artist image

二階堂和美

Rock

広島県出身。90年代中頃からギターと声を中心とした制作、ライヴ活動を始める。あらゆる感情の振れ幅を表現してしまう歌声と、ステージでの立ち居振舞いまでを含めて全身から音楽を紡ぎ出すようなやり方で、それがギターの弾き語りであれ、他アーティストの共演であれ、余人の追随を許さない輝きを放つ稀有な歌い手として広く知られている。

その間口の広さとジャンル横断的なスタンスから、他アーティストとのコラボ—レションの機会も多く、アルバムに参加している渋谷毅、SAKEROCK、赤犬、テニスコーツ、mama!milk、speedometerはもとより、内橋和久(アルタード・ステイツ)、千野秀一、山口とも、イトケン、ECD、半野田拓、トクマルシューゴ等々、枚挙に暇がない。とりわけ、数年前にライヴでの共演をきっかけに交流を深めたイルリメ(aka モユニジュモ)との共同作業は、ライヴと録音の両面で、お互いの新たな可能性を引き出すものにもなった。

また、ザ・フォーク・インプロージョン、ディアフーフ、キャルヴィン・ジョンソン、ジョアンナ・ニューサム、ハウ・ゲルブ(ジャイアント・サンド)、タラ・ジェイン・オニール、BMXバンディッツ等々、来日アーティストとの共演も多いことから、邦楽・洋楽の別を問わず、幅広いファンの支持を得ている。

近年はその活躍の場を海外にまで広げており、2003年には盟友フィル・イルヴラム(マウント・イアリ)と初のアメリカ・ツアーを敢行(その模様は、初めて彼女の歌に触れた現地のオーディエンスの熱狂ぶりも収めたDVD/2CDの3枚組ボックス・セット『US Tour 2003』(Compare Notes, 2005)で見ることができる)。

kazumi nikaidoさらに、2004年秋にはベルギーに渡って現地の様々なアーティストとコラボレーションを重ね、2006年4月には、スコットランドの鬼才ビル・ウェルズの招きにより、工藤冬里 (Maher Shalal Hash Baz)、青柳拓次(Kama Aina, Little Creatures)、テニスコーツらと共に、イギリス/スコットランドをツアーしている。

ソロ名義の録音作品としては、筋肉少女帯の内田雄一郎プロデュースによる「二階堂カズミ」名義のデビュー作『にかたま』(廃盤, 1998)、現在のスタイルの原形も垣間見せつつ、驚くほど清楚な歌声を聴かせるミニ・アルバム『たね。』(Lorca/Disk Union, 2001)、数年にわたって制作された宅録音源をまとめ、ロウファイながらソングライター/アレンジャー/ヴォイス・パフォーマーとしての非凡な才能を見せつけた傑作アルバム『まおとしましたよ』(Poet Portraits, 2003)がある。

テニスコーツのさやとのデュオ・ユニット、にかスープ&さやソースの初作『イピヤー』(ontonson/HEADZ, 2005)発表の際に、浅草の花やしきを貸切りにして行われた2006年3月の発売記念ライヴには300人を超えるオーディエンスが集まった。

2006年8月に待望のフル・アルバム『二階堂和美のアルバム』をリリース。参加アーティスト:渋谷毅、サケロック、赤犬、レイハラカミ、ママミルク、テニスコーツ、イルリメ、スピードメーター、ルビオラ、イリシット・ツボイ アーティスト本人とのゆかりも深い多彩なゲスト陣を迎えてじっくりと制作された楽曲は、編成もスタイルも様々、それぞれが強烈に自己主張しつつも、二階堂和美でしかありえない色に染まっている。大半のオリジナル曲の作詞・作曲から全体のプロデュースまでを一手に担い、二階堂和美の歌い手としての魅力を最大限にまで引き出してみせた鴨田潤(イルリメ)と、録音・ミックスを手がけた鬼才エンジニア、イリシット・ツボイ(かせきさいだぁ、ホフディラン、キエるマキュウ、DABO、ECD、STRUGGLE FOR PRIDE 他)の力をかり、笠置シヅ子が戦時中に歌ったことで知られる南方歌謡「アイレ可愛いや」(作曲:服部良一)や、イルリメとspeedometer によるユニットspdill(スピードイル)のアルバムに収録されていた「日向月」といった楽曲も、既にライヴではお馴染みのレパートリーになっているが、秀逸なアレンジによって見事に新しく生まれ変わった。「歌」の力と「ポップス」の可能性を改めて実感させてくれる傑作!

