ジャズを起点に縦横無尽にクロスオーヴァーするStill Caravan、新作『EPIC』をハイレゾ配信

メロウかつジャジーなヒップホップ楽曲を収録する人気コンピレーション『IN YA MELLOW TONE』への参加で知られる5人組バンド、Still Caravan。トラックメイカー、HiGASHiを中心に、ギター、ベース、ドラム、そしてピアノ / キーボードといった編成のバンドで、そのサウンドの肝はジャズを起点に、ポスト・J・ディラ・ビートやクラブ・ジャズなどを幅広い角度から取り入れたグルーヴと、親しみやすい流麗なメロディと言えるだろう。そんな彼が、前述の『IN YA MELLOW TONE』をリリースする〈GOON TRAX〉よりニュー・アルバムをリリースした。『EPIC』と名付けられた、新作はまさにその名の通り、雄大な景色を描き出す色彩豊かなメロディと音色で溢れている。今回は本作のリリースに際して、彼ら、そして作品に迫るべく、メンバーにメール・インタヴューを試みた。

Still Caravan / EPIC(24bit/48kHz)

【Track List】
01. Shine On
02. Butterfly
03. Take It Slow feat. Kharisma
04. Lifelike feat. Part Time Cooks
05. Urban Jack
06. Share My Soul feat. KYTE
07. I Like It
08. 1001
09. Shadowland
10. No Turning Back Time feat. Steph Pockets
11. Railroad No.9
12. Mountain In The Mirror

【配信形態 / 価格】
24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 400円(税込) / アルバムまとめ購入 2,000円(税込)

INTERVIEW : Still Caravan


インタヴュー & 文 : 鶯巣大介

2012年にロバート・グラスパー・エクスペリメントが『ブラック・レディオ』をリリースして以降、ヒップホップやクラブ・ミュージックをはじめ、さまざまなジャンルと結びつきをみせる新たなジャズの動きが大きな話題となっている。そんななか、2017年のここ日本にもジャズを基軸にさまざまなジャンルのクロスオーヴァーを試みているバンドがいる。それがStill Caravanである。

彼らはギタリスト、ベーシスト、ピアニスト、ドラマー、そしてトラックメイカーという編成からなる5人組だ。2MCを要するグループとしてのスタートであったが、トラック制作を担当していたチームが独立。2014年にオリジナル・メンバーであったHiGASHi(Trackmaker)の呼びかけのもと、現在の5人による生バンドという形に落ち着いたという。いまのような音楽性に至るまでにはどんなきっかけがあったのだろうか。

HiGASHi (Trackmaker) : 現在のバンド編成になってからは、実験的なことを色々とやってきました。もちろん90’sの米ヒップホップ・シーン、特にジェイ・ディーやATCQ(ア・トライブ・コールド・クエスト)、DJシャドウといったジャズのサンプルをベースとした大胆なトラック・メイキングに憧れもありましたが、ソウライヴやロイ・ハーグローヴ、MMW(メデスキ、マーティン・アンド・ウッド)、ザ・ルーツなどが次々と新作を発表していた新しい生ジャズを聴きながら育ってきたので、広い意味でヒップホップ的なサンプリングを混ぜたジャムからスタートしたのかと思います。

Takashi Tsurumi (Vocal & Guitar) : HiGASHiと僕の出会いは10年ほど前のことで『ブラック・レディオ』以前のことですが、彼はその頃からすでに「ジャズ × ヒップホップ、クラブ・ミュージックetc」という明確なコンセプトを持って楽曲制作に取り組んでいました。出会ってすぐに東のホーム・スタジオに遊びにいったときには、いろんな音を聴かせてもらいました。印象に残っているのはアーツ・ザ・ビートドクターの『トランジションズ』というアルバムやJ・ディラ周りの作品で、この辺りのアーティストはStill Caravanのサウンドのひとつの起点にもなってるのではないかと思います。

新作『EPIC』

現行の体制になった当初は、バンドの発起人であるHiGASHiの音楽性が軸になっていたという。その後、Still Caravanは2014年に数多くのメロウかつジャジーなヒップホップ楽曲を収録する人気コンピレーション『IN YA MELLOW TONE』へ参加。そして今回、彼らは同コンピ制作を手がけるレーベル〈GOON TRAX〉よりニュー・アルバムをリリースする。ではその新作『EPIC』に耳を傾けてみよう。

ジャズはもちろんのこと、ドリルンベースを取り入れたり、また上モノのループが印象的なクラブ・ミュージック的なアプローチが見られる楽曲、ゲスト・ヴォーカルを迎えたラップ・ソング、さらにはそうした枠からもはみ出しポップスとも言い切れる楽曲までもが収められている。さまざまな要素が感じられるサウンドについてメンバーはこう語る。

Ryosuke Kojima (Bass) : 現行サウンドに関しては、メンバーが好む音楽がまったく異なっているので、自然とクロスオーバー的な音楽が多くなるのではないかと思います。

Hiroaki Nakahara(Key) : それぞれ違ったバックグラウンドを持ったメンバーの個性を、そのまま活かすことで、結果的に様々な音楽が生まれます。

彼らの音楽が多彩になる要因のひとつには、その楽曲の制作方法にもヒントがありそうだ。訊けば、完成に導くまでのイニシアチブはHiGASHやKojimaがとることが多いものの、基本的には各個人が素材を出し合い、さらにそれぞれがアレンジを考える。全員でアイデアを出し合う、メンバーの個性を活かすという精神がStill Caravanの根幹にあることが伺える。

Kojimaが出した案を元にスタジオでセッションを行ったという「Butterfly」をはじめ、キーボードのNakaharaが1人で制作し「Jazzであり、fusionであり、tranceである」と語る「Urban Jack」、ロック、フォーク、ポップスを好んで聴くというTsurumiの音楽性が色濃く反映された「Railroad No.9」、ドラムの鈴木によって中盤のトラックが制作された「Shine On」など、曲が完成に至るまでの道筋は様々だ。HiGASHは今作について「これまで“ジャズ・ヒップホップ”という枠内で制作しようとすり合わせてきたところから、メンバーの背景にあるロックやフュージョン、エレクトロニカな感性が自然と顔を出した作品になっていると思います」と語ってくれた。

よりバンドそのものの活動に寄り添う作品に

またこれまでのStill Caravanの作品にも見られたように、今作でも彼らはKYTE、Kharisma、Steph Pockets、Part Time Cooksといったゲスト・ヴォーカルを迎えている。メンバー自身「マジックが起こる」と話してくれたように、作品のなかでコラボ楽曲は彼らが持つメロウネスを増幅させる役割を果たしている。しかし今作では、ゲストを迎えた楽曲がぐっと減っている点に注目したい。このことについて尋ねると、これはメンバー5人でできる演奏を増やしたい、さらに言えばStill Caravanとしてより精力的にライヴ活動をしていきたいという意識の表れなのだという。また『EPIC』収録曲「Railroad No.9」「Share My Soul feat. KYTE」「Take It Slow feat. Kharisma」ではメンバーのTsurumiがヴォーカルをとっており、今後彼がメインで歌う楽曲が増えることも話のなかで示唆していた。

では最後に、彼らが音楽を制作する上でのこだわりについて質問した際に、HiGASHから飛び出た印象的なコメントを記しておこう。「住処を固定しないキャラバンのように、世界中のグッド・ミュージックを咀嚼して日本人らしい感性でまとめられたら最高ですよね」。メンバー全員が活発なライヴ活動、そして次作への意欲は高いようで、2017年以降、ますます彼らの名前を耳にする機会も増えるだろう。Still Caravanは進んでいく。

『THE EPIC』をリリースするレーベル〈GOON TRAX〉の特集記事はコチラ

LIVE SCHEDULE

Still Caravan『EPIC』release party & IN YA MELLOW TONE TOUR with Steph Pockets

2017年1月29日(日)
@渋谷Glad
OPEN & START 18:00
ADV ¥3,500+1drink / DOOR¥4,000+1drink
LIVE : Still Caravan, Steph Pockets
Guest : Ai Ninomiya, KYTE, Emily Styler
DJ : PIRO, SASAKI JUSWANNACHILL and more!

チケット(Peatix)
http://stephpockets.peatix.comc
チケット(e+)
http://bit.ly/2eMwrTk

PROFILE

Still Caravan

HiGASHi(Trackmaker) / Takashi Tsurumi(Vocal & Guitar) / Ryosuke Kojima (Bass) / Hiroaki Nakahara (Piano) / Shunsuke Suzuki (Drum)
「生音」と「サンプリング」を掛け合わせた有機的サウンド探求し続ける、“静かなる旅団”=「Still Caravan」。HiGASHiを中心に、千葉で結成された母体となるバンドは、トラックメイカーと2MCによる編成であったが、音楽性の広がりと共に新メンバーが加入し、現在はトラックメイカー、ベーシスト、ピアニスト、ギタリスト、ドラマーから成る生バンドを軸としたプロデュース集団として活動中。Jazzをベースに、Soul、Hip Hop、R&B、ハウスまでを昇華したクロスオーバー・サウンドが、〈GOON TRAX〉の耳にとまり、2014年、2万枚を超える大ヒットを記録した「IN YA MELLOW TONE 10」へ参加。同年リリースされた「The Best Of IN YA MELLOW TONE LP」には、Yusef Lateef「Love Theme From Spartacus」のカバー曲を提供し、耳の肥えたJazzファンの間でも話題を集めた後、2015年9月に1stアルバム「Departures」をリリース。同アルバム収録の「Mend Your Broken Heart feat. Sam Ock & Ai Ninomiya」が、全国7局のFM局でパワープレーを獲得するなど、新人離れした話題を集め、洋邦問わず幅広い層からの支持を獲得した。そして2017年1月、「Jazzとブラック・ミュージックの蜜月」という言葉がもっとも相応しい、2017年最大の問題作を引っさげ、静かなる旅団”が世界の音楽シーンを揺らす。

Still Carava アーティスト・ページ

o

 
 

インタヴュー

ハッピー・グルーヴ満載バンド、TENDOUJI──新EP『BUBBLE POPS』を配信開始
・2018年04月18日・アメリカ帰りで絶賛イキリ中(本人談)! ハッピー・グルーヴ満載バンド、TENDOUJI──新EPを配信開始 今年3月にアメリカ最大規模のカルチャー・フェス〈SXSW〉への出演をはたし、海外からも注目を集める、4人組ロック・バンド、TENDOUJI。着々と活動の幅を広げる彼らが、待望の新作『BUBBLE POPS』を2018年4月18日にリリースした。ハッピーで心踊る「Kids in the Dark」や、気持ち和らぐメロウなナンバー「June song」など、爽やかな春の空にTENDOUJIが込める至極のポップスが鮮やかに弾けていく作品となっています! TENDOUJIらしさ溢れる今作を、ぜひインタヴューと共におたのしみください! 大注目バンド、TENDOUJIの2018年初リリース TENDOUJI / BUBBLE POPS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 900円(税込)【収録曲】''1. Kids in the Dark2. Space weekend3. Tears of Heart4. June
by 鈴木 雄希
「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信
・2018年04月11日・リスナーに届くまでに潜むクリエイティヴィティ──「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始 「月刊少年ウキヨ」と称した音楽の連載をスタートさせ、毎月新曲を発表、日本だけでなくイギリス、ドイツ、フィンランドなど世界中で注目を集めるエレクトロ・ユニット、UQiYO(ウキヨ)。そんな彼らが「月刊少年ウキヨ」にて発表した作品をコンプリートしたアルバム『Stones』を2018年4月11日にリリースした。台湾の新進気鋭のシンガー・ソングライターであるZooey Wonderや、インドの国宝級レジェンド・ミュージシャンのPt. Ajay Pohankarまで参加した今作は、ロック、ポップス、エレクトロ全てを飲み込んだ楽曲が満載。「まずこの世界観を感じて欲しい!」という思いから、「月刊少年ウキヨ」の記念すべき第1回目の楽曲「U R M’Pocket」を期間限定フリー配信でお届け! Yuqi(Vo / Composer)の音楽に対する考え方を存分に語ってもらったインタヴューとともにぜひお楽しみください。 収録曲「U R M’Pocket」の期間限定フリー配信実施!! UQiYO / U R M’Poc
by 岡本 貴之
ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!
・2018年04月09日・ありふれた"ジャンルレス"という言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!! OTOTOYで連載をしていたこともあるアイドル・グループ「WiLL」のプロデューサー、yUsUke。彼の呟きを見ていると、何やら新しいアイドル・グループが結成したとのニュースをOTOTOY編集部は発見した。突如として現れ、メンバー、楽曲サンプル、アーティスト写真、お披露目ライヴ日程など次々と情報を公開している。音源については、Twitterにアップされている楽曲サンプルのみ試聴可能で、フルver.は未公開となっている。OTOTOYでは音源配信がないにも関わらず、待ちきれずに謎の多い彼女達の全貌に迫るためのインタヴューを敢行した! お披露目ライヴNO MARK主催「ON YOUR MARK vol.1」2018年4月27日(金)@新宿FATE時間 : OPEN / START 18:30 / 19:00料金 : adv / door 2,500円 / 3,000円(+1drink)出演 : NO MARK、WiLL、KIS、Re:LAYz INTERVIEW : NO MARK SNS上でグループ
by 岡本 貴之
fhánaが目指す、“閉塞感を突き破るポップ・ミュージック”とは?──リーダー、佐藤純一が語る3rdアルバム
[PICKUP]・2018年04月04日・fhánaが目指す、“閉塞感を突き破るポップ・ミュージック”とは?──リーダー、佐藤純一が語る3rdアルバム アニメ音楽ファンだけではなく、ポップスやロック・シーンのファンからも支持を着々と集めている4人組グループ、fhánaが約2年ぶり3枚目となるアルバム『World Atlas』をリリース!! 「calling」、「青空のラプソディ」、「ムーンリバー」、「Hello!My World!!」、「わたしのための物語 〜My Uncompleted Story〜」とこの2年間の間でリリースされたシングル曲を全て網羅しつつ、新機軸も取り入れた新録曲も収められた今作は現時点での集大成とも言うべき作品に!! OTOTOYでは今作32bit、24bitの高音質、歌詞データと共に配信 & リーダーである佐藤純一(Key/Cho)へのインタヴューを掲載。今作から彼らが次へ向かう先とは? 待望の3rdアルバムをハイレゾ & 歌詞付きで配信!!fhána / World Atlas'【配信形態】【左】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz)【右】ALAC、WAV(32bit/96kHz)【配信価格】【共通】 単
by JJ
本当にYouTuberになりました! プー・ルイとオトトイのYouTuber構成員増殖計画スタート!
[PICKUP]・2018年04月12日・本当にYouTuberになりました! プー・ルイとオトトイのYouTuber構成員増殖計画スタート! 先月、BiSを卒業したプー・ルイが自身のYouTubeチャンネルを4月1日に開設! その名も「新生YouTuber研究会-BYS-」。読み方は〈ビス〉。YouTuberが好きで、YouTuberを研究しYouTuberになろうとするプー・ルイによるYouTuber研究会チャンネルとのこと。以前からYouTuber好きを公言し、YouTuberになりたいと語っていたプー・ルイ。GLAYのHISASHIさん提供による華やかなオープニングテーマで始まり、見覚えのあるプー・ルイの友達が多数出演し、YouTuberお馴染みのネタから、尊敬するYouTuberのネタなど週3回のペースで投稿中! しかし! 「そもそもYouTuberって何?」 「今さら誰にも聞けない・・・」 という方もいるのではないでしょうか。いま編集をしている私もよく知りませんでした・・・。ということで! プー・ルイにYouTuberになった経緯についてインタヴューしつつ、YouTuberについて魅力を語っていただきました。OTOTOYも、プー・ルイと
by せんだ
「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信
・2018年04月11日・「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信 孤高のサイケデリック・ロック・バンド“踊ってばかりの国”が、2018年4月18日に、3年ぶりとなるフル・アルバム『君のために生きていくね』をリリースする。現在の体制となってから初となるこのアルバムは、音源化が待ち望まれていた名曲「Boy」をはじめ、会場限定CDに収録されていた「evergreen」「ジョン・ケイル」など、いつまでも色褪せない珠玉の15曲(+ボーナス・トラック1曲)が収録される。 OTOTOYではこの先「平成の名盤」として語り継がれることになるであろうこのアルバムを、CDリリースに先駆けて1週間の先行配信でお届け。どこよりも早くこのアルバムを聴くことができます! 踊ってばかりの国だからこそ鳴らせることのできるラブ・ソングの数々を、現体制となって初のメンバー全員インタヴューと合わせておたのしみください。 3年ぶりとなる新アルバムを独占配信スタート 踊ってばかりの国 / 君のために生きていくね'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 25
by ?
寿福知之〈GOON TRAX〉×DJ BAKU〈KAIKOO〉──伝説のフェスティバル「KAIKOO」復活の狼煙!
[PICKUP]・2018年04月11日・寿福知之〈GOON TRAX〉×DJ BAKU〈KAIKOO〉──伝説のフェスティバル「KAIKOO」復活の狼煙! アジア、そして全世界規模で注目を集めるレーベル〈GOON TRAX〉が手掛ける、累計37万枚突破の人気ヒップホップ・コンピ、『IN YA MELLOW TONE』最新作がハイレゾにて到着! 今作もRobert de BoronやStill Caravanといったお馴染みのメンツから今後要注目の日本人アーティスト〜海外の人気アーティストまでが集結した、豪華なコンピレーションとなっております! OTOTOYでは発売を記念し、レーベル・オーナーであり株式会社FABTONEの代表取締役でもある寿福知之が現在密に手を組んでいるというDJ BAKU(KAIKOO)との対談を掲載。お互い出会ってからまだ日が浅いという2人が今、手を組んだ訳とは!? 人気シリーズ最新作をハイレゾで!!V.A. / IN YA MELLOW TONE GOON TRAX 14'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz)【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1.
by JJ
丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream
・2018年04月11日・【2週間先行ハイレゾ配信】丸みを帯びた白昼夢のサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream登場! ゆるっとしたグルーヴにハマる丸みを帯びたロウビート、どこか浮世離れしたヴォーカルがふらりと現れては白昼夢のような情景を朴訥と唱えて消える──デビュー作となった2017年1月リリースの「Creamy」から2年、Thank You Creamから待望のフル・アルバムをリリースする。リリースはインディ・ロックの牙城〈KiliKiliVilla〉から。新たな「日本語詞」という武器を手に、中毒性の高い脱力感とでも言うべきサウンドがアルバム全体を覆っている。OTOTOYでは本作をCDリリースより、2週間先行でハイレゾ配信を行う。 2週間先行ハイレゾ独占配信Thank You Cream / Thank You Cream(24bit/48kHz)'【Track List】01. オブシディアン02. その扉03. 友達の家04. 見えない05. デューイ06. 向かいのわたし07. セレモニー08. カチャペット09. 何もない丘10. ばらばら11. 土地【配信形態 / 価格】''24bit/48kHz
by 河村 祐介