コムアイ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2014年!!

2014年もOTOTOYでは数多くのアーティストを取り上げてきました。その中でも、もっとも飛躍したアーティストといえば、水曜日のカンパネラでしょう。ジャジー・ヒップホップ、テックハウス調の楽曲に、桃太郎だったり間寛平をモチーフにした歌詞が乗る、変に中毒性の高いこのユニット。山田孝之や大塚愛、Dragon Ashなど数多くの著名人がTwitterでこのユニットの名前をつぶやいたり、「桃太郎」「千利休」が収録された100円CDがオリコン・デイリー・チャートで8位を記録したり、〈BAYCAMP〉や〈りんご音楽祭〉といった野外フェスにも出演したりしました。そして満を持して、4thアルバム『私を鬼ヶ島に連れてって』をリリース。現在は、初めての全国ツアーのまっただ中。2015年3月にはリキッドルームでの初ワンマンも控えています。

活動最初期から追いかけてきたOTOTOYでは、現在の全国ツアーもすべて同行し、その変化をしっかりと目に刻んでいるところです。はっきり言って、まだまだ発展途上中ですが、かなりライヴの精度が高くなり、パフォーマンス力もあがってきました。と同時に、毎回思いついたアイデアも現実化し、取り入れていく柔軟さも持ち続けています。福岡では、ヴォーカルのコムアイが段ボールでできたバスに乗りこみ客席のなかを練り歩きました。沖縄では、コムアイがライヴハウスの外に飛び出し、たった一人で道路に向かってちゃぶ台返しをしました。スタッフでさえ予測不可能なパフォーマンスに、お客さんも戸惑いながらも病みつきになりつつあります。2015年、一体どこまでいってしまうのか? いまからワクワクしますが、その前に毎年恒例の1年を振り返るコムアイと何でも屋のDir.Fへのインタヴューをお送りします。これを読んで、2015年、水曜日のカンパネラのさらなる飛躍を目撃してください!!

取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤
写真 : 下家康弘

待望の4th・ミニ・アルバムをハイレゾ配信中!!

水曜日のカンパネラ / 私を鬼ヶ島に連れてって(24bit/48kHz)

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 208円 / まとめ購入 1,234円

【Track List】
1. 千利休
2. 桃太郎
3. エンゲル
4. チャイコフスキー〈Interlude-ラモス-〉
5. インカ
6. デーメーテール
7. ジャンヌダルク
8. ドラキュラ


INTERVIEW : コムアイ、Dir.F

ーー2014年は、水曜日のカンパネラが大きく飛躍した1年でしたね。ざっくりと振り返ってみて、どんな1年でしたか?

コムアイ : 今年は、カンパネラをやってきてよかったなと思うことが、すごくたくさんあって。OOIOOを渋谷のWWWで観て、それから興味を持ったBOREDOMSのイベント〈MUSICO 8〉に行ったとき、全然違う世界を体験したんですよ。富士山の麓の朝霧の反対側でやっていたイベントで、ちょっと変だったんです。チケットの値段も8888円だし、人数も888人限定。富士山の形が八だからかなと思うんだけど、普通そんなめんどくさいことしないですよね。フェスっていうより、そこに住んでいる感じがしたんですよね。夕方から人が集まり始めてテント立てて、CMTとかShhhhhさんとかのDJが夜中まわしていて、踊り疲れたなあと思って朝になったらヨガがはじまって、その間に食べるご飯も全部おいしくて。あと、夜明けに倉庫のようなハコからでてきたら富士山がすっごく大きくて、びっくりした。ドンドンドンとかシャーンって効果音が響いてくるような感じ。しかも富士山の中心から私たちがいるところまで一直線にぴーっと道ができていて。参道ですよ。その道を作った人に共感した。すごくキレイな強い形のものに向かって行きたくなる気持ちを感じて(笑)、自前の山岳信仰です。すごく強い力を感じました。ボアのライブが観てみたくて行っただけなのに、山岳信仰を実感したからさ。音楽ってそこまでいけるんだ!! って。

ーーいろいろな体験が詰まっているけど、あくまで音楽が中心にある体験をしたわけですね。

コムアイ : もちろん。イベントの最後が11時39分のBOREDOMSのライヴだったんですけどお昼に終わるまでの流れが本当によくて、「これが90年代に外で遊びつくした人たちが完璧を目指したタイムテーブルなんだ(笑)」と思った。今年は9nineの武道館コンサートにも行ったし、何本か海外アーティストのライヴも観にいったし、だんだん自分が広い音楽業界のどこにいるかってことがわかるようになってきたというか。例えていえば、海外に行って、自分がどんな人間かわかるようになった感じ。そういうことができるようになるに従って足下がしっかりしたというか、世の中にこういう音楽がないなってところに、いま水曜日のカンパネラが入ってきているってことがわかってきた。

ーーそうした客観的な視点とは別に、コムアイ自身、kenmochiさんの作る楽曲に熱中できていますか?