http://www.bls-act.co.jp/artist/nikaido_kazumi.php

Official site: http://www.nikaidokazumi.net/

Discography

Rock
映画「かぐや姫の物語」の歌集アルバム的な位置づけで制作された二階堂和美のニューアルバムが完成。彼女の歌声、歌詞が心に染みる主題歌「いのちの記憶」、劇中で使用された「わらべ唄」のカバーなどの映画「かぐや姫の物語」のオリジナル・イメージソングのほかに、二階堂自身のオリジナル楽曲「めざめの歌」の別バージョン、「君をのせて」(「天空の城ラピュタ」より)や「愛は花、君はその種子」(「おもひでぽろぽろ」より)など、高畑監督作品にまつわるカバー曲も収録。アートワークは劇中に登場する、舞い散る桜をバックに喜びの表情を浮かべるかぐや姫をあしらうなど、これまでにない豪華な歌集に仕上がっています。
Rock
洋邦問わず幅広く支持を得ている歌い手、二階堂和美。彼女の新作は全曲カヴァーでありながら、しっかりと”二階堂和美色”に染められている。小さい頃に合唱で歌った、TVやラジオで流れていた、そんな馴染み深い選曲と、優しく伸びやかで時にアグレッシヴなヴォーカルは、日本の季節や情景、また個人の記憶を連想させる。涙腺を刺激する温かいうたは、聴く人を選ばないだろう。力みや計算とは縁のない、自然体で輝きのある音楽。自然に出てくるものだからこそ、惹きつけられ、揺さぶられるのだと思います。お洒落にアレンジされたカヴァー・アルバムが溢れる昨今だからこそ、是非聴いて欲しい一枚です。
Rock
聴く者をたちどころに自らの世界に引き込んでしまう圧倒的なヴォーカルと多彩な音楽性を見事に消化し放出してしまうスタイルで世界中で絶大な支持を集めてきた二階堂和美待望のフルアルバム!本作はジャンルを超えたゲスト〜渋谷毅、サケロック、赤犬、レイ・ハラカミ、テニスコーツ、イルリメ、イリシット・ツボイ 他〜を迎え「ポップス」の可能性をさらに広げる傑作となった。
Rock
V.A.
ガールズ・パンク・バンドGARORINZ(ガロリンズ)。様々なイベントの主催や共催、フリー・ペーパー、レコ屋、カフェやライブ・ハウスの運営など、実に多岐に渡る活動を続けている藤井よしえは、福岡のシーンを語る上では避けて通れない存在です。現在癌闘病中の彼女に、何かできないものか? と、彼女と親交の深い15アーティストが集結。そして、全曲ガロリンズとnoumi yoshie(藤井よしえソロ)のカヴァー楽曲のコンピレーション・アルバムが完成しました! 参加しているどのアーティストからも、彼女への思いがひしひしと溢れており、熱量に満ちた作品になっています!
Rock
V.A.
スタジオジブリ劇場公開24作品の主題歌、挿入歌を網羅した主題歌全集2008 年に発売した「スタジオジブリの歌」に最新作追加収録!※配信不可曲あり。CD盤と収録曲が異なります。

News

二階堂和美デビュー20周年記念ライブを広島クラブクアトロで開催

二階堂和美デビュー20周年記念ライブを広島クラブクアトロで開催

二階堂和美デビュー20周年を記念したライブを、広島クラブクアトロで開催することが決定した。 そしてこの “記念”すべき公演に、二階堂がゲストに選んだのは、日本ジャズ界の至宝、渋谷毅オーケストラ。 隠れた名盤と名高い、小沢健二のアルバム『球体の奏でる音楽』

『二階堂和美と渋谷毅』全国3箇所4公演が決定

『二階堂和美と渋谷毅』全国3箇所4公演が決定

二階堂和美にとって、デビューからちょうど20年目にあたる今年、数々のライブやレコーディングで共演をしてきたピアニストの渋谷毅と、神戸・東京・金沢(2日間)の3箇所でライブを開催することが決定した。 今回のライブは、「いつか一緒に曲を作りましょう」と、2人

