【EMPiRE】Epsode0.1 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)

BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループが誕生した。

その名は、EMPiRE!!

エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれたEMPiREは、BiSHを手がけているチームが担当を行うという。当初はTwitter“10,000フォロワーで顔の公開”という条件で活動が始まったが、謎のフォロワーの買収などにも見舞われつつ、9月28日、ついに全員の顔が公開された。

少しずつ見え始めたEMPiREの動向に迫る連載第2回目は、EMPiREの衣装制作、そしてアーティスト写真などの撮影・デザインを手がける外林健太へのインタヴューを行なった。BiSHでの衣装制作、撮影を通してクリエイティヴ欲求が高まり、次のステップへと向かう外林はEMPiREでどのような活躍を見せ、どのような役割を担うのか。EMPiREへの期待は高まるばかりだ。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎

Epsode0.1 : 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER)

外林健太

ーーEMPiREの衣装は、WACKの他グループと比べてもインパクトがあるなと思うんですけど、どういうコンセプトで作られたんでしょう?

外林健太(以下、外林) : コンセプトはあったことはあったんですけど、渡辺(淳之介)さんとavexさんとのインタヴュー(https://ototoy.jp/feature/2015030505)で「ジェダイを意識している」って言っていたじゃないですか? そんなことは聞いていなかったので、上手いこと誘導されているんだなと思いました(笑)。

ーーそこは明確に共有されていたわけじゃないんですか!?

外林 : 決まっていたのは「目しか見せたくない」ってことだけでした(笑)。

ーーそうなんですね(笑)。外林さんと渡辺さんは10年近い付き合いなので、阿吽の呼吸というか、細かく指示せずとも共有できるんでしょうね。

外林 : 渡辺さんはこっちに考える余地がある範囲で上手いこと伝えて来てくれるし、任せてくれますから、ある意味、そういうことなのかもしれないですね(笑)。

ーーBiSHのスタート時の外林さんのインタヴュー(https://ototoy.jp/feature/2015030505)を読むと、客観的に衣装を作るために、以前のBiSではあまり感情移入しないようにしていたそうですけど、そういう意味でいえば、BiSHに関しては感情移入しているように見えますけど。

外林 : めっちゃ感情移入していますね(笑)。

ーーその違いは、なんなんでしょう。

外林 : BiSHは、一緒にいる時間が長かったことが大きいと思います。かつてのBiSはプー・ルイの初期活動を見ていたくらいだったけど、BiSHはオーディションから全部見ていますし、最初の方はライヴにも全部行っていたので、子どもじゃないですけど感情移入してもいいかなと思ったんです。

ーーとはいえ、ここまで感情移入するとは思っていなかったんじゃないですか?

外林 : 思っていなかったですし、想像もできていなかったですね。BiSのときって、メンバーに感情移入したスタッフが辛くなって離れてくことも多かったじゃないですか? BiSHは、渡辺さんが独立して事務所を作ってから始めたグループで、いい意味で大人との関係もできていたから、感情移入しても問題ないだろうと。あと、活動初期は渡辺さんとライヴ制作の佐藤(裕介 / KMミュージック)さんと僕しかいなかったので、自分がそこにいる意味があると思って、ライヴもほぼ抜けなしで撮っていたんですよ。BiSでできなかったドキュメンタリーじゃないですけど、もっとメンバーの中に入りこむことで撮れる写真があると思ってやってきたんです。でも、それは幕張メッセでやり終えたと思っていて。

ーーえ!? どういうことですか?

外林 : いろんな人に言ってもわかってくれないんですけど、BiSHはずっと進化し続けているから、僕はひとつやり終えたと思っているんです。

ーーやり終えたっていうのは、BiSHが外林さんの手を離れたってこと?

