album jacket
TitleDurationPrice
i shut my eyes in order to see  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 00:46 Album Purchase Only
leviathan  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 05:48 Album Purchase Only
reflexion  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:28 Album Purchase Only
obsession  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 00:27 Album Purchase Only
the lonely crowd  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 05:47 Album Purchase Only
mirror of nature  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:39 Album Purchase Only
hilbert dub  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:41 Album Purchase Only
dance of life  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:11 Album Purchase Only
the flowers of romance  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:51 Album Purchase Only
le gibet  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:51 Album Purchase Only
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 37:29
Album Info

日本を代表するポストロックバンド、 mouse on the keys、 6年ぶりとなる待望のセカンド・アルバム完成!本アルバムは、 2012年発売のミニアルバム 『machinic phylum』 以来のリリースであり、 フルアルバムとしてのリリースは実に6年振り。 世界中で高い人気を誇る日本のエレクトリックミュージックレーベル“mule musiq”より待望のリリースとなる。 ポストハードコア/ポストロックバンド“nine days wonder”のメンバー川崎、 清田に新留からなるmouse on the keysは、 これまでにリリースした作品数は少ないながら、 音楽的コアなファンから、 ミュージシャンや音楽業界に数多くのファンを持つ事で知られ、 高く評価されている日本最高峰のポストロックバンド。 2006年の結成以来、 アグレッシブさはそのままに、 より円熟味を帯びた今作は、 もはやポストロックという枠には収まりきらないネクストレベルへと発展している。 現代音楽的コラージュサウンドでアルバムは幕を開け、 スリリングかつエモーショナルな、 “これぞmouse on the keys”と言えるサウンドの楽曲 「leviathan」 は、 先行公開中のMVにも使用された、 アルバムのハイライトの1曲。 ジャズロック的なニュアンスが強いながらも、 エレクトリックな質感と時折垣間見せるノスタルジックなメロディー、 エレクトリック期のマイルス・デイビスを彷彿とさせるフリーキーなトランペッ トがオリジナルな 「reflection」 、 初期ovalの様な現代音楽的ドローンなインタールードを挟み、 躍動感溢れるドラムとピアノのイント ロから一転、 ミッドテンポなフリージャズへと展開して行く 「the lonely crowd」 、 ここ最近の彼らの新境地と言えるアンビエント色が強いシネマティックなジャズロック 「mirror of nature」 、 1940年にジョン・ケージが打楽器の代用として発明したプリペイドピアノと重厚なドラム音のアンサンブルがユニークな 「hilbert dub」 、 bill evansの名曲 「peace piece」 を連想させる美しいピアノ曲 「dance of life」 、 本アルバムのタイトル曲でありmouse on the keys流ベースミュージックと言えるスリリングなドラムとストリングスのアンサンブル 「the flowers of romance」 、 そして、 モーリス・ラベルの作品中最大の難曲と言われている 「夜のガスパール」 からのカバーがアルバムのラストを飾る。 “絞首台にぶら下がった囚人の死骸が夕日に照らされる不気味な光景を聴覚的に表現した”という、 何とも気味の悪い作品ながら、 この作品の持続低音とmouse on the keysの重いドラム音、 官能的なピアノ、 ノイズが渾然一体となったカバーは、 稀に見る秀逸なカバーと言え、 アルバムの最後を飾るに相応しい傑作と言えるだろう。 本アルバムは、 9月上旬に日本、 ヨーロッパ、 北米でのアナログ・リリースも決定している。

People who bought this album also bought

Popular albums of same genre

Discography

News

mouse on the keys、デジタル配信シングルのショート・ムービー公開 6月にジャパン・ツアー開催

mouse on the keys、デジタル配信シングルのショート・ムービー公開 6月にジャパン・ツアー開催

5月23日にニュー・アルバム『tres』を全世界同時リリースするmouse on the keys。 先⾏してデジタル配信される第一弾シングル「Time (feat. Mario Camarena of CHON)」のショート・ムービーが本日公開された。

新体制envy、豪華ゲストを招き神戸にて自主企画<inevitable>開催

新体制envy、豪華ゲストを招き神戸にて自主企画<inevitable>開催

3月末にに独立系音楽会社ホステス・エンタテインメントとの契約を発表し、4月にイベント<After Hours'17>にて新体制のライヴを披露したenvy。 そんな彼らが、5月28日(日)に神戸にて自主企画イベント<envy presents "inevi

yahyel、mouse on the keysとWONKを迎え初の仙台公演開催

yahyel、mouse on the keysとWONKを迎え初の仙台公演開催

1stアルバム『Flesh and Blood』が好評配信中のyahyel。 ウォーペイントの来日ツアーにオープニング・アクトとして出演することも発表され、さらなる注目集める彼らが初の仙台公演を行うことが決定した。 対バンとして名乗りを上げたのが、mou

