Aureole、タワレコ渋谷店をジャック!?ーー全曲ライヴ・アレンジのベスト・アルバムとともに高野修平が仕掛けたマーケティングに迫る

kilk recordsを主宰する森大地が率いるAureoleが、ライヴ・アレンジでリテイクしたベスト・アルバムをタワーレコード渋谷店限定でリリース。全曲1発録りで作られた本作は、ポストロック、エレクトロニカの枠を大きく越え、全音楽ファンに突き刺さる内容になっている。同作のリリースに伴い、タワーレコード渋谷店内に様々な仕掛けが登場。アルバム名「Awake」にちなんだ9種類のハッシュタグが店内の床や壁のいたるところに設置。コミュニケーション・デザイナー / クリエイティブ・ディレクター高野修平によるリアルとデジタルを掛けあわせたO2O施策「Hashtag Awake」で、来店したお客さんの意識をAureoleに結びつけていく。それを聞きつけたOTOTOYはタワレコ渋谷店に潜入し、すべての企画を体験。その様子を写真とレポートでお送りする。リアルとデジタルを掛けあわせた体験ができるのは3月16日まで!! 情報過多を逆手に取った体験を味わってみてはいかがだろう!!

Aureoleが新作『Awake』でタワレコ渋谷店をジャック!?

2年半ぶりとなる新作『Awake』をタワーレコード渋谷店限定でリリースしたAureoleが、前代未聞のハッシュタグを活用したプロモーション「Hashtag Awake」を3月10日からタワーレコード渋谷店内でおこなっている。今回はその模様をお届けしよう。

Aureoleというバンドに気付いてもらいたいんです

思えば、Aureoleのリーダー・森大地がオーナーを務めるkilk recordsは他レーベルやアーティストとの差別化を図る独特の企画を次々と打ち出してきた。2013年のライヴハウス「ヒソミネ」のオープンを皮切りに、昨年はソーシャルTV局「2.5D」と「ヒソミネ」とのコラボ・プロジェクトでバンド生演奏の定期番組プロジェクト「2.5D×ヒソミネ」を開始。しばらくライヴ活動に専念していた感のあるAureoleも、一晩で1000以上のDL数を獲得したフリーの配信限定シングル「Ghostly Me / The House Of Wafers」のリリース、“誰でもAureoleと対バンできる”「Shuffle Play」を企画するなど、よりアグレッシヴに活動を活発化してきた。そして今回はタワーレコード渋谷店限定リリースによる新作『Awake』の発売を記念したプロモーションということで、早速足を運んでみた。


Aureole / Ghostly Me

店内に入ると、まず1Fフロアに『Awake』のCDが展開されていた。ジャケット、バンドのアー写で構成されたポップが並び、横には試聴機が。ここまでは他のアーティストと同じだが、足元を見ると何やらシールが複数貼られている。良く見ると「#動画で目覚める?」「#ニュー・アルバムで目覚める?」などアルバム名『Awake』にちなんだ“目覚める”というキーワードが書かれている。このハッシュタグをTwitterで検索すると、それぞれのハッシュタグに応じて、Aureoleの限定トラックを試聴できたり、バンド情報、ミュージック・ビデオなど見る事ができるようになっているのだという。これは昨年OTOTOYで森と対談をおこない意気投合、フリー配信と「Shuffle Play」も手掛けた高野修平(株式会社トライバルメディアハウス)をコミュニケーションデザイナー / クリエイティブディレクターとして迎え「今回、ガッツリ組んでプロモーションをやろうということで」生まれた企画とのこと。

Twitterってタイムラインを眺めていくものですけど、ハッシュタグは自発的に検索するという、本来のTwitterとは逆のものだと思うんです。このハッシュタグで流れて行くばかりのTwitterのTLを止めて、今まで知らなかった人にもAureoleというバンドに気付いてもらいたいんです。(森)

タワレコ店内にはありとあらゆるアーティストのポップが飾られ、情報が溢れている。その中で一般的には無名に近い存在のAureoleが競ってみても、他アーティストとの差別化は難しいのが現実だ。そこで高野が考えたコンセプトは、情報があふれているリアルと違い“無数の空白地帯がある”デジタルの世界でポップを展開する「デジタルポップ」。そこへ導く方法のひとつとして、あらゆる場所に張り巡らせたハッシュタグにより、店内を歩くお客さんの「無意識的だった視認」を「意識的に視認する」状態に導くこと、『Awake』というアルバム・タイトルが示す通り「Aureoleという存在に“目覚めて”ほしい」というのが今回の施策の主な目的だという。

