ビイドロと初めて対バンした時の事を今でもはっきりと覚えている。青柳崇の温和で飄々としたルックスからは、想像もつかない圧力を持った演奏。ありがちな聴きやすさは全然なかった。ライブが終了後には、今まで考えていたボップ・バンドに対するイメージが壊されて、完全にやられてしまったのだ…。

彼らの意味深な歌詞と曲名は、ナンセンスなようで奥が深い。“史上最大の計画は無駄だから最高なのさ”というフレーズなんて、作家伊坂幸太郎のそれと肩を並べる程印象的。しかも今作のタイトルは『冗談の王様』…。その言語感を解き明かすために“史上最大の無駄で最高な企画”を突きつけた。インタビューに引き続いての大喜利大会だ。最初はとまどっていたけど、いつの間にかノリノリの彼ら。たくさんのおもしろ回答をあげて、最終的にはもっとお題を出してくれと言い出す始末(笑)。全てを紹介できないので、今回は優秀作品のみを紹介。ビイドロの音楽を聴きながらどうぞ。

インタビュー & 文 : 池田義文

未発表音源が収録されたCD-Rをプレゼント ! !

ビイドロ冗談の王様』を購入して頂いた先着5名様に、未発表曲「ドリームライン」、「“そうだったの”と午後は過ぎゆく」を収録したCD-Rをプレゼントします。早い者勝ちです !

※ アルバム全曲購入者には、recommuni事務局からメールにて御連絡致します。一番面白かった大喜利の回答をご記入の上ご返信下さい。

INTEVIEW

ーニュー・アルバム『冗談の王様』良かったです。ビイドロのライブが最近すごいとも聞きますよ。

青柳崇(以下 : 青柳) : ありがとうございます。今までの作品の中で一番手応えがあります。周りの反応もいいですね。

ーロック・バンドが持つインパクトがあり、よりバンド・サウンドになってきていますね。

青柳 : 僕はエレキ・ギターから音楽が始まっていて、その後に宅録をはじめて、その頃くるりがポスト・ロック化し始めてまねをしてやっていたんです。一回そっちに頭が行き過ぎて…でも結局自分があがるのはギターを弾いている時だから、一番好きなものを単純にやったら、今回のアルバムに収録されたようなバンド・サウンドになりました。素に戻った感じですね。

ーROOFTOPのインタビューでは、盛り上がりのない同じテンションの曲を作ろうとして、そのような曲調の良さをメンバーに伝えるのに時間がかかったと記載されていました。曲を作る時にはお互いに意見を出し合ったりするのですか?

伊藤倫典(以下 : 伊藤) : 特に意見をしたりはしないですね。あの曲も僕の印象ではちゃんと伝わっていましたよ(笑) 青柳君はちゃんと話をしてくれるので、理解のできる自然な流れでした。

遠藤達郎(以下 : 遠藤) : 僕は元々ビイドロのお客さんだったので、基本的に大好きなんです(笑) 僕と青柳さんはリハーサル・スタジオから帰る方向が同じで、その途中に曲についての話をするとさらに良さが見つかるんです。そして家で改めて聴くと、これはヤバいぞ! となるんですね。

青柳 : すっごい長いメールで褒めてくれるんですよ(笑) でも、スタジオではみんな感情表現が平坦だから、曲を持って行っても解ってくれてないんじゃないかって不安になるんです。

伊藤 : 青柳君は普通の「いいね!」じゃ満足してくれないんですよ。その人の持つマックスの「いいね! 」をほしがっているんですよね(笑)

ー三人を見ていると本当に仲がいいように見えます。

青柳 : 強制的に仲良くしようとしています (笑) ビイドロは2000年から活動していて、何度もメンバー・チェンジがあって、それぞれ入った時期が違うから同じ目線になりづらかった。このままじゃダメだって思って、無理にでもそうしています。前のメンバーの佐藤潤一がバンド経験豊富で「バンドは衝突しないとダメだ」って話をしてて、それ以降ガンガンに思った事は言うし、意見をぶつけるようにしています。だからトラブルは多い方だと思います。

伊藤 : スタジオが3時間あって、その内2時間話し合う事もありますからね。

遠藤 : 僕はとにかく青柳さんの曲が大好きなんです。以前大学の教授ともめて、傷ついて帰ってきて「磁石」を再生したら、もうなんか感動しちゃって ! これはすごいぞ ! と思ってファーとなっちゃいましたね !

ー今の遠藤さんはマックスなんじゃないですか? (笑)

青柳 : もっと欲しい! 気がついたらおしっこ出てたくらいじゃないとダメですね (笑)

ーそれは、迷惑ですね (笑)

青柳 : ここではやらないですよ。俺んち連れて行って、部屋にビニール・シート引いて「さあ、どうぞ !」って。

ー(笑) ありがとうございました。では、お待ちかねの緊急企画『冗談の王様』決定戦 大喜利大会を始めます! お題は新作の曲名から作りました。用意はいいですか?

青柳 : 緊張するなー !

遠藤 : うわっ、こわいな。

『冗談の王様』決定戦大喜利大会

お題 「ビイドロに対するこんなステレオタイプはいやだ !」
答え 「じゃんけんが弱そう」(遠藤)

青柳 : (笑) これはすごい面白いですね ! 確かに僕たち弱そうですよね。これは素晴らしい。


お題 「北極のペンギンが全滅 ! 一体何が起こった?」
答え 「ホッキョク・グマに取り込まれた」(伊藤)

青柳 : 伊藤君の答えは「ペンギンのルックスしてるけど、俺はクマだから」みたいにキレてる感じね。ヤンキーからヤクザへ大人の階段上るみたいなね。それいいな。ドラマが見えるなー。


お題「いい加減すぎる天気予報 。何て言った? 」
答え 「ん〜。じゃあ晴れで。」(遠藤)

青柳 : (笑) 遠藤君はすごいなぁ。爆裂していますね。


お題「ビイドロが遂に世界◯◯選手権一位に! ◯◯選手権とは?」
答え 「世界アマチュア・カーディガン選手権」(遠藤)

遠藤 : 大体カーディガンですもんね。青柳さんのミドリの感じがアマチュアっぽいですよね。

青柳 : ユニクロですからね。

遠藤 : 青柳さんはすごい似合ってるんですよね。僕もカーディガン好きなんです。たまに同じメーカーの色違いを着たりしています(笑)

青柳 : UNITED ARROWSとかね。


お題 「あなたがロボットになりました。第一声は?」
答え 「うぃーん」(遠藤)

答え 「ウー」(青柳)

青柳 : 遠藤とかぶっちゃいましたね〜。


お題 「ライブ中に電気が落ちた! その時のビイドロの行動は?」
答え 「まずお母さんに電話する」(遠藤)

青柳 : これは鉄板な感じですね。さすが実家住まい。


お題 「ビイドロ、史上最大の計画とは?」
答え 「宇宙りょこう」(伊藤)

伊藤 : ビイドロの歌詞の中に宇宙の話がよくでてくるんですよね。

青柳 : すごいさわやかなお兄さんポイ感じ。しかも“りょこう”がひらがなでしか書けないこの頭の悪さが素で出ていいですね(笑)


ーいつの間にかコメンテーターの立ち位置になっている青柳さんが一番面白いことを言っているじゃないですか(笑) じゃあ、“冗談の王様”は誰ですか?

一同 : ダントツで…

遠藤達郎(Dr.)さんです !

(写真向かって右)

LIVE SCHEDULE

  • 3月31日(火) MARUYAMA MUSICS@渋谷O-nest
w/ ビイドロ / ふくろうず / yumeiroecho / 他

・ 5月7日 (木) 『冗談の王様』リリース記念ライブ@渋谷O-nest

詳細は後日発表!

LINK

ビイドロ

2000年結成
これまでに3枚のシングル、2枚のミニ・アルバム、1枚のシングル・コンピレーション・アルバムをリリースする。
2009年3月6日に1stフル・アルバム『冗談の王様』を発売。
5月7日には渋谷o-nestでCD発売記念イベント開催予定。

Fate

Dr.Dog

Album ¥1,543

CLOSE UP : イルリメ

CLOSE UP : MONO

CLOSE UP : moonriders

CLOSE UP : Clare & The Reasons × 今井智子

o

 
 

インタヴュー

渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz
筆者について
池田 社長 (tripxtrip)

ミュージャン、DJ、ライター、ライブ録音エンジニア、肉体労働者。あなたが望めば、何にでもなります。陰核御殿というハードコアバンドでギター弾いています。ミジンコ大好き。チャリが好きで、5月に東京から屋久島までママチャリで遊びに行きました。それだけでイイです。だふにあというダブバンドも始めました。万歳。twitterアカウント:http://twitter.com/tripxikeda

同じ筆者による他の記事