外林 : うーん、感情移入していたときとは違うアーティスト性がBiSHに出てきたのと、あとは(エリザベス)宮地さんのように深くまで密着する人もいまはいるから、僕は違う方向でついていかないと意味がない。ライヴは大事なものだと思うけど、自分が関わる仕事として、ライヴより重要なものがあると思うんです。今って、お客さんもライヴ写真を撮れるじゃないですか? 「そってぃーさんが撮る写真が大事」っていろんな方に言っていただけるんですけど、今、自分の仕事とかやりたいこととして、ベストなスポットはそこじゃない。今のBiSHは進化したから、僕は僕でBiSHのライヴをストレートに写真に収めるだけじゃなく、自分からそこに企画を出したり、撮り下ろし写真を撮ったり、スイッチを切り替えないとダメかなと。

ーー外林さんは、衣装とアーティスト写真だけでなく、写真集のデザインも手がけていますし、BiSHのクリエイティヴで欠かせない存在ですよね。

外林 : 今度リリースされる〈NEVERMiND TOUR RELOADED〉ツアーのDVD初回限定盤に付く写真集を作らせてもらっているんですけど、ずっとモヤモヤしていて。avexさんとしゃべっている中で思い浮かんで提案したんですけど、幕張のライヴ写真に加えて撮り下ろし写真も収録するために幕張の海に行って撮影したんです。それを思い付いたとき、ちょっとはモヤモヤが解消できたと感じて。改めて企画を考えて撮り下ろすってことは自分にしかできないことだし、そのアイデアも加わって写真集が出せるってなった時に、ちょっと先が見えた気がしたんです。

ーーBiSHとの関わり合いを経て、外林さんのクリエイティヴへの欲求だったり、創作意欲が強くなってきたんですね。

外林 : どっちが上とかじゃないんですけど、いまのBiSHはかつてのBiSより売れているじゃないですか? それとともに、いつのまにかBiSHの方が自分よりも上に行っていた。自分のなかでそんな雰囲気もあるんですよ。それに対して、ちゃんと対応できるものを作らないといけない。誰にでもできるようなものじゃダメだし、今のBiSHに必要なものを僕が作らないといけない。もちろん、それは全アーティストに対して思っていることなんですけど、BiSHはデビュー時から見ているので、よりその気持ちが大きいんです。

ーーBiSHのために作る衣装だったり写真は、メンバーやスタッフの期待を超えるようなものを作らなければならないと。

外林 : この衣装がないと今のBiSHのライヴはできないってくらいの衣装を出さないと、BiSHに仕事いただいてるみたいになっちゃう。もちろんいただいてるんですけど(笑)。ただ、そこはBiSHと同等の位置にいないといけない。メンバーがどう思ってるのかわからないですけど、そこの戦いというか、プレッシャーが常にあります。他のグループを見て、もっと衣装をよくしたらもっと売れるのにとか、もっとおしゃれな衣装を着てたいらもっと売れてたかもしれないと思うこともあるんです。同じように他の人から見られたとき、BiSHに対してマイナスな印象を持たれたくないし、やっぱこれだなと思うところに持っていきたい。そこはBiSもギャンパレも一緒ですね。

ーー前回のインタヴューで、淳之介さんと松隈(ケンタ)さんと同じように、外林さんの知名度も上げないといけないって仰っていたと思うんですけど、前回から時間が経って、そこの気持ちに変化はありますか。

外林 : そこは結構変わってきてるかもしれないです。知名度が上がることは嬉しいことなんですけど、渡辺さんとか松隈さんと考え方は違うなと思っていて。名前が出たいとか、やっぱり衣装は外林だよなとか言われたいと思いつつ、やっぱり自分は表に出たくない人間だとは思っていて。作りたいものを作ってないと生きれない感じがあるんです。今の悩みは、1人じゃ手が回らないようになってきているところですね。自分がやりたいことを100%出せるような状態を常に作っておかないといけないなというのは課題です。

どこかの王国の娘さんみたいな感じで接したい(笑)

ーー外林さんはEMPiREのオーディションも合宿にも参加していて、BiSHの時と同じく最初から参加してる状態じゃないですか。どういう距離感で関わっていくのかというところは考えていますか。

YUKA EMPiRE

外林 : BiSHがはじまったときは、渡辺さんから企画書が送られてきて、友だち同士でやろうってノリだったんですけど、EMPiREは逆に距離をとろうと思っていて。はじめからavexさんが関わっていることもあって高貴なイメージがある(笑)。もちろん、全然関わらないっていう距離のとり方じゃないんですけど、もっとちゃんとしたアーティストとして扱いたいというか… 言い方が難しいんですけど、どこかの王国の娘さんみたいな感じで接したいなと考えていて(笑)。

ーーあははは。前回のインタヴューで、スクールカーストで上の人っていう話がでましたけど、たしかに綺麗な子が多いですよね。

外林 : 落ちこぼれ感はしないですよね。最初に決まっていた2人は完全にいままでのWACKの子たちとは違うタイプ。後から入った子は、どっちかっていうと渡辺さん系ではあるかもしれないですけど。いずれにしても、YUKAとYU-Kiがいることで、調子に乗れるのかなって。

YU-KI EMPiRE

ーー調子に乗れるっていうのは?

外林 : 高貴な感じだから、偉そうにしていいんじゃないかって(笑)。はじめからアーティストだぜって感じでいいと思うし、こっちもそういう扱いをした方がいいのかもしれない。渡辺さんは下ネタとかを言って、ふざけて場を和らげるタイプじゃないですか。でもそういう方法じゃないアプローチもあるわけで、avexさんと組む上でそういう効果も狙ったはずなので、僕も今までのWACKの女の子と扱いをわざと変えようかなとは思っていますね。例えば、BiSHが一緒にいても、あからさまにEMPiREとは違うような対応をしたほうがおもしろいかなって(笑)。

ーーたしかに、すでにオーラがある気がしますもんね。

外林 : そういう扱いを受けた女の子が、どういうアイドルになるか見てみたいなと思うんです。「お前ら、今すごいことになってんぞ!!」っていうプレッシャーを与え続けられた子たちは、今までのWACKの子たちとは違う方向に絶対いけると思うので。

ーーつまり、想像を超えたようなグループになることを目的としていると。

YUiNA EMPiRE

外林 : それは、EMPiREの衣装にも出ていると思っていて。ああいうデザイン自体、自分は絶対に作りたくない人間だったので。わかりやすく黒と白みたいな、ああいうパキパキ感とか、自分でも新しいアプローチができそうだなとは思っています。

ーー外林さん自身も、やったことのないアプローチで臨んでいこうと。

外林 : それは確実にありますね。なんだかんだ、BiS、BiSH、ギャンパレで違いを作っているつもりですけど、自分のなかでは延長戦にあるので。自分の中にも新しい要素がほしいので、引き出しを増やしていきたいし、EMPiREをやらせてもらうなかで、そこもちょっと変われるのかなって思っています。

ーー先日、メンバー全員の顔出しがされました。次の衣装も作っているんですか?

外林 : あれでライヴはできないと思うので、変えるとは思うんですけど。

ーーもしかしたら、お披露目の時には衣装が変わってる可能性もあると。

外林 : そうですね。

avexさんの本気を見てみたい

ーーちなみに、アーティスト写真も外林さんが撮っていくんですよね。ヴィジュアル面におけるアプローチも変わっていく可能性があるんでしょうか?

MAYU EMPiRE

外林 : 顔出しする前のホームページのフォーマット見ました? あんなにかっこいいフォーマットって、今までなかったじゃないですか(笑)? 今までがちゃんとしてなかったわけじゃないんですけど、avexさんだ!! って感じるところが所々にあるし、avexさんと渡辺さんのイメージするものが最終的に僕のところに来るんですよ。そこらへんは活動が始まっていかないとわからない部分も多いんですけど、BiS、BiSH、ギャンパレみたいに、ノイズを入れたり彩度を下げたりして、写真を加工して汚くする感じにはならないかなと思っていて。ブレブレのやつとか汚い感じは取り払って、綺麗なイメージで作っていくのも新しいのかなと思っています。

ーー前回のインタヴューで、外林さんは美大生だったから世の中への出し方を知らない状態だったけど、渡辺さんに出会ったってことがよかったとおっしゃっていました。今後、渡辺さんとはどういう関係性を築いていきたいですか。

外林 : そこは変わりたくないなと常に思っていて。渡辺さんは現場好きなので、ライヴだけじゃなくて、人がいるところに来る人なんですけど、いまは何組も抱えているし、全部のアーティスト現場に行くのは無理なので、現場で会う機会が減ってしまって。現場でしゃべってクリエイティヴに関するアイデアが出たり、飲みの席でアイデアが出たりしてたので、そこはさみしいかなって気持ちはあります。でも、それだけ盛り上がっているってことなので、こっちからアプローチしてそういう時間をとっていきたいですね。

