【2016年大注目】東京発の3ピース・ガールズ・バンド、The Wisely Brothersのルーツにいち早く迫った

都内高校の軽音楽部で結成された3ピース・ガールズ・バンド、The Wisely Brothersが約1年半ぶりとなる2ndミニ・アルバムをリリース。今作のエンジニアには、曽我部恵一、Yogee New Wavesなどを手がける池内亮が、「八百屋」ではいちろー(東京カランコロン)が初プロデュース。みずみずしい衝動、Lo-Fiなサウンド、2コードで構成される楽曲など、シンプルなのに奥が深く中毒性を感じるUSインディ・ライクな本作をOTOTOYではCDより1週間先行で配信する。そしてメンバー3人のルーツに迫るインタヴューを掲載。絶対にいまから注目しておくべきバンドの深部を覗いてみませんか?

注目の3ピース・ガールズ・バンド、1週間先行配信スタート

The Wisely Brothers / シーサイド81

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC、mp3
※ファイル形式について

【価格】
単曲 270円(税込) / アルバム 1,341円(税込)

【トラック・リスト】
1. メイプルカナダ
2. 八百屋
3. 鉄道
4. 転がるレモン
5. モンゴル
6. hetapi


INTERVIEW : The Wisely Brothers

ローファイでギターのエフェクトが心地いいシンプルなサウンド、ハンドメイドでこだわりのあるレトロな写真やグッズ。The Wisely Brothersの3人が作り上げているものは、自分たちの好きなものを愚直に、そして感覚的に突き詰めていった結晶である。全国流通2作目となる本作『シーサイド81』は、サウンド面に一歩踏み込み、完成度を高めた作品となっている。どうしたらそのサウンドをよりよいものにできるか? 感覚だけでなく磨き上げることも覚えた3人に、どんな高校生生活を送ったのかから話を訊き、ルーツに迫った。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎
写真 : 赤司憲壕(abc pictures)


The Wisely Brothers / メイプルカナダ

「全部チャットモンチーの曲かと思った」って言われた(朱音)

ーー3人は高校の同級生なんですよね?

渡辺朱音(以下、渡辺) : はい、3人とも東京都立世田谷総合高等学校に通っていました。

真舘晴子(以下、真舘) : 総合高校ということもあって単位制で好きな授業が選べたんです。チャイムも鳴らなかったし。だからかわからないですけど、変わった子が多かったなと思います(笑)。

左から、渡辺朱音、真舘晴子、和久利泉

ーーもともとは晴子さんが高校に入ったらバンドをやりたいと思っていたそうですね。

真舘 : 中学校で吹奏楽部をやっていたんですけど、同学年の女の子2人が高校に入ったらバンドをやるって話しているのを聞いて私もやってみようかなと思って。高校に入って(同じクラスになった和久利と)仲良くなってから「バンドに入らない?」って誘ったんです。

渡辺 : ええ!? 私は仲良くなるより前にバンドに入ったイメージだけど(笑)。時期的には私が最後にバンドに入って、最初は2人(真舘と和久利)が仲良くなったのが先で。

和久利泉(以下、和久利) : 晴子が相対性理論のCDを貸してくれて。地元では自分が知らないバンドのCDを借りることがなかったので仲良くなれそうだと思ったんです。

ーーちなみに、The Wisely Brothersって名前はその時に付けたんですか?

真舘 : はい。高1の時に父に相談したら「The Wisely Brothersでどう?」って感じでボールペンでロゴを手描きで描いてくれて。私たちも案を出したんですけど、いまじゃ名前を覚えていないくらいどうしようもない候補ばっかりで、The Wisely Brothersになりました(笑)。

ーーあははは。高校の授業は選択制だということですけど、それぞれどういう勉強をしていたんですか?

真舘 : 私はフランス語と地理を主に勉強していました。中学生の頃から、高校生になったらパリに行ってみたいというキラキラした夢を持っていて、高1でバイトを始めてお金を貯めてパリに行ったんです。はじめての海外だったんですけど、思っていたものといろいろ違ったりして、はあー! っていろいろ興味が…。

ーーなくなっちゃった?

