「予想を裏切って期待に応える」戸川純が語るVampilliaとの邂逅と35周年記念セルフカヴァー集

もはやその名を知らないものはいないだろう。日本のアヴァンギャルド界のカリスマ的存在として名高い戸川純が、歌手活動35周年を迎える。それを記念して彼女は自身の楽曲のカヴァー集『わたしが鳴こうホトトギス』をリリースする。リリース名義は個人ではなく、近年VMOでの活躍も目覚ましいVampilliaを迎えた「戸川純 with Vampillia」。Vampilliaを擁した今作には、12年ぶりの新曲も収録されている。

今回OTOTOYでは『わたしが鳴こうホトトギス』のハイレゾ配信が決定。それを記念して戸川純にインタビューする機会を得た。現在の彼女の歌手活動について、さらにはVampilliaとの邂逅や新曲「わたしが鳴こうホトトギス」について話を伺った。

戸川純の35周年記念アルバムをハイレゾ配信

戸川純 with Vampillia / わたしが鳴こうホトトギス(24bit/48kHz)

【収録曲】
1. 赤い戦車
2. 好き好き大好き
3. バーバラ・セクサロイド
4. 肉屋のように
5. 蛹化の女
6. 12階の一番奥
7. 諦念プシガンガ
8. Men's Junan
9. わたしが鳴こうホトトギス
10. 怒濤の恋愛

【配信形態】
24bit/48kHz(WAV / FLAC / ALAC) / AAC

【配信価格】
単曲 270円(税込) / まとめ価格 2,700円(税込)


INTERVIEW : 戸川純

戸川純はVampilliaに何を感じたのか。このたび自身の歌手活動35周年を記念し、セルフ・カヴァー集『私が鳴こうホトトギス』を“戸川純 with Vampillia”名義でリリースする。両者の結びつきは、2007年のVampilliaによるイベント「いいにおいのする」にギミギミギミックス名義で戸川が出演したことに端を発している。さらに、2014年にリリースした企画盤『the divine move』収録の楽曲「lilac」にて戸川がヴォーカルとして参加し、以降ライヴでの共演などを経て、この共作へと繋がった。

なにより今回の共演が戸川側からのオファーであったことは見逃せない。話を聞くなかでも、Vampilliaへと寄せる信頼はかなり大きいものであることが伺える。いったいどのような経緯があったのか。また戸川純の12年ぶりとなる新曲「わたしが鳴こうホトトギス」について、さらには歌うことへの彼女の強いこだわりなどについて話は及んだ。

取材&文 : 鶯巣大介
構成編集 : 椿拓真

「予想を裏切って期待に応える」

戸川純

ーまずはなぜ歌手活動35周年というタイミングでセルフ・カヴァー集を出そうと思ったのか、というところから教えていただけますか。

戸川 : もともと30周年のときに作ろうと思っていたんです。遡りますけど、10周年のときは昭和が終わる年だったから『昭和享年』っていう昭和の名曲と自分が思っている曲のカヴァー集を出したんです。それから20周年のときには、今度はたまたま20世紀が終わる年だったんで、私が残したいと思う20世紀の曲をカヴァーしたんですよ(『20th Jun Togawa』)。それで20周年のときから、次は何をしようと考えていて。そのころには私はなにせ30年も続けてきたことになりますし、自分の曲も多いだろうから、セルフ・カヴァーにしようってもう決めていたんです。

ーでもそこから5年が経ってからのリリースになりましたね。

戸川 : (30周年のタイミングで)信頼できるいろんな人に会って「この人たちとやろう」ってことで、外国のギター・バンドのアルバムを渡されたんです。でもピンとこなかったんですね。だからやめて。それから5年の間に、Vampilliaさんの曲を1曲歌ってって言われたから、歌いに行ったら、すごく好きになったんですよ。

ー「 lilac」っていう曲ですよね。今作は戸川さんからVampilliaにコラボのオファーをしたと伺いました。その具体的な理由は?

戸川 : 「 lilac」のあとから、たまにVampilliaさんのゲストとして私の持ち歌を5曲くらい歌うということがあったんです。そのとき裏から「諦念プシガンガ」のリハをしているところを見て、すごくいいなぁと思って。ほかのバンドさんと私の持ち歌をやるときに、気を遣ってくださって原曲に近いアレンジでやることが多かったんです。でもVampilliaさんはまず全然原曲と違う感じがしたんです。すごく斬新なアレンジだなと。すでにその時点で3曲くらいは見えていて、これはコピーではなく、しみじみカヴァーだなと思ったんですよ。

ーVampilliaは戸川さんの想像を超えるアレンジを出してきたと。

戸川 : そうです、そうです。私は昔から自分が標榜してきたものがあって。なかなか難しいんだけど、それは「予想を裏切って期待に応える」というもので(笑)。そういうものを標榜してたんで「Vampilliaさんは予想を裏切るなぁ!!」と思って。私の想像を超えてくるものをアレンジとして、演奏としてやってくださいました。

ー「予想を裏切って期待に応える」すごくいい言葉ですね。

私は予想だにしてなかったですね。自分がそういう声で歌うって。

戸川純

戸川 : 難しいですけどね(笑)そうありたいなあ、と。それで最初はこちらから「ミニ・アルバムを」って言ったんだけど、Vampilliaさんから「フル・アルバムはどうですか。しかも1曲新曲にしましょう」って。それで私は「えーっ!?」と思って。長年作詞もできてないしなってこともあったし、Vampilliaさんはすごくカヴァー力がある人たちだけど、果たして自分はっていうところもあって。でも「はい」って答えました。

ー過去の楽曲をコピーするのではなくカヴァーする。つまり過去とは違ったアプローチを自分ができるのかという不安があった?

戸川 : わたしのヴォーカルスタイルは方向性が同じオケだと、そうそう変えられないものが結構多いから、そんなにカヴァーになるかな? って。でもVampilliaさんのアレンジのおかげでなんとかカヴァーになったかなと。ごく最近は自分の曲を昔と変えてやるっていうと、めっきりロックとか、パンクのシャウトになりがちだったんです。でもそれを逆に、オリジナルより澄んだかわいい声になるようなアレンジになさったものが多いですね。それも新鮮でした。例えば私は「好き好き大好き」のオリジナルを完全に自分で否定していて。ずっとやんなかったくらいなんですよ。

ーそれはアレンジが気に入らなかったからですか?

戸川 : うん。自分の声もね。それで非常階段さんと『戸川階段』を出したときにノイズで演奏してみて、自分のバンドでもノイズじゃないけど、ロック的にすればできるんだと思って、それからはそういうシャウトをしてやっていました。でも今回は好き好きを「かわいい声で歌えばいいじゃないですか」とかってVampilliaさんに言われて(笑)。確かにこのアレンジだったら、ワンコーラスは大人しい、かわいい感じでいいかなと思って。それは私は予想だにしてなかったですね。自分がそういう声で歌うって。

ーほかにはどんなやりとりをして制作を進めていったんですか?

戸川 : 選曲も曲順も決めたのはVampilliaさんです。非常に頼りにしていました。だから話し合いをしたのはヴォーカル・スタイルのことですね。「赤い戦車」っていう曲なんかはね、最初はライヴでやってるような、すごくパッション溢れる声でレコーディングしてみたんですよ。Vampilliaさんもそっちのほうが勇気がもらえるって言ってくれたんだけど、でもあの曲のパッションは詞とVampilliaさんのアレンジで充分だったんですよ。かえって壊す感じがしたので、そこはオリジナルに近い歌い方を通させてもらいました。Vampilliaさんがこうきたかって思ったら、じゃあそれに流れに身を任せてみようみたいなときと、ときにはこうしたほうがいいって通させてもらったり。だからコラボって言い方をしていて。

ーやはり歌い方という点でかなりのこだわりがあったんですね。

戸川 : 10年前に腰を怪我してから、2年のブランクがありまして。ライヴをやらなかったから、そのうちに退化しちゃって。久しぶりにライヴをやろうとしたら、前は3オクターブ半をキープしてたんですけど、1オクターブくらいしか出なくなっちゃってショックでね。それからファルセットも出るようにレンジも広げて努力したんですよ。いまもカラオケで鍛えています。

ーカラオケで練習してるんですね!

戸川 : 自分の曲を入れて、マイクを使わないで腹式ですごく大きな声を出して歌っています。ブランクがあって8年くらい前に、カラオケで練習しようと思ったときは、マイクを使わないっていう発想がなかったんです。でもあるときイタリア歌曲を歌って、ベルカント唱法のファルセットの訓練をしたいと思って。「帰れソレントへ」って曲を歌うときに、オペラの曲をマイクで歌うのっておかしいから、置いて歌ったら、こっちのほうが苦しい分、訓練になるな、と。それからそういう練習を何年も続けましたね。声って戻すのにはすごく時間と労力ががかかる。5年前の30周年のときだったら、いまの声は出なかったかもしれない。だからいまでよかったですよ。そして私の声が向いてるようなアレンジにしてくれたVampilliaさんに感謝ですね。私の声の種類の引き出しとかをよく研究してくれたのかな。個人名義じゃなく戸川純 with Vampilliaにして本当によかったと思いますね。そうじゃないと私のあの声はなかったろうなってものもいっぱいあるし。

いまの自分のなかのモードは歌うこと

Vampillia

ー今作は戸川さんの12年ぶりとなる新曲「私が鳴こうホトトギス」も収録されています。さきほど話にも挙がったんですが、新曲制作はVampilliaからの話だったと。

戸川 : はい。

ー詞はVampilliaの真部脩一さんとの共作になっていますね。これはどうやって作っていったんですか。

戸川 : まず書けなくてね、歌詞が。タイトルは私が考えました。でもまさかこれがタイトルになるとは思っていなくて。別の仕事のときに、( 戸川純事務所 代表の)石戸さんに冗談で「私が武将だったら“泣かぬなら私が鳴こうホトトギス。それがタイトルになったり!」とか話していたら、そのままそれをタイトルにして新曲にすることになって。言ってみるもんですね(笑)。でもそれから曲ができてもなかなか歌詞が浮かばなくて。そしたら真部さんが歌詞を付けてくれたんです。

ーまずはタイトルに合わせて大本となる歌詞を真部さんが作ってくれたんですね。

戸川 : それでもかなり元は違っていて。タイトルは戦国的だけど、でも私は戦国時代って、文武両道というより武道のみなイメージがあって。だから中国の故事を入れようと〈抜けば玉散る氷の刃〉とかだけでなく〈桃李〉を入れてくれって伝えたんです。いろいろ言うたびに真部さんが方向性を分かってくれて、逆に〈東風吹かば〉とかたくさんいれてくれたんですね。ベースに真部さんの歌詞があったから、私もいろいろアイデアが出てきたんですね。

ー曲に関してはそういう細かいやりとりは?

戸川 : サビを、頭にも持ってきて欲しい、と言ったくらいです。あ、でもこんなに綺麗な曲を聴いてから、私は最初の〈雅たる春は あな曙〉が浮かんだんです。曲を聴いて「雅だな」と思ってね。真部さんがそれを〈雅たる春はあな曙〉にしてくれたんです。あと、最後のところも違ってたんですが、「ずっと歌っていきたいからそういう歌詞にしたい」って言ったら、〈何年経つても 鳴ひてゐやふ〉にしてくれました。鳥の種類や鳴き声もほとんど真部さんによるものです。

ー久々の新曲というところで気負いみたいなものはありました?

戸川 : 特に新曲というので構えた部分はないですね。まぁメロディがよく変わるし構成が難しい。だから丁寧にきちんと歌おうという感じでした。この曲調を活かすぞって。

ーなかなか詩が書けなかったとおっしゃっていましたが、12年の間に作詞をしたことはなかったんですか?

戸川 : ありましたよ。詞先で書いたことは書いたんですよ、でもこの歌詞に曲を付けるのは難しいってなったりとか。例えばブランクがあって、声がワンオクターブしか出なくなっちゃったときに、みんな慰めてくれたんですよ。「年を取ったら誰でも出なくなるよ」とか。でもちっとも慰められなくて、ありがたいけど嫌だって思って(笑)。だから声を訓練したみたいに、歌詞を書くことはもうできないと思ってないですね。諦めないで、これからも書いていきたいなと思っていますね。それにいま書けない理由のひとつには、歌詞を書く前にやっぱり声を戻したいっていうのがあるから。いまのソロ名義でのバンドはいろんな曲のキーを下げたりしてやってるんですけど、これを原曲キーでやりたいなとか。だからいまの自分のなかのモードは歌うことですね。ちゃんと上手く。それで進んでる感じですね。

ー今年に入ってから非常階段、Vampilliaとのコラボなど、かなり精力的に活動されていますし、今日の話からもこれからも突き進んでいく非常に強い意志を感じました。

戸川 : 非常階段さんもVampilliaさんもたまたまの出会いがあって。そのきっかけとか、流れは運みたいなものが大きいですね。非常階段さんもBiS階段さんの流れがあって。だから自分の意思でグッと上がってきたっていう感じとも違っていて。この前、歌詞解説集を出したのも、たまたまその話を頂いたりしたからで、それも自分から言いだしたのではないですし。だからなんか乗っかってるっていう感じですね(笑)。これから私がまたグーッと上がっていくのかとかは、自分では分かんないですよね(笑)。失礼だけど、Vampilliaさんも「 lilac」がなかったら、ご存知あげなかったわけで。だからやっぱりたまたまの流れですね。でも自分の意思としては、ひたすら歌を昔の声のレンジで歌うこと。そしてそれ以上にするってことを自覚として持っています。

戸川純
※ページ内で使用されている戸川純の写真は、ご本人への確認の上、デビュー当時の写真(「わたしが鳴こうホトトギス」タワーレコード特典のミニ写真集より)を使用しています。

RECOMMEND

Vampillia / The Divine Move(24bit/48kHz)

「lilac bombs 戸川純」 収録
Vampilliaが2014年4月9日に日本企画盤「the divine move 」をリリースする。去年リリースされたツジコノリコ歌唱曲「endless summer」、瀬戸内国際芸術祭関連事業の為に書き下ろされた「dizziness of the sun 」、あぶらだこの長谷川裕倫参加曲、海外からMick Barr(krallice)が参加する楽曲と共に、VampilliaがJ-POP産業に挑戦するコンセプトの「bombs」シリーズからBiS、戸川純をボーカルに迎えた楽曲が収録される。「bombs」シリーズは真部脩一が歌詞と歌メロを担当するプロジェクトで真部にとってもVampilliaにとっても新たなフェーズに突入した作品になっている。
>>特集ページはこちら

VMO / Catastrophic Anonymous(24bit/48kHz)

ブラックメタル×クラフトワーク! Vampilliaと国外メンバーによる新バンドVMOが 遂に1stフルアルバム「Catastrophic Anonymous」を 2016年10月26日Virgin Babylon Recordsよりリリース決定! ポートランドなスラッジバンドThe Body、 Sunn O))),MayhemのメンバーでもあるAttila Csiharも参加。
>>特集ページはこちら

ONE MINUTE OLDER

V.A.

Album ¥1,620

V.A. / ONE MINUTE OLDER

World's end girlfriend主宰レーベル、Virgin Babylon Records5周年を記念した、総勢50組、全曲90未満の豪華コンピ。アルバムで購入いただくと、OTOTOY限定音源『Virgin Babylon Records Sampler 2015』が付きます。
※51曲目から64曲目までのOTOTOY限定特典『Virgin Babylon Records Sampler 2015』は、まとめ購入いただいた方にのみ付属します。

LIVE INFORMATION

戸川純35周年記念LIVE「わたしが鳴こうホトトギス」
2017年1月13日(金)@恵比寿Liquid Room
時間 : OPEN / START 18:00 / 18:30
料金 : 前売 4,000円 / 当日 4,500円 + 1drink
出演 : 戸川純 with Vampillia / Vampillia / 他
チケットぴあ(Pコード : 314-765) / ローソン(Lコード : 72341) / e+ /通販
お問い合わせ : LIQUIDROOM 03-5464-0800

戸川純35周年記念LIVE「わたしが鳴こうホトトギス」』大阪篇!
2017年1月20日(金)@梅田クラブクアトロ
時間 : OPEN / START 18:00 / 19:00
料金 : 前売 ¥4,000円 / 当日 ¥4,500円 + 1drink
出演 : 戸川純 with Vampillia / Vampillia
チケットぴあ(Pコード:315-368)/ローソン(Lコード:57840)/e+/通販
お問い合わせ先 : 梅田クラブクアトロ 06-6311-8111

戸川純 dip ツーマンライヴ
2017年2月1日(水)@新宿LOFT
時間 : OPEN / START 18:00 / 19:00
料金 : 前売 4,000円 / 4,500円 + 1drink
出演 : 戸川純(Vo.) / 中原信雄(Ba.) / ライオン・メリィ(Key.) / 矢壁アツノブ(Dr.) / 石塚 “BERA” 伯広(Gt.) / ゲスト : ことぶき光(Key) / 山口慎一(Key:YAPOOS,Coherence)
dip ヤマジカズヒデ(Gt. Vo.) / ナガタヤスシ(Ba.) / ナカニシノリユキ(Dr.)
チケットぴあ(P:317-530)、ローソン(L:71365)、e+、ロフト店頭、通販

戸川純 ワンマンライヴ
2017年3月11日(土)@岡山DESPERADO
時間 : OPEN / START 18:00 / 19:00
料金 : 前売 4,000円 / 当日 4,500円 + 1drink
出演 : 戸川純(Vo.) / 中原信雄(Ba.) / ライオン・メリィ(Key.) / 矢壁アツノブ(Dr.) / 石塚 “BERA” 伯広(Gt.) / ゲスト : 山口慎一(Key:YAPOOS,Coherence)
チケット : 12/24発売。ローソン(L:61776)、e+、店頭、通販
http://www.desperado-okayama.com/live.html

PROFILE

戸川純

子役経験を経て、1980年TVドラマデビュー。1982年、ゲルニカの一員としての衝撃的なレコードデビューを飾り、同年TOTOウォシュレットのCM出演でお茶の間にもインパクトを与える。その後もソロやヤプーズ等のバンド名義で音楽活動を展開、女優としても活躍する。2009年に芸能活動30周年を迎えた後も、マイペースな活動で後進に影響を与え続けている。

>>戸川純 Official HP

Vampillia

Vampillia(ヴァンピリア)は、タスマニアギター、ノイズギター、魂だけファンキーベース、ピアノ、ストリングス、オペラのVelladon、きこりの恋幟モンゴロイド、ツインドラムの吉田達也(Ruins)と竜巻太郎(NICE VIEW、TURTLE ISLAND)、新メンバーの真部脩一ら10人(ときにはサポートなども含めた、それ以上)のメンバーからなるブルータル・オーケストラである。

>>Vampillia Official HP

o

 
 

インタヴュー

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In