進化を続けるドイツのエレクトロニック・ミュージック

バッハ、ベートーヴェン、ブラームスからシュトック・ハウゼン、クラフトワークのように、ドイツの音楽は常に実験性と大衆性の間で進化を続けてきた。そんな国から、最新のエレクトロニック・ミュージックが届いた。先行発売となったヨーロッパでは音楽誌『デバッグ (DEBUG)』の月間チャートの第1位に輝くなど、すでに話題となっているジャン・ミシェルの新作『Tons Of Fun』。今なお、実験を繰り返し進んで行く最先端のドイツ・エレクトロニック・ミュージックをいち早くお届けします。

質問作成 : 池田義文 翻訳 : 羽生和仁(onpa))))))

INTERVIEW

本作『Tons Of Fun』は前作『The Audience Is Missing』に比べて、ボトムの音が太くなり、より重厚な作品になったと思います。約1年半の間にどのようにサウンドは変化しましたか?

ジャン・ミシェル(以下 : J) : 恐らくそれは、僕がこのところエクスペリメンタルなダブステップに傾聴していた為だと思います。そのシーンの周辺で今起こっている事にとても興味があり、そこでいろいろ実験を繰り返しました。ドラムン・ベース、テクノ、ダブ、アンビエント、ヒップ・ホップ、その他のジャンルもそこでミックスして、更にアイデアを練り出しながら次のカタチを現してきました。最終的に多くのトラックは、ダブステップとは言えないものに仕上がってくるのですが、そういったところに僕の一番の興味が生まれたんです。全般的に、ダブステップ系のトラックについては、やはりボトムの音の太さというのはとても大事なところですし、色々なベースのトーンをはっきりさせますね。

本作でもギターやアコースティック・ドラムなど生楽器の音が随所に見られますが、あえて生の音を混ぜる理由を教えてください。

J : 僕は音に生々しさがある方が好きなんです。だからデジタル・サウンドとアナログなマテリアルをミックスするのは大好きです。友人のミュージシャンがうちに来る時は、一緒に演奏して、それらの録音音源を集めています。しばしば最初に聴いていたサウンドから、跡形もなく変化してしまったりすることもあります。インディーズ・ロックやポスト・ロックのようなジャンルから出てくるギター・サウンドにも興味があります。それが、何故アナログ・サウンドが僕にとって重要な役割を果たしているかという理由にもなりますね。なので最終的に、テクノロジーで構成されたトラックと、オーガニックな要素を含むものが自然と織り込まれるのだと思います。


あなたの作品はどの曲も実験的な部分と、ポップさの両方を兼ね備えていると思います。音楽制作をする上で、その2つのバランスをとる事は簡単ではないと思うのですが、特に気をつけている事はありますか?

J : そうですね、まず正直に言いますとポップさが過剰に出るのは極力抑えています。サウンド面での辻褄合わせを大胆にぶち破られた楽曲がとても好きで、そういう所から素晴らしいトラックが生まれていると思います。僕も挑戦しているのですが、まだなかなか難しいですね。小さい頃に経験したポップ・ミュージックの影響がとても深く根付いていると思います。なのでバランスを取るコツをお話しするところまで達成できてません。ポップさと実験性の間の常なる戦いですよ。勝ったり、負けたり、おあいこだったりです。

崩壊してゆく世界を思わせるサウンドと、大企業のロゴで構成された『Tons Of Fun』のビデオがとても印象的でした。ずばり、あのビデオにこめられたメッセージを教えてください。

J : 込められたメッセージですか。いやー、難しいですね(笑) でもそのように受け止めてもらえて、とてもうれしいですよ! 実は、元々そういうイメージは考えてなくって。『Tons Of Fun』のイメージを魅力的なものとして表現しようとしました。そのイメージを言葉に置き換えるなら「享楽のかたまり」ですね。そこには、社会のあちこちで観察することができる、とても面白いコントラストと現象があります。(ダブステップのパーティーでもそうなんですよ)

ヴィデオについては、この現代、そんな印象を持ってもらったことがとても気に入りました。この点については、とても良い視点を持ってらっしゃると感じましたよ。それ以上に僕が付け加える事はもう何も無いですね。


前作が日本のカレッジ・チャートで3位に食い込み、CDショップでも好セールスを記録する等、日本でも大変好評でした。所属されているonpa)))))レーベルには日本人アーティストも多数いますが、日本人とドイツ人ミュージシャンの似ている部分、または違いなどありましたら教えてください。

