澄み切った激情、染み入る唄

Discharming manの音楽は、彼らの出身地である札幌を思わせるようなピンと張り詰めた空気感があり、澄み切っている。bloodthirsty butchersの吉村秀樹がギター、プロデュースで全面的に参加したという今作『dis is the oar of me』。重厚で轟音なサウンドと、全身全霊で叫ばれるエモーショナルなヴォーカルは、聴く者の心に染み入り、強く揺さぶる。蛯名氏の考える”唄”とは一体何なのだろうか。話を伺った。

INTERVIEW

インタビュー&文:井上沙織


大衆性のある音楽をやりたいと思った

—前バンドのキウイロールを解散して、Discharming manを始めたいきさつは?

蛯名啓太(以下蛯名):もともとキウイロールのときから唄ものの曲はあって。自分の中で、もっとわかりやすい、大衆性のある音楽をやりたいなあと思っていたんです。そういう話をメンバーにしたら、メンバー間で意見が分かれて。それだったらキウイロールと平行して、一人でやりたいことやろうかなと思ったんです。でも案の定そんなこと全然出来なくて。それでキウイロール辞めて、自分のための人生を生きたいなと思って始めました。

—今のメンバーになったのは自然な流れだったんですか?

蛯名:最初はラップ・トップのパソコンとかサンプラーを使って、1DJ・1MCみたいな感じでやってました。THA BLUE HERBとかECD、サイプレス上野とロベルト吉野とか、ああいう表現を自分なりに出来ないかなと思って。でもやっていくうちに、作品だと成り立つけど、いざライブってなると曲が表現したいことに勝ってしまうことがわかった。これは良くないと思って、一緒にやったら面白いかなっていう友達を誘い始めました。途中いろいろ模索しながらも、5人に落ち着きましたね。それでやっていったらのびのびと歌えて、肩の荷が下りた感じです。そのあと吉村秀樹さん(bloodthirsty butchers)が入ってきて今のメンバーになりました。

—吉村さんが入って、何か影響はありましたか?

蛯名:よくないこだわりが消えていって、自分の持っている部分以上のものを引き出してくれましたね。気合いを注入してくれたというか。でも気合いだけじゃなくて、ちゃんと曲に歩み寄って深く入ってきてくれるし、俺の曲の世界を増幅して出してくれる。Discharming manは俺のものであって俺のものじゃない。俺のものって始めたはずが、皆のものでありたくなってきたんですよね。

—bloodthirsty butchersをはじめ、札幌の音楽シーンには個性的なバンドが多いと思うんですが、その辺って意識したりします?

蛯名:今も昔もいっぱいバンドいるんですけど、本当に凄い人っていうのは北海道っぽい部分を意識していない。そういう人達がやっぱり凄いんですよね。そこを踏襲しているというか、意識している人達に凄い人はいないですね。音楽をやっているのは自分であって、別に土地で音楽やっているわけじゃない。だから変に意識している人がいたら、早くやめたほうがいいですね。自分と向き合ったほうがいい。

—作品から受けるイメージとはまた違って、ライブはエモーショナルというか、グッとくる熱さがありますよね。

蛯名:Discharming manをやる上で、当初はそういうライブを避けていたんです。もっとちゃんと歌を届けたいって思いが強くて。激情的にやると、ちゃんと歌えなくなったり、演奏できなくなったり、曲の良さをライブで伝えられない。それはキウイロールの時から良くも悪くもあって、自分達が楽しくなきゃいけないのに、暴れなきゃいけないみたいな雰囲気が出ていて、そういうのがちょっと嫌だったんです。でもここへきてキウイロールの時と変わらなくなってきました。一回ちゃんと「歌を届けよう」っていうのを踏んでいるから、同じことやっているんだけど、やりたいことは出来てるんですよね。でもまだまだ通過点です、もっと良くなる予定なので。


俺がまずやりたいことをやっていかないと意味が無い

『dis is the oar of me』は、唄が前面に出ていますね。意識して録ったものなのでしょうか?

蛯名:俺は特に何も考えていなくて、今回プロデュースを任せた吉村さんの意向ですね。吉村さんは歌詞とかもちゃんと聴いてくれていて、埋もれちゃうと意味ないからって。もっと迫力のあるサウンドでワーっとすることも出来ると思うんですけど、俺が中心にいるDischarming manの発端の部分も理解してくれてるんですよね。単純に楽曲のバランスで言うと、唄を歌うための演奏だと思う。インストじゃないから、唄があって成り立つというか。かといって演奏も結構凄いんですけどね。バランスの良いものができたかなと思います。

