News

2014年08月21日18時09分

 
OPN、ラスティ、トニー・ハンフリーズ、カール・クレイグ、ホールデンなどRBMA、さらに豪華に第2弾アーティスト発表
 

2014年10月12日(日)から 11月14日(金)まで、東京にて初上陸する、約1ヶ月間、若く才能溢れるアーティストたちを支援する世界的な音楽学校「レッドブル・ミュージック・アカデミー」(以下 RBMA)。このたび第2弾の出演アーティストの発表が行われた。

今回発表されたものも含めて、会期中に都内で行われる、音楽イベント、ワークショップ、レクチャー、アートインスタレーションなどの約25のイベントの出演者詳細第2弾が発表された。

10月24日(金)
Red Bull Music Academy presents No Requests
渋谷WOMB
ポール・ウールフォードのベース・ミュージック系プロジェクト、スペシャル・リクエスト、ドラムンベース系の大御所、ランドルとDブリッジ、さらにはマーク・プリチャード、そしてイタリアからはニュー・ディスコ系のタイガー&ウッズがライブセットを織り交ぜた待望のオープン・ラスト・ロングセットを。国内からは”Jazzy Sport”のメンバーたちも登場。

11月6日(木)
Red Bull Music Academy presents Harmonics & Heartbreak
原宿Galaxy-Gingakei
ブラックメタル・バンドのリーダーからソロへと転向したワイフ、 LA出身のマ
ルチ・インストゥルメンタリストで才能溢れるヴォーカリスト、カディア・ボネイ)と、アルゼンチンのアンビエント・エキスパート、プラズマ・ルービーが今年の RBMA参加者として出演決定。

Back To Chill - A Red Bull Music Academy Special with The Body
渋谷clubasia
ダブステップの老舗パーティに主催GOTH-TRADに加えて、”RVNG”からデビューしたアヴァンギャルド・メタル・デュオ、ザ・ボディ。GOTH-TRADはDJプレイに加え、ロック・ドラマーの MUROCHINと組んだBERSERKERとしても出演。

11月7日(金)
渋谷Legato
クラブ〈Zanzibar〉でニュージャージーのハウス・ミュージック界を牽引し、NYのラリー・レヴァン/パラダイス・ガラージとも並ぶ称される、レジデントDJのトニー・ハンフリーが登場。またマンチェスター生まれ、ロンドン育ちのプロデューサー/DJ/作曲家で、〈Eglo records〉を主宰するフローティング・ポインツと、日本から 30 年以上のキャリアを持つ DJ NORIが共演を果たします。

11月14日(金)
Red Bull Music Academy presents Senshyu-Raku
恵比寿LIQUIDROOM」
文字通り、会期中最後のイベント。テクノやハウスの重鎮たちが揃う。デトロイトのカール・クレイグ、ロバート・フッドの変名プロジェクト Floorplan(フロアープラン)。フランスの奇才、ペペ・ブラドック、ドイツのハウスを牽引するガード・ヤンソンが出演決定。

さらには前回発表されたイベントにも豪華すぎる追加アーティストも!

10月14日(火)
RED ZONE - A Red Bull Music Academy Special
渋谷HARLEM
ジャスト・ブレイズと、今年の RBMA 参加者であり、元マルチメディア・アーティストのラッパー兼プロデューサー、ジブラ・キャッツ、そしてヒップホップ・レジェンドのマーリー・マールが出演決定。

10月16日(木)
Red Bull Music Academy presents Dorian Concept Live
渋谷WWW
RBMA卒業生で、今秋アルバムをリリースするドリアン・コンセプトが Tokyo Secret Strings Quartetを率いたスペシャル・ライブを披露。さらにサーラー・クリエイティブ・パートナーズとして知られるオンマス・キース、RBMA日本人卒業生の Yosi Horikawa と、今年のRBMA参加者ラファウンダが共演。

