遠藤友梨恵のソロ・ユニット、ユピトーク。これまでに3枚のDEMOをリリースし、世界各国のミュージシャンを集めたコンピレーションCDに参加してきた彼女が、待望のデビュー・アルバム『the pillow books of yupitalk』を8月19日にリリースする。これは、日々の暮らしの中で感じたことを記した"枕草紙"のような作品。今回はそのアルバムの中から「低空飛行船」が先行配信となった。

彼女が作るメロディには、女性ならではの柔らかさと、そばに寄り添うような居心地の良い温かさがある。一方で、エフェクトの利いたギター・リフを全面に打ち出すなど、ロックな一面も見せている。優しく軽やかにうたうヴォーカリスト。じわじわと染みるメロディを紡ぐポップ・ソング・ライター。多彩な顔を持つミュージシャンだ。彼女の考えるポップスについて、話を伺ってみようと思った。

インタビュー&文 : 井上沙織


INTERVIEW

—以前はバンドを組まれていたそうですね。

Lodgeというバンドでキーボードを弾いていました。その頃はバンド内に曲を作る人がいて、フレーズとかも指示通りに演奏するという感じでした。自分で曲を作りたいとは思っていたけれど、それを実現するところまでは考えていなかったですね。いろいろあってバンドを辞めたんですけど、そのときは「もう音楽なんて辞めてやる! 」とすら考えて、裏方にまわったり、企画イベントをやろうかなと思っていました。

ユピトークとして再びソロで音楽活動しようと思ったのは何故ですか?

「辞めてやる! 」 と思いながらも、やっぱり表現をしたいなという想いはあったんです。それでまずLodgeを辞めてから、ひとりで録音を始めました。でもアレンジとか録音って、技術が必要なんですよね。自分ではしっかり出来ないので、ジレンマがあったんです。そこで、たまたまそのときメンバー募集をしていたバンドに加入しました。何回かスタジオに入ったんですけど、やっぱり自分で好きなようにやりたいと思うようになっていって、それできちっとソロでの活動を始めました。

ユピトークでは、最初から歌がメインだったのでしょうか?

そうですね。メロディがある曲が好きなんです。今聴いても色褪せない曲って、やっぱりメロディがいい曲だと思うんですよね。そういう曲を書きたいと思っています。

—遠藤さんは、どんな音楽に影響を受けてきたのでしょうか?

中学生くらいのときからThe pillowsをよく聴いていました。音楽的に影響を受けているかはわからないですけど、すごく好きですね。

—今作『the pillow books of yupitalk』では、ミックスとマスタリングに高橋健太郎さんを迎えていますね。

2年前の夏にゆーきゃんのライヴを観に下北沢へ行ったとき、健太郎さんが対バンで出演していました。「すごいギター上手いけど、この人は何なんだ?! 」と思ったのが第一印象ですね(笑)。家に帰ってmixiとMySpace両方でメッセージを送ったら、その後に控えていた私のユピトークとしての初ライヴを観に来て下さったんです。そのときにきちんとご挨拶させていただいたんですが、話してみると共通の知り合いが多いことに気付きました。SPIROの中島君と3人でモナ・レコードでのアコースティック・イベントを企画したときは、健太郎さんが曲を作って、私が歌詞をのせるという共作もしました。そして、今のレーベルBabyBoom Records Japanと知り合って、CDリリースの話になったときに、ダメもとで健太郎さんに頼んでみたら受けてくれたんですよね。

—健太郎さんと録音することによって、デモにも収録されている曲に変化はありましたか?

基本は一緒なんですけど、健太郎さんのフィルターを通すことによって柔らかくて温かい仕上がりになったなあと思っています。

—『the pillow books of yupitalk』にテーマはありますか?

活動をはじめて2年位経つんですけど、その2年間の集大成になっています。バラバラすぎて曲順を決めるのが大変だったので、2枚目があればちゃんと考えて作ろうと思っています(笑)。

—いろんな音が入っていますが、全部自分で演奏したのですか?

