ロボピッチャー with リアル脱出ゲーム

ロボピッチャーの曲を聴いていると、幼い頃を懐かしむ歌でもないのに少年時代の事を思い出す。なぜだかはっきりしないまま、そんなロボピッチャーがずっと気になってた。でも今回、ライブを生で見た事もないのに、リアル脱出ゲーム「廃校の教室からの脱出」を制作する為にボーカルの加藤隆生さんと会う事が出来た。実際に話してみると、なぜそう感じたのかすぐにはっきりした。ロボピッチャーもSCRAP(加藤さんが編集長を務め、京都で3万部を発行するフリー・ペーパー)もリアル脱出ゲームも、加藤さんはお客さんよりも誰よりも少年のように楽しんでいた。土地勘のない東京で行うイベントに不安要素はたくさんあるはずなのに…。ただただワクワクしている加藤さんを見てこの人はどんな思いで音楽を作り、雑誌を作り、イベントを作っているのかが僕は無性に知りたくなった。

インタビュー & 文 : 池田 義文

INTERVIEW

配信シリーズ第3弾「ロボピッチャーの回」について

—前2作に比べて新曲「限りある世界で」は“ありふれた憂鬱”、“汚れた景色”、“足下の死骸を踏みつけて進め”とシリアスで内省的な歌詞が多く見られると思います。どういった経緯で「限りある世界で」が出来上がったのか教えて下さい。

ボロフェスタ'07の前日に血を吐くような思いで作った。もう死ぬかもしれんと思うくらい追い詰められていたけど、そんな気分がぱちっと言葉になったのだと思う。憂鬱ってだいたいいつもありふれていて、あらゆる感情の裏側に張り付いているものだと思います。

—高木敏光さん(5000万アクセスを数えるという超人気のWeb脱出ゲーム「クリムゾン・ルーム」の原作者)との対談の中で「限られているからこそ、制約があるからこそ想像が広がる」とおっしゃっていましたが、情報や物が溢れるこの時代で「限りある世界」だと感じるのはどんな時ですか?

どんなに声高に「世界は広い!可能性は無限だ!」といっても僕等の目や身体がたどり着く世界には限界があります。もっともっと知りたくて、メディアに頼って、情報を集めてなんでも知っているような気持ちになっちゃうけど、それよりこの世界は限りあるんだと認識して、自分なりのルールを作れば、その枠の中に無限の可能性を具体的に詰め込めると思うんですね。音楽を作ることもゲームを作ることもイベントを作ることも一緒だけど、結局は限りなくある可能性の中から一つずつ物事を選んで、可能性を狭めていく作業です。狭めるときにきちんとしたルールがあれば、良いものになります。なんとなく無限の可能性のある地平線を目指せ! っていうメッセージは僕にはとても無責任に思えます。限りあると規定したこの世界で、自分に出来ることはなにかを考えることがより具体的で確実な世界観を構築すると思います。

—次回が配信でのリリースの完結編となりますが、次回作について何か決まっている事があれば教えて下さい。

次回は、かなり昔に作った曲と、最新の曲を配信する予定です。そうとうすごいですよ。次は。中学・高校時代の彼女からもらった膨大な手紙を焼いたときの曲です。書いているだけで切なさでキーボードを叩く指が震えます。

リアル脱出ゲームについて

—最初に始めようと思ったきっかけを教えて下さい。またその時の周りの人たちの反応はどうでしたか?

きっかけはSCRAPの会議の中で、なんか面白いことないかなあと話しているうちにスタッフの女の子が「私今脱出ゲームにはまっています!」と言ったので、じゃあ脱出ゲームのイベントをやってみようかと思ってやってみた。ずっと平面を空間にするイベント作りをしてきたから、そんなに斬新なことをしたというよりは、webゲームをそのまま空間に移し変えただけだった。スタッフもみんな「ああなるほどー。それは面白そうですねー」という感じだった。僕の周りでは、普通に受け取られた。

—仮想世界から現実世界の「脱出ゲーム」にするために苦労した事、またはこだわっている部分はどんな事ですか?

苦労したのは現実だから、必要ないものもゲットできてしまうこと。画面上ならストーリーに関係あるものしか反応しないけど、現実世界では目に入るもの全てを手に入れることが出来る。会場の人も忘れていたような変な鉄の棒とかをお客さんが意気揚々と発見して「アイテムを発見した!」と叫んでいるのを見て、胸が痛くなったことが何度もある。

こだわっているのは、勘や知識で解決するのではなく、きちんと論理的に考えさえすれば誰でも解ける謎にすること。なんとなく解けるのではなくて、ロジックがなくては解けたときの快感がやってこない。

—東京で開催すると発表した時の反応のすごさに正直驚きました。このゲームの魅力はどんな所にあると思いますか?

物語の中に入っていける点だと思います。僕はずっと子供の頃から小説や漫画の世界に入ってみたいなあと思っていました。脱出ゲームは実際に自分の身体と頭を使って物語を進めないと先に進めない。だからまるで自分が物語の登場人物になったような喜びを感じるんだと思います。やっぱ、人が解決した事件の本を読むより、自分で解決したいんですよ。みんな。

—僕自身、実はまだ参加した事がありません。脱出するのに一番必要な事、大切な事を教えて下さい。

論理的思考です。そして注意深い観察力と、丁寧な捜査力です。あとは製作者の意図を読めたりすると早いです。

—幼い頃、実際にどこかに閉じ込められたりした経験はありますか?また加藤さん自身が「脱出」してみたい場所はありますか?

