ジャムを基調としたサウンドに温かい歌声を乗せる、4人組のポップ&ジャム・バンド、fulaが、初の全国流通盤となるミニ・アルバム『safari!』をリリース。「野外フェス」を意識し、遊び心にあふれた、心躍る作品となっている。

今回OTOTOYではメンバー全員にインタヴューを行い、収録曲を1曲ずつ紐解きながら、夏フェスへの想い、メンバーの生活環境の変化によりバンドに起こったことなど、多岐にわたって話をきいた。fulaがいま充実した状態にあり、これから見逃せない存在になっていくことが読み取れることだろう。ぜひ音源と合わせてこのインタヴューを読んでほしい。


fula / safari!!

【価格】
WAV 単曲 300円 / まとめ購入 1,500円
mp3 単曲 300円 / まとめ購入 1,500円

【Track List】
1. orion coffee / 2. tropical5 / 3. can't go / 4. grizzly / 5. lala salama / 6. goyemon

INTERVIEW : fula

左から、石川ユウイチ(Gt&Cho)、安本佑治(Ba&Cho)、高木健(Dr&Cho)、字引佑麿(Vo&Gt)

インタヴュー : 飯田仁一郎(Limited Express (has gone?))

仕事中に降りてきたんです。でもあとにも先にもこれだけです(笑)

――アルバムの内容が本当にすばらしかった。前作『三日月色の海と夕凪かえり道』のころとは、全然違うバンドみたいでしたよ、今回の1番古い曲は、「orion coffee」?

字引佑麿(Vo&Gt)(以下、字引) : そうですね。それは僕と石川のふたりで、まだ安本と高木が加入していないときに作った曲です。ふたりが加入してからライヴでやってるのに、CDは昔のメンバーっていうのはいやだったんです。あと、バンドの雰囲気自体も昔は冬っぽいってよくいわれたんですけど、野外フェスや夏っぽい感じを意識して作り直そうと思って。まぁ結果的にギリギリだったよね?

高木健(Dr&Cho)(以下、高木) : ギリギリというかアウトのタイミング。レコーディングのときにアレンジが決まった感じ。

字引 : うん。レコーディングのときに、「すいません、ちょっと2時間だけ練習してもいいですか?」みたいな感じで(笑)。

石川ユウイチ(Gt&Cho)(以下、石川) : そうそう。俺だけあとから別録りだったんですけど、深夜くらいに到着して「こんな感じになったから」って聞かされて、その場で即興で弾いて、レコーディングをしました。

字引 : 今回の録音方法は、リズム隊と僕が最初に録って、あとでギターってやりかた。

字引佑麿(Vo&Gt)

――それにはなにか理由が?

石川 : それは単純に仕事で参加できなくて。

――なるほど。でも、そんな環境のなかでこれほどバンドっぽいものを創れるバンドは、なかなかないですよ。「orion coffee」のメロは、めちゃくちゃ立っているし。

字引 : 「orion coffee」の作曲に関しては、僕はリフを持っていったくらいで、メロディと作詞に関しては石川がやったんですよ。

石川 : 仕事中に降りてきたんです。でもあとにも先にもこれだけです(笑)。

やるなら前よりいいものを作ってやろう

――安本さんはこの曲を作るにあたって、「ベースからどうアレンジしよう」とか考えましたか?

安本佑治(Ba&Cho)(以下、安本) : 1stである程度出来上がっているじゃないですか、この曲。それをいじるというのは、なかなかプレッシャーだったんですよね。1stのころからサポートだったけれどドラムは高木が叩いてて、そのころと変わったところはピアノが抜けてベースが変わったところ。「俺になって曲が悪くなったら… マジどうしよっかな」って気持ちがあって(笑)。しかも、もともとこの曲が1番好きだったんですよ。

字引 : ありがとうございます(笑)。

安本 : そういう思いがあるから、もう1回録音できるチャンスができたのは個人的にすごい嬉しくて。やっぱやるなら「前よりもいいものを作ってやろう」っていう意気込みだけはあって、自分がバンドに入って良くなった部分がこの曲にも反映できたと思っているので、すごい満足してます。

安本佑治(Ba&Cho)

――わかりました。2曲目の「tropical5」は、いつごろできたんですか?

字引 : 夏前くらいに「夏用の曲をつくるぞ!」っていう感じで出来上がって。

――ははは(笑)。1年前にライヴを見させてもらったときに、この曲はとても陽気で突き抜けてて、とても印象的でした。この曲は、いまのfulaのモードを表しているなと思ったんです。「旅するぜー」って感じ。皆さんは、この曲に対してどんな印象をもってます?