ほとんどそうです。ライヴでは編成をきちんと決めていません。弾き語りだったり、打ち込みのリズムを流してベースだけサポートに入ってもらったり、バンド編成のときもあります。自分の音楽をどういう編成で演奏するのが良いのかがわかるのにもう少し時間が必要だと思っているので、今はフレキシブルにやっていますね。

—以前、海外のラジオで楽曲がオン・エアーされたと伺いました。

MySapceをきっかけにレーベルのBabyBoom Recordsと知り合い、コンピレーションCDに参加させていただきました。BabyBoom Recordsはイギリスが母体で各国に支部があるレーベルで、そのコンピレーションCDもイギリス、アメリカ、フランスなどのポピュラー・ミュージックから、日本、カナダ、レバノンのバンドまで、地図にしたらぐるっと地球を一周できそうな、多岐にわたるミュージシャンが収録されていたんです。それがBBC Bristol(イギリス)やNetSounds(スコットランド)などのラジオでオン・エアーされて、いろんな国の人が聴いてくれたみたいです。インターネットでも聴けたので、自分の曲が紹介されているのを聴いてみたら、「ユッピトーク! 」って言われていました(笑)。外国の人は“yu”という発音の概念がないのか、言いづらいみたいなんですね。だから人によっては“ヤピトーク”という発音になったりするみたいです。

—遠藤さんは音楽活動をしていく上でインターネットを活用されていますね。そのスタンスは今後も変わらないのでしょうか?

音楽に接する方法はいろいろあっていいと思ってます。CDが売れなくなっている中で、ネットを通じた活動が選択肢のひとつとして受け取ってもらえればいいですね。


おすすめ歌ものポップス



BLIND MOON / SAKANA

2000年発表の日本が誇る名盤。ゆらゆら帝国の阪本慎太郎、クラムボンの原田郁子ほか、数多くの有名ミュージシャンからも賛辞を得た彼らの代表作。楽曲、音質、アルバムとしての流れや表現力、全てのクオリティが高いです。



PURPLE / Spangle call Lilli line

大学時代の友人で結成し、10周年を迎えた彼ら。メロウなサウンドと、静かでありながら芯のあるバンド・アンサンブルが混じりあい、心地よい浮遊感を生み出しています。

Yoi Toy

YOMOYA

Album ¥1,200



Yoi Toy / YOMOYA

人懐っこくもオルタナティヴ。日本語ロックのニュー・スタンダードとも言うべき、ゼロ年代型シティ・ポップの名盤。 2008年末、プロデューサー/エンジニアに、OGRE YOU ASSHOLEの出世作 『アルファベータ vs, ラムダ』やmooolsの名盤『モチーフ返し』を手がけた7e.p.の斉藤耕治と多田聖樹を迎え制作された2ndアルバムは、 常にライヴのクライ マックスを演出してきた11分強の大曲「雨あがりあと少し」をはじめ、 確実にバンドがネクスト・レヴェルに上ったこと、そして大きな舞台に羽ばたくであろうこ とを確信させる、溢れんばかりの魅力、パワーが宿った8曲+α。

LIVE SCHEDULE

  • 7月31日(金)@高円寺CONNECTION
“love’s getting out of fashion #1″
w : CAUCUS (solo set) / 石黒重久
DJ : Kato-chang Jr.(CAUCUS, bluestars night) / Chihiro(Babyboom Records Japan)
start 19:30 / charge FREE


LINK


PROFILE

ユピトーク

古都・金沢生まれ福島育ち東京在住、遠藤友梨恵によるソロ・ユニット「ユピトーク」。
ドリーミー歌ものバンドLodgeのキーボードとして活動後、2007年、インターネット・テクノロジーを駆使して活動開始。USインディー経由トーキョー発のフォーク・ポップ・ミュージック。日々想い、暮らすこと、夢見ること、大人であり子供であること。そんな音楽。


CLOSE UP : クラムボン

CLOSE UP : ジャック達

CLOSE UP : Anathallo

CLOSE UP : neco眠る

o

 
 

インタヴュー

過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz
宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月29日・アイドル楽曲もおまかせください! 宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始 インディ・シーンを騒がせているバンドを多数生み出し、いま注目を集めている栃木県の宇都宮シーン。その大きな特徴といえば、メロディに比重をおく“メロディ至上主義”だという。そんなシーンの中でもひときわ輝くメロディを響かせるロック・バンド、Someday's Goneが、新作フル・アルバム『Someday You Will Be Loved』を、12月13日(水)にリリースする。The All-American Rejectsをはじめ海外エモ・シーンからHi-STANDARDなどのメロコアなどからも影響を受け、それらをポップスとして昇華し、ジャンルにとらわれない楽曲を生み出している。今回OTOTOYでは、そんな彼らの新アルバムを12月6日(水)より1週間先行にて配信開始、そして1週間の期間限定でリード曲「Giving It Away」のフリー配信も実施! Someday's Goneがどんなバンドなのか、メンバーのニシヤシュン、サトウショウヘイに話を訊いた。 胸が高鳴ること間違いなし10曲を先行配
by 岡本 貴之
筆者について
井上 沙織 (さ)

ototoy編集部で日々山盛りの仕事に囲まれながら、素敵な音楽や人との出会いを探しています。

同じ筆者による他の記事