NEOかわいいバンドCHAIがOTOTOYのテーマ・ソングをリリース?!──彼女たちの結成話やルーツを訊いた

左からBa./Cho.ユウキ Vo./Key.マナ Vo./Gt.カナ Dr./Cho.ユナ

『NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド』CHAI。このたび彼女たちが、OTOTOY×東洋化成コラボレーベル“TOYOTOY”からの第一弾流通作品として、2017年3月1日になんと7inchをリリース(ハイレゾ配信も同時配信)。なんとも嬉しいことにOTOTOYのテーマ・ソングを書いてくれたとのことだが、「音」(Sound)と「胃」(Stomach)!!?彼女たちの発想力にはスタッフ一同脱帽。こんなぶっ飛んだ曲、後にも先にも生まれないことが断言できるぞ! 今回は今作についてはもちろんのこと、CHAIのなかなか触れてこられなかった結成時のエピソードや音楽のルーツを掘り下げてみた。このゆるいメンバーからは想像もつかない、かっこよすぎて、なのにとりとめのない不思議な音楽性はどこからやってきたのか。これを読めばCHAIの事が少し分かっちゃう? いや、気がついたら彼女たちのペースにのまれてる!!?

取材 : 飯田仁一郎
文章・構成 : 宮尾茉実
写真 : 大橋祐希

OTOTOY×東洋化成のコラボレーベル“TOYOTOY”の第1弾流通作品!


CHAI / Sound & Stomach / ボーイズ・セコ・メン(24bit/96kHz)

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 : 270円(tax in) / まとめ買い : 540円(tax in)

【収録曲】
SIDE A. Sound & Stomach
SIDE AA. ボーイズ・セコ・メン

INTERVIEW : CHAI

ついに完成したCHAI初の7inch

——遂に初の7inch『Sound & Stomach / ボーイズ・セコ・メン』が完成しましたね。まずは、「Sound & Stomach」。これはどうやってできた曲ですか?

マナ : これはー、OTOTOYの曲!

——OTOTOYに向けて作ってくれた曲なんですか?

ユウキ : ホームページの雰囲気とか可愛かったし、変わってる音楽がいっぱいでいいよねって。

——それは嬉しいですね。

マナ : んで、作ってみたらお腹がすいたっていう曲になっちゃった(笑)。

ユウキ : めっちゃ調べたんですよ、OTOTOYってどういう意味なのか。でもどこにもでてなくて。妄想した! それで「音」(Sound)と「胃」(Stomach)ってなった。

——すごいなって思ったんですよ。OTOTOYは、いろんな人が「おととい来やがれ」とか「音で遊ぶ」とかって想像してくれたのに、「音」と「胃」って、初めてのパターンだ(笑)。

ユウキ : めっちゃ考えたんだよー。

マナ : 最初「おもちゃ(TOY)」の意味かと思った。ロゴがブロックだからね!

ユウキ : でも「OTO(オト)」の意味がわからなかったから。こうなった!

出来上がった7inchを再生する4人

——しかも歌詞に「ハイレゾレボリューション! 」まで入れてくれているのは、とても光栄です。ありがとうございます! もう一曲「ボーイズ・セコ・メン」は、どういった曲なのでしょう?

マナ : 歌詞にもある美容師、バンドマン、バーテンダーの付き合ってはいけない男3B(それぞれの頭文字をとったもの)に女の子は誰しも引っかかっちゃうんじゃないかなって思って歌にしたの。セコいし欠陥があるんだけど魅力的でかっこいいみたいな。男性のことを歌った恋愛の曲はあんまり好きじゃないんだけど、CHAIなりの表現の仕方があるんじゃないかなって思って作った。

——なるほど。それはバンド全体の共通認識なんですか?

マナ : ユウキ以外は。他3人は恋愛話大好きな体質だから。ユウキは言わないタイプだよね。

ユウキ : 言わないね〜。

——このジャケットは誰がデザインしたんですか?

マナ : これはユウキがしました。

ユウキ : わたしはイラストを書くのが趣味なんですよ。

Ba./Cho.ユウキ

——皆さんは音楽をどうやって探していますか?