コムアイ : トラックをもらったときはすごく嬉しいですよ。でも全然(気持ちが)あがらないときは、ちゃんと言います。私は「いいですよ」っていいながら顔に出ちゃうから、言うことにしてます。新曲について「前のあの曲のこの部分とサウンドが一緒じゃん?」とか、単純に「ちょっとつまんない…」とか。

ーーそうしたコムアイの反応に対して、kenmochiさんはどんな反応をしますか?

コムアイ : くそーってなってます。でも、kenmochiさんはすごくどMだから大丈夫。

ーーあはははは。

コムアイ : 水曜日のカンパネラは、kenmochiさんが曲を作って、Dir.Fがプロモーションをやるっていう役割分担があって、今年はそれが結果に結びついて、ラジオで聴いてくれた人にひっかかったのが1番よかった。作曲とプロモーションの結果。でも私の仕事は、お客さんがライヴに来てからだから、重荷っちゃ重荷なんだけど、それが元々やりたかったことだなと改めて思って。2人がやっているところの1番おいしいところを私がもらっていくというか(笑)。実際に、どんどん遠いところに来れている気がするんです。なるべく遠いところに行きたいってはじめたのがこのプロジェクトだから。


水曜日のカンパネラ「桃太郎」

ーー遠くにいくっていうのは、普段会わない人に会ったり、経験できないようなところで活動するってこと?

コムアイ : そうそう。プライベートな生活から遠い場所にいきたい。いま近くにいる人たちからどんどん遠ざかって、会えない人たちに会うっていうか。この仕事をやっていて1番嬉しいのは、有名な人に会えることです!

ーー確かに、今年はすごく会う人が多かったですよね。山田孝之さんとかレキシさんとか、武井壮さんとか。

コムアイ : しかも会えて嬉しかった人は1人残らずおもしろかった。なかでも、岡村(靖幸)さんは格別に嬉しかったな。イメージとなにも変わらないから。

ーー変わらない?

コムアイ : うん。他の人は、会った瞬間からまた新しく関係がはじまる感じがする。だからわりとリラックスして知り合いのように話せるけど、岡村さんだけはみんなが知っている岡村靖幸そのままだから、楽屋とかですれ違ってもすごく緊張する。あとはAV監督のカンパニー松尾さんも嬉しかったです。3月に「劇場版テレクラキャノンボール2013」の上映を観にいって、声をかけて、ラジオに出てくださいってお願いしたのがきっかけで話すようになって。


『劇場版 テレクラキャノンボール2013』特報

ーー活動しているジャンルはみなさん違うけど、誰とでもすーっと溶け込むようにつき合っていますよね。

コムアイ : うん。もともと芸能界で自信を持てるアイデンティティを持っていないから、むしろなんでもできる。それは今年すごく感じたことです。本当になにをやってもいいんだなと思って。キャリアがなくても、なにやっても怒られないっていうか。映画も評論家ではないし、中途半端に観ているだけだけど、一般人と同じ感覚で言いたいことを言ってる。

ーー失うものがないっていう感覚?

コムアイ : っていうより核になるものがない。武器がないから、なんでもやるしかない。例えば私はスタイルはよくないけどカメラの前で服着てるし、そもそも音楽家の力量はないけど胸を張って歌ってるし。でも、それはネガティブな意味じゃなくて。いい意味で諦めたのかな。

