9・10〈夏の魔物〉開催直前対談ーー鏡るびい&和田輪(Maison book girl)、眼鏡への情熱を本気で語る!

左から、鏡るびい、和田輪

2017年9月10日(日)、〈夏の魔物2017 in KAWASAKI〉が、神奈川・川崎の東扇島東公園特設ステージにて開催される。ペンライトをふれるロックンロール・バンド、THE 夏の魔物のヴォーカル・成田大致が主催を務め、今年で12回目の開催となる本フェス。これまで青森で開催されていたが、初めて関東に会場を移しての開催となる本フェスの開催を記念し、〈夏の魔物2017〉出演者であるニューエイジ・ポップ・ユニット、Maison book girlの和田輪と、THE 夏の魔物の鏡るびいとによる対談を敢行! 眼鏡の話から、たれの話、そして〈夏の魔物〉の話まで。9月9、10日は東扇島東公園にマスト集合です!!

会場を川崎に移し、12回目の〈夏の魔物〉開催決定!!

夏の魔物2017 in KAWASAKI

2017年9月10日(日)@神奈川 東扇島東公園特設ステージ
時間 : OPEN 11:00 / START 12:00(予定)
※11:30~OA.ハルク・ホーガン体操
一般発売 : 8,000円
各プレイガイドにて発売中
・中高生 : 3,000円(当日のみ販売。小学生以下無料)
※入場時ドリンク代別途 500円
・無料シャトルバス運行あり
・駐車券 2,000円
・テントサイト利用券1,500円(1名分)

出演 : 大森靖子 / ZAZEN BOYS / スチャダラパー / 中村一義 / 曽我部恵一 / 上坂すみれ / 人間椅子 / 大槻ケンヂと橘高文彦with高橋竜(Ba)、河塚篤史(Dr) / ROLLY / 有頂天 / ラフィンノーズ / ギターウルフ / SA / RONZI(BRAHMAN) / ニューロティカ / 暴動(グループ魂) / バンドTOMOVSKY / SCOOBIE DO / うつみようこ / 汝、我が民に非ズ(町田康新プロジェクト) / THE END(遠藤ミチロウ、ナポレオン山岸、西村雄介、関根真理) / 戸川純 with Vampillia / 三上寛 / ロマンポルシェ。 / 般若 / DOTAMA / MOROHA / ONIGAWARA / ベッド・イン / ヒトリエ / Wienners / ガガガSP / 奇妙礼太郎 / Sundayカミデ / CHAI / おとぼけビ~バ~ / BiS / GANG PARADE / 3B junior / Negicco / ゆるめるモ! / PassCode / BILLIE IDLE® / Maison book girl / CY8ER / せのしすたぁ / 椎名ぴかりん / ぜんぶ君のせいだ。 / ゆくえしれずつれづれ / 新しい学校のリーダーズ / バニラビーンズ / The Idol Formerly Known As LADYBABY / 二丁目の魁カミングアウト / クリトリック・リス / 吉田豪 / 杉作J太郎 / 倉持由香 / 高野政所 / DJピエール中野(凛として時雨) / にゃんごすたー / スーパー・ササダンゴ・マシン / 週刊ファミ通 / TVBros. フェスボルタ / 高田馬場ゲーセンミカド / ファイヤープロレスリング / おもちエイリアン / THE 夏の魔物+シン・マモノBAND(越川和磨、えらめぐみ、中畑大樹、ハジメタル) and more...

>>夏の魔物2017 HP

INTERVIEW : 鏡るびい(THE 夏の魔物) × 和田輪(Maison book girl)

Maison book girlの和田輪と、THE 夏の魔物の鏡るびい。眼鏡キャラの2人で対談をしたらおもしろいんじゃないか… そんな安易な考えで組まれた対談と思ったら大間違い。2人の眼鏡への愛情、こだわりは人並みならぬものがあった。生まれつき眼鏡にあこがれ、小5で初めて眼鏡をかけた和田。中学生で目が悪くなり初めて眼鏡をかけ、THE 夏の魔物の活動で眼鏡に対するある変化のあった鏡。それぞれの眼鏡への想いを熱く語る。そして鏡の醤油へのこだわりが、〈夏の魔物〉を通して2人の仲をより深める!!

インタヴュー&文 : 西澤裕郎
写真 : Jumpei Yamada

るびいさんがTHE 夏の魔物に加入したとき、ちょっとざわついていた

ーーなんだか2人とも表情が固くないですか(笑)?