マナ : YouTubeかなぁ。

——それは誰かがツイッターとかでつぶやいていたのを見て? それとも関連動画から飛んで?

マナ : 私はずっとYouTube見てる。

ユウキ : 私もかな。

マナ : それでよかったら、CD屋さんにCDを買いに行く。今日はQUEENとOasis買った。

—QUEENとOasis!?

マナ : QUEENは通らなあかん気がした。Jellyfishを感じたし!

——Jellyfish!? Jellyfishのほうが聴いたのが先だったのね。

マナ : めちゃめちゃ好きなんですよ。コーラスが似てただけなのかな。なんかミュージカルみたいな感じが好き。

——今は他にどんな音楽を聴いていますか?

マナ : 個人的にはCSS。めっちゃ好きで、はまってる。まず「Alala」から入って、そこからCD買っちゃった。すごい好き。

——1年前に出会った時は、CSSとかも聴いてなかったよね?

マナ : そう、最初はBasementJaxx とJamiroquaiしか聴いてなかった気がする。『ほったらかシリーズ』の時はもっと違う音楽聴いてたかなあ。あの時は、岡村靖幸とかGorillazとかを聴いてたかな!

——ユナさんは何を聴いてますか?

ユナ : 私は結構浅く広くかなー。Bruno Marsとか好きだしー、あとは、Journeyとかのライヴも見に行ったー。

——Journey!

カナ : 好きなもの好きだからねー。聴いて「これっ!」って思ったものしか聴かない感じ。

ユナ : そうそうーいろいろ好きー。

——日本の音楽はどうなんですか?

カナ :ceroは好き。

マナ : D.A.N.も聴く。Suchmosとかも聴く。なんか最新の流行すぎるね(笑)

カナ :椎名林檎とかも好き! でも真似したいとは思わないかなー。

——それはなんで?

カナ : なんでだろうー。私たちは椎名林檎にはなれないから。

マナ : それにもういるからやる必要ないよね。

——CHAIはどんな音楽がやりたいと思っているんですか?

マナ : CSSとtUnE-yArDsとBasement JaxxとTom Tom Clubを4で割った人! 年代は全然知らんのだけど、そんな音楽が混ざった女の子バンドになりたい。そんな人いないと思う。幅広〜い音楽を、ちゃんとやりたい。

——女の子バンドであることにこだわりはあるんですか?

マナ : ある! 女って軽い音を出すイメージがあるじゃないですか。しっかりやらなくても可愛くて評価される感じ。「いやいや、私たちはそんな音楽じゃねえよ」って思うし、女だからって舐められたくないの。しっかりした音を、女が出すっていうのが一番かっこいいと思う。

ユナ : 女の子が音楽をやると重きが見た目に行く気がする。可愛いから売れるとか。

Vo./Key.マナ

——見た目にコンプレックスはあるんですか?

一同 : あるある。いっぱいある。

——例えばどんなもの?

マナ : えー、私たちクラスにいる一番可愛い子じゃないじゃないですか。学生300人くらいおっても、本当に可愛い子って2、30人。そこの枠には絶対に入らない4人チームがCHAI!

——入りたかった?

マナ : 入りたかった! でも、生まれた顔は変えられないから、それを生かしていきたいし、すごい可愛くないとかじゃないかもしれないけど、だからこそできる表現がある。完璧じゃないから。

——完璧じゃないからできる表現っていうのは例えば?

マナ : 自分の全てを見せる。例えば、お腹出てるんですよ、私。それをあえて見せる。お腹でたっていいんだよ、可愛いんだよって。隠そうとするのが日本人なんだけど、そこをあえてガリガリじゃないからこそ見せていくことで、他の人の自信に繋がりたい。だから今回のアー写とかも膨れてぱんぱんな身体を見せたの。めっちゃ膨れてるわけじゃないから中途半端なんだけど、でもそれをあえて見せて、皆に自信を持たせたい。「これでもいいんだよ!」って。

——ユウキさんはコンプレックスある?

