独自のサイケデリックなサウンドからブチ上げロックまで、変幻自在アイドル・ユニット、BELLRING少女ハートが、待望の1stアルバムを1ヶ月先行で高音質配信!! これまでにリリースされた4作のEPに収録された楽曲から、新たに書きおろされた楽曲、ライヴで定番の楽曲まで、出し惜しみなく詰め込まれた全15曲を収録。アイドル楽曲とは思えない、サイケデリックで摩訶不思議なメロディとサウンドを、成長過程の5人の可憐で危ういメンバーたちが歌った奇跡のバランス感に満ちた大傑作です。この作品が世界に衝撃を与えるのは夢物語ではない。もう一度だけ、もう一度だけ言わせてください。乗るしかない、このビッグ・ウェーヴに!!

BELLRING少女ハート、待望の1stアルバムが完成

BELLRING少女ハート / BedHead

【配信形態】
HQD(24bit/48kHzのwav)ver. 単曲 150円 / まとめ 2,000円

【Track List】
1. World World World / 2. the Edge of Goodbye / 3. D.S.P ~だいすぴッ~ / 4. ボクらのWednesday / 5. Shout!!! / 6. ライスとチューニング / 7. 夏のアッチェレランド / 8. Pleasure ~秘密の言葉~ / 9. サーカス&恋愛相談 / 10. yOUらり / 11. BedHead / 12. ダーリン / 13. アイスクリーム / 14. Teck Teck Walk / 15. WIDE MIND

BELLRING少女ハートのライヴを知らないなんて人生の半分損してるぜ

BELLRING少女ハート / LIVE at お腹が痛い! vol.4

【配信形態】
DSD 5.6MHz+mp3 ver. まとめ購入のみ 1,200円
HQD(24bit/48kHzのwav) ver. 単曲 150円 / まとめ 800円

【Track List】
1. yOUらり / 2. World World World / 3. アイスクリーム / 4. ライスとチューニング / 5. ボクらのWednesday / 6. the Edge of Goodbye



※ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。
※DSD 5.6MHz+mp3 ver.には、楽曲のDSFファイルとDPPファイル、全曲のmp3トラックが同梱されております。

>>DSDの聞き方はこちら
※5.6MHz DSDの音源は、ご使用の再生環境によっては再生できない可能性もありますので、ご購入の前にご確認ください。
※DSD DISCでお聴きになる場合は、DSD(2.8MHz)にダウン・コンバートしてご使用ください。

INTERVIEW : 田中紘治(BELLRING少女ハート ディレクター)

アイドル戦国時代? いまさらそんなことを言っている人は戦で命を落としていることでしょう。ご愁傷さま。そんなことはどうでもいいから、このアイドル・グループを聴いてください。そしたら、アイドルとは? なんて考えてないで、目の前で起こっていることを全力で追いかける気になることでしょう。お願いなので、「ロックとはなにか?」みたいなことをアイドルにおいても語りだして、つまらない流れを作らないであげてください。つまらない大人のみなさん。

前置きが長くなりました。やりたい放題に制作した楽曲を女の子に歌わせたい大人たち、アイドルになるためにより大きな舞台を目指す女の子たち、つねに新しく刺激のあるパフォーマンスを求めるお客さんたち。この3者が絶妙なバランスでもたれかかりあい、奇跡的に人を狂わせるようなグルーブを生み出しているアイドル・グループ、BELLRING少女ハート。すべてがかみ合っていないように見えて、奇妙なバランス感覚で人を惑わせる。これをサイケデリックと呼ぶのでしょうか? 掴めそうで掴めないこのグルーヴに迫るため、ディレクター田中紘治に話を訊きました。インタヴュー開始1時間、自分のセックスの話しかしなかった男を中心にはじまったこのストーリー。あなたも、このアイドル・グループに“BET”してみませんか?

取材 & 文 : 西澤裕郎

BELLRING少女ハート(左から、宇佐美萌、仲野珠梨、TIRA、美月友華、朝倉みずほ)

よく深刻な性病にならなかったなって

ーー田中さんは、中学生のころにマンガで賞をとって、担当編集者がつくくらい実力を買われていたんですよね。小さいころから読書の虫だったり、妄想少年だったんじゃないですか。

田中紘治(以下、田中) : 両方ですよね。小学校のときは江戸川乱歩とかの小説をたくさん読んでいたんですよ。田んぼとか森とか、周辺の環境が田舎だったので、よくカエルとかヘビを殺して、あぶって食べたりしていて。そういう食虫日記みたいなものをマンガにしたりしてました。

ーー妄想だけでなく行動的な少年でもあったわけですね(笑)。それだけ想像力があって、いま話していても論理的なのに、Fランクの高校に行ったというのが不思議で仕方なくて。

田中 : ものすごく飽きっぽいんですよ。やれって言われたら全部ダメで。父親が部屋にがらっと入ってきたとき、マンガを描いてるとよく殴られてたんです。ダメっていわれると抑えられなくて。ただ、マンガで2回目に大きな賞をとったときに、親が「わかった、応援するよ」ってなって急に醒めてしまいました。やれっていわれるとダメなんですよ。勉強も鼻血をふくまで殴られてもしなかったんで。

田中鉱治

ーー頑固というか、好きなものに集中するタイプなんですね。高校卒業後には映像の専門学校に進まれたそうですが、そこで映像を選んだのはなぜなんでしょう。

田中 : 何度マンガを送っても担当編集さんにボツにされてしまうので、書き方を工夫しているなかで、映画のストーリーを頭のなかで思い描いてみるようになったんです。そしたらコマ割りもスクリーン的になってきて。実際に人に動いてほしい、カメラも動いてほしい、みたいな願望が出てきたんです。

ーーちなみに、高校生のときはエルビス・プレスリーがかなり好きだったそうですね。アルバイトをしながら、全部買いあさっていたそうで。

田中 : いわゆるタフネスなミュージシャンってあまり惹かれないんですよ。プレスリーとかジミヘンみたいに、ものすごいシャイな人がロックンロールで狂っていく感じに共感しちゃうんですよね。女の子とまともに話せなかったような人が、ある日ヒーローになって、だんだん女をとっかえひっかえしていくようになっていく、そういうのが好きでしたね。

ーーちなみに田中さんは女の子とはどうだったんですか。

田中 : 基本的には女の子が苦手なんですけど、高校を卒業したときに一気にタガが外れて、20代はものすごく遊んでいましたね。

ーーなんで、そこでタガが外れたんですか?

田中 : そのころ、小学校の初恋とか以来に、好きな子ができたんですよ。その子との関係を壊したくなくて、その子に対してできないことを全部よそでやっているみたいな。

ーーえっ。嫌われたくないから、汚い部分は他の部分で解消するってことですか。

田中 : そうそう。その子にさえ嫌われなければ、よそで誰に嫌われてもOKになっちゃって。もうとにかく出会い系からクラブから仕事先から見つけてはお願いしまくって。よく深刻な性病にならなかったなってくらい。

photo by 雨宮透貴

ーーすごいタガの外れ方ですね(苦笑)。でも、その子にバレたら嫌われるじゃないですか。

田中 : たぶんどっかで遠回しに、積極的な自分もアピールしたかったのかもしれないです(笑)。

ーーで、その子とはうまくいったんですか?

田中 : いかないですよ(笑)。

ーーあははははは。

田中 : その子もけっこう軽かったもんで、彼氏ができたり変な噂を聞くたびに落ち込んでは他の女の子を呼び出してって感じでした。その子が結婚したころ、ようやく僕も落ち着いてきた感じですね。

フリをかえるだけじゃ越えられないマンネリがあった

ーー20代で映像の仕事をするようになってからは、どういう音楽を聴いていたんですか。

田中 : ドラムンベースとかハウスとか、ダンス・ミュージックが増えましたね。ハウスは、どちらかというとガラージよりのが好きで、ジョー・クラウゼルとか、ちょっとジャジーな要素も入っているケビン・ヨストとかが好きで聴いていました。ハード・ハウスは触りだけ聴いている感じ。あと、プログレッシブ・ハウスになってくると、ディープ・ディッシュとかが好きで、聴きあさっていましたね。

ーーかなり音楽を掘って聴いていたようですが、仕事で番組制作をすることになった、ももいろクローバーのライヴに衝撃を受けて、アイドルに興味を持つようになったそうですね。

田中 : すごくおもしろかったのが、「行くぜっ! 怪盗少女」の2番にいくとき、お客さんから「2番」って叫び声がどーってきて。その瞬間、ライヴがおもしろくなっちゃって。お客さんがライヴをおもしろくしようってのを感じたんです。ステージとフロアがツリーみたいに盛り上がっていく感じがすごくおもしろかったんです。

ーーそこからはじまり、田中さんは他のアイドル現場にも足を運ぶようになりますが、他にインパクトを受けたアイドルはいましたか。

田中 : ももクロのあとに2ndインパクトみたいなものがあったとしたらBiSかな。(BiSマネージャーの)渡辺(淳之介)さんと話をして「パプリカ」のPVをとったりするようになって。でも関係者になったらダメなんですよ。普通にお金を払って行っても後ろめたさがあるし、前にいきたい気持ちもあるし…。

ーーだったら自分でアイドル・グループ作っちゃおうと。

田中 : そうですね。あとは、自分でアイドルを作ったら、たくさんPVも作れるなと思って。ただ、PV以外のことがいそがしくて1作しか作れてないんですけど(笑)。


BiS「パプリカ」

BELLRING少女ハート「サーカス&恋愛相談」

ーーそして実際にオーディションを開始して、初期メンバーが決まるわけですが、ベルハーのメンバーを選ぶ上で、なにを一番重視したんでしょう。

田中 : あまり言うことを聞いてくれなさそうな子ですね(笑)。もともとマンガを描いてたからか、とにかく支配的な性格なんです。一言一句、僕の言うとおりにさせたいところがあって。それだと予想外な部分を楽しめないと思って、僕の思ったとおりにいかない部分を持っていそうな子を選びました。

ーー実際、田中さんの言うことは聞かなかったんですか。

田中 : そうですね。おべっかを使って「この曲いいですね~」とか言わないし、「なにがいいのかわかんない」って言うし、与えられた曲がイヤで泣く子もいるし、おもしろかったです。

ーー田中さんが子ども時代、イヤなことはやらなかったり、マンガの担当編集さんからおべっかを使われたりしたことが影響しているのかもしれないですね。

田中 : 編集の方がすごく絶賛してくれたんですけど、「盛り上げてくれようと一生懸命だなー」とか、すごく醒めた態度でみていて。いまは、彼女たちを奮い立たせるために一生懸命いっていることに対して疑われる立場になって(笑)。「こういうところがすごくよかったよ」って伝えても、「それは嘘だと思う」「この前と言っていることが違う」って親戚の子みたいな距離感で言われたり(笑)。

『TRASH-UP!!』を手にガンをたれる田中

ーーでも、仕方ないですよ(笑)。初ライヴで、前日に色染めしたパーカーを着せたり、直前に振り付けがかわったり、無茶させすぎなんですから。

田中 : 本人たちにとっては最悪な船出だったんですが、最初に心が折れなきゃダメだと思っていて。

ーーそれはなぜですか。

田中 : 練習通りじゃない、失敗もおもしろい。そういうアイドルにしたかった。練習したことが披露できましたってライヴにはしたくなくて、無茶をさせましたね。

ーーそれが積み重なり、いまではステージ上でそれぞれが自由に予想できない動きをするようになりましたね。

田中 : でも、本人たちはもっと完璧にこなしたいはずなんですよ。練習して、完璧なライヴをしたいと思っているはずなんですけどね。

ーーでも、田中さんがそれを望んでいない。

田中 : 自分たちでも予想のできないなにかがあるからおもしろいのであって、練習したものをそのまま披露できるようにはなってほしくなかったんです。

ーーただ、それは矛盾する要素を持ってますよね。数をこなせばこなすほど、こなれていってしまう。

田中 : そういうジレンマは何回もあるんですよね。最初はよちよち踊っているのがおもしろかったんだけど、無難にこなせるようになってきたら、とにかくパフォーマンスを激しくするって切り替えて。それが最初はメンバーのストレスだったし、意味がわかんないって言っていて。練習でちゃんとやれって言うのに、ライヴでは壊せって言われるから。

photo by 津田ひろき

ーーでも、そうしないとパフォーマンスもどこかに落ち着いてしまうと。

田中 : お客さんが盛り上がってほしいってところは一致しているから、みんながんばれているんだと思います。ただ、振りをかえるだけじゃ越えられないマンネリがあって。答えははっきりしていたんですよ。曲が増えればいい。そこだけが課題だったんです。

再来年のコーチェラに出たいですね

ーー楽曲のことについて訊いていきたいんですけど、田中さんはどうやって曲作りをスタートさせるんですか。

田中 : 鼻歌でメロディを決めるとこから。ベルハーが初めての曲作りだったので、最初は歌として成立しているのかわからなくて、(アレンジャーの)宇田隆志さんにメロを渡すまではドキドキしてたんです。最初の打ち合わせで宇田さんが「ここがAメロってことね、ここで転調してるな。こんなコードを入れたらどうなるかな…。あ、これいい曲になるよ!」って言ってくれて。それが「ダーリン」です。

ーー「ダーリン」は鼻歌からできたんですか?

田中 : 全部、鼻歌からです。「ダーリン」「ボクらのWednesday」「yOUらり」は次男が赤ん坊だったころ、寝かしつけるときに歌っていた曲で、これはいいフレーズだなと思ったらiPhoneでrecしていました。そのときによく寝た曲がその3曲なんです。

photo by 津田ひろき

ーー楽曲完成にあたって、宇田さんの功績ってすごく大きいですよね。サイケデリックだけど、とてもキャッチー。

田中 : 宇田さんに一番感謝しているのは、普通の編曲家さんだったら、「これはメロとしてキツいからこうしようよ」とか言っていたと思うんですよ。「コード進行の都合上、こうしたほうが気持ちいいからメロもこうしていい?」とか。それを一切しなかったんで。1曲たりともメロをズラしていないんです。

ーーメロディは完全に田中さんが作ったものなんですね。そのあとの作業はどう進んでいくんですか。

田中 : 宇田さんにメロを渡して、仮アレンジがきて、なんとなく詞の世界観を考えてレコーディングして、ミックスの織川さんが曲をエラいことにしちゃう。だから、僕がディレクションしている楽曲は、3人で作っていると思っています。

ーーベルハーの楽曲に関して特徴的なのは、田中さんディレクションだけでなく、寺田正孝さんディレクションの楽曲もあって、2つの奔流が走っていることですよね。寺田さんの楽曲制作はどのように行われるんですか。

田中 : まずは僕の意見をヒアリングしてくれて、どんな曲にしよっかって話から始まります。ミューズとかヴァーヴとかシガー・ロスとか、その辺をカヴァーしようくらいのノリで盛り上がって。例えば、今回はこういうふうに作りたいんだって寺田さんの構想があって始まったのは「Shout!!!」「D.S.P~だいすピッ~」とか。逆に僕のほうから「ひたすら歩くイメージでストリングスの曲が必要だから、こういうのできます?」と提案するときもあるし。最初の段階で骨格をある程度決めて、あとはお任せですね。きちんとクオリティで返してくれる方なので。

ーー寺田さんのサウンドは、ブリブリしたベース音などの現代的なサウンド・アプローチと、ドラマチックで耽美的なメロディ展開で、田中さんの楽曲とは違う強度を持っていますよね。「the Edge of Goodbye」や「アイスクリーム」も寺田さんディレクションなんですよね。

田中 : そうですね。寺田さんの曲で最初に作ったのが「the Edge of Goodbye」なんですけど、最初はあのリフがちょっとしか入ってなくて。もっと普通のアイドル・ロックっぽい感じで。なんかよさそうな感じなんですけど、もっと壊してくれって何度もやりとりして。寺田さん曰く、編曲のタニヤマさんがノイローゼ寸前になりながら「アイドル曲なのに、ここまでさらけ出していいのね」って、思い切ったバージョンに仕上げてくれました。

右、SUPER STAR BUTCH(運営? MC? 担当) photo by 津田ひろき

ーーいまではベルハーのライヴでモッシュが起こる、爆発力を備えた柱の曲になっていますよね。

田中 : もともと僕が60年代70年代の曲をやるってことで立ち上げたんですけど、ガチでその年代の音を作れるのって、宇田さんだけだったんですよ。他の方々は趣旨に賛同しつつも、やっぱりそうではない。それに対して、最初はめちゃめちゃ腹立てていたんですよ。やれるって言ってたじゃねえかよって。でも「エッジ」が仕上がったときに、西と東にわかれた感じで開き直れました。せっかくベルリンっていっているんだから、資本主義と社会主義みたいな対比になっておもしろいなって(笑)。はじける曲は徹底してはじけてもらおうってなりました。

ーーそのバランス感がとてもいいんだと思います。それにしても、今回アルバム収録用にできた新曲がすごいですね。とくに最後の楽曲、なんですかこれ(笑)。

田中 : (笑)。ビートルズって1個の曲のなかで、いくつかのテイクを切り貼りしましたみたいなぶつ切り感があったりするじゃないですか。最初はそういう展開をわざと狙ってみようと思って。ビートルズっぽいメロと、マザーグースのような童謡的なところを切り貼りしたようなのを送ったんですよ。「きれいな展開じゃなくていいから、切り替わるような曲作ってください」って。そしたら宇田さんも遊んで世界観を作ってくれて、西部劇っぽくなったり。

ーー時代劇っぽさもありますよね。

田中 : 聴いたときにまっさきに連想したのが、セックス・ピストルズの映画「グレート・ロックンロール・スウィンドル」のエンディングで船が沈んでいくときにかかる曲と、映画のなかで流れる「誰がバンビを殺したか」のパンク感だったんですよ。偶然なんだけど曲のなかで「イエローサブマリン」を意識しているところがあって、そしたら船が沈むが繋がると思って、「エンディング曲だー」って。

ーーそして「bedhead」はベルハー楽曲としては尺が短くて、80'sのグラスゴーのメロウな印象を受けました。

田中 : アルバム曲をある程度並べてみたときに「濃いーな」「疲れるな」と思って(笑)。昔のアルバムにはよく短いワン・コーラスのインターバルな曲が入っていてるじゃないですか。そういう曲にしたかったんです。メロも不完全な状態で宇田さんに聴かせたら、AメロとBメロが全然つながっていないのに、これいけるよってそのままアレンジがはじまって(笑)。

ーー宇田さんは、どんな球でも打ち返してくれますね(笑)。

田中 : 最初はすごく気軽に考えていて、宇田さんがアコースティック・ギターをじゃかじゃか弾いて、女の子たちがユニゾンで歌うような形を思ってたんですけど、けっこう作り込まれていきました。TIRAが台湾に帰国する直前に(※編集部注 : TIRAは母国の台湾に一時帰国中)、なんとなく予感があって、まだオケのない状態でBメロだけ彼女のパートとして録っておいたんですよ。儚い感じで、すごく気に入ってるメロです。「ここに"bedhead"という単語がくるように、英語で作詞してみて」って言ったら、あんな感じで書いてくれました。で、帰国後は日本に入国できないまま活動一時休止中という。

photo by 雨宮透貴

ーー本当に全曲聴きどころがありすぎる作品だと思いました。この作品群とライヴをもって、ベルハーはコーチェラ・フェスティバルを目標にしているわけですね。

田中 : コーチェラのラインナップが好きなんですよ。すごくインディペンデントな作りをしているんだけど、同時にお客さんを驚かせてやろうってエンターテイメントな面もあって。売れている人をどーんと持ってくるだけじゃなく、「こんなの持ってきたけど?」っていう遊び心でやっているフェスなので、もしかしたら刺さるかもしれないぞって。

ーー目標は3年後ですよね。

田中 : ええ。再来年のコーチェラに出たいですね。コーチェラに出て、みんながおもしろがってくれるようなユニットにしたいですよね。ベルハーならわかるって思ってほしいし、アイドルとしていきたいですね。そういう匂いがなんとなくするんですよね。

RECOMMEND

BELLRING少女ハート / Spacetime EP

サイケデリックからブチ上げロックまで、変幻自在アイドル・ユニット、BELLRING少女ハートの4作目となるシングル『Spacetime EP』をOTOTOYで配信解禁!! ゴシック歌謡調の「アイスクリーム」、デカダンでサイケデリックな「Pleasure 〜秘密の言葉〜」の2曲が、退廃的で刹那的な世界観を見事に表現しています。OTOTOYでは同曲をHQDで配信開始。彼女たちの定期公演ライヴのレポートとともに、じっくりお楽しみください。あなたも高音質でベルハーの世界に浸ってみませんか?

>>BELLRING少女ハートの特集ページはこちら

BiS / IDOL is DEAD

エモいアイドルBiS最強のROCK ALBUM完成!! アイドルの常識をぶち破る傍若無人な活動で話題のBiS!! そんな彼女らにふさわしいアイドルの常識をぶち破るメジャー1st ALBUMが完成した。メジャー・デビュー曲「PPCC」、インディーズ時代の代表曲でライヴの定番でもある「nerve」「MyIxxx」「primal.」「IDOL」の現メンバーでの新録ヴァージョンや、クラブ・シーンのアンセム、大沢伸一の「Our Song」のカヴァー他、新曲7曲を収録。

>>BiSの特集ページはこちら

ゆるめるモ! / HELLO WORLD EP

2012年10月4日に結成された4人組ニューウェイヴ脱力アイドル・グループ、ゆるめるモ!。「窮屈な世のなかを私たちがゆるめるもん!」をコンセプトに、ニューウェーヴ、パンク、ヒップホップ、エレクトロなど多彩なサウンドをぶち込んだ楽曲に加え、ゆるさ満点のMCと佇まいでサブカル界隈を中心に話題を集めている。そんな彼女たちがライヴ会場限定で販売しているシングル『HELLO WORLD EP』を、OTOTOYで配信開始!!

>>ゆるめるモ!の特集ページはこちら

LIVE SCHEDULE

Girls-natioN〜東北巡業ツアー in AOMORI〜
2013年6月29日(土)@青森 Quarter

Girls-natioN〜東北巡業ツアー in KORIYAMA〜
2013年6月30日(日)@郡山 HIPSHOT JAPAN

PROFILE

BELLRING少女ハート

通称“ベルハー”。

サイケデリックからブチ上げロックまで、変幻自在アイドル・ユニット! 2012年4月にライヴ・デビュー。現在のメンバーはTIRA、仲野珠梨、朝倉みずほ、美月友華、宇佐美萌の5人組。当初は学芸会以下と称されたゆるいパフォーマンス、足並みの揃わない個性的なメンバー、ひときわクオリティの高い楽曲など、アイドル・ファンはもとより業界関係者からも注目を集める。

公式サイト
YouTube

o

 
 

インタヴュー

「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事