鏡るびい(以下、鏡) : いま、緊張していてヤバいんですよ…。

和田輪(以下、和田) : たぶんお互いに人見知りだから、いままでライヴ会場で会って挨拶することはあっても、歩み寄ることはできなくて…。

鏡 : 何回か話しかけようとして一方的に視線を送ったりしたんですけど、勇気がなくて話すことができなくて…。はじめて今日ちゃんとしゃべるんです。

ーーるびいさんは和田さんに、どんなことを話しかけたかったんですか?

鏡 : 私、アニメ『化物語』の羽川翼が好きなんですけど、勝手に羽川翼みを感じて、かわいいなと思っていたんです。

和田 : どの子だろう?

鏡 : 丸い眼鏡かけてる三つ編みの子です!! ああ、しゃべりすぎた…。

ーーそういう場だから大丈夫ですよ(笑)。

鏡 : キンチョール。

和田 : 語彙が独特(笑)。

ーーあははは。逆に和田さんは、るびいさんにどういう印象をもたれていました?

和田 : 私のファンの方には眼鏡っこ好きが多いので、るびいさんがTHE 夏の魔物に加入したとき、ちょっとざわついていたんですよ。

鏡 : ああ、恐縮です…。キンチョール。

ーーさっきから口にしている「キンチョール」ってなんですか(笑)?

鏡 : 緊張したとき、「緊張した」って口に出した方が緊張が解けるんですよ。それだけじゃなくて「キンチョール」って言うと、ちょっとヌケ感があるというか、いい感じにほぐれながら緊張が持続するんです。

物心ついたときからずっと眼鏡に憧れていたんです

ーーあははは。今日はせっかくなので、2人のトレードマークである眼鏡について語ってもらいたいんですけど、和田さんは眼鏡の工場見学に行ったり、眼鏡雑誌の表紙に飾ったり、アイドル界の眼鏡プリンセス的な存在になっていますよね。どういうきっかけで眼鏡を好きになったのか覚えていますか?

和田 : 生まれつき眼鏡萌えで、物心ついたときからずっと眼鏡に憧れていたんです。はじめて眼鏡をかけたときはすごく嬉しかったですね。

鏡 : (和田さんが眼鏡について語っている)インタヴューを読ませて頂いたんですけど、「目が大きい人が好きみたいな感覚で、目の周りに縁があるのが好き」って言っているのを見て、それ! と思ったんです。

和田 : あの表現、眼鏡を好きじゃない人にはまったく伝わらないんですけど、好きな人とはめっちゃ分かり合えるんですよ!

ーーすいません… もう少し具体的に教えてもらえますか?

和田 : 人によって顔のタイプってあるじゃないですか? 例えば、目が大きい子が好きとか、鼻が高い子が好きとか。それと同じようなレベルで、目の周りに枠がある顔がタイプ、っていう感じの表現をしたんです。これまでの人生で、何度も眼鏡を好きな理由を聞かれてきて、そのなかでひねり出した結果がこれなんです。

ーー和田さんが初めて眼鏡をかけたのは、小学5年生のときなんですよね。るびいさんは、いつから眼鏡かけるようになったんでしょう?

鏡 : 中学生の頃って、ちょっと尖ってるじゃないですか? 私は前髪がちょっと目にかかっているのが好きで…。

和田 : 邪気眼系中二病ですか。

鏡 : (笑)。他人から目を見られたくないと思って前髪を切らずに長くしていたら、目が悪くなっちゃったんですよ。それで授業中、黒板が見えないってお母さんに相談したら、眼鏡を買いに行こうっていうことになって。当時は授業中だけ眼鏡をかけて、時々かけるのを楽しむタイプでした。

和田 : うんうん。結構、遅咲きなんだね。

鏡 : そうなんです。はじめて眼鏡をかけたとき、嬉しかったんです。服装とかって、トップス、靴とかをトータルで変えないと印象が変わらないじゃないですか。でも眼鏡って、その1本で印象が変わる。そこが結構好きで、そういうのも楽しいなと思いながら過ごしていました。

和田 : 眼鏡をかけた女性という枠組みの中で、こういう熱意をもった人に出会ったのが初めてなので、すごくおもしろいです。

鏡 : 本当ですか。嬉しい!!

左から、鏡るびい、和田輪

ーーちなみに、度が入ってるかどうかは関係あるんですか?