—トータルで70分近くありますけど、空気が張り詰めていて、曲の流れにも緩急があって全く飽きないですよね。

蛯名:昔から自分が飽きないように、1曲1曲丁寧に作ってます。トータルでだれない、集中力があるアルバムになったかな。演奏だけの部分も歌の余韻が残るようにしてるし、そういうところはすごく大事にしました。わかりやすくやろうと思った部分と、キウイロールの時の良い要素、全部が合わさって出来たアルバムですね。

—蛯名さんの曲って2面性があると思うんです。全体的に突き放しつつもつかんで欲しいみたいな。

蛯名:そうなっちゃうんですよね。諦めと寛容が一緒になってる。やっぱり人に興味があるんですよね。悲しいだけの曲とか、嫌な気分にさせて終わるとか、演奏したあとに嫌だと思うことがあって。もっと曲に責任を持ちたいなって思います。かといって決め付けたりはしたくないし、聴き手に選択肢があって欲しい。歌詞も色んな風に取れるようにはしてますね。

—唄ものってより多くの人に届きやすい音楽だと思うんですが、ポピュラーなものにしたい、という思いはありますか?

蛯名:あります。そのために音楽やっているし。好きなことを好きなようにやっていくというのは、結構簡単だと思うんです。多くの人に届けることとか、何かを犠牲にしていくこととか、聴き手にとって聴きやすい状況を整えて聴かせることのほうが大変だと思う。今はインストとか激しい音楽とか、若いバンドでも凄い上手な演奏でバキバキに決めてたりしてますよね。そういうバンド聴くのは好きだし、好きなバンドもたくさんいるんですけど、俺がやることじゃないなって。曲を作って言葉を並べて唄を歌うことがしたいし、それを広めていきたいなって思います。俺にそういうの求めない、物理的に激しいものを求める人がいるのも知ってるけど、俺がまずやりたいことをやっていかないと意味が無い。混沌とした曲を好む人が好きになる楽曲じゃないと思うんですけど、そういう人も引き込めるような、納得してもらえるような力強い唄を歌いたいですね。

LIVE SCHEDULE

Drawing dis campus tour

2月20日(FRI)@岡山 PEPPER LAND
2月22日(SUN)@福岡 ROOMS
2月27日(FRI)@札幌 KLUB COUNTER ACTION
2月28日(SAT)@旭川 CASINO DRIVE
3月13日(FRI)@名古屋 CLUB UP SET
3月14日(SAT)@大阪 sunsui
4月3日(FRI)@仙台 PARK SQUARE
4月4日(SAT)@宇都宮 HELLO DOLLY

LINK

Discharming man web http://trafficjpn.com/discharmingman

Discharming man Myspace http://www.myspace.com/discharmingman

Discharming man所属レーベル traffic http://trafficjpn.com/

蛯名氏が運営するレーベル 5B Records http://www.5brecords.com/

Discharming man

2004年12月に解散した"kiwiroll"のVo.蛯名啓太が、2005年初頭から札幌にて、納得いく伴奏で、しっかりと歌を届けたいという目的で始めたもの。当初は機械的なサウンドを標榜していたが、その後アコースティック・セットに移行。その流れでドンドン演奏する人間が増えていき、今は6人でのバンド編成が活動の主になる。"bloodthirsty butchers" の吉村秀樹もギターで参加。普遍的かつ未知のサウンドへ突入している。今までDemo CD-R1枚、アルバム1枚、シングル3枚、V.A1枚(inherited allianceとの共同リリース)を蛯名が運営する5B recordsからリリースしている。蛯名啓太は現在も札幌在住である。

CLOSE UP:MOONRIDERS

CLOSE UP:世武裕子

CLOSE UP:埋火

CLOSE UP:相対性理論

o

 
 

インタヴュー

過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz
宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月29日・アイドル楽曲もおまかせください! 宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始 インディ・シーンを騒がせているバンドを多数生み出し、いま注目を集めている栃木県の宇都宮シーン。その大きな特徴といえば、メロディに比重をおく“メロディ至上主義”だという。そんなシーンの中でもひときわ輝くメロディを響かせるロック・バンド、Someday's Goneが、新作フル・アルバム『Someday You Will Be Loved』を、12月13日(水)にリリースする。The All-American Rejectsをはじめ海外エモ・シーンからHi-STANDARDなどのメロコアなどからも影響を受け、それらをポップスとして昇華し、ジャンルにとらわれない楽曲を生み出している。今回OTOTOYでは、そんな彼らの新アルバムを12月6日(水)より1週間先行にて配信開始、そして1週間の期間限定でリード曲「Giving It Away」のフリー配信も実施! Someday's Goneがどんなバンドなのか、メンバーのニシヤシュン、サトウショウヘイに話を訊いた。 胸が高鳴ること間違いなし10曲を先行配
by 岡本 貴之