柴田聡子

Pop

プロフィール

1986年札幌市生まれ。2010年より都内を中心に、ギターの弾き語りによるライブ活動を始める。2012年6月三沢洋紀プロデュース多重録音による1stアルバム『しばたさとこ島』(浅草橋天才算数塾)発表。

2013年8月にはバンドサウンドによる12インチ・アナログレコードシングル「海へ行こうかEP」(なりすレコード)を、2014年6月には再び自身で録音した2ndアルバム『いじわる全集』(Shibata Satoko)を発売。演劇の祭典「フェスティバル/トーキョー13では1時間に及ぶ独白のような作品「たのもしいむすめ」、雑誌『文學界』に文章を発表するなど、活動の幅を広げつつある。2015 年には、6 月に『柴田聡子ライヴ』『SHIBATA SATOKO LIVESOUVENIR』(以上、Shibata Satoko / 試聴室)という2種類のライブアルバム発売を経て、9月、山本精一プロデュースによる3rdアルバム『柴田聡子』(P-Vine)を発売。

ディスコグラフィー

  • プロデュース/演奏に岸田繁(くるり)、山本精一が参加!「お久しぶりです、柴田聡子です。いろんな人の力を借りて、やるせないけど楽しいアルバムが1年半振りに出来そうです。ぜひ聴いてください。どうぞよろしくおねがいいたします!」 柴田聡子
  • プロデュース/演奏に岸田繁(くるり)、山本精一が参加!「お久しぶりです、柴田聡子です。いろんな人の力を借りて、やるせないけど楽しいアルバムが1年半振りに出来そうです。ぜひ聴いてください。どうぞよろしくおねがいいたします!」 柴田聡子
  • 弾き語りを中心にライブを行いつつ、これまでにアルバム2枚をリリース。ゲストを迎え、初のバンドセットによる楽曲も収録した<最高傑作3rdアルバム>完成。眼鏡の似合う彼女がうたう。ピュアで豊潤で深くて美しすぎる辛口世界。100%山本精一監修。
  • 1986年北海道生まれの柴田は、2010年から東京・南池袋のミュージック・オルグなど都内のライヴ・ハウスを中心に活動開始。アコースティック・ギターによる弾き語りのほか、ニュー山バンドのメンバーとしてもライブを行ない、現在は高知・四万十に拠点に音楽活動を続けている。浅草橋天才算数塾からのリリースとなる同作には、全10曲を収録。参加ミュージシャンには、同作のプロデュースも手掛けた三沢洋紀(真夜中ミュージック)とDJぷりぷり(金太郎)をはじめ、君島結、植野隆司(テニスコーツ)、パウロ野中(占い師)、貝和由佳子、じゅんじゅん(MAHOΩ)、須藤俊明(石橋英子 with もう死んだ人たち、uminecosounds etc)、山本達久(NATSUMEN etc)が名を連ねている。