タケウチカズタケ

2008年、最もヒップな現在進行形ソウル・ミュージック配信開始!!

新作のリリースが直前に迫っていて大忙しという時に、新作「under the willow-ichigo-」から、楽曲制作、音楽配信など様々な事について、インタビューする事ができた。この日、関西でのライブから帰ってきたばかりで、さらに風邪で体調を崩していると言っていたタケウチカズタケは意外にもインタビューが始まる前から、とてもポジティブな雰囲気に満ちあふれていた。そして、インタビューは笑いと音楽に対する情熱が入り交じった素晴らしいものとなった。

インタビュアー:池田義文

INTERVIEW

新作「under the willow-ichigo-」について

—ソロ作品を出すことになった経緯についてお聞かせ下さい。

そもそも最初は、ピアノをインストでヒップホップのフォーマットでひくアーティストが色々といて、その人達の作品が世によく出ていたときに、言われたんですよ。「カズタケこういう感じの作品やってるっぽいな」と。それがどこへ行っても言われるので、じゃあやってみるかと(笑)。

—前作も今作もunder the willowというタイトルですが、今後もシリーズ化していく予定ですか?

まずは、やっぱり連続のシリーズにしたいなというのは最初にあったんです。だから、サブ・タイトルをどんどん変えて、ジャケットも色違いで変えていこうと。そして、今後は半年に一枚出そうと思っているんです。どんどん出してフリー・ソウル・シリーズみたいになるといいなと思っています。

—サブ・タイトルには何か意味があるんですか?

あのサブ・タイトルの理由は全部ブックレットに書いてあるんですよ。自分とイチゴについての熱い思いが。でも、全く音楽とは関係がないので、それはがっかりしないでほしいですね(笑)。

—次回作のサブ・タイトルが楽しみです(笑)

まだ、決まってはいないんですけど、考えるの楽しいんですよね。デザインを担当している小林大吾とかレーベルの人間とわいわい話して考えるんですけど。前作は、「鍵盤の色って白と黒で、白と黒と言ったらパンダだ! (笑)」と。それで今回は「ピンクと言えばイチゴでしょ? 」的な感じで決めました。まあ、なんか女性とか子供に受けそうでしょ? でも、聞いたらゴリゴリみたいな(笑)。

楽曲制作について

—SUIKAやA Hundred Birds、ソロ等様々なプロジェクトに参加されていますが、それぞれ曲作りに関してもやはり違いはあるのでしょうか?

under the willowに関しては最初アウト・テイクから始まりましたね。。僕自身はSUIKAやトラック提供の仕事をしていて、色々と曲を書いたりしているんです。そうすると、どこにも行かない曲がでてきたり、一人でぽろっと作った曲だったりとか、SUIKAのMCが誰も歌を入れなかった曲とか、そういうのをじゃあインストにして出してしまえ、というのが最初のスタートでしたね。それが、今ではunder the willowに当てて作る感じも多くなってきましたね。

—タケウチさんの作品はdigitalとanalogueのいい部分が見事に調和していますよね。

もともと、僕はクラブ・ミュージックが好きで、ヒップ・ホップとハウスが自分の中でどしっとあるんです。僕はDJの人が作る音がすごく好きで、クラブ・ミュージックってやっぱりその空気感がすごく大事で、その時代の臭いとかがすごくある音楽だと思うんです。もちろん古い音楽も大好きなんですけど、自分が今2008年にたまたま音楽を作る仕事をしていて、何かを残すという事に意味を持たせたいんですよね。だから、新しい物と古い物をうまくブレンドした音楽を作りたいと思っています。

—タケウチさんがうまくブレンドしていると感じた作品はありますか?

アル・グリーンを手掛けたクエストラブとジェームズ・ポイザー、ラファエル・サディークの新譜ですかね。彼らの音楽は古い音楽を懐古するんですけど、常に今の音にするんですよね。例えば、ボトムをしっかりさせたりとか。曲の中にブレイクを作ったりだとか、今度はこの俺たちの曲を使ってサンプリングして作れよみたいな、そういうニクいことをされると、自分も誰かがunder the willowをきいて、勝手にサンプリングして、ラップをのせてくれたりしてほしいなと思いますね。

—今回、タケウチさん関連の作品が一挙6タイトル配信となりますが、配信でのリリースに関しては、どのように考えていますか?

データで音楽を聴いたりすること自体には、抵抗はないですね。気になるのは環境ですかね。携帯で音楽を聞いたりする場合に、作者として意図している部分がしっかり伝わらないのは、作り手として寂しい部分がありますね。それと、僕はアルバムがとても好きで、アルバム全体の流れをとても大事にしてます。だから、お客さんにはそういう部分も楽しんでほしいですね。


タケウチカズタケ





UNDER THE WILLOW -ICHIGO-

A Hundred BirdsSUIKAのキーボーディスト/プロデューサーのソロ第二弾となるHIP HOPピアノ・インスト・アルバム! ファンキー・チューンから珠玉のバラードまで、前作にも増してよりソウルフルなトラックの上を饒舌に歌い・ラップするかの如くピアノが跳ね回るクロい痛快作!





UNDER THE WILLOW -PANDA-

「ピアノは美しい打楽器だ! 」時にクールでジャジー、時にメロウでソウルフル。A Hundred BirdsSUIKAのキーボーディスト/プロデューサー、タケウチカズタケが鍵盤で奏でるメロディをファットなヒップホップビートに乗せて紡いだ九篇のピアノ・インストゥルメンタル!

SUIKA





カッコいい

新たにドラム・サウンドを取り入れ、シンセ、ベースが絡み野太いグルーブを生み出す、ディスコ・チューンから、名作「かもめのジョナサン」のストーリー・テリング、ウェディング・ラップ・ソングまで、新たな試みをふんだんに、よりアグレッシブに、よりメロウに完成!





コインサイド

カニエ・ウェストばりのソウルフルなナンバーから、ヘッズも唸るHIP HOPチューン、言葉がゆらめくDUBサウンドまで、弾ける言葉と音楽が聴く者を底なしのトリップ感に誘う衝撃の問題作。今作では初のゲストとして志人(降神)、名古屋の鬼才ICHIが参加!





RIPE STRIPES

フラメンコ等で知られるパーカッション、カホンを中心に据えたビートをエレピとウッドベースが彩るオリジナル生ヒップ・ホップ・サウンドを確立、3人のMCによる自由な言葉遊び感覚も各々の色を強め、SUIKAならではの世界観を作り上げ、MTVタイアップ曲(Tr.5)も収録した2作目!





HARVEST FOR THE STRIPES

「ATOMとタカツキのはぎれのいいラップ、totoの心に染み込んでいくメロウなボイス。心地よく重なりあう言葉と音のフュージョンは、すごくあたたかい色をしたラウンジスペースで夢うつつの時間をすごしているような感じ。」ロバート・ハリス(作家、DJ)

LINK

タケウチカズタケ

SUIKA(リーダーとして作曲プロデュースを手掛けるHIPHOPバンド)

A Hundred Birds(30人からなるHouse Orchestra。Keyboard、作詞作曲編曲プロデュース全般を担当)

D.I.T.A.(ハウス・ソロ・プロジェクト)

タケウチカズタケ関連 LIVE SCHEDULE

  • 12/6 (土) 青山月見ル君想フ スイカ夜話
  • 12/7 (日) 六本木TSUTYA 17:00〜 ソロ演奏+小林大吾
  • 12/13(土) 名古屋鶴舞KD japon スイカ夜話ナゴヤ
  • 12/14(日) 大阪心斎橋鰻谷sunsui スイカ夜話オオサカ
  • 12/17(水) 六本木AI Tokyo ソロ演奏
  • 12/24(水) なんばHatch A Hundred Birds Orchestra
  • 12/26(金) 渋谷 o-east A Hundred Birds Orchestra
  • 12/27(土) 大阪堂島ホテル AHB sextet with TeN
  • 12/29(月) 大阪心斎橋鰻谷sunsui タカツキバンド
  • 12/31(水)〜1/1(木) 東京国際フォーラム A Hundred Birdsで年越し
  • 1/2 (金) 香川でAHBミニセット
  • 1/24 (土) 新宿TOWER RECORDS ソロ演奏+小林大吾

1975年大阪生まれ兵庫県宝塚市育ち。作曲編曲Produce全般担当。95年頃からHOUSE、HIP-HOPのトラック作り、作曲などの活動を開始し、98年から自らのグループのみに関わらず、レコード会社などでの新人プロデュースなどを引き受ける。98年より30人からなるHouse OrchestraであるA Hundred Birdsに参加し、作詞作曲編曲プロデュース全般を担当している。2005年には朝霧JAM、2006年にはFUJI ROCK FES./RISING SUN ROCK FES. in EZOに出演。A Hundred Birdsの他には主にラップ+ポエトリー・リーディング・バンド「SUIKA」を2003年に結成し、FUJI ROCK2004に出演し、"Harvest for the stripes"(2004)"RIPE STRIPES"(2005)"、"コインサイド"(2005)、"カッコいい"(2008)という4枚のアルバムをリリース。個人ユニット「D.I.T.A.」の活動や異色のア・カペラ・ファンクユニット「ピーチーズ」のトータルプロデュース、 他にもタカツキ・バンド、イルリメ(以前にはセロファン、オーノキヨフミ、ジァイアントステップ、夏楓、メロディオンズ他の)等のライブ、レコーディングでのサポート・キーボードを務めるなど ますますクロスオーバーしながら、精力的に活動中。

o

 
 

インタヴュー

渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz
筆者について
池田 社長 (tripxtrip)

ミュージャン、DJ、ライター、ライブ録音エンジニア、肉体労働者。あなたが望めば、何にでもなります。陰核御殿というハードコアバンドでギター弾いています。ミジンコ大好き。チャリが好きで、5月に東京から屋久島までママチャリで遊びに行きました。それだけでイイです。だふにあというダブバンドも始めました。万歳。twitterアカウント:http://twitter.com/tripxikeda

同じ筆者による他の記事