この若き2人が世界を変えるーーROTH BART BARON、待望のデビュー作をOTOTOY独占にてハイレゾ配信スタート

この2人の作る音楽が世界を変える。そう信じて、OTOTOYはこのバンドを追いかけてきました。そしていま、その手始めとなる大きな一歩を踏み出そうとしています。彼らの名前は、ROTH BART BARON(ロット・バルト・バロン)。東京出身の三船雅也と中原鉄也からなる2人組です。フリート・フォクシーズ、ボン・イヴェール、シガー・ロスを思い起こさせるそのサウンド・スケープとファルセット・ヴォーカルは、美しく、壮大で、畏れ多さを兼ね備えています。そんな彼らが丁寧に作りあげた本作は、ペンシルベニア州フィラデルフィアでレコーディングされました。ミックスは、ザ・ナショナル、スフィアン・スティーブンスなどを手がけるエンジニア、ジョナサン・ロウが、数曲のプロデュースと録音は、カート・ヴァイル、ウォー・オン・ドラッグスなどを手がけるブライアン・マックティアがつとめています。まさに最高のスタッフと環境のなかで完成した本作をOTOTOYではハイレゾ配信。その素晴らしいサウンドを、よりよい音質でお楽しみください。また、2人へのインタヴューも掲載。あなたの世界が変わることを自信をもってお約束いたします。

待望のデビュー・アルバムをOTOTOY限定でハイレゾ配信!!

ROTH BART BARON / ロットバルトバロンの氷河期(ROTH BART BARON’S “The Ice Age”)(24bit/44.1kHz)

【配信価格】
HQD(24bit/44.1kHz) 単曲 210円 / まとめ価格 1,745円

1. 氷河期#1(The Ice Age)
2. 氷河期#2(Monster)
3. 氷河期#3(Twenty four eyes / alumite)
4. 春と灰(Ashspring)
5. 蠅の王(Lord of the Flies)
6. Buffalo(taivaan helmi)
7. 帰還(Cheap fall)
8. 炎(Neonlight)
9. オフィーリア(Ophelia)

INTERVIEW : ROTH BART BARON

“情け容赦ない日本の力強さ”。前作『化け物山と合唱団』がリリースされた際、ヴォーカルの三船雅也がインタビューで語ったセリフである。人間が抗うことのできない大自然、悠久の歴史、そこに住まう生き物たち、人間の敬虔さと力強さ。彼らの音楽はそれらを示しているようでさえある。ついに完成したデビュー・アルバム。リリースにあたり、ROTH BART BARONの2人に話を聞きにいった。顔を合わせるなり、少しはにかんだように彼らは話しはじめた2人。ROTH BART BARONの才能と美学が少しでも多くの人に伝われば幸いだ。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎

これが世界にいい影響を与えますとか、そういうことじゃなくて(笑)

ーー前作『化け物山と合唱団』を出して、かなり反響があったんじゃないですか? イベントに数多く呼ばれるようになったり、今回felicityから音源がリリースされたり、周りにも火がついて盛り上がっている感じがしますね。

三船雅也(以下、三船) : かなりのスピードで周りの状況がめまぐるしく変わっていきましたね。毎週目標が変わるっていうか、本当に沢山の容量を使いました。
中原鉄也(以下、中原) : これまで見えなかった目標ができたっていうか。ただ、最初は海外に行こうとしたんですけど、それを言うのも自信がないって感じで。

ーーへえ、そうなんですね。でも、音楽自体には自信あったわけですよね?

三船 : うーん。いや、最初からあんまりないですよ(笑)。いまもそうだけど。

ーー評判とか結構気にするんだ?

三船 : どう思われるか不安なところはあるけど、周りにどう思われてもあまり変わらないところは変わらないです(笑)。ちゃんと聴いてくれての感想に対しては、あんまりへこんだことはないかな。一番恐いのはなにも思われないことですね。

ーー三船くんは、わりと一人の時間を大切にするというか、内省的な面を持っている人だと思うんだけど、一番近くにいる中原くんから見て開けてきた感じはしますか?

中原 : そもそも、バンドとしても結構インドアなイメージがあるんですけど、外に出るのも好きですし、(彼が)やっぱり引っぱるんですよね。三船は長男なのでやっぱ兄貴肌的なところはあるのかなって。

ーーたしかに、三船くんは音楽とか音のことになると目つきというか表情が変わるもんね。

中原 : まあ、そうですね。曖昧にしないというか。自分が思ってることに素直にいようっていうところはブレないです。特に音楽なんて正解とかないじゃないですか? これが正解っていうものではないから、そこで誰かが舵を取らないと始まらないし。そういう意味では中心の存在にはなっているかもしれないです。

ーー三船くんの曲の作り方って、毎日決めた時間に創作していくという感じなんですか? それとも思いついたときに作っていくことが多い?

