【予約受付中】100%サンプリング製法!!ーー究極の音フェチ・canooooopyが描く18の楽曲たちと、彼のロング・インタヴュー!!!

この作品で鳴っているサウンドは、すべてが自身のiTunesにライブラリされている楽曲をサンプリングし、切り貼りし加工されて作られている。そして、使用している機材はMacにセットアップされているGarageBandのみである。そんな特異なスタイルを貫きながら、これまでにメキシコ、アメリカ、イギリスなど世界15カ国からアルバム、リミックス、コラボ、プロデュースなど作品をリリースしてきたのが、本ページの主役・canooooopyだ。このたび彼が、Virgin Babylon Recordsより、初のCD作品となる『百夜を繋ぐ言の千切れ葉 [disconnected words connect the worlds]』をリリースする。幾千の音が緻密に織り込まれ、これ以外ないというバランス感で保たれた、ネクストレベルのサンプリング・ミュージック。本作をOTOTOYでは11月29日よりハイレゾ配信予定!! それに先駆け予約を開始する。11月28日22時までに予約すると、ここだけの特典音源を1曲プレゼント。さらに、いち早く本作収録曲から1曲フリー・ダウンロードでお届けする。フライング・ロータス、Jan Jelinekなども引き合いに出したインタヴューとともに、その音の快楽を感じていただきたい。

インタヴュー & 文 : 西澤裕郎

>>>混合物のオラトリオ [mono montaged oratorio]のフリー・ダウンロードはこちら


予約特典つき!! canooooopyのフル・アルバムを予約受付中!

canooooopy / 百夜を繋ぐ言の千切れ葉 [disconnected words connect the worlds]

ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) 単曲 150円 / まとめ購入 1,500円
mp3 単曲 100円 / まとめ購入 1,300円

【収録曲】
1. 配管工の帳拭い [pipefitter opens the day]
2. 忍び寄りの逓送員 [viral address stalker]
3. 芥かぶりの海賊たち [pirates of the calibration]
4. 有機コイルの超伝導体 [the innersonic blaster]
5. 混合物のオラトリオ [mono montaged oratorio]
6. 電磁神殿の光線獣 [beamed beast at terminal temple]
7. 沈めた望みと夜鳴きの煌虫 [songs about a sunken hope]
8. 世界記述師の研究室 [laboratory of world-coders]
9. 夢見騒がしの望郷者 [too long way home]
10. 地底都に座すとげ目の亡者 [young lordead of ground nadir]
11. 未来視たちの幻灯樹 [visionary's magic plantern]
12. 変幻世界の霧めく姉妹 [kaleido world mysty sisters]
13. 復体の列が踏み鳴らす [doppelinedancerstomps]
14. 多角地区での喧噪と転生 [the polygonic spree]
15. 仮想平面の非可逆豹 [jagged jaguar on a frame]
16. ガウスの灰塵 [the phantom of the gauss]
17. 月焼け落ちる海の腹 [the dead moon blues]
18. 裂けゆく次元の金屏風 [drift to the next world]

※11月28日(金)22時までにアルバムをご予約いただくと「滔々と説く年の功 [dam of wisdom is damned]」がOTOTOYだけの予約特典としてついてきます。


Album Preview


波形があればなんでもいいんですよ

ーーcanooooopyさんは、100%サンプリングで楽曲制作を行なっているそうですが、日本の音源から海外の音源まで偏りなく使用しているんですか?

なんでも使ってますね。CDの音源も、データだけの音源もあるし、今回は浄土真宗のサイトで落としたものなんかもあったりして。たまたまみつけたものも多いです。

ーー10曲目の念仏みたいな音は、お寺で落としたものですか?

あれはチベットの民族音楽です。波形があればなんでもいいんですよ。ちょっと古い声優が吹き込んでるドラマCDを使ったこともありますが、とにかく音源ならなんでもよくて。ネットで落とした無料のものでも、有料のものでも、なんでもいいです。

ーーちなみに、サンプリング音で曲を作ろうと思ったのはいつぐらいのことですか?