和田 : あー、私は入っていた方が嬉しい派です。やっぱり用途を伴っていてほしい。あと、見た目で分かるじゃないですか。伊達眼鏡は反射するんですよ。このままだとずっと眼鏡の話できますけど大丈夫ですか?

ーー大丈夫です!

鏡 : 私、今、レンズ入っていないんですよ。

和田 : 本当だ!!

鏡 : もともと私もレンズを抜いている人を見ると、ん? みたいに思っていたんですよ。レンズの屈折率で風景がゆがんだりする眼鏡をかけてる人がめっちゃいいというか、目が悪いんだなみたいな美女を見るのが好きなんです。ただ、ライヴをしていると、曇り止めを塗っても汗とか髪のスプレーとかでどんどん視界が悪くなっていくことが多くて。

和田 : なります、なります!

鏡 : アー写を撮るとき「レンズ抜ける?」って聞かれたので、抜いて撮影をしたんです。そのあとに入れなおす暇がなくて、そのままライヴをしてみたら、めっちゃ視界がよくて。レンズのない葛藤はあったんですけど、お客さんの顔がよく見えないのは嫌だなと思って。レンズを外したらお客さんの顔もよく見えるし、レンズは抜いたままにしようかなと考えるようになりました。

ーーちなみに眼鏡が曇る問題は、和田さんはどうされているんですか?

和田 : 夏の期間かつ、よっぽど長いライヴじゃないと、私はあんまり曇らないんですよ。でも曇るときは雲るので、私も抜こうかな(笑)。

鏡 : その違いはなんなんでしょうね? 私、ステージドリンクのペットボトルに養生テープで使い捨ての眼鏡ふきを貼り付けてた時期がありました。

和田 : えー! 大変。

鏡 : そうじゃないと視界が悪くて…。

和田 : ライヴ中、眼鏡飛んでいくことないですか?

鏡 : 私は飛んでいったことはないです。飛んだことあるんですか?

和田 : ある振り付けをするようになったときから飛ぶようになって。今は滑り止めを発見したので大丈夫なんですけど。

ーーそれが、コラボした「メガロックV」のことですよね。

和田 : はい。全然違うんですよ! 絶対に飛んでいかない。お客さんでライヴ中に眼鏡を壊しちゃう方もいるじゃないですか? そういう方たちにお勧めしたいです。

最初の1本は、主に九州の方で作られている甘いお醤油

ーーやっぱり眼鏡に対するこだわりがすごいんですね…。こだわりという部分で言えば、るびいさんは醤油のマニアとしてテレビ番組(※「液体グルメバラエティー たれ」)に出演していましたよね。

鏡 : はい!! 醤油で将棋をしてきました。

和田 : なんですか、それは!

鏡 : 「たれ将棋」っていうコーナーがありまして、自分のお気に入りのタレを4つ用意して、碁盤において将棋をするんです。

和田 : 異様ですね…。

ーー僕も観てましたけど、めちゃめちゃおもしろかったです!! そもそもこの番組に出る前から、醤油が好きで全国の醤油を集めているんですよね?

鏡 : 昔から醤油がすごく好きで、旅行に行くたびにご当地のものを集めていたら、家に100種類ぐらい集まってしまっていたんです。

和田 : すごーい!! 集めたんじゃなくて集まってしまった。本物感ありますね(笑)。

鏡 : たれから集まってきたみたいな感じです。地方に行った時は、ビレバンに入ろーみたいなノリでご当地ショップに入ってずっとたれのコーナーを見ています。

ーーあははは。醤油初心者にオススメするとしたら、最初の1本はなんですか。

鏡 : 最初の1本は、主に九州の方で作られている甘いお醤油ですね。好き嫌いは分かれるかもしれないんですけど、一度そのお醤油でマグロの赤身を食べて頂ければ、そこから醤油の世界が広がっていくと思います。

和田 : 確かに甘いタレでは馬刺ししか食べたことないですね。

鏡 : 赤身と食べるとすごく美味しいです。「ヤマエ」さんのものを是非!!

和田 : ヤマエ?

鏡 : 私の愛してやまない醤油メーカーですね。

和田 : へー! メンバーに福岡の子がいるんですけど、福岡の醤油が食べたいってよく言っています。

鏡 : ですよね。甘い醤油で食べると、他の醤油が使えなくなると思います。スーパーでお寿司を買うと醤油の小袋がついているじゃないですか? ああいう感じで、甘い醤油が入っている小袋があるんですね。「フンドーキン」っていうメーカーから出ている業務用の100袋入りのものがあるんですけど、持ち歩きたくて買いました。

ーーすごいこだわりですね(笑)。和田さんはにもそういうこだわりはありますか?