“このハッシュタグはなんなんだ? Aureole? どんなバンドだろう”っていう気付きが大事だと思ったんで、ゼロからのスタートで、目に留めてもらうのがそもそもの目的ですね。そこからCDなりライヴに繋がってくれたらなと思っています。(森)

ベスト・アルバムでありながら現在進行形のバンドの姿が切り取られた作品

渋谷店のSNS担当者、清水真広氏によると「タワーレコードは良い意味で各店舗ごとに裁量を与えられている」とのことで、今回の企画に非常に興味を持ったことで渋谷店独自の展開としてプロモーションを実施したようだ。

また、ハッシュタグ以外の仕掛けも。CD試聴機にはモニターとサングラスが設置されている。しかしモニターには何も映し出されていない。ところが試聴しつつサングラスをかけてみると楽曲のMVがサングラス越しに出現。こうした仕掛けによる驚きがAureoleの音楽を知り、その場でCDを手に取るきっかけになってくれそうだ。

さらに、2Fフロアに上がるとエスカレーターの踊り場にAureoleのパネルが設置されている。インディーズ・アーティストがこうした撮影用のパネルを展開するのは異例のことのようで、大きくパネルになった自分たちの姿を前にテンションが上がるメンバーたち。順番にサインを入れて記念撮影。

3FのJ-POP売り場にも新譜が置かれる場所に大きく展開されている『Awake』。かなり目立つ位置にあり、もちろんその足元にもハッシュタグが貼られているので、興味深げに眺めているお客さんも見受けられた。さらに、店舗入り口の大きなビジョンでもMVが流されており、訪れたメンバーたちも興奮した様子だった。ところで、初めてAureoleの作品と出会う人も多くなるであろう『Awake』は新曲1曲プラス既発曲をライヴ・アレンジで全曲リテイク、一発録りしたベスト・アルバムとのこと。いったいどんな想いが込められている作品なのだろう?

僕らのライヴを観て“良かった”って言ってくれるお客さんから“音源でこんなに良いと思わなかった”って言われたがあって(笑)。何か問題があるのかな? って見つめ直したんです。でも確かにライヴの形も段々変わってきたんで、改めて音源を聴くと“あれ? こんなだったんだ?”って思うことが僕ら自身にもあって。だったら今のライヴ・アレンジを一度パッケージ化してみるのも面白いかなと思ったんです。(森)

常に進化を続けているAureoleらしい、ベスト・アルバムでありながら最新型、現在進行形のバンドの姿が切り取られた作品といえるだろう。

インディーズ・バンドとしては異例の大きな店舗プロモーションとなった今回の「Hashtag Awake」。情報が溢れる世の中でバンドの存在に気が付いてもらうためには、看板やポスターやビジョンの映像、平台を使ったリアルな仕掛けと、Twitterなどのデジタルを両方掛け合わせることで完成されるプロモーションのように、アイデアとチャレンジをアーティスト自身がより積極的に実行していくべきなのかもしれない。今回、「Hashtag Awake」でAureoleの音楽と出会うことが出来るハッシュタグは全9種類。中には、6月に発売されるニュー・アルバムの情報や先行試聴もできるハッシュタグもあるので、あなたも是非“人生を変えてしまうほどの音楽との出会い”に目覚めてみては?

取材・文 : 岡本貴之
写真 : ameshiba

いますぐタワレコ渋谷店に走れ!!

Aureole / Awake

【販売価格】
2,138円(税込み)
※OTOTOYでの配信はありません。タワーレコード渋谷店にてお求めください。

【リリース日】
2015年3月11日(水)

【Track List】
1. Core
2. Live Again
3. The House Of Wafers
4. World As Myth
5. Windfall
6. Miz
7. Dell
8. Disappear
9. Suicide

Aureoleのワンマン・ライヴが決定!!