大学2年のときですね。「ガレージバンドがあれば俺でも作れるかもしれないぞ」って思って、はじめは打ち込みで始めたんです。私が使ってる代のMacだと、iTunesのライブラリからガレージバンドに音源をドロップするだけで波形になって出てくるんですね。次第にその波形を刻むようになっていったんです。

ーーつまり、Mac1台で完結していると。

完全に完結してます。

ーーすべてをガレージバンドで完成させている人って実はあまり聞いたことがないんですけど、それほど使いやすいんですか?

というか、それしか使えないんですよ(笑)。

ーー(笑)。制作する楽曲は、iTunesのコレクションに入っている音に依存するわけですよね。つまり、iTunesライブラリーにあるサウンドが、canooooopyさんの作る楽曲のアイデンティティになってくると思うんですけど。

いま、ものすごくいいことをおっしゃられたような気がしました(笑)。ミディ音源じゃないですけど、音色のライブラリが山のようにあるイメージですね。なので、手法としては打ち込みと同じといえば同じなんですよね。ミディの一部分がサンプルに置き換わっているだけだと思えば。

ーーちなみに、サンプリングする音はどうやって選ぶんでしょう。

シャッフルで曲を流して「これじゃない、これじゃない、これじゃない… これだー! 」みたいな感じで決めます。再生ボタンの横上にあるスクロールバーで、曲の始め、中間部分、もう少し後半、最後って、順々に聴いていって「あ、これいい」みたいな部分をとりあえず30個くらい溜めるんです。

愛はあるけど、愛はないです(笑)

ーーたとえば、灰野敬二さんは聴きたい音源がありすぎて一度にCDを2枚かけて聴いているってインタヴューで言っていたんですね。canooooopyさんのサンプリング手法というのは、そういう愛情とは違うものなのかなと感じているのですが。

愛はあるけど、愛はないです(笑)。愛が強すぎるとサンプルができないんですよね。「原曲のよさを活かして」とか「愛に溢れた~」みたいなサンプリングってよくわからなくて。だったら、原曲を聴けばいいじゃんって思うんですよ(笑)。私にとっては、たくさんの絵の具を持っているイメージっていうんですかね? 絵の具自体に愛があるかということは問題ではなくて。聴くときに感じる愛と、サンプリングするときに感じる愛は別というか、切り替わってるのかもしれないですね。だから、「これ全体としてはよくないんじゃない?」みたいな曲からも、けっこうサンプリングしています。

ーーどんな楽曲でもサンプルの対象になると。

音フェチですよね。その音がよければいい。「音」が好きだからサンプルするわけで、その「曲」がどうなのかっていうのはまた別の話ですね。

ーーそうして選ばれた約30個の集合体で曲ができていく感じですか?

うーん… いろんな場合があるんですよ。さっき話したシャッフルの方法だと、この部分を使おうと思って、いくつかサンプルするじゃないですか。そうすると、先に入れた音と合うのか合わないのかとか、時系列的にそういう判断が出てきちゃうから、初期段階のサンプルには少し依存してる感じはします。あとは、こういう曲を作りたいっていうモデルをうろ覚えのまま再現しようとする方法があります。DTMができる人ならある程度再現していけると思うんですけど、自分の場合はサンプルだから、どんどんズレていくんです。その結果、モデルとは離れたいいものができたりすることもありますね。なぞるように作っていってるはずなのに、あれ? って感じですが(笑)。

ーーメロディーへのこだわりより、あくまで音色へのこだわりが強いんですね?

音色ですね。メロディーが強すぎるとサンプルができない(笑)。要するに、他のトラックと合わないんですよ。明らかな不協和音になっちゃうんで、ちょっとボヤボヤしてるほうがいいんですよね。

ーーたしかに、ドローンっぽい感じの楽曲が多いですよね。

そうですね。ドローン作家の人には申し訳ないですけど(笑)。あとはなんか実験音楽が多いですね。

ーーフィールド・レコーディングとかもやっていたそうですね。

一時期、ちょっとやっていたんですけど、最近はあまりやってなくて。iPhoneで録っていたのでノイズが入っちゃって。マイクとかちゃんとそろえなきゃいけなかったので、いまはあんまりやってないです。お金のかかることはやめようと思って。

ーーそれの割り切りがすごいですよね(笑)。余計なアプリやソフトを追加せず、あくまで自分のiTunesライブラリを増やした上で、やれることをやるという。Twitterのアイコンの背景にチラシの画像が載っているじゃないですか。そのビジュアルもすごく印象的なんですけど、どういう意図があって、使用しているんですか。

まずsoundcloudで曲を公開していくにあたり、アイコンから練らないと埋もれちゃうって考えていたんです。当初はまだ方向性が定まっていなくて、パーカーをかぶってない広告だけの画像をアップしていたんですが、なぜ広告なのかというと、やろうとしていることが「似てる」と思ったからです。言ってみれば、広告に載っているものって優劣がつけられないというか、全部大事なものじゃないですか。商品の画像も、これがお得ってわかるのも、いくらなのかっていうのも大事、商品名も載せなきゃいけない。全部ある程度主張しなきゃいけないですよね。私の曲も1台のPC上のたくさんのサンプルが入り組んで雑然とできてるじゃないですか。最初からそういうふうなものを作ろうと思っていたわけじゃないんですけど、あとから俯瞰して見てそれに気づいた感じですね。

ーー象徴じゃないですけど、自分の音楽を代弁するのが広告のチラシだったと。

近いものはありますね。さっき音フェチの話が出てきましたけど、音がいいからサンプルしようとしてるんですよね。ここで使うためにこの音がほしいっていうより、この音いいな、どこかで使ってやりたいな、ってくらいなんです。全部の音がいいと思ってサンプリングしてるから、全部聴かせたいんですよ。そうするとものすごい情報量になるし、でもなぜかカタマリ感はある。そういうところが似ているのかなと。

ーーたしかにチラシってすごいですよね。あれだけいろんなものが載ってるけど、写真も値段もわかるし、必要なものがパッとわかる。

それでいてサイクルが早いでしょ? 最近はちょっと抑えてるんですけど、私も昔はものすごい勢いでアップしたりしていたんで、ファストな感じも似てるのかなと思ったんです。で、やっぱりキャラクター性を出したかったので最後にパーカーをかぶせた、と。

人はどこまで音の切れ端でジャズを感じられるんだろうか

ーーそのなかで今回は、Virgin Babylon Recordsからのリリースとなります。名刺代わりというか、これまでリーチしていなかった人にも届く可能性のあるリリースだと思うのですが、アルバムに収録する曲はどうやって選んだんでしょう?

前作のアルバムは1分弱くらいの長さのトラックが多かったんですけど、今回はそれなりに長いですね。誰かに言われて、うーんと思ったんですけど、尺が短いとスケッチみたいに思われちゃうのかなって。これでも時間かかってるんですよ。1分のトラックにものすごい時間と理想を込めてやったのに、soundcloudにすぐアップすると、一曲の価値や印象が薄くなる気がしちゃうんですよね。そんなにインスタントな感じじゃねえぞと思っていたし、一応、一つ一つ、作りながらなんとなく見えている絵や映像があるんですよ。それが実際の絵にできないから、タイトルが拠り所になっているようなところもあって。見えてくるイメージをもうちょっとちゃんと音で描きたいと思ったら、それなりにトラックが長くなって、その結果、なにかしらの物語を描けた、と感じたトラックを選びました。

ーータイトルの付け方も特徴的ですよね。

ちなみに今回は全部「の」つなぎなんです。「配管工の帳拭い」、「忍び寄りの逓送員」って感じで。

ーーなにか理由があるんですか?

アルバム・タイトルが『百夜を繋ぐ言の千切れ葉』だからです。ただ、ちゃんとこの場で、百夜とは何なのか? 千切れ葉とは何なのか? とか、一つ一つのタイトルを論理的に説明しようとしても、自分に見えているイメージも抽象的なので、できないんですよね。曖昧にしておきたいところもあるし。

ーーcanooooopyさんは言葉フェチでもあるのかもしれないですね。僕、逓送員なんて言葉、人生で一回も発したことないです(笑)。

あくまで自分的に語呂がいい日本語、口にして気持ちいい日本語にしたいんです。ゆくゆくは「canooooopyのあの曲いいよね!!」じゃなくて、「canooooopyの"混合物のオラトリオ"っていいよね!!」っていう共通言語になってほしいんですよ。だから、タイトルをちゃんとつけたかったんです。あと外国の方が、bandcampとかで落とすと文字化けしちゃうかなと思って、外国の方には外国の方向けのタイトルを付けています。最初は直訳だったんですけど、それだとおもしろくないし、日本の方には特別、二段おもしろい構造にしてやろうと思って、意味をずらしているんですね。… 私ね、すごく細かいんですよ。今回のジャケットは、昨日入稿したんですけど、全部アウトラインを取って文字間を詰めたりしてるくらいだし。アウトライン前のデータが残ってない(笑)。


canooooopy「混合物のオラトリオ [mono montaged oratorio]」 (MUSIC VIDEO)

ーーそれは細かい!! そういえば、フライング・ロータスの新譜は聴きましたか?

あえて、まだ聴いてないですね。なんかフライング・ロータスっぽいって言われるのがイヤで。ちょこちょこ言われてますけど。

ーーフライング・ロータスの新譜って、ジャズ・プレイヤーを使ってレコーディングした音を、PCでエディットして作って再構築しているんですよね。スウィングみたいな肉体的な部分を再構築している。そういうところで通じる部分もかなりあるのかなと思うんですけど。

新譜をまだ聴いてないっていうのは、聴いたらきっと真似したくなっちゃうんじゃないかなと思っていて。『Los Angeles』は、私にとってビート・ミュージックっていうのがあるんだって知る入り口にあった一枚なので私的にも重要なのですが、それがゆえに以降は少しずつ避けています(笑)。

ーー他にあえて聴かない方がいいんじゃないかなみたいなアーティストはいますか?

Jan Jelinekですかね。スッゲー聴いてますけど(笑)。自分がああいうふうになりたいってことではないんです。が、最高なんですよ。『Loop-Finding-Jazz-Records』ってアルバム、いま検索できたりします?

(筆者のPCで検索し、再生する)


Jan Jelinek - Tendency

曲だけ聴いていると、暖かいし深いし、いい感じじゃないですか? でも、これ、ジャズのレコードからサンプリングされた素材ばかりで作られているんですよ。

ーーえっ、全然ジャズっぽさを感じないんですが。

サンプルしているところが余韻とか残響とかが多いらしくて、人と違いすぎるし全然ジャズっぽくないっていう(笑)。人はどこまで音の切れ端でジャズを感じられるんだろうか的なことがテーマらしく。

ーーそういう批評性みたいなものが込められた作品なんですね。

それってすごいことで、私にとってもデカい一枚なんですね。なのであまりにこれを聴き過ぎて、似ちゃったらやだなと。たぶん私はここに、自分なりのキャッチーさを足していかなければいけないんです、自分の嗜好に正しくあるために。

絶対音感の人とかが聴いたら絶対気持ち悪いですよね

ーー(引き続き聴きながら)全然ジャズじゃないですね。すごいですよね、これ。

ぽわーんとしてて、ほんとに全部ジャズなのかな? と思いますよね。単純に音楽自体も最高なんですが。

ーーちなみに、canooooopyさんはジャズからも結構サンプリングしているんですか?

比率でいうと少なめですね。

ーー比率で一番高いのはどういう音楽なんですか?

アンビエント、ドローン、ミュージック・コンクレート、民族音楽、ビート・ミュージックの一部にドラム、エレクトロニカのエフェクトっぽい音。ジャズだったら、もっとアバンギャルドなフリー・ジャズとかって呼ばれるジャズからかな。ものすごい自由な感じのジャズは使ってます。ディスクユニオンに行ったら、ジャズコーナーっていうより、ノイズ・アバンギャルドに置いてありそうな(笑)。

ーーノイズとかはどうですか?

レコードノイズとかはアリですけど、ノイズ音楽からはあまりサンプルしないです。一瞬差し込むとか、後ろにうっすら入れるとかって使い方はあると思うし、微妙にやったこともあるんですけど、いまはあまり使わないですね。

ーーちなみに、今後の展望とかも考えていますか。

いかに自分がやりたいことだけお金をかけずにやりながら、ちょっとでも気づいてもらえるかってことをしたいですね。でも、それは音楽的な野望じゃないですね。音楽的な野望もありますが、いまは頭の中に留めておきます。

ーーちゃんと広げていきたい気持ちはあるんですね。

はい。だから音楽以外でのキャラクター作りじゃないですけど、canooooopyって言ったら、oが多くて、あのアイコンで、曲名がヘンテコで、みたいな、イメージは作らなければと思ってやってきました。普通にやってても埋もれちゃうので。

ーー音フェチであるcanooooopyさんにひっかかった30個の音が同時になっている時点で、耳にひっかかってくるポイントは多いんじゃないかと思いますよ。

耳まで届けば…。ただ、ひとつの瞬間に30も関係のない音を同時に鳴らして気持ち悪くないはずがないんですよ。もちろん自分はこれで最高だと思って作って発表してるわけなんですけど、絶対音感の人とかが聴いたら絶対気持ち悪いですよね。想像ですけど(笑)。でも自分的には最高なんで、自分にも人にも適当な耳が付いてるんだろうぐらいに思ってやっています(笑)。それが自分がやってることのおもしろさかなって思いますね。

ーーまだcanooooopyさんの音を通して3回くらいしか聴けてないんですけど、正直言うと、まだわからない部分が多いです。

どのへんがわからないですか? キャッチーじゃないってことですよね?

ーーいや、そういうわけじゃなくて。ジャンルは違いますけど、ポエムコアを聴いたときも、最初はよくわからなかったんですよ。だけど聴けば聴くほど、かなり細部までこだわっていることがわかって、常に発見があるんですよ。それを探しているうちにのめり込んでしまっていったんです。たぶんこの記事を出すころには、canooooopyさんの音楽もすごくフィットしてると思います(笑)。

なるほど(笑)。今回はCD音源を出すっていうことで、多少横しまな気持ちもありつつ、自分のモード的にも自然な流れで完成度を上げる方向に行ったなという感じがして。それが故に、初期衝動感とかは若干下がったと思うんですけど、ガレージバンドのやり方で、どこまで完成度をあげられるかなって部分を一度やりきりたかったんですよね。自分的にも随分キャッチーだと思いますよ。

ーーまさかMacだけで完結してるとも思わないですからね。

それもキャッチーな部分ですけどね(笑)。

RECOMMEND

BOOL / THIS IS POEMCORE(24bit/48kHz)

あなたは、ポエムコアを知っているだろうか? 2012年頃からネットを中心に話題になりはじめた、ポエムを主体にトラックが融合した音楽ジャンルである。とはいえ、まだポエムコアをやっているアーティストは少ない。むしろこの人物が一人で牽引しているといってもいい。彼の名はBOOL。このたび、オリジネーターである彼が初のフル・アルバムをVirgin Babylon Recordsよりリリースした。参加トラックメーカーには、downyのギタリスト青木裕、world's end girlfriend、食品まつり、hanali、DJ JET BARON、Go-qualia、canooooopyといった、クラブからエレクトロまで最前線で活躍する豪華メンバーが集っている。

>>特集ページはこちら

Flying Lotus / You're Dead!(24bit/44.1kHz)

「このアルバムは、終わりをテーマにしているわけじゃない。これは次なる体験に向けた祝いなんだ。“なあ、お前は死んじまったんだよ…”っていうんじゃなくてさ、“よう、お前は死んでるんだぜ!”って意味なんだよ」 ― フライング・ロータスの2年ぶり通算5作目となる最新作は、今世紀最大の衝撃作にして問題作!! マイルスの度肝を抜くようなジャズ作品を作りたかったと語る今作にはハービー・ハンコック、ケンドリック・ラマー、スヌープ・ドッグら豪華ゲスト陣も参加。アートワークは奇想漫画家の駕籠真太郎が担当。

>>特集ページはこちら

灰野敬二-experimental mixture- / The Greatest Hits of The MUSIC

40年以上(2014年時)に渡って日本の現代音楽を主導してきた音楽家、灰野敬二がDJとして活動するexperimental mixtureのMIX CD第2弾。世界中の民謡や民族音楽、ロック、ヒップホップ、プログレなどオールジャンルの音楽を何層にも重ねた膨大な録音から編集した一枚。実験的な試みを増し、更なる境地へとトリップしたワールド・ミクスチュア・サウンド・スケープ。

>>特集ページはこちら

PROFILE

canooooopy

100%SAMPLING製法

>>soundcloud
>>facebook

o

 
 

インタヴュー

オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバムをリリース
・2017年12月13日・オルタナティヴを突き詰めた“復活作”──CAUCUS、4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』をリリース 邦楽インディーズ / シューゲイザー・シーンで確かな足跡を残し、日本だけでなく海外にもその活躍の場を広げてきたCAUCUS。そんな彼らから4年ぶりのフル・アルバム『Sound of the Air』が届いた。制作期間中の3年半、ライヴも行わず、スタジオでのアルバムの制作に没頭したという。その結果これまでになく濃密な色彩と、繊密な構成が光る楽曲が並ぶ作品になった。OTOTOYでは11月15日にリリースしたLP盤の音源を『Sound of the Air (High DR Master)』としてハイレゾ配信開始! そこから「Shy Girl」を期間限定のフリー配信でお届け。CD版となる『Sound of the Air』もこのタイミングで配信開始しております! 4年ぶりの“復帰作”をぜひインタヴューとともにお楽しみ下さい。 まずはこちらを聴いてみて! 期間限定フリー配信! CAUCUS / Shy Girl (High DR Master)(期間限定フリー配信)'【配信形態】ALAC、
by 岡本 貴之
細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神
[CLOSEUP]・2017年12月12日・細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る、サービス精神旺盛なパッケージと“時の流れ”を感じる楽曲 2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを続けている彼ら。そして今作も懲りずに、バンド“初”となるアナログ盤とUSBとミニ・トートバッグをセットにした全3曲入りのシングル『Time,Time,Time』をリリース。 もうヘルシンキといえば…… “ファースト縛り”と“パッケージの手作り感”というところでもありますよね。ただそんな“手作り感”満載のパッケージだけがヘルシンキの魅力ではないんです! 今回収録された楽曲も、いままでにないほど深層心理に突き刺さる佗しいものに仕上がっていて、これがなんとも素晴らしい! 今回は、なぜ毎回“手作り感”にこだわるのか、そして本作収録の楽曲について深く掘り下げるべく作詞作曲を務める、橋本薫(Vo&Gt.)へのインタヴューを実施! さらにOTOTOYでは、『Ti
by JJ
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第4弾
・2017年12月11日・ATAK過去作配信第4弾、今回はパン・ソニックや灰野敬二のライヴを収めた初の動画作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第4弾は、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そしてレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)の3作品となっている。インタヴュー : 八木皓平ATAK配信作品のまとめページはコチラ 曲に聴こえるけどこうは作曲できない、僕にとってそこが即興の醍醐味 今回は『008』からだっけ? ──ですです。今回は『ATAK008 Keiichiro Shibuya+Norbert Moslan
by 八木 皓平
過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事