【EMPiRE】Epsode0 渡辺淳之介×篠崎純也×赤窄諒「EMPiREは、かっこいいものになると思います」

BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループが誕生した。

その名は、EMPiRE!!

2017年4月2日、横浜赤レンガ倉庫イベント広場で開催された〈WACK EXHiBiTiON〉にて、エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクトとして突如発表された「Project aW」。3月28日(火)より5泊6日にわたって開催されたWACK合宿オーディションに参加した2名が合格、追加オーディションを経て3名が合格を果たした。驚いたことに、BiSHを手がけているチームがEMPiREも手がけるという。

そんな万全の体制が整った状態でお披露目のステージに立ったものの、顔を覆った衣装に身を包み、発信方法は未だTwitterのみ、まだまだベールに包まれている彼女たち。果たしてどのようなグループになるのか? 楽曲は? なんでその衣装なの? そんな最初の疑問に対するヒントを探るべく、WACK代表の渡辺淳之介と、avexより篠崎純也、赤窄諒に話を聞くことにした。わかったようでわからない? だけど期待せずにはいられない。EMPiREが動き始めた。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎

Epsode0 : 渡辺淳之介 × 篠崎純也 × 赤窄諒

左から、篠崎純也、赤窄諒、渡辺淳之介

ーー8月23日にZepp Tokyoで行われたBiSHのイベント〈TOKYO BiSH SHiNE3〉で、顔を覆った状態の「EMPiRE」メンバー5人が登場し、「Twitterのフォロワーが1万人を超えたら顔出し」されることが発表されました(https://ototoy.jp/news/86635)。そこから1日経たないうちに5,000フォロワーを超えるなど、出だしから反響がすごいですよね。

渡辺淳之介(以下、渡辺) : さすがavexだなと思いました(笑)。正直、期待値が高すぎて怖いというか、先行きが読めなさすぎて。フォロワーもすぐ1万人いってしまったから… まぁ、あれは嘘っぽかったんですけどね(笑)。

ーーある日突然、YUiNA EMPiREのフォロワーが10,000フォロー以上増えたことで、誰かがフォロワーを買ったんじゃないかと騒然となった事件ですよね。

渡辺 : 顔を見たい人がいっぱいいたんでしょうけど、その気持ちがズルする方向に行っちゃったのがすごく残念でしたね。BiSHのときは4,444フォロワーで顔出しで1ヶ月くらいかかったんですけど、みんなでもう少しだね~って楽しくやっていたから、その楽しみができなくなっちゃたのは残念だなと思います。

ーーこれだけ期待値が高くて数字も付いてきているから、超ハッピーっていう捉え方をしていると思っていたので、意外な反応ですね。

渡辺 : 全然ハッピーじゃないよ~。いきなり、そういうことやられると困っちゃうよ~。

ーーそもそも、4月2日に横浜赤レンガ倉庫イベント広場で開催されたWACKのフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉(https://ototoy.jp/news/85637)で、WACKとエイベックス・エンタテインメント株式会社がタッグを組んだプロジェクトとして「Project aW」が発表されました。このプロジェクトはいつから計画されていたんでしょう?

篠崎純也(以下、篠崎) : 最初は、WACKオーディションの写真を見て「今回、可愛い子が多いですよ」って話をしていたのがきっかけなんですけど、酒の席で「正統派のアイドル・グループをやったら面白くない?」っていう雑談に繋がっていって。正式に本気でやろうって決まったのはギリギリでしたよね?

渡辺 : そう、WACK合宿オーディション中でしたよね。篠崎さんと赤窄さんにもオーディションを見に来てもらってから話が具体的に進んでいったんです。

篠崎 : あのときって、どのグループに誰が入るかとか全然わからなかったじゃないですか? BiSHは現在の6人でいい感じに動き出していたけど、渡辺さんがBiSHに新メンバーを入れることもありえると思って、逆にそのドキドキが強かったです。

赤窄諒(以下、赤窄) : 本当に入れちゃうんじゃないか? って、篠崎さんはずっと言っていましたよね(笑)。

渡辺 : さすがに俺も相談しないで入れることはしないですよ(笑)!

EMPiREで選ばれた子は、スクールカーストで上の子って感じがする

渡辺淳之介

ーーあははは。淳之介さんとしても明確に新グループを作ることは考えていなかった?

渡辺 : どちらかというと、せっかくavexとBiSHでいいコンビネーションができたから、もう1個同じチームでグループをやってみたい気持ちのほうが強かったですね。

ーーEMPiREは、BiSHチームのスタッフたちが手がけるわけですけど、そのことに対してBiSHのメンバーは何か言っていないですか?

渡辺 : そもそも意見を聞いていない(笑)。

赤笮 : 気にしないスタイルでいくしかないですからね。

篠崎 : でも、ラジオに出演したときアイナが言っていたよ。「浮気されている女の子の気持ちがわかった」って。

一同 : (笑)。

渡辺 : 小室(哲哉)さんと対談したときに、WACKで7組プロデュースしたほうがいいって言われたんですよ。グループが増えることで、各メンバーが上にあがっていくんだって意識をもったり、それぞれの方向が見えてくるのがいいって言われて。実際、EMPiREを発表した日にWACK所属メンバーほとんどからメールが来たんですよ。WACKオーディションの頃からBiS、BiSH、GANG PARADEが、それぞれのグループを意識するようになってきているのは、すごくよかったなと思っています。

ーーこれまでBiSとBiSHに関しては、メジャーデビューのタイミングでavexチームがジョインし、共同でプロデュースするような形でしたけど、EMPiREに関しては、最初からavexが参加しているというのが大きな違いですよね。

渡辺 : BiSHは俺が先に始めていたプロジェクトだったから、avexからしたら外様がきたみたいな感じになっちゃっていたと思うんですよ。でも最初から共同プロジェクトでやるってことは、ある種、avex生え抜きってことじゃないですか? そこがどうなっていくのかが1番おもしろいなと思っています。俺が孤軍奮闘してメジャーまで持っていくっていうのが今までのスタイルだったけど、最初からリスクをシェアしながら進めていくっていうのは初めてなので楽しいなと思うし、ここまで来たかという感慨もあります。

篠崎 : BiSHは、CDのセールスが1万枚、集客が1000人以上のところから一緒にスタートさせてもらったんですけど、本当はそこに行くまでが1番大変じゃないですか? その状態からやらせてもらって、いい感じまでBiSHを持ってこれたということもあり、avex的にも渡辺さんに対する信頼感が大きくて。普通、新しいアーティストを一緒に立ち上げるときって1~2日じゃ会社に話が通らないんですよ。でも、EMPiREに関してはスルっと通すことができた。そういう意味でもWACKとavexの信頼感は大きくなっているんです。EMPiREが顔出していないのに1日でフォロワーが5~6000人付くのも単純にWACKのパワーだと思うので、一緒に0からアーティストを作っていけることにワクワクしていますし、責任も感じています。

篠崎純也

ーーWACK合宿オーディションでは2人の合格者が出ました。どういう基準で選んだんでしょう?

渡辺 : 常に篠崎さんと赤窄さんと連絡は取り合っていて、合宿所に来たとき「誰にしましょうか?」って話をして。最終的な判断は3人とも一致した子をとりました。

ーー淳之介さん的には、どういう部分を評価したんですか。

渡辺 : BiS、BiSH、GANGPARADEにいない感じのかわいさというか、リア充感がある感じかな。WACKのグループってリア充感ないじゃん(笑)?

赤窄 : EMPiREで選ばれた子は、スクールカーストで上の子って感じがしますよね。

渡辺 : これからスクールカースト上の子たちを相手していかないといけないのかと思うと怖いよね(笑)。

篠崎 : みんなで花火大会行って、インスタにあげてみたいな(笑)。

渡辺 : そんな感じがするよね。今までは、どちらかというとダメだった子たちをなんとかする『がんばれ! ベアーズ』的世界だったんですけど、せっかくavexでやるからっていうところで、1番取らなさそうな子たちを取ったところもあります。

ーー篠崎さんや赤窄さんとしては、今までavexで担当してきたようなアーティストに近い雰囲気があるんでしょうか?

