マイクを手にし、二コ動から飛び出し、お茶の間へ! 短期連載「Q'ulleがマイクを持った理由」 ver.1 まなことやっこ

ニコニコ動画の「踊ってみた」ジャンルで絶大な人気を誇った7人組ダンス・グループ、DANCEROID。惜しくも2014年7月に解散した彼女たちのなかから5人のメンバーが、Q'ulleとして戻ってきた。その手にはマイクを持って… あらためて活動するにあたって、なぜ彼女たちは歌うことを選んだのか? そして歌うことを選んだことによって何が変わったのか? サウンド・プロデューサーであるボカロP、DECO*27を含め6人。これから3ヶ月に渡って2人ずつにじっくり話を訊くことで、彼女たちの始まりのストーリーを描く。

今回、セカンド・シングル『MONSTER』のハイレゾ配信とともに登場してもらったのはまなことやっこ。DANCEROID外でもふたりで「踊ってみた」を投稿するなど、最も一緒にいた時間の長い彼女たちはそれぞれ何を思い、いまここにいるのかを訊いた。

Q'ulle / MONSTER

【配信形態 / 価格】
WAV / ALAC / FLAC(24bit/48kHz) : 単曲 540円(税込) / アルバム 1080円(税込)
>>ハイレゾとは?
>>CD音質(16bit/44.1kHz)、mp3のご購入はこちら

【Track List】
01. MONSTER / 02. ONI / 03. MONSTER (Off Vocal karaoke ver.) / 04. ONI (Off Vocal karaoke ver.)

ファースト・シングルもハイレゾで再登場!!

Q'ulle / mic check one two

【配信形態 / 価格】
WAV / ALAC / FLAC(24bit/48kHz) : 単曲 540円(税込) / アルバム 1080円(税込)
>>ハイレゾとは?
>>CD音質(16bit/44.1kHz)、mp3のご購入はこちら

【Track List】
01. mic check one two / 02. NOT / 03. mic check one two (Off Vocal karaoke ver.) / 04. NOT (Off Vocal karaoke ver.)

INTERVIEW : まなこ×やっこ

左からまなこ、やっこ

2015年3月15日(日)に行われたQ'ulleの2部制の『MONSTER』リリース・イベントで、ライヴ後に公開インタビューをやらせてもらう機会を得た。1部は、お世辞にも良いライヴと言うことは出来なかった。そのときのまなこの悔しそうな顔は、あまりにも印象的だった。また各メンバーが、初めてのワンマン・ライヴ(2014年12月29日@原宿アストロホール)を越えるライヴが出来ないと嘆いていることも印象的だった。でも1部終了後、メンバーみんなですぐ反省会やリハーサルをして、2部にのぞんだそうで、2部のライヴは、少なくとも僕の知る限りで過去最高のライヴを見せてくれた。「たった3時間で最低を最高に変えれるって、もう可能性の固まりじゃん!」心の底からそう思えた。2部のライヴが、初めてのワンマン・ライヴを越えたのかどうかは聞けてないけれど、メンバーの、そしてまなこのライヴ終了後の最高の笑顔は、僕らを武道館へ、そしてお茶の間へ連れて行けるに充分な可能性を秘めていた。さぁ、Q'ulleの熱くてエモい季節が始まる。

インタヴュー : 飯田仁一郎 / 渡辺彰浩
文 : 飯田仁一郎
写真 : 外林健太

マイクを持つことによって、今度は自分たちの中のものを出していこうって

――Q'ulleにとって『MONSTER』は、なぜ思い入れが強い作品になったのでしょう?

まなこ : ファースト・シングルの『mic check one two』とは雰囲気がガラッと変わったので、ロックなQ'ulleらしいし、今の私たちに相応しい曲だから。違いをガツンと響かせられるようにしたいと思ってました。

――なぜQ'ulleはロックになったのですか?

やっこ : Q'ulleというのは、CuteとCoolをかけた造語なんですよ。元々やっていたユニットDANCEROIDは"歌わないアイドル"というキャッチフレーズでやっていたんですけど、マイクを持つことによって、今度は自分たちの中のものを出していこうっていうスタイルに変えようと思ったんです。「アイドルとは言わせねぇ!」みたいな気持ちもあります。

――でも、アイドルなんですよね?

まなこ : 見る人によって捉え方は様々でいいから。
やっこ : DANCEROIDのころはダンスのみだったので、かちっと決まったフォーメーションで決まった振り付けでとにかく全員が揃ってることが大事っていうのが大前提だったんですけど、Q'ulleには、自由に動いていいよとか、好きな風に歌ってとかそういうところがあって、メンバーの自分らしさみたいなのを出していけてるんじゃないかと思います。

――ずっと同じ振り付けで踊ることに窮屈になってきてた?