ーーそう考えると、昨年2013年は武器を探していた時期かもしれないですね。

コムアイ : うん、そうそうそう。

ーー鹿の解体とか落語とか、とにかくトピックが多かった。

コムアイ : すごく不安定でした。なにが人より得意なのかってことをずっと考えていて。

似ている人が集まってくると、ぶっ壊したくなっちゃって

ーーDir.F的には、2014年はどんな1年でしたか。

Dir.F : さっき本人も言ってましたけど、いろんな刺激を受けたのがよかったなと思います。これで、来年は次のステップに行けるかなと思っていて。ただ、これまでとは違う心持ちでいないと、足下をすくわれるかなと。いつでもアマチュアっぽい感じには戻っちゃうから。そこに気をつけたいのと、メジャーなこともやって、そうじゃないこともやれるような土壌を作れたらおもしろいかなと考えてます。

ーー今年を振り返ると〈水曜日の視聴覚室〉も転機になったイベントだと思うんですね。ちなみに、Vol.2が終わったあと、全然ダメだったって、すごく反省していたじゃないですか。観ていて、そこまでダメだって部分がわからなかったんですけど、どういうところがダメだと感じたんですか?

コムアイ : う〜ん。やりたいことがけっこうあって、直前まで準備をやっていたんですけど、ライヴをするってことを忘れていたって感じかな。

ーー事前準備に力を入れすぎた?

コムアイ : ライヴって、すごく難しいんですよね。綿密に準備しても、決まったことを実行するタイプの演技力がないと本番でうまくいかない。

ーー視聴覚室のときは、考えていたけど、たどたどしさがでちゃった?

コムアイ : 本当は考えていた予定通りやっていく感じだったんですけど、全部失敗しちゃって。もうちょっとコントロールできるようになればなって反省しました。

ーーその直後の〈BAYCAMP〉では、かなり手応えがあったみたいですね。

コムアイ : そう。くっそーーーと煮えたぎってたから(笑)。いろんなお客さんがいたのもよかったです。客席全体が似た雰囲気だとやりづらいから。


2014年9月3日『桃太郎 / 水曜日の視聴覚室vol.2』

2014年9月6日『BAY CAMP 2014』総集編

ーーそういう考え方は一貫してますよね。高校に通っていたときのことも、同じような環境で育ってきて、同じくらいの偏差値の人たちで集まっているのがイヤだったって言ってましたもんね。

コムアイ : そう。均質な人たちが集まるとすごくイライラしちゃう。渋谷のセンター街でゲリラ・ライヴをやったとき、生き生きしていたもんね。いろんな人が混じっているパブリックなところで「えっ?」ってなっちゃう感じがすごく好きで。似ている人が集まってくると、ぶっ壊したくなっちゃって。仲いい子たちで集まっても全員すごく違うんですよ。それぞれキャラクターがバラバラで、聞き役もいなくて、みんな好きなことをしていて協調性がない(笑)。友だちで遊んでいてもそんなかんじになるんですよね。


水曜日のカンパネラ「ゲリラ路上ライヴ」 渋谷スクランブル交差点 ⇒ 渋谷WWW

ーーいまは初の全国ツアーの最中ですが、地方でのライヴはどうですか? みなさんカンパネラを観にきているわけですけど。

コムアイ : 初めての人がすごく多くて、それがすごく嬉しいですね。音楽ライヴ自体がはじめての人もいたし、お互いの緊張感がおもしろい。共演者の人たちがいろいろ教えてくれるのも楽しいですし。

ーー各地で、その土地の人しか知らないような場所へ連れてってくれますもんね。

コムアイ : そう。自分のツアーなのに共演者を歓迎するの忘れてるんですよね(笑)。だいたい自分が1番不安定で落ち着きがないから…。

「私やらされてます」って感じが全部に宿っているじゃないですか?

ーーあと、ライヴに対する向かい合い方も変わりましたよね。沖縄でのライヴのときも、集中するために、ギリギリまでホテルにこもっていたって打ち上げで言ってましたよね。

コムアイ : あのときは、本当にきつかったなあ。2days完売のプレッシャーがあって、喉のコンディションもよくなかったから。1人にならないと自分のステージを準備できないから、やさしくしている暇もなくなる。でもやっとそういう部分を優先できるようになってきました。ステージがだめだったらどうしようもないよな。でもステージのために那覇のホテルの椅子を借りようと企んで、非常階段の鍵をそうっと開けたらばれて注意されたので、なにしてもいいってことじゃないってのもわかって。

ーー場所によって、楽屋の環境はまちまちですからね。それこそ出演者が1部屋にまとまってってこともあったし。

コムアイ : そういうとき、1回車に逃げたらすごく変わったんです。やっぱり、1人が1番楽しいもん(笑)。1人で音楽聴いて、よしやろう!! ってなっているときが。

ーーどういう状態でライヴに臨んだときが、いいパフォーマンスができますか?

