Homecomings、新作EPリリース記念特集!!〈いま、関西のインディー・ギター・ロックに注目する〉

京都発、女の子3人+男の子1人の4人組バンド、Homecomings。昨年SECOND ROYAL RECORDSからデビュー・アルバムをリリースするやいなや「フジロック・フェスティバル '13」に出演、深夜のルーキーステージを埋め尽くした。そんな彼女たちが2014年、決定的一曲! といえる「I Want You Back」に加え、マグネティック・フィールズのアコースティック・カバーを収録したEPをリリース!!

このHomecomimgs、そして同世代であるThe fin.やHAPPYといったバンドたちがかたちづくる関西インディー・シーンに、2014年は注目したい。これまで騒がれてきた東京インディー・シーンのバンドとは明らかにちがった背景を感じるバンドが同時期に出てきたというのは、関西でなにかがはじまっているということじゃないだろうか。そんな関西シーンについて、レコード・ショップJET SET KYOTOで国内インディー・バイヤーを務める田中亮太、そしてHomecomingsをはじめHALFBY、Turntable Filmsを擁する関西レーベルSECOND ROYAL RECORDSのオーナー、小山内信介に話を訊いた。

インタビュー&文 : 飯田仁一郎(OTOTOY編集長/Limited Express (has gone?))

Homecomings / I Want You Back EP

【配信価格】
wav 単曲 250円 / アルバム購入 1,000円
mp3 単曲 210円 / アルバム購入 900円

【Track List】
01. I Want You Back / 02. LAKE / 03. The Saddest Story Ever Told (The Magnetic Fields COVER) / 04.Thinking of You / 05. Winter Bargain


Homecomings / I Want You Back


その衒いの無さはJackson 5や日本のベタな歌謡曲やJ-POPなどともイーブンに接した上での表現なのかな

飯田仁一郎(OTOTOY編集長)(以下、飯田) : HomecomingsThe fin.、HAPPY等、続々と関西から一癖も二癖もあるギター・バンドが出てきているように感じています。それは、下北沢インディー・ファンクラブ等の東京インディー・シーンの盛り上がりとはまた異なる色合いを感じていて、今日は彼らの話を中心に、いま関西で何が起こっているのかをお訊きしたいのです。

田中亮太(JET SET KYOTO / CLUB SNOOZER)(以下、田中) : HAPPYとThe fin.に関して言えば、ceroシャムキャッツなどの80〜90年代の日本の音楽を参照点のひとつとしているバンドとは全然違いますよね。例えばceroだったら、細野晴臣、ムーンライダーズカーネーションあたりと地続きで語れるバンドだと思うんですけど、HAPPYとThe fin.に関しては全くそういう流れではなくて。かといってHotel MexicoやCUZ ME PAINみたいな洋楽インディーど真ん中って存在じゃないのが面白いところだなと思っています。


The fin. /Circle On The Snows

HAPPY / Lift This Weight

飯田 : 彼らは何に影響を受けているのでしょうか?

田中 : いくつかインタヴュ―を読んだ限りだと、HAPPYもThe fin.も、トレンドリスナーではないようなんです。最近の海外ものを熱心に追っているわけではなくて、むしろもっと昔の、60年代のサイケとかを聴いたりしているみたいです。そこが、さっき出てきた日本のインディー・バンドとはまったく違う気がしていて。

飯田 : 亮太君はレコ屋でシーンや時代の流れをリアルタイムで追っていると思いますが、なんで今そんなバンドが出てきたんだと思いますか?

田中 : 古い音楽を追いやすくなった時代ならではなんじゃないかと思います。

飯田 : それはインターネットで調べたり聴いたりできるってこと?

田中 : そうですね。古いものと新しいものを並列にして聴けるような環境で、やりたいことをやっている。あんまり今のシーンがどうとかを意識していないような気がするんですよね。そのぶん、海外に対する意識がいい意味で低いというか。

飯田 : Homecomingsはどうですか?

小山内信介(SECOND ROYAL RECORDS)(以下、小山内) : ツアーの移動中とかに彼らが作ってきたセレクトCDを聴くんだけど、その中にはJackson 5が入っていたり、Kレーベルとかのマイナーなバンドの音源が入っていたりするんです。リリースされた年代がどうこうというよりも、自分の好きなのはこれって感じ。今回のEPにもThe Magnetic Fieldsのカバーが入っているんだけど、今の新譜だけを掘っていたらそこには中々辿り着かないじゃない?


今回HomecomingsがカヴァーしたThe Magnetic Fields「The Saddest Story Ever Told」

田中 : 今のポップシーンがどうこうってよりも、プリミティヴにやりたいことをやっているバンドですよね。しかもポップであることに衒いがない。例えばHotel Mexicoは、音楽的な知識も豊富な、スノッブなインディー・バンドでした。なので、もっと敷居が高かったと思うんです。

小山内 : そうだね。海外のバンドと同列で語られる事が多かったし。

田中 : でもHomecomingsもHAPPYもThe fin.もとにかくメロディーが立っているバンドで、その衒いの無さはJackson 5や日本のベタな歌謡曲やJ-POPなどともイーブンに接した上での表現なのかなという気がしているんですよね。あとHomecomingsは特になんですけど、「ステップアップしたい」「売れたい」「大きなステージに立ちたい」みたいな欲があるのかがわからないんです。

Turntable Filmsは先駆け的な存在だったのかもしれない

飯田 : 実際はどうなんですか?

小山内 : Homecomingsの福富(優樹)君は大きなステージに立ちたいっていう思いがあるんじゃないかな。彼の地元は石川県なんだけどJ-POP〜J-ROCKのいいときを中高時代に体験していて。BEAT CRUSADERSが爆発的に売れたり、ロッキング・オンのフェスが盛り上がったり、全国各地でフェスがはじまり出したりしたころを、一生懸命追っていたみたいだから。

飯田 : なるほど。行われているフェスとの距離が遠い分、1番憧れが強くなる地域ですね。

小山内 : うん。自分のバンドもそうありたいと。

飯田 : とはいえ、関西でも、Homecomings、The fin.、HAPPYのようなギター・バンドが突然でてきたような印象はありますが、その系譜って、どんなバンドがいると思いますか?

田中 : Turntable Filmsは先駆け的な存在だったのかもしれない。井上(陽介/Turntable Films)君はリスナーとしてはめちゃくちゃマニアックですけど、ミュージシャンとしては「日本に住んでいる日本人である自分が、日本のポップ・カルチャーに向けてどう魅力的に表現していくか」っていうところを意識しているんじゃないかなと思っていて。好きな音楽と作る音楽のバランスの取り方が、実は彼らと似ているなと思いますね。

飯田 : 洋楽を意識してはいるけど、海外へ向けていないと。

田中 : オルタナ・カントリーって、めちゃくちゃ海外の音楽じゃないですか。井上くんはそれを嗜好しつつも海外での成功は視野にいれていないと思うんですよ。海外シーンとの距離感を保っているというか、好きだけどアウトプットは日本のシーンに向けてやっている感じがします。

小山内 : 確かに。そういう意識は持ってると思います。

Turntable Films


Turntable Films / Misleading Interpretations

井上陽介(Vo,Gt)、谷健人(Ba)、田村夏季(Dr)によるオルタナティヴ・フォークロック・バンド。ゆるいパーティー感にあふれるそのパフォーマンスも定評があり、京都を中心にマイペースに活動中。


【特集ページ】
Turntable Films、総勢8人編成で行われた初のライヴ・アルバムをリリース!!
Turntable Films 1stフル・アルバム『Yellow Yesterday』配信開始&井上陽介インタビュー

田中 : 彼らはそれを無意識にやっているんだと思います。HAPPYはたぶんMGMTとか今のブルックリンのサイケデリック・ポップとかに影響されていて、The fin.はチルウェイブに影響されたって言ってるし、そこはわかりやすく出てますよね。マニアックに海外のインディーを追っているわけじゃないけど、それまでに何の音楽も聴いていなかったわけじゃなくて、リスナーとしての蓄積があったうえで、同時代のものに感化されて今の音楽になってるんじゃないですかね。

小山内 : Homecomingsのメンバーは洋楽、邦楽分け隔てなく聴いてますね。洋楽と同じくらい日本のロック〜ポップに対して関心がある。彼らは歌詞は英語だけど、メロディとかギターのフレーズとか、日本のリスナーが聞いてキャッチーだと思うような要素が多くて。積極的に海外へ発信していきたいとかではなくて、まずは国内での広がりを考えていると思います。

福富君の1番のヒーローは、YOUR SONG IS GOODなの。それと同じくらいPavementが好きで

飯田 : 洋楽への憧れがないんですね。その感覚、理解は出来るけど捉えづらいなあ。

小山内 : 音楽好きな人は大抵憧れのヒーローがいるじゃないですか? 福富君の1番のヒーローは、YOUR SONG IS GOODなの。

飯田 : YOUR SONG IS GOODが好きなんですか? カリブ全然入ってないのに!

小山内 : でもそれと同じくらいPavementが好きで。元々はYOUR SONG IS GOODとかBEAT CRUSADERSが好きなロック・キッズなんだけど、自分たちが音楽をやりはじめたら「Heavenlyに似てる」ってまわりに言われて、「なら聴いてみよう」って手を伸ばしてみたらアノラックも好きになったみたいで。最近は「やっぱりThe Strokesのファースト最高だ!」って言ってて。面白いよね。

飯田 : ライヴ面での活動はどう感じていますか?

田中 : Homecomingsは今のスタンスでやれているひとつのバックグラウンドとして、"感染ライブ"の存在が大きいと思います。京都METROで毎月やっているライヴ・イベントで、チケット代が一律980円で、出演したことがある人はいつ来てもチャージフリー。毎回主催内でキュレーターが変わっていくんですけど、ハードコア/パンクのバンドからオクノ修やゆーきゃんなど弾き語りの人まで出演していて、さっきまでモッシュしてた人が弾き語りが始まったらうっとりして聴いていたり、フロアの雰囲気がピースフルでいいイベントなんです。そのスタンスはやっている人間はもちろん、お客さんにも浸透している感じがあって、そのなかでHomecomingsはハードコアでもパンクでもないけど、感染ライブのメンバーみたいなところがありますね。

小山内 : 2ヶ月か3ヶ月くらいのペースで出てるよ。感染ライブだと、odd eyesHi,how are you?、Homecomingsは横に繋がっていると思います。皆キャラ立ちしてるけど、それぞれがそれぞれの活動の中で緩やかに意識し合っている印象がありますね。

田中 : 感染ライブってのは一種インディー理想郷みたいなカルチャーですよね。Homecomingsにとっても、どこへ出ていっても帰ってこれる場所になっているのかも。

飯田 : 大阪や神戸にもそういう動きはあるのでしょうか?

田中 : 神戸はグッゲンハイム邸の存在が大きいと思います。

飯田 : へえ、どういうところが?

田中 : 洋館をイベント・スペースにしている場所で、三田村管打団? の森本アリさんが管理人をされているんです。三田村管打団? のホームグラウンド的な存在なんですけど、片想い、アナホールクラブバンド、あだち麗三郎やceroなどの東京の面白いインディー・シーンと関西を繋ぐ、コネクションを生んだ場所なんですよね。

もっと日常的に感じている何とも言えない気持ちや感触を音楽として表していて

飯田 : 京都にも東京のシーンと繋ぐ動きはありますか?

田中 : それを京都でやっているのがキツネの嫁入りだと思っていて。

飯田 : ああ、なるほど。"スキマ産業"ですね。大阪は?

田中 : HOP-KEN"とか"こんがりおんがく"とかはありますけど、定期的に毎月どこかでイベントを、っていうのはあまり聞かないです。いろいろあるんでしょうけど、大阪は広いこともあって把握出来ていないですね。

小山内 : 大阪では"OZ"というイベントも面白いです。

飯田 : 上記の3バンド以外に台頭してきている関西の面白いバンドは?

田中 : ミラーマンフレデリック花泥棒とかですかね。

小山内 : Homecomingsと近いところだとWallflowerやJESUS WEEKENDかな。

飯田 : 同じ関西のバンドでも、キュウソネコカミKANA-BOONはJ-ROCKよりのギター・ロックのスターになりつつありますよね。

田中 : 今回の3バンドとキュウソネコカミやKANA-BOONを対立軸におくなら、キュウソネコカミやKANA-BOONは自分達の日々の中で起こった感情のメーターを振り切ったところを音楽で表現していると思うんです。だから音楽的にも激しいし性急だし、アグレッシブ。でもHomecomings、HAPPY、The fin.はもっと日常的に感じている何とも言えない気持ちや感触を音楽として表していて、その自然な感じがいいんですよね。

飯田 : 今、その感じがかえって新鮮なのかもしれないですね。

田中 : そうあってほしいですね。それぞれバンドとしての完成度が高いので、ロック・スター的に大きくなっていくというよりもっと自然に、新鮮で良いと感じる人が増えていけばいいですね。

今の関西インディー・シーンを形づくる注目バンドとは?

Homecomings / Homecoming with me?

Homecomingsの1stミニ・アルバム!! 抜群のメロディと女の子全員でハモりまくるコーラスワーク、部活内で培われたという意外にも骨太なサウンド、とにかくフレッシュな感性が弾けまくる。まるで青春の中の一瞬を切り取ったかのようなキラキラと眩しすぎる1枚。

>>特集ページはこちら

The fin. / Glowing Red On The Shore

2010年に結成された神戸在住の4人組インディー・ロック・バンド、The fin.。80~90年代のシンセ・ポップ、 シューゲイザー・サウンドから、リアルタイムなUSインディー・ポップの影響やチルウェーヴ、ドリーム・ポップなどを経由したサウンドスケープは、洋楽と区別をつける必要がないと思わせるほどの完成度。

Hi,how are you? / ?LDK

京都の2人組、Hi,how are you? による記念すべき1stアルバムが遂にリリース!! ギターと鍵盤だけのシンプル極まりないサウンドで身の丈のままの日常を映し出した、ROSE RECORDSを象徴するかのような1枚。退屈で埋め尽くされたこの部屋、ぼくときみとのささやかな出来事、忘れてしまいそうないつかの景色。のっぺりとした日々の中でも見逃すことのできないいくつかの情景を、卓越したソングライティングとそこかしこに散りばめられた様々なカルチャーへのオマージュで見事に描く。

>>特集ページはこちら

odd eyes / thinking ongaku union local 075

2010年から2011年にかけて京都にて結成、ドラム、ギター、ベース、ドラム、ボーカル、ボーカルの6人組のパンクバンド、odd eyes。暴れ叫ぶツイン・ボーカル。奇天烈なギター・リフ、京都からパンク・ハードコアシーンに新たな風を巻き起こす 。2012年、LESS THAN TVより発売した1stアルバム。

キツネの嫁入り / 死にたくない

2006 年結成。2010 年現体制へ。アコギ、ピアノ、アップライトベース、ドラムを主軸に、木琴、鉄琴、アコーディオン、バイオリンを使ったアンサンブル、京都インディー・シーンを牽引し、数多くのアーティストからも厚い信望を得るキツネの嫁入り。待望の3rd アルバム。変幻自在なアンサンブルとコトバが容赦なく捻れ合う、辛辣だが温かい唯一無二のアヴァン・ポップがここに誕生。

フレデリック / うちゅうにむちゅう

双子の兄弟を中心とした神戸発4人組ロック・バンド、フレデリック。プロデューサーに柏原譲(Polaris/ex.FISHMANS)を迎えての本格始動を告げるミニ・アルバム。耳に住み着くサウンドに、想像広がる歌詞。ジャケットなどのアートワークも含めて、一瞬で世界を変えてしまうようなシュールでユーモアな世界を見せる。

>>特集ページはこちら

ミラーマン / ニューシネマ

大阪在住、トリプル・ギター編成の5人組バンド、ミラーマン。"超のっぺりド田舎サウンド"と自ら呼ぶそのサウンドは、気取らずあたたかく懐かしい。「大阪のスピッツ」と呼び声高き彼らだが、2014年初夏に新たなリリースがあると発表されているので今後もたのしみに。

花泥棒 / ドーナッツ

from京都、ポップス生まれオルタナ育ちの庶民派ロック・バンド、花泥棒。スピッツ、くるり、bloodthirsty butchers等の日本語ロックから古今東西USオルタナをいったりきたり! 泥のような青春アンセムから奇天烈3分間ポップ、ヒクツでピュアなラヴ・ソングなど、ヤング・フレッシュネス溢れる爽快な1枚。

Wallflower / Filled With Flowers

大阪、箕面市発の男女5人組インディ・ポップ・バンド、WallflowerのデビューEP。2012年1月にSoundcloudにアップした音源が反響を呼び、ブルックリンのインディ・バンド、The Pains Of Being Pure At Heartからのラブコールを受けて来日公演で共演を果たしたことで一躍話題に。80s~90sのギター・ポップをルーツとする爽やかにキラキラ弾けるサウンド。

Homecomigs LIVE INFO

感染ライブ
2014年3月30日(日)@京都METRO
w/ 曽我部恵一、VIDEOTAPEMUSIC、CAR10、odd eyes、Hi,how are you?

ETERNAL ROCK CITY. 2014
2014年4月6日(日)@新宿歌舞伎町ライヴハウス・サーキット

シャムキャッツ『AFTER HOURS』release tour
2014年4月11日(金)@福岡 ROOMS
w/ シャムキャッツ、Hi,how are you?

シャムキャッツ『AFTER HOURS』release tour
2014年4月12日(土)@広島 4.14
w/ シャムキャッツ、Hi,how are you?

白い汽笛&oono yuukiツアー 『春のゆうやみ』
2014年4月27日(日)@神戸旧グッゲンハイム邸
w/ 白い汽笛セプテット (白い汽笛 / 江崎將史 / 亀井奈穂子 / 森雄大 / 石田成美)、oono yuuki、POPO

Homecomings presents「Special Today vol.1」
2014年5月31日(土)@大阪心斎橋 CONPASS
※ゲスト有

Homecomings presents「Special Today vol.1」
2014年6月7日(土)@下北沢 SHELTER
w/ ミツメ

PROFILE

Homecomings

京都精華大学フォークソング部の仲間で結成された女の子3人+男の子1人の4ピース。「FUJI ROCK FESTIVAL'13」「下北沢インディー・ファンクラブ 2013」「ボロフェスタ 2013」出演に、Veronica Falls、Summer Twins、Computer Magic、Alpaca Sports、Norman Blake(Teenage Fanclub)、Eugene Kelly (Vaselines)、Duglas T. Stewart(BMX Bandits)といった海外アーティストとの共演、Teen Runnings、Hi, how are you?との スプリット・リリースと結成から約1年で飛躍的に活動を展開。2013年6月にミニ・アルバム『Homecoming with me?』でデビュー、同12月24日7インチ・アナログ盤『I Want You Back』を限定発売、2014年3月19日に5曲入りCD盤『I Want You Back EP』をリリース。

>>Homecomings Official HP

o

 
 

インタヴュー

渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事