MiDORiKO EMPiRE

ーー外林さんが、EMPiREに関して期待していることはどんなことでしょう。

外林 : avexさんの前で言うのはあれなんですけど、avexさんの本気を見てみたい気がします(笑)。BiSHは、渡辺さんが発信してきたものをavexさんが増強していった流れがあったと思うんですけど、avexさんから始まるってなると違うと思うので。メジャー・レーベルっていうところの雰囲気を僕も感じたいですね(笑)。

ーーメンバーたちも、どんな成長を見せていくのか楽しみですね。

外林 : 今はもう違うかもしれないけど、BiSHは最初avexに所属していても「avexさんの事務所に行ってきました」って感じだったと思うんですよ。でもEMPiREは、avexが本部なわけじゃないですか。その雰囲気を経て活動するグループの本気を味わいたいなと思います(笑)。

LIVE INFORMATION

WACKのフェス。
2017年12月8日(金)@ZEPP DIVER CITY
時間 : Open 17:30 / Start 18:30
出演 : BiS / BiSH / GANG PARADE / EMPiRE and more
料金 : 4,800円(税込)
WACK FAMiLY CLUB先行
BiSH FC先行 : 9/19(火)18:00〜9/24(日)23:00
HP先行 : 9/25(月)18:00〜10/1(日)
受付URL : http://w.pia.jp/t/wack/
一般発売日 : 2017年10月7日(土)10:00〜
お問合せ : KM MUSIC 045-201-9999

はじまったばかりのEMPiREのストーリー

Epsode0 渡辺淳之介×篠崎純也×赤窄諒インタヴュー「EMPiREは、かっこいいものになると思います」

WACKとavexが作り上げてきたBiSHの歴史を振り返る

vol.0 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0 渡辺淳之介 インタヴュー

vol.0.1 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0.1 松隈ケンタ(サウンド・プロデューサー) インタヴュー

vol.0.2 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0.2 外林健太(PHOTOGRAPHER & COSTUME DESIGNER) インタヴュー

vol.0.3 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode0.2 真田礼(アートディレクター・デザイナー) インタヴュー

vol.1 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode1 BiSH初インタヴュー(前編)

vol.2 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode2 BiSH初インタヴュー(後編)

vol.3 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode3 ユカコラブデラックス、初インタヴュー「脱退」

vol.4 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode4 ハグ・ミィ、初インタヴュー「アイドルヲタク全体の数をもっと増やしたい」

vol.5 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode5 モモコグミカンパニー、初インタヴュー「ただ可愛いって言われるアイドルと一緒になりたくない」

vol.6 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode6 アイナ・ジ・エンド、初インタヴュー「私の声がないと成立しない音楽に出会いたかった」

vol.7 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode7 セントチヒロ・チッチ、初インタヴュー「見返してやりたい!」って気持ちのほうが大きかった

vol.8 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode8 これが新生クソアイドルのデビュー作だ!!BiSH、待望の1stアルバムをハイレゾ配信(デジタル・ブックレット付き)

vol.9 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode9 南波一海が切り取る中野heavy sick zero初ワンマン・ライヴ!

vol.10 BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode10 BiSHとPOPの200km対抗駅伝はなにを生み出したのか?

vol.11 BiSH~Rock'n Rol2 Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode11 BiSHとともに振り返る200km対抗駅伝

vol.12 BiSH~Rock'n Rol3 Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode12 ハシヤスメ・アツコ初インタヴュー「清水寺の舞台から飛び降りる気持ちで合格です」って言われました

vol.13 BiSH~Rock'n Rol4 Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode13 リンリン初インタヴュー「今まで全部どうにかなってきたので、どうにかなるからいいやって感じです」

vol.14 BiSH~Rock'n Rol5 Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode14 セントチヒロ・チッチ、インタヴュー「BiSHが目指したいのはSMAPだ!」

vol.15 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode15 ハグ・ミィ、インタヴュー「BiSができなかった武道館でワンマンをやりたい」