和田 : うーん、あまりないんですよね。今の話を聞いていて、私って何もない人間だと思わされました…(笑)。

ーーそんなことないですよ!

鏡 : そうですよ! わたしも何もないが重なりすぎて、よく分からない「たれ」っていうところに行きついてしまっただけで。

眼鏡っこがスタンダードになったらいいなという気持ちでがんばっています

ーーあははは。Maison book girlは12月28日、東京・Zepp DiverCityで、THE 夏の魔物は10月26日に渋谷クラブクアトロでワンマンを行うわけで、さすがに活動を通じて2人とも自信がついてきたんじゃないですか?

和田 : そうですね。例えば、眼鏡だったり、黒髪姫カットのような見た目も含めて、最初は隙間産業だと思ってやってきていたんですよ。でも規模が大きくなるにつれて、これも極めれば1つの魅力として認めてもらえるんじゃないかと思うようになってきて。例えば私がめちゃくちゃ売れて、街にこういう見た目の子が増えてくれたら、すごく嬉しいです。そこに至るにはまだまだなんですけど、眼鏡っこがスタンダードになったらいいなという気持ちでがんばっています。


Maison book girl 2017,05,09「image tour final “Solitude HOTEL3F”」 @AKASAKA BLITZ

ーーるびいさんも、自信はついてきましたか?

鏡 : あーどうしよう…。自信はまだないです。

ーー「たれ」の話は、あんなに堂々としゃべっていたのに(笑)。

和田 : キンチョールですか?

鏡 : キンチョールです!

ーーあははは。

鏡 : やっぱり、学生のときからずっと劣等感みたいなものと共に生きてきたから。THE 夏の魔物のライヴ中に感情が爆発することがあるんですよ。自分が今まで抱いていたもやもやとかを、みんなぶっ壊してやるみたいな感じでバンって出る瞬間がある。そういう姿を見て、お客さんが「明日も頑張ろうと思ったよ」とか「辛いことあったけど、それでもいいのかなと思えたよ」とか言ってくれて。私はずっと暗い気持ちで生きてたんですけど、それが今誰かに届いてるのかなと思うと嬉しくて。もっともっとパフォーマンス面も磨いて、頑張りたいと思います。


THE 夏の魔物「涙。」Music Video -Short Ver-

戦闘モードです!!

ーーそして、いよいよ今週末、川崎にてフェス〈夏の魔物〉が開催されます。それぞれどんなライブにしたいか、意気込みを聞かせてください。

和田 : Maison book girlは、アイドルって言われたり、アーティストって言われたり、どっちでもないって言われたりしてきて。今でこそバンドとの対バンっていっぱいあるんですけど、1、2年前はバンドとアイドルを一緒のステージでやらせてくれるのは〈夏の魔物〉さんくらいしかなくて、すごく貴重な場をいただいてきたと思っていて。今年も、バンドのファンの方にもみつけてもらえたらいいなという気持ちで臨みたいし、音楽が好きで集まった人たちに聴いてもらいたいです。

鏡 : 今年は前日に開催される〈BAYCAMP〉の会場を使わせていただくんですけど、私は2015年の〈BAYCAMP〉に行っていたんです。その会場で神聖かまってちゃんさんが「お前らのなかにも音楽目指しているやついるだろう。本気でこいよ!!」ってMCをしていて。そのとき自分で張っていた壁みたいなものがバーンと壊れて、私も何者かになりたいと思ったんです。ちょっとオーバーかもしれないけど、人生が変わったライヴを見たのが川崎の会場だった。その会場でライブをできるんだから、もうやるしかないなって感じです。戦闘モードです!!

ーー今年は場所も青森から川崎に変わるわけですし、どんなフェスになるのか期待しています!

和田 : そういえば、いつもホタテを焼いて出してくれるのを楽しみにしていたんですけど、今年はどうなるかなと思っていて。

鏡 : あります!

和田 : 本当ですか!? めっちゃ嬉しい!!

鏡 : 成田(大致)さんが、どのアーティストよりも先に、ホタテを焼いてくれるスタッフさんのスケジュールを抑えたんです。

和田 : 最高(笑)!

