生と死の狭間での音楽体験──mouse on the keys、自主レーベルよりミニ・アルバムをリリース!!

mouse on the keys

未分類かつ圧倒的な実験性を土台にこれまで4枚のダイナミックなアルバムをリリースし、 ミニマル・ミュージック、ハードコア、クラブ・ミュージック、ポスト・ロック・ファンを中心に支持を得続けてきたmouse on the keys。自主レーベル〈fractrec〉を立ち上げて初となる作品となった、今回の新作ミニ・アルバムはこれまでのミステリアスな空気感がさらに拡張され、各メンバーが作り上げる独自の世界観は更に濃いものへと昇華されている。OTOTOYでは今作をハイレゾにて配信すると同時に、インタヴューを掲載。前作のリリース時と同じく、たっぷりと話を伺った。

自主レーベル〈fractrec〉からの第1弾リリース!


mouse on the keys / Out of Body

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 257円(税込) / まとめ買い 1,542円(税込)

【収録曲】
1. Intro / 2. Earache / 3. Dark Lights / 4. Afterglow / 5. Elegie / 6. Out of Body

INTERVIEW : mouse on the keys

ーー前作『the flowers of romance』が2015年の7月なんですけど、前回のインタヴューでは前・後編に渡ってたっぷりと色々話を聞きましたが、それからのmouse on the keysはどのような感じだったんでしょうか?

川崎昭(以下、川崎) : 前作のリリース時は活動を緩めてまた動き始めたっていう時期だったじゃないですか。そこからやるぞってなったら、今まで無いぐらいの忙しさになっちゃったんですよね(笑)。今も色々忙しくて、寝ないで曲を作ったり、作業したりっていう感じで。LITEとの西海岸アメリカ・ツアーもありましたし、個人的に受けてたサポートの仕事もあって。

ーー前回のインタヴューでは川崎さんが病気だったとかっていう話も聞いたじゃないですか。今の話聞くと随分と忙しそうですけど、体調は大丈夫ですか?

川崎 : 一度体調を崩してから、ブランクが空いて復活したのが前作で。復活したからイケるぞってことで自分もそうだし、みんながもっとやろうよって雰囲気になったんですよ。そしたら休んでいる間に蒔いていた種がそのタイミングで一気に開いて忙しくなって、今ちょっと疲弊してきてるっていう感じです(笑)。

川崎 昭

ーーでもそれって川崎さんの中では結構いい状況なんじゃないですか?

川崎 : いい状況なんですけど、物を作るってなると身や精神を削るので、すぐには出来ない場合も多いじゃないですか。そういうところでの精神的な苦痛があったりとか。色々やりたいと思ってきたんですけど、いざやってみると自分も歳を取ってきてるから結構大変だなって分かったのが今ですね。

ーーここ最近の活動では海外ツアーが目立ちますけど、また海外にどんどん行きだしたのは何でなんでしょうか?

清田敦(以下、清田) : もっとライブをやりたいなっていうのはみんなで話をしていて。

新留大介(以下、新留) : ちょうどそのタイミングで依頼もあったんで、じゃあ行こうかみたいな。去年の最初はカナダで、その次がヨーロッパですね。ヨーロッパの方はMutiny on the Bountyっていうルクセンブルグのバンドがいるんですけど、そのバンドが2015年の11月に来日して。その時にバンドから連絡が来て、ライヴに来てくれって言われたんでライヴに見に行ったんですよ。そしたら来日ツアーが終わった後にまた連絡が来て、一緒にヨーロッパを回らないかって言われたんです。


MUTINY ON THE BOUNTY - Mapping The Universe

ーーヨーロッパ・ツアーはどんなツアーでした?

新留 : 結局ヨーロッパ行くってなった後に、向こうのバンドが都合で出来なくなっちゃったんですよ。でもそのバンドのメンバーが代わりにツアーを組んで、運転手も照明もやるからって言ってくれて。

ーーめちゃくちゃいい奴ですね(笑)。

新留 : ルクセンブルグっていう国自体が豊かですし、国の補助とかも降りたり、自分たちのために色々やってくれてそれで回れたんですよね。

ーーなるほど。アメリカの西海岸ツアーはLITEとでしたがこちらは?

川崎 : アメリカに関しては〈Topshelf〉っていうサンディエゴのマス、ポストロック系のレーベルが僕らに元々興味があったってのもあり、toeとかLITEも出してるんでその流れで繋がりやすかったんです。どうせならLITEとダブル・ヘッドライナーでツアーしたら面白いんじゃないかってことで話したら是非ということで今回実現したって感じです。

ーーLITEとmouse on the keysは音も違うと思うんですけど、この2バンドがアメリカに行くとどういう受け入れられ方をするんですか?

川崎 :実際行ってみてもお客さんからは両方とも大好きで待ってたよって言ってもらえて。すごい大歓迎をいただいたんですよね。ロサンゼルスやシアトルも規模でいうと300ちょっとですけどソールド・アウトして。他のところもたくさん来てくれて、初めてにしてはすごいいい状況だったなと思います。

臨死体験ってこういう感じかなって思っちゃった

ーーそんな感じでツアーがたくさんあったわけですけど、どのタイミングで今回のミニ・アルバムを製作しようと思ったんですか?

新留 : 今回の作品はツアーとツアーの合間というか。時間がある時に作って、その後またアメリカ・ツアーに行った感じです。

ーーどんな作品を作りたいとかってのはありました?

川崎 : そうですね、前回のアルバムからの進化みたいなものは欲しいなと思ってましたが、最終的にゆったりしたものとか、聴いてて沁みる感じになればなとという方向に落ち着きましたね。

清田 敦

ーーなぜそういう感じになったんでしょう?

川崎 : それは疲れてきてたからじゃないですかね(笑)。

一同 : (笑)

川崎 : 本当に年食ったからなのか、ありがちですけど激しいものを聴くよりも聴きやすいものを聴くみたいな感覚になって来たんでしょうね。mouse on the keysってせわしないリズムが売りだったりってのはあると思うんです。自分で言うのはなんですけど(笑)。今回も変なリズムは入ってますけど、全体的なBPMは遅めで、結構フレーズを伸ばすような感じだったりとかそういうものが多いですね。せわしない感じから脱皮して、心に沁みるものにしたいなってのは個人的にはありましたね。またせわしないものもやるとは思いますけど、これを作った段階ではそういう感じでした。

ーーそのせわしない感じを脱皮したくなったのはなんでなんですか?

川崎 : それもやっぱり疲れたからですかね(笑)。

一同 : (笑)

ーーそこに集約するんですね(笑)。立花隆さんの『臨死体験』やドキュメンタリー番組『死ぬ時心はどうなるのか』に影響を受けたと聞きましたがこれはなぜですか?

川崎 : 臨死体験とか死ぬ時とか言ってる時点で疲れてますよね(笑)。この疲れの原因には、仕事が多くなってきた時に難聴がひどくなったっていうのがあって。今も聞き取りづらいんですけど。

ーーそれはいつ頃ですか?

川崎 : それは夏とかその前後ですかね。最近それがひどくなってて、耳もそうだし脳のこととかもあって。忙しすぎてかなり病んだんですよ。ストレスで言葉が出なくなる時とかないですか? 言いたいんだけど、どもっちゃうみたいな。そんな感じになっちゃって。忙しいことで落ち込んだりした時に、その臨死体験の本やドキュメンタリーを見てて、死ぬ時ってこういう感じになるんだなと思ってすごい面白いなと思ったんですよ。光を浴びたりだとか、幽体離脱したりだとか、トンネルに入るだとか。たまたま家に帰って椅子で寝落ちた時に、朝カーテンの隙間から光が差し込んできたんです。すごい眩しくて、普通は眩しいから閉めると思うんですけど、じっと光を見てたら何故か気持ちよくて。臨死体験ってこういう感じかなって思っちゃったんですよ。そんなぐらい結構病んでたというか。ちょうどその制作の時に自覚は無かったですけど、曲もそういった状態でも聴きたいと思えるものがいいなと思ってBPMが下がったりとか、ループするものがいいかなってなったんじゃないかなと思いますね。

ーーアルバムのアートワークも印象的ですがこちらは?

川崎 : 今回ジャケットは世界的コラージュ・アーティストの河村康輔さんにお願いしたんですけど、作品を送ったら、この絵が送られてきたんです。このアートワークは河村さんが古いポルノの一部分を切り取って作ったもので。ポルノ写真自体が切り取り方次第で花みたいに美しく見えるんですよ。女性同士のディープ・キスなんですけど、これを見た時に綺麗だなと思ったんですね。と同時に死のイメージが喚起して来て。セックスとか性的なものって、どこか死を暗示させるものを感じるじゃないですか。さらに先ほどの臨死体験のイメージにも繋がるなと思い、作った曲の雰囲気ともリンクしたんですね。今回の曲のタイトルもそこから当てはめていきました。

ーーまずアルバムのタイトルが『Out of Body』ですもんね。

川崎 : そうですね。本当は「Out of Body Experience」で体外離脱、日本だと幽体離脱なんて言われますけど、アルバムのタイトルもそういう意味から取りました。2曲目の「Earache」ってのは耳鳴りの意味で、臨死体験した人は耳にブーンっていう耳障りな音がするとか、そういう現象があったりするらしいのでこのタイトルを。音自体もずっと持続してくような感じがあるのでぴったりだなと。個人的にはイギリスのデス・メタル/グラインド・コア・レーベルと同名なので、そことも絡めてます(笑)。

ーーなるほど(笑)。

川崎 : 3曲目の「Dark Lights」は新留が作った曲で曲調がじわじわ進むような感じだったんで、暗いトンネルを通って行く感じをイメージして。ダーク・トンネルだとダサいから、暗いトンネルの連続するライトの感じをイメージして。言葉自体はダークにライトなんで矛盾してますが、あえてそうしてます。4曲目の「Afterglow」は清田が作ったんですけど、この言葉は走馬灯とか、残像とかっていう意味で。ドラム・ロールが連続したかと思うと、ブレイクしたり、また始まったりっていう曲なんで、過去の記憶を高速で見せられているイメージ。

ーー5曲目はラフマニノフのカバーですけど、これを選んだのはなぜ?

川崎 : これは「Elegie」って曲で、哀歌という意味です。死は悲しいですからね。疲れてても沁みてくるものって何なんだろうって考えてた時にクラシックを聴いてたんです。その時にこの曲を聴いて、すごくカバーしたいと思って。たまたまですけど、アルバム・タイトルともリンクしてていいなと。原曲を聴くとエリック・サティ的な何てことないシンプルな曲調ですけど、途中上昇するフレーズに変わるところでフワッとなって、すごく浄化される感じがたまらないですね。単純に曲の良さと自分の精神状態にすごくフィットしたのでこの曲を選んだって感じですね。今回アルバムを作る上で、自分たちの中で1回変化があって。この曲は、その変化を表していますね。

若い人たちの感覚が面白いって思えて嬉しい

ーーそれはどんな変化だったんですか?

川崎 : 最初にデモを作ったんですけど、それを全部無くして作り直したんです(笑)。

新留 : 各自デモを作って持ち寄った時にみんなで聴いてみようってなって、もう1人自分達が信頼している近しい人も交えて聴いたんですけど、その人にダメだって言われまして(笑)。

清田 : みんながデモを持ち寄るまでの期限に余裕が無かったから、中途半端なものを持ってきちゃったんで、ダメ出しされたのかもしれないですけど(笑)。

新留 : もちろん自分としても、クオリティ的に足りていないと納得する部分もあったので、もう1回デモを全部作り直したんです。

新留 大介

ーーこの3人にダメ出しするってすごいですね(笑)。

清田 : 僕らは最初のデモ制作の段階ではリズムのズレに関して話してましたね。

新留 : そういうズレっていうキーワードはあったんですけど、一回ボツになってから変わったんです。

ーーどう変わったんですか?

新留 : その後もう一回色々な曲を各々聴いて、曲の構造はシンプルだけど、一つ一つのフレーズだったり音質や音色的にも、もう一段階クオリティの高い物にしようという風に変化していった記憶がありますね。

川崎 : その変化があったね。最初はズレという手法ににフォーカスしすぎてて、そもそも曲の良さが置き去りになってた。そこで1回ぶっ壊してじゃあどうするってなった時に色々考えた結果、今の時代性の流れはシンプルで音数少なくて、音にこだわってるっていうのだと僕は感じたんで、ズレとかのアイディアも残しつつ、スネアとかリム・ショットやシンセの音はどれが良いのかってのにこだわろうってなった結果こうなりましたね。バイノーラル・マイクで録音してたりするんで、ヘッドフォンで聴いてもらうと細かい音が動いていくのが分かると思います。

ーー曲としてシンプルで音にこだわっててっていう流れはどこで感じたんですか?


