【新連載】次世代クリエイター・砂守岳央ってなにもの? 第1回、エヴァ作詞家・及川眠子との対談を掲載

左から、砂守岳央、及川眠子

次世代クリエイター・砂守岳央(すなもりたけてる)が、日本の音楽シーンを作りあげてきた諸先輩方と対談する短期連載がスタート。東京芸大在籍中にスタートした「沙P」名義でニコニコ動画への投稿をはじめ、次世代クリエーターとして多くのアーティストや声優のCDへの楽曲提供、劇伴の作曲、ドラマCDのシナリオ、演出、ゲームの原案等を手がけた砂守。それだけに止まらず電撃文庫からが作家として、フライングドッグレーベルからはアーティストとしてもデビューを果たしている。さらに2016年7月27日には、スクウェア・エニックスより配信中のスマートフォン向けゲーム「グリムノーツ」を未来古代楽団としてプロデュース。ここまでマルチな才能を持つこの男、一体何者なのか? 彼の正体に迫りつつも、日本の音楽シーンを支えてきたゲストを迎え現代の音楽へのアプローチの仕方に迫っていく。

砂守岳央が率いる未来古代楽団によるプロデュース作品

未来古代楽団 / グリムノーツ オリジナル・サウンドトラック

【収録曲】
1. 空白の書
2. 輪廻する大地の舞踏
3. おしゃべりは損をする
4. 輝きに手をのばすなら
5. 英雄のパズル
6. 遙か遠きアタラクシア
7. 戦士が眠りにつくとき
8. 凱歌
9. 旅人はワルツを踊る
10. 流転への前奏曲
11. 箱庭の王国
12. 求めよ、さらば与えられん
13. 交叉する子午線
14. 涙を紡ぐもの
15. 勇敢なる愚者たちへ
16. 禍ツ星
17. 荒魂
18. だけど僕は何度でも立ちあがる
19. 今は勝利だけを
20. 風色の夕暮れ
21. 忘れじの言の葉
22. 忘れじの言の葉(Instrumental)

【配信形態】
MP3 単曲 150円(税込) / まとめ価格 1,800円(税込)

スクウェア・エニックスが贈る「童話の世界」を旅するRPG『グリムノーツ』の楽曲を収録したオリジナル・サウンドトラック。ゲームのコンセプトでもある「童話の世界」に響き渡る楽曲を収録。収録楽曲は音楽制作だけにとどまらず幅広い活動で注目されている未来古代楽団がプロデュース。また、公開時から名曲との呼び声が高い、沖縄出身シンガー・安次嶺希和子が幻想的に歌い上げる注目のテーマ・ソング「忘れじの言の葉」も満を持してフル・バージョンで収録。

INTERVIEW : 及川眠子 × 砂守岳央

砂守岳央、記念すべき連載第1回の内容は、書籍『破婚―18歳年下のトルコ人亭主と過ごした13年間―』を上梓したばかりの作詞家・及川眠子との対談。Winkの「淋しい熱帯魚」、新世紀エヴァンゲリオン主題歌「残酷な天使のテーゼ」「魂のルフラン」など多数のヒットソング、そして名曲の歌詞を書いてきた及川が歌詞を書くとき、そして楽曲制作する根本として大切にしているものとは? また、カラオケやパチンコの印税収入など、音楽をやっていくうえで避けて通れない音楽とお金のことについても話を訊いた。連載1回目から本質に迫った対談。じっくりご覧ください。

取材&文 : 西澤裕郎
写真 : 雨宮透貴

「千本桜」って20〜25年くらい前だとアルバムの捨て曲なんですよ

ーー今日お2人ははじめて直接お会いしたそうですね。及川さんは砂守さんに対してどんな印象を持っていますか?

及川眠子(以下、及川) : 今時の人。

ーーどういうところが今時っぽいですか?

及川 : 専業じゃないところ。いまって、いろんなことを多岐にわたってやらないと食べられないでしょ?

ーー確かに砂守さんは楽曲制作だけでなく小説をや脚本を書くなどマルチな活動をされていますよね。砂守さんは意識的にマルチにやっているんでしょうか。

砂守岳央(以下、砂守) : 意識的にというよりも、結果的にそうなった、という感じです。そもそもは中学生の時にMacが欲しくてお年玉を貯めて買ったのがきっかけなんですよ。買ったのはいいけど、なにをするか決めてなかったんです。それで曲が作れる無料ソフトがあるらしいことを知ってはじめたのが音楽活動のスタートなんです。最初に道具があって、そこに合わせてやっていったら、結果的にマルチになってしまったというのが正しいのかな。

砂守岳央

ーー多岐にわたるという意味では、及川さんの楽曲がパチンコやカラオケで使用されるなど、いわゆる印税や権利収入を得てきたという点も大きなポイントですよね。それも時代を先読みしてのことだったのではないかと思うのですが。

及川 : それはたまたまエヴァがヒットしたことでカラオケやパチンコ、ゲームに利用されていって、こんなに印税が入ってくることを理解したんです。そのなかで、時代の流れと共にCDだけで稼ぐのは無理なんだっていうのがわかってくるわけですよ。楽曲をヒットさせることにこだわっている人にとっては、すごくやりづらい時代だと思いますよ。例えば、演歌歌手みたいに手売りで1万枚売れます、メーカーが音源を作ります、カラオケに入ります、それを持って地方に巡業に行くことで営業でお金が入りますって流れが生まれるけど、作曲家の場合は、1万枚売れても10万円くらいってこともざらにありますから。

砂守 : 計算をしたら夢のない金額が出てくる。やってみてびっくりしました(笑)。

及川 : そう。でも、そこにしがみついてる人たちもいるわけですよ、もちろん。それじゃあどうするかというと、地方でカラオケ教室をやったりするわけ。

砂守 : サイド・ビジネスですね。

及川 : もしくはコンペをやって、ジャニーズとかAKBとかの仕事をとる。そういう人たちは本当にずっと曲を書きっぱなし。でも今の若い人たちは賢くて、自分の仕事を持ちながら趣味で曲を作って、ニコニコ動画とかYouTubeにアップしてすごい金額を稼いでる子もいる。例えば「千本桜」って20年とか25年くらい前だとアルバムの捨て曲なんですよ。プロが書いたとしたら「何書いてるの!?」って言われるような曲。でも、それが今こうやってヒットしてるってことは時代が流れているし、変わっているってことなのね。

砂守 : 聴き手の感覚も違いますし。

及川 : そうそう。あれを小林幸子が歌った時に小林幸子って上手いんだなと感心して。人間が歌えるのかよ!! っていう(笑)。

同じ業界に生きるものとして恥ずかしいって

ーー(笑)。ボーカロイドに関しては砂守さんはネイティヴ世代ですよね。

砂守 : そうですね。「千本桜」って、ボカロ・ブームの最大のヒットの1つだと思うんですね。その頃のPは20代くらいの人が多かったんですけど、ユーザーは圧倒的に10代だったんですよ。中学生どころか、小学生も多かった。おもちゃ業界的には幼稚園から小学生がキャラクターものを買うじゃないですか? その延長線上にボーカロイドがあって、小学校でみんな意味も分からず歌っている状況だった。さらに当時、みんながスマートフォンを持ち始めた時期で、音楽にはじめて積極的に触れる場所がネットに移っていったということもありますよね。。

及川 : 昔はそれがテレビだったんだよね。ピンク・レディとかが子どもたちにとってのアイドルだったんだけど、今はネットに移っているんだよね。

ーーテレビからインターネットに音楽のプラットホームが移り変わることによって、歌詞の書き方も変わってきたということはあるんでしょうか。

及川 : うーん… 説明がすごく難しいんですけど、私が書きたいのって一言でいえば「心」なんですよ。ようするに、人の気持ち。それって普遍的なんですね。そこに付随しているものや感覚、時代性は変わっていくものだけど、そこにある心は変わらない。それを軸にしてどう時代に沿わしていくかってことだと思うんです。

及川眠子

砂守 : たしかに人間が持つ本質的な悩みってそんなに変わらないはずで、そうじゃないと聴いた人の共感を得られないと思うんです。辛いんだろうなっていう感情とか心は当然共通なので、そこを入り口にしないと結局作品にならないですよね。そうじゃないと日記になっちゃう。

及川 : 基本的に私たちは『流行り歌』を作っているっていう感覚なんだよね。時代に即したってことで言うと、ちょうど25年くらい前にWinkの歌詞を書いたのね。あの頃はアン・ルイスとか渡辺美里といった、いわゆる強い女が台頭していた時代だったんだけど、Winkには真逆のものをやらせた。みんなが強くなったら、弱い子にとっての曲がなくなってしまうし、そういうのが好きな子たちもいるわけ。だから、真逆をやらせたの。ちょうど、Winkが売れた頃は、バブルに陰りが出てきた時で、そのバブルをあえて引きずらせたんだよね。

ーーようするに一歩先というか半歩先を描いていた?

及川 : それか半歩遅いか。一歩遅いと時代遅れになっちゃうから。

砂守 : ギリギリのところを目指していた。

及川 : そう。あえて半歩遅らせちゃうとか。この間、演歌・歌謡曲の人たちが「日本の心である演歌・歌謡曲を衰退させるな」ってことを国会議員に陳情に行ったんですよ。ああいうふうに政治を絡ませるやり方が私はすごく嫌で、Twitterで怒りまくったんです。流行り歌を作っているんでしょ? と。今はボカロとか声優さんが必要とされている。それが時代なんですよ。新しいものが出てくれば、若い子たちはそっちに飛びつくんだから。演歌歌謡曲も30年前はいっぱいヒット曲が出ていたけど、それを聴く人たちが少なくなっている。じゃあどうするかといえば、基本はいい歌、人の胸を打つ歌をうたっていれば売れるんですよ。だから同じ業界に生きるものとして恥ずかしいって。

砂守 : たしかに30年後くらいに「声優は日本の心なので税金をください」って話をしていると思ったらめちゃくちゃですもんね(笑)。

字面で見た時にいい詞なんていうのは私は信じない

ーー砂守さんはスマホゲームの曲も作られているわけで、そこに流行り歌とかそういう部分を作ってるんだって感覚はお持ちだったりしますか?

砂守 : その時代時代の耳にあう曲があって、それと全然違うことをやったら、うわ! 古い! って感じられちゃうと思うんですよね。逆に新し過ぎたらわけがわからないし、なんとなくこれくらいのレンジじゃないと受け入れてもらえないよねっていうのは常に意識しています。

及川 : 今の声優さんの曲はテンポがはやすぎる! とか思うもんね(笑)。

砂守 : ライヴに行くとわかるんですけど、サイリウムを振りまくりたい時のテンポでいうとBPM160から200くらいの間くらいがちょうどいいんです。そこから外れるとお客さんが動きにくそうにしてるんですよ。これは気持よく乗らせてあげたほうがいいなと思うし、構成もA、B、サビ、間奏、A、B、サビみたいにスタンダードにしたほうが次の展開が読めて動きやすい。そういう楽しみ方が明らかにあるから、そこにはある程度合わせたいと思っていますね。

及川 : 聞き手も参加したいんだよね。ただ、そういう時代になったとしても、私は曲を信じないし詞も信じないんですよ。それじゃあ何を信じるか? 歌なんですよ。例えば人間が歌う時に最近キーボードでメロを作っている人が多いんですけど、ここでブレスを入れた方がいい、そうじゃないと歌いづらいからっていうことは言います。それは歌を信用しているから。レコーディングで歌えても、生でやった時にひーひー言ったらノリが悪くなるじゃないですか。

ーーおもしろいですね。歌を信じるけど、詞を信じないっていうのは。

及川 : 曲も信じない。

ーーでも及川さんは一貫して詞を書かれているわけですよね?

及川 : いい曲とか、いい詞っていうのは私は別にどうでもいいんですよ。1番はいい歌を作ること。だから、歌詞カードで見た時、私の詞は字面が悪いんですよ。歌詞を曲にはめて、どこでこの音が当たるかってことを計算しているから、美しい現代詞のようなものが上がってくることはありえない。「言葉が少ないんじゃないの?」とか「変じゃないの?」とか言われても、歌ってみて気持ち悪かったら言ってって伝え方をするんです。字面で見た時にいい詞なんていうのは私は信じないんですよ。

砂守 : 僕も必ず歌いながら作っています。自分で気持ちよく歌えないものを歌えないと思う。よく知ってる歌手の方だったら、こういう音の方が気持ちいいだろうなってところまで考えるんですけど、必ずしも知ってる人とは限らないので、その場合は自分が歌うような気持ちでやっていますね。ぶつぶつ言いながら(笑)。

ーー「残酷な天使のテーゼ」は企画書をななめ読みして意図を汲みとって、書いたということをインタヴューで読みました。作品自体に没頭して世界観を読み取るというより、割りきって書いているということなんでしょうか。

及川 : だって、私はファンになりませんから。ファンになっちゃうとそこに思い入れが入っちゃう。あと、詞で説明しちゃうんですよ。説明するんだったら、詞の役割は果たせてないと思うんですね。大事なものってふっと浮き上がってくる。没頭して心の中のものしか書けなくなっちゃたら、私はイメージ・ソングの役割を果たしてないという考えなんです。

砂守 : 極端なことを言うと、作品の説明をするのであれば脚本家が書いたらいいわけですよね。そこでなんで別の音楽家の人や作詞家が出てきて、別の詞を当てるかって考えると、及川さんの考え方が1つの答えなのかなって。

及川 : あと私、はっきり言うと、アニメもゲームも興味ない。

砂守 : はははははは(笑)!

及川 : だから突き放すだけなんですよ。私は徹底して職業作家なので、アーティストでもないし芸術家でもない。その中で、ちょっとしんどいなと思う仕事は、自分がファンの人の歌詞を書くときです。思い入れが入っちゃっているから。仕事をするのは楽しいんですよ。でも、すごく悩む。

ーー別に企画書を読み込んだりゲームをやり込んだといって、いい詞がかけるとかそういうことではないわけですね。

及川 : うん。実際、「残酷な天使のテーゼ」は突貫工事みたいな仕事で、2時間くらいで書いたから。高橋洋子と一昨日話していたんだけど、あんなにカラオケで歌われると思わなかったって。なぜかっていうと、ハーフ部分で〈〜神話になれ〉から間奏なしでBメロの〈人はみな〜〉にいくから、あそこ苦しいでしょ? って。やっぱ洋子ちゃんも殺すきかー! って思いながら歌っていたみたい(笑)。

砂守 : あそこ、ちょっと気持ちよく伸ばしたら終了ですもんね。

及川 : 丸々ワン・ハーフになる。普通、間奏いれるでしょって。しかもBから戻っているから。だからあれ結構大変なのにみんなよく歌うよねって。

1年に3曲書いたら作詞家って呼ぶって自分の中でルールを決めている

砂守 : 「残酷な天使のテーゼ」の話になったので白状すると、今日は本当にドキドキしているんですね。なぜかというと、10年くらい前にたまたまゲーム楽曲の歌詞の仕事をいただいたんですよ。でも当時、歌詞を書いたことがなかったんです。さあ、どうしようかと思って、とりあえず「写経だ!」と。で、「残酷な天使のテーゼ」をノートに手書きで写したんです。そうしたら書けました。ちなみにそんなことをしたのはその1回だけなので、及川さんなくして自分はここにいないと思っていますて。あ、お訊きしたいと思っていたことがあるんです。あの、歌詞を書くのに苦戦した曲ってあるんですか?

及川 : いうほど苦戦してないんだけど、例えば、やしきたかじん。関西出身でバラードの人だし、ああいうコテコテの歌詞を壊すのにはちょっと躊躇した部分はあったんだけど、私に書かせてくれるのであれば、今までと同じことしても仕方ないしと思って、そこは踏み込んでいったんですよね。

砂守 : その時の反応はどうだったんですか?

及川 : やしきたかじんの「東京」はほとんど反対された。あの曲はたかじんが3回目の東京進出をしようとしてる時で、コンサートのアンコールで「もう1回東京で頑張りたい。自分の人生をかけてみたい」って言っていたのを聞いて「東京」っていうタイトルで大阪の歌を作ろうって提案したのが最初だったの。やしきたかじんってバラードのイメージがすごく強かったから、みんなに反対されて。その中で、この企画に及川さんの歌詞で勝負をかけてみようって言ってくれたのが、たかじんとディレクターの田中さんだけだった。

砂守 : アップテンポだし「東京」っていうタイトルだし、勝てないでしょって意見が大半だったんですね。

及川 : これは負け戦になるっていうか、これはたかじんじゃないって。

ーー大元のコンセプトから及川さんが提案される場合もあるんですか?

及川 : Winkもそうだったんですけど、たかじんなんかもそうだね。ただ、私は曲は触んないんですよ。曲をぼんって持ってこられて、今回アルバムは何曲だって聞いて、8曲ということになったら、その中で自分でバランスをとっていく。Winkなんかもほとんど内容はおまかせだったんですよね。たまーに言われるくらいかな。

ーー歌詞を描くにあたり制作現場やライヴには通われるんですか?

及川 : ほとんど行かないです。もっと言うと、自分が書いてる子ってWinkもたかじんもプライベートでは仲良くならなかったですね。仲良くなると気を遣っちゃう。だから突き放して書かないとと思っていました。

ーー最後に。これから活動をしていく上で、先輩としてアドバイスがあれば教えていただけますか。

及川 : 軸を持っているとぶれないし、続けられると思う。私もいろんなことをやっていてプロデュースとか、それこそ文章も書いていたり、番組に出たりとかもしている。だけど基本は作詞家なんですよ。ここは絶対に崩さないし、1年に3曲書いたら作詞家って呼ぶって自分の中でルールを決めている(笑)。

砂守 : 3曲だけは絶対にクリアしていこうみたいな(笑)。

及川 : そう。実際もうちょっとやっているけど、1年に3曲作ったら作詞家と呼んでよろしい、みたいに決めていて、そうすればここに帰ればいいんだっていう安心感と自分の目がついてる感じがするんですよ。そこを忘れちゃって、みんな目移りしてどっかいっちゃう人が多い。

砂守 : 急に会社経営始めちゃうみたいな。

及川 : そうそう。私も5年間、旅行会社をやっていたんだけどね(笑)。

砂守 : でもその間3曲は作っていますもんね(笑)。

ーー先日、及川さんは『破婚―18歳年下のトルコ人亭主と過ごした13年間―』を出版されましたけど、トルコ人元夫との生活や旅行会社経営の話とか赤裸々に書いてますよね。

及川 : 知り合ってから結婚して別れるまでを書いていて、彼のために3億円を使ったことも書いています。ただ、その3億円をどうやって私が稼いだかっていう印税のシステムは一般の人はわからないじゃないですか? 印税が3ヶ月に1回入るってことだったり、例えば作詞家ってどうやって生活しているのかとか、どんなふうに詞の発注を受けるのかっていうようなことも書きつつ過去の男関係も盛り込んでいます。

砂守 : 元旦那さんの話を軸にしながら、印税のこともわかるし、作詞家とは何かもわかるしみたいな(笑)。

及川 : そう。トルコってどんなところかっていう国の説明も入れてみたりね。

砂守 : 及川さんの半生と元旦那以外のこともわかりつつ、なぜここでお金が流れたのかを考えると印税があるからだということもわかる。すごい本ですね(笑)。

対談内で語られている及川眠子の最新書籍が絶賛発売中!!

破婚―18歳年下のトルコ人亭主と過ごした13年間―

著者 : 及川眠子
価格 : 1,512円(税込)

『残酷な天使のテーゼ』『淋しい熱帯魚』で人気の作詞家がトルコ人元夫との超劣悪婚の全てを赤裸々に告白。金の亡者となった彼に買ったものは、マンション、車、ホテル。そして旅行会社までも設立する羽目に。愛を信じて結婚したのに、やはり愛だけでは足りないのか。ダメージラブから脱出したいあなたに贈る究極のバイブル。

>>>Amazonでの購入はこちらから

PROFILE

砂守岳央

ネットでは「沙P(すなぴー)」と呼ばれることが多い。

1983年3月21日生まれ。吟遊詩人。私立武蔵高校卒。京都大学文学部卒。東京藝術大学音楽学部修士課程修了。東京芸大在籍中に「沙P」名義でニコニコ動画への投稿をはじめる。以後次世代クリエーターとして多くのアーティストや声優のCDへの楽曲提供、劇伴の作曲、ドラマCDのシナリオ、演出、ゲームの原案等を手がける。2013年12月には電撃文庫から作家として、フライングドッグレーベルからはアーティストとして本&CD同時デビュー。また、東映ビデオポットキャストナビゲーター等、MCにも定評がある。自分で何をやっているのかわからなくなってきたので近年、「歌わない吟遊詩人」を自称。

>>砂守岳央 Official HP



及川眠子(おいかわ・ねこ)

作詞家
株式会社及川眠子事務所 代表取締役

1960年2月10日生まれ 和歌山県出身
1985年三菱ミニカ・マスコットソング・コンテスト最優秀賞作品、和田加奈子『パッシング・スルー』でデビュー。
Wink『淋しい熱帯魚』『愛が止まらない〜Turn It Into Love』、新世紀エヴァンゲリオン主題歌『残酷な天使のテーゼ』『魂のルフラン』、やしきたかじん『東京』、CoCo『はんぶん不思議』等ヒット曲多数。
数々のシンガーに詞を提供するとともに、アーティストのプロデュース、ミュージカルの訳詞や舞台の構成、CMソング・アニメソング・映画やテレビの主題歌の作詞、エッセイやコラム等の執筆や講演活動も行っている。
1989年 『淋しい熱帯魚』で第31回日本レコード大賞を受賞
1994年 『東京』で全日本有線放送大賞、読売テレビ最優秀賞を受賞
2011年 『残酷な天使のテーゼ』でJASRAC賞金賞を受賞

●楽曲提供アーティスト
中森明菜、三浦理恵子、大橋純子、大地真央、大竹しのぶ、田中裕子、少年隊、Tina、田原俊彦、安室奈美恵、池田聡、沢田研二、桑名正博、早坂好恵、前川清、藤あや子、中西圭三、秋川雅史、観月ありさ、夏川りみ、森山良子、庄野真代、和田アキ子、美川憲一、中山秀征、宮村優子、工藤静香、上田正樹、西田ひかる、小堺一機、葛城ユキ、松平健、ZERO、RYU、酒井法子、チャン・ウンスク、郷ひろみ、冴木杏奈、山口かおる、ミネハハ、鈴木康博、荻野目洋子、小柳ルミ子、鹿賀丈史、柏原芳恵、林原めぐみ、など多数

●著書
『破婚(hakon)〜18歳年下のトルコ人亭主と過ごした13年間』(新潮社)
『夢の印税生活者』(講談社)
『あした理想の自分になるルール』(イーストプレス)

>>及川眠子 Official HP
>>オフィシャルブログ ムカつく私がバカなのか、それとも世間が悪いのか

o

 
 

連載

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第11回
[REVIEW]・2017年12月12日・斎井直史のヒップホップ連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第11回──2017年度総括編 2017年も本当に残りわずか。先月は豪華客演陣を多数迎えた重厚なラップ・アルバムにして、4年半ぶりの作品となったKOJOEの『here』を特集しました。第11回目を迎えた今月の「パンチライン・オブ・ザ・マンス」は年末らしく、2017年のヒップホップ・シーンを斎井直史による視点で総まとめ! 先日公開のblock.fmの番組「INSIDE OUT」のMC・渡辺志保を聞き手に迎えた「OTOTOYトピック2017ヒップホップ編」と合わせてチェックを! 来年も引き続きよろしくお願いいたします! >>「OTOTOYトピック2017ヒップホップ編」はこちら
by 斎井 直史
GANG PARADE、インタヴュー&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.3掲載!!
[GANGPARADE]・2017年11月17日・【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.3 7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年5月よりカミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの無期限限定レンタル・トレードが行われ、アヤを入れた7人で活動を行っている。そんな7人体制での初アルバムが11月21日にリリース。11月20日の恵比寿LIQUIDROOMでのワンマン・ライヴのチケットも完売し、さらなる飛躍が期待される彼女たちの歴史を振り返るインタヴューを3回に渡り掲載する。また、ユイ・ガ・ドクソンによるラーメン連載がカレー連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」にリニューアル!! ドクソンが真剣にカレーを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry vol.3はこちら>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・前編はこちら>>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・中編はこちら 2017年新たな
by 西澤 裕郎
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第10回
[REVIEW]・2017年11月15日・斎井直史のヒップホップ連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第10回──KOJOE4年半ぶりの新作に迫る いよいよ本格的に冬! 今年も残り1ヶ月半、年末に向けじわじわと忙しさも増す今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」も今月で10回目! 前回はみんなが待ちに待ったPUNPEEのアルバム『MODERN TIMES』を渾身のレヴューでお届けしました。年間のベストも出揃いつつあるタイミングですが、ここにきて強烈な作品! 今月は新潟生まれ、NYクイーンズ育ちのバイリンガル・ラッパー、KOJOE4年半ぶりとなるアルバム『here』を特集です。豪華な客演陣が揃う今作からはどんなパンチラインが選ばれるんでしょうか!? 4年半ぶりとなるオリジナル・アルバム!KOJOE / here'【収録曲】01. KING SONG Feat. Mayumi02. Smiles Davis Feat. Dusty Husky & Campanella03. PenDrop Feat. ISSUGI04. Prodigy Feat. OMSB
by 斎井 直史
GANG PARADE、インタヴュー&新連載「GANG PARADE ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.2掲載!!
[GANGPARADE]・2017年11月10日・【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.2 7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年5月よりカミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの無期限限定レンタル・トレードが行われ、アヤを入れた7人で活動を行っている。そんな7人体制での初アルバムが11月21日にリリース。11月20日の恵比寿LIQUID ROOMでのワンマン・ライヴのチケットも完売し、さらなる飛躍が期待される彼女たちの歴史を振り返るインタヴューを3回に渡り掲載する。また、ユイ・ガ・ドクソンによるラーメン連載がカレー連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」にリニューアル!! ドクソンが真剣にカレーを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry vol.2はこちら>GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る・前編はこちら POPからGANG PARADEヘ(2015年12月〜2016年7月) ──カミヤ
by 西澤 裕郎
【新連載】Summer Rocket愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings 畳野彩加編
[CLOSEUP]・2017年11月09日・【新連載】Summer Rocket愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings 畳野彩加編 「夏」をテーマに、2016年7月から活動をスタートさせた4人組アイドル・グループ、Summer Rocket(サマーロケット)。SEBASTIAN X、音沙汰の永原真夏と工藤歩里が楽曲を手がけ、こつこつとライヴ活動や雑誌のレポート活動などを行い、じわじわと知名度と人気があがってきている彼女たち。その中でも、オリジナルZINEを作るなど、ひときわ創作に強い意欲を持っているメンバー、愛わなびの連載企画がスタート! 愛わなびが敬愛する表現者たちにインタヴューを行い、各アーティストがどのような考えを持って活動しているのかを学び、その回ごとにインスピレーションを元に総括を創作して公開します! と、コンセプトは決まったものの緊張の中始まった連載第1回。ゲストは、Homecomings畳野彩加さん。果たしてわなびは何を学んだのか? ぜひお楽しみください! 愛わなびの「くりえいてぃ部」ーーVol.1 Homecomings畳野彩加編 さぁさぁ〜! 始まりました! ついに始まってしまいました、「愛わなびのく
by 中の人
【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.1
[GANGPARADE]・2017年11月07日・【全3回連載】GANG PARADEの歩みを現在の7人で振り返る&「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」vol.1 7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年5月よりカミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの無期限限定レンタル・トレードが行われ、アヤを入れた7人で活動を行っている。そんな7人体制での初アルバムが11月21日にリリース。11月20日の恵比寿LIQUID ROOMでのワンマン・ライヴのチケットも完売し、さらなる飛躍が期待される彼女たちの歴史を振り返るインタヴューを3回に渡り掲載する。また、ユイ・ガ・ドクソンによるラーメン連載がカレー連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry」にリニューアル!! ドクソンが真剣にカレーを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Curry vol.1 はこちら>【レポート】BiSHとPOPの200km対抗駅伝はなにを生み出したのか? ミキ : ユアは往路の対戦相手がいなくて。 ユア : モモコグミ・カン
by 西澤 裕郎
【BiS連載vol.86】祝・メジャー・デビュー!! プー・ルイのいなかった6人の約半月を振り返る
[POURLUI]・2017年10月31日・【BiS連載vol.86】祝・メジャー・デビュー!! プー・ルイのいなかった6人の約半月を振り返る 2016年9月、5人のメンバーで再スタートを切り、2017年5月に新メンバー・ももらんどとパン・ルナリーフィが加入、GANG PARADEのカミヤサキがレンタル移籍し、現在7人体制で活動中の新生アイドル研究会BiS。5月末より行ってきた全国ツアー〈BAD SOCiAL TOUR〉のファイナル公演〈IDOL is DEAD〉を目前にペリ・ウブが感染性腸炎により入院、無事退院したもののリーダーのプー・ルイがダイエットに挑戦する企画〈DiET or DiE〉でまさかの失敗。9月16日より活動休止となり、6人での活動を余儀なくされた。そして10月6日の赤坂BLITZ公演を6人で迎えたBiS。ライヴ途中でプー・ルイが復帰し、2回目のメジャーデビュー、両国国技館でのワンマンを発表し、再び7人で走り始めた。そんなBiSの6人で活動した期間を6人とともに振り返る。 新生BiS、7人体制での2ndシングルを配信中BiS / I can't say NO!!!!!!!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格
by 西澤 裕郎
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回
[REVIEW]・2017年10月11日・ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第9回 今年も残り3ヶ月、気がつくとあっという間に年末がすぐそこまで来てますね〜。ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載、「パンチライン・オブ・ザ・マンス」も今月で9回目です! 先月はキレのあるFebbのラップが帰って来た、GRADIS NICE & YOUNG MASによる共作『L.O.C -Talkin About Money- 』、そして先日の日本での初ライヴを披露したNY在住の日系若手ラッパー・MIYACHIを取り上げました。そしてもちろん今月は、全てのヒップホップ・ヘッズたちが待ちに待ち焦がれたPUNPEEのファースト・アルバム『MODERN TIMES』特集! 斎井によるレヴューの熱量もかなり高めに仕上がっております! ぜひ一読を! みんな待ってた! 待望のソロ1st!!PUNPEE / MODERN TIMES'【収録曲】1. 20572. Lovely Man3. Happy Meal4. 宇宙に行く5. Renaissance6. Scenario (Film)7. Interval8. Prid
by 斎井 直史
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事