コムアイ : よかったときは、ライヴの前、1人になる時間がちゃんととれているときかな。〈BAYCAMP〉のときも、隣の部屋があいていたから、ずっと鏡の前で集中できたし。もちろん、そういうコンディションだけじゃないってこともわかっていて。自分のことに関しては、思ったより神経質だし、思ったより準備しないとできないっていうのを、思い知りました。ぶつけ本番じゃできないんだなって。

ーー裏を返せば、そういう環境が作れさえすれば、ちゃんとパフォーマンスができるってわかったことは収穫ではありますよね。

コムアイ : そうそう。だったら1人になる環境を作ればいいじゃんって。

ーーちなみに、1人になったときは、どういうことを考えているんですか?

コムアイ : ライヴのシミュレーションばっかりです。なんにもしなくていいよって自分に言い聞かせて音楽を聴いていると、だんだん踊りたくなってくるんです。(振り付け師の)竹森(徳芳)さんのおかげもあって、ちょっとずつ自分のことがわかってきた1年でもありました。

ーー水曜日のカンパネラの場合、かかわる人が増えたことは本当にプラスに働いていますよね。

コムアイ : この間リリースしたアルバムのタイトルって『私を鬼ヶ島に連れてって』じゃないですか。このアルバムのジャケットもそうだし、おもちゃにされていることを糾弾したビジュアルです。それは決してネガティブな意味ではないんですよね。拗ねているわけでもなくて、それが1番おもしろいと思うんですよ。

ーーたしかに、やらされている感を、本人が強みにしたり、おもしろがるっていうのは難しいですよね。

コムアイ : あとタイトルの「私を」って目的語じゃないですか。要するに、誰かが私を連れていくんですよ。主語は私ではない。それは、ジャケットを観た人とか、聴いている人に言っているのかもしれないし、水曜日のカンパネラの他の2人に言っているのかもしれない。もっと広いスタッフの人たちに言っているのかもしれない。いろんなものに乗っかってやる!! っていうのが私(達)の姿勢で、それがジャケットにも表れているのがおもしろいなって思います。

ーーだいぶ知名度のあがった1年でしたけど、水曜日のカンパネラは、目標を定めて進んできているというのとも違うから不思議ですよね。

コムアイ : まさにそれを感じるタイミング。勝手に大きくなってきているだけだから。応援してくれる人がいて、ラジオでかけてくれる人がいて、気に入ってくれた人が広めてくれている。それで大きなハコが埋まってきたって状況にいて。どっちでもいいっちゃいいんですよ。だって、大きくなることを頼りにしたり目標にしていたら、本当におもしろくないだろうなって思うから。

音楽って「楽しもうとする」んじゃなくて「魚になる」んだよね

ーー最初、水曜日のカンパネラで有名になれば、コムアイ自身の発言力も強くなって、メッセージを発信しやすいってことも言ってましたよね。

コムアイ : そこも、けっこう変わったんですよね。… たしかCMTさんにCDを渡したとき、「君が歌を歌っているというか、歌が君を歌っているというか、君がどんな人かとかではなく、君自身のもっと本質が出てきていると思いました」って言われて。そのときはよくわからなかったんだけど、だんだんわかってきて。久しぶりに前の曲を聴いてみたときに、声よりもに歌い手の感じが前に出すぎている感じがした。そこは、ちょっと安心していて。いまはわたしが関われば、言葉で具体的な何かを伝えるより楽しくていいことができると思っています。

ーーわざわざ、別の場所を設けてしゃべらなくても、伝わるんだってこと?

コムアイ : そうそう。しゃべっている内容よりも、顔の表情とかから聴いていたりするじゃないですか? その人がどういうことを言うのかって部分だけじゃなく、全体を通して伝えているものがあると思ったんですよね。そういう経験も何度かあったから、けっこう安心しました。発言する場を持ちたいとか、そういう野暮なことではなくて、もっと広くて深いところに伝わっているなって感じは、すごくしています。安心して声を出すことをがんばればいいんだなって。

ーーカンパネラの楽曲に集中していれば、伝わるんだって。

コムアイ : うん。

ーー最初に出た体験もそうですよね。BOREDOMSの姿勢って、直接的に声明に出さずとも伝わってくるわけだし。

コムアイ : そうそう。いま、「箱魚」って言葉がすごく好き。

ーー「箱魚」?