二階堂和美、珠玉のエッセイ集『負うて抱えて』を2019年1月25日発売決定

二階堂和美、珠玉のエッセイ集『負うて抱えて』を2019年1月25日発売決定

ある日は曲作りやライヴに勤しみ、ある日は寺の仕事に追われ、またある日は子どもとの会話を楽しむ。歌手として、僧侶として、母として、娘として、くるくると役割を変えながら、ままならない日常を仏教の教えとともに生きていく。二階堂和美が綴るかけがえのない毎日の機微

カクバリズム代表・角張渉、自身初の著書でレーベル運営開始からの15年を語る

カクバリズム代表・角張渉、自身初の著書でレーベル運営開始からの15年を語る

角張渉が自身初となる著書『衣・食・住・音(いしょくじゅうおん)音楽仕事を続けて生きるには』を7月7日に発売する。 本書では、YOUR SONG IS GOOD、SAKEROCK、キセル、二階堂和美、ceroなどのアーティストを世に送り出してきたカクバリ

二階堂和美「となりのおにぎり君」テーマ・ソングを制作 曲と楽譜を無料公開

二階堂和美「となりのおにぎり君」テーマ・ソングを制作 曲と楽譜を無料公開

昨年、原作兼プロデューサーにスタジオジブリの代表取締役プロデューサー・鈴木敏夫氏、多くのスタジオジブリ作品に参加している近藤勝也氏の構成・作画によって作られた「となりのおにぎり君」。 同作のテーマ・ソングを、二階堂和美が作詞作曲・歌唱で全面プロデュースし

異端から最先端へ。キツネの嫁入り、4thアルバムが完成!

異端から最先端へ。キツネの嫁入り、4thアルバムが完成!

常に新しい感性や独特のシーン/バンドが派生する京都において、ひときわ独自な世界観と他の追随を許さない活動を続けるキツネの嫁入り。そんな彼らが、メンバーの脱退、転勤、結婚、出産など多くのバンドが直面する危機に直面するも、その感情、経験すべてを武器に、新しい

View More News Collapse
ソウル・フラワー・ユニオン 新ドラマーとして麗蘭のJah-Rahが加入

ソウル・フラワー・ユニオン 新ドラマーとして麗蘭のJah-Rahが加入

ソウル・フラワー・ユニオンからドラマー伊藤孝喜が脱退、新ドラマーとしてJah-Rahが正式加入することがオフィシャル・ウェブサイトにて発表された。 新メンバー、Jah-Rahは仲井戸麗市・土屋公平、早川岳晴と共に麗蘭のメンバーとして活動しつつ、サポート・

二階堂和美 with Gentle Forest Jazz Band新春ワンマン公演開催

二階堂和美 with Gentle Forest Jazz Band新春ワンマン公演開催

来週からアルバム「GOTTA-NI」のレコ発ワンマンツアーがスタートする二階堂和美 with Gentle Forest Jazz Band。 今年1月にも開催し、大盛況、大絶賛の嵐だった東京キネマ倶楽部でのワンマン・ライヴが2017年1月22日に帰って

二階堂和美 with Gentle Forest Jazz Band、新曲MVは往年のハリウッド映画のようにゴージャス!!

二階堂和美 with Gentle Forest Jazz Band、新曲MVは往年のハリウッド映画のようにゴージャス!!

9月7日にアルバム『GOTTA-NI』をリリースする二階堂和美 with Gentle Forest Jazz Bandが、新曲「Nica's Band」のMVを公開した。 「Nica's Band」はアルバムのためにジェントル久保田が書き下ろしたナンバ

二階堂和美の代表曲をビッグバンドで! 新作『GOTTA-NI』詳細解禁に合わせ、特設サイトがオープン

二階堂和美の代表曲をビッグバンドで! 新作『GOTTA-NI』詳細解禁に合わせ、特設サイトがオープン

二階堂和美が、9月7日に二階堂和美 with Gentle Forest Jazz Band名義でリリースするアルバム『GOTTA-NI』(ゴッタニ)のジャケット、収録曲を解禁! さらには非常に味があり、ビッグバンドの演奏を聴くには最適な会場ばかりでのワ

