ジャズを起点に縦横無尽にクロスオーヴァーするStill Caravan、新作『EPIC』をハイレゾ配信

メロウかつジャジーなヒップホップ楽曲を収録する人気コンピレーション『IN YA MELLOW TONE』への参加で知られる5人組バンド、Still Caravan。トラックメイカー、HiGASHiを中心に、ギター、ベース、ドラム、そしてピアノ / キーボードといった編成のバンドで、そのサウンドの肝はジャズを起点に、ポスト・J・ディラ・ビートやクラブ・ジャズなどを幅広い角度から取り入れたグルーヴと、親しみやすい流麗なメロディと言えるだろう。そんな彼が、前述の『IN YA MELLOW TONE』をリリースする〈GOON TRAX〉よりニュー・アルバムをリリースした。『EPIC』と名付けられた、新作はまさにその名の通り、雄大な景色を描き出す色彩豊かなメロディと音色で溢れている。今回は本作のリリースに際して、彼ら、そして作品に迫るべく、メンバーにメール・インタヴューを試みた。

Still Caravan / EPIC(24bit/48kHz)

【Track List】
01. Shine On
02. Butterfly
03. Take It Slow feat. Kharisma
04. Lifelike feat. Part Time Cooks
05. Urban Jack
06. Share My Soul feat. KYTE
07. I Like It
08. 1001
09. Shadowland
10. No Turning Back Time feat. Steph Pockets
11. Railroad No.9
12. Mountain In The Mirror

【配信形態 / 価格】
24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 400円(税込) / アルバムまとめ購入 2,000円(税込)

INTERVIEW : Still Caravan


インタヴュー & 文 : 鶯巣大介

2012年にロバート・グラスパー・エクスペリメントが『ブラック・レディオ』をリリースして以降、ヒップホップやクラブ・ミュージックをはじめ、さまざまなジャンルと結びつきをみせる新たなジャズの動きが大きな話題となっている。そんななか、2017年のここ日本にもジャズを基軸にさまざまなジャンルのクロスオーヴァーを試みているバンドがいる。それがStill Caravanである。

彼らはギタリスト、ベーシスト、ピアニスト、ドラマー、そしてトラックメイカーという編成からなる5人組だ。2MCを要するグループとしてのスタートであったが、トラック制作を担当していたチームが独立。2014年にオリジナル・メンバーであったHiGASHi(Trackmaker)の呼びかけのもと、現在の5人による生バンドという形に落ち着いたという。いまのような音楽性に至るまでにはどんなきっかけがあったのだろうか。

HiGASHi (Trackmaker) : 現在のバンド編成になってからは、実験的なことを色々とやってきました。もちろん90’sの米ヒップホップ・シーン、特にジェイ・ディーやATCQ(ア・トライブ・コールド・クエスト)、DJシャドウといったジャズのサンプルをベースとした大胆なトラック・メイキングに憧れもありましたが、ソウライヴやロイ・ハーグローヴ、MMW(メデスキ、マーティン・アンド・ウッド)、ザ・ルーツなどが次々と新作を発表していた新しい生ジャズを聴きながら育ってきたので、広い意味でヒップホップ的なサンプリングを混ぜたジャムからスタートしたのかと思います。

Takashi Tsurumi (Vocal & Guitar) : HiGASHiと僕の出会いは10年ほど前のことで『ブラック・レディオ』以前のことですが、彼はその頃からすでに「ジャズ × ヒップホップ、クラブ・ミュージックetc」という明確なコンセプトを持って楽曲制作に取り組んでいました。出会ってすぐに東のホーム・スタジオに遊びにいったときには、いろんな音を聴かせてもらいました。印象に残っているのはアーツ・ザ・ビートドクターの『トランジションズ』というアルバムやJ・ディラ周りの作品で、この辺りのアーティストはStill Caravanのサウンドのひとつの起点にもなってるのではないかと思います。

新作『EPIC』

現行の体制になった当初は、バンドの発起人であるHiGASHiの音楽性が軸になっていたという。その後、Still Caravanは2014年に数多くのメロウかつジャジーなヒップホップ楽曲を収録する人気コンピレーション『IN YA MELLOW TONE』へ参加。そして今回、彼らは同コンピ制作を手がけるレーベル〈GOON TRAX〉よりニュー・アルバムをリリースする。ではその新作『EPIC』に耳を傾けてみよう。

ジャズはもちろんのこと、ドリルンベースを取り入れたり、また上モノのループが印象的なクラブ・ミュージック的なアプローチが見られる楽曲、ゲスト・ヴォーカルを迎えたラップ・ソング、さらにはそうした枠からもはみ出しポップスとも言い切れる楽曲までもが収められている。さまざまな要素が感じられるサウンドについてメンバーはこう語る。

Ryosuke Kojima (Bass) : 現行サウンドに関しては、メンバーが好む音楽がまったく異なっているので、自然とクロスオーバー的な音楽が多くなるのではないかと思います。

