artist image

Kyoka

Dance/Electronica

2008 年8 月、ベルリンの主要メーカーとドイツ有数のメディアカンパニー「ピラニア・ミュージック」等が組織する委員会「ベルリン・ミュージック・コミッション」が、ベルリンを代表するアーティストを集めたコンピレーションアルバムを企画。ベルリン中の250 組を越えるアーティストの中から、kyoka のファーストアルバム収録の『ybe ybe 』が見事セレクトされる。それをきっかけにドイツ最大の音楽ショーケース『ポプコム(Popkomm )』へ招待されライブを敢行、大成功に終わる。その後、ライブの評価が今まで以上に高まる中、次々とイベントへの出演が期待されている。

Discography

Dance/Electronica
ダンスミュージックと実験音楽を独自のポップフィルターで融合させる才女、Kyokaのニュー12インチEPが日本限定でCD化! 音の響きをストイックに追求した激烈なインパクトの『踊れる実験音楽~ミニマル・ダブ編』! ! 実験 ・電子音楽レーベルの最高峰、ドイツraster-notonレーベルよりリリースした初フルアルバム『IS (Is Superpowered)』(2014年)が各方面で高い評価を得た、ベルリン~東京を拠点に活躍する日本人エレクトロニック・アーティストKyokaがニューEPをリリース! 日本盤CDには12インチよりも2曲多い全6曲を収録。 音の「響き」に興味を持ったのがきっかけで音楽制作を始めたというKyoka。本作EPには、2008年から時々録りためていた、ライブのサウンドチェックやパフォーマンス中に編集・録音した音源を分解・再構築し、非常にユニークな音の響きを纏わせたトラックが収録されている。ライブレコーディングならではの思いがけないビートの変化やクリック~ノイズなど、生き生きとした即興性をそのまま生かしつつ、さらに制作時に滞在したスウェーデン国営の電子音楽スタジオEMSのモジュラーシンセサイザーのパワフルなサウンドもミックス。また、本作では彼女の特徴的な声のサンプルを封印し、よりストイックに音の響きの多様性を追求している。インダストリアルやノイズを飲み込んだ激烈なインパクトとミニマリズムが融合する「踊れる実験音楽~ミニマル・ダブ編」を展開! !
Dance/Electronica
ドイツraster-notonの紅一点、スウィート・カオス・クリエイターKyokaの待望のフルアルバム!ダンスミュージックと実験音楽を独自のポップフィルターでエキセントリックに融合し、より艶やかに、よりアグレッシブにリスナーを煽動する、アドレナリン全開のアドヴァンスド・ダンスミュージック!!
Dance/Electronica
今回の音源は、2009年4月30日にベルリンのクラブ、NBIで行なわれたkyokaのライブ・レコーディング。トラック・リストの内容は、ファースト、セカンドからの曲を中心に、来年発売予定のサードアルバムに収録する曲、オランダ、アムステルダムの『サウンドミュージアム・ドット・FM』というオンライン上のサウンド・アート・ショー・ケースに提供しただけの未発売曲『2zu』、そしてもしかするとこのライブ以降、プレイされないかもしれない曲など、非常に貴重なベルリン・ライブ音源になっています! 観客動員数キャパめいっぱいの500人が詰めかけ、ラスター・ノートンのフランク・ブレットシュナイダー、カヒミ・カリィやもちろんkyokaともコラボ経験のあるモーマスなども応援に駆け寄ったこのライブ会場の様子を、ぜひご堪能あれ!
Dance/Electronica
クロム・ハーツとタイアップしたファースト・アルバムのリリース以前から、世界中のメディア関係者、アーティスト達からラヴコールが絶えない中、欧州各都市でのライブを経験してきたベルリン在住アーティスト、kyoka 。彼女のセカンドアルバムが早くも登場。アディダス(日本)のモデルとしても活躍中、フランスの Digikiことアントナン・ゴルチェとの共作、そして再び、ファーストでもコラボしたMinutemen / The Stooges のマイク・ワットがベースで参加した楽曲も収録。坂本龍一等とのStop Rokkasho 企画、NY 在住のホリノブコとのユニット the Groopies の活動も記憶に新しいkyoka が、ファースト・アルバムで見せた、パラノイアックでいながらも、立体音像構築についての一定の方程式を発現させた実験性の高い新しいダンス・ミュージックは、このセカンド・アルバムによって次の段階に来た。
Dance/Electronica
アルバム収録曲の中から『Running nose』を先行公開。さらに、発売に先駆け、Nina KravizがBoiler Roomにて本作より『Cause to emit sound』(blue spring)をプレイしています。
Dance/Electronica
アルバム収録曲の中から『Running nose』を先行公開。さらに、発売に先駆け、Nina KravizがBoiler Roomにて本作より『Cause to emit sound』(blue spring)をプレイしています。

Related labels

News

今週末開催! UKテクノの至宝プラッド来日ライヴ! 日本勢も参戦決定

今週末開催! UKテクノの至宝プラッド来日ライヴ! 日本勢も参戦決定

1990年代中頃から、〈WARP〉を代表するアーティストとして、そしてピュア・テクノの代表的アーティストとして25年にわたり作品を発表してきたユニット、プラッド。彼らのオーディオ/ヴィジュアル・ライヴ・ショーが今週末12月19日(金)に代官山UNITにて

灰野敬二、MIX CD第2弾リリパ開催

灰野敬二、MIX CD第2弾リリパ開催

灰野敬二 -experimental mixture-の第2弾作品となるMIX CD『The Greatest Hits of The MUSIC』の発売を記念して、リリースパーティーがおこなわれる。 長きに亘り、日本の前衛的現代音楽を主導してきた音楽家

サンリオ×TAICOCLUBハロウィンイベント、TT発表

サンリオ×TAICOCLUBハロウィンイベント、TT発表

TAICOCLUBとサンリオピューロランドがタッグを組んでお届けするイベント〈PINK sensation HALLOWEEN PARTY ~Hello Kitty 40th ANNIVERSARY BASH !~〉のアーティスト及びアトラクションのタ

〈EMAF TOKYO 2014〉開催記念コンピ、OTOTOYで期間限定フル試聴開始

〈EMAF TOKYO 2014〉開催記念コンピ、OTOTOYで期間限定フル試聴開始

10月18日(土)と19日(日)の2日間に亘り恵比寿LIQUIDROOMで開催される〈Red Bull Music Academy Presents EMAF TOKYO 2014〉の豪華コンピレーション・アルバムが完成、OTOTOYから期間限定フル試聴

同時多発音楽イベント〈秩父4D〉に灰野敬二、JOJO広重、大友良英ら集結、100人限定の屋上ライヴも開催

同時多発音楽イベント〈秩父4D〉に灰野敬二、JOJO広重、大友良英ら集結、100人限定の屋上ライヴも開催

11月3日(月・祝)に“同時多発音楽イベント”〈秩父4D〉が開催されることが決定した。 地方都市の新たな可能性をテーマに、アンダーグラウンドの精鋭たちが一同に会する同時多発の一大イベントの開催が決定。このイベントは、ドラびでおこと一楽儀光、日本の音楽シー

〈サンリオピューロランド×TAICOCLUB〉でハロウィンはオールナイト・パーティー

〈サンリオピューロランド×TAICOCLUB〉でハロウィンはオールナイト・パーティー

TAICOCLUBとサンリオピューロランドのコラボレーションが実現! 10月31日(金)にオールナイトのハロウィンパーティ〈pink sensation HALLOWEEN PARTY ~Hello Kitty 40th ANNIVERSARY BASH

View More News Collapse
OPN、ラスティ、トニー・ハンフリーズ、カール・クレイグ、ホールデンなどRBMA、さらに豪華に第2弾アーティスト発表

OPN、ラスティ、トニー・ハンフリーズ、カール・クレイグ、ホールデンなどRBMA、さらに豪華に第2弾アーティスト発表

2014年10月12日(日)から 11月14日(金)まで、東京にて初上陸する、約1ヶ月間、若く才能溢れるアーティストたちを支援する世界的な音楽学校「レッドブル・ミュージック・アカデミー」(以下 RBMA)。このたび第2弾の出演アーティストの発表が行われ

Collapse

Articles

LOCAL REPORT『さんちゃんの金沢愛』VOL.2

コラム

LOCAL REPORT『さんちゃんの金沢愛』VOL.2

VOL.2金沢ローカル・レポート担当のさんちゃんです。第2回となる今回も、金沢のアーティストとイベントを紹介したいと思います。金沢について今月のちょこっと書き。楽器に興味のある方ならご存知かと思いますが、世界最大の楽器フェスといえば「NAMM Show」で…

kyoka インタビュー

インタヴュー

kyoka インタビュー

世界水準の日本人女性アーティスト海外を中心に活動する日本人アーティストが珍しくなくなったことは、単純にグローバル化が進み、移動や通信が簡単になったからだけではない。世界で通用するレヴェルの日本人アーティストが確実に増えているからだ。 それでも言葉も文化も全…

レーベル特集 onpa)))))

インタヴュー

レーベル特集 onpa)))))

'''日本から、ベルリンへ。ベルリンから、世界へ。良質な音楽は、海を越えて。'''クラフトワークから、ジャン・ミシェルへ。YMOからkyokaへ。時代が移り変わろうとも、ドイツと日本のエレクトロニック・ミュージックは、どこか同じ匂いを漂わせながら、常に時代…