〈カクバリズムの夏祭り〉豪華絢爛出演アーティスト発表

〈カクバリズムの夏祭り〉豪華絢爛出演アーティスト発表

LIQUIDROOMの12周年記念を祝い、昨年に続き開催される〈カクバリズムの夏祭り〉 KATA、Time Out Cafe & Dinerを含む往来自由イベントのアーティストが発表された。 出演アーティストには、YOUR SONG IS GOOD、二階

二階堂和美 初のライヴDVDを発売

二階堂和美 初のライヴDVDを発売

二階堂和美が初のライヴDVDを発売することが決定した。 TVCM「サントリー GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶」や「サッポロ一番」で歌唱を担当しているほか、地元では市のイメージソング制作や、中国新聞でのエッセイ連載など、地域に密着した活動も展開

二階堂和美 忘年会&新年会ワンマン・ライヴ開催

二階堂和美 忘年会&新年会ワンマン・ライヴ開催

二階堂和美が年末年始にワンマン・ライヴをおこなうことが決定した。 今年はCMソングの歌唱、シングル『伝える花』(RCC中国放送被爆70年プロジェクト「未来へ」テーマソング)リリース、同曲の8月6日(木)広島マツダスタジアム広島東洋カープ対阪神タイガース戦

二階堂和美、8月6日広島カープ戦で新曲「伝える花」を歌唱

二階堂和美、8月6日広島カープ戦で新曲「伝える花」を歌唱

シングル『伝える花』をリリースしたばかりの二階堂和美が、8月6日(木)に広島マツダスタジアムにて開催される〈広島東洋カープ対阪神タイガース戦〉にて同曲を歌唱することが決定した。 この日の試合は、広島に原爆が投下された“8月6日”に対する多くの方々の想いや

二階堂和美がお茶の間に NHKドラマ出演&CMソング起用決定

二階堂和美がお茶の間に NHKドラマ出演&CMソング起用決定

二階堂和美が、3月10日(火)22時よりNHK総合で放送のスペシャル・ドラマ「LIVE!LOVE!SING!〜生きて愛して歌うこと〜」に出演する。 同作は、東日本大震災から4年が経過しようとしているいまもなお、故郷を失い続けている福島の高校生達を主人公と

二階堂和美と都市レコードの2マンがU.F.O.CLUBで!

二階堂和美と都市レコードの2マンがU.F.O.CLUBで!

二階堂和美と都市レコードの2マンライヴが、2015年1月17日(土)に東高円寺U.F.O.CLUBにて開催される。同イベントはU.F.O.CLUBの19周年を記念して行われるもの。 インディーの名門レーベル〈POET PORTRAITS〉のレーベル・メイ

二階堂和美、ワンマン・ライヴ〈いつのまにやら15年〉大阪公演開催決定

二階堂和美、ワンマン・ライヴ〈いつのまにやら15年〉大阪公演開催決定

二階堂和美の東京では約3年ぶりとなるワンマン・ライヴ〈二階堂和美 歌のパレード~いつのまにやら15年~〉の大阪公演が急遽開催されることが決定した。 7月23日に発売された大友良英スペシャルビックバンドのアルバム『ええじゃないか音頭』への参加も話題の二階

テニスコーツ、二階堂和美らとのコラボで知られるビル・ウェルズ、日本限定盤『サマー・ドリームス』発売

テニスコーツ、二階堂和美らとのコラボで知られるビル・ウェルズ、日本限定盤『サマー・ドリームス』発売

グラスゴー在住のアーティスト、ビル・ウェルズが10月8日(水)に日本限定企画盤『サマー・ドリームス』をリリースする。 ビル・ウェルズはパステルズ、ジャド・フェア、エイダン・モファット(元アラブ・ストラップ)、イザベル・キャンベル(元ベル・アンド・セバス

この夏マストな「あまちゃん音頭」MV公開

この夏マストな「あまちゃん音頭」MV公開

大友良英スペシャルビッグバンドによるミニ・アルバム『ええじゃないか音頭』に収録される「あまちゃん音頭」のミュージック・ビデオ(ショート・ヴァージョン)が公開された。 夏祭りにピッタリな「あまちゃん音頭」はNHK連続テレビ小説『あまちゃん』の「あまちゃん

