ハコイリ♡ムスメ、会場限定シングル4作品を一挙配信スタート!! これまでの活動を振り返るインタヴュー

80〜90年代のアイドルの名曲をカバーし、見る人に癒しとトキメキを与え「女の子本来の可愛らしさ」を表現することをテーマとした11歳〜17歳の女優志望の女の子9人組、ハコイリ♡ムスメ。本業の「女優」を生かした「劇団ハコムス」という芝居と音楽の融合にも挑戦している彼女たちが、2016年11月に南波一海が主宰するレーベルPENGUIN DISCより初の全国流通音源をリリースする。まさに世の中に広く羽ばたく直前の彼女たちに、これまでの歩みを伺うとともに、会場限定で発売されていた4作のシングルをOTOTOY独占で配信スタート。この機会にハコイリ♡ムスメに触れてみてはいかがだろう。

会場限定の4作品をOTOTOY独占ハイレゾ配信スタート!!

ハコイリ♡ムスメ / 微笑みと春のワンピース

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC : 単曲 251円 まとめ購入 500円

【Track List】
1. 微笑みと春のワンピース
2. なかよし

ハコイリ♡ムスメ / 夏に急かされて

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC : 単曲 251円 まとめ購入 500円

【Track List】
1. 夏に急かされて
2. 海へ行こう~LOVE BEACH LOVE~

ハコイリ♡ムスメ / レモネード・キッス

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC : 単曲 251円 まとめ購入 500円

【Track List】
1. レモネード・キッス
2. 避暑地の森の天使たち

ハコイリ♡ムスメ / さよならのプリエール

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC : 単曲 251円 まとめ購入 500円

【Track List】
1. さよならのプリエール
2. BE MY DIAMOND!

INTERVIEW : 鉄戸美桜、神岡実希、吉田万葉(ハコイリ♡ムスメ)

2014年6月、デビューを目指す新人5組が平日昼間に競い合うイベント〈デビュー直前アイドル5組新人公演〜真夏のシンデレラたち〜〉がAKIBAカルチャーズ劇場で夏休み期間中に開催。そのなかの1組として結成されたのがハコイリ♡ムスメである。「女優志望の女の子が『アイドルグループとしてデビューをすること』という課題に挑戦する」というコンセプトの元結成されたハコイリ♡ムスメは、80〜90年代のアイドルの名曲をカバーするスタイルで2位を獲得し活動を存続することになった。そこから約2年3ヶ月。メンバーの加入やオリジナル楽曲の制作時期によって活動を第一章から三章まで区切って活動している彼女たちは、2016年11月には南波一海が主宰するレーベルPENGUIN DISCより初の全国流通音源のリリースも決定、一気に加速していきそうな予感に満ちている。そんなハコイリ♡ムスメから、統括リーダーの鉄戸美桜、神岡実希、第三章から加入した12歳の吉田万葉の3人に話を訊いた。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎

左から、吉田万葉、神岡実希、鉄戸美桜

もっと続けたいなという気持ちがだんだん大きくなっていった

ーーまずは、自己紹介からお願いします。

鉄戸美桜(以下、鉄戸) : 常にお腹が空いています! 大好物はかまぼこです。高校2年生16歳のてっちゃんこと鉄戸美桜です。よろしくお願いします。
神岡実希(以下、神岡) : チャーム・ポイントはタレ目! 高校1年生16歳のみっきーこと神岡実希です。よろしくお願いします。
吉田万葉(以下、吉田) : 好きな色はグリーンとオレンジ! 森から生まれた葉っぱの妖精! 中学1年生12歳のわらびーこと吉田万葉です。よろしくお願いします。

ーー元気がいいですね(笑)。ハコイリ♡ムスメはどういうグループなんでしょう。

鉄戸 : おニャンコクラブやCoCoさん、チェキッ娘さんといった80年代から90年代の先輩アイドルさんの曲をカヴァーさせていただきつつ、ちょっぴり懐かしいテイストのオリジナル曲をパフォーマンスして、皆さまに癒しと安らぎときめきをお届けしています! 女優志望アイドルとも呼ばれていて、舞台や映画の女優としてお芝居のお仕事もしているメンバーが集まっています。

ーーそもそも最初は期間限定の夏だけのグループだったんですよね。

鉄戸 : 現在ホームとして活動しているAKIBAカルチャーズ劇場で、動員数やポイントが多いグループが劇場での定期公演を勝ち取れるというバトルに、いろんな新人アイドルさんと曜日別で交代で出演していたんです。最終的に私たちは2位だったので定期公演を続けていくことができないと思ったんですけど、もっと続けたいなという気持ちがだんだん大きくなっていっていて、そのあともグループが存続することが決まったときは嬉しかったです。

ーー2位という結果は悔しかった?

鉄戸 : めっちゃ悔しかったです!!

ーーとはいえ、1位のアイドルネッサンスさんとは僅差だったんですよね?

神岡 : 僅差だったけど、動員数ではアイドルネッサンスさんの方が全然上で。パフォーマンスも何倍もすごかったよね。アイドルネッサンスさんは歌えてダンスも揃っていてすごくきれいだけど、ハコムスはそんなことなくて。
鉄戸 : 技術量が全然違ったし、それは公演を見せてもらった時に圧倒されたよね。ただ、私たちも一生懸命夏休み頑張ってきたつもりだったので、めちゃくちゃ悔しかったです。

ーー先ほどおっしゃったように、80~90年代の先輩アイドル・グループの楽曲を歌うのがコンセプトですけど、最初、それらの曲を聴いた時はどう思いましたか?

鉄戸 : 私はおニャン子クラブさんしか名前を聞いたことがなくて、ribbonさんとかCoCoさんの曲を知らなかったんですけど、聴いてみたらかわいらしくて、女の子らしい可愛らしい曲が多いなっと思って好きになりました。
神岡 : 私は元から音楽を聴く習慣があまりなくて、現代の曲をあまり知らないところから始まったんですけど、曲を聴いたらすごく可愛らしいし、歌詞も恋する女の子の気持ちとかがいっぱい書いてあって、こんな素敵な曲を私が歌えるのかなと思ったんですけど、嬉しかったです。

こんなに可愛い曲をいただけるんだと思ったら涙が止まらなかった

ーーハコイリ♡ムスメは活動時期を第1章、2章、3章と呼んでいますが、第2章が2015年4月19日に新メンバー・阿部かれんさんの加入とともにはじまり、グループ初のオリジナル曲「微笑みと春のワンピース」を歌うことになりました。初めて自分たちの曲ができたって時はどういう気持ちだったんでしょう。


ハコイリムスメ「微笑みと春のワンピース」MV

鉄戸&神岡 : めっちゃ嬉しかったです!
鉄戸 : 初めてのオリジナル曲は、その時期に始まったヴォイトレで何も言われず課題曲みたいな感じで渡されて。歌詞の中に〈ずっと閉まってた箱の中〉っていう言葉があって、「これ、ひょっとしたらオリジナル曲なんじゃないか?」って途中で気づいて、そこからはもう嬉しくて。こんなに可愛い曲をいただけるんだと思ったら、涙が止まらなかったです。

ーーオリジナル曲であることはメンバーには内緒だったんですね。オリジナル曲ということで、気持ちの入り方も違ったんじゃないですか。

鉄戸 : 気合いの入れようが全然違いました。もちろん、それまでカヴァーしていた曲も大切に歌おうって気持ちはあったんですけど、私たちだけの曲がなかったので、振り入れのレッスンも何回もプロデューサーさんも一緒に考えて変えたり、何回も推敲を重ねてっていう感じでやりました。PVもすごく凝って作ったんです。

ーー初めてお客さんの前で披露した時はまた違う緊張があったんじゃないですか。

鉄戸 : 初めてのハコムスのオリジナル曲ということで、期待してくださって来てくださった方も多かったと思うので、喜んでもらえるかなって心配な気持ちもあったんですけど、踊ってる時にファンのみなさんの笑顔が見えてすごく嬉しかったです。

ーーそこからどういう活動をしていったのでしょう。

鉄戸 : 対バンライヴに出させていただくことが増えたり、4月から夏にかけてライヴが多くなっていきました。昨年の夏もめちゃくちゃ忙しくて、本当にたくさんいろんなライヴに出させてもらったりとかしましたね。
神岡 : 〈TOKYO IDOL FESTIVAL〉(以下、TIF)にも出演させていただいたり。
鉄戸 : そう! お祭りだし、こっちもテンションが上がるんですけど、ファンのみなさんもすごく盛り上がっていたり、〈TIF〉を機に普段のライヴに来てくださるようになったファンの方もいらっしゃるし、本当に楽しかったです。

ーー2015年11月29日にはCDを手売りで4枚リリースされました。その4枚を今回OTOTOYでも配信させていただくんですけど、特に思い入れのある曲を上げていただけますか?

鉄戸 : オリジナル曲だと、私と実希がメインで歌わせてもらっている「レモネード・キッス」で、カヴァー曲だと「なかよし」です。これは野外ライヴとか大事なライヴの時に歌わせてもらっている曲で、お客さんにもすごい気に入ってもらえてる曲なんです。みんなで大縄跳びをしたり、肩を組んだり…。
神岡 : 本当になかよしになろうよって曲なんだよね。


ハコイリムスメ「なかよし」MV

鉄戸 : そう。ライヴの時もみんなが一体になれる大事な曲なので、それをレコーディングさせてもらって音源化できたことがすごい嬉しかったです。
神岡 : 私は「微笑みと春のワンピース」と「レモネード・キッス」がとても思い入れがあります。カップリングだと「海へ行こう~Love Beach Love~」と「避暑地の森の天使たち」がメインで歌わせていただいてる曲なので思い入れがあります。みなさんに届けるのは不安だったんですけど、喜んでくれてよかったです。

ーーちなみにレコーディングする時にカヴァーの元曲を聴きますか?

鉄戸 : 聴きますね。やっぱり従来のファンの方がいらっしゃるので、歌い方とか参考にしたいなと思っているんです。メイン・ヴォーカルの方が可愛い声だったりしたら可愛らしい声で近づけようとか、自分たちのよさも出しつつ、カヴァー曲のいいところも出していければいいなと思っているので、歌い方とかを気にして何回も聴いて歌うようにしていますね。

新メンバーなんで、ちゃんとちゃぴちゃぴした感じを…

ーーそして3人の新メンバーを迎え、第3章が2016年4月からスタートしました。お待たせしました、吉田さんの登場です(笑)。吉田さんは女優をやろうと思って事務所に入ったんですか? それともアイドルをやりたかった?

吉田 : 実は他のアイドルさんのオーディションに1回落ちてしまったことがあって、その後事務所で女優になりたいと思って頑張っていたんですけど、ハコイリ♡ムスメさんの話をいただいて、すぐにやりたい!! と思ってお話をして入りました。

ーー先輩は優しかったですか?

吉田 : 最初はみんな同じ顔に見えて(笑)。
神岡 : ひどーーーい(笑)!!
吉田 : マネージャーさんからグループのプロフィールをいただいて「すぐ覚えてください」って言われたんですけど、顔がみんな同じに見えて全然覚えられなくて(笑)。でもみんな個性溢れてて気軽に話しかけてくれたので、すごく優しいなって思いました。

ーーあはははは。最初は、何から一緒に始めていったんですか?

吉田 : まず新メンバーだけで練習していたんですけど、急にオーラのある先輩たちとやるって決まったので、最初はすごく怖くて。まだ発声方法とかもわからなくて、隣で一緒にやるんだと思うと怖かったです。
神岡 : うちらも怖かったよね。どんな人が入ってくるんだろうって(笑)。
鉄戸 : 最初、「新メンバーが入ってきます」って言われて、おーってなったんですけど、写真を見せられて小学6年生11歳の子がいるっていうのを知って。みんなちっちゃくて、どうするってなって(笑)。まだ小6だったよね。
吉田 : うん。
神岡 : 小学生って未知じゃないですか? 話が合うのかなって(笑)。実際会ってみたら可愛いって思いましたね、普通に。
鉄戸 : まだみんなその時は素直で(笑)。だんだんタメ口になってきて、いまはすっかり仲良くなりました。

ーー新メンバーが入ってグループの雰囲気とか変わりました?

神岡 : 変わりました! 入ってきた子たちが若いから、フレッシュさが増しましたね。
鉄戸 : これまでやってきた楽曲も秋冬とかは静かな失恋した女の子の曲とかが多かったんですけど、第3章からは元気で明るい曲が増えたし、オリジナル曲も明るいというか、今までとは違う曲になっていきましたね。

ーー吉田さんは先輩の顔をちゃんと覚えましたか(笑)?

吉田 : みんなの顔は覚えました! ふふふ。でも、最初はちっちゃいからっていうふうに見られてたんですけど、ちゃぴちゃぴしてるみてるみたいな。

ーーちゃぴちゃぴ?

神岡 : きゃぴきゃぴじゃないの(笑)?
吉田 : 新メンバーなんで、ちゃんとちゃぴちゃぴした感じを…。
鉄戸 : きゃぴきゃぴじゃないのかい(笑)!
吉田 : 出していけるようにいろいろ頑張りました(笑)。

曲によって変わっていく表情も一番見ていただきたいな

ーー(笑)。雰囲気が変わりフレッシュさが出たなかで、南波一海さんのレーベル「PENGUIN DISC」からリリースをすることが決まりました。それを聞いた時はどう思いましたか?

鉄戸 : そもそもレーベルがどういうものなのかわからなかったんですけど、いつもお世話になっている南波さんにまたお世話になるんだなって思って、やっぱり南波さんだな!! って思いました(笑)。
神岡 : レーベルからCDを出すことが初めてなんだよね。
鉄戸 : そう。11月22日にレーベルから初めて音源を出させてもらうんですけど、まだレコーディングもしていないし発売もしていないのにネット予約みたいなのが始まってることにびっくりして。新鮮で嬉しいです。

ーー本当に1から学んでくことが多いんですね。その音源には、秋冬の曲が収録されるんですか?

鉄戸 : 3タイプあって、秋冬曲と今年の春の曲とカップリングがそれぞれ収録される予定です。いまはダンス、振り入れをしたり、ヴォイトレも始まったので、本格的にリリース・イベントとかに向けて、期待とわくわく感がすごくありますね。

ーーハコイリ♡ムスメとしての目標は決めていますか?

神岡 : これまでライヴをさせていただいてきたカルチャーズ劇場を満員にして、平日定期公演も満員にして、たくさんの方に観ていただきたいねってことは話しているよね。
鉄戸 : 私たちは大きい会場でワンマン・ライヴをしたことがないので、そういうことも経験してみたいんですけど、まずはカルチャーズの定期公演に来てくださるお客さん、ハコムスのファンの方をもっと増やして、そこからいろんな大きいところでワンマン・ライヴとかをしていければいいなっていうのが、今の目標です。

ーーそういえば吉田さんは、事前にノートにしゃべりたいことを書いてきてくれたんですよね。なにか言い残したことがないように、聞いておきましょうか(笑)。

鉄戸 : (鉄戸がノートを覗き込んで)ちゃぴちゃぴはさっき言ったから…。 「CDを出すことについて万葉はどう思ってますか?」
吉田 : はい! 私にとっては初めてのCDなので、ちょっと緊張するけど頑張ります!
鉄戸 : これ書かなくても言えるよね(笑)。
吉田 : でも忘れちゃうんです。あと、観に来てくれた人の心の中に入り込めるようになりたいです。

ーーこれで言い残したことはなさそうですね(笑)。最後に2人も自分の目標を教えてください。

神岡 : レーベルに参加させていただいたので、ハコイリ♡ムスメを本当にたくさんの方に知っていただきたいし、楽曲もいろんな人に聴いていただきたい、リリース・イベントもたくさんの方に来ていただきたいので、1つ1つ頑張りたいと思います。
鉄戸 : オリジナル曲も、今は8曲(新曲含め)になってオリジナル曲だけの公演ができるくらいになったので、もっともっと歌っていけたらなと思います。まだ歌だったりダンスだったり、スキルは全然足りないんですけど、そういうところもアップして、みなさんに成長を見届けていただけるように成長していくように頑張りたいなって思っています。

ーー最後にハコイリ♡ムスメのここを1番見てほしいってポイントを教えてください。

神岡 : 表情じゃない?
鉄戸 : そうだね。あんまり激しく踊ったり歌ったりするグループじゃないんですけど、癒やしとやすらぎときめきをお届けできるよう活動しているので、みなさんに落ち着いて見ていただけることがハコムスのポイントだと思います。それによって曲によって変わっていく表情も一番見ていただきたいなと思います。

ーー吉田さんも言い残したことはないですか?

吉田 : はい!
一同 : (笑)。

RECOMMEND

アイドルネッサンス / アワー・ソングス(24bit/96kHz)

アイドルネッサンス、待望のファースト・アルバム。結成から2年。音楽と向き合い、紡ぎ続けた「名曲ルネッサンス」の集大成。

>>特集ページはこちら

Negicco / ティー・フォー・スリー(24bit/48kHz)

前作『Rice&Snow』以来1年4ヶ月振りとなる、3作目のオリジナル・アルバム『ティー・フォー・スリー』。「ねぇバーディア」などのさわやかなPOPソングから、「おやすみ」「カナールの窓辺」「矛盾、はじめました。」などの大人のPOPソングまでを歌い、成長したNegiccoが魅せる新たな極上J-POPアルバム。

>>特集ページはこちら

V.A. / アイドルばかりピチカート -小西康陽 X T-Palette Records-

タワーレコード株式会社が運営するアイドル専門レーベル“T-Palette Records”所属のNegicco、バニラビーンズ、lyrical school、ワンリルキス、アイドルネッサンスらが、ピチカート・ファイヴの名曲たちをカヴァー! 本作の総合プロデュースを務める小西康陽と、今をときめくアイドル5組でどういうケミストリーが起こるのか?

LIVE INFORMATION

@JAM×ナタリー EXPO 2016
2016年9月24日(土)@幕張メッセ 国際展示場9~11ホール
時間 : OPEN 9:00 / START 10:00(予定)
ハコイリ♡ムスメ出演
【LIVE】10:15〜10:30(グレープステージ)
【特典会】13:00〜14:00

PROFILE

ハコイリ♡ムスメ

11歳〜17歳の女優志望の女の子9人組。80〜90年代のアイドルの名曲をカバーし、見る人に癒しとトキメキを与え、「女の子本来の可愛らしさ」を表現している。また、本業の「女優」を生かした「劇団ハコムス」という芝居と音楽の融合にも挑戦。4月より3人の新メンバーを迎え、よりフレッシュに元気な姿で活動中。2016年11月にはPENGUIN DISCよりリリースも決定!

>>公式HP

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事