高木 : 「5拍子かい!」って構えたところもあったんですよ。でも思ったよりも悩まずに、さくさく進んだ印象がありますね。

字引 : そうだね、そんなに苦戦はしなかった。

高木 : いろんなライヴを経験して、演奏することに対して構えなくなりました。その経験があるから多分この曲がすんなりできたのかなと。いまはライヴ中、この曲にジャムを入れたりとか出来ていて。本当にfulaのいまを表している1曲だと思います。

安本 : いままでのすべてを反映できた曲っていうよりも、自分たちがどういうふうになりたいか、どういう方向でいきたいかというのを示してるような曲ですね。

――「ちょっと方向転換したな」と感じる曲でもあったんだけど、字引さんはこの曲を作る際、どんな世界を描いていたんですか?

字引 : 完全に新しいフェイズ。というか、新たな可能性が欲しかったというのはあります。最初5拍子でできたときに「6拍子にしようかな」って迷ったんですけど、挑戦の意味も含めて、5拍子のままにしました。5拍子でいかに人を乗せられるかっていうのもちょっとおもしろいかなと思って。5から4拍子、3拍子ってどんどん変わっていったりするのは、moeとかPhishとかの「すげぇー、いきなりなんでこのリフここに入れたの?」っていう彼らへの憧れみたいのがあるのかもね。

これもチャレンジだしチャンスだし、いろんな面が見せられる

――3曲目の「can't go」ですが、この曲も1年前のライヴでやっていましたよね?

高木 : でも以前からまたアレンジが変わっています。ベースに言葉遊びみたいなところがあるんですよ。

字引 : そうそう。あの「いーけないんだ、いけないんだ」って歌あるじゃないですか? それをそのままベースラインに持ってきました。だからcan't goで「行けない」って題名なんですけど(笑)。遊びも含めてダークかつ腰にくるような曲も欲しかったんです。

――みんなはどう思ったんだろう?

高木 : いやおもしろいなと(笑)。そこから勝手に膨らませるのがみんな得意なので、ダブっぽい暗い感じのとことかは、子供のころのトラウマをえぐってやろうくらいの気持ちでやりました(笑)。これもチャレンジだしチャンスだし、いろんな面が見せられるなと。

高木健(Dr&Cho)

安本 : この間ONE Music Campに出たとき、もともとこの曲がセットリストに入ってなくて。でも、雨降ってて、ジメジメしててちょっと肌寒いっていう雰囲気があったので、どうしても当日演奏したくて、ねじ込んだんです。結果すごく反応がよかったんだよね。

――そして4曲目「grizzly」は再録ですね。ライヴでやり続けて、前回の録音当時とどう変わりました?

高木 : 馴染んだ! アレンジやその録りの出来自体はすごく納得しているんですけど、「king」と「grizzly」の2曲とも、自分のなかでもうちょっとしみ込ませてから録ってみたい曲だったんですよね。で、今回こういう機会があったので「grizzly」を録りなおすことにしました。

――5曲目は「lala salama」ですよね。この曲、本当によかったなぁ…。

字引 : ありがとうございます。その曲名はスワヒリ語で「おやすみなさい」って意味なんですよ。

――メンバーのどなたかにお子さんができたんでしたっけ?

安本 : 僕です。いまちょうど2ヶ月くらいなんです。

――あぁ、そうなんですね! メンバーの子供に対して書く曲っていうのは、どんな気持ちなんだろう?

字引 : これを将来子供が聞いたときに「自分が生まれるときに、うちのお父さんとお父さんの友達が作ってくれたんだ」って誇ってくれるかなと思うと、ちょっと自分が勝手に作ったストーリーのなかでプレッシャーを感じたりもしましたね。

――最後は「goyemon」ですね。ライヴで聞きましたけど、盛り上がる曲ですよね。これはどういう経緯で出来たんですか?

字引 : 僕がiPadをいろいろいじりながら遊んで作った曲なんです。「なんかインストになっちゃったんだけど使えるかな? これに歌乗せてやろうと思うんだけど…」って持ってったら「これの印象が強いから俺ら歌入りではやりづらいわ」っていわれて、イントロとアウトロだけ歌入れてやればいいかって感じでできた曲かな。今作に関しては、遊びの要素が多いんです。

5人で乱気流にもまれながら、どこまでいけるか

――「can't go」でも思ったんだけど、その遊びの部分が「あ、馴染んでいるな」と。つまり違和感がなかった。そういう遊びのようなフレーズを楽しんでやっているのが印象的でした。アルバムのコンセプトとしては、どんなものを作ろうと思ったの?