二階堂和美、東京グローブ座にてワンマン2days開催

二階堂和美、東京グローブ座にてワンマン2days開催

二階堂和美がバンド編成では約3年ぶりとなる東京でのワンマン・ライヴ〈二階堂和美 歌のパレード ~いつのまにやら15年~〉を開催。東京グローブ座にて9月14日(日)、15日(月・祝)の2日間にわたって行われる。 同公演は1999年の1stアルバムリリー

〈でえれ~祭〉にDJみそしる、青葉市子、二階堂和美、森山直太朗らがライヴ出演

〈でえれ~祭〉にDJみそしる、青葉市子、二階堂和美、森山直太朗らがライヴ出演

岡山県で6月7日(土)8日(日)の2日間開催されるイベント〈でえれ~祭〉にDJみそしるとMCごはん、青葉市子、二階堂和美、森山直太朗、清水ミチコがライヴ出演する。 〈でえれ~祭〉は、岡山県出身のスチャダラパー・BoseがメインMCを務めるトーク・ショー

〈ふみつき2014 ミュージックフェス〉けもの、bonobos、トクマル、二階堂和美を迎え開催

〈ふみつき2014 ミュージックフェス〉けもの、bonobos、トクマル、二階堂和美を迎え開催

7月20日(日)に岩手県盛岡市でおこなわれる〈ふみつき2014 ミュージックフェス〉にけもの、bonobos、トクマルシューゴ、二階堂和美が出演することが発表された。 〈ふみつき2014 ミュージックフェス〉は、岩手県が積極的に取り組んでいるクリーン・

レキシ、『レシキ』の豪華客演陣&武道館ワンマン詳細発表

レキシ、『レシキ』の豪華客演陣&武道館ワンマン詳細発表

6月4日に4枚目のアルバム『レシキ』をリリースするレキシの参加アーティストが発表された。 今回ゲストボーカリストとして参加するのは、阿部sorry大臣ちゃん(阿部芙蓉美)/足軽先生(いとうせいこう)/北のパイセン問屋(怒髪天)/尼ンダ(二階堂和美)/旗

子連れで楽しめる音楽祭〈ハズミズム〉に曽我部恵一、二階堂和美ら

子連れで楽しめる音楽祭〈ハズミズム〉に曽我部恵一、二階堂和美ら

子連れの家族でも気兼ねなく楽しめるというコンセプトの音楽祭〈ハズミズム〉が、11月3日(日)に今治市民の森・野外ステージ(愛媛県)で開催される。 このイベントに出演するのは、自身も三児の父であり、子育てにも積極的だという曽我部恵一をはじめ、4月に第一子

Collapse

Articles

二階堂和美『ジブリと私とかぐや姫』を配信開始

レヴュー

二階堂和美『ジブリと私とかぐや姫』を配信開始

スタジオジブリ最新作「かぐや姫の物語」の主題歌を二階堂和美が歌った歌集アルバムがリリース。ジブリ映画の魅力のひとつでもある「歌」の世界と、その主題歌を歌うアーティストの世界観を同時に楽しむことができる作品となっている。シンガーと僧侶の二つの顔を持つ二階堂和…

二階堂和美『にじみ』

レヴュー

二階堂和美『にじみ』

これぞ日本の歌! 二階堂和美の命が燃えている''二階堂和美 / にじみ''名盤『二階堂和美のアルバム』から5年。多くの人が待望し、その期待を大きく上回る奇跡の一枚『にじみ』が遂に完成しました! 全編に満ち溢れる多幸感。時に鋭く、時に悲しく、時に可笑しく、あ…

タラ・ジェイン・オニールと二階堂和美『タラとニカ』

レヴュー

タラ・ジェイン・オニールと二階堂和美『タラとニカ』

''タラ・ジェイン・オニールと二階堂和美 / タラとニカ''2人のシンガー・ソングライターの奇跡の共演作品が完成。「ニカと一緒にレコードがつくりたい」。2008年、4度目の来日を果たしたタラ・ジェイン・オニールの一言から端を発した本作の制作。共作の相手は、…

recommuni Recommy Award 2008

コラム

recommuni Recommy Award 2008

'''Recommy Award 2008 受賞式'''2009年1月12日、ウリチパン郡にレコミー賞のトロフィーを渡してきました! イベントは、岸野雄一率いるワッツタワーズ主催の『FUCK & TOWN』@o-west。リハーサルとライブの忙しい時間にも…