Aureole "Spinal Reflex” Release Party
2015年7月2日(木)@代官山UNIT
時間 : 18:30 OPEN / 19:30 START
料金 : 前売 2,800円 / 当日 3,300円(1DRINK 別途)
出演 : Aureole
問い合わせ先 : UNIT(03-5459-8630)
チケット予約 :
Aureole公式ページ http://goo.gl/19YfmA
プレイガイド(ぴあ / ローソン / e+)の発売は後日発表

Aureoleの作品アーカイブはこちらから

>>『Reincarnation』リリース時インタヴュー・前編
>>『Reincarnation』リリース時インタヴュー・後編

LIVE INFORMATION

2015年4月10日(金)@タワーレコード渋谷1F
時間 : 20:00 START
※ライヴは観覧フリー。ライヴ後のサイン会は『Awake』購入特典のチケットを持っている方のみ参加ができます。

2015年4月30日(木)@タワーレコード渋谷店B1F「CUTUP STUDIO」
時間 : 20:00 START
※『Awake』購入特典のチケットを持っている方のみ入場できます。

Aureole "Spinal Reflex” Release Party
2015年7月2日(木)@代官山UNIT
時間 : 18:30 OPEN / 19:30 START
料金 : 前売 2,800円 / 当日 3,300円(1DRINK 別途)
出演 : Aureole
問い合わせ先 : UNIT(03-5459-8630)
チケット予約 :
Aureole公式ページ http://goo.gl/19YfmA
プレイガイド(ぴあ / ローソン / e+)の発売は後日発表

PROFILE

Aureole

2007年結成。森大地(Vo/Gt/Prog)、岡崎竜太(B)、中村敬治(Gt)、中澤卓巳(Drs)、saiko(Syn&Flute)、佐藤香(Vibs&Glocken)の6人組バンド。都内を中心にライヴ活動を行っている。ポストロック、エレクトロ、クラシカル、ミニマル、プログレ、サイケ、民族音楽、ダブステップなどを通過した奥深いサウンドと「歌モノ」としての側面、この二つの要素が違和感なく融合したサウンドが特徴。2009年にNature Blissよりデビュー・アルバム『Nostaldom』をリリース。青木裕(downy、unkie) をゲストに迎えたこの作品は、各方面から多くの支持を得た。2010年にはVoの森大地が主宰するレーベル、kilk recordsより2ndアルバム『Imaginary Truth』を発表。『今後の日本の音楽シーンのキーマン』と称され、一層の注目を集めた。2012年には3rdアルバム『Reincanation』をリリース。同作品のレコ発ライヴとなる渋谷o-nestワンマン公演ではソールドアウトを記録。2014年11月には2年ぶりとなるフリーの配信限定シングル『Ghostly Me / The House Of Wafers』をリリース。一晩で1000以上のダウンロード数を獲得する。2015年3月、ライヴ・アレンジでリテイクしたベスト・アルバム『Awake』をタワーレコード渋谷店限定でリリース。タワーレコード渋谷店をジャックした前代未聞のハッシュタグを活用したO2O施策「Hashtag Awake」が大きな反響を呼んだ。

>>Official HP

o

 
 