〈SYNCHRONICITY’17〉&〈After Hours’17〉第2弾でMANNISH BOYS、yahyel、THA BLUE HERBら合計10組発表

〈SYNCHRONICITY’17〉&〈After Hours’17〉第2弾でMANNISH BOYS、yahyel、THA BLUE HERBら合計10組発表

2DAYSコラボ・フェスとして、2017年4月に行われる〈SYNCHRONICITY’17〉と〈After Hours’17〉。 その第2弾アーティストが発表となった。 4月8日(土)開催の〈SYNCHRONICITY’17〉は、斉藤和義と中村達也による

toe、東京でのワンマン完売で追加公演発表

toe、東京でのワンマン完売で追加公演発表

toeがワンマン・ツアー東京公演のチケット完売を受け、追加公演を行うことを発表した。 今年7月に3rdアルバム『HEAR YOU』をリリースしたtoe。10月より京都、大阪、金沢、米子、東京の5都市を巡るワンマン・ツアー開催をアナウンスしていたが、そのう

mouse on the keys、新作引っさげ全国巡る 国内初のワンマンも

mouse on the keys、新作引っさげ全国巡る 国内初のワンマンも

mouse on the keysが2ndアルバム『the flowers of romance』を7月15日(水)に発売(OTOTOYでは先行ハイレゾ配信実施中)。それに伴い、アジア圏を含めたリリース・ツアーを開催することが決定した。 アジアでの3公演

More News Collapse
mouse on the keys 6年ぶりフル・アルバムからMV公開

mouse on the keys 6年ぶりフル・アルバムからMV公開

ポストロック・バンドmouse on the keysが6年ぶりの2ndアルバム『the flowers of romance』より収録曲「leviathan」のMVを公開した。 7月15日に2ndアルバム『the flowers of romance』

SIMI LAB、mouse on the keys、SICK TEAMら出演、UNITのカウントダウン!

SIMI LAB、mouse on the keys、SICK TEAMら出演、UNITのカウントダウン!

毎年恒例、大晦日のカウントダウン・パーティが続々と発表されるなか、代官山UNITのカウントダウン・パーティがこのたび発表された。 今年はSICK TEAM、SIMI LAB、さらにはあの集団を思い起こさせるKILLER-BONG × JUBE × BAB

ベン・フロストの来日東京公演にmouse on the keys、hanali出演

ベン・フロストの来日東京公演にmouse on the keys、hanali出演

北欧エレクトロニカ・シーンの若きクリエーター、ベン・フロストが10月に東京と大阪で待望の来日ツアーを行う。その東京公演のオープニング・ゲストとしてmouse on the keys、音楽ジャンル「Gorge」をルーツに活動するhanaliの出演が決定した

mouse on the keys初の自主企画ライヴを全国3ヶ所で開催

mouse on the keys初の自主企画ライヴを全国3ヶ所で開催

ポストロック界の雄mouse on the keysが、初の自主企画ライヴ〈dirty realism〉を東京、大阪、金沢の全国3会場で開催することが決定した。 日本におけるポストハードコア / ポストロック・シーンのパイオニア的なバンドのひとつである

ハイブリットなダンスミュージックを奏でるnego、新曲3曲を一挙フリー・ダウンロード

ハイブリットなダンスミュージックを奏でるnego、新曲3曲を一挙フリー・ダウンロード

ライヴでは演奏と映像をリアルタイムに絡めた、ダンスミュージックを展開、次世代ダブ・バンドとの呼び声も高いnego。彼らが、レーベル〈Bayon production〉への移籍を記念し、移籍第1弾シングルとして新曲3曲のフリー・ダウンロードを期間限定で開

灰野敬二、話題のDJミックス音源『in the world』を携えたレコ発を開催

灰野敬二、話題のDJミックス音源『in the world』を携えたレコ発を開催

1970年代初頭から現在まで、日本の音楽シーンにおいて前衛であり続けるアーティスト、灰野敬二。そんな彼が、最新作『in the world』のリリース・パーティーを、2月9日(日)に新宿ナインスパイスで開催する。 『in the world』は、灰野敬

mito(クラムボン)、toe、mouse on the keysらの書き下ろし楽曲を収録した動画編集アプリが登場

mito(クラムボン)、toe、mouse on the keysらの書き下ろし楽曲を収録した動画編集アプリが登場

30秒のムービーを撮影するだけで、簡単にミュージック・ビデオ風の作品を制作できる動画編集アプリ「Findays」(ファインデイズ)が登場した。 このアプリには、mito(クラムボン)、toe、mouse on the keys、高本和英(COMEBAC