真舘 : 湧いたんです(笑)。

ーーええ!? 文脈がわからない(笑)。

真舘 : (笑)。パリって素敵な場所なんだろうなと思っていたんですけど、暗い部分もすごく見えてきて。移民の人達がたくさんいたり、観光客目当ての詐欺とかもあったり、私もお金のない人たちから物乞いをされたりとかもして。もちろん素敵な部分もたくさんあったんですけど、やっぱり大変だなと思うことも多くて。

ーー高3のときにはストックホルムにも行かれたんですよね。

真舘 : ストックホルムに関しては、高校生最後の夏休みにどこの国にいこうか悩んでいた時期にTwee Grrrls Clubのsatomiさんが当時三軒茶屋でやっていたお店、LITEN BUTIKEN(今は下高井戸にある)に何度か寄っていて。そのお店は北欧のものが置いてあったり、北欧のインディー・バンドの音源を売っていたりするんですけど、satomiさんからスウェーデンの話を聞いているうちに、あ、行きたいって思うようになったんです。夏休みに向けて、ホテルと飛行機を自分でとって1週間くらい行ったんですけど、すごく好きな街で、いろんな人とも知り合って、行ってよかったなって思いました(笑)。あとは高2のとき、軽井沢に行きました。

ーーかなり行動力があるんですね。いきなりハードルがあがってしまったんですけど(笑)、泉さんはどんなことを勉強してたんですか?

和久利 : 私は総合学科の中に福祉の分野があって福祉を勉強していました。その一環として施設にボランティアに行ったり、老人ホームに3人で演奏会をしに行ったりしたんですよ。そこで演奏していたら、目の前のおばあちゃんが泣いて喜んでくれて、すごくいい経験だったなと思います。あと私はスポーツが好きで、体育をたくさんとっていたんですよ。

渡辺 : 体育しかやってなかったレベルだよね。ずっと体育着だったし(笑)。

和久利 : クラスに1人はそういう人いますよね? それが私です(笑)。朝から柔道をやって、次の授業で走ってっていう感じでしたね(笑)。軽音部に入りながらバトミントン部も入ってたんですよ。

ーーあはははは。3人で演奏会をしにいった話をもうちょっと聞かせてください。

渡辺 : 学校から徒歩2、3分のところにその施設があったので自分たちだけで行ったんです。カホンを借りて若干アコースティックにやったんですけど、そういう編成自体が初めてで。

和久利 : 坂本九の「上を向いて歩こう」とかみんながわかる曲を演奏して、ちょっとだけ私たちのオリジナルの曲を入れて演奏しました。ちょうど軽音部でオリジナルを発表しましょうっていう期間だったんですよ。それまで私たちはチャットモンチーのコピーをやっていたので、その時朱音が書いた曲で初めてオリジナルをやりました。

ーーその時聴いてくれた人たちの反応って覚えてます?

渡辺 : 「全部チャットモンチーの曲かと思った」って言われたんです。オリジナルの曲をコピーしていたバンドのようだと言われたことが、とても嬉しかったです。

ーー朱音さんは何を勉強してたんですか?

渡辺 : 何をやっていたっけな(笑)? お父さんが大工さんだったんですけど、家の模型を作るのが好きで、ものづくり基礎っていう授業をとっていました。私、理系が苦手なんですけど、方向性によっては数1だけしかとらなくても大丈夫で。だから、あまり理系の授業はとらなくていい選択をしていました。何やってたかな…?

和久利 : 手話!

渡辺 : 手話やっていたよね。今はもう覚えていないけど(笑)。

真舘 : ステンドグラスとか?

和久利 : 放課後まで残ってやってた! 今日ステンドグラスだから練習遅れるね! って(笑)。

真舘 : 調理実習、一緒にとってなかったっけ?

渡辺 : とってた! 作って食べるだけなんですよ。

ーーあの… 国算理科英っていう最低限の授業があった上での選択ですよね(笑)?

渡辺 : そうです! 本当に最低限の授業だけあって、あとは自分がやりたいことをやっていたんですけど、私は特に勉強がしたくなかったので。あと書道もやってました!

真舘 : 大仏も観に行っていた(笑)。

渡辺 : すごくおもしろい先生がいて、薬師如来は薬指が前に出ているとか教えてくれたんですよ。

音楽をやっていてよかったと思うことがすごく多い(晴子)

ーーあははは。本当に大学みたいな高校なんですね(笑)。The Wisely Brothersって、手作りのグッズを作ったりレトロな写真を使っていたり、すごく自然とD.I.Y感を持って活動しているバンドだなと思っていたんですけど、そういう自由な高校にいたっていうのは影響があるのかもしれないですね。

これまでに彼女たちが手がけたグッズを持ってきてもらいました。

どれもこれもD.I.Yで制作されたかわいいグッズたち。

和久利 : 確かに。選ぶことがたくさんあるからかもしれない。毎年科目も自分で選ぶから、その人だけの時間割になるんです。

渡辺 : 同じ古典を選ぶにしても、先生を選べて、こっちの先生がいいけど人気だからこっちを選ぶかみたいなこともあったりね(笑)。

ーーそんな高校生活のなかでバンドは部活としてやっていたわけですよね。

真舘 : そうですね。高校2年生の時、軽音楽部の担当に加わった先生の向上心が高くて、オリジナル楽曲を作ろう会みたいなことを始めたんですよ。それをみんなの前で発表して、選ばれた3組だけが学園祭のライヴで演奏できるみたいな感じで。審査員が先生だっていうのもあるんですけど、あの時の私たちにとっては初めてのオーディションだったので、がんばって練習して。選ばれたときは嬉しかったです。

和久利 : 心が揺さぶられるオーディションでした。

ーー実際に3人の楽曲と演奏が評価を得たこともあって、高校卒業後も一緒にバンドを続けていくことにしたんですか?

真舘 : というよりは、辞めようってならなかった。続けようとも言ってないよね?

渡辺 : うん、みんなバラバラの進路に行ったし。それでも特にバンドを続けようとか辞めようかっていう切れ目はなかったです。

和久利 : 思い出してみると、高校生の時に先輩がライヴハウスを借りて、私たちも出演させてくれた時があったんです。そのとき、The Wisely Brothersのことをいいとか悪いとか言ってくれる人がたくさんいたんです。名前も知らないのにバンドのことをいいって言ってくれる人がいるっていう感覚が、個人的にバンドがすごく楽しいと思うきっかけで、高校を卒業した後も続けるきっかけになったのかなと思います。あのときは、すごいブッキングに放り込まれることが多かったんですよ(笑)。

渡辺 : 2個上にヴィジュアル系の先輩がいて、心の優しいいい人たちだったんですけど雰囲気は私たちとだいぶ違くて。

真舘 : ヴィジュアル系が好きなお客さんたちが多いからずっとアウェイ状態というか。

和久利 : その点では、それによって肝が座ったなと思います(笑)。

ーー確かにそういう中で自分たちの好きなものが定まったのかもしれないですね。部活動の延長としてのバンドから、外に向けたバンドへ考え方や活動が移っていったきっかけは他にありますか?

真舘 : もともと仙台でレーベルをやっていた方が、ある日突然、下北でやったライヴのあとに「君たち、すごくいいね!」って声をかけてくれて。それからも観に来てくれるようになったんですよ。それで一緒にできたらいいなって言ってくれて、ライヴのことだったり、自分たちの曲についてだったり意見をもらうようになり。それまでは音源にするとかっていう次元の話を考えたことがなかったんですけど、そこで「あ、そういうことしていいんだ」「音源を作っていいんだ」っていう感覚が生まれて。っていうのが大きなきっかけかもしれない。

ーーそれまで、レコーディングして音源を作ろうっていう感覚はなかったんですか?

渡辺 : 全然なくて、ただ3人で楽しいねって言ってやっていただけでした。その人が現れてくれたおかげで、このまま甘えていちゃダメだと思うようになって。

真舘 : はじめて自主企画をしたり、その時期に考えたことを行動に移すようにしたんです。何かを言われてからやるんじゃなくて、自分たちがやりたいと思ったんです。いろいろ話し合ったよね、あの時(笑)。

和久利 : やり方を知らなかったっていうのもあるんですけど、想像以上に自分たちが何もしていなかったってことを突きつけられたというか。FacebookもTwitterもやっていなかったし、ライヴの告知もしていなかった。今思うと、部活の延長として引きずってたのかなって思います。あと、趣味としてやっていたのかもしれないんですけど、それだけじゃあんまりだみたいな気分になって。CDを作ったことで、どんどん今につながっていったのかなって思います。

ーーそこで、よく自分たちで気づいて行動できましたね。そうやって意識が変わることによって、作る音楽も向上していった感覚はありますか?

真舘 : 感覚的な話なんですけど、その時は自分たちと音楽が結構離れている感覚がしたというか、音楽をやっているんだけど音楽と離れているような感じでした。けど何が起こったのかわからないんですけど、いまは前よりもすごく音楽が好きだし、音楽をやっていてよかったと思うことがすごく多いんです。楽曲制作に時間がかかることもあるんですけど、自分たちが考えて出すって作業が今なら少しずつでもできるんじゃないかなと思ってやっています。前作は、今までやってきたことが自然と出たものって感じだったんです。やりたいようにやっていたというか。

夏っぽいアルバムって、私たちに似合わない言葉なんですよ(笑)(泉)

ーーそういう意味では、今作『シーサイド81』は作りたいものを丁寧に形にしていった感覚があるということ?

渡辺 : もちろん自然に出てきた要素もあるんですけど、それをさらによくするというか、音の一つ一つにこだわれるようになりました。

真舘 : 出た音をほったらかしにするんじゃなくて、自分たちのなかに取り込んで、自分たちのものになった後に、形にして作品にしたような感じですね。

和久利 : このアルバムに関してはめちゃくちゃ話し合ったんですよ。

真舘 : ただ、アルバムに対して話し合っても具体的になんて言えばいいかわからないことも多くて。その結果考えたのは、今は1曲1曲をよくすることに時間をかけたほうがいいってことで。そういう考えを持って録音したあとに、「なるほど、こういうアルバムなんだ!!」っていうことがわかっていったイメージですね。

ーー全体的にテーマのようなものは設けていたんですか?

真舘 : 最初、何かテーマが欲しかったんですけど、どうしても私たちが見ている風景みたいな感じになってしまったんです。だから、好きなものだったり、思っていることを具体的な言葉じゃなく音で1枚のアルバムにできたらいいなというシンプルな気持ちでやりました。

渡辺 : アルバムのコンセプトとして考えるんじゃなく、曲の中に1つ1つ入れていったんです。だから、実際の私たちが思うところみたいなことは1曲1曲を聴いてもらえたら伝わるんじゃないかなと思うし、伝わったらいいなと思います。

ーーアルバムを聴いていると、21歳前後の女性3人が作ったとは思えない音作りというか。ローファイだったり、この写真の感じのレトロさだったり、2016年の若い子たちがやっているのが面白いなと思います。

和久利 : これがローファイなんですね。

渡辺 : 言葉を知らないんで。そういう表現力は全く乏しくて。

和久利 : だから自分たちがどんなジャンルか? って質問をされた時にだまっちゃう感じなんです。昔はすごいジャンルがほしくてたまらなかった時期もありました。

渡辺 : 一言で言える何かがないっていうのがダメなんじゃないかって言ってね。最近は結局自分たちが作った音楽はその音楽でしかないと思っていて、だから聴いた人がどういうジャンルだって判断してくれればいいのかなって思えるようになりました。

ーーそれこそ、リキッドルームのイベントで一緒だったシャムキャッツだって、デビュー当時はジャンルがわからないって言われることもありましたけど、おもしろい音楽だと思っていた人は多いと思うんですよ。3人ともジャンルという縛りから逃れられたっていうか、そんな気にならなくなったのは全然悪いことじゃないと思いますよ。ちなみにジャケットの写真はどこで録ったんですか?

渡辺 : 千葉県の手賀沼っていうところです。キラキラしてすごく綺麗なところした。すごく広い沼で、奥行きがすごいあるんです。

真舘 : カメラマンさんはアヒルボートに乗って撮っているんですよ(笑)。

ーーそういえばジャケット画像の中にもボートの写真が載ってますよね。

真舘 : これは家にあった、埃の被っていたちっちゃいボートの模型なんです。

ーーアルバムを通して水辺みたいなものがテーマになっているんですか?