赤窄 : そんな感じもしないですね。WACKのオーディションに来ているくらいだから、根本はちょっと違うんじゃないかなとは思いますけどね(笑)。

赤窄諒

渡辺 : 正直、色眼鏡というか、インディーズのWACKから出てきちゃったからブスだって言われることが多かったけど、最初からavexでデビューしていれば可愛いって言われる可能性があると思うんだよね。そういう意味でいうと、EMPiREでデビューする子たちはラッキーだなと思いますよ。すでに顔出ししたYUiNA EMPiREがめっちゃ可愛いって言われていますし。BiSHも、BiSと比べて可愛いって言われていたけど、ここまでの言われ方じゃなかったから。

篠崎 : でも、アユニが加入したときも可愛いって言われましたよ。

渡辺 : それもavexからだから…。

篠崎 : それはavex関係ないですよ。むしろ、BiSHに可愛い子が入ってきたって。

赤窄 : じゃあ他の子は…。

一同 : ははは(笑)。

渡辺 : 怒られますよ(笑)!

これまでのグループは頭文字”B”が多かったから、”B”を辞めたかった

ーー(笑)。〈WACK EXHiBiTiON〉で2名が合格したあと、追加オーディションが行われました。どれくらいの応募がきたんでしょう。

渡辺 : 1000通くらい来たと思います。しかも、いつもやっているオーディションとは雰囲気違ったんですよね。WACKっぽい子もいたけど、最初からavexが絡んでいることもあって、歌姫みたいな人もいたし、ダンスを披露する子もいたし、それこそWACKっていうものを何も知らない子たちもいた。面白かったですね。

篠崎 : せっかくのチャンスだから、avexの育成部門にも「こういうオーディションあるのでよかったら参加しませんか?」って声をかけて、面接も受けてもらったんですけど、WACKオーディションに来ていた子たちの方が個性的でよかったんですよ。そのとき、可愛ければいいってわけじゃないし、歌がうまければいいってわけじゃない、惹きつけれるものがないと一緒に仕事したいなと思わないんだなってことに気がつきました。

ーーちなみに、WACKオーディションに落ちた子たちも、追加オーディションに応募していましたよね。

渡辺 : 何人か受けていましたよね。あの合宿でWACKワールドを感じたのに、もう1回受けたいっていうのは、ドMだよね(笑)。

ーーあははは。追加オーディションでの合格者はどういう基準で選んだんでしょう?

渡辺 : 最初に決まっていた2人との並びとかを考えていたんですけど、ほぼ悩まなかったですね。完全にいいと思う子たちが追加で3人しかいなかったので5人組になったんですけど、基準がどんどん上がってきちゃっているなとも思いました。

〈TOKYO BiSH SHiNE3〉でお披露目されたときのEMPiRE

ーー5人のメンバーが揃い、どういうグループにしていこうという話になったんでしょう?

渡辺 : かっこいいやつ…(笑)! もちろんコンセプトはあって近々発表できればと思っているんですけど、BiS、BiSH、GANGPARADEがいる中で、だんだん棲み分けがされていくはずなので、EMPiREとしてかっこいいものを出していけたらと思っていて。BiSHも1stアルバムではいろんなタイプの曲を試していて、そこからだんだんBiSHらしさみたいなものが見えてきたので、そこは変わらないかなと思います。あとは、ビジュアルやロゴから想起させる何かにはなっていくという気はしてます。

ーー他のグループに比べても、衣装が個性的ですよね。

渡辺 : ジェダイを意識しているんですけど、ただフードをかぶっていも面白くないから、ピュアな気持ちでうさぎの耳をつけました(笑)。

ーー何でスターウォーズが出てきたんですか?