ーーそんなに美味しいんですね。

和田 : 美味しいんです!! 一安心です。今年も頑張ります!!

鏡 : あ、今年は醤油持っていこうかなあ。

和田 : おお! 私にも分けてください。

鏡 : ぜひぜひ、一緒に食べましょっ!!

>>特集第1弾 成田大致&青木勉が語り尽くす〈夏の魔物〉<<

会場を川崎に移し、12回目の〈夏の魔物〉開催決定!!

夏の魔物2017 in KAWASAKI

2017年9月10日(日)@神奈川 東扇島東公園特設ステージ
時間 OPEN : 11:00 / START 12:00(予定)
※11:30~OA.ハルク・ホーガン体操
一般発売 : 8,000円
各プレイガイドにて発売中
・中高生:3,000円(当日のみ販売。小学生以下無料)
※入場時ドリンク代別途 500円
・無料シャトルバス運行あり
・駐車券 2,000円
・テントサイト利用券1,500円(1名分)

出演 : 大森靖子 / ZAZEN BOYS / スチャダラパー / 中村一義 / 曽我部恵一 / 上坂すみれ / 人間椅子 / 大槻ケンヂと橘高文彦with高橋竜(Ba)、河塚篤史(Dr) / ROLLY / 有頂天 / ラフィンノーズ / ギターウルフ / SA / RONZI(BRAHMAN) / ニューロティカ / 暴動(グループ魂) / バンドTOMOVSKY / SCOOBIE DO / うつみようこ / 汝、我が民に非ズ(町田康新プロジェクト) / THE END(遠藤ミチロウ、ナポレオン山岸、西村雄介、関根真理) / 戸川純 with Vampillia / 三上寛 / ロマンポルシェ。 / 般若 / DOTAMA / MOROHA / ONIGAWARA / ベッド・イン / ヒトリエ / Wienners / ガガガSP / 奇妙礼太郎 / Sundayカミデ / CHAI / おとぼけビ~バ~ / BiS / GANG PARADE / 3B junior / Negicco / ゆるめるモ! / PassCode / BILLIE IDLE® / Maison book girl / CY8ER / せのしすたぁ / 椎名ぴかりん / ぜんぶ君のせいだ。 / ゆくえしれずつれづれ / 新しい学校のリーダーズ / バニラビーンズ / The Idol Formerly Known As LADYBABY / 二丁目の魁カミングアウト / クリトリック・リス / 吉田豪 / 杉作J太郎 / 倉持由香 / 高野政所 / DJピエール中野(凛として時雨) / にゃんごすたー / スーパー・ササダンゴ・マシン / 週刊ファミ通 / TVBros. フェスボルタ / 高田馬場ゲーセンミカド / ファイヤープロレスリング / おもちエイリアン / THE 夏の魔物+シン・マモノBAND(越川和磨、えらめぐみ、中畑大樹、ハジメタル) and more...

>>夏の魔物2017 HP

THE 夏の魔物 過去作品 特集記事はこちら!

>>連続特集第1弾 : 泉茉里 × 麻宮みずほ<<
>>連続特集第2弾 : 成田大致 × 作詞家・只野菜摘<<

PROFILE

THE 夏の魔物
ロックフェス「夏の魔物」を主催する成田大致によって2017年1月に結成された、ペンライトをふれるロックンロール・バンド。メンバーは成田大致、泉茉里、麻宮みずほ、鏡るびい、大内雷電、アントーニオ本多。2017年7月、前山田健一作曲「シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~」を収録したEPをバップよりメジャー・リリース。同年10月25日、ファースト・アルバム『THE 夏の魔物』が発売決定。その翌日となる26日には渋谷クラブクアトロにてワンマン・ライヴを行う。

>>THE 夏の魔物 official site


Maison book girl
2014年11月活動開始、ニューエイジ・ポップ・ユニット。メンバーは矢川葵、井上唯、和田輪、コショージメグミの4名。

音楽家・サクライケンタが楽曲制作、総合プロデュースを行い、音楽のみならず、映画出演、ファッション・ブランドとのコラボレーションなど多岐にわたって活動を展開。2015年9月に初の全国流通作品となる1stアルバム『bath room』を発表、アイドル・ファンのみならず、幅広い音楽ファンから高い評価と支持を得る。同年11月には初のワンマン・ライヴとなる〈solitude hotel 1F〉を渋谷WOMBで開催。12月にはアメリカのオルタナティヴ・ロック・バンド、RINGO DEATHSTARRの東名阪公演にサポート・アクトとして出演。2016年11月に渋谷WWW Xにて行われた2ndワンマン・ライヴのチケットは即日SOLD OUTし、同月『river(cloudy irony)』にてメジャー・デビュー。2017年に4月にメジャー1stアルバム『image』をリリースし、初の全国ツアー(全6カ所、ファイナルは、東京・赤坂BLITZ)を行った。サクライケンタ独自の世界観と四人四色な個性を放つメンバーの化学反応に今後も期待してほしい。