Hiroaki Nakahara(Key) : それぞれ違ったバックグラウンドを持ったメンバーの個性を、そのまま活かすことで、結果的に様々な音楽が生まれます。

彼らの音楽が多彩になる要因のひとつには、その楽曲の制作方法にもヒントがありそうだ。訊けば、完成に導くまでのイニシアチブはHiGASHやKojimaがとることが多いものの、基本的には各個人が素材を出し合い、さらにそれぞれがアレンジを考える。全員でアイデアを出し合う、メンバーの個性を活かすという精神がStill Caravanの根幹にあることが伺える。

Kojimaが出した案を元にスタジオでセッションを行ったという「Butterfly」をはじめ、キーボードのNakaharaが1人で制作し「Jazzであり、fusionであり、tranceである」と語る「Urban Jack」、ロック、フォーク、ポップスを好んで聴くというTsurumiの音楽性が色濃く反映された「Railroad No.9」、ドラムの鈴木によって中盤のトラックが制作された「Shine On」など、曲が完成に至るまでの道筋は様々だ。HiGASHは今作について「これまで“ジャズ・ヒップホップ”という枠内で制作しようとすり合わせてきたところから、メンバーの背景にあるロックやフュージョン、エレクトロニカな感性が自然と顔を出した作品になっていると思います」と語ってくれた。

よりバンドそのものの活動に寄り添う作品に

またこれまでのStill Caravanの作品にも見られたように、今作でも彼らはKYTE、Kharisma、Steph Pockets、Part Time Cooksといったゲスト・ヴォーカルを迎えている。メンバー自身「マジックが起こる」と話してくれたように、作品のなかでコラボ楽曲は彼らが持つメロウネスを増幅させる役割を果たしている。しかし今作では、ゲストを迎えた楽曲がぐっと減っている点に注目したい。このことについて尋ねると、これはメンバー5人でできる演奏を増やしたい、さらに言えばStill Caravanとしてより精力的にライヴ活動をしていきたいという意識の表れなのだという。また『EPIC』収録曲「Railroad No.9」「Share My Soul feat. KYTE」「Take It Slow feat. Kharisma」ではメンバーのTsurumiがヴォーカルをとっており、今後彼がメインで歌う楽曲が増えることも話のなかで示唆していた。

では最後に、彼らが音楽を制作する上でのこだわりについて質問した際に、HiGASHから飛び出た印象的なコメントを記しておこう。「住処を固定しないキャラバンのように、世界中のグッド・ミュージックを咀嚼して日本人らしい感性でまとめられたら最高ですよね」。メンバー全員が活発なライヴ活動、そして次作への意欲は高いようで、2017年以降、ますます彼らの名前を耳にする機会も増えるだろう。Still Caravanは進んでいく。

『THE EPIC』をリリースするレーベル〈GOON TRAX〉の特集記事はコチラ

LIVE SCHEDULE

Still Caravan『EPIC』release party & IN YA MELLOW TONE TOUR with Steph Pockets

2017年1月29日(日)
@渋谷Glad
OPEN & START 18:00
ADV ¥3,500+1drink / DOOR¥4,000+1drink
LIVE : Still Caravan, Steph Pockets
Guest : Ai Ninomiya, KYTE, Emily Styler
DJ : PIRO, SASAKI JUSWANNACHILL and more!

チケット(Peatix)
http://stephpockets.peatix.comc
チケット(e+)
http://bit.ly/2eMwrTk

PROFILE

Still Caravan

HiGASHi(Trackmaker) / Takashi Tsurumi(Vocal & Guitar) / Ryosuke Kojima (Bass) / Hiroaki Nakahara (Piano) / Shunsuke Suzuki (Drum)
「生音」と「サンプリング」を掛け合わせた有機的サウンド探求し続ける、“静かなる旅団”=「Still Caravan」。HiGASHiを中心に、千葉で結成された母体となるバンドは、トラックメイカーと2MCによる編成であったが、音楽性の広がりと共に新メンバーが加入し、現在はトラックメイカー、ベーシスト、ピアニスト、ギタリスト、ドラマーから成る生バンドを軸としたプロデュース集団として活動中。Jazzをベースに、Soul、Hip Hop、R&B、ハウスまでを昇華したクロスオーバー・サウンドが、〈GOON TRAX〉の耳にとまり、2014年、2万枚を超える大ヒットを記録した「IN YA MELLOW TONE 10」へ参加。同年リリースされた「The Best Of IN YA MELLOW TONE LP」には、Yusef Lateef「Love Theme From Spartacus」のカバー曲を提供し、耳の肥えたJazzファンの間でも話題を集めた後、2015年9月に1stアルバム「Departures」をリリース。同アルバム収録の「Mend Your Broken Heart feat. Sam Ock & Ai Ninomiya」が、全国7局のFM局でパワープレーを獲得するなど、新人離れした話題を集め、洋邦問わず幅広い層からの支持を獲得した。そして2017年1月、「Jazzとブラック・ミュージックの蜜月」という言葉がもっとも相応しい、2017年最大の問題作を引っさげ、静かなる旅団”が世界の音楽シーンを揺らす。

Still Carava アーティスト・ページ

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
筆者について
同じ筆者による他の記事