2009年8月1日に2年ぶりの新曲「NOW!!!」をリリースしたクラムボン。その発売を記念して、ソング・ライティングをつとめクラムボン・サウンドの要であるミトのソロ・プロジェクトを紹介。彼の音楽に対する探究心はクラムボンだけでなく、ソロ・プロジェクトにもあらわれ、3枚のアルバムのどれを聴いても非常に高い完成度。そして何よりも、一人のミュージシャンが生み出したとは思えない程の幅広い音楽性だ。この機会にクラムボンの楽曲が持つ実験性とポップさ両方を兼ね備えながらも、全く違う魅力を持った彼のソロ作品に触れてほしい。聴けば、「NOW!!!」に散りばめられたサウンドのマジックを垣間みることができるだろう。

クラムボン ミト

FOSSA MAGNA

『Declaration of the Independence of the imagination and the Rights of Man to His Own Madness I』

記念すべきミトのソロ・プロジェクトの第1弾FOSSA MAGNA。メンバーはミト、伊藤大助、ナタリー・ワイズの斉藤哲也の3人。フォッサ・マグナ (Fossa Magna) の語源はラテン語の "Fossa Magna" で、「大きな窪み」を意味している。ミトの内面にぽっかり空いた「大きな窪み」を覗いてしまったかのように、狂気と衝動に満ちあふれた作品。9曲目に収録された「You better to get the RAMONES soul」というタイトルが示すように、何よりも感じるのは初期衝動。フリー・ジャズの形態をとっているけれど、その内実はどちらかというとノー・ウェイヴ。5分台のスピード感溢れるジャズは、クラムボンでは決して見ることの出来ない“牙”をかいま見ることができる。(池田義文)

  1. Megamouth
  2. Down stroke bop
  3. E-17
  4. 70's violence movie revival part 1
  5. Robert plays on the beach
  6. Tuesday's shock style
  7. Propaganda jazz
  8. 11th count one, two, three, fxxx
  9. You better to get the RAMONES soul
  10. My PC's folt
  11. 70's violence movie revival part 2
  12. Iran (Invitation of our irony)

dot i/o

『Declaration of the Independence of the imagination and the Rights of Man to His Own Madness II』

ミトのソロ名義(FOSSA MAGNA、dot i/o、micromicrophone)の中で、最もミニマルでスタイリッシュな作品が、dot i/oの『想像力の独立と自己の狂気に対する人権宣言II』。本作は、CAN(カン)のイルミン・シュミットを共同プロデューサーに迎え、ミックスに際してはミトが渡仏、彼の自宅スタジオで2週間かけて作業が行われた。ぶちぎれたボーカル・コラージュの3曲目「Rokus」からミトが優しく歌う4曲目の「We're living」にかけての流れは、クラムボンでは決して聴くことの出来ない、まさに狂気と呼ぶにふさわしい産物。先日行われたNEUTRAL NATION 2009@新木場STUDIO COASTでは、全編TENORI-ONを使っての演奏。ダンス用のフロアでの演奏だったが、オーディエンスは踊るというより、dot i/oを聴きながら、TENORI-ONの光とミトの動きを凝視していた。そこには、クラムボンやmicromicrophoneにある優しさはなく、危険な美しさが存在していた。それは、決して触れてはいけない硬質なサウンドの固まり。本作を聴けば、ミトの深くに潜む闇を垣間みれるだろう。そしてクラムボン・サウンドが、TVの中で垂れ流されるありきたりのJ-POP サウンドにならない理由がわかるだろう。(JJ(Limited Express (has gone?)))

  1. 09
  2. Ditelno
  3. Rokus
  4. We're living
  5. Tang
  6. Sip
  7. Litho
  8. yauyua
  9. Fluid
  10. lfln
  11. yauyua [mtaltdm remix]

micromicrophone

『Declaration of the Independence of the imagination and the Rights of Man to His Own Madness III』

『想像力の独立と自己の狂気に対する人権宣言III』というタイトルが示すように、3部作の完結編。前作の2作から一変し、ヴォーカル、ギター、ベース、ドラム、その他の楽器全てがミトによって演奏されている。ひとつひとつの音から、音楽との蜜月ぶりが伺える。楽器の音数は決して多くないが、空間の密度は高い。それは、ミトにプロデュースを受けたSOURが「ミトさんは、0と1の間をすごく大切にする人」と言っていたことと繋がるのだろう。先日recommuniで発売されたクラムボンの新曲「NOW!!!」を、CDよりも音の良い24bit/48KhzのWAVファイルで配信したのも、音楽に対する果てない野心とこの3部作以降も続く彼の自己探求だ。音楽の聴き方は人それぞれあれ、このアルバムを繰り返し聴く理由は、1回では完全に個人内で消化できないくらいの情報量が込められているからである。シンプルなリズムと、ギター・アルペジオ、寛容なベース、どの音もはっきりと聴き取れるにも拘わらず、雰囲気を一変してしまうのは、ミトの音楽への真摯な探求が表れているからなのだろう。聴き手が、何度も繰り返し音楽を聴いて作品を理解していくように、ミトは音楽を自らが創ることで音楽を理解しようとしている。音楽は奥深く、冒険的なものだということを指南してくれる。(西澤裕郎)

  1. Sudden
  2. Halcyon
  3. Till When I come to own world
  4. Unconscious hypocrite
  5. Mimic
  6. Will be mine
  7. Fractal
  8. Hearken
  9. Bias
  10. When you came alone
  11. We're living(micromicrophone ver.)

ミトのソング・ライティング能力が抜群に発揮された新曲『NOW!!!』を今すぐゲット!

待ちに待ったクラムボンの新曲「NOW!!! 」が発売。この「NOW!!! 」は、オリジナルの新曲としてはなんと2年ぶりのリリース。先日の「Re-clammbon tour」、スタジオ・コーストの「NEUTRAL NATION 2009」、そしてFUJI ROCK FESTIVEL '09で唯一の新曲として披露されました。プロデュースはクラムボン自身。ゲストにはバービー・ボーイズのKONTAがソプラノ・サックスで参加。セルフ・カバー・アルバム『Re- clammbon 2』を経て生み出された強靭なクラムボン・サウンドに、フレッシュな1ページを書き加える名曲の誕生です。しかも、CDよりも良い24bit/48KHzのWAVファイルがダウンロード出来ます。レコーディング・スタジオで作り上げられたそのままのサウンドをお楽しみください。

クラムボン夏の風物詩「日比谷野音ワンマン」開催決定!

毎年恒例となっている野音ライブが今年は10月10日に開催することが決定しました! 1999年の「はなれ ばなれ」でデビューより10年、10月10日に10周年を記念して! そしてクラムボンより「ありが10」を込めて、今年は秋の夜長をスペシャルに盛り上げます!

9月12日のチケット発売に先がけて、8月21日(金)12:00〜24日(月)18:00までオフィシャル・サイトでは先行予約を開始します。
クラムボン オフィシャル・サイト : http://www.clammbon.com

『クラムボン 10月10日に10周年 ありが10!!!』
10月10日(土)
日比谷野外大音楽堂
開場 16:45 / 開演17:30
指定¥4,725 立見¥4,200-

クラムボン特集ページ

o

 
 

レヴュー

祝! 誕生40周年「ルパン三世のテーマ」コンピレーション・アルバムがリリース
[REVIEW]・2017年12月06日・国民的テーマ・ソング「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念コンピがリリース&旧譜プライスオフ開催 ルパン三世の誕生から50周年、そして「ルパン三世のテーマ」が誕生して40周年。「ルパン三世のテーマ」だけを詰め込んだ記念コンピレーション・アルバムがリリースされた。今や日本ならず世界中から愛されている作品に、さまざまな角度から華を添えられた17曲のパレードを、ぜひご堪能いただきたい。 また、誕生40周年を記念して旧譜10タイトルの30%プライスオフ・キャンペーンを実施。まとめ買いなら今がチャンス。クリスマス・プレゼントにも最適な作品たち。2018年1月31日までの期間限定ですので、この機会にお買い逃しなく! 「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念作品~ THE BEST COMPILATION of LUPIN THE THIRD 『LUPIN! LUPIN!! LUPINISSIMO!!!』'【Track List】01. THEME FROM LUPIN III 2015 / You & Explosion Band02. THEME FROM LUPIN III 2015~ITALIAN BLUE ver
【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信
・2017年11月28日・【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信 すでにリリースから数日で、世界中に大きな評価を受けているビョーク『ユートピア』。インパクト大のヴィジュアル、そしてサウンド・コラボレーターのアルカとの2作目となるその音楽性は新たな次元へと突入している。繊細な表現と、まるでそれが流れた空間を包み込んで異界化してしまうような凄まじいエネルギーが同居する、その脅威の歌声はハイレゾでぜひとも隅々まで楽しむべき作品といえるだろう。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともに、気鋭のライター、八木皓平による詳細なレヴューにて、その魅力をお伝えしよう。 24bit/96kHzで配信中björk / Utopia(24bit/96kHz)'【Track List】01. Arisen My Senses02. Blissing Me03. The Gate04. Utopia05. Body Memory06. Features Creatures07. Courtship08. Losss09. Sue Me10. Tabula Rasa11. Claimstaker12. Paradisia13. S
by 八木 皓平
セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!!
[CLOSEUP]・2017年11月16日・セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!! 10代の心象風景を激しさとせつなさとともに描く楽曲とライヴで話題を呼んだ3ピース・バンド、セツナブルースター。2008年に活動休止を宣言した彼らが、12月3日(日)、マイナビBLITZ赤坂で開催予定の〈DECEMBER'S CHILDREN〉昼の部で復活を果たす。2002年12月11日にリリースされた『キセキ』発売15周年を記念して、ギター倉島大輔の弾き語りを中心に全収録曲演奏、メンバーの島田賢司(B&Vo)と宮下裕報(Dr&Vo)も出演し、公式には9年ぶりにバンド形式の演奏も行われることがアナウンス。それを記念しOTOTOYではインディーズ期の名盤を一挙配信開始。さらにインディ2ndアルバム『「二十歳」より』のデモ音源を期間限定で試聴解禁。彼らの高校の同級生のライター西澤裕郎がレビューでその歩みを振り返る。この機会を絶対に見逃さないように。 >>セツナブルースター「キセキ」リリース15周年特設ページはこちら セツナブルースター、インディーズ時代の名盤を一挙CD音質にて配信開始 記念すべきインデ
by 西澤 裕郎
【REVIEW】ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信&期間限定フリーDLも!
[CLOSEUP]・2017年11月17日・ルーツを表明し、越える──福岡発のニュー・カマー、よあけの1stアルバムを先行配信 & 期間限定フリーDLも! 九州大学のサークル・メンバーで2015年に結成され、はっぴいえんど、山下達郎、PAVEMENT、sea and cake、ミツメ、ホテルドミニク、Mac Demarco...古今東西のポップ・ミュージックたちと、同郷の先達であるNumber Girlをナードな佇まいで咀嚼した、人懐こさと青さ漂うサウンドを鳴らす3人組、その名もよあけ(yoake)。 そんな彼らが九州のオルタナティヴ・シーンにおける最重要人物、PANICSMILE・吉田肇が主宰する〈Headache Sounds〉より初の全国流通作となる1stアルバムをリリース!! OTOTOYでは是非とも多くの人に聴いていただきたく、12月15日の発売に先駆け約1ヶ月の先行配信と、アルバムの楽曲より「MABOROSHI」の期間限定フリー・ダウンロードが決定! レーベル・オーナーである吉田肇のコメント、そしてアルバム・レヴューと共にまずはフリー楽曲の一聴を! アルバム収録曲より期間限定フリー・ダウンロード!よあけ / MABOROSHI(期間
むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年11月21日・むすびズム、ラスト・シングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 ASOBISYSTEM発、5人組アイドル・グループ、むすびズム。12月10日の3周年ワンマン・ライヴをもって解散することになった彼女たちの、4枚目にしてラスト・シングル『恋の戦士』がリリース。前作の『キミに夢CHUXX』に引き続き、今作もSEIJプロデュースによるキャッチーなシンセ・ポップ・サウンドに仕上がっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ独占配信するとともに、メンバーからのコメントを掲載。キラキラ可愛い5人のビジュアルと歌声は永遠です!! アルバム購入でブックレットpdfつき!むすびズム / 恋の戦士【A盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. またね 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. またね -Instrumental- 【配信形態】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 300円(税込) / まとめ価格 1,200円(税込)むすびズム / 恋の戦士【B盤】'【収録曲】1. 恋の戦士2. 確信のフライデー 3. 恋の戦士 -Instrumental-4. 確信のフライデー -In
現役高校生5人組ロック・バンド、FAITHがポップ・パンクを正面突破
[CLOSEUP]・2017年11月17日・この音楽は勇気で、正義だ──現役高校生5人組FAITHがポップ・パンクを正面突破 すごいやつらが現れた! 長野県伊那が生んだポップ・パンクのニューヒーロー候補、FAITH! 現役高校生5人組、うち3人が日米のダブルという珍しい組み合わせに加え、Vo.ドリチュラーあかりはSPINNSのモデルとしても活躍中。「モデルがファッション感覚で音楽やってるんだろ?」そう思いの方もいるかもしれませんが、すでに実力は折り紙付き! 今夏開催された10代限定夏フェス〈未確認フェスティバル2017〉ではファイナリスト8組の1組に選ばれており、サウンドも往年のエモ / ポップ・パンク好きにはたまらない海外志向の本格派! OTOTOYではそんな期待のニューカマーの記念すべき初全国流通盤を配信とともに、現役大学生の目線から独自のレヴュー掲載! FAITH / 2×3 BORDER【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1201円(税込)【収録曲】1. Take me away from here2. Bana Pla3. distance4. DON’T FALL5. S
by 中の人
BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年11月17日・BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信 ウィル・ウィーゼンフェルトのメイン・プロジェクト、バスの3rdアルバム『Romaplasm』が到着した。もはや老舗アンダーグラウンド・レーベルとなった〈アンチコン〉からリリースされた本作は、開放感に溢れるポップな作品に、また“ビートメイカー”から一歩踏み込んだ、シンガー・ソング・ライターとしての側面も前面に出た作品となった。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。ダディー・ケヴによるマスタリングもぜひとも堪能していただきたい。さらにはレヴューとともに、こちらもハイレゾ配信となっているジオテック名義『Abysma』リリース時の記事も関連作として再掲してお届けします。 Baths / Romaplasm(24bit/48kHz)'【Track List】01. Yeoman02. Extrasolar03. Abscond04. Human Bog05. Adam Copies06. Lev07. I Form08. Out09. Superstructure 10. Wilt11. Coitus12. Broadback【配信形態 /
by 寺島 和貴,河村 祐介
《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む
[CLOSEUP]・2017年11月15日・《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む 10年超のバンドキャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らが、この度第9弾「アメニモマケル」の配信をスタートした。彼らの魅力にもっと浸ってもらえる楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみください。 goodtimes、全ての恋愛経験者に捧ぐ第9弾goodtimes / アメニモマケル'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. アメニモマケル REVIEW : 全ての恋愛経験者が唸る、く人の"あの頃"を刺激する goodtimesは前回のインタヴューで、情景が浮かびやすい曲を作っていると語っていたわけだが、今回も人が「もう触れたくない」としまい込んでいた気持ちに、ピンポイントで突き刺さる"あるある"な楽曲「アメニモマケル」をリリー
by 宮尾茉実