J : カレッジ・チャートに入れた事はとても嬉しかったです。日本人アーティストで言いますと、坂本龍一、ケン・イシイ、コーネリアス、kashiwa daisuke、そしてkyokaなどは当然大好きです。白状しないといけないのですが、それほどたくさんの日本人アーティストを知ってるわけではないんです。なので残念ながらご質問に正確に答える事ができないですが、多分、殆どの日本のミュージシャンは、とても遊び心満載で曲作りをしていると思います。恐らく技術の高さが自由度を与えていて、曲作りが楽しみながら遊びのように出来るのではと思います。ドイツの多くのアーティストはコンセプトや頭で考える事が多く、その点が大きな違いの様に感じますね。いや、それは逆かな。。。うーん、わからなくなりました(笑)

日本ではtaicoclubやwireなどのテクノ・フェスが開催されたり、エレクトロ・ブームが起こるなど、テクノ・シーンはまだまだ盛り上がりを見せています。テクノ大国と言われるドイツのシーンはどのように変化していますか?

J : テクノやエレクトロに関わるものを見てみると、ドイツでは何かしらネガティヴなことしか発見できないですね。特に良い変化も悪い変化も無いのが現状です。ミュンスターではいわゆるミニマル系とニュー・レイヴ系のパーティーが主流で、どうしてそうなのか僕にもさっぱり分かりません。

フェアに話しをしますと、ドイツ全体に言えるとは限らないとは思います。僕の住んでいるミュンスターという町からその周辺の出来事だけを見てるかもしれません。何しろダブステップや、その他のエクスペリメンタルな音のパーティーが本当にないんですよね。残念です。しかし、しかし、ベルリンはまったく別です! だからベルリンでライブをやれる時は本当に楽しいです。

ドイツと日本の共通点といえば、やはりおいしいビールかなと思います。ビールは好きですか? また日本に対してはどんなイメージを持っていますか?

J : やっと答えやすい質問が来ましたね(笑) もちろんビール大好きです! それじゃ、日本のビールもいつか絶対にトライしないといけないですね。ドイツのビール以上に、ベルギーのビールがおいしいんですよ。まるでミュンスター出身のジャン・ミシェルのライブをベルリンのクラブで見る時のようにですね。面白い世界です。日本のイメージはやはり技術の発展したイメージですね。テクノ大国です。まだ行ったことが無いので、早く行ってみたいです。ライブででもDJででも。


最後に、来日ライブを待ち望んでいる日本のファンにメッセージをお願いします。

J : 本当に日本でライブをしたいので、早く行けるようにしたいです。楽しみにしてください。そして興味のある方、ぜひレーベルまで連絡ください! 笑

onpa))))) 関連作品

onpa)))))

母体となるMitte Musique Entertainmentの2002年設立から長い準備期間を経て、2005年リリースのコンピレーション・アルバムから作品の歴史がスタートしたレーベル。ジャンルでは括れないレーベル・カラーのモットーは「ポップでありながら常に実験的であれ」。


Ufunfunfufu2 / kyoka (MMOP-CD010)
ファースト・アルバムのリリース以前から、世界中のメディア関係者、アーティスト達からラヴコールが絶えない中、欧州各都市でのライブを経験してきたベルリン在住アーティスト、kyoka のセカンド・アルバム。アディダス(日本)のモデルとしても活躍中、フランスの Digikiことアントナン・ゴルチェとの共作、そして再び、ファーストでもコラボしたMinutemen / The Stooges のマイク・ワットがベースで参加した楽曲も収録。坂本龍一等とのStop Rokkasho 企画、NY 在住のホリノブコとのユニット the Groopies の活動も記憶に新しいkyoka 。





Ufunfunfufu / kyoka (MMOP-CD009)

ベルリンを拠点にエレクトロニック・ミュージック・シーンで新風を巻き起こすkyokaのファースト・アルバム。クロムハーツとのタイアップ・アート・ワークが話題。


April.#07 / kashiwa daisuke (MMOP-CD004)
カシワ・ダイスケのファースト収録曲『april.#02』をセルフ・リミックス。DJ Olive Oil, JEAN-MICHEL, lem, Takeshi Nishimotoがリミックスとして参加している。

PROFILE

JEAN-MICHEL

ドイツ、ミュンスター出身。3枚のアルバムと数多くの12インチのリリースで飾られてきたジャン・ミシェル。過去10年において、 彼の音楽は単にアイデアを楽器に置き換えたメロディーの流れではなく、それに加え、プロダクション環境と電子音の構築に影響を与える様々な技術革新をも反映してきた。

CLOSE UP : nhhmbase

CLOSE UP : SAKANA

CLOSE UP : ECD

CLOSE UP : 犬式 a.k.a.Dogggystyle

o

 
 

インタヴュー

渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz