2013年3月に1stフル・アルバム『魔法が使えないなら死にたい』をリリースした女性シンガー・ソングライター、大森靖子。同アルバムのツアー・ファイナルを渋谷クアトロで開催、レーベル無所属のままソールド・アウトさせ、関係者をはじめ、さまざまな場所で話題をさらった。また、ジャンルの垣根を簡単に飛び越え、BiSやアップアップガールズ(仮)などアイドルとの共演もするなど、いま最も注目を集めるアーティストといえる。そんな大森晴子の黒歴史を暴きだす音源をOTOTOY独占で配信スタート。活動初期に録り溜めた楽曲、いまでは入手困難な楽曲など、全11曲を収録。初期音源のため音が悪いという理由からmp3配信のみだが、大森を知る上では聴かずに通れない作品集となっている。また、9月には教会にてDSDでレコーディングした音源の配信も決定!! アナログ・レコードのような滑らかさと、デジタルならではの透明度を合わせ持つDSDでの音質でお届けする。過去と現在、それぞれを聴き比べて、本人へのインタビューを読んで、大森靖子をより深く知っていただきたい。

いまでは入手困難な初期音源をOTOTOY限定で配信スタート!!

大森靖子 / 大森靖子黒歴史 EP

【価格】
mp3 単曲 100円 / まとめ購入 500円

【Track List】
1. 剃刀ガール / 2. 眼球 / 3. カプチーノ / 4. 109回目の結婚式 / 5. 悦子の食卓 / 6. あいのうた / 7. あいのう / 8. 少女3号 / 9. 京都旅行 / 10. 赤い部屋 / 11. 東京地下一階


大森靖子のデビューE.P.も配信開始

大森靖子 / PINK

【価格】
wav / mp3 単曲 200円 / まとめ購入 1,000円

【Track List】
1. キラキラ / 2. パーティドレス / 3. コーヒータイム / 4. お茶碗 / 5. さようなら / 6. PINK


INTERVIEW : 大森靖子

〈好みのタイプがあるのなら 生まれたときにそっと教えてくれれば その通り育っておいたのに〉。こんなにも一途で、せつなくて、心が締めつけられてしまうようなフレーズを、ほかに知らない。これは「剃刀ガール」という曲の一節。大森靖子が活動のごく初期に作った曲だ。大森靖子は、2012年4月にデビューEP『PINK』をリリースする以前に、 いくつかのデモ音源をリリースしていた。この頃の曲は、現在の彼女が持っているような圧倒的な力強さはない。等身大で、ひとりのごく普通の女の子が感じているような、とても個人的な思いを歌っているように聴こえる。でも、それは誰もが歌えるものではない。ほかの誰も表現してくれなかったような感情を、彼女は言葉にしてくれている。その言葉を、いまとなんら見劣りしない普遍的なメロディに乗せて歌っている。

こんな素晴らしいものが、世に出ずに埋もれてしまっていることは非常にもったいない。そう思って本人に打診してみたところ、当時の音源の配信を渋々OKしてくれた。今回配信される曲は、大森靖子の活動最初期のものも含むデモ音源のなかから、本人が「これはナシだろう」と判断したものだけを集めた。しかし、これらの曲には、いまの大森靖子につうじる凝縮された才能の片鱗がつまっている。まったく「ナシ」とは思えない。彼女の才能は、やはりずば抜けているんだと思う。音源配信に伴いインタヴューも敢行。8月29日にDVDも発売される渋谷クラブクアトロでのワンマン・ライヴや、TOKYO IDOL FESTIVAL 2013でのZepp Tokyoのステージのこと、歌詞に対する思いの変化などを語ってもらった。いまも凄まじい勢いで駆け抜けている大森靖子。その裏にある思いを感じてほしい。

取材 & 文 : 前田将博

「最近名前聞くな、どんな子なんだろう」って

——アルバム『魔法が使えないなら死にたい』が発売されて、かなりの反響があったと思うんですよ。いろんな媒体が記事を載せていたり、CD屋がプッシュしたり、単純にライヴを観にくるお客さんも増えたと思うし、それまで大森さんの音楽を聴かなかった人にまで確実に広がっていると思いました。そういう状況を見て、本人としてはどんな感触がありましたか?

自信は、ずっとないんですけど、でも自信がなかったしいままで誰にもみつからずに、評価されなかったぶん、じっくり自分で考えて動くことができました。ジャケも発注書も全部自分で納品して、だからすごく思い入れがあって、お気に入りだったし、自信は今でもないですけど、これだけやったんだからこのくらいはできる、という確信にかわりました。

——行動という部分だと、大森さん自身が各媒体に「載せてください」って売り込んだりしてたっていう話もうかがったんですけど。

それがインディーズなので。ライターの方に手伝ってもらって、CDをいっぱい送りました。

——では、曲を聴いて載せようと思った人が多いんですかね。

どうなんだろう… 炎上商法じゃないけど、自然にこうきつめのこと言ったりしちゃう今までゴミだと思っていたブログとかが発売前にやけにツイッターでRTされたり、いまはそれがフライデーで連載させていただくことに繋がったのですが、あとハロヲタとか、キャラとして広まった感覚があります。それで、「最近名前聞くな、どんな子なんだろう」って。

——確かに、有名なライターさんとか、漫画家の久保ミツロウさんやアーバンギャルドの松永天馬さんみたいな方がTwitterでつぶやたりラジオで流したりしてましたよね。橋本愛さんなんかもかなり前から名前を出していました。

橋本愛ちゃんはアルバム出す前から、「tarpaulin」(大森靖子出演の映画)を観てくれて知っていてくれたとうかがいました。最近ギターも始めたらしいよって、あの、いつもファンの方が教えてくれるんです愛ちゃん情報。ギター教えてあげたい!!!

全員が自分のことを好きだろうっていう状況がいちばん新しかった

――渋谷CLUB QUATTROでのワンマン・ライヴも、 もちろんそれなりの数のお客さんが入るとは思ってたんですけど、正直あそこまで埋まるとは思いませんでした。アルバム発売から2ヶ月もなかったじゃないで すか。なのに、蓋を開けてみたら身動きもとれなくなるくらいの人が入ってて。チケットの売り上げは順調だったんですか?

ちょうど毎日ライヴがあったので、手売りでチケット売って記念にチェキを撮るっていうのをやってたんです。それも一日3〜10枚とか、本当にコツコツじゃないですか。だからすごいたくさん売った! みたいな感覚なかったし、しかもその売り上げはクアトロに返さなきゃいけないのに、ギター壊してそのお金で新しいの買っちゃって。今はそれも壊しちゃったんですけど。とにかくなんかそのことで必死でした。

――手売り特典にチェキをつけたりとか、大森さん自身がいろんなライヴにチラシを配りにいったりとそういう姿勢をみて応援したくなった人もいるんじゃないですかね。

でも、チラシ配るのは別に普通のことだし。自分は配れてないほうだと思う。

――結果として満員になりました。これまでは、あれだけの人の前で、しかもワンマンでライヴをする機会はなかったと思うんですけど、どんな思いでステージに立ちましたか?

全員が自分のことを好きだろうっていう状況がいちばん新しかったです。いつもの対バンだと「全員敵だ!」っておもってて。

――客席のレスポンスも、いつもよりもずっと暖かかったと思うんです。アンコールでピンクのサイリウムをみんな振ってたじゃないですか。あの景色を観て、どんなことを考えてました?

完全に知らなかったから、すごいびっくりしました! そんなにおおくの人が自分に愛情を向けてくれる体験ないじゃないですか。誕生会とかくらいで!!

――あの直後に「PINK」を歌ったじゃないですか。あれは、もともとアンコールで歌おうと決めてたんですか?

クアトロは1曲目しかセットリストを決めていなくて、「新宿」のトラックを流そうっていうことしか。で、次なに歌おうかなーとおもったらステージにキティちゃんがいたから「KITTY'S BLUES」をやろう、みたいな感じで。

――クアトロでも全部その場で決めてたんですか!? 曲を決めておかないのは、不安じゃないですか?

決めちゃうほうが不安で。その曲を歌いたい空気じゃないときにも、やらなきゃいけなくなっちゃうなんて不自由じゃないですか。バンドだったら曲を決めておいても、音が大きいからその音にお客さんがついてくるけど、弾き語りだとお客さんと対等だから、お客さんの表情に返答をしなきゃいけないんですよ。

――昔からセット・リストは決めてないんですか?

決めてないです。PAや照明の人は迷惑だと思います。でも音を聴いて空気で照明とかも変えてほしいんですよ。弾き語りは即興性がたのしいのでそれを一緒にやりたくて。会場が大きくなるとまた違うのかもしれないけど、Zeppとかもそれでちゃんと成立してたから大丈夫だと思う。

どこの枠とかまじどうでもいいです

――クアトロでのライヴが終わったあと、深夜に新宿Motionでもライヴをやりましたよね。あそこでやった最後の曲が「パーティードレス」 だったじゃないですか。あの曲の歌詞に〈パーティーがはじまるよ あの夜をこえて〉とありますけど、もうあの時点でクアトロのライヴは大森さんのなかで過去のものになっていたんでしょうか。

音は出した瞬間になくなるから。とっくに過去でした。

――クアトロでのワンマンが終わってからも、一切ペースを緩めずに活動してるじゃないですか。会場の規模もいままで以上に振れ幅が広くなって、円盤でもやるしZeppでもやるしっていう。

いつも通りです。一生無双モードでいたいです。

――Zepp Tokyoでのライヴは、キャパもクアトロの5倍くらいあって、イベントもアイドルのフェスという特殊な状況だったわけですけど、やってみていかがでした?

前にアイドルばっかのライヴに出たときに一曲目の「新宿」の「きゃりーぱみゅぱみゅ」っていう歌いだしで、何こいつみたいな笑いが起こっちゃったんですよ。だからすごいこわくて、「きゃりーぱみゅぱみゅ」の発音とかもすごいセンシティブになってビクビクして。 歌っている間すごくシーンとなってて、あーどっちだろ? ひかれてるのかな? とかおもってたら曲が終わった瞬間に大歓声が起こって、私の直球もちゃんと受け取ってくれたんです。素直な人たちなんだなって。

――これまでの大森さんのライヴでもずっとそういう圧倒的な空気があったと思うんですよ。それがどんなに大きな会場になっても通用することを、証明したんじゃないかと思うんですが。

最近は、ロック・フェスでアイドルが爪痕を残すみたいなことばかりだったじゃないですか。こっちだって負けてらんないですよ。私もアイドルが好きだけど、ステージに関してだけは負けてる気持ちはなくて、自分がやって音楽だけで同じように立ちたいって思ってるので。

――最近アイドルと絡む機会が多いのは、大森さん自身がアイドル好きであると同時に、そういう思いもあったんですね。Zeppでやって、アイドルのイベントに出て、このままどんどん一般層に訴えかけていくのかなと思っていたんです。だから、今度やる企画が戸川純さんとの2マンなのは少し意外でした。新宿LOFTっていう場所も戸川純さんていう人も、どっちも所謂サブカル的な位置にあるじゃないですか。

どこの枠とかまじどうでもいいです。自分が魅せたいおもしろいこととか、お客さんがみたいんじゃないかってものをやってるだけです。

――大森さんは、そういう自己プロデュース力というか、自分の立ち位置を客観的に把握する力をすごく持ってると思います。

そんなたいそうなものじゃないです。いろんなタイミングに恵まれているだけで

――フォークの人とコラボレー ションしようがアイドルとコラボレーションしようが、まったく違和感がない大森さん自身が、なにものにでもなれてしまうのと同時に、どこにいっても決して染まらないものを持ってるんだと思うんです。既に確固たる大森靖子という個性が大森さんのなかにあるからこそ、なにをやってもブレないのかなって。

何しても、例えばどんな曲調でも「これが大森靖子の音楽です」って言えるくらいにはなったとおもいます、歌手として。ずっと器用貧乏が弱点だと思ってたんです。全部中途半端だから。でも今は、なんでもかんでも大森靖子の表現に利用してやると思えていて。

――いまはもう上も下もいないというか、勝負する相手すらいないのかなって気がします。

相手がいない… 他に同じような立ち方をしてる人はたしかにあまりみないです。まあどうでもいいです。自分のペースで自分から出てくる素直な言葉とか音楽に移行してけばいいなと思っています。

一丁前に世界に喧嘩売ってるみたいな気分になってたんですよ

——今回リリースされる過去音源集は、大森さんが自分の過去音源のなかから特に酷いと思うものをチョイスしてもらったんですよね。選んだ曲を送ってもらったときに、大森さんは「おぞましい」とおっしゃっていました(笑)。

音質がとにかくひどいです! 演奏も雑だし。

――でも、もらった音源を聴いてみたら、どれもめちゃくちゃよかったんですよね。音は確かに悪いし、歌い方もいまとは違います。でも、大森さ んの良さのひとつである、一度聴いたらずっとぐるぐる頭のなかでまわってしまうほどキャッチーな歌詞とメロディが、この時代の曲にもあるんですよね。

メロディは昔からあまり変わってないです、とにかく覚えやすいようにというそれだけで。

――「剃刀ガール」や「カプチーノ」「あいのうた」なんかは、いま歌っても違和感がないと思うんですよ。「少女3号」なんかはピンクトカレフでもやってましたよね。ここに入ってる曲をもう一度歌おうとは思わない?

単純に存在を忘れてました。

――歌詞も、いまと比べると素の大森さんに近い内容のものが多いのかなと思ったんですよ。いまの曲はフィクションだったり、大森さんが作りあげたキャラや世界観を歌った曲もあるじゃないですか。そうではなくて、もっとパーソナルな部分が書かれている。

ライヴもそんな感じでしたからね。お客さんはいっさい見ないで、下だけ向いてしゃがみこんでただでかい声を出すのがライヴだったので…。それで一丁前に世界に喧嘩売ってるみたいな気分になってたんですよ。みてないくせに。

――「あれそれ」とか「エンドレスダンス」みたいな、最近ライヴでやってる新曲は、また少しパーソナルな方向に戻ってきている気がします。アプローチの仕方は昔とは違うと思うんですけど。

あんまりこう、見つけてもらうためにメチャクチャなこと言って振り向かせようみたいなガムシャラさがなくなって、自分の好きなことを歌ってます。だから次のアルバムはもっと、愛しいものができるとおもいます。

LIVE SCHEDULE

2013年8月17日(土)@青山月見ル君想フ
2013年8月18日(日)@渋谷LUSH
2013年8月21日(水)@高円寺CLUB MISSIONS
2013年8月22日(木)@新宿Naked Loft
2013年8月23日(金)@大阪シアターセブン
2013年8月26日(月)@荻窪クラブドクター
2013年8月28日(水)@下北沢GARDEN

LOFT×大森靖子 presents ミッドナイト清純異性交遊
2013年8月29日(木)@新宿LOFT
前売 / 当日 3,000円 / 3,500円 (+1ドリンク)
出演 : 大森靖子、戸川純 O.A. 東京真空地帯

2013年8月31日(土)@長野India Live The SKY
2013年9月5日(木)@下北沢SHELTER
2013年9月8日(日)@新宿LOFT
2013年9月9日(月)@新宿JAM
2013年9月11日(水)@新代田FEVER
2013年9月22日(日)@愛媛県西予市宇和町「池田屋 蔵」
2013年9月29日(日)@「思い出の潟分校」校舎
2013年10月4日(金)@歌舞伎町ニュージャパン 風林会館5F
2013年10月20日(日)@札幌Sound Lab mole
2013年10月25日(金)@京都KBSホール&METRO

PROFILE

大森靖子

ポップでキュートなのにヒリヒリする、カラフルなのにどこかくすんでみえる。

圧倒的な存在感で優しく包み込むような、冷たく引き離すような歌声と楽曲の魅力は、起動力の高い彼女が主演・音楽担当映画の上映を兼ねた映画館ライヴ、アイドル・イベント、香山リカと自殺予防お笑いイベント、田口ランディとの詩の朗読イベント、汚いスタジオ、銭湯、渋谷O-EAST、『夏の魔物』等の大型フェス、本屋、日本中、海外まで凄まじいバイタリティでこなす活動により、口コミで話題に。

弾き語りでのライヴの評判を高めつつ、2011年バンドTHEピンクトカレフ始動。

2013年1stフル・アルバム『魔法が使えないなら死にたい』を発売。リリース・ツアー・ファイナルを渋谷クアトロで開催、レーベル無所属のままソールドアウトさせ、伝説のはじまりと称されるも、本人はストイックに同13日深夜即効次のライヴを敢行、変わらず連日ライヴとハロヲタの活動を充実させている。

OFFICIAL website

o

 
 

インタヴュー

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
筆者について
前田 将博 (純三)

V系生まれハロプロ育ち、aikoは俺のファムファタル。 Twitterは @junzo99 です。

同じ筆者による他の記事