3月のシングル「dreamer」にはじまり、アルバム『VIEW』、そして6月23日にリリースされたアルバム『forest at the head of river』と怒濤のリリースを重ね、LIQUIDROOMでのワンマン・ライブを即完売させたSpangle call Lilli lineは、突然ライブ活動の休止を宣言した。藤枝憲(Spangle call Lilli line)×ミト(クラムボン)×美濃隆章(toe)のHQD鼎談でも、他の2人と違って、「音楽はガス抜き」と言い切った彼らだから理解出来なくもないが、それでもびっくりしたもんだ。そんな発表後間もなく、大坪加奈のソロ・プロジェクトNINI TOUNUMAの音源がふわっと届いた。綿のようにふわっとだ。プロデュースは、OTOTOYでもプッシュし続けるSPANOVA。そのマッチングの妙に興奮を押さえることは出来なかった。彼女は、彼らのどこに惚れ込んだのか? あえて言葉で語ってもらった。

インタビュー&文 : 飯田仁一郎

NINI TOUNUMA / Woolgathering

Spangle call Lilli line大坪加奈によるソロ・プロジェクト。待望の新作をOTOTOYでは高音質でリリース。

限りなく空気と宇宙に近い、センセーション・ミュージック。このまま重力を忘れてしまえばいい。ミックス&共同プロデュースにSPANOVAを迎え、煌めく孤高のスペクタル・ビート。

デジタル・ブックレットも付いてくる!

ガラスの靴を履いたシンデレラの気分

ーー大坪加奈(NINI TOUNUMA)さんが、SPANOVAをミックス・エンジニアとしてお迎えした経緯を教えてください。

大坪加奈(NINI TOUNUMA)(以下 大坪) : 元々は、felicityから発売された『SP-つながり』というコンピがあったんですよ。Spangle call Lilli lineSPANOVA、そしてspeedometer.。そのコンピで、エイジアの「HEAT OF THE MOMENT」のカヴァーにヴォーカルで参加したんです。
KEN TASAKI(SPANOVA)(以下 KEN) : だいたい7年くらい前やな。
大坪 : 「とてもかっこいいトラックを作る人達がいるな」と思ってて、felicityのイベントでご挨拶もさせてもらったんですけど、何かを一緒にするってことはなかったんです。1st『TOUNUMA NINI』のリリース時に音源を聞いてもらったりとか繋がってはいたんですけどね。今作を作るにあたって、自分の音を理解してくれていて、ブラックの要素を持っている人に手伝ってもらいたかったんです。歌もあって、エレクトロの要素もあって、温かい音が出せる人。そんな人は、見渡したらSPANOVAさんしかいなかった。

ーーミックス・エンジニアの話が来た時、SPANOVAさんはどう思いましたか?

KEN : デモが送られてきて、その中には、ロー・ファイな音やけどハイ・ファイなイメージがいっぱい詰まっていたんです。その音楽性のハイ・ファイさをどう音として表現するか、サポートするかを考えた時に、かなり自分達の能力を超えていることかもしれないと思って、OKを出すまでに時間がかかったんですよ。

ーーシン(SHIN TASAKI)さんはどう思いました?

SHIN TASAKI(SPANOVA)(以下 SHIN) : 同じですね。彼女の才能のスケールの大きさを感じで、その責任を全う出来るかどうかを最初に考えましたね。

ーー大坪さんの才能は、昔から気づいていましたか?

KEN : 1stを聞いた時に、その片鱗を感じましたね。Spangle call Lilli lineはヴォーカリストに徹していますけど、NINI TOUNUMAでの大坪さんは、別人。面白い音を作る人だなって。

ーー大坪さんの制作過程を教えて頂けますか?

大坪 : 音楽制作ソフトは、Ableton Liveを使っています。リズムはもともと入っている音を加工したり、オーディオ・インターフェイスを買うと付いてくる音源を細かくしたり切ったりする感じです。高価な機材は、全然持っていないんですよ。そんな断片を日頃録りためておいて、曲にするタイミングで繋ぎ合わせていくんです。

ーー断片って言うのは、メロディーなのか、リズムなのか、それとも音なのでしょうか?

大坪 : それぞれですね。声だけ、リズムだけ、キーボードでポロって弾いただけのものも... 数年前に録ったものがあったりもするんです。

ーー曲は、Spangle call Lilli lineの創作活動と平行しながら創っていたのでしょうか?