インタヴュー

『Lo-Fiドリームポップアイドル』SAKA-SAMAの「いま」に迫る──初期メンバー、寿々木ここね単独インタヴュー
・2018年02月20日・『Lo-Fiドリームポップアイドル』SAKA-SAMAの「いま」に迫る──初期メンバー、寿々木ここね単独インタヴュー ドリーム・ポップ、パンク、ブレイクコア、カントリーなど様々なジャンルの楽曲を、現代的なアイドル・ポップとして再構築した、親しみやすいサウンドで人気を集める“Lo-Fiドリームポップアイドル”SAKA-SAMA。2月27日にリリースされる彼女たちの『夢のはてまでも』は、ポニーのヒサミツ提供曲であるカントリー・ソング「ネズミの生活」をはじめ、詩人・小笠原鳥類による詩の朗読「夢のはてまでも」、ライヴの定番曲であるデジタル・ガレージ曲「パーティ・パーティ」など、さまざまな要素を取り込んだ作品に。まさにさまざまなジャンルを自由に横断した今作を、2018年2月20日21時から2月26日までの期間限定フリー配信でお届け。さらにハイレゾ盤は予約も受け付けていますので、ぜひこちらもチェックを。南波一海による、SAKA-SAMAの初期メンバー、寿々木ここねへの単独インタヴューとともにどうぞ。 期間限定フリー配信中! SAKA-SAMA / 夢のはてまでも(期間限定フリーDL)'【配信形態】MP3【収録曲】''
ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談
・2018年02月18日・ONEPIXCEL、メジャー・デビュー記念! リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi対談 〈「FREE&EASY」 〜自由に自然体で〜〉をコンセプトに、鹿沼亜美、田辺奈菜美、傳彩夏の3人からなるガールズ・ユニット、ONEPIXCEL。〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2017〉や〈@JAM EXPO 2017〉を始め数々のイベントに出演し、他を圧倒するパフォーマンスと自然体のゆるいMCで多くの観客を魅了している。そんな彼女たちが『LAGRIMA』のリリースを機にメジャー・デビューを果たす。OTOTOYではこのメジャー・デビュー・シングル『LAGRIMA』の予約を開始。予約すると【Type-A】【Type-B】のそれぞれに1曲ずつ収録される「TONDEKE George(MOP of HEAD)Remix」、「be with you Masayoshi Iimori Remix 」が先行ダウンロード可能。そして、リミックスを手がけたGeorge(Mop of HEAD)、Masayoshi Iimoriの対談を、リリースを記念して掲載。彼女たちの新たなスタートと
by 岡本 貴之
自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演『アイラブユー』リリース
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自分たちを素材として扱う、形式を超えた“エモさ”──本日休演2年ぶりフル・アルバム『アイラブユー』リリース 京都を拠点に活動を続ける本日休演が、前作『けむをまけ』からおよそ2年の時を経て、フル・アルバム『アイラブユー』をリリースした。2015年12月に一度脱退した佐藤拓朗(Gt,Cho)のバンドへの復帰や、制作期間中にソングライティングも担っていたメンバーの故・埜口敏博(Vo,Key)の急逝など、多くの出来事を経て完成した今作。埜口が残した音源を再構成した楽曲をはじめ、OMSBや入江陽といった気鋭の客演陣も参加するなど、他に類を見ないユーモア満載の作品が完成した。今回は岩出拓十郎(Vo,Gt)、佐藤拓朗へのメール・インタヴューを掲載。本作の制作がどのように行われたのか、丁寧に語ってもらった。 2年ぶりのアルバムをハイレゾ独占配信! 本日休演 / アイラブユー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 2,484円(税込)【収録曲】1. 寝ぼけてgood-bye2. アイラブユー3. ラブエスケープ(f
Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信
・2018年02月14日・Gateballersが奏でる詩的ロードムービー ──2年ぶりフル・アルバム『「The all」=「Poem」』を先行配信 昨年、初のワンマン・ライヴ〈BUGDAD CAFE〉の開催や大規模チャリティー・フェス〈COMIN' KOBE ’17〉への出演をはじめ、多くのライヴ、イベントへの出演するなど、いまライヴ・シーンでその名を轟かせているロック・バンド、Gateballers。そんな彼らが2年ぶりとなるフル・アルバム『「The all」=「Poem」』をリリースする。ソングライターである濱野夏椰(Gt,Vo)の甘ったるくも気だるさを感じるヴォーカルと、サイケで儚いアンサンブルや、癖のあるメロディーがユニークな彼ら。今作では持ち前のポップさと初期衝動、そして強力なサポート・メンバー、内村イタル(ゆうらん船)を迎え4人編成となり、さらにサウンド面がパワーアップ。OTOTOYではCDリリースの2018年2月21日(水)に先駆けて2月7日(水)より先行ハイレゾ配信を実施中です! 今作リリースに合わせて濱野夏椰、本村拓磨(Ba) の2人へのインタヴューを掲載します。いま大注目バンドの貴重なインタヴューをぜひアルバ