Raime - Dead Heat

川崎 : 新しい音楽を聴く中でですね。Andy Stottっていう人とか、Raimeっていう人たちの作品とかから。音数が少なくて、ギターのフィードバック音を配置してたりとかそういうようなアーティストたちなんですけど。Raimeっていうグループはロンドンの二人組で基本的にはDJというかトラックメイカーなんですけど。最近出した『Tooth』ってアルバムの謳い文句が「ポスト・ハードコアとガラージとグライムのミックス」ってなってて。FUGAZIからDizzee Rascalまで影響受けてたりとか。ガラージやグライムとかって今リバイバルの流れがあるんでしょうかね。そことポスト・ハードコアの感じをミックスして厳選した音をガッと出すみたいなのがすごく面白いなと。『Tooth』ってアルバムは生ドラムとギターがメインで、バンド・スタイルでツアーとかしてたんですよね。本人たち曰く、リズム・セクションとかはグライムとかガラージをちょっと遅くするようにして作ってるみたいで、そういう感覚も面白いですよね。ひたすらループしてるんですけど微妙な配置具合がやみつきになる感じ。ハーモニクスの音とか金属音とかにすごいこだわってるなってのが分かるんですよ。インタヴューでも一個のサンプルを録るのに4時間掛けるとか言ってて。このアルバムは今回影響ありますね。

ーー面白いですね。

川崎 : この辺の流れって2012年ぐらいから来てますよね。後、小林うてなさんのソロ・アルバムを聴いてましたね。スカスカで、音にこだわっててすごく良いなと。今回古いものも新しいものも良いものは良いんだなとあらためて実感しましたね。僕は43歳になったんですけど、こないだ対バンしたWONKなんかはドラムとベースは24歳で、ボーカルも27歳とか。27歳とかっていうと業界的には若くないのかもしれないですけど、自分たちからすると十分若いなと。彼らはディアンジェロを若い頃から普通にコピーしてたって言ってて。面白いですよね。自分はいつの間にか本当にジジイになってたんだなと思うと同時に、若い人たちの感覚が面白いって思えて嬉しいです。で、今回の僕らのアルバムは時代の流れに合わせつつ、これらをどう吸収するかみたいなことが出てますね。

ーー時代の流れを読むっていうのは意識的なものですか?

川崎 : 今回はそう言えるんですけど、いつもはそんなに見てなくて。俺らのスタイルがこうだっていうのは言えるとは思うんですけど、さっき言った手法にフォーカスしすぎたっていうのが以前までの感覚なんですよ。その以前までの感覚がつまらなくなってるのは多少あって。そこを素直にやってったら今回こうなったと。だから過去の良いところも維持しつつ、新しい感覚も取り込むというか。人によっては迎合してるとかって言うかもしれないですけど、作ってるものは違うものになってると思ってるので。そういう部分と、今の精神状態とたまたま興味を持つものが重なって今回はこうなったって感じですかね。作る思いとか態度みたいな基本的な部分は前回と変わってないんです。疲れてますけど(笑)。いろいろ考えながらやってるのは変わらないですし、相変わらず自分の体調とかも作品に出ちゃうんですけど、それで良いかなと思ってて。その時の感じで動いてるってことが1番作品としてその時を切り取ると思ってますしね。

インタヴュー : 飯田仁一郎
文・構成 : 高木理太
写真 : 太田好治

mouse on the keysの過去作品


過去のインタヴューはこちら
『the flowers of romance』ハイレゾ配信&インタヴュー
『machinic phylum』発売記念インタビュー

RECOMMEND

LITE / Cubic(24bit/48kHz)

日本を代表するインストゥルメンタル・ロックバンド「LITE(ライト)」の5thフル・アルバム。日本では自主レーベル〈I Want The Moon〉、アメリカ、ヨーロッパではアメリカの優良インディー・レーベル〈Topshelf Records〉からリリース。

この作品に関する特集ページはこちら

te / 閾(24bit/96kHz)

残響レコードよりリリースされた、te’の初ミニ・アルバム『閾』。ドラムには、chouchou merged syrups.の高垣が参加。

LIVE SCHEDULE

OUT OF BODY TOUR
2017年1月29日(日)@大阪 Shangri-La
2017年1月31日(火)@池下 CLUB UPSET
2017年2月8日(水)@渋谷WWWX
2017年2月12日(日)@沖縄 がらまんホール