ユウキ : ありますよ〜。逆にガリガリすぎるのがコンプレックスで、アー写とか骨骨しくって嫌なんですけど、それももう、これでもいいんだよって。あと私、首が長いんですよ、骨が1つ多いんですって。

——首が長いのは初めてライヴを見た時から思ってました。可愛いバンドやアイドルになりたいわけではない?

カナ : もどきが嫌だ。

ユナ : バンドなのかアイドルなのかどっちなのー? っていう中途半端なのが嫌かな。

——曲はどうやって作っているんですか?

マナ : その時聴いてる音楽に影響されるから、聴いた音楽で「あ、こんなのが作りたい」って思ったら作る。だいたい題材があるっていうか。よくミュージシャンが曲のアイデアが降ってくるとか言うけど、降ってこん。

——ははは(笑)かっこいい!

マナ : だってそんなの嘘だもん! 絶対降ってこないよ。神じゃないし。

——じゃあ、YouTubeを探す行為が、CHAIにおいては大事なんだ。

マナ : そう、その時聴いてる音楽がすごい大事。だからこれからもどんどん変わると思う。

——でもこれに影響されているって、CHAIの楽曲からはなかなか察することができません(笑)。

カナ : それはね、完璧にやれんからだと思う。技術的に完璧にコピーできないから。だからtUnE-yArDsみたいな曲を作っても、絶対にtUnE-yArDsにはならない。

Vo./Gt.カナ

——曲はだいたいマナが書く?

マナ : 書きます! 私が曲をスタジオに持って行って。あとはスタジオで「こういう曲よかったんだよねー」って言ってリズム叩いてもらって、そこにメロディーをのせる。

——アレンジは誰が?

マナ : ベースラインも含め、コードは基本カナがつける。

カナ : マナがコードが分からないから私がつける。私もあんまりわからないからテキトーだけど……。

マナ : でもカナが1番分かるから。

カナ : えーでもユナの方が詳しくない?

——音楽勉強してたんだっけ?

マナ : ユナはしてた。

ユナ : 専門学校でドラムを専攻してました。

——結成から振り返ってみたいね。誰がCHAIをやろうと言い出したんですか?

マナ : 私です!

——なんで始めたの?

マナ : めっちゃ音楽が好きだから! 高校の頃、ユナとカナと私は軽音学部でaikoとか椎名林檎とかのコピー・バンドをやってたの。それで部活でオリジナルの曲を作る機会があって、その時曲作りが好きになっちゃって。そこからずっと曲を作ってて、「またやりたい!」って思って結成した。

——高校の軽音部で出会った3人が、一回離れて再度集まったのはいつですか?

マナ : 大学の頃。高校からずっとオリジナルを作っていて、全然諦めれんくて、音楽やりたい音楽やりたいってカナにも話してて、欲が募りすぎてユナを誘った。

ユナ : 誘ってくれました。「え、やるやるー」って。

——初めてライヴを見た時から思ってましたが、ユナは基本軽すぎますね。ユウキはどうやって入ったんですか?

ユウキ : 「バンドやりたいー」ってマナが言ってて、「じゃあ応援するよー! 」って言ったら「ついでにユウキもやる? 」って、「あ、やる〜」って答えた。バンドっていうものをやったことがなかったから、面白そうって思って。そしたら余ってたベースになった。

——3人は経験してたわけだから、それこそベースも経験者にしなくてよかったんですか?

マナ : ユウキはできる気がした。この子器用だなって思ってたし、習得早そうだなって。「のめり込み早い」から……。「飲み込み」だ!!

左から Vo./Key.マナ Vo./Gt.カナ Dr./Cho.ユナ Ba./Cho.ユウキ

——……。

マナ : あと、ユウキとは初めて音楽の趣味があったの! ceroとか好きで聴かせてもらった時に「何これ聴いたことない! 」ってなって。ユウキも「初めて共感してもらえたー。」って言ってたよね。

——ceroみたいな存在が当時はまだいなかったですもんね?

マナ : 星野源とかもね。

ユウキ : カクバリズムが好きだった〜。

マナ : あとはSEBASTIAN Xとか、奇妙礼太郎とかも教えてもらった。

ユウキ : TSUTAYAでジャケ買いとかしてた。

マナ : 初めて音楽の趣味があったから、「この子いける!」って思って誘った。

——すぐライヴハウスに出始めたんですか?