字引 : 自分たちがライヴでこういう雰囲気でやっていますよっていうのを伝えられる、かついろいろな表情を持ったオールスター版ですかね。

――あぁ、やっぱオールスターなんですね。

字引 : はい。バラードあり、変拍子あり、オーソドックスなものもあり、ジャム調のものあり、インストもあったり。とにかくいろんな表情を見せつつも、でも統一したなにかを感じ取っていただければって思います。まさに、名刺代わりの1枚って感じですかね。

安本 : 全国に向けて、いろんな面を出して行きたいっていう思いはありましたね。

――『Safari!』っていうタイトルにしたのは?

字引 : 野外を意識してワイルド感をだそうと(笑)。プラス、Safariって語源はスワヒリ語で「旅」っていう意味なんです。で、今回のエースが「tropical5」。この曲は歌詞に「Go-around」ってあるんですけど、それは飛行機が着陸しようとして、断念して一回やりなおすって意味なんですよ。この曲は飛行機に乗ってて、もまれながらも前へ進んでいく感じです。また、題名を「tropical5」にしたのは、5拍子っていうことと、マネージャーのイワジュンと俺ら4人でようやく、波が出てきたっていうのもあるんで、5人で乱気流にもまれながら、どこまでいけるかっていう意味があります。


tropical5 / fula

自然の反響だったり、イレギュラーなこととかそういうのも楽しみたい

――なるほど。fulaにインタビューしていると、夏やフェスを意識した言葉がよく出てくるのですが、やっぱり「野外フェス」に対して、強い思いがある?

高木 : もうなんとしても出たい(笑)。

――前回のインタビューの話覚えてますよ! 朝霧JAM出演して、その帰りにマネージャーに起こされたら死んでたっていうシチュエーションが夢なんですよね(笑)。さきほどONE Music Campに出演した際のお話が出てましてけど、野外ですよね、どうでした?

字引 : お客さんもめっちゃ乗ってくれてましたね。でも僕らのライヴの半が曽我部恵一さんと被って、それで途中お客さんが減ったりしたことを高木は結構悔しかったみたいで、「もう少しあの人たちの足を止めることができれば」っていってて。

高木 : 音が鳴ってないときは結構人が集まってくれたんですよ。でも曽我部さんがはじまって、気付いたら…。いい演奏はできたんですけど悔しさはありました。体育会系だから負けるの嫌いなんですよ、絶対に。

――石川さんはどうでした?

石川:僕はですねー…。演奏中にですね、アブに刺されまして。しかも2カ所。

石川ユウイチ(Gt&Cho)

――えぇー!! しかも演奏中に。そんなことある(笑)?

石川 : ポンって払って「アブついているけどこれもフェスだぜ」って涼しい顔して弾いてたんです。そしたら逆の足にもう一匹ついて。ダーって血が出ちゃったんですけど、しょうがないからパフォーマンスの一貫だってことで(笑)。次からレギンスだなって思いました。

字引 : 女の子がその血を見て、完全に引いていましたもん。

――なんか災難でしたね(笑)。安本さんは初フェスどうでした?

安本 : フェスは楽しかったですけど、やっぱメイン・ステージに出てるバンド見て、うらやましいなーって思って。まぁ、タイムテーブル的にはすげぇいいとこに入れてもらえてそれはありがたいなぁと満足はしていたんですが。

――高木さんもそうですけど、出てもそこで満足せず、次を考えているっていいことですよね。野外フェス出演っていうひとつの目標をクリアして次の目標みたいなものは定めているんですか?

字引 : いまの目標は来年に向けてもっと大きなフェスに出たいなってのは僕のなかにはあります。そのきっかけとしての今回の作品なので。

――やっぱそのフェスへのこだわりは、自分たちのルーツがPhishやGrateful Deadにあるから?

字引 : そうですね。あと、そもそもアウトドア思考なのかもしれないですね。小ちゃいころから遊びに行くっていったら、海、山、川みたいな。僕個人の話ですけど、根本的な部分の意識がその延長なのかもしれないです。いまいち開放感のないスペースで演奏するっていうところにちょっと自分としてはストレスを感じるんです。自然の反響だったり、イレギュラーなこととかそういうのも楽しみたい。

高木 : フェスってお客さんに投げて、投げ返してくれてっていうレスポンスが一番得やすいところなのかなって感じてるんです。fulaは自分たちなりに、お客さんと掛け合いを楽しんでいくような関係を持っていけたらって思っていて。そういう意味で俺たちはフェス出演を目指してるんだと思うんです。

――なるほど。いま個人的にfulaが周りに広がってきているのを感じているんですよ。OTOTOYのインターン募集でも、fula好きですっていう子たちがいたりして。だからやっぱり届いてるんですよね。そんな状況の変化感じています?

高木 : 嬉しいですね。周りの状況変化というよりか、それ以上に僕は自分たちのバンドの力がいろんなライヴを経験してどんどん成長してるのを感じてるんです。自力がどんどんついてってるから、それに対応してお客さんも反応してくれてるんじゃないですかね。

――自信がないと人はつかないですからね。

高木 : 多分1年前よりも演奏面とか引き出しとか、まぁいまでも足りないところはいっぱいあると思うんですけど、そのときよりも、明らかにバンドの状態がすごいいいのを感じてて。1年間いろんな場所でいろんなライヴをしてきたから、みんなそれぞれ得るものがあったと思います。その1年があったから、ほんとにこの作品もいい出来になったし。

――石川さんはどうですか? 状況が変わってきてる感じはありますか?

石川 : 4人の呼吸が整ってきたっていうか、足並みが揃ってきて、みんなやりたいことに向けて進んでいってる感じがします。だからリハとかで、セッション始まっても大体、「こういう感じだろうな」って、呼吸が合うんです。

生活の枷になるよりか、むしろ彩りをつけるための絶対的に不可欠な要素になったら

――すげぇいい状況なのは、音源からも感じました。字引さんに聞きたいんですけど、そういった状況の変化やメンバー自身の環境の変化があって、どうバンドは変わりました?

字引 : メンバーが結婚して、子供が生まれてってあとに引けない状況になって。僕自身、そういう3人を自分のなかで背負って曲を作っていかなきゃいけないとか、バンドの方向性とかそういうところは日から考えていたんです。この前それがあまりにも重荷になっちゃって、「俺このままじゃできないよ」って先月の9月16日のライヴのあとに3人に話したんです。でもそこで、「その点に関してはこう、この点に関してはこう、そういうふうに考えるんじゃない」って話をして。実は、自分のなかでバンドの調子が好転したのかなって思えるようになったのは、そのあとくらいですかね。子供が生まれたってそれだけでバンドを辞める十分な理由になり得ると思うんです。「それならしょうがない、負い目感じる必要ないよ」って話を終えられる。

――そうですよね。

字引 : でも、それでも続けたいっていってくれたし、続けなくちゃいけないっていうような自覚をこのメンバーは持っていて。子供が生まれたことと、バンドのリリース時期と被ってて苦しいと思うんですけど。こういうインタビューにも来てくれるし、きちんとスケジュールもあけられるし。そういうメンバーの生活環境の変化を経て、それぞれがそれぞれのパートだけじゃなくなにかをしなくちゃいけないバンド内での責任感みたいのがより強まって来たんです。

――とてもよくわかりました。さらに具体的にお聞きしますが、子供ができて状況が変わってきたなかで、音楽だけで生活していきたいっていう気持ちに関しては強くなったのか、そこは前と変わらずなのか。いまfulaはどういうふうにバンドの行き先を描いていますか?

石川 : 16日に話したときに、4人が共通項として持っていたのは「fulaを続けていくかどうか」の一点だったんですよ。音楽で食っていくとかは結果としてどうなるかという話なだけで。この状態で、このチームをどんなペースであっても続けていく、それが多分いまのfulaの一番の目標なんじゃないかな。僕らはまだまだ1、2年続けただけですけど、自分たちが続けていければ、続けていくだけの価値は見られるチームかなってのはあるので。

――なるほど安本さんは、どうでしょうか。

安本 : そうですねぇ…。吉祥寺WARPワンマンから始まって、クアトロだったり、リキッドだったりとか、どんどんステップアップして規模は大きくしていきたいってのは共通の認識です。そりゃ音楽だけで食えれば食いたいし、越したことないですけど「えっこんな有名なバンドでもバイトやってるんだ」とかそういことをやっぱ聞いちゃうと、なかなか食って行こうぜ! っていう純粋な気持ちには持って行くのは難しい。難しい部分ではあるけど、そこをもっと、ガチっと決めてやったらまた勢い変わってくんのかなとも思うし、そこを誰かが自分のなかでガチっとしちゃったことによって、バンドが存続できなくなったりだとかも考えられるので、俺のなかではまだグレーな感じですかね。

――でも長く続けてくっていう点では気持ちは同じ?

安本 : それはやっぱりそうですね。自分がやってて楽しいってのが1番にありますし。いまやっぱり続けてきたことが形になってきているし、続けていきたいっていう気持ちはすごいあります。

――うん。なるほど。石川さんはどうですか?