やっこ : 窮屈になったというよりは、上を目指すにあたって、アーティストとしてやっていきたくなったんです。

――なぜアーティストだったのか? なぜ武道館、横浜アリーナを目指したくなったのか? Q'ulleって、どこを見てもなぜ? が残っているアーティストだと思うんです。DANCEROIDはそれなりに評価も得ていたし、やっぱりこれじゃ駄目だと思ったんですか?

やっこ : 解散が決まったときに、これで終わりでいいのかなと思って。私はそのとき高校卒業の歳だったので、お婆ちゃんからは「今からでも大学行けば?」と言われて、「私このまま普通の人に戻るの?」と思ったときに、「戻れないな」というか。私としてはDANCEROIDでも大きな箱でライヴがしたいと思ってやっていたけど、出来なかったから納得がいってなかった。だからQ'ulleの話をいただいた時に、この5人だったらもっと上のところを目指せるようになるんじゃないかなと思って。

――DANCEROIDが解散した後、Q'ulleは、どのように集まっていったんですか?

まなこ : 解散したメンバーがとりあえずそのときの思いを言いあって、むずかしいなとか自信ないなっていう子もいつつ、そこから今の5人がこのままじゃ終わりたくないって言ってメンバーとして残りました。

――大きい舞台に立ちたかった?

まなこ : 私はDANCEROIDのときからとにかく大きな箱でライヴがしたい。満員のお客さんに見てもらいたいっていうのがあって、それは、Q'ulleでやっていったら叶えられるんじゃないかなって思ったんです。

お客さんにダンスだけしか伝える手段がなかったけど、歌うとより表情とか感情が込めやすくなった

――そういう風に思ったきっかけのアーティストとかっていたりします?

まなこ : ゆずが昔からすごい好きで。

——えっ! ゆず? あの弾き語りの?

まなこ : 高校生のときに横浜アリーナにライヴを観に行ってすごく感動して。Q'ulleは歌ったり踊ったりしてるけど、ゆずは歌と弾いているギターで人を感動させられるんだなって。それから私は横浜アリーナに立ちたいって思うようになりました。

――だから横浜アリーナなんだ。やっぱりDANCEROIDのときから歌いたいって気持ちはあったの?

まなこ : あったけど、ダンスも素人だし、DANCEROIDをやってるときはダンスのことでいっぱいいっぱいでした。

――DANCEROIDをやるにつれ、どんどんダンスが上手くなっていったと思うんですけど、そのときのダンスの目標は誰だったんですか?

まなこ : やっぱりいくら(いとくとら)さんですかね。ずっと観てたので。
やっこ : 私もニコ動をやり始めたきっかけはいくらさんなので。いくらさんと出来てることもすごいなと思ってたし、横に並んで見劣りしないようになりたいとずっと思っています。

――歌わないダンス・アイドルから、もっと大きい舞台を目指したいからQ'ulleを組んだっていうのは分かるんですけど、なぜダンス・ロック・アーティストに変化しようと思ったんですか?

やっこ : 格好いい曲をやってても、どこかしら可愛らしさが出てるっていうところのギャップがいいみたいな。今回のダンスのちょっとしたところとか、表情とかで普通のアーティストには出せない私たちだけの可愛さが出るってところにキュンとしてもらえるんじゃないかなって。

――いきなりロックをやれと言われてスッと入ってきました?

やっこ : Q'ulleを歌うユニットにしようってなったときに、私は自分が歌が得意じゃないっていうのも分かっていたので、やっぱり歌わないと駄目なのかなぁ〜って正直思ってて。でもワンマンで歌ったときに「あ、歌うの楽しい」って思いました。お客さんにダンスだけしか伝える手段がなかったけど、歌うとより表情とか感情が込めやすくなったと思って。
まなこ : アイドルって人を元気にさせるとか楽しませる曲が多いけど、ゆずって歌で引き込ませて、人を感動させるんです。自分もそういう感じの曲を歌いたいなと思いつつ、Q'ulleでもそういう曲が出てきたので、「私、今、ゆずだ。ゆずっぽいぞ」みたいな。知らない人がライヴを観ても好きにさせられるようなパフォーマンスをしたいなって思ってます。

――今でも踊ってみたとして動画を上げていますが、踊ってみたとQ'ulleで区別をしていたりしますか?

やっこ : 私はわけています。踊ってみたのおかげでDANCEROIDに入れたわけだし、DANCEROIDをやっていたから今、Q'ulleになれてるわけだから、踊ってみたを捨てたいっていう風には思ってないんですよ。趣味としてずっとやっていきたいと思っていて。踊ってみたからQ'ulleに入ってくれる人もいるかもしれないし、チャンスはあった方がいいじゃないですか。

そこ(いくらさんやDANCEROID)を崩していかないともっと大きくなれない

――Q'ulleは、インストアライヴが多くて大変じゃないですか?

やっこ : 実は、ライヴは、DANCEROIDの方が多かったですね。
まなこ : 毎月定期公演としてライヴをやっていたし、アイドルのイベントにも出ていたし。
やっこ : 週3、4本ライヴがあって、平日学校終わってダッシュみたいな。
まなこ : DANCEROIDのときは数が多すぎて、1つ1つのライヴに入れる力が足りなかったって思ってて。今もインストアとかいっぱいやらせてもらってるけど、前と同じでは駄目だから、インストアの4曲ですらもう本気というか、インストアで観に来てくれている人を全員引き込みたいなって考えています。

――地方とか回ってたら踊ってみたのファンが来ますか? Q'ulleのファンが来ますか?

やっこ : 現地の子が来てくれますね。東京はアイドル方面から来てくれるお客さんが多かったりするんですけど、地方に行くと女の子しかいなかったりね。
まなこ : その地方の子って会いたい人なんですよね。Q'ulleのことも応援してくれてると思うけど、地方に今まであんまり行くことがなかったから、いくらさんに会いたいって人がやっぱり多い。

――いくらさんやDANCEROIDは、今でも大きな壁なんですね?

まなこ : そこを崩していかないともっと大きくなれない。だからメンバー1人1人の気持ちが大事。

――まなこさんとやっこさんは、付き合いはどれくらい?

やっこ : ちょうど2年半くらいですかね。DANCEROIDのオーディションのときに会ったのが最初で、まなこが振り付けをした動画をあげてて、そのときメンバー内で暇だったのが私たちだったんです。
まなこ : 同い年だったしすることなくて。曲を必死に覚えなきゃとは思ってたけど。

私はまなこちゃんのこと大好きなんですよ。何がって顔が1番好き

――で、自然に仲良くなっていった。2人共暇だったから、手伝い合いながらみたいな?

やっこ : やりたい事が一緒だったっていうのが1番大きい気がします。
まなこ : 何かしなきゃって思って。

――実際2年半って、2人でいる時間としてはメンバーのなかでも1番長いですよね? やっこさんはまなこさんのこと、正直どう思っていますか?

やっこ : 私はまなこちゃんのこと大好きなんですよ。何がって顔が1番好きなんですよ。ちょっと撮影とかでメイク濃い目にしてもらって、ちゃんと整えてもらってるときとか。すっぴんのときも好きなんですけど。あとは脚の形が好き。太ももが細すぎず、太過ぎずみたいな感じが好きなんですよ。あとは声も好き。

――めっちゃ好きですね。

やっこ : 大好きなんです! 私、人が好きなんですよ。この台詞、まなこ、聞き飽きてますからね(笑)。
まなこ : 毎回同じ。

――努力家だとかそういうところはない?

やっこ : 見た目はそれで、中身に関しては本当に努力家だし、私が結構だめだめなので言ってくれたりとか、教えてくれたりとか振り付けもしてくれるし、時間の使い方が上手い。やっぱそれも頑張って要領良くしているんですよ。努力型の天才。

――やっぱりまなこさんには影響されているんですね?

やっこ : ただの友達ではないって感じ。目標でもあり、ライバルでもあるみたいな。

――まなこさんはやっこさんのことをどう思っていますか?

まなこ : 趣味が合う。趣味が合うから話してたら朝の4時みたいな時とか。そんな感じですかね。
やっこ : 軽っ!

――完全に軽いですね。100対1ぐらいでしたよ。

やっこ : たまにデレてくれるんで。今がツンで9.5割って感じ。なのでデレを引き出していただいて(笑)。

――分かりました(笑)。まなこさん、もうちょっとないですか?

まなこ : なんだろう……。
やっこ : ないのぉ……。
まなこ : 細かいところはしっかりしてると思います。Twitterとか見ててわかるんですけど丁寧に返しているし、ファンの人を大事にしてるなって思います。あとはキャラがぶれない。

ニコ動から飛び出して、お茶の間で「Q'ulleってあの子たちだよね」って言われるところまでいきたい

――あんまり出てこなかったですね(笑)。いくらさんはどんな存在ですか?