渡辺 : かっこいいから…(笑)。あと、CDショップでEXILEとかE-girlsの横に並んだらいいなと思って(笑)。これまでのグループは頭文字”B”が多かったから、”B”を辞めたかったんですよ。

赤窄 : ”B”からの卒業(笑)。

渡辺 : BiSやBiSHは造語だったんですけど、「EMPiRE」には帝国っていう意味があるからイメージが湧きやすいというか、小学生や中学生にも伝わるかなと思って、独断で提案させていただきました。

篠崎 : あと、メンバーの名前をどうしようかってなったときに、Yから始まる子が3人、Mから始まる子が2人いて、覚えにくいなということになって、渡辺さんが「全員下にEMPiRE付けよう」って言ってつけてみたら、キャッチーになりましたね。

BiSHみたいに一緒に育っていくみたいな感じに思っていたらダメかなって

ーー楽曲に関してですが、BiSHがスタートするときのインタヴューではブルースっぽい曲をやりたいという話が出ていましたけど、EMPiREはどういう曲になりそうでしょう?

渡辺 : かっこいいの…(笑)。

一同 : (笑)。

渡辺 : ホームページもかっこいいでしょ? ロゴもかっこいいし。かっこいい曲を作っていきたいですね。

〈TOKYO BiSH SHiNE3〉にてロゴを掲げるEMPiRE

ーーなんかはぐらされていますけど… avexチームも最初から関わっているというところで、どういう部分に力を入れているんでしょう。

篠崎 : 基本はBiSHでやらせてもらっていることと変わらないんですけど、渡辺さんがイメージすることをフォローアップしたり、提案して大きくしていけたらなと考えています。あと、メンバーのレッスンを組んでいったり、avexとして得意な部分を活かしながら一緒にやっていけると、より一体感が出てくるかなと思います。

渡辺 : 周りからの期待値が高いぶん、BiSHみたいに一緒に育っていくみたいな感じに思っていたらダメかなと思っていて。そこらへんもあって、今までみたいにポンポンと表に出していく形にはしていないところもあります。

ーーメンバーの雰囲気はどうですか?

渡辺 : Twitterのリプライの仕方を見ていてもリア充感があるよね(笑)。キャッキャしている感じ。

篠崎 : 人付き合いがうまそうですよね。

ーーこれから、EMPiREはどんな動きをしていくんでしょう?

渡辺 : 年内にお披露目はあると思います。音源発表もさすがに半年以上待たせることはないと思います。

ーー音源も他のグループとは違う感じの曲になると思っていていいですか?

渡辺 : かっこいい感じ(笑)!

ーーこのインタビュー、正直何もわからないんですけど(笑)。

一同 : (笑)。

渡辺 : でも、BiSHの最初のインタビューを読み返していて思ったんですけど、何もわからないからね(笑)。EMPiREは、かっこいいものになると思いますよ。

LIVE INFORMATION

WACKのフェス。
2017年12月8日(金)@ZEPP DIVER CITY
時間 : Open 17:30 / Start 18:30
出演 : BiS / BiSH / GANG PARADE / EMPiRE and more
料金 : 4,800円(税込)
WACK FAMiLY CLUB先行
BiSH FC先行 : 9/19(火)18:00〜9/24(日)23:00
HP先行 : 9/25(月)18:00〜10/1(日)
受付URL : http://w.pia.jp/t/wack/
一般発売日 : 2017年10月7日(土)10:00〜
お問合せ : KM MUSIC 045-201-9999

WACKとavexが作り上げてきたBiSHの歴史を振り返る

vol.0 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0 渡辺淳之介 インタヴュー

vol.0.1 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0.1 松隈ケンタ(サウンド・プロデューサー) インタヴュー

vol.0.2 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0.2 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) インタヴュー

vol.0.3 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0.2 真田礼(アートディレクター・デザイナー) インタヴュー

vol.1 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode1 BiSH初インタヴュー(前編)

vol.2 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode2 BiSH初インタヴュー(後編)

vol.3 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode3 ユカコラブデラックス、初インタヴュー「脱退」

vol.4 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode4 ハグ・ミィ、初インタヴュー「アイドルヲタク全体の数をもっと増やしたい」

vol.5 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode5 モモコグミカンパニー、初インタヴュー「ただ可愛いって言われるアイドルと一緒になりたくない」

vol.6 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode6 アイナ・ジ・エンド、初インタヴュー「私の声がないと成立しない音楽に出会いたかった」

vol.7 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode7 セントチヒロ・チッチ、初インタヴュー「見返してやりたい!」って気持ちのほうが大きかった

vol.8 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode8 これが新生クソアイドルのデビュー作だ!!BiSH、待望の1stアルバムをハイレゾ配信(デジタル・ブックレット付き)

vol.9 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode9 南波一海が切り取る中野heavy sick zero初ワンマン・ライヴ!

vol.10 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode10 BiSHとPOPの200km対抗駅伝はなにを生み出したのか?

vol.11 BiSH~Rock'n Rol2 Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode11 BiSHとともに振り返る200km対抗駅伝

vol.12 BiSH~Rock'n Rol3 Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode12 ハシヤスメ・アツコ初インタヴュー「清水寺の舞台から飛び降りる気持ちで合格です」って言われました

vol.13 BiSH~Rock'n Rol4 Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode13 リンリン初インタヴュー「今まで全部どうにかなってきたので、どうにかなるからいいやって感じです」

vol.14 BiSH~Rock'n Rol5 Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode14 セントチヒロ・チッチ、インタヴュー「BiSHが目指したいのはSMAPだ!」

vol.15 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode15 ハグ・ミィ、インタヴュー「BiSができなかった武道館でワンマンをやりたい」

vol.16 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode16 〈Eden of Sorrow Tour〉福岡公演「闇から救い出してくれたのはBiSHなんです」

vol.17 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode17 アイナ・ジ・エンド、インタヴュー掲載

vol.18 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode18 モモコグミカンパニー「絶対にこのまま地下アイドルで終わりたくない」

vol.19 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode19 ハシヤスメ・アツコ「私、もう本当にここで人生終わりたいくらいなんです」

vol.20 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode20 リンリン「ちょっと炎上しちゃうようなことで世間を騒がせたい」

vol.21 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode21 セントチヒロ・チッチ「アイドルってものの概念がどんどん壊れていった」

vol.22 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode22 アイナ・ジ・エンド「自分は絶対見失わないで変わっていきたい」

vol.23 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode23 モモコグミカンパニー「今は通過点だと思っている」

vol.24 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode24 アユニ・D「本物のBiSHになって歌って踊りたい」

vol.25 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode25 リンリン「未来にはあまり興味がない、今が楽しければそれでいい」

vol.26 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode26 渡辺淳之介&松隈ケンタによるアルバム解説、各界からのコメント掲載

vol.27 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode27 ハシヤスメ・アツコ「いい意味で楽観的だと思います」

vol.28 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode28 セントチヒロ・チッチ「これが私の人生です、私のお仕事はこれです」

vol.29 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode29 アユニ・D「一線を超えたい」

vol.30 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode30 アイナ・ジ・エンド「自己発信できる塊でいたい」

vol.31 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode31 モモコグミカンパニー「変わるとしたらここしかないなと思った」

vol.32 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode32 ハシヤスメ・アツコ「BiSHで売れたいっていうのと、自分も売れたい」

vol.33 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode33 リンリン「BiSHで自分の生きた証を残したい」

vol.34 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode34 アユニ・D「後悔なくやりきったと言えるライヴを重ねていきたい」

vol.35 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode35 セントチヒロ・チッチ「自分の格好悪いところを認めた上でがむしゃらにやってやる」

vol.36 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode36 アイナ・ジ・エンド「今の6人で絶対代わりはいないくらいになりたい」

vol.37 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode37 モモコグミカンパニー「6人がやっとひとつになれた」

vol.38 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode38 リンリン「毎回やっぱりBiSHにいてよかったって思うんです」

vol.39 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode39 ハシヤスメアツコ「まだまだ上に行けるんじゃないのか! って」

PROFILE

EMPiRE

>>EMPiRE オフィシャル HP

>>EMPiRE TWiTTER
EMPiRE OFFiCiAL(@EMPiREIDOL)
YUKA EMPiRE(@YUKA_EMPiRE)
YUiNA EMPiRE(@YUiNA_EMPiRE)
YU-KI EMPiRE(@YU_Ki_EMPiRE)
MAYU EMPiRE(@MAYU_EMPiRE)
MiDORiKO EMPiRE(@MiDORiKO_EMPiRE)

o

 
 

インタヴュー

細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事