ロック、ジャズ、エレクトロニカ、プログレ、エモ、USインディ・・・。具体的なバンド名を出しつつ語ってくれたAureole(オーリオール)は、東京を中心に活動する6人組だ。“光冠”というバンド名に違わず、空間をたゆたう幻想的なサウンドは聴き手の脳へとダイレクトに訴えかける。

キーワードに「紙一重」という言葉を挙げている通り、静寂と轟音など相反するものの間で光を放つ。幅広い音楽知識を持ちながら、それに特化しない柔軟さで奏でる楽曲はダイナミックで感傷的でもある。新しい音楽は何もないところから生まれるのではなく、潜在的に聴いてきた音楽や経験を反映する。そうした意味で、ロックを始めとする現代音楽の土台の上をひた走るバンドであると言えよう。

村上春樹の世界よろしく2つの世界が次第に交差していく様は、スリルがあり紙一重の美学も感じる。全く異なるものだと思っていてもどこかで繋がっている。パラレル・ワールドが存在したとしたら、もう一つの世界の自分もこちらの世界を想像しているのだろう。そんな視点も垣間見える作品について、ヴォーカル/ギター/プログラミングの森大地に話を聴いた。

インタビュー & 文 : 西澤裕郎

→「Windfall」のフリー・ダウンロードはこちら (期間 : 11/19〜11/26)

ギリギリな部分をついた音楽というのは、物凄いパワーを持った音楽になり得る

Aureoleはどのように結成されたのでしょう?

元々、僕と計良康之さん(Drum)でGiddieという五人組のバンドをやっていたのですが、後に三友豪司さん(シンセ、グロッケン)が加わりLavosという名義で活動をしていました。その後何度かメンバー・チェンジを経て2007年に現在のメンバーになったところで、曲も全て一新しAureoleとして活動を開始しました。

—曲はどのようにして作られているのでしょう?

曲によるのですが、例えばある曲だとまず僕がギターを弾きながら歌メロを考え、それにドラムやシンセ等他のパートを仮で録音します。そのデモを聴いた他のメンバーがさらに良くなるようにアレンジを作り変え、曲を完成させていくという流れです。他にはリズムやシンセ等でトラックを先に作り、後から歌を乗せるというパターンもあります。

—『Nostaldom』はデビュー・アルバムであり、名刺代わりの作品となります。どのような点を意識/重視して作品作りに臨まれたのでしょう?

単なるポスト・ロックや単なるエレクトロニカにならないように注意しました。「紙一重」という言葉が今作の重要なキーワードです。ポスト・ロックやエレクトロニカは、ポップ・ミュージックやロック的な要素をある一定量以上入れてはいけないという暗黙のルールがあるように感じます。僕らはそれを否定することから始めました。ギリギリな部分をついた音楽というのは、物凄いパワーを持った音楽になり得ると考えたからです。The Beatles、The Velvet Underground、Nirvana、XTC、Miles Davis、John Cage、新しいものではBjork、Radiohead、Super Furry Animals、Portishead等。Aureoleも、やるならそういう強烈な存在になりたいと考えました。

—Sigur RosやThe Album Leafなどが引き合いに出されますが、どのような音楽に影響を受けていると思いますか?

究極の理想は上に挙げたバンドのような存在になることなのかもしれません。音楽の歴史に名を刻む音楽というのは言うまでもなく素晴らしい事だからです。他に影響を受けているバンドを挙げると、例えばKettel、Secede、Erast等のオリジナリティ溢れる美しいエレクトロニカ、 HymenやAnt-Zen(レーベル)に代表される聴き手の精神の中にジリジリ浸透してくるようなインダストリアルなサウンド、60年代後半から70年代にかけての色々な国のサイケやプログレやクラウト・ロック。バッハやサティやショパンやラフマニノフ等のクラシック音楽。Elliott SmithやJudee Sill等のフォーク・ミュージック。PinbackやCopeland等の美メロなロック。他はレゲエ、ダブ、ポスト・ロック、ブレイク・コア、シューゲイザー、アンダーグラウンドなヒップ・ホップ、ダブ・ステップ・・・。キリがないかんじですが、それらは全て今作の中で何かしらの影響を及ぼしていると思います。

—曲によって、ドラムンベースの要素を感じたりエレクトロニカの色が濃厚だったりします。そういう点で音楽性に広がりがあると思うのですが、Aureoleの核となる部分はどこにあると思いますか?