マナ : 曲がなかったから、曲をめっちゃ作ってた。その時は真剣にやろうとかそんなこと思ってもなかったから、曲作るのとかも凄く遅かった。

——じゃあ、本気でやろうと思ったのはいつ?

マナ : 2016年かなぁ。

——えっ、そんな最近! それまではみんなこれで頑張るぞっていう感じではなかったんだ。

マナ : 職にしたいと思ったのは去年。上京の話は去年(2016年)の春にしてて、「本気でやるなら名古屋にいちゃダメだ」ってなって自分たちで決めた。

——ほー。どうしてそう思ったんですか?

マナ : だって日本の中心は東京だから。

ユウキ : あとは東京にライヴで来てたからかなぁ。

マナ : 東京でやったほうがアーティストも対バンも反応がよかったし、これは東京でやったほうがいいんじゃないかってみんなで思って、「夏に行こう!」って。

——名古屋ではどこで活動してたんですか?

マナ : ライヴは全然してなかったからなぁ。K.Dハポンかな。大阪は3回くらいしか行ったことなかった。

——上京は、誰が言い出したの?

マナ : 誰かな、私かな。

——その時ユナはどう思ったんですか?

ユナ : 「お、うん! 行こうー!」って。

カナ :流されるタイプだ(笑)

——色々、名古屋でも家族とかの人間関係とかあるじゃないですか。そういうのは考えなかったんですか?

ユナ : 考えたけど、音楽やりたかったし、家族は離れても大丈夫かなって。それに、いつか東京に来ると思ってたんですよ。それがきっと今なんだなって。

Dr./Cho.ユナ

——カナは?

カナ : めっちゃ不安だった。神経質だから。マナが東京に行くって行った時、来年にしようよって言っていた派。

——でも結局決断したんだ。

カナ : うん。これは行かなあかん時だって。

——ユウキは?

ユウキ : 音楽やってて楽しかったから東京に行ったほうがいいなって思った。んで、皆で引っ越した。

——皆で引っ越して一緒に暮らしてるんでしょう?

マナ : そう、CHAIハウスに!

——思い切ったね。その頃から皆、音楽を仕事にしたいって思ってた?

一同 : 思ってた。

カナ : うん。そのつもりで来たよね。

——なるほど。じゃあ、4人はどんなミュージシャンになりたい?

マナ : バンドでグラミーをとりたい。

——え、グラミーってご存知ですか?

マナ : え、知ってますよ! 受賞して、アジア代表になりたい。

ユウキ : 世界ツアー行きたい。

マナ : 「可愛い」を変えたい。

——1つに絞るとしたら?

マナ : うーん、「可愛い」を変えたいかな。『アジアと言ったらCHAI』みたいな存在になりたい。世界レベル的にアジア=CHAIになりたい。

カナ : 私とマナ、卑弥呼に似てるから。

——それは、初めてライヴを見た時から思ってました。世界で活躍したいと思ったのはなぜですか?

マナ : それが本物だと思うから。世界から見たら日本は小さくて、そこで売れてるだけじゃ満足できない。世界で売れなきゃいやだって思っちゃう。だからBillboard Rankingに入りたい。3位に入りたい。

——なんで3位なんですか?

マナ : 永遠の3位がいい! 1位は入れ替わりが激しいから。

——グラミーとりたいなら1位じゃないとダメなんじゃない?

マナ : 1位にふさわしい3位!

——ん?

ユナ : いつでも1位になれる実力は持ってるんだけど、1位は入れ替わりが激しいから3位。3位だったら不動の3位になれる! という考えを、持っています!

——なるほど。絵ができてベースができるユウキ、曲や歌詞が書けるマナ、ギターがひけてコードができるカナ、ドラムが叩けて軽いユナ!

一同 : あはははは(笑)

ユウキ : 最後ずっこけましたね!?

——いや、バランスが取れているなって。これがCHAIなんですね。

左からDr./Cho.ユナ Vo./Gt.カナ Vo./Key.マナ Ba./Cho.ユウキ

過去作もチェック!

双子のマナ・カナに、ユウキとユナの最強リズム隊で編成された4人組、『ニュー・エキサイト・オンナバンド、CHAI』の1st EPがこの『ほったらかシリーズ』。誰もがやりたかった音楽を全く無自覚にやってしまった感満載の、聴いてしまった全バンドマンがアホらしくなってバンド解散ブームすら起こりかねないほど、これを聴いた君の今年の衝撃度ナンバーワンは間違いなくこの『NEOバンド』、CHAIだよ! 今やってることを全部ほったらかしちゃうよ!

RECOMMEND

CSS / Planta

ブラジル、サンパウロ発のガールズ・ロック・バンド、CSSの4thアルバム。TV On The Radioのデヴィッド・シーテックがプロデュースを手がけています!

tUnE yArDs / nikki nack

アフロビート、変則ビートのオンパレード!<4AD>の個性派アーティスト、メリル・ガーバスのソロ・プロジェクト、チューン・ヤーズの3rdフル・アルバム。

この作品に関する特集ページはこちら

Basement Jaxx / Junto (Special Edition)

ダンス界屈指のエンターテイナー、ベースメント・ジャックス、6作目のスタジオ・アルバム。

この作品に関する特集ページはこちら

CHAI LIVE INFORMATION

見放題東京2017
2017年3月4日(土)@東京新宿歌舞伎町界隈9会場
OPEN 11:30 / START 12:00

ライブハウスは遊び場です。× GROOVY ROOMS
powered by DAIGO IIMURO from FM802 RADIO∞INFINITY
2017年3月8日(水)@梅田Zeela
OPEN 18:00 / START 18:30

ヘンショクリュウ主催『“邪寿子”発売記念』2017年4月7日(金)@下北沢ERA出演:CHAI / ヘンショクリュウ / odolOPEN 18:30 / START 19:00

SYNCHRONICITY’172017年4月8日(土)@ TSUTAYA O-EAST、duo MUSIC EXCHANGE、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-nestOPEN 12:00 / START 13:00

DaisyBar 12th anniversary〈ビスケット・オリバ!!!!!! 番外編〉
2017年4月11日(火)@下北沢DaisyBar
OPEN 18:00 / START 18:30

絶景クジラ presents 鯨戦(ゲーセン)
2017年4月23日(日)@渋谷CHELSEA HOTEL
出演:CHAI / 絶景クジラ
OPEN 17:30 / START 18:00

絶景クジラ presents 鯨戦(ゲーセン)
2017年4月28日(金)@心斎橋LIVE HOUSE Pangea
OPEN 18:30 / START 19:00

”ロード・ツー・ダ・GRAMMYs” season3
2017年5月24日(水)@TSUTAYA O-NEST(東京)
出演:CHAI / Helsinki Lambda Club
OPEN 18:30 / START 19:00

>>more live information

PROFILE

CHAI

CHAI(ちゃい)双子のマナ・カナに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊で編成された4人組、『NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド』、それがCHAI。
誰もがやりたかった音楽を全く無自覚にやってしまった感満載という非常にタチの悪いバンドで、2016年の春以降、突然いろんな人が「CHAIヤバい」と韻を踏みながら口にし始め、それに気を良くして8月にSpotify、Apple Music等のストリーミングサービスで『ほったらかシリーズ』を配信したところ、ノン・プロモーションなのにSpotify UKチャートTOP50に収録曲『ぎゃらんぶー』が突如ランクイン! (※最高位36位)。
が、CDの流通をし忘れてたことに気付き、12月7日より遅ればせながら全国のレコード店にて発売中。
2017年SXSW出演と初の全米8都市ツアーも決まり、その常軌を逸したライヴ・パフォーマンスを観てしまった全バンドマンがアホらしくなってバンド解散ブームすら起こりかねないほど、彼女たちに触れた君の2017年度衝撃値ナンバー1は間違いなく『NEOかわいいバンド』、CHAIだよ!

>>CHAI official site

o

 
 

インタヴュー

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之