CANADIAN TOUR 2017
2017年2月16日(木)@Saint-Hyacinthe, QC - Le Zaricot
2017年2月17日(金)@Sherbrooke, QC - Université de Sherbrooke
2017年2月22日(水)@Jonquière, QC - Café-Théâtre Coté-Cour
2017年2月23日(木)@Québec, QC - Le Cercle
2017年2月24日(金)@Shawinigan, QC - Maison de la culture Francis-Brisson
2017年2月25日(土)@Trois-Rivières, QC - Centre Culturel Pauline-Juien
2017年3月1日(水)@Rimouski, QC - Espace Scène - Théâtre TELUS-Desjardins
2017年3月2日(木)@Carleton, QC - Maximum 90
2017年3月4日(金)@Havres-aux-Maules, Madeleines-Iles - Pas-Perdus
2017年3月7日(火)@Saint Catharines, ON - First Ontario Performing Art Centre
2017年3月8日(水)@Toronto, ON - Harbourfront Centre Theatre
2017年3月9日(木)@Ottawa, ON - The Zaphod Beeblebrox
2017年3月10日(金@)Montréal, QC - L’Astral (Festival Montréal en Lumière)
2017年3月11日(土)@Joliette, QC - La Mitaine

LITE / mouse on the keys NORTH AMERICAN TOUR 2017
2017年3月13日(月)@Detroit - The Loving Touch
2017年3月14日(火)@Chicago - Lincoln Hall
2017年3月16日(木)@Baltimore - Baltimore Soundstage
2017年3月17日(金)@Philadelphia - Boot & Saddle
2017年3月18日(土)@New York - (le) Poisson Rouge
2017年3月19日(日)@Boston - The Sinclair

PROFILE

mouse on the keys

日本におけるポストハードコア / ポストロックシーンのパイオニアバンドのひとつであるnine days wonderの元メンバーであった川崎昭(ドラム、ピアノ)と清田敦(ピアノ、キーボード)により2006年結成。2007年新留大介(ピアノ、キーボード)が加入し、現在のトリオ編成が形成される。モノクロームでarchitecturallyな映像イメージと完全に同期し、ミニマルな幾何学的抽象を思わせるようなライヴ・パフォーマンスは国内のみに留まらず、国外においても多大な反響を呼んでいる。2016年秋、結成10周年を迎え、自主レーベル「fractrec」を設立。

>>mouse on the keys Official HP

o

 
 

インタヴュー

15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月22日・15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始 今年2017年に結成15周年を迎えた“neco眠る”。そんなアニバーサリー・イヤーに、彼らから新作アルバム『Typical』が届きましたよ〜!! 新メンバー・おじまさいり((Key from CASIOトルコ温泉)加入後初、そして実験性とポップ・センスが高次元で結合した前作『BOY』以来、実に3年ぶりとなるフル・アルバムとなっております!!! 初期作を担当していた森雄大(Gt)、前作で全曲の作曲を担当したBIOMAN(Synth)、栗原ペダル(Gt)、そして新メンバーのおじまさいりがソングライティングを担当、さらにスチャダラパーやロボ宙、安部勇磨(never young beach)なども参加し、各人の個性が爆発した10曲を収録! そんなバラエティに富んだポップで踊れる今作『Typical』を独占ハイレゾ配信を開始するとともに、メンバーの森雄大、おじまさいりへのインタヴューを掲載します! 3年ぶりフル・アルバム! ハイレゾはOTOTOYだけ! neco眠る / Typical'【配信形態】AL
by JJ
「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
大西順子、ジャズ・ピアノストを語る
・2017年11月21日・大西順子が語る、ジャズ・ピアノ──アート・テイタムから現代まで つい先ごろ、約8年ぶりのピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして初のバラッド集『Very Special』と2枚同時に新作をリリースしたばかりのジャズ・ピアニスト、大西順子。OTOTOYでは新作に関するインタヴューに続いて、こちらのページではその後編、特別企画として、ジャズ評論家、柳樂光隆を聞き手に、大西にレジェンダリーなアーティストから現代にいたるまでのジャズ・ピアノに関して語ってもらった。レジェンダリーなジャズ・アーティストたちに直接師事、またはバンドのいちいんとして共演し、まさに世界レベルで活躍してきたピアニストたる大西の、その審美眼を通して分析される、ジャズ・ピアノはまさに目から鱗ものの情報ばかりです。 大西順子、新作2作に関するインタヴュー前半こちら 8年ぶりとなる待望のレギュラー・トリオ作品大西順子トリオ / Glamorous Life(24bit/96kHz)'【Track List】01. Essential 作曲 : 大西順子02. Golden Boys 作曲 : 大西順子(モントルーL
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.