、日本全国各所からポップ・ミュージックとアンダーグラウンドの垣根を越えた186組のアーティストが出演!! トークブースも加わり、よりおもしろみと挑戦に満ちた今年の開催を目前に、〈瓦RECORD〉オーナーで主催者であるdj sleeperこと古川陽介に松本のオススメスポットを案内してもらった。さらに、毎年恒例の「RINGOOO A GO-GO 2017」出演者のコンピレーション・アルバムを期間限定で無料ダウンロード!! 7ステージ・全186組による夢の2日間が長野県松本で開催りんご音楽祭20172017年9月23日(土)、24日(日)@長野県松本市アルプス公園時間 : 9月23日 10:00 / 9月24日 9:00料金(税込)■通し券 13,800
by 西澤 裕郎
いまの若者ってなにを聴いてるの?──OTOTOY〈若者座談会〉を開催
[CLOSEUP]・2017年08月22日・いまの若者ってなにを聴いてるの?──OTOTOY〈若者座談会〉を開催 OTOTOYインターンによる〈若者座談会〉が帰ってきた! いままで数回開催され、その時どんなものがキテいて、音楽をどのように楽しんでいる若者がいるのか話し合われてきた〈若者座談会〉。いまの若者は一体どんな音楽に注目しているのか気になりませんか? OTOTOYでインターンをしている大学生6人に、注目のアーティストを、そして聴き方が多様化する現在どのように音楽を楽しみ、どんな風に新しい音楽と出会っているのかなどなど…… 根掘り葉掘り聞いてみました! ぜひこの座談会を読んであなたの知らない素敵な音楽と出会うことができればうれしいです。さぁいってみましょー! 進行&文 : 鈴木雄希構成 : 高橋秀実 集え! 音楽好きの若者たち! ──まずは順に自己紹介をお願いします。 高橋 : 23歳の高橋秀実です。CDショップでバイトしてます。好きなバンドはHomecomingsです。 千田 : 大学3年21歳の千田祥子です。レコード・ショップでバイトしてます。1番好きなバンドはFINLANDSです。この世で1番私がFINLANDS好きだと思います(笑)
【新世代参上! 】ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線
[CLOSEUP]・2017年08月09日・特集 : 新世代参上! ガレージ・ロックが1番アツい夏──いま勢いづくインディ最前線 暑い! そして熱い! この国のインディ・ロック・シーンのなかで、いま最も注目すべきサウンドはこれだ、キーワードはガレージ・ロックだ。ガレージ・ロックといえば…… 1990年代のあのバンドたち? なんていうのはもう昔の昔、2010年代も終わりですよ。今回紹介するのは8月9日に1stフル・アルバムをリリースしたばかりのTENDOUJIを中心に、とにかくスペシャルに活きの良いバンドたちを紹介していきますよ〜! グイーンとギターをかき鳴らして、ドカドカかっこいい、ロウなロックンロールを勢いよく奏でているかっちょいいバンドがいっぱいいるんです。シティポップもいいけど、こういうストレートに熱い、ロック・サウンドも聴きたくなってきた頃じゃないですか? いまこのガレージ・ロックの波に乗らなきゃ、2017年の夏は終われないですよ! インディ・ガレージ・ロックを語る上でこのバンドは忘れられない! 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,200円
by 鈴木 雄希
OTOTOYサマー・キャンペーン2017──約100タイトルが500円にプライスオフ! 初回購入で500円ポイント還元
・2017年08月01日・【サマー・キャンペーン2017】約100タイトルが500円にプライスオフ! 初回購入で500円ポイント還元 はじめてのお買い物で500円ポイント還元、つまり実質ゼロ円!! OTOTOYでは、2017年8月1日(火)12時〜8月31日(木)23時59分までの間、「OTOTOYサマーキャンペーン」を開催いたします。 1 : OTOTOYに会員登録し初めてお買い物をされた方に500円分のポイント還元。OTOTOYに会員登録されたお客様で、期間中にはじめて有料商品の購入(クレジットカード、PayPal、OTOTOYポイント / おとぷり、BitCash、モリタポなど各種決済どれでも)をされたお客様全員に、OTOTOYポイント500円分(5000ポイント)を贈呈。次回のお買い物時に、その他の決済と組み合わせてポイントをご利用になられます。 2 : 100作品を超える作品が500円にプライスオフ。注目の作品も含む100タイトル以上の作品が500円にプライスオフ、1のポイントキャッシュバックと組み合わせれば実質0円で作品が手に入ります。ハイレゾ、DSD作品も多く含まれています。ぜひともこの機会にお試しください。 キャンペ
【最大45パーセント・オフ】“ハイキュー!!”や“弱ペダ”も──東宝アニメ作品のサントラを期間限定プライス・オフ
[CLOSEUP]・2017年07月10日・【最大45%オフ】“ハイキュー!!”や“弱ペダ”も──東宝アニメ作品のサントラを期間限定プライス・オフ 日本における最大の映画配給を誇るとも言える東宝内のアニメ・レーベル〈TOHO animation〉。OTOTOYでは7月10日(月)より、〈TOHO animation〉の音楽レーベル〈TOHO animation RECORDS〉からリリースされたTVアニメ、アニメ映画のサウンドトラックのプライス・オフを実施! 『ハイキュー!!』や『弱虫ペダル』、『僕のヒーローアカデミア』などをはじめとする大人気12作品を、ご購入いただきやすい価格にてご用意しております! こちら7月31日(月)までの期間限定となっています。最大45%オフでご購入いただけるこの機会を見逃すな! 期間 : 2017年7月10日(月)〜2017年7月31日(月) ご購入の際の注意点プライス・オフ価格は期間内(2017年7月31日(月)まで)に決済した商品まで適応されます。割引期間内にカート挿入しただけでは適応されません。決済のタイミングが上記時間から外れた場合は通常の価格が適応されますのでご注意ください(12:01以降の決済では割引価格
祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!
・2017年07月07日・フジロックいく人も、行かない人、これぐらい聴かなきゃ! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始! え、エイフェックス・ツインったら、コレでコレもんでしょう、え、聴いたことないの? とか言われちゃうマスト音源満載の過去音源が一挙OTOTOYでも配信開始です。具体的に言うと名門〈WARP〉に残してきたエイフェックス・ツイン名義の1990年代から2000年代初頭にかけての作品群。しかも、7月に行われるフジロックでは、2日目、7月29日(土)のヘッドライナーとしてひさびさの来日ライヴ! ということで、この作品群とともに、かなりの駆け足でそのキャリアでおさらいします。また今回の過去作配信開始に合わせて、これまでOTOTOYで配信していた2010年代の作品(ハイレゾ配信)にライナーPDFが付属するようになりました(すでに購入済みという方はアプリや再ダウンロードでどうぞ)。そして今回配信を開始した過去アルバム4作品もライナーPDF付きでお届けします。またアルバム未収録の、1990年代のシングルたちもロスレス形式で配信開始です。 WARP移籍までのエイフェックス・ツイン(面倒なら読み飛ばしちゃっても!)とりあえず抑えて
by 河村 祐介