コムアイ : 食品まつりさんが「たまにクラブでスピーカーの前で魚のような目で踊っている人がいる」みたいなことを言っていた。すごくわかるし、それ最高のときですよね! だからそれを「箱魚」と呼ぶことにしました。それを聞いてから、ライヴハウスで楽しいなと思ったとき、箱魚になっていけばいいんだって思うようになって。音楽って「楽しもうとする」んじゃなくて、「魚になる」感じのの時もある。だから無理な感情は禁物ですね。たくさん箱魚したい!

ーー2014年も終わりますけど、抱負のようなものってありますか。

コムアイ : なるべくウソをつかないのが目標かな。あ、あと2014年は、サイボーグかおりちゃんに出会えたことも嬉しかったな。思っていることが全部伝わっちゃうんですよ。目を合わせたときに、青赤黄黒とかって考えながら話すと、それに呼応して、かおりちゃんも変わっていくの。おもしろくないですか?

ーー僕も以前『TRASH-UP!!!』の取材で話したことがありますけど、心の奥まで見透かされているくらい、まっすぐな目をしていますよね。

コムアイ : そう。私は、すごくシンクロ率高かったんです。人生で2人目なんですよね、そういう人って。この仕事をずっとやっていたら、わからなくなることもあると思うんですよ。最近だと、Dragon Ashのメンバーがカンパネラのことを知ってくれていて、それ私たちのことだっけ? ってわからなくなって。kenkenさんの着メロが、自分で作った「きびだんご」(「桃太郎」のサビ部分)になっていたり、ベースボールベアの小出(祐介)さんもTwitterでアルバムをおすすめしてくれていたりして。やったーーー! と思いながら、人違いかなと思うくらいピンとこなくて。これから、さらにいろんな人の注目がどんどん集まったら、本当に自分がどこにいるかわからなくなっちゃいそう。そういうときに地に足をつけてくれるのが、かおりちゃんになるんだろうなって、いまは安心してます。

ーーそういう人がみつかってよかったですね。

コムアイ : 今年は人の縁がいい1年でした(笑)。

>>水曜日のカンパネラ、4thミニ・アルバム完成記念企画①ビレバン、タワレコ、OTOTOYバイヤー座談会はこちら
>>水曜日のカンパネラ、4thミニ・アルバム完成記念企画②振り付け師・竹森徳芳への初インタヴューはこちら
>>水曜日のカンパネラ、4thミニ・アルバム完成記念企画③ヴォーカルのコムアイへのインタヴューはこちら
>>水曜日のカンパネラ、4thミニ・アルバム完成記念企画④トラックメイカー・kenmochi hidefumiへのインタヴューはこちら

水曜日のカンパネラ初の全国ツアー『平成26年度鬼退治行脚!』

スペシャル
2015年1月18日(日)@大阪・梅田 Shangri-La
共演 : Seiho / 夜の本気ダンス
2015年1月21日(水)@東京・代官山 UNIT SOLD OUT
共演 : Charisma.com / 0.8秒と衝撃。
2015年1月25日(日)@岡山 PEPPERLAND
共演 : クリトリック・リス / aaps (OA)能勢慶子


水曜日のカンパネラpresents オトトイの地下室vol.2

2015年2月8日(日)@新宿・LOFT
時間 : 開場 15:00 開演 15:30
料金 : 前売 ¥3,000 当日 ¥3,500
出演 : 【音楽】Vampillia、水曜日のカンパネラ
【解体】鹿
【居住】ぼく脳
【活弁】山田広野
and more…

チケット : 一般発売日2014年12月18日(木)
・ぴあ(Pコード : 251-960)
・ローソン(Lコード : 75488)
お問合わせ : 03-5272-0382(新宿LOFT)


水曜日のカンパネラ初ワンマン「鬼ヶ島の逆襲」!

2015年3月29日(日)@恵比寿・LIQUIDROOM
時間 : OPEN 16:00 / START 17:00
料金 : STANDING 2,900円
主催 : DISK GARAGE
企画制作 : 水曜日のカンパネラ
制作 : ATFIELD inc.
お問合わせ : 050-5533-0888
チケット一般発売日 : 2015年1月31日(土)
・ぴあ(Pコード : 248-818)
・ローソン(Lコード : 72214)

水曜日のカンパネラの作品をチェック!!

ヴィレッジヴァンガード限定のカバー・ミニ・アルバム、ハイレゾ版!!

水曜日のカンパネラ / 安眠豆腐(24bit/48kHz)

【配信形態】
HQD(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 249円 / まとめ購入 800円

【Track List】
1. カンフー・レディー / 2. めぐる季節 / 3. 月灯りふんわり落ちてくる夜 / 4. 星めぐりの歌

映画をテーマにした3rdミニ・アルバム、ハイレゾ版!!

水曜日のカンパネラ / シネマジャック

【配信形態】
HQD(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 205円 / まとめ購入 1,234円

【Track List】
1. ミツコ / 2. 二階堂マリ / 3. 義経 / 4. モスラ / 5. ラオウ / 6. ダ・ヴィンチ / 7. ニキータ / 8. ランボー


CD版とはミックス違いの2ndミニ・アルバムをハイレゾ配信中!!

水曜日のカンパネラ / 羅生門

【配信形態】
HQD(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 205円 / まとめ購入 1,234円

【Track List】
1. モノポリー / 2. 素子 / 3. 星一徹 / 4. シャア / 5. マリー・アントワネット / 6. アリババ神帝 / 7. 不二子 / 8. 竹久夢二

>>コムアイ、Dir.Fへのインタビューはこちら

お待たせしました!! ヴィレッジバンガード下北沢店限定の1stミニ・アルバムをハイレゾ配信スタート!!

水曜日のカンパネラ / クロールと逆上がり

【配信形態】
HQD(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 205円 / まとめ購入 1,440円

【Track List】
1. パフ / 2. お七 / 3. ゴッホ / 4. テンテン / 5. 浮雲 / 6. ヒカシュー / 7. マチルダ / 8. マルコ・ポーロ / 9. ネロ


エロスの連載を振り返っておこう

本連載から生まれた、水曜日のカンパネラのエロス第一弾シングル

水曜日のカンパネラ / モスラ(幼虫Ver.)

【価格】
wav / mp3 : 単曲 200円

水曜日のカンパネラのトラック・メイカー、Kenmochi Hidefumiによるモスラをテーマにしたトラックと、そこに乗っかるコムアイのエロスをモチーフにしたリリック。連載第一弾配信シングルにして、すでに最高傑作ともいえる湿気たっぷりのエロス・ソング!! 怪しくくぐもったサウンドにエモーショナルな鍵盤が絡まるロマンティックでエロティックな楽曲にときめきを感じてみては? 水曜日のカンパネラが羽化していくことを予感させる名曲!!

>>第一回『モスラ対ゴジラ』の考察ページはこちら

本連載から生まれた、水曜日のカンパネラのエロス第二弾シングル

水曜日のカンパネラ / ラオウ

【価格】
wav / mp3 : 単曲 200円

水曜日のカンパネラのトラック・メイカー、Kenmochi Hidefumiによる北斗の拳をテーマにしたトラックと、そこに乗っかるコムアイのエロスをモチーフにしたリリック。連載第二弾配信シングルにして、エロス・ソングとしては最大の問題作。

>>第二回『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』の考察ページはこちら

本連載から生まれた、水曜日のカンパネラのエロス第三弾シングル

水曜日のカンパネラ / ミツコ(セーラー服ver.)

【価格】
wav / mp3 : 単曲 200円

水曜日のカンパネラのトラック・メーカーKenmochi Hidefumiによる『恋の罪』をテーマにしたトラックと、コムアイのエロスをモチーフにしたリリックが結実した、連載第3弾配信シングル。水カン至上最も難産となった1曲にして、現時点での最高傑作。不穏なイントロとくぐもったサウンドでスタートする本曲は、ぐるぐる城の周りを歩いているように、辿り着きそうでつかない雰囲気が醸し出された内容となっている。水曜日のカンパネラが、新境地を切り開き、次のフェーズへ踏み出すためのきっかけになるであろう作品。

>>第三回『恋の罪』の考察ページはこちら

本連載から生まれた、水曜日のカンパネラのエロス第四弾シングル

水曜日のカンパネラ / ニキータ(若気の至りver.)

【価格】
wav / mp3 : 単曲 200円

水曜日のカンパネラのトラック・メーカーKenmochi Hidefumiによる『ニキータ』をテーマにしたトラック&リリック、それをコムアイが歌った連載第4弾配信シングル。静かにゆったりはじまるサウンドスケープから一転、軽快なドラムンベースが疾走感をもたらす。映画のストーリーを示すリリックとあわさることで妙な哀愁がただよう、これまでの水曜日のカンパネラにはない1曲。

>>第四回『ニキータ』の考察ページはこちら

OTOTOY限定のSPECIAL Editionも配信中!!

ここでしか手に入らない限定版

水曜日のカンパネラ / ノルウェイの盛り

【価格】
wav 単曲 200円 / まとめ購入 400円
mp3 単曲 150円 / まとめ購入 300円

【Track List】
1. モノポリー
2. ものぐさ太郎
3. 素子

PROFILE

水曜日のカンパネラ

2012年、夏。初のデモ音源「オズ」「空海」をYouTubeに配信し始動。

「水曜日のカンパネラ」の語源は、水曜日に打合せが多かったから… と言う理由と、それ以外にも、様々な説がある。当初グループを予定して名付けられていたが、現在ステージとしてはコムアイのみが担当。それ以降、ボーカルのコムアイを中心とした、暢気でマイペースな音楽や様々な活動がスタートしている。

コムアイ
担当 : 主演 / 歌唱
1992年7月22日生まれ。
神奈川県出身。

成人しても未だ「クロール」と「逆上がり」ができないという弱点を持つ。
高校生時代には、いくつかのNGOやNPOに関わり活発に動き回る。
サルサ・ダンスに毒され、キューバへ旅し、同世代100人のチェキスナップとインタヴューを敢行。
その後は、畑の暮らしを体験したり、たまに海外へ。
最近は、鹿の解体を習得中。
好物は、今川焼と明石焼といきなり団子。

また、“サウンド・プロデュース”にKenmochi Hidefumi。
その他、“何でも屋”のDir.F。
などが、活動を支えるメンバーとして所属。

>>水曜日のカンパネラ オフィシャル HP

o

 
 

インタヴュー

15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月22日・15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始 今年2017年に結成15周年を迎えた“neco眠る”。そんなアニバーサリー・イヤーに、彼らから新作アルバム『Typical』が届きましたよ〜!! 新メンバー・おじまさいり((Key from CASIOトルコ温泉)加入後初、そして実験性とポップ・センスが高次元で結合した前作『BOY』以来、実に3年ぶりとなるフル・アルバムとなっております!!! 初期作を担当していた森雄大(Gt)、前作で全曲の作曲を担当したBIOMAN(Synth)、栗原ペダル(Gt)、そして新メンバーのおじまさいりがソングライティングを担当、さらにスチャダラパーやロボ宙、安部勇磨(never young beach)なども参加し、各人の個性が爆発した10曲を収録! そんなバラエティに富んだポップで踊れる今作『Typical』を独占ハイレゾ配信を開始するとともに、メンバーの森雄大、おじまさいりへのインタヴューを掲載します! 3年ぶりフル・アルバム! ハイレゾはOTOTOYだけ! neco眠る / Typical'【配信形態】AL
by JJ
「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
大西順子、ジャズ・ピアノストを語る
・2017年11月21日・大西順子が語る、ジャズ・ピアノ──アート・テイタムから現代まで つい先ごろ、約8年ぶりのピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして初のバラッド集『Very Special』と2枚同時に新作をリリースしたばかりのジャズ・ピアニスト、大西順子。OTOTOYでは新作に関するインタヴューに続いて、こちらのページではその後編、特別企画として、ジャズ評論家、柳樂光隆を聞き手に、大西にレジェンダリーなアーティストから現代にいたるまでのジャズ・ピアノに関して語ってもらった。レジェンダリーなジャズ・アーティストたちに直接師事、またはバンドのいちいんとして共演し、まさに世界レベルで活躍してきたピアニストたる大西の、その審美眼を通して分析される、ジャズ・ピアノはまさに目から鱗ものの情報ばかりです。 大西順子、新作2作に関するインタヴュー前半こちら 8年ぶりとなる待望のレギュラー・トリオ作品大西順子トリオ / Glamorous Life(24bit/96kHz)'【Track List】01. Essential 作曲 : 大西順子02. Golden Boys 作曲 : 大西順子(モントルーL
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事