和久利 : 夏っぽいアルバムって、私たちに似合わない言葉なんですよ(笑)。

真舘 : 夏に夏らしいことすることが、私たちにとって思い切ったねって気分(笑)。

ーー私たち、夏なのに夏っぽいことやっちゃった!! みたいな(笑)。

渡辺 : そういう感じです(笑)。「メイプルカナダ」は、本当は飛行機が離陸していくような開放感ある感じの曲にしたかったんですけど、飛行機はちょっと無理があるし、夏っぽい曲にしたかったから、船がいいんじゃないかって。

真舘 : 私たちのこれまでとこれからの音楽を詰め込んだって考えると、岸辺から出て行って何かに近づいていくいまの状況と船がぴったりなんじゃないかなって思うんですよね。そういうアルバムになっているんじゃないかなって思います。

RECOMMEND

The Wisely Brothers / ファミリー・ミニアルバム

まだあどけなさの残しながら、新宿、下北沢を中心に活動する今年ハタチの3人娘、The Wisely Brothersからファースト・ミニ・アルバムが到着!! ほんわかしたサウンドにひとクセある歌詞が乗った印象的な6曲は、少女から大人の女性へと成長していく"この時期"にしか歌えない、儚く脆くも力強い楽曲たち。OTOTOYではアルバムご購入の方にメンバー手書きのライナーノーツを特典でプレゼント!

>>特集ページはこちら

シャムキャッツ / TAKE CARE

2014 年リリースの3rd アルバム『AFTER HOURS』が音楽シーンを代表する名盤としての評価をほしいままにする、シャムキャッツ! 大好評の『AFTER HOURS』の世界の「その後」を舞台に、現代を生きる僕らの群像 / 日常を、より豊かになった音楽的語彙と輝きを増したユーモアで鮮やかに切りとった必聴のミニ・アルバムが登場!

Homecomings / SALE OF BROKEN DREAMS

京都在住、女の子3人+男の子1人の4ピース・バンドHomecomingsのセカンド・フル・アルバム。2015年夏にリリースされ高い評価を集めたファースト・シングル「HURTS」、YouTubeで公開された「ANOTHER NEW YEAR」も新たなレコーディングで収録。一つの街をテーマにした、まるで短編集のようなカラフルでバラエティに富んだ作品。

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

Live syncl'16 -0726- × 道玄坂異種格闘技戦 vol.84 powered by syncl × PEACE-MAKER
2016年7月26日(火)@渋谷La.mama
時間 : 開場 18:00 / 開演 18:30
料金 : 前売 2,500円 / 当日 3,000円(+1D)
出演 Ring Ring Lonely Rollss / The Wisely Brothers / 雨先案内人 / MINAMIS

港町ポリフォニー2016
2016年9月4日(日)@KIITO(デザイン・クリエイティブセンター神戸)
時間 : 開場 10:00 / 開演 11:00 / 終演 21:00
料金 : 前売 5,500円 / 当日 6,500円
出演 : bonobos / 土岐麻子 / 二階堂和美 / アン・サリー / 三田村管打団? / ショピン / 赤い靴 / The Wisely Brothers / 二×三 (二階堂和美+三田村管打団?) / ペ・ド・グ(開会宣言)

The Wisely Brothers BUILD A BRIDGE TOUR
2016年9月15日(木)@名古屋CLUB ROCK'N'ROLL
時間 : OPEN / START 18:30 / 19:00

2016年9月16(金)@大阪 LIVE SQUARE 2nd LINE
時間 : OPEN / START 18:30 / 19:00
w / Homecomings

2016年9月23(金)@下北沢Basement Bar
時間 : OPEN / START 18:30 / 19:00
One-man show!

PROFILE

The Wisely Brothers

2010年都内高校の軽音楽部にて結成。真舘晴子(Gt.Vo)、和久利泉 (Ba.Cho)、渡辺朱音(Dr.Cho)からなるスリーピース・ガールズ・バンド。2012年初ライヴ開催。高校卒業とともに下北沢を中心に活動。2014年10月に初の全国流通盤『ファミリー・ミニ・アルバム』リリース。2015年12月ライヴ会場限定盤『オリエンタルの丘』リリース。東名阪ツアー〈ファミリー旅行記〉を大盛況に終える。さまざまなメディアでピックアップされる注目のガールズ・バンド。

>>Official HP

o

 
 

インタヴュー

渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事