大坪 : そうですね。

ーーでは、どのタイミングでSPANOVAさんに参加してもらったのでしょうか?

大坪 : SPANOVAさんに参加してもらおうって時には、既にだいたいの曲と全体の曲順はあったんです。

ーーミックス・ダウンも終わっていたのですか?

大坪 : いや、服で言うと仮縫いくらいまでですね。私はここまでしか出来ないけれど... って言う所まで創って渡しました。
KEN : そのラフ・ミックス的なものを、もう少しハイ・ファイというか、どのスピーカーで聞いてもある程度のレンジ感を持って聞こえるようにしたいって思いましたね。ただし、既にフィーリングは伝わってきたし、使っているコードや傾向は曲にフィットしていたので、全ての音を入れ替える必要はなかった。組織は既に出来上がっていたんです。メロディーとコードの関係、コードとリズムの関係とかは、凄い良かった。また、音響的にハイ・ファイにしすぎると、そんなバランスも崩れていくので難しかったですね。

ーー具体的に苦労した所は?

KEN : 1曲1曲に想い出があるんです。特に1曲目の「face it」と6曲目の「type you」かな。「face it」は、R&Bを基調にしたサウンドだったので、キックとスネアにエネルギーが欲しかったんですけど、もらったループでは音圧が全くなかった。だからまず音圧感を出すのに苦労したんです。でもギターのリズムとドラムの微妙なバランスはとれていたんです。だからまんまリズムを変更すると元の感じがなくなった。で、ドラムのループに思いっきりフィルターをかけて、ハイハット扱いにして、さらにスネアを入れたんです。

ーーなるほど。大坪さん、気づいていました?

大坪 : それが気づいていないんですよ。もちろん、その辺りがガラっと変わったのはわかっていましたけど「そんな作業工程があったなんて! 」って感じです。

ーー「type you」は、どこが?

SHIN : 他の曲は、空間に音をどう描くかって言うテキスチャーは完成していたんです。でも「type you」だけは完成していなかった。キーボードだけをばっと弾いて送ってきた感じで、それを俺たちがどう解釈するのかがポイントやって。リズムもなくて、でもコード展開は多くて、凄いドラマチックな曲やったんです。だから、音響的に充実した感じを目指すと、独特のクールな感じが出なくなって、ただドラマチックなだけの曲になってしまったんです。
大坪 : 最初に渡した時は、この曲は短かったんですよ。でも途中で、「こういう感じにします」ってドラマチック仕立ての曲にしちゃったんです。で、色々やっていただいて、出来上がった曲をまた3分の1くらいカットしてもらったりしたんです。

ーー多くのプロデュースをしているSPANOVAさんから見て、大坪さんと他のアーティストが違う点ってどこでしょう?

KEN : 圧倒的に違うのは、コードの感覚。そしてメロディーの感覚は、完全に彼女独自のものでしたね。安易に着地せずに、常に浮遊しているというか、独自の浮遊感があるんですよ。それって、他のアーティストからは感じることは出来ないですね。
SHIN : そうそう。こじんまりとまとまらないと言うかね。音楽ってその曲ごとでムードがあるんですけど、大坪さんってそのムードで必ずしも終わらないと言うか、そのムードの中で、さらに思いついて表現していくんですよ。音響的には勿論難しいんですけど、ちゃんと曲にフィーリングがあって、NINIってアーティストの心象風景になっているんです。まぁ、絶妙なバランスってことですね(笑)。

ーー大坪さんの風景って何色?
KEN : 移り変わっていく感じかな。揺らぎがあると言うかね。コード感覚も、遠い響きがするんで、あんまり色としては例えられないかな。
大坪 : 私が落ち着きないからかなぁ?
SHIN : そう思う。だってね「7月にMIXを完成してください」って言われて、8月に入ってしもうて、もうめっちゃテンパってたら、「ヴォーカル変わりました」って... 「あれ仮やったんかい」って!
KEN : 確かに、仮歌って気づいた時は、びっくりした!!
大坪 : 後、途中で曲のタイトルを変えたらびっくりされました(笑)。
SHIN : ほんまに、あれも衝撃やったな。
大坪 : Spangle call Lilli lineでは、ギリギリになってタイトルを変えるのは普通だったんですけど、SPANOVAさんに関しては普通じゃなかったっていう...
KEN : そりゃそうでしょ(笑)! タイトルからイメージ出来る世界の音を作ってたからなぁ。
SHIN : 音楽とタイトルだけが、俺たちに与えられたヒントで、タイトルに合わせて世界を作っていたから、「タイトル変わりましたぁ」って言われて、「おい〜」ってなるよね(笑)。

——例えば、なんて曲が変わったのですか?