10月17日(金)
Red Bull Music Academy presents Wails to Whispers
第二部「Whispers」
西麻布SuperDeluxe
ノイズと静寂という対極の概念を追求するこのイベントでは、弦楽器ハーディー・ガーディーを用いた灰野敬二のパフォーマンスに加え、アンビエント音楽の先駆者ロバート・リッチによる、参加者は寝袋を持参し、音楽を聴きながら寝ることができるという、かの有名な「スリープ・コンサート」を開催。

10月18日(土)&19日(日)
Red Bull Music Academy presents EMAF Tokyo 2014
恵比寿LIQUIDROOM
電子音響の祭典には19日にジェームス・ホールデンが出演決定。またドイツのレーベ
ル”raster-noton”からリリースした楽曲により世界で注目を集める、日本人女性エレクトロニック・アーティスト、KYOKAも新たにラインアップに。

10月18日(土)
DBS - A Red Bull Music Academy Special
代官山UNIT
ダブステップのパイオニア、デジタル・ミスティックズことマーラ&コーキの 2 人が揃っての初来日。

10月22日(水)
Red Bull Music Academy presents Lost In Karaoke
カラオケ館 新宿店
カラオケ館から「日本の音」を世界中のお茶の間へとライブストリーミング配信するユニークな企画には、革新的オンライン・レーベル”Maltine”と”Bunkai-kei”のコラボレーションや、”Onion Records”が奏でるビーバップ/ロカビリーの融合、”Battle Train Tokyo”による独自のフットワークなど、東京の音楽サブカルチャーを代表するクルーたちが一挙集結。

11月8日(土)
Red Bull Music Academy presents The Roots Commandment: Tokyo In Dub
代官山UNIT
ロンドンのルーツ・サウンドシステムのパイオニア、ジャー・シャカとニュージーランドのダブ・クルー、ファット・フレディーズ・ドロップに加えて、RBMA卒業生でありブラカ・ソム・システマのブランコ、今年のRBMA参加者でもあり、つい先頃、ピンチとともにミックスCDをリリースしたマムダンス

11月13 日(木)
Red Bull Music Academy presents 1UP: Cart Diggers Live
渋谷Womb
RBMA オフィシャルサイトで順次公開予定の日本を代表するテレビゲーム音楽制作者達へ敬意を捧げたドキュメンタリー・シリーズ『Diggin' In The Carts』記念イベ
ント。アルバムをリリースするラスティワンオートリックス・ポイント・ネヴァーファティマ・アル・カディリフなどが、ゲーム音楽の作曲家とのコラボなどゲーム音楽にちなんだライヴなどを披露する。

この1ヶ月間、音楽において、東京が最も刺激的な街になるのは間違いない。
(河村)

・イベントの詳細はレッド・ブル・ミュージック・アカデミー公式日本サイトで!
http://www.redbullmusicacademy.jp

TWELVE PROCESSING(24bit/48kHz)

mergrim, DJ SODEYAMA, Kyoka

¥ 2,037

Brainfeeder X

V.A.

¥ 2,881

Bleep:10

V.A.

¥ 1,885

HYPERDUB 10.1

V.A.

¥ 2,515

Love In The Time Of Lexapro

Oneohtrix Point Never, (Sandy) Alex G, Oneohtrix Point Never

¥ 1,047

Brainfeeder X

V.A.

¥ 2,515

Under The Sun

V.A.

¥ 2,096

SH

Kyoka

¥ 1,257

TWELVE PROCESSING

Kyoka, DJ SODEYAMA, mergrim

¥ 1,834

HYPERDUB 10.3

V.A.

¥ 2,096

Love In The Time Of Lexapro

Oneohtrix Point Never, (Sandy) Alex G, Oneohtrix Point Never

¥ 838

A Badman Sound / Heath Town / Inf Inf Inf Inf

Bibio, Clark, Mark Pritchard

¥ 628

関連ニュース