石川 : 食うってことが自分らしさを失わなければいいなと思っています。

字引 : うん。続けていきたいねっていうふうにずっと同じ純粋な気持ちのまま、最終的なところでベンツ買えるっていったらそれはそれですけど(笑)。

石川 : ベンツかー(笑)。

字引 : まぁ、バンド自体が生活の枷になるよりか、むしろ彩りをつけるための絶対的に不可欠な要素になったらそれが1番嬉しいですね。仕事とバンド、そして生活があるっていう三つ巴が苦しくならなければいいんですけど、そこは続けてみないとわからないので、やっぱりいまはこの4人でバンドを続けていきたいってことですかね。

――なるほどわかりました。じゃあ最後次回作に向けてなにか構想とか考えていますか?

字引 : 最初にもいったんですが、今回はギターはあとから録ったので、次は4人で。

高木 : やっぱライヴ中のジャムがすごくいい感じなので、それは1回パッケージングしたいですね、次のアルバムではね。

字引 : 僕らよく「CDはいい子ちゃんみたいな感じでまとまってていいけど、ライヴは悪ガキが企んでるみたいなそういう二面性がいいね」っていわれたりするんです。それもすごい嬉しいんですが、次回作では、暴れる部分も、ちょっとチャラい部分も増やしていきたいなと思っていますよ(笑)。

過去作はこちら!

fula / この小さな部屋が銀河にかわるまで

2011年にライヴ会場にて発売開始された最初のミニ・アルバム。宇宙空間を莫大なものとしてではなく、ミニマルな視点でテーマにした3曲入り。現在とはちょっと雰囲気の違うダブ&エモな楽曲「may so」や、オーガニックかつポップな冬の歌「オリオン珈琲」、表題曲のクラシカルなミディアム・バラード「この小さな部屋が銀河にかわるまで」はピアノが入っているので、ライヴと聴き比べてみるのも面白いかも。

fula / 三日月色の海と夕凪かえり道

メンバーの私生活の色々を経て、ついに出された2ndミニ・アルバム! ドラムの高木が「俺のぱっとしないバンド人生の中でも一番の最高傑作」と豪語する納得のオーガニックとメタボリックを、まさに「ジャム」でまとめた仕上がり。前作とは正反対に夏のイメージを全面に出した今作。海に飛び込みたくなるサーフ&レゲエ調の「mayonakabeach」、聴けば聴くほど味が出る真夏のスルメ曲「赤い自転車」、メンバーの愛する某映画のことを考えながら演奏した「SW」で〆。それらを四季折々の情景を浮かばせるジャミーなナンバー「mother」から是非聴き始めてください。

>>上記2作品の特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

fula、初めてのワンマン・ライヴ!!

「safari!」Release Party & One Man Show!!
2013年11月22日(金) 吉祥寺WARP

PROFILE

fula(ふら)は日本の4人組バンド。FunLandRyCreationレーベル所属。メンバー構成は字引佑麿(Vo&Gt)、石川ユウイチ(Gt&Cho)、安本佑治(Ba&Cho)、他一名。サッカー・チーム所属時に意気投合し、今に至る。高木健(Dr&Cho)がライヴ中にカロリーを消費しまくり汗だくになることから「オーガニック・ポップ・ロック界のローション・プレイ・オプション・コース」などと揶揄されない。

ジャムを基調にした野外で聴きたくなる開放感のある楽曲に、あたたかい歌声を乗せるプレイ・スタイル。サーフ、ダンス、ジャズ、レゲエ、アフロビート、はたまたメタル、クラシック。それらをポップにまとめあげ、聴く人を躍らせ、踊らせる。小洒落たアンサンブルの合間から時折顔を出す土臭いリズムが笑顔を呼び、優しさ時々エモーショナルな歌声が泣きを誘う。

専ら「フェスの常連」を目指すfulaであるが、One Music Camp 2013, MINAMI WHEEL 2013出演を皮切りに、いよいよ数多のフェスへの出演が期待できそうなので、fulaファンは各自、野外フェス行きの持ち物確認をしてほしい。

そんな野外フェス出演を待ったなし&間違いなしと確信させるのが今作品、

「safari!」

今回も例にならって夏っぽい曲満載の全6曲を、冷え込みだす10月に発売。ジャム&オーガニックなサマー・チューン満載のこのミニ・アルバムを、ホッカイロ代わりに寒い冬を乗り切ってほしい。(本商品は発熱はしません。)

>>fula Official Website

o

 
 

インタヴュー

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事