vol.16 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode16 〈Eden of Sorrow Tour〉福岡公演「闇から救い出してくれたのはBiSHなんです」

vol.17 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode17 アイナ・ジ・エンド、インタヴュー掲載

vol.18 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode18 モモコグミカンパニー「絶対にこのまま地下アイドルで終わりたくない」

vol.19 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode19 ハシヤスメ・アツコ「私、もう本当にここで人生終わりたいくらいなんです」

vol.20 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode20 リンリン「ちょっと炎上しちゃうようなことで世間を騒がせたい」

vol.21 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode21 セントチヒロ・チッチ「アイドルってものの概念がどんどん壊れていった」

vol.22 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode22 アイナ・ジ・エンド「自分は絶対見失わないで変わっていきたい」

vol.23 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode23 モモコグミカンパニー「今は通過点だと思っている」

vol.24 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode24 アユニ・D「本物のBiSHになって歌って踊りたい」

vol.25 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode25 リンリン「未来にはあまり興味がない、今が楽しければそれでいい」

vol.26 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode26 渡辺淳之介&松隈ケンタによるアルバム解説、各界からのコメント掲載

vol.27 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode27 ハシヤスメ・アツコ「いい意味で楽観的だと思います」

vol.28 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode28 セントチヒロ・チッチ「これが私の人生です、私のお仕事はこれです」

vol.29 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode29 アユニ・D「一線を超えたい」

vol.30 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode30 アイナ・ジ・エンド「自己発信できる塊でいたい」

vol.31 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode31 モモコグミカンパニー「変わるとしたらここしかないなと思った」

vol.32 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode32 ハシヤスメ・アツコ「BiSHで売れたいっていうのと、自分も売れたい」

vol.33 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode33 リンリン「BiSHで自分の生きた証を残したい」

vol.34 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode34 アユニ・D「後悔なくやりきったと言えるライヴを重ねていきたい」

vol.35 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode35 セントチヒロ・チッチ「自分の格好悪いところを認めた上でがむしゃらにやってやる」

vol.36 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode36 アイナ・ジ・エンド「今の6人で絶対代わりはいないくらいになりたい」

vol.37 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode37 モモコグミカンパニー「6人がやっとひとつになれた」

vol.38 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode38 リンリン「毎回やっぱりBiSHにいてよかったって思うんです」

vol.39 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode39 ハシヤスメアツコ「まだまだ上に行けるんじゃないのか! って」

vol.40 BiSH~Rock'n Rol Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?!
Epsode40 セントチヒロ・チッチ「未来を見据えるというよりは、今をどれだけ必死にやるか」

PROFILE

EMPiRE

>>EMPiRE オフィシャル HP

>>EMPiRE TWiTTER
EMPiRE OFFiCiAL(@EMPiREIDOL)
YUKA EMPiRE(@YUKA_EMPiRE)
YUiNA EMPiRE(@YUiNA_EMPiRE)
YU-KI EMPiRE(@YU_Ki_EMPiRE)
MAYU EMPiRE(@MAYU_EMPiRE)
MiDORiKO EMPiRE(@MiDORiKO_EMPiRE)

 
 