< Star Fes. >2013年開催決定! 12月に前哨戦イベント開催

< Star Fes. >2013年開催決定! 12月に前哨戦イベント開催

今年3月“日本一早い夏フェス”と銘打ち、お台場でデビューした音楽フェス< Star Fes. >の2度目の開催が来年春に決定。それに先駆け、前哨戦となるイベント< Star Exhibition.2012 >が12月14日(金)東京・日ノ出桟橋のTAB

窓ガラスにゾクゾクするmouse on the keysが代官山UNITでリリース・ライヴ

窓ガラスにゾクゾクするmouse on the keysが代官山UNITでリリース・ライヴ

ツイン・キーボードとドラムが構築する音世界によって、常に聴くものを圧倒してきたmouse on the keys。そんな彼らが新作ミニ・アルバム『machinic phylum』を携え、10月12日(金)に代官山UNITでライヴを行う。 ちなみに、ドラ

Collapse

Articles

OTOTOY RADIO オンエアリスト - 2018年7月23日初回放送分

連載

OTOTOY RADIO オンエアリスト - 2018年7月23日初回放送分

OTOTOY RADIO オンエアリスト - 2018年7月23日初回放送分2018年7月より新放送サービス「i-dio」ではじまる番組「OTOTOY RADIO」。この番組では1時間に渡って、OTOTOY編集部が選曲する、最新の音源をプレイします。今回…

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

インタヴュー

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

mouse on the keys『tres』で見せた成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信ドラム、そしてピアノ / キボード x 2というトリオ編成で、まさに他に類を見ないサウンドを作り続け、世界的に高い評価を受けているmouse on the …

mouse on the keys、新作ミニアルバムを自主レーベル「fractrec」からリリース!

インタヴュー

mouse on the keys、新作ミニアルバムを自主レーベル「fractrec」からリリース!

生と死の狭間での音楽体験──mouse on the keys、自主レーベルよりミニ・アルバムをリリース!!未分類かつ圧倒的な実験性を土台にこれまで4枚のダイナミックなアルバムをリリースし、 ミニマル・ミュージック、ハードコア、クラブ・ミュージック、ポスト…

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

インタヴュー

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

世界基準のテクノ / ハウスをハイレゾで聴く! 〈mule musiq〉のOTOTOY限定コンピが登場! 国内外を分け隔てることなく旬のアーティストのリリースを続け、ハウス / テクノのシーンでは世界的に高い評価を受ける本邦のレコード・レーベル〈mule …

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

インタヴュー

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

特集 : 『ポストロック・ディスク・ガイド』を巡って、あるいは2015年夏、インディ・ロックのある視点初夏に刊行された『ポストロック・ディスク・ガイド』(以下、『ディスク・ガイド』)、それと呼応するようにポストロックの重要バンドのリリースが続いているーーt…

mouse on the keys、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

インタヴュー

mouse on the keys、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

このバンドは、ポストロックに反逆してやろうって—— mouse on the keys、6年ぶりとなるフル・アルバムを先行ハイレゾ配信鍵盤とドラムから生み出される、幾何学模様のように複雑かつ精密に絡み合うアンサンブルとアグレッシヴなバンド・サウンド。その唯…

OTOTOYでしか買えない!! FUJI ROCK FESTIVAL 2012出演アーティストの限定音源!!!

レヴュー

OTOTOYでしか買えない!! FUJI ROCK FESTIVAL 2012出演アーティストの限定音源!!!

OTOTOY限定販売!! FUJI ROCK FESTIVAL 2012出演アーティスト大予習!!今年のフジロックのチケット、ちゃんと買ってありますか? 7月24日の時点で、3日通し券と、最終日のチケットは売り切れてしまったそうです!! そんな例年にも増し…

mouse on the keys『machinic phylum』発売記念インタビュー

インタヴュー

mouse on the keys『machinic phylum』発売記念インタビュー

互いに矛盾する要素がせめぎ合って生まれた音楽mouse on the keysの音楽を耳にするとき、私たちはふたつの相反するイメージに引き裂かれてしまう。それを抽象絵画にたとえて説明してみよう。一方で彼らの音楽は冷たくミニマルな幾何学的抽象を思わせる。きわ…