SHIN : 2曲目の「8 ways」とかな。最初は、「beat NINI」やってんな。だから私のビートってイメージで、曲は尖っているんやけど、タイトルは曲線がある感じがしたから、鋭い感じと丸い感じのバランスをとっていたら、「8 ways」っていう鋭いのがきたんです。
KEN : そうそう。「beat NINI」だったら、ベッド・ルームの延長線上ってイメージやったのにな。「8 ways」やと、もっと広くなると言うか、強くなるんですよね。
大坪 : なるほど〜。
SHIN : 「8 ways」のエイトってなんなんですか?
大坪 : 字面ですねぇ〜。なんか美味しそうじゃないですか?

——なるほど。色々あったんですね(笑)。出来上がってきて、SPANOVAさんにやってもらって一番変わったと思う部分はどこですか?

大坪 : 音の構成と言うか、鳴りの響きですかね。最初に聞いた時は、衝撃的でした。音の定位もそうだし、もともとの自分の骨格にあったものが更にレベル・アップしていて、ガラスの靴を履いたシンデレラのような気分でした。

——それは期待通りだったってこと?

大坪 : 期待以上ですね。想像のつかない所にいってくれた感じで、凄い嬉しかったです。

——Spangle call Lilli lineが休止した理由ってあるのですか?

大坪 : 結構立て続けにアルバムを出していたし、各メンバーもそれぞれの仕事に専念してもいいタイミングなのかなって、何となく自然に、第2期なのかな? ライブ活動はお休みしようかって。

——じゃぁ、ソロ活動を中心にこれからやっていくのですか?

大坪 : 実はお休みするにあたって、1st『TOUNUMA NINI』の状態からアップデートしておきたかったって言う気持ちがあったんです。なので、レーベルに2ndを出したいですとお願いしました。

——NINI TOUNUMAもお休みするってことですか?

大坪 : もちろん、曲制作や音制作はやりますよ。Spangle call Lilli lineNINI TOUNUMAもライヴがお休みってことなんです。

——SPANOVAさんは、現在どんな状況ですか?

KEN : 今は丁度SPANOVAのレコーディング中なんですよ。今回はエンジニアを迎えて、ベーシックな録りを終えたんです。

——えっ! SPANOVAがエンジニアを迎えて?

KEN : 今回は、CMの仕事でご一緒した森岡徹也さんっていう素晴らしいエンジニアをお迎えしたんです。自分達でやるとどうしてもスピード感が失われるし、マイキングとかをこだわっていると、どんどんスケジュールがずれていくってこともあったので、今回は1年間ライブでやってきた成果を優秀なエンジニアにスパッと録ってもらおうと思って。

——いつぐらいにリリースですか?

KEN : カンパケが11月くらいになると思いますよ。
SHIN : 今の所かなり良い感じです。
大坪 : 楽しみなんですよね〜。

Spangle call Lilli line

SPAOVA

SPANOVA RE-MIX作品

PROFILE

NINI TOUNUMA
Kana Otsuboによるソロ・プロジェクト。Spangle call Lilli lineのvoとして活動中に、2009年初のソロ・アルバム「TOUNUMA NINI」をリリース。 2010/11/17に2nd album『Woolgathering』がリリース決定。スパングル他、RISS & NINIのvoを担当。

NINI TOUNUMA Label Site

SPANOVA
KEN TASAKIとSHIN TASAKIの兄弟によるユニット。SPANOVAとして、作品をリリースする他、作曲プロデュースなど多岐にわたる活動をしている。シカゴの名門HEFTYRECORDSからもリリースし、エレクトロニカ・シーンでも注目を集めている。

SPANOVA Official Site

 
 