インタヴュー

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品
・2018年07月11日・ロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品──M-Swiftの7年ぶりの新作 ハウス・ミュージックの名門、イタリアの〈イルマ・レコード〉と契約しワールドワイド・デビューし、2000年代後半より、ハウス〜クラブ・ジャズ系のシーンにて、その才能を発揮してきた松下昇平のプロジェクト、M-Swift。2011年のアルバム『12Months』以来、実に7年ぶりにアルバム『Moving with The Changes』をリリースする。多彩なシンガーを迎え、R&B〜ソウルを基調に、ジャジーなフィーリングが心地よいスムースな作品となっている。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともにインタヴューをお届けしよう。 7年ぶりの新作をハイレゾ配信開始M-Swift! / Moving with The Changes (24bit/44.1kHz)!'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 2.300円(税込)【収録曲】01. Lucky star feat. Nate James!02.
by 河村 祐介
弾き語り、トラック・メイク、会社経営!?──各所で話題を集めまくっている、眉村ちあきって一体何者!?
・2018年07月03日・弾き語り、トラック・メイク、会社経営!?──各所で話題を集めまくっている、眉村ちあきって一体何者!? 弾き語りからトラック・メイク、そして会社経営までこなし、その独自の作曲センスと高い歌唱力で各方面から注目を集めまくっている“天才シンガー・ソング・ライター・カリスマ・アイドル”、眉村ちあき。彼女が5月にタワーレコードにて限定発売した自主リリースのアルバム『Germanium』『海苔汁』『ハタチの女 オブ アメリカ』の3作(こちらもOTOTOYにて好評配信中です!)より選曲した楽曲を再レコーディングした現時点でのベスト盤ともいうべき作品『目尻から水滴3個、戻る』がOTOTOYでもハイレゾにて配信スタート! しかも! なんとOTOTOY限定のボーナス・トラックとしてTV番組『ゴッドタン』の企画「このアイドル知ってんのか!? 2018」にて即興披露した楽曲「ゲロ」の完全版が収録された特別エディション! 配信とあわせて、まだまだ謎に満ちた彼女の正体に迫るインタヴューも掲載! 眉村ちあきって、一体何者なの!? 限定発売だったアルバムが、OTOTOY限定トラック付きでハイレゾ配信!眉村ちあき / 目尻から水滴3個、戻
by 前 田
アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋徹底特集! 地元川越ぶらり編
・2018年07月04日・メジャーの舞台でもレッツ・パーティー!!──アフロ頭のすごいヤツ、真行寺貴秋を徹底特集! 地元川越ぶらり編 ライヴ会場だけでなくお茶の間までもダンスホールへと変身させてきた、平成最後のファンク・モンスター、BRADIO。昨年2017年に〈WARNER MUSIC JAPAN INC.〉よりメジャー・デビューを果たした彼らが、ついに2018年7月4日(水)にメジャー1stフル・アルバム『YES』をOTOTOYでもハイレゾ・リリース。このタイミングでこそフロントマンの真行寺貴秋の言葉が聞きたい! というOTOTOY編集部の思いから、メジャーに行っても第2弾となる真行寺貴秋特集を敢行。メジャー・デビューや全国ツアー、中野サンプラザやNHKホールでのライヴ、そしてメンバーの脱退など、まさに酸いも甘いも経験した真行寺貴秋はいま何を語る!? 今回は彼の地元、川越での思い出の地をぶらりとしながら、青春時代の思い出から、今作での彼の変化まで語ってもらった。まさに真行寺貴秋を丸裸にしちゃうようなインタヴューをお楽しみください! >>真行寺貴秋特集 第1弾はこちら
by JJ
YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信
・2018年07月05日・ポップという実験──YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信 生活にすっと入ってくる美しいメロディ、そんなポップスの楽しさに満ちたアルバムだ。伝説的なスカ・バンド、デタミネーションズのメンバー、YOSSY(キーボード / ヴォーカル)とicchie(トランペット / トロンボーン)によるユニット、YOSSY LITTLE NOISE WEAVER。前作『Volcano』から約8年ぶりにニュー・アルバム『Sun and Rain』をこのたびリリースする。それぞれにハナレグミ、Caravan、Mr.Childrenをはじめ様々なアーティストのサポートなどでの活動、そして本ユニットでのライヴ活動を経て導き出された新作は、日本語詞を含めて音楽的表現としては、ある種の“歌ごころ”にフォーカスしたポップなアルバムとなった。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信とともにインタヴューを行った。 独占ハイレゾ配信YOSSY LITTLE NOISE WEAVER / Sun and Rain'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは
by 河村 祐介
水曜日のカンパネラ、新作EP『ガラパゴス』 & 初の劇伴を担当した映画サントラをハイレゾ配信!!
・2018年06月27日・水曜日のカンパネラ、新作EP『ガラパゴス』 & 初の劇伴を担当した映画サントラをハイレゾ配信!! 2017年は日本武道館単独公演、全国ツアー、海外公演に加え、コムアイがドラマやバラエティ番組に出演、モデルとしても活躍するなど充実の1年となった水曜日のカンパネラ。アルバム『SUPERMAN』のリリース後は配信限定シングルを4曲リリースしてきましたが、2018年初のリリースとなる作品『ガラパゴス』が到着! 今作はFISHMANSなどの作品のミックスを担当してきたことなどで知られるzAkがエンジニアとして参加。これまでの水曜日のカンパネラとはまた一味違った作品に仕上がっております。また、EPと同タイミングでコムアイも出演、水曜日のカンパネラ初となる劇伴を担当した映画『猫は抱くもの』のサウンドトラック(配信限定!)も配信中。OTOTOYでは今作のリリースを記念し、5月15日(火)に行われた『ガラパゴス』公開取材の模様より、コムアイとケンモチヒデフミによる今作『ガラパゴス』の解説を掲載。過去リリースしてきたEPでは常に新たな挑戦をしてきた水曜日のカンパネラが挑む今作での新たな試みとは? CMソング「見ざる聞かざる言
Q’ulle“ゆずき”の新プロジェクト、YUZUKINGDOMのこれからの展望を訊く
・2018年06月26日・みんなを支える「王になりたい」──Q’ulle“ゆずき”の新プロジェクト、YUZUKINGDOMのこれからの展望を訊く 「歌って踊れるダンス・ロック・アーティスト」Q'ulle(キュール)のメンバー、ゆずきが新プロジェクト「YUZUKINGDOM」をスタートさせた。Q'ulleでもスクリーム・パートを担当していたゆずきが、日本だけでなく海外でも活躍するトランス・メタル・バンド、BLOOD STAIN CHILDとタッグを組んで建国が宣言されたYUZUKINGDOM。果たしてこの王国はどのような未来を歩んでいくのか。現在のQ'ulleでの活動や、YUZUKINGDOMの今後、そしてゆずきが目指すアーティスト像について訊いた。 ソロ・プロジェクト初作品!! YUZUKINGDOM / GENESIS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】1. Gate of the Kingdom2. Trauma3. Eyes Shut Tightly4. National Anth
by JJ
新たなルートへ入った3776──『歳時記・第二巻』OTOTOY独占ハイレゾ配信開始!
・2018年06月26日・新たなルートへ入った3776──『歳時記・第二巻』OTOTOY独占ハイレゾ配信開始! 富士山ご当地アイドル3776(MINANARO)の新曲、『歳時記・第二巻』がOTOTOYにてハイレゾ独占配信開始! 本作のリリースに伴い、OTOTOYでは3776メンバーである井出ちよのと、プロデューサーである石田彰にインタヴューを敢行した。7月には渋谷O-nestにて開催される『3776を聴かない理由があるとすれば』の再現ライヴを控える彼女の、明確な“今の目標”に迫る。 OTOTOYハイレゾ独占配信開始! 購入特典ブックレット付き!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz)、AAC【配信価格】アルバム購入 540円(税込) 単曲購入 162円(税込) INTERVIEW : 3776 (井出ちよの) & 石田彰 彼女が歩んできた道は、3776、井出ちよの、LINKモードという確かな経験を経て現在へと至った。そんな“現在の彼女”が目標として掲げたのは、国内最大のアイドル・フェス〈TOKYO IDOL FESTIVAL〉とのこと! 7月にはあの名盤『3776を聴かない理由があるとすれば』の再現ラ
by JJ
正体不明プロジェクト、ariel makes gloomyの謎を解き明かす
・2018年06月22日・正体不明のプロジェクト、ariel makes gloomyの謎を解き明かす──2nd ep『oxymoron』をリリース 懐かしくも独特なサウンドに、伸びやかな歌声が心地よい、ariel makes gloomy。彼らが2nd ep『oxymoron』を2018年6月6日(水)にリリース、OTOTOYでも配信をスタートさせた。今作はジャンルに固執しない、ダイバーシティに富んだ作品。同作を聴けば「一体、こんな不思議な作品を制作したariel makes gloomyって何者? 」とリスナーが考えることは自明であるが、その正体は謎のまま。今回、そんなリスナーの疑問に少しでも応えるべく、インタヴューを掲載! 新epと合わせて、お楽しみください。 待望の2nd epを配信中! ariel makes gloomy/ oxymoron'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム926 円(税込)【収録曲】''1. focal point 2. twilight3. gradation4. place before dawn
by ライター真貝聡