三船 : 思いついたときに作って、ストックが貯まっていった結果、アルバムを作ろうってなることが多いです。そのときはじめて机に向かわなきゃいけないみたいな。「あぁ、またアルバム作りに入っちゃったな」って感じで(笑)。

左から、三船雅也、中原鉄也

ーー今回はどのタイミングでアルバムを作ろうって気持ちになったんですか?

三船 : ちょうど1年前くらいに、この曲たちで進めていこうっていう予兆が少しでてきて。ぽろぽろと溜まっていた曲をライヴでやりながら、だんだんアルバムが視界に入ってきたというか。

ーー具体的にどのように曲作りは進んでいったんですか。

中原 : インスピレーションで「これがいい」っていうのがあったら、それはもう形になるし、逆にミフ(三船)から「これはどう?」みたいのもあるし、最終的に2人で「じゃあこれにしよう」ってなったのが、選ばれて進んでいきました。
三船 : 最初は純粋に「ときめくか、ときめかないか」っていうか、「心が動くか動かないか」だよね?
中原 : そうだね。
三船 : (基準となるのは)僕たちが「やったほうがいいぞ」って予感が感じられる曲ですね。音楽的にこれが世界にいい影響を与えますとか、そういうことじゃなくて(笑)。僕らが単純に楽しめるか楽しめないかなんです。あと、ライヴで肉体的に演奏したいか、したくないかもあるし。今回はわりと演奏したいものが多いんじゃないかな。アルバム・トータルで作り上げるっていうより、プレイする楽しさだとか肉体的な要素のほうが優先されてるような気もします。

とにかく、トライ&エラーを行なっていったんです

ーー今回は海外レコーディングを決行しましたよね。なんでまた海外に行こうと思ったんですか。

三船 : 前から行きたいねっていう話をしていたのと、僕たちがいいなと思う音像を作れる人がたまたまアメリカにいたので、その人にお願いしてみようと思ったんです。まず僕がインターネットとかで調べて溜めておいた「三船フェイバリット・スタジオ・リスト」をメンバーに投げて(笑)、「このスタジオはいいけど高い」とか「ここのスタジオは機材が少ないけど安い」とかいろいろ選んでいくうちに、候補がカリフォルニアか東海岸の2つになって。カリフォルニアのほうは、山の方で林の中にあるから人里離れすぎかなと思ってやめて。ペンシルバニアのスタジオに連絡を取ってみたら向こうも気に入ってくれて、一緒にやろうよみたいになって。1年くらいずっと連絡を取りながら進めていった感じですね。僕たちが楽しいとか、ワクワクする、心が震える感覚をちゃんとレコードにしようというのが目的としてあったから、そういう部分に正直になった結果、アメリカに行ったっていう感じです。

ーースタジオはどういう場所にあったんですか。

三船 : ペンシルバニア州の小さい町で静かな田舎町でした。
中原 : バスで2時間くらいかけていったよね。

ーーそこには一ヶ月くらいいたんですよね。どんな生活をしていたんですか?

三船 : それこそ、みんなで雑魚寝ですよ(笑)。
中原 : 1日中作業しているので、家からあまり外に出ることはなくて。ライヴで外に出たりしましたけど、レコーディング中は基本的にスタジオワークをずっとやってました。
三船 : ただ、いかにも音楽スタジオっていう環境では曲作りたくなくて。僕はどうしても気持ちが落ちこんでしまうっていうか、堅苦しいところで仕事してるっていうのがあまり好きじゃなくて。音はよく録れるけど、人間が生活するのに適した環境じゃないというか。そこはほんとにただの家みたいなスタジオで、それがよかったんですよね。

ーー生活に結びついた場所でレコーディングすることに意味があったわけですね。

中原 : そうですね。今回は、自分たちにとってすごく気持ちのいい風通しのいい環境でやることを目指したんです。そのために、まずは自分たちがやりたい場所を探して、できるかわからないけど、とにかくアタックして、わからないことは相談して、じゃあどうしたらできるかというように広げていきました。いままで、これはよくないなって思ってたことを、できるだけなくそうと思って臨んだんです。

ーー特に力を入れた部分はどういうところだったんですか。

三船 : ドラムに対するこだわりは全然違いましたね。前日から楽器を用意をしてチューニングして、合わせたりとかしたし。あと、そこのスタジオには、いわゆる普通のスタジオに置いてあるマイクはなかったんです(笑)。マイクも違うし、機材が全然違っていて。最終的に落とし込むのはプロツールスなんですけど、それに至る工程は全部アナログで作りました。ソフトウエアはほとんど使わずに、テープだったりリバーブは少し使うけど、有機的な作業でしたね。とにかく、トライ&エラーを行なっていったんです。

ーートライ&エラー?

三船 : 日本だったら、上手くいかないかもしれないし、時間がかかるかもしれないからという理由で試さないようなことを、「やってみればいいじゃん」って言ってくれて。結局ダメだったとしても、莫大な時間を費やしてやらせてくれました。ダメかもしれない体験を避けないところが、僕は個人的におもしろいなと思いました。
中原 : そこから実際に採用されたものもありますし。

ーー時間の許すかぎり色々なことをやったという。

中原 : そうですね。
三船 : それでもやっぱり制約はあるので、ここの日程に間に合わせなきゃいけないっていうリミットはありましたけど。
中原 : その中で、できる限りのことはできたと思います。
三船 : 僕たちがこういう音を出したいっていうのを、よく知らないエンジニアさんに一から説明するより、実際に普段から聴いて体験してくれている人にやってもらったほうがやりやすいですから。そういう環境だったのはストレスが減らせたというか、早いなというのを感じました。

ドラムの音を録りに行ったっていっても過言ではないかもしれない

ーー録音は、カート・ヴァイルやWar on Drugsなどを手がけているブライアン・マクティアが担当しているということですが、彼はサウンド・プロデューサーも務めているんでしょうか。

三船 : 彼とは2曲やったんですけど、こういうアイデアがおもしろいんじゃないかっていうのを一緒にやっていきました。アダム・アント、ブライアン・イーノ、U2、あとウィルコを引き合いに出してきて、それぞれの要素がミックスされたような感じですね(笑)。ウィルコって知ってるか? みたいに言われたりして(笑)。

ーー(笑)。一緒に話しながら具体名を出したりしてサウンドを作っていったと。

中原 : そうですね。こういうの入れたらおもしろいんじゃないか? っていうのを向こうが出してきて、じゃあ試してみようよという感じです。
三船 : それで自分がやりたいなと思うことが終わったら、あと何やりたい? ってこっちに振ってきて(笑)。もう満足してるみたいな感じでしたね(笑)。

ーーほかにミックス作業とかで何か今までと違ったこととかはありましたか?

三船 : 僕らがどう思おうが、彼らのインスピレーションで作業するから、音作りにまず迷いがないし、方向性を見失われることは全くなかったですね。ほんとに仕事も早いし。
中原 : 自分にあるものをバッと作って提示してくれるんですよ。それでじゃあこうしようって、そこから変えていくというか。
三船 : 僕らでも「こういうふうにしたいんだ」っていうのが明確にある場合は言うし、それに合わせて「そのミュージシャンは安いソフトで音を作っているからそっちよりいい」って言ってくれたり。逆に上乗せされたりとか。

ーーその作業の中で、2人が一番重視したところってどこなんでしょう?

中原 : いいと思うものを正直にっていうところかな。
三船 : そうだね、フィーリングというか、お互い顔を見合わせて、これいいね、みたいなものを重視しました。日本語じゃない言語で思考したり、日本の教育を受けてなかったりする人たちのフィルターを通して一緒に音楽を作ったら、どうなるんだろうっていうのにも興味があったから、信頼してどかっと乗っかっちゃってたところもあるし。
中原 : あと、僕が普段聴いている音楽をミックスしてる人がエンジニアをしてくれたから、「この音がいいんだよね」って言ったら、実際にやってくれるんですよ。自分がこうしたいって思うサウンドを直結でやってくれているので、ストレスもなくできました。いままで、「これちょっと違うな」っていうことも正直あったので。
三船 : 僕らのギターとかキーボードの音って日本でも全然録れちゃうので、ドラムの音を録りに行ったっていっても過言ではないかもしれないですね。僕は日本のドラムのリズムとか音があんまりよく思えないことがあるので、そこだよね。

ーードラム音って、そんなに変わるんですね。

中原 : 全然変わります。ハードウエアの音のかけ方だったりもするし、その人の技術もありますし、その場で聴いてもらって出たアイデアをその場で取り込んだりもできたわけですし、そういうのを総合してですかね。そこの環境の空気や気温でも音が変わってくるし、そういうもの含めてのサウンドができました。

ーーそして、『ロットバルトバロンの氷河期』ってタイトルがまたすごいですね。ROTH BART BARONっぽいシニカルさがあるなって(笑)。

三船 : なんか、ヒッチコックの「鳥」みたいな感じのタイトルにしたくて(笑)。

ーー曲名も「氷河期#1(The Ice Age)」「氷河期#2(Monster)」「氷河期#3(Twenty four eyes / alumite)」と、一連のテーマ性を感じさせます。ROTH BART BARONは、言葉に対しても意識的なバンドだと思うんですけど、曲名を付けるときどういうことを意識したんですか。

三船 : 最初のトラック3曲が組曲みたいになってるのは、小説の節回しをイメージしたというか、小説は章ごとにサブタイトルがついてたりするじゃないですか。もし「ロットバルトバロンの氷河期」っていう映画があったら、そういった章があって、そこから導入されて世界が広がっていくようなイメージですかね。サブタイトルがついてるのは、言葉をレイヤーに重ねたときに出てくる多重的な立体感だったり、聴く人に考えるスペースを与えてあげるというか。

ーー三船くんの書く詩ってかなり特徴があるというか、幸せなバッドエンド感みたいな印象を受けるんですよね。バッドエンドなんだけど対照的な幸せみたいなものも放り込んでくるというか。

三船 : でも、詩を作るときは曲よりも机に向かわないですよ(笑)。こんな感じで話しているときにぱっと出てきたり、「おっ、止まらない止まらない」みたいなときもあるし。最終的に清書するときは頑張って机に向かうんですけど、ほんとべべべぺって書き殴って、「これかっこいい!!」みたいにできあがる感じですね。悩みながら適当に間を埋めるっていうやり方は信用できないっていうか、これしかないっていう歌詞が出てくるときを待つって感じですかね。

ーーそれにしても、よくこういう歌詞とか言葉が出てきますよね。僕は普段の生活で絶対に出てこないから。

中原 : 普段からよく、それに通じるようなことを言うんですよね。雑学というか、自分もあまり考えもしないようなことを言うので。本人が元々持ってるものがあるんじゃないですかね。

日本にスタジオを作りたい

ーー話は変わりますけど、先日の新木場STUDIO COASTでのライヴはどうでしたか? バンド史上最大級の広さのライヴでしたよね。

三船 : おもしろかったですよ(笑)。

ーー僕も観にいきましたけど、少し戸惑ってる感じもあったのかなと思って。音がまだ会場に合ってない感じがしたから。でも、それがさらに可能性を感じさせてくれて。あの大きいハコに見合うような演奏が、これから聴けるようになっていくんだって思ったら、わくわくしてきました。アルバム・リリースの後、これからROTH BART BARONはどんなことをしていきたいですか。

中原 : まずは今回のアルバムをライヴに変換して、いろんな人にちゃんと見せたいです。あと、海外に行ってみて、音楽を通して人と出会えるというのが素敵なことだって実感したので、そういった繋がりを大事にして続けていきたいなと思います。そして、海外でも(作品が)流通できるようになって、レコード(制作)が日本でできるようになれたらなって思います。

ーー三船くんはどう?

三船 : このアルバムを引っ提げて、日本でちゃんとライヴしたいなあと。プラス、海外のレーベルで日本以外でもモノを売れるようにしたい。あと、海外にいい音を探し求めてまわるだけじゃなくて、いい音を僕たちで作れる環境を作りたいです。日本にスタジオを作りたいっていうのは前から思っていて。作っていけるように頑張りたいなと思っています。

ーー初めて会ったときからずっと言っているもんね。

三船 : はい(笑)。俺らと仲良くなると、ROTH BART BARONのスタジオで曲録れるらしいぜ、っていう噂が世界中に広まって、人が来れば楽しいなと思うんですけどね(笑)。

ROTH BART BARON ハイレゾ・シリーズ

ROTH BART BARON / DSD Recording EP よだかの星/Campfire(24bit/48kHz)

2013年春、エンジニア、オーディオ評論家の高橋健太郎が、ゲストにROTH BART BARONをむかえて、KORGのDSDワークステーション「Clarity(クラリティ)」を使って、DSD公開録音、公開ミックスという前代未聞の講座に挑戦! OTOTOY独占で配信を開始します。Clarityで同時録音ができる、8チャンネルという制限を生かした録音技術にも注目です。

>>特集ページはこちら

ROTH BART BARON / DSD Recording EP よだかの星/Campfire(24bit/48kHz)

耳のはやいリスナーたちがこぞって絶賛した2年ぶりとなる2nd EP。ギター、バンジョー、マンドリン、ピアノ、和太鼓やフィドルなど多種多様な楽器を使い、壮大なサウンド・スケープと美しいメロディ、剥き出しの感情と生命力に満ちあふれた歌詞が作り出す圧倒的な世界観。ぜひともHQD(24bit/48kHz)で堪能してください!!

>>特集ページはこちら

ROTH BART BARON / Chocolate Demo(24bit/48kHz)

ライヴ会場で100枚限定で配布されたデモ音源をハイレゾで配信。1st EP『ROTH BART BARON』と2nd EP『化け物山と合唱団』を繋ぐ、いまでは手に入らない貴重な作品を高音質で味わってみてください。彼らの本質がシンプルに収められています。

>>特集ページはこちら

LIVE SCHEDULE

2014年4月18日(金)@梅田シャングリラ
2014年4月20日(日)@青山月見ル君想フ

ROTH BART BARON’S “The Ice Age” TOUR 2014

2014年5月17(土)@北海道札幌 SOUND CRUE
2014年5月18(日)@北海道 札幌 SOUND CRUE
2014年5月20(火)@宮城 仙台 retro BackPage
2014年5月29(木)@大阪 心斎橋 CONPASS
2014年5月31(土)@愛知 鶴舞 KD ハポン
2014年6月1(日)@京都 京都 Live House nano
2014年6月7(土)@東京 渋谷 TSUTAYA O-nest

PROFILE

ROTH BART BARON

中原鉄也(drums / piano)
三船雅也(vocal / guitar)

2008年結成、東京出身の2人組ロック・バンド。2010年に自主制作による1st EP『ROTH BART BARON』、2012年には2nd EP『化け物山と合唱団』をリリース。disk unionやJET SETから多大な支持を受ける。ギター、バンジョー、マンドリン、ピアノ、和太鼓、グロッケン、マリンバ、フィドルなど多種多様な楽器を使い、壮大なサウンド・スケープと美しいメロディ、剥き出しの感情と生命力に満ちあふれた歌詞が作り出す圧倒的な世界観は日本の音楽シーンだけに留まらず、SoundCloudをはじめとする音楽系SNSサイトから多くの賞賛コメントを受けるなど、海外での評価も高い。2014年1月には初となるNYツアーを成功させ、4月には1st Album『ロットバルトバロンの氷河期』をリリース。

>>>ROTH BART BARON HP

o

 
 

インタヴュー

15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月22日・15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始 今年2017年に結成15周年を迎えた“neco眠る”。そんなアニバーサリー・イヤーに、彼らから新作アルバム『Typical』が届きましたよ〜!! 新メンバー・おじまさいり(Key from CASIOトルコ温泉)加入後初、そして実験性とポップ・センスが高次元で結合した前作『BOY』以来、実に3年ぶりとなるフル・アルバムとなっております!!! 初期作を担当していた森雄大(Gt)、前作で全曲の作曲を担当したBIOMAN(Synth)、栗原ペダル(Gt)、そして新メンバーのおじまさいりがソングライティングを担当、さらにスチャダラパーやロボ宙、安部勇磨(never young beach)なども参加し、各人の個性が爆発した10曲を収録! そんなバラエティに富んだポップで踊れる今作『Typical』を独占ハイレゾ配信を開始するとともに、メンバーの森雄大、おじまさいりへのインタヴューを掲載します! 3年ぶりフル・アルバム! ハイレゾはOTOTOYだけ! neco眠る / Typical'【配信形態】ALA
by JJ
「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
大西順子、ジャズ・ピアノストを語る
・2017年11月21日・大西順子が語る、ジャズ・ピアノ──アート・テイタムから現代まで つい先ごろ、約8年ぶりのピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして初のバラッド集『Very Special』と2枚同時に新作をリリースしたばかりのジャズ・ピアニスト、大西順子。OTOTOYでは新作に関するインタヴューに続いて、こちらのページではその後編、特別企画として、ジャズ評論家、柳樂光隆を聞き手に、大西にレジェンダリーなアーティストから現代にいたるまでのジャズ・ピアノに関して語ってもらった。レジェンダリーなジャズ・アーティストたちに直接師事、またはバンドのいちいんとして共演し、まさに世界レベルで活躍してきたピアニストたる大西の、その審美眼を通して分析される、ジャズ・ピアノはまさに目から鱗ものの情報ばかりです。 大西順子、新作2作に関するインタヴュー前半こちら 8年ぶりとなる待望のレギュラー・トリオ作品大西順子トリオ / Glamorous Life(24bit/96kHz)'【Track List】01. Essential 作曲 : 大西順子02. Golden Boys 作曲 : 大西順子(モントルーL
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.