インタヴュー

sora tob sakana メジャー1stシングルを先行配信
[POWERPUSH]・2018年07月14日・sora tob sakanaの夏、到来! TVアニメ「ハイスコアガール」OP曲のメジャー1stシングルを先行配信開始 神﨑風花、山崎愛、寺口夏花、風間玲マライカによる4人組アイドル・ユニット、sora tob sakana。TVアニメ「ハイスコアガール」のオープニングテーマを含んだメジャー1stシングル『New Stranger』が7/14から先行配信を開始。夏のはじまり、7月1日に東京国際フォーラム ホールCで行われた昼夜ワンマン・ライヴも成功に終わり、シングルのリリースとともに夏の大規模アイドルフェスに多数参加予定の彼女たちにメールインタヴューに加え、5・7・5で一筆書いてもらいました! まとめ購入者から抽選で3名様に直筆サイン入り全員集合チェキをプレゼント!sora tob sakana / New Stranger 【収録曲】 M1. New Stranger M2. silver M3. 発見【配信形態】24bit/48kHz (WAV / FLAC / ALAC) / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム価格 1296円(税込)>>通常配信パッケージはこちら☆プレゼント応募要項☆
ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品
・2018年07月11日・ロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品──M-Swiftの7年ぶりの新作 ハウス・ミュージックの名門、イタリアの〈イルマ・レコード〉と契約しワールドワイド・デビューし、2000年代後半より、ハウス〜クラブ・ジャズ系のシーンにて、その才能を発揮してきた松下昇平のプロジェクト、M-Swift。2011年のアルバム『12Months』以来、実に7年ぶりにアルバム『Moving with The Changes』をリリースする。多彩なシンガーを迎え、R&B〜ソウルを基調に、ジャジーなフィーリングが心地よいスムースな作品となっている。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともにインタヴューをお届けしよう。 7年ぶりの新作をハイレゾ配信開始M-Swift! / Moving with The Changes (24bit/44.1kHz)!'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 2.300円(税込)【収録曲】01. Lucky star feat. Nate James!02.
by 河村 祐介
弾き語り、トラック・メイク、会社経営!?──各所で話題を集めまくっている、眉村ちあきって一体何者!?
・2018年07月03日・弾き語り、トラック・メイク、会社経営!?──各所で話題を集めまくっている、眉村ちあきって一体何者!? 弾き語りからトラック・メイク、そして会社経営までこなし、その独自の作曲センスと高い歌唱力で各方面から注目を集めまくっている“天才シンガー・ソング・ライター・カリスマ・アイドル”、眉村ちあき。彼女が5月にタワーレコードにて限定発売した自主リリースのアルバム『Germanium』『海苔汁』『ハタチの女 オブ アメリカ』の3作(こちらもOTOTOYにて好評配信中です!)より選曲した楽曲を再レコーディングした現時点でのベスト盤ともいうべき作品『目尻から水滴3個、戻る』がOTOTOYでもハイレゾにて配信スタート! しかも! なんとOTOTOY限定のボーナス・トラックとしてTV番組『ゴッドタン』の企画「このアイドル知ってんのか!? 2018」にて即興披露した楽曲「ゲロ」の完全版が収録された特別エディション! 配信とあわせて、まだまだ謎に満ちた彼女の正体に迫るインタヴューも掲載! 眉村ちあきって、一体何者なの!? 限定発売だったアルバムが、OTOTOY限定トラック付きでハイレゾ配信!眉村ちあき / 目尻から水滴3個、戻
by 前 田
YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信
・2018年07月05日・ポップという実験──YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信 生活にすっと入ってくる美しいメロディ、そんなポップスの楽しさに満ちたアルバムだ。伝説的なスカ・バンド、デタミネーションズのメンバー、YOSSY(キーボード / ヴォーカル)とicchie(トランペット / トロンボーン)によるユニット、YOSSY LITTLE NOISE WEAVER。前作『Volcano』から約8年ぶりにニュー・アルバム『Sun and Rain』をこのたびリリースする。それぞれにハナレグミ、Caravan、Mr.Childrenをはじめ様々なアーティストのサポートなどでの活動、そして本ユニットでのライヴ活動を経て導き出された新作は、日本語詞を含めて音楽的表現としては、ある種の“歌ごころ”にフォーカスしたポップなアルバムとなった。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信とともにインタヴューを行った。 独占ハイレゾ配信YOSSY LITTLE NOISE WEAVER / Sun and Rain'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは
by 河村 祐介
アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編
・2018年07月04日・メジャーの舞台でもレッツ・パーティー!!──アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋を徹底特集! 地元川越ぶらり編 ライヴ会場だけでなくお茶の間までもダンスホールへと変身させてきた、平成最後のファンク・モンスター、BRADIO。昨年2017年に〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たした彼らが、ついに2018年7月4日(水)にメジャー1stフル・アルバム『YES』をOTOTOYでもハイレゾ・リリース。このタイミングでこそフロントマンの真行寺貴秋の言葉が聞きたい! というOTOTOY編集部の思いから、メジャーに行っても第2弾となる真行寺貴秋特集を敢行。メジャー・デビューや全国ツアー、中野サンプラザやNHKホールでのライヴ、そしてメンバーの脱退など、まさに酸いも甘いも経験した真行寺貴秋はいま何を語る!? 今回は彼の地元、川越での思い出の地をぶらりとしながら、青春時代の思い出から、今作での彼の変化まで語ってもらった。まさに真行寺貴秋を丸裸にしちゃうようなインタヴューをお楽しみください! >>真行寺貴秋特集 第1弾はこちら
by JJ
水曜日のカンパネラ、新作EP『ガラパゴス』 & 初の劇伴を担当した映画サントラをハイレゾ配信!!
・2018年06月27日・水曜日のカンパネラ、新作EP『ガラパゴス』 & 初の劇伴を担当した映画サントラをハイレゾ配信!! 2017年は日本武道館単独公演、全国ツアー、海外公演に加え、コムアイがドラマやバラエティ番組に出演、モデルとしても活躍するなど充実の1年となった水曜日のカンパネラ。アルバム『SUPERMAN』のリリース後は配信限定シングルを4曲リリースしてきましたが、2018年初のリリースとなる作品『ガラパゴス』が到着! 今作はFISHMANSなどの作品のミックスを担当してきたことなどで知られるzAkがエンジニアとして参加。これまでの水曜日のカンパネラとはまた一味違った作品に仕上がっております。また、EPと同タイミングでコムアイも出演、水曜日のカンパネラ初となる劇伴を担当した映画『猫は抱くもの』のサウンドトラック(配信限定!)も配信中。OTOTOYでは今作のリリースを記念し、5月15日(火)に行われた『ガラパゴス』公開取材の模様より、コムアイとケンモチヒデフミによる今作『ガラパゴス』の解説を掲載。過去リリースしてきたEPでは常に新たな挑戦をしてきた水曜日のカンパネラが挑む今作での新たな試みとは? CMソング「見ざる聞かざる言
Q’ulle“ゆずき”の新プロジェクト、YUZUKINGDOMのこれからの展望を訊く
・2018年06月26日・みんなを支える「王になりたい」──Q’ulle“ゆずき”の新プロジェクト、YUZUKINGDOMのこれからの展望を訊く 「歌って踊れるダンス・ロック・アーティスト」Q'ulle(キュール)のメンバー、ゆずきが新プロジェクト「YUZUKINGDOM」をスタートさせた。Q'ulleでもスクリーム・パートを担当していたゆずきが、日本だけでなく海外でも活躍するトランス・メタル・バンド、BLOOD STAIN CHILDとタッグを組んで建国が宣言されたYUZUKINGDOM。果たしてこの王国はどのような未来を歩んでいくのか。現在のQ'ulleでの活動や、YUZUKINGDOMの今後、そしてゆずきが目指すアーティスト像について訊いた。 ソロ・プロジェクト初作品!! YUZUKINGDOM / GENESIS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】1. Gate of the Kingdom2. Trauma3. Eyes Shut Tightly4. National Anth
by JJ
新たなルートへ入った3776──『歳時記・第二巻』OTOTOY独占ハイレゾ配信開始!
・2018年06月26日・新たなルートへ入った3776──『歳時記・第二巻』OTOTOY独占ハイレゾ配信開始! 富士山ご当地アイドル3776(MINANARO)の新曲、『歳時記・第二巻』がOTOTOYにてハイレゾ独占配信開始! 本作のリリースに伴い、OTOTOYでは3776メンバーである井出ちよのと、プロデューサーである石田彰にインタヴューを敢行した。7月には渋谷O-nestにて開催される『3776を聴かない理由があるとすれば』の再現ライヴを控える彼女の、明確な“今の目標”に迫る。 OTOTOYハイレゾ独占配信開始! 購入特典ブックレット付き!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz)、AAC【配信価格】アルバム購入 540円(税込) 単曲購入 162円(税込) INTERVIEW : 3776 (井出ちよの) & 石田彰 彼女が歩んできた道は、3776、井出ちよの、LINKモードという確かな経験を経て現在へと至った。そんな“現在の彼女”が目標として掲げたのは、国内最大のアイドル・フェス〈TOKYO IDOL FESTIVAL〉とのこと! 7月にはあの名盤『3776を聴かない理由があるとすれば』の再現ラ
by JJ
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。