やっこ : 頭おかしい(笑)。
まなこ : 馬鹿だなって。本当頭おかしいんですよ。無駄な才能を持っていたり。何してるんだろうって思います。
やっこ : DANCEROIDのときは先輩って感じで、絶対敬語使わなきゃって思ってましたけど。
まなこ : 最近は「おい!」とか(笑)。
やっこ : いい意味でね。DANCEROIDのときも、先輩からそんなに敬語とか使わなくていいよって言ってもらえていたけど、なかなかそれが直せなくて。
まなこ : だから、向こうもどう扱っていいかわからないみたいな。
やっこ : Q'ulleになってから一緒にいる時間が更に増えて、やっていることもいろいろ増えて仲良くなりましたね。本当に仲良くなったがゆえの馬鹿って感じ。

――ゆずきさんはお2人にとってはどんな方ですか?

やっこ : きんぐ(ゆずき)さんは努力家。きんぐさんも可愛いんですよ。表現力があって、PVの表情が凄く好きです。きんぐさんがいると雰囲気出るんですよね。

――やっこさんは人のいいところを見つけるのが得意なんですね。

やっこ : そうですか? じゃあ今度から特技「人のいいところを見つけること」って書きますね(笑)。

――まなこさんは、ゆずきさんのことをどう思っていますか?

まなこ : 見えないところで凄い頑張ってる。1番Q'ulleに対して悩んでくれていると思うし、いろんな面で助けられています。

――まぁむさんはお2人にとってはどんな方ですか?

やっこ : まぁむさんがいないとまずい。しんみりするなって時にまぁむさんが「あ、忘れものした…」とか突然言いだしたりするんです。だから会話が途切れなかったり、ギスギスしたりとかがないんですよ。

――DECO*27さんの楽曲については?

やっこ : ニコニコ動画を知った時に既にDECOさんの曲が大流行してて、それを聴いていたので、まさかその人にやってもらえるとはって感じなんですよ。全部の曲が好きだし、全部の歌詞が深かったり、可愛かったり。
まなこ : 私たちもDECOさんの作った曲とか歌詞を大切にして歌ったりしているんですけど、DECOさんも私たちに作る曲を大切にしてくれてるなって思います。

――DECOさんとゆずの曲はどっちが好きなんですか?

まなこ : どっちも同じくらい好きですよ。

――お、100点の答えですね。

まなこ : え? なんでですか? ゆずって言うと思いました?

――ゆずって言ってほしかったです(笑)。

まなこ : 嫌ですよ(笑)。DECOさんはもともとファンで、カラオケでよく歌うくらい聴いてたりして、まさかDECOさんがやってくれるんだって、最初は嬉しかったしびっくりしたけど、ファンの人とかの反応を見てて、DECOさんでよかったなって。

――もっとアクティブにもっと激しくなっていくのかなって『MONSTER』を聴いて思ったんですけど、これからどんなふうにQ'ulleはなっていくんですか?

まなこ : もっとお茶の間に行きたいんですよね。ニコ動から飛び出して、お茶の間で「Q'ulleって知ってる?」って聞いたときに「あの子たちだよね」って言われるところまでいきたい。ライヴが出来て、実際に動員がめちゃくちゃあるアーティストになりたいなと思います。

――Q'ulle、まずは武道館まで行けそうですか?

やっこ : 行きます! 夏にアルバムを出して全国ツアーをやるんですけど、会場を満員にしたいっていうのが目標ですね。

――ゆずに負けないように頑張ってください。

まなこ : 負けないです!

RECOMMEND

LIVE INFORMATION

Q'ulle 1stアルバム「Q' & A ~Q'ulle and Answer~」&全国6都市ツアー「君の答えは…?」

2015年6月21日(日)@福岡VIVRE HALL
2015年6月28日(日)@池下CLUB UPSET
2015年7月5日(日)@北海道cube garden
2015年7月12日(日)@大阪FANJ twice
2015年7月18日(土)@宮城HooK SENDAI
2015年7月26日(日)@渋谷WWW

PROFILE

Q'ulle

動画投稿サイトの人気カテゴリ〈踊ってみた〉で人気を集めたDANCEROIDの元メンバーで結成されたガールズ・ユニット。メンバーは、いとくとら、ゆずき、まぁむ、まなこ、やっこの5人。踊りに特化したDANCEROIDの解散後、DECO*27をサウンド・プロデューサーに迎え、“歌って踊れるダンスロック・アーティスト”を目指し2014年10月に結成。2015年1月、デビュー・シングルとなる『mic check one two』をリリース。ネットからリアルへと飛び出し、精力的な活動を展開。

>>Q'ulle Official HP

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
筆者について
J J (JJ)

パンク・バンドLimited Express (has gone?)のギター・ボーカル。BOROFESTAの主催者。ototoyのチーフ・プロデューサー。JUNK Lab Recordsのレーベル・オーナー。ライターやイベント・オーガナイズも多数。ototoyでは、リミエキのJJとして喋っている時は、JJ(Limited Express (has gone?))と記載しています。

同じ筆者による他の記事