>>Maison book girl official site

o

 
 

インタヴュー

音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
嘘偽りなしのピュア・ハードコア──MILK、待望の1stアルバムを〈KiliKiliVilla〉よりリリース!!
[CLOSEUP]・2017年12月02日・嘘偽りなしのピュア・ハードコア──MILK、待望の1stアルバムを〈KiliKiliVilla〉よりリリース!! 名古屋を中心に活動するハードコア・パンク・バンド、MILK。2014年に〈SummerOfFan〉からリリースの7インチ・シングル『MY E.P.』、2016年に〈Less Than TV〉からリリースしたソノシート『MISFITS E.P.』は発売からあっという間に各地で在庫切れを起こし現在入手困難となる中、待望となっていた1stアルバムをこの度〈KiliKiliVilla〉よりリリース! OTOTOYではアルバムの発売を記念し、バンド単独では初となるインタビューを掲載です! 今の彼らが全て収められた傑作!!MILK / ALL ABOUT MILK'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC 【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''01. OUTPUNK02. better youth03. MINDSET04. My Say05. 2206. WE07. Role08. Have mine09. そこに
【短期連載】どついたるねん、なぜメジャーは彼らと契約したか?──宮本純乃介(キングレコード)と全裸で語り合う
[CLOSEUP]・2017年12月18日・【短期連載】どついたるねん、なぜメジャーは彼らと契約したか?──宮本純乃介(キングレコード)と全裸で語り合う どついたるねんが、12月20日にキングレコードよりメジャー1stシングル『BOY』をリリース。表題曲「BOY」に加え、ZEN-LA-ROCKとメイリン(ZOMBIE-CHANG)がfeat.で参加した「おならぷーぷーセッション feat. ZEN-LA-ROCK, ZOMBIE-CHANG」、親交のある澤部渡(スカート)がバンド・アレンジを施した「街」、同じく親交の深いミツメの代表曲「煙突」をアレンジした「煙突(モクモク remix)」が収録される。リリース当日には渋谷CLUB QUATTROにて完全無料のライヴ開催も行うなど、怒涛の勢いで突き進むどついたるねんの短期連載を3回に渡り掲載する。最終回は、メジャーレコード会社・キングレコード / EVIL LINE RECORDSのレーベル・ヘッド宮本純乃介を迎えインタヴューを敢行。なぜ、どついたるねんをメジャーで契約したかに居酒屋で迫った。 メジャー1stシングルは12月20日リリース!!どついたるねん / BOY'【収録曲】''1. BOY2.
by 西澤 裕郎
ソロ初の全国流通、そして新バンド・GODの結成&リリース──渦中の人、下津光史が向き合う音楽とは
[CLOSEUP]・2017年12月20日・ソロ初の全国流通、そして新バンド・GODの結成&リリース──渦中の人、下津光史が向き合う音楽とは 踊ってばかりの国のオリジナル・メンバーであり、全作詞、作曲、ヴォーカル、ギターを担当する下津光史が、1stフル・アルバム『下津光史歌集』をリリースする。さらに下津が参加するバンド、GODによる1stフル・アルバム『DOG』も同日リリースすることが決定している。GODのメンバーは下津に加え、濱野夏椰(G / Gateballers)、jan(B / GREAT3、jan and naomi)、照沼光星(Dr / ex. QUATTRO)、日高理樹(G, Syn)と、現在活躍中バンドのメンバーにより構成。まさにスーパー・バンドと呼ぶにふさわしい面々が揃っている。OTOTOYではこの注目すべき両アルバムを、CDリリースも2018年1月10日に先駆けて、3週間先行で配信! さらに、GOD『DOG』はハイレゾ音源も配信中なので、ここでのダウンロードがマストですよー! 今回行った下津へのインタヴューと共にチェックしていただければ、楽曲の理解が深まるほか、両作に収録されている楽曲違いをより強く感じ楽しめること間違いなし! 2
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事