by ?
岸田教団&THE明星ロケッツ、TVアニメ「博多豚骨ラーメンズ」OP曲「ストレイ」を1週間ハイレゾ先行配信 & インタヴュー掲載!!
[CLOSEUP]・2018年02月14日・今期のアニメ「博多豚骨ラーメンズ」が面白い! そしてそこで流れる岸田教団&THE明星ロケッツの新曲(ハイレゾ!)が、震える程あがる! 2017年春にアルバム『LIVE YOUR LIFE』をリリースし、秋から冬にかけ結成10周年を祝うライヴ・ツアー「10th Anniversary Tour 2017~2018 ~懐古厨に花束を~」(←最高でした!)を終えた岸田教団&THE明星ロケッツから新たなシングルが到着!! 表題曲「ストレイ」は、人口3%が殺し屋の街・博多を舞台に裏稼業の男たちの物語を描いた小説「博多豚骨ラーメンズ」のアニメ版OP曲として起用! 疾走感溢れる楽曲に絡むサックスの音色が印象的な岸田教団の新たな名曲ともいうべき1曲は、流れた瞬間にマジであがります。OTOTOYでは同シングルのハイレゾ版を1週間先行配信するとともに、ichigo(Vocal)と岸田(Bass)の2人にインタヴュー。11年目を迎え、新たなフェイズに突入した彼らの今の心境とは!? やっぱり岸田教団&THE明星ロケッツはハイレゾっす!!!岸田教団&THE明星ロケッツ / ストレイ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24b
by JJ
【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」
[EMPIRE]・2018年02月13日・【EMPiRE】Epsode5 YU-Ki EMPiRE インタヴュー「EMPiREだけ飛び抜けてるよねって空気を作りたい」 BiS、BiSH、GANG PARADEを手がけるプロダクション・WACKによる、4組目のアイドル・グループ、EMPiRE!! エイベックス・エンタテインメント株式会社とタッグを組んだプロジェクト「Project aW」として生まれ、BiSHを手がけているチームが担当を行う。まだ数回しかライヴを行なっていないEMPiREだが、2018年4月11日に1stフル・アルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』のリリースが決定!! さらに、2018年5月1日(火)にはマイナビBLITZ赤坂にて初ワンマンの開催も発表された!! 前代未聞のスピード感で進んでいくEMPiRE、初となる個別インタヴューを5週に渡り掲載していく。第4回は、YU-Ki EMPiREの声をお届けする。 2018年4月11日、1stフル・アルバムのリリースが決定!!THE EMPiRE STRiKES START!!発売日 : 2018年4月11日[初回限定豪華盤]カセット+DVD+写真集(50P)価
by 西澤 裕郎
渋谷慶一郎主宰レーベル、ATAKの過去音源配信、第6弾
・2018年02月11日・ATAK過去作配信第6弾、レジェンド、刀根康尚のライフ・ワーク集、そしてサウンドトラック三部作へ 2017年9月11日より、渋谷慶一郎の主宰レーベルATAKの過去作品が毎月11日に配信リリースされる。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説とともに配信をお送りします。第6弾は、2011年のリリースを中心に3作品を配信。まずはフルクサスへの参加など、まさにエクスペリメンタル・ミュージックのレジェンドとして長らく活動を続ける刀根康尚による1996年から2010年まで14年の歳月をかけて制作された『万葉集』をテーマにしたライフワーク的作品をコンパイルした『ATAK016 MUSICA SIMULACRA』。伊勢谷友介監督作品『セイジ 陸の魚』のサウンドトラックとして制作され、渋谷プロデュースのもと、Oval、真鍋大度、ミカ・ヴァイニオ、Ametsub、そして朋友evalaらが参加したコンピレーション形式の作品『ATAK017 Sacrifice Soundtrack for Seiji “Fish on L』。そしてもう1作は太田莉菜をヴォーカルに、
by 八木 皓平
RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン メンバー全員インタヴュー
[CLOSEUP]・2018年02月08日・自主運営の2年間で得た最高の仲間と新たな冒険の真っ最中ーーラストクエスチョン全員インタヴュー RPI(ロール・プレイング・アイドル) 、ラストクエスチョン。2015年に結成され、脱出ゲームでおなじみ株式会社SCRAPのアイドルとして活動したのち、2016年3月から自主運営で活動をしている。これまでの間にメンバーも複数入れ替わり、現在は初期メンバー1人、新加入の2人の計3名で活動中。そんなラスクエから、名刺代わりのフリー配信曲「マジックアワー」が到着。「ラブゾーマ」の新テイク配信も味わい深い彼女たちに、2年ぶりのインタヴューをおこなった。 >>現体制の初音源をフリー配信「マジックアワー」>ラストクエスチョン Official HP
by 純三
筆者について
同じ筆者による他の記事