森の奥の洋館とかで脱出ゲームをしてみたいです。バイオハザード1の舞台みたいなところで。閉じ込められた経験はないけど、鍵を忘れて自分の家に必死で侵入したことはあります。脱出ゲームの反対ですね。

—今回参加するお客さんに、メッセージ(または挑戦状!?)をお願いします。

ほとんどの人が初参加だと思うので、まずは思いのままに行動してみてください。そのうちに、漫然と動くだけではこの世界は動かないと分かるはずです。じっくりと観察して、考えて、行動すれば物語はどんどん広がっていきます。どうぞ脱出ゲームの世界を隅々まで楽しんでください。

—最後の質問です。ロボピッチャーと脱出ゲームは加藤さんの中ではどのようにつながっていますか?

ロボピッチャーは「今ここにないもの」についての音楽です。
脱出ゲームは「謎」について体感できる遊びです。
「今ここにないもの」はつまり「謎」です。

僕等の未来はつまりすべて謎で出来ていて、ロボピッチャーもまた未来についての音楽で、両方とも全く同じ脳みそを使って作っています。受け取る人はどうとるかわからないけれど、僕の中では同じくらいクリエイティブで、両方ともに熱いメッセージが込められています。

ロボピッチャー LIVE SCHEDULE

  • 2/20(fri) 『DIVE IN BLUE』@京都・KYOTO MUSE
OPEN 18:00
前売¥2800 当日¥3300 (いずれもDrink別)
w /ザ・コレクターズ / ザ・サイクロンズ / MOVIN' ON THE GROOVE / ロボピッチャー

LINK

DISCOGRAPHY

ロボピッチャーの起
配信限定リリースの第1弾シングル。ジャズ・アレンジのシャッフル・ビートが軽快な「ロマンチック探偵」。ボコーダーを使用した4つ打ちダンス・ビートの「パンダーマン」が収録されている。ロボピッチャーの一筋縄ではいかないひねくれポップが炸裂した傑作。

ロボピッチャーの死
配信限定リリースの第2弾。加藤隆生の想いがストレートに表れた文字通りの「Love Song」。力強いその声とシンプルなメロディが聴く者の心を動かす名曲です。結成わずか1ヵ月後にデモ音源として録音された「Question Repeater」。それを新たにマスタリングしたもの。ロボピッチャーの幅広い音楽性と独特のポップ・センスが融合した名盤です!!

ロボピッチャー

2002年の1月に結成。京大の西部講堂で行われるBorofestaや大阪城野外音楽堂で行われるSAL CULTUREを主催。ワーナー・インディーズ・ネットワークより『消えた3ページ』、ファースト・エイド・ネットワークより『透明ランナー』『まぼろしコントロール』の3枚のミニ・アルバムを発売。2006年9月に待望の1stフル・アルバム『アリバイと40人の盗賊』を発表。又、ボーカル・ギターの加藤隆生は、京都のカルチャー・フリーペーパーSCRAPを発行。さらには、エフエム京都でラジオ番組「SCRAP RADIO」を持ち、ミニ・コンピレーションCD『これがほんとのアニソンじゃい!!』や脱出ゲーム、宝探しゲーム等のバラエティに飛んだ企画を発案&監修し人気を博している。

CLOSE UP : ジョン・フルシアンテ

CLOSE UP : Discharming man

CLOSE UP : MASS OF THE FERMENTING DREGS

CLOSE UP : BOGULTA

o

 
 

インタヴュー

過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz
宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月29日・アイドル楽曲もおまかせください! 宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始 インディ・シーンを騒がせているバンドを多数生み出し、いま注目を集めている栃木県の宇都宮シーン。その大きな特徴といえば、メロディに比重をおく“メロディ至上主義”だという。そんなシーンの中でもひときわ輝くメロディを響かせるロック・バンド、Someday's Goneが、新作フル・アルバム『Someday You Will Be Loved』を、12月13日(水)にリリースする。The All-American Rejectsをはじめ海外エモ・シーンからHi-STANDARDなどのメロコアなどからも影響を受け、それらをポップスとして昇華し、ジャンルにとらわれない楽曲を生み出している。今回OTOTOYでは、そんな彼らの新アルバムを12月6日(水)より1週間先行にて配信開始、そして1週間の期間限定でリード曲「Giving It Away」のフリー配信も実施! Someday's Goneがどんなバンドなのか、メンバーのニシヤシュン、サトウショウヘイに話を訊いた。 胸が高鳴ること間違いなし10曲を先行配
by 岡本 貴之
筆者について
池田 社長 (tripxtrip)

ミュージャン、DJ、ライター、ライブ録音エンジニア、肉体労働者。あなたが望めば、何にでもなります。陰核御殿というハードコアバンドでギター弾いています。ミジンコ大好き。チャリが好きで、5月に東京から屋久島までママチャリで遊びに行きました。それだけでイイです。だふにあというダブバンドも始めました。万歳。twitterアカウント:http://twitter.com/tripxikeda

同じ筆者による他の記事