夢の中の祭囃子が聴こえる──DE DE MOUSE、新EPをハイレゾ配信

昨年末アルバム『farewell holiday!』をリリースしたDE DE MOUSE、あれから半年のスパンをおいてここに新作EP『summer twilight』を緊急リリース。彼らしいカットアップ感にあふれたシンセ、ポップなエレクトロ・ビートとともに、ときに“和”な祭囃子も遠くからこだまする8曲。もともと劇伴曲として作られたそうなのだが、しっかりと彼のオリジナル楽曲としての強度を持ち、「祭、夏、夜、朝、森、女、夢」といったテーマを携えたDE DE MOUSE流のサマー・アンセム集といったところだ。本作をOTOTOYではハイレゾ配信するとともに、ここにインタヴューをおとどけしよう。


DE DE MOUSE / summer twilight(24bit/48kHz)

【Track List】
01. remember night
02. summer twilight
03. night voice
04. come on morning
05. tree chattering
06. inside woman
07. candy stab
08. phantom rewind

【配信形態】
24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC

【配信価格】
アルバム 1,050円(税込) / 単曲 257円(税込)

INTERVIEW : DE DE MOUSE

DE DE MOUSEが新作EP『summer twilight』をリリースする。劇団「柿喰う客」新作公演の劇伴という側面を持ってはいるが、今作はれっきとした彼の新作である。与えられたお題やキーワードから「夢のなかの夏祭り」というひとつの世界を築き上げ、彼がイメージする夏祭りをひとつの形にした。そこで鳴る音楽はDE DE MOUSE流のクラブ・ミュージック、サンプリング・ヴォイス、海外で流行するトラップ・サウンドから、盆踊りやお囃子まで、さまざまな要素で構成されている。

彼のサウンドや構想と外からもたらされたテーマが上手く絡み合ったものとなっており、「僕にしかできないひとつの新しい境地の作品ができた」と語ってくれた。DE DE MOUSE自身、いまは積極的に自分の外にあるものを取り入れようとしているモードのようだ。今回のインタヴューは『summer twilight』について、また音楽と他のカルチャーとの関わり合いにも話は及んだ。

インタヴュー : 飯田仁一郎
文・構成 : 鶯巣大介
写真 : 大橋祐希

夏祭りのイメージをそのまま形に

──今回のEPはそもそも劇団に提供した楽曲を収めた作品ですよね。ですがサウンド・トラックという形ではなく、あくまでDE DE MOUSEの新作としてリリースされると。まずはその辺りの経緯を教えてください。

このアルバムを作るにあたって、劇団「柿喰う客」から劇伴を作ってくれないかっていう依頼があって。話を聞いてみると、夏祭りを舞台にしたシェイクスピアの作品を上演するから、夏祭りっぽさのある音楽を作ってほしいってことだったんですね。そのときにすごくちょうどいいなと思って。

──ちょうどいいっていうのは?

僕は毎年4月、5月になるとなぜか川に行きたくなるんですよ。だからわざわざ電車で多摩川に行って、夕方くらいに特に何も考えずにぼんやり河川敷の景色を眺めていて。そうしているうちに日本の夏というか、夏を思い出させるようなものを作りたいなぁなんて思っていたんですね。新緑が綺麗で、風がなびいている。それを見ていて、こんな空気を音にできたらいいなって。ずっとそういう音を作ってなかったから。だから今回はすごいタイミングが良くて。話を聞いてみたら「自由に作ってください」と言われたので、自分がやりたいことができるなと。なので実は『summer twilight』はあまり劇伴ってことを意識しないで、僕自身の夏祭りのイメージをそのまま形にしたっていう感じですね。

──じゃあ『summer twilight』は劇団に提供したサウンドではあるけれど、DE DE MOUSE流の「夏祭り」を表現した作品であると。

そうですね。劇伴としてきた話ではあるけど、今回のEPを作るうえで僕は僕でひとつのストーリー作っていて。それは「夢のなかの夏祭り」っていうものなんですね。明晰夢ってあるじゃないですか。自分が夢を見ているって自覚している夢のことなんですけど。明晰夢を見れる人は自分で夢の内容をコントロールできるそうなんですよ。それで『summer twilight』は明晰夢を見ている女の子の話なんですけど、夢のなかで自分の理想の夏祭りを作って遊んでいるうちに現実に帰れなくなっちゃうっていう内容なんですね。でも女の子は別にそこから帰りたくないんです。

──そのコンセプトを採用したのにはなにかきっかけが?

それのヒントは大貫妙子さんの「メトロポリタン美術館」って曲です。曲の最後は「大好きな絵のなかに閉じ込められた」ってところで終わるんですよ。これを怖いって感じる人がたくさんいたらしいんですけど、僕は別にそうは思ったことがなくて。好きなもののなかにずっといられるってことは、それはそれで幸せなんじゃないかなと。だから彼女は自分にとってすごく楽しい夏祭りのなかで一生遊んで暮らせる。それはちょっと怖いことかもしれないけど、でも不思議で心地いいなって。

──かなり自由に制作したんだなという印象なんですが、逆に劇に寄せた部分などはなかったんでしょうか。

柿喰う客の脚本を作ってる代表の仲屋敷紀仁さんが1曲ごとにキーワードを出してくれていて。それが8個あって、そのイメージに合わせて曲を作ってくれっていうお題があったんです。そのキーワードはタイトルのなかに大体入れてるんですけど、1曲目から「夏祭り」「夏」「夜」「朝」「森」「女」「恋」「夢」ですね。その1曲ごとのお題をもらいつつ曲を作っていくうちに、自分でもひとつの全体のストーリーを作っていきました。それが「夢の中の夏祭り」。

──なるほど。

例えば「come on morning」っていう曲は「朝よ、来てみろ」っていうイメージで作っていて。普通は朝が来ると目が覚めるものだけど、この子は帰りたくないから「朝になっても私はここにいるからね!」と(笑)。最後の「phantom」はこれはキーワードが「夢」だったんですけど、それよりも少しひねって「幻」のほうがいいかなと思って。この曲を最後にしたのは、朝が来て夢が覚めると思いつつ、また夢の始まりに戻されてしまう。“rewind”つまり、巻き戻すという言葉で終わらせたんですね。これはループものの話なんですよ。

──話を聞く限り、ちゃんとお題に答えつつ、DE DE MOUSEとしてのオリジナリティを発揮していて、かなりいいコラボレーションだったんですね。

そうですね。制作期間は1ヶ月だったんですけど、僕にしかできないひとつ新しい境地の作品ができたなと思っているんです。例えば1曲目の「remember night」は盆踊りの形式なんだけど、エレクトロニックなサウンドだし、サンプル・ヴォイスを使って歌も入れてて、これまでのDE DE MOUSEっぽさもある。それと今回はお祭りのリズム、それはアグレッシヴな太鼓の音、お神輿の音だとかを含めてわかりやすく取り込んでいるんですね。それはやっぱり夏を感じさせることがテーマだったので。あとは今年の3月にアメリカでライヴをしたんですけど、そこで感じた要素も取り込んでいて。

──SXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)に行かれたんでしたっけ?

SXSWに行って、あとはニューヨークでライヴをしました。アメリカに行ってみて、僕が思った以上に向こうではトラップがすごい流行っているんだなと感じたんです。特にニューヨークなんて、そこらじゅうのカーステからものすごい音量でトラップが流れていたんです。でもそういうトラップのサウンドとお祭りの要素はすごく合うんじゃないかなと思って両方を採用しました。今回はリズムも強くしたし、夏祭りの要素も郷愁感を出すためというより、どちらかと言えばアゲるために入れてます。別にダンス・ミュージックを捨てたわけじゃないって言いたかったんですよね。

──それは前作『farewell holiday!』の反応を受けてということですか?

いままでの僕のイメージとは違って、音がすごく生寄りで、一聴するとダンス・ミュージックの要素が感じられないものになっていて。でも『farewell holiday!』は思った以上に周りから評価されてる作品なんです。自分が思っていた以上にあのサウンドを受け入れてくれる人が多かった。それに僕自身もひとつやりきった感があって、自分が本当に満足いくものが出せたと思うんです。自分の痕跡が残せたというか。でもやっぱりみんな僕に対してダンス・ミュージックの人っていうイメージは持ってると思うし、僕自身もいままでの活動でそう思わせてきたところもあるんです。なのでこれからは単純にアガったりするような、少しポップ・ミュージック的な要素を重視してやっていこうかなと思うようになったんです。『summer twilight』でみんな「あ、DE DE MOUSE帰ってきたな」って感じるんじゃないですかね。

劇伴、されどオリジナル作品

──劇伴という側面を意識して、なにかサウンドを工夫した部分はありますか?

例えばブレイクのパートはあえてストリングスの音色を使ってますね。劇盤ですよって感じさせる要素というか。あと今回は90年代にすごく流行ったPCMシンセサイザーっていう機材を使っています。これは音が細くてチープなシンセサイザーだったりするんですよ。だからこれを使って、昔のNHKの番組であったような音にあえてしてる感じはありますね。それがどこか懐かしさを感じさせたりするというか。でもその使い方はヴェイパーウェーヴっぽかったりとか、いまどきのものだと思います。人間ってある程度制限があったほうが想像力って働くじゃないですか。今回はいただいたキーワードがあったり、夏祭りのイメージとかPCMシンセサイザーしか使わないって自分で用意した約束事が上手い具合に働いたと思いますね。

──じゃあこれからもっと今回のような劇伴制作や、楽曲提供などをたくさんしていったら、DE DE MOUSEの音楽はさらにおもしろいものになるかもしれませんね。

いままでは「これはDE DE MOUSEの音楽とは違うから」っていう理由で、ちょっとお断りしてたお仕事もあったりするんですよね。でもこれからはそういう話がきたら、あんまり断らないでやってみようかなと思いますね。っていうのは今回舞台の音楽を作ることによって感じたことがあって。日本ってカルチャーとカルチャーが断絶しているというか。本当はもっとミュージカルも舞台もダンスも音楽も、お互いがもう少し近くにいなきゃいけないと思うんだけど、それが断絶されていて、そのなかに自分もいるなって思ったんです。実は僕自身、今回演劇を観たのが人生で2回目のことだったんですよ。

──なるほど。例えば大友良英さんはいろんな作品の楽曲を制作していますが、なかなかそのポジションに就く新たな音楽家が出てきていないと個人的に感じていて。キャリアも実力もあれど、なかなかそういう世界には行きにくい現実があるのかなと。

僕は演劇界の人たちのことを知らないし、ダンスをやってる人たちのことも知らない。それと一緒で多分向こうの人たちも、僕たちミュージシャンのことを知らないっていうことも、すごく大きいと思うんですよ。旧態依然としてて「こういうものを作るなら、音楽はあの人だろう」ってことで、新しいミュージシャンがチョイスされることが少ない。例えばすごく素敵な洋服をデザインして置いてるブランドなんだけど、店のなかでかかってる音楽はクソださいとかってことありますよね(笑)。

──あははは(笑)。

言い方は悪いですけど(笑)。あとは深夜になるとダンスキッズが集まって、みんなで練習をしたりとかしてますよね。そういうところでかかってる音楽っていうのは大体少し前のヒップホップだったりするんですよ。「俺イケてるぜ」って感じで踊ってるつもりなんだろうけども。でも音楽の人も新しいものを求めてはいるけれども、それ以外のものは疎かだったりするのも事実だし。自分自身もこう言いつつ舞台を観たことなかったしね(笑)。いろんなカルチャーがもう少しリンクしていけばいいなと思うし、もっとおもしろくなりますよね。

──じゃあ今後DE DE MOUSEがほかのカルチャーと交わってなにかやってみたいことってありますか?

結構何年も前からバレエ音楽をやりたいって気持ちがあるんですよね。現代バレエなんですけど。実はそのために趣味でコツコツ作っている曲もあったりして。それを実際にやってみようかっていう動きもあったんですけど、前作『farewell holiday!』を出すことになったから、そっちに集中するために一回中断したんです。なのでいいタイミングがきたらやりたいですね。ホールとかで演奏しながら、実際にバレエを踊ってもらったりとか、そういうこともしていきたいですね。だからその分野の人たちとの繋がりをもっと作らなければいけないなと。

──いまはDE DE MOUSEにとって外へ外へと目を向けていく時期なんですね。

ここで自分のブランドを守ろうっていう方向に走ると、すごくおじさんミュージシャンになっていっちゃう気がしてるんです(笑)。でもすごく幸運なことに、若いアーティストさんとかDJさんと一緒に演奏する機会も多いので、そこで交流したり、現場でそういう子たちがどんな音楽をやるのかを聞いたり。それが自分のなかですごい刺激になってるんですよ。例えば『sky was dark』を作っていたころは、自分のアイデンティティーを守ろうとしてた部分もあっただろうし、そこに刺激がいかないようにって意味で外部からの音を自分で断っていたんですよ。でもそれがいまはすごくオープンになってきて、これからはなんでも取り入れようと思っています。だから多分いまってすごいいい状況なんだろうなって。やっとこの歳になって音楽をすごく楽しめるようになってきました。

──来年は主宰レーベルも5周年を迎えますよね。そこに向けてなにか考えていることがあったら最後に教えてください。

実は7割くらい音もできているんです。詳しくはまだなんですが、みんなで踊れるとか、皆で共有しやすい、楽しめる作品を出そうかなぁって思っていて。去年の夏に出した『milkyway drive』っていうライヴ・アレンジ・アルバムなんですけど、わりとあの路線に近いものになりそうです。

PROFILE

DE DE MOUSE

遠藤大介によるソロ・プロジェクト。作曲家、編曲家、プロデューサー、キーボーディスト、DJ。また、自身の曲のプログラミングやミックス、映像もこなす。織り重なり合う、計算しつくされたメロディと再構築された「歌」としてのカットアップサンプリングヴォイス。流麗に進む和音構成と相交わりから聞こえてくるのは、きらびやかで影のある誰にも真似できない極上のポップソング。染み渡るような郊外と夜の世界の美しい響きから感じる不思議な浮遊感と孤独感は、多くのクリエイターにインスピレーションを与えている。

>>DE DE MOUSE Official HP
>>DE DE MOUSE Official Twitter

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