核はメロディーだと思います。どんなアプローチの曲でもそれだけは常に最良のものにしようと心がけています。ジャンルでいうと「オルタナティヴ・ロック」が妥当かもしれません。音楽的にどの方向にもいけて身動きがとりやすそうなので、僕らにとっては一番好都合です。

言葉にできない感情や情景を音楽で表したい

—バンド名や音楽性から、どこか神秘性や超自然的な印象を受けます。Aureoleが音楽を通して描きたい世界はどのようなものなのでしょう?

精神そのものに影響を及ぼす世界です。
そういう意味で神秘性や超自然的な印象を感じて頂ける事は嬉しい事です。

—<洋楽の響きをもった日本語詞>というライナーを読んでから聴かせていただいたのですが、そうした事前情報がないと日本語で歌っていると気がつかれない可能性もあると思います。なぜこのような歌い方をしようと思ったのでしょう?

歌詞が聞こえる事は曲にとって非常に邪魔な事だと割り切りました。それは恐らく多くの方にとっては受け入れ難い方針でしょう。
よく「自分の言いたい言葉を音楽に乗せました」というバンドがいますが、少なくともAureoleでは一番やりたくありませんでした。僕らは言葉にできない感情や情景を音楽で表したいのです。思春期の頃の何とも言えない感情、過去に嗅いだ事のある不思議な匂い、なぜか懐かしい気持ちになる夢の中で見た風景、自分にしか分からないあまりに悲しい思い出。そういう言葉では決して辿り着く事のできない表現を、音楽でやってみたかったのです。
それでも歌詞(=言葉)を用いているわけですが、それには二つの理由があります。一つは響きです。どのメロにどの響きを持った言葉を入れるか、これは非常に重要な事だと思います。そこにはいつも多くの時間を費やし最良の言葉をチョイスしているつもりです。もう一つは曲の世界を補足する要素として言葉を用いています。歌詞を伝える為の音楽ではなく、音楽を伝える為の歌詞という考え方です。先ほど歌詞が聞こえる事は曲にとっては邪魔だと言いましたが、もう少し違う言い方で言うと日本語の響きの特性が僕らの曲には合わなかったという事です。勿論日本語にも美しい部分がいっぱいあるとは思いますが、僕のように英語を話せない人が洋楽を聴き、後から訳を読んで歌詞の意味を知るというようなバランスがAureoleの曲には丁度いいと考え、こういう歌い方にしました。

—アルバム発表後には、ライヴが控えています。ライヴというのはAureoleにとってどのような意味合いを持っていると思いますか?

ライブは感動をダイレクトに伝える事のできる絶好の場だと思います。アルバムをいっぱい聴くよりもバンドの事が分かるでしょうし、今後も力を入れていきたいです。

—文学や絵画、映画などの影響も感じますが、音楽以外にシンパシーを感じるものがあれば教えて下さい。

Nostaldom』は村上春樹さんの『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』の世界観を意識したところがあります。アルバム・タイトルからもそれを感じて頂けるのではないでしょうか。でもそのままの世界観を伝えるというよりは、自分達流に色々と解釈を変えて表現しています。

—この先のAureoleの目標/課題を教えて下さい。

一人でも多くの方の心に残るバンドになりたいと思っています。
それとフェスティバルに出たいです。どなたか是非声をかけて下さい!

