「知らない世界を開いていきたい」——瑞稀ミキ、ミズタマリ、篠原ゆりの新ユニット、エムトピ活動開始!

2015年10月24日に〈みきちゅ〉としての活動を休止し、新たなスタートを切った瑞稀ミキと、いずこねこやプラニメ(現P.O.P)などのアイドル・ユニットで活躍してきたミズタマリ。そして、2014年にTAKENOKO▲を卒業し、2015年6月にアイドル活動を再始動させた篠原ゆり。この3人による新生ユニット、その名も〈エムトピ〉が突如誕生した。まだまだ謎の多いこのユニットを、デビュー曲の予告編(約30秒)と、瑞稀ミキ、ミズタマリへのインタヴューとともにご紹介。彼女らによる、希望に満ちた新ユニットの行く末を見逃すな!

エムトピの“始まり”が見える約30秒の予告編、フリー・ダウンロードはこちらから!

INTERVIEW : 瑞稀ミキ×ミズタマリ

スターが集まったからって、スーパースターな存在になれるわけではない。瑞稀ミキ、ミズタマリ、篠原ゆりの新ユニット、エムトピは、リアルかフェイクか!? それは、あなたの目と耳で確かめて欲しいのだ。

インタヴュー : 飯田仁一郎
文 : 角萌楓
写真 : 大橋祐希

エムトピ、スタートの夜

瑞稀ミキ、ミズタマリ

——エムトピって、何者なんですか?

瑞稀ミキ(以下、ミキ) : 私が、みきちゅをこれ以上続けていけないっていう決断をした時、未来が真っ暗になっちゃったんです。でもやっぱり、私の人生から音楽は切り離せなかった。私はずっと一人でやってきたから、それを複数でやってみたらどんな風になるのかな? っていうのはずっと前から思っていました。でも、ずっと一人でやってきたからこそ、グループでやるっていうのは、自分の中でも大きな挑戦であり、人生においての一大決心なんです。いろんな意見がぶつかったり、一人だとファンの人全員から愛してもらえるけど、グループだとそうはいかなかったり。じゃあ、誰と一緒だったら出来るだろうと考えた時に、マリちゃんしかいないなって。しかもちょうど、私がとあるライヴのあと泣きながら帰った日に、マリちゃんが泊まりに来ていたんですよ。

——マリちゃん… 最悪なパターンだね(笑)。

ミズタマリ : 泊まりに来るってずっと前から言っていて、もう着いているのに、なかなかみきちゅは帰って来なくって。

ミキ : 送ってもらった車の中で大泣きしながら、ああでもないこうでもないって…。

ミズタマリ : ベランダから、その車が見えたんですよ。だからカーテンの隙間からそっと覗いて「え?! まだ?!」っていうのを2時間ぐらいやってましたね(笑)。

ミキ : その日は、すごくいいライヴだったんですけど、だからこそどうやったらここにいるみんなをもっと幸せに出来るのかっていうことを、事務所の人とずっと話していたんです。そんな日にマリちゃんが来てくれていたので「実はみきちゅを辞めて、新しいことをしようと思うんだよね」って話したんです。そして「わたしと一緒にグループをやりませんか?」って誘ったら、すぐに「あぁ~いいよ~(ミズタマリの真似)」って言ってくれて。

ミズタマリ : そう言わざるを得ない状況だったし、「少し考える」っていうのさえ、言えない空気がそこにはあったからね… (笑)。私は今までのみきちゅの活動を1番見てきているし、みきちゅの不器用なところや「ここを見せたらいいのにな」っていう細かいところまで1番知っていると思うんです。だから、私がみきちゅのそばにいたら、今よりも私もみきちゅももっと頑張れるんじゃないかって思って即答しました。ただ、みきちゅが活動をエムトピだけに絞ってしまったら、今まで積み上げてきた実力が勿体ないし、私もエムトピだけではないので、それぞれのいろんな活動と並行して、一緒に面白いことをしようよっていうのをわたしは提案しました。

ミキ : 私は、ソロ活動のみきちゅを辞めるっていう決断が大きすぎて、エムトピだけを生涯やっていくつもりだったんですが、マリちゃんと話して、納得しました。みんなそれぞれいろんな活動をして、そこでは出来ないことをエムトピでやりたいなって思います。本当に、なんにもなくなったその夜、私に、マリちゃんは5個ぐらい持たせてくれたんです。もう、マリちゃんしかいないなって感じですね。

——エムトピではどんな音楽をやりたいですか?

ミキ : 私は、自分の想いをストレートに、ひたむきに伝えることに重きを置きすぎて遊び心を忘れていたので、そこで出来なかった「こんな音楽やってみたい!」っていうのを、エムトピ3人で力を合わせてやっていきたいですね。本当は、作曲すら止めようと思っていたんです。みきちゅとして4年間、弾き語りも含めて6年間、自分の曲だけでやってきたけど自分の曲じゃないほうがいいのかなって思って。マリちゃんに相談したら「みきちゅは作曲をしないとダメだよ」って言ってくれて、自分でなくなりそうだった私を引き戻してくれたんです。自分のやりたいことや評価してもらっていた自分の良さは残しつつ、新しい音楽を表現できたらいいなと思っています。

ミズタマリ : だって作曲していなかったらみきちゅ何してんのってなりません!? みきちゅは作曲あってのみきちゅだし、みきちゅの良さってやっぱり歌詞だったり、音だったりに出ていると思うから「みきちゅがやりなさい」って言いましたね。多分みきちゅに、ガチトーンで、思ったことを言えるのって私ぐらいじゃないかなってぐらい、すごい言うんです。みきちゅにだけは(笑)。

ミキ : 私にだけなの!? 本当にマリちゃん以外、誰も言ってくれない。私は全く今の自分に満足していないから、いつでも外からの評価を求めているし、変わりたいって思っているんです。

ミズタマリ : ちょっとミスしたって、普段あんまり言わないじゃないですか。でも、みきちゅは本当に下手くそなんですよ。なんかすーごいへたくそで(笑)。みきちゅには、頑張ってほしいしもっと出来るって分かっているから、たくさん言います。泣くんじゃないかっていうぐらい。なのに嬉しがるんですよ!

ミズタマリ

——ものすごいマゾなんですね。

ミズタマリ : すごいですよ。落ち込んで帰ってきて、私からボロクソに言われて、なのにすっごい笑顔で、テンション上がって「お腹空いた~」とか言っているぐらい、本当にちょっとおかしいんですよ。だからこそ、シゴキがいがあるなと思って。これで一緒にやったらみきちゅ絶対すごいことになりますよ。

——マリさんはマリさんで、僕らの知らないことがたくさんあると思うんですよ。なぜプラニメを辞めたんですか?

ミズタマリ : やっぱり、東京・大阪間で壁ができちゃったんです。私は夜行バスで東京に通っていたけど、東京に着いたとき、温度差を感じましたね。あと、プラニメをもっとよくしていきたいし、プラニメをもっと面白くしていきたいと思っているのにうまく出来ないっていう狭間ですごく悩みましたね。また、(カミヤ)サキちゃんと自分の考えているやりたいことが違っているっていうのも理由としては大きいですね。

——エムトピをやろうって思った理由は?

ミズタマリ : エムトピには「みんなの才能を一つに!」っていう想いがあります。みきちゅは作曲、私はそのサポートをしていきたいですね。みきちゅの楽曲とか、熱い想いとか、すごく好きだから、わたしも一緒にステージでその想いを体感したいし、それに、私もそれに乗っかってもっと熱くなれるんじゃないかと思います。

病んでないっていうのは大事なんですよ

——篠原ゆりさんはどのような流れで入ったんですか?
(インタビュー当日、篠原ゆりさんはスケジュール合わず不参加)

ミキ : マリちゃんが泊まりに来ていた時、寝る前にお布団に入って「何人組がいいかな?」って話をしていたんですよ。

ミズタマリ : せっまいんですよ(笑)! しかも寝ようとしている時に、みきちゅが頻繁に話しかけてくるんですよ。

ミキ : マリちゃんも「まだ私の知らない面白い話して」とか言ったじゃん!

ミズタマリ : そんな感じで話していたんですけど、私は少人数がいいし、3人か4人くらいだねって話して。そこで、2人で条件をバーっと出したんです。ちゃんと個性があって、自分に何が出来るかわかっていて、キャラが立っている子。自分たちに無いものを持っている子。病んでない、かわいい、センスある…。

ミキ : 病んでない大事だよね。

ミズタマリ : 病んでないっていうのは大事なんですよ。私たちが病まないから、病まれると困るんです。ポジティブな子じゃないとダメってなった時に、「ゆり丸だ! ゆり丸しかいない!!」って思って。

ミキ : 私はゆり丸の「ビッグになりたい!」みたいな想いがすごく好きで、すぐにゆり丸いいなって思いましたね。

瑞稀ミキ

ミズタマリ : ゆり丸といえば、TAKENOKO▲ですが、アイドル戦国時代のラストにガツン! と現れて一瞬で消えて、もう伝説ですよね。でもそのあともずっとゆり丸はTwitterを動かしているんです。自分を失うことなく、ずっとゆり丸はゆり丸なんですよ。長文キラキラ絵文字ばーん! みたいな。ゆり丸すげーなって思っていて。そのあとソロを始める時、フリーでやるって聞いて驚きました。もともとガツン! といったアイドルがのちにフリーになるって、すごい決断じゃないですか。エムトピを一緒にやるなら、私たちが熱すぎるし、フリーを経験している子で、ついて来られる子。かつ、すごくポジティブで、自分を持っていて、バカできて、センスがある子。ってなると、ゆり丸しかいないんですよね。ゆり丸がダメだったら、この話も一度無しにしようってぐらい、ゆり丸しかいなかったんです。

——お二人にとってアイドル戦国時代ってどういう時代でしたか?

ミズタマリ : バンバン新しい人たちが現れた時期で、お客さんも「今日はこれを発見してやったぜ!」ってワクワクしていたと思うし、私たちも「新しいことをしてやろう!」っていう意欲がすごくあったし、すごい年だったなって思いますね。

——若い子たちはいまもたくさん出てきていますが、それはアイドル戦国時代ほど多くないんですか?

ミキ : 逆に多すぎますね。王道じゃない人たちが増えた気がします。だからこそ、その王道の枠が空いているっていうか。一周回って、みたいなね。

ミズタマリ : アイドル戦国時代といえばやっぱりBiSさんですけど、その枠を狙っている子がいまは多いですよね。当時、BiSさん、でんぱ組.incさんと共演していた頃はすごく勉強になりました。じりじりと売れていく感じは、わかりやすい目標だったし、だからこそ戦えるし、頑張ろうって思えた。そこに、立ち向かって頑張っていた3人だからこそ、当時の面白さが出せるんじゃないかなと思っています。でもやっぱり、当時話題になったからこそ、当時以上のことをどんどんしていかなければならないっていうプレッシャーはありますね。当時は、やっぱり新しいものを生み出す発想が大事だったんです。アイディアが出切った後に、もう一個何か出せないかって常に隙間を狙って考えていました。みんなが好きって思える、ミーハーな部分も入れつつ、その中でまた新しいことがエムトピで出来たらいいなと思います。

やっぱり1番面白いのはアイドルかなって

——エムトピはアイドルって考えていいんですよね?

ミキ : ガールズ・パフォーマー・ユニットって言いたい…。でも見た人がアイドルって思ってくれたならアイドルでいいし、アイドルが好きじゃない人にも、アイドルっていうフィルターをかけずに見てもらいたいなって思います。

ミズタマリ : 結果アイドルなんですよ! アイドルがやってんだから! アイドルじゃないですって言ったら、一瞬で冷めるんですよ。だってアイドルだもん!

ミキ : じゃないです! とは言わないけれど…。

ミズタマリ : 正直、みんな「アイドルです!」なんて言ってないし、結局、ジャンルはアイドルでしかない。でも、アイドルの枠に収まりきらないアイドルが上に行けるから、そういう存在になれたらいいねってわたしは言っているんですけど、みきちゅが「アイドルって言いたくない」って言い張るから(笑)。

ミキ : わたしは、みきちゅやってきたから、「一回アイドルから離れないと」って思い過ぎちゃってて。でも、だんだん冷静になってきて、やっぱり1番面白いのはアイドルかなって。そこで天下を取りたいですね。

——天下獲りたいんですか? 天下ってなんですか?

ミキ : 私はね、ピューロランド! あとは池袋の噴水広場とかでやりたいです。初めて見たちっちゃい子とかも、2階からめっちゃ見るみたいな。そういう光景が作りたいですね。

ミズタマリ : このグループは、キャラクターみたいなものなんですよ。ゆるキャラみたいな。子供が見て、キャッキャってできるものをイメージしているから、なんていうか遊園地系ですね(笑)。

ミキ : そういうところから、ちょっとずつ、アイドル知らない人にも広まっていけばいいなって思います。人を楽しませることをやりたいね。

ミズタマリ : あとは誰もやらないようなバカなことをやりたいですね。

ミキ : 私は「アイドルはこうあるべき!」っていうのがたくさんあって結構真面目になっちゃうので、そういうのを二人がどんどんぶっ壊してくれればいいなって思いますし、自分でも自分の知らない世界を開いていきたいです!

LIVE INFORMATION

エムトピ

お披露目ライヴ「エムトピ! お目見え! 〜エムトピ号へご案内します〜」
2015年12月5日(土)@新宿MARZ

エムトピ定期公演Vol.1 「エムトピX'mas Party」
2015年12月13日(日)新宿MARZ

X'mas フェス
2015年12月23日(水)@会場未定

ミズタマリ

第2回鶴亀デスコ
2015年11月6日(金)@京都VOXhall

篠原ゆり

篠原ゆり定期公演
2015年11月20日(金)@下北沢ERA

2015年12月2日(水)@渋谷eggman

RECOMMEND

瑞稀ミキ(ex.みきちゅ)過去作

みきちゅ / 天使の十字架(24bit/48kHz)

2015年10月24日活動休止となる仙台出身のアイドル・シンガー・ソングライター"みきちゅ”のベスト・アルバム。理想のアイドル像を追い求めながらソロ活動に邁進したアイドル人生の集大成となる王道アイドル曲~ロック・ナンバーまでバラエティに富んだ全16曲フル・アルバム。

みきちゅ / 天才の羽根

アイドルとしてシンガー・ソングライターとしての要素をたっぷりと詰め込んだボリュームになっており必聴。とある1枚のファンレターに書かれていた「みきちゅの十字架を少しでも背負えたら楽になるかな?」という一言がキッカケになり曲が出来上がった。編曲はひめキュンフルーツ缶やnanocuneを手がけている山下智輝。

>>特集ページはこちら

littleAct / スポットライト(24bit/48kHz)

みきちゅの会場限定盤のみに収録されていたコラボ楽曲「スポットライト」がこの度、正式音源化。ステージから観える風景を歌ったこの楽曲は、まるで先日、衝撃の活動休止を発表した彼女の心境を吐露しているようでもあり、涙なしに聴くことが出来ない。みきちゅの伸びやかな歌声、奏でる美しいピアノの旋律に、GOMESSのリリカルな言葉の数々が乗ることで、規定のジャンルにはない新しい風景を作り上げている。

ミズタマリ

POP(プラニメ) / P.O.P

元BiSのカミヤサキとミズタマリ(いずこねこ)からなるユニット、プラニメから5月31日をもってミズタマリが脱退し、6月1日からオーディションで加入したイヌカイマアヤ、ヤママチミキ、シグサワアオ、ユメノユアの4人が加わり、総勢5人のユニット。プラニメから改名しPeriod Of Plastic 2 Mercyの頭文字をとって「POP」となってからの、ファースト・フル・アルバム。

POP(プラニメ) / UNIT(24bit/96kHz)

POP(プラニメ)、2人時代のシングル。作詞はプラニメ自身、作曲は前作同様に松隈ケンタが、カップリングの「盗られそう」はカミヤサキが作詞を担当している。

PROFILE

エムトピ

瑞稀ミキ(ex.みきちゅ)、ミズタマリ(ex.プラニメ、ex.いずこねこ)、篠原ゆり(ex.TAKENOKO▲)の三人からなるガールズ・パフォーマー・ユニット。それぞれがアイドル戦国時代を生き抜き、それぞれの形で一度挫折を味わい、そんな3人が手を取り合い、1人では成し得なかった夢の舞台を作り上げるユニット。

>>エムトピ Official HP

>>瑞稀ミキ Twitter
>>瑞稀ミキ Official HP
>>ミズタマリ Twitter
>>ミズタマリ Official HP
>>篠原ゆり Twitter
>>篠原ゆり Official HP

o

 
 

インタヴュー

渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz