【WiLL ソロ企画】第1弾、本間美咲が山手線でワンマン・チケットを届けに行く企画に密着してきた!

「クール&ビューティー」をテーマに掲げ、2016年6月にデビューを果たしたガールズ・グループ、WiLL。ダンス・ミュージックをメインにした多彩な楽曲と切れのあるダンスが耳の早いリスナーの注目を集め、地方でや台湾といった海外でのロック・イベントに呼ばれるなどアイドルという垣根を超えて活動中だ。12月8日にはTSUTAYA O-WESTで1stワンマンを行うことを発表している彼女たち。OTOTOYでは3ヶ月に渡りWiLLに迫る特集を展開。第2弾は、メンバー4人のソロ企画を4回に渡り掲載していく。第1弾は本間美咲がご希望の駅へワンマン・チケットを届けに行く企画を実況レポート。そして配信第2弾として「fallin’」の無料配信&ハイレゾ配信をスタート!!

WiLL 3ヶ月連続配信リリース、第2弾音源を配信開始

OTOTOY独占ハイレゾ配信スタート

WiLL / fallin’(24bit/96kHz)

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込)

>>「fallin’」のフリー・ダウンロード(mp3)はこちら

記念すべき初ワンマンをO-WESTにて開催

WiLL 1stワンマン・ライヴ「Will Grab Dream」
2016年12月8日(木)@TSUTAYA O-WEST
時間 : OPEN 19:00 / START 19:30
料金 : ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(DRINK別)

レポート : 本間美咲が12月8日のワンマン・チケットを届けに行ってきた

2016年11月4日(金)、WiLLのスタッフのTwitterアカウントから以下のつぶやきが発信された。


なんと、ワンマン・ライヴのチケットをメンバー自らが希望の駅まで届けてくれるという!! 届けにいくのは、メンバーごとに写真がプリントされた「ピクチャー版チケット」。販売枚数が伸びるほど、メンバーの希望する願いが叶う仕組みになっている。今回企画を行う本間美咲は、メンバーのなかで最初に30枚販売達成、全国流通雑誌への掲載を手に入れた実績の持ち主。

そんな本間が次に掲げる目標は50枚。達成した際のご褒美は「メンバーの坂本愛里さんとのユニット曲制作」!! この企画を行う時点での販売枚数は45枚。果たしてこの日50枚を達成できるのか?

まずは、この日のルールを下記に掲載。

【方法】
・ワンマンチケットご購入希望の方は、WiLLの公式Twitterにリプライ、もしくはDMでご依頼ください。細かな待ち合わせ場所、具体的な時間などはTwitterのDMを使ってリアルタイムで連絡を取らせていただきます。
・ご購入いただいたお客様はその場で記念に2ショット写真を撮らせていただきます。(お客様のスマートフォンやデジタルカメラなどを使わせていただきます。)

【ルール】
・日時は 11/5(土)18:00~受付開始。移動時間なども考慮して、実際にお届けできるのは19時頃を予定しております。終了予定時刻は未定ですが、21時頃までは依頼が入らなくても待機いたします。
・当日、本間美咲がお伺いできるのは山手線沿線の駅のみになります。待ち合わせ場所も改札付近に限らせていただきます。
・ワンマンチケットは1枚3000円です。なるべくお釣りのないようにご用意頂ければ幸いです。
・当日はWiLLスタッフの他に、今回の企画、及び取材スタッフが同行させていただきます。ご了承くださいませ。

O-Westでのワンマン・ライヴは12月8日。あと約1ヶ月。

目標のチケット売り上げ枚数は350枚、そして11月4日時点での売り上げ枚数は182枚。少しでも沢山の人にWiLLを知ってもらえるよう、自分たちでできることをするというのが今回の企画の発端となっており、本間は「行動するのが好きで、ビラを撒いたり、考えるより行動するタイプ」。今回の企画にも気合いが入っているのが伝わってくる。

この日渋谷でライヴを行っていたWiLL。ライヴ終わりに渋谷駅まで駆けつけ、企画はスタートを迎えた。

約3時間に渡る山手線でのワンマン・チケットお渡し企画スタート!!

19時10分。スタートは渋谷駅から。先ほどまで行なっていたライヴ会場に来ていたお客さんが「Tweitterを見て、本間のがんばっている姿を応援したい」と駅で待ってくれていました。記念すべき1枚目の手渡しに成功。

約10分くらいお客さんとお話をして次の駅に向かいます。ドキドキワクワクしている様子が伝わってきます。

19時35分。池袋に移動し2人目のお客さんに無事チケットを手渡し。待っている間の心境を尋ねると「ドキドキ感は特になかった」とそっけない返事。「ちょっとー」と笑顔で怒る本間。しかし本間の魅力を伺うと「笑顔でがんばっている姿に目がいく」との本音が。

時間を確認します。次のお客さんまでちょっと時間があくのでTweetしようとしたとき新たな依頼が入り、急遽五反田まで移動することに。

これが今回お届けしている本間美咲のピクチャー・チケット。もちろん本人のサイン付きです。

山手線に揺られながらTwitterで発信しているうちに五反田駅に到着です。

本日3人目のお客さんにチケットを渡す本間。

特典としてお客さんのスマホでも2ショット撮影をプレゼント。

バイト終わりで駆けつけた彼はこの日偶然「HONMA」のシャツを着ており、本間のテンションの上がる。本間の魅力を尋ねると「言葉にあらわせないオーラがある」とのこと。

次に来たのは秋葉原。広い構内を駆け巡りお客さんの元を目指します。

4人目のお客さんにチケットを無事お届け成功。通算49枚目。本間の魅力を聞くと「ぐいぐいと来てくれるところ」。実は初めてのライヴで本間が物販に強制連行(!?)したことがきっかけだったとのことで、本間の前向きな行動力も魅力になっていることがわかった。

パシャりと記念撮影。ライヴにしばらく足を運べず、Twitterでリプ返しをしていたそうで、久しぶりにいろいろと話が弾みます。

再び、池袋に移動。人混みのなかで渡したチケットは、通算50枚目!! おめでとう!! 目標達成で、本間の願いであるデュエット楽曲の制作が決定!!!

記念の2ショット。本間の好きなところは「人間味のあるところ」。実は2人は同い年!! 緊張していないように見えて緊張していたとのことでした。嬉しそうな顔をしている本間。

自然と笑みがこぼれます。「50枚に達するまでは家族や友達には売らないと決めていた」「雑誌に掲載されるのが決まるまでお腹が痛かった」と心の内を明かしてくれました。50枚達成、本当におめでとう!!

続いてやってきたのは高田馬場駅。

6人目のお客さんにチケットをお届け。「可愛くなったからドキドキした」と嬉しい言葉に「いままで可愛くなかったの?」と照れ隠しのように返す本間。ももクロのダンスを踊っているすが見たのがきっかけで知ったそう。好きなところは「元気きなところ」。

再び池袋に戻ってきました。本日3回目。プロデューサーさんから差し入れをもらい喜ぶ本間。

これが本日最後のお客さんです。いま池袋に向かっているとの連絡が入り、どちらから来るかなーと周りを見渡す本間。

無事、会うことができて一安心の2人。近況を話したり雑談をしたりしています。

そして本日7人目、そして52、53枚目の2枚をご購入くださいました。2人で記念撮影をぱしゃり。

約2時間半にわたるチケットお届け企画が終了し、池袋をあとにしました。実は「本当に依頼がくるのか意外とビクビクしていました。実は人見知りなんですよ。あと、家で1人でいるとき、ずっとボーっとしているんですけど、そこで元気がチャージされます」と本間の一面を教えてくれました。

「おもしろいことをしたい」という提案からはじまった今回の企画。「じわじわと嬉しさが込み上げてきますね。これからもおもしろいと思われることをいっぱいしたい」と最後に話してくれました。次の機会があった際はぜひみなさんもご参加してみてはいかがでしょう? おつかれさまでした!

WiLL 3ヶ月連続配信リリース、第1弾音源を絶賛配信中

WiLL初のハイレゾ音源を独占配信スタート

WiLL / wherever you go(24bit/96kHz)

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込)

>>「wherever you go」のフリー・ダウンロード(mp3)はこちら

LIVE INFORMATION

WiLL 1stワンマン・ライヴ「Will Grab Dream」
2016年12月8日(木)@TSUTAYA O-WEST
時間 : OPEN 19:00 / START 19:30
料金 : ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(DRINK別)

PROFILE

WiLL

WiLLはダンス・ミュージックをメインに、cool&beautyをコンセプトとしたダンス&ヴォーカル・グループ。グループ名のWiLLは世界(World)に向けて、ヤバくカッコいい(iLL)グループになるという意味を持つ造語。あわせてWill(意思)という意味も持つ。2016年春活動スタート。

>>公式HP

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事