PROFILE

2007年に結成された、森大地(Vo.、Gt. &Programing)、三友豪司 (Syn. &Glocken)、矢野彩子 (Syn. &Flute)、岡崎竜太 (Ba.)、中村敬治 (Gu.)、計良康之 (Dr.)の6名からなるポスト・ロック/オルタナティブ・バンド。ロック、ポスト・ロック、エレクトロニカを通過したサウンドと、英語発音を意識しながらもあえて日本語詞にこだわったヴォーカルによる「歌モノ」としての側面。この二つの要素が矛盾することなく斬新な融合を果たしている。森による先鋭的で文学的な歌詞は高度な楽曲性とも相まって、パラレル・ワールド、神話的、物語的な世界を予感させる。現在都内を中心に積極的にライブ活動を行っており、圧倒的な動員数を誇る。

LIVE SCHEDULE

『Aureole “Nostaldom” release party』

  • 2010/01/11(月・祝) @ 高円寺HIGH
Open/Start 17:30/18:00
adv/door 2,500yen/3,000yen

w/ Ruibyat / 百景 / neohachi / All the Frogs are Our Weekend

幻想的なサウンド・スケープを奏でるアーティスト

THE SEASON STANDARD / THE SEASON STANDARD
ベルリンを拠点に活動を続けるThe Season Standard(ザ・シーズン・スタンダード)の最新作。日本盤のみのボーナス・トラックを収録し発売。King CrimsonのTrey Gunn(トレイ・ガン)がゲスト参加。

capital of gravity / sgt.
4人編成に戻った新生sgt.の今作はバンド全体で新たな方向性を提示し、斬新な創造力とアイデア、そして潜在的な能力を十二分に発揮し新境地を開拓。確実に"NEXT"へ進み始めた"new sgt."の2ndミニ・アルバム。ゲストにはPianoに「中村圭作」(kowloon、stim)、SaxにMAS、simを中心に音楽家としての活動と、音楽批評の執筆や菊地成孔との共著など作家としても活動する「大谷能生」が参加し楽曲に彩りを加えている。

sgt. 特集 : https://ototoy.jp/feature/20091006

GIVE ME BEAUTY...OR GIVE ME DEATH! / ef
スウェーデンのヨーテボリ出身の5人組。2006年リリースの1stアルバム『GIVE ME BEAUTY... OR GIVE ME DEATH!』でデビューし、その幽玄的なヴォーカルとストリングスを取り入れた壮大な曲展開で、シガー・ロスに続く才能としてヨーロッパのみならずここ日本でも多くのポスト・ロック・ファンを魅了した。デビュー作品にも関わらず曲のアレンジや展開力が素晴らしく、完璧に完成された世界観を提示した彼らでしたが今作の2ndアルバムでさらなる進化を見せてくれました! 今回からプロデューサーに抜擢されたのは、スウェーデンの人気レーベルHapnaに所属するアーティストPatrik Torsson。ピアノや弦楽器を使ったエレクトロ二カを得意とする彼だけに、efとの融合はまさに理想の組み合わせと言えるでしょう。

they'll come, they come / immanu el
シガー・ロス以来、北欧ポスト・ロック界で最高の発見となるであろうスウェーデン出身の5人組イマニュ・エル。デビュー前から北欧のメディアを中心に話題となり18歳でスウェーデンのrookiefestivalやアイスランドの国営テレビにも出演。そして衝撃のデビュー・アルバム『they'll come, they come』が遂にリリースされる。冷たく煌めくギター、荘厳な雰囲気を醸し出すドラムのリズム、静かに時を刻むベース、軽やかに気高いピアノ、そして憂いを帯びたヴォーカル、そのすべてが混ざり合って作り出される神の祝福のようなサウンドは、まさに新しい世代の始まりを告げるファンファーレ。

o

 
 

インタヴュー

『Lo-Fiドリームポップアイドル』SAKA-SAMAの「いま」に迫る──初期メンバー、寿々木ここね単独インタヴュー
・2018年02月20日・『Lo-Fiドリームポップアイドル』SAKA-SAMAの「いま」に迫る──初期メンバー、寿々木ここね単独インタヴュー ドリーム・ポップ、パンク、ブレイクコア、カントリーなど様々なジャンルの楽曲を、現代的なアイドル・ポップとして再構築した、親しみやすいサウンドで人気を集める“Lo-Fiドリームポップアイドル”SAKA-SAMA。2月27日にリリースされる彼女たちの『夢のはてまでも』は、ポニーのヒサミツ提供曲であるカントリー・ソング「ネズミの生活」をはじめ、詩人・小笠原鳥類による詩の朗読「夢のはてまでも」、ライヴの定番曲であるデジタル・ガレージ曲「パーティ・パーティ」など、さまざまな要素を取り込んだ作品に。まさにさまざまなジャンルを自由に横断した今作を、2018年2月20日21時から2月26日までの期間限定フリー配信でお届け。さらにハイレゾ盤は予約も受け付けていますので、ぜひこちらもチェックを。南波一海による、SAKA-SAMAの初期メンバー、寿々木ここねへの単独インタヴューとともにどうぞ。 期間限定フリー配信中! SAKA-SAMA / 夢のはてまでも(期間限定フリーDL)'【配信形態】MP3【収録曲】''
ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談
・2018年02月18日・ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談 〈「FREE&EASY」 〜自由に自然体で〜〉をコンセプトに、鹿沼亜美、田辺奈菜美、傳彩夏の3人からなるガールズ・ユニット、ONEPIXCEL。〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2017〉や〈@JAM EXPO 2017〉を始め数々のイベントに出演し、他を圧倒するパフォーマンスと自然体のゆるいMCで多くの観客を魅了している。そんな彼女たちが『LAGRIMA』のリリースを機にメジャー・デビューを果たす。OTOTOYではこのメジャー・デビュー・シングル『LAGRIMA』の予約を開始。予約すると【Type-A】【Type-B】のそれぞれに1曲ずつ収録される「TONDEKE George(MOP of HEAD)Remix」、「be with you Masayoshi Iimori Remix 」が先行ダウンロード可能。そして、リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi Iimoriの対談を、リリースを記念して掲載。彼女たちの新たなスタートと
by 岡本 貴之
自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演『アイラブユー』リリース
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演2年ぶりフル・アルバム『アイラブユー』リリース 京都を拠点に活動を続ける本日休演が、前作『けむをまけ』からおよそ2年の時を経て、フル・アルバム『アイラブユー』をリリースした。2015年12月に一度脱退した佐藤拓朗(Gt,Cho)のバンドへの復帰や、制作期間中にソングライティングも担っていたメンバーの故・埜口敏博(Vo,Key)の急逝など、多くの出来事を経て完成した今作。埜口が残した音源を再構成した楽曲をはじめ、OMSBや入江陽といった気鋭の客演陣も参加するなど、他に類を見ないユーモア満載の作品が完成した。今回は岩出拓十郎(Vo,Gt)、佐藤拓朗へのメール・インタヴューを掲載。本作の制作がどのように行われたのか、丁寧に語ってもらった。 2年ぶりのアルバムをハイレゾ独占配信! 本日休演 / アイラブユー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 2,484円(税込)【収録曲】1. 寝ぼけてgood-bye2. アイラブユー3. ラブエスケープ(f
Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信
・2018年02月14日・Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信 昨年、初のワンマン・ライヴ〈BUGDAD CAFE〉の開催や大規模チャリティー・フェス〈COMIN' KOBE ’17〉への出演をはじめ、多くのライヴ、イベントへの出演するなど、いまライヴ・シーンでその名を轟かせているロック・バンド、Gateballers。そんな彼らが2年ぶりとなるフル・アルバム『「The all」=「Poem」』をリリースする。ソングライターである濱野夏椰(Gt,Vo)の甘ったるくも気だるさを感じるヴォーカルと、サイケで儚いアンサンブルや、癖のあるメロディーがユニークな彼ら。今作では持ち前のポップさと初期衝動、そして強力なサポート・メンバー、内村イタル(ゆうらん船)を迎え4人編成となり、さらにサウンド面がパワーアップ。OTOTOYではCDリリースの2018年2月21日(水)に先駆けて2月7日(水)より先行ハイレゾ配信を実施中です! 今作リリースに合わせて濱野夏椰、本村拓磨(Ba) の2人へのインタヴューを掲載します。いま大注目バンドの貴重なインタヴューをぜひアルバ
by ?
岸田教団&THE明星ロケッツ、TVアニメ「博多豚骨ラーメンズ」OP曲「ストレイ」を1週間ハイレゾ先行配信 & インタヴュー掲載!!
[CLOSEUP]・2018年02月14日・今期のアニメ「博多豚骨ラーメンズ」が面白い! そしてそこで流れる岸田教団&THE明星ロケッツの新曲(ハイレゾ!)が、震える程あがる! 2017年春にアルバム『LIVE YOUR LIFE』をリリースし、秋から冬にかけ結成10周年を祝うライヴ・ツアー「10th Anniversary Tour 2017~2018 ~懐古厨に花束を~」(←最高でした!)を終えた岸田教団&THE明星ロケッツから新たなシングルが到着!! 表題曲「ストレイ」は、人口3%が殺し屋の街・博多を舞台に裏稼業の男たちの物語を描いた小説「博多豚骨ラーメンズ」のアニメ版OP曲として起用! 疾走感溢れる楽曲に絡むサックスの音色が印象的な岸田教団の新たな名曲ともいうべき1曲は、流れた瞬間にマジであがります。OTOTOYでは同シングルのハイレゾ版を1週間先行配信するとともに、ichigo(Vocal)と岸田(Bass)の2人にインタヴュー。11年目を迎え、新たなフェイズに突入した彼らの今の心境とは!? やっぱり岸田教団&THE明星ロケッツはハイレゾっす!!!岸田教団&THE明星ロケッツ / ストレイ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24b
by JJ
【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」
[EMPIRE]・2018年02月13日・【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」 BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループ、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。まだ数回しかライヴを行なっていないEMPiREだが、2018年4月11日に1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』のリリースが決定!! さらに、2018年5月1日(火)にはマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンの開催も発表された!! 前代未聞のスピード感で進んでいくEMPiRE、初となる個別インタヴューを5週に渡り掲載していく。第4回は、YU-Ki EMPiREの声をお届けする。 2018年4月11日、1stフル・アルバムのリリースが決定!!THE EMPiRE STRiKES START!!発売日 : 2018年4月11日[初回限定豪華盤]カセット+DVD+写真集(50P)価
by 西澤 裕郎
渋谷慶一郎主宰レーベル、ATAKの過去音源配信、第6弾
・2018年02月11日・ATAK過去作配信第6弾、レジェンド、刀根康尚のライフ・ワーク集、そしてサウンドトラック三部作へ 2017年9月11日より、渋谷慶一郎の主宰レーベルATAKの過去作品が毎月11日に配信リリースされる。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説とともに配信をお送りします。第6弾は、2011年のリリースを中心に3作品を配信。まずはフルクサスへの参加など、まさにエクスペリメンタル・ミュージックのレジェンドとして長らく活動を続ける刀根康尚による1996年から2010年まで14年の歳月をかけて制作された『万葉集』をテーマにしたライフワーク的作品をコンパイルした『ATAK016 MUSICA SIMULACRA』。伊勢谷友介監督作品『セイジ 陸の魚』のサウンドトラックとして制作され、渋谷プロデュースのもと、Oval、真鍋大度、ミカ・ヴァイニオ、Ametsub、そして朋友evalaらが参加したコンピレーション形式の作品『ATAK017 Sacrifice Soundtrack for Seiji “Fish on L』。そしてもう1作は太田莉菜をヴォーカルに、
by 八木 皓平
RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン メンバー全員インタヴュー
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自主運営の2年間で得た最高の仲間と新たな冒険の真っ最中ーーラストクエスチョン全員インタヴュー RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン。2015年に結成され、脱出ゲームでおなじみ株式会社SCRAPのアイドルとして活動したのち、2016年3月から自主運営で活動をしている。これまでの間にメンバーも複数入れ替わり、現在は初期メンバー1人、新加入の2人の計3名で活動中。そんなラスクエから、名刺代わりのフリー配信曲「マジックアワー」が到着。「ラブゾーマ」の新テイク配信も味わい深い彼女たちに、2年ぶりのインタヴューをおこなった。 >>現体制の初音源をフリー配信「マジックアワー」